FC2ブログ

やる夫まとめに挑戦

【欧州】《第6話》19

273 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[sage] 投稿日:2014/02/10(月) 21:43:37 ID:NH69cPx.0

268 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/10(月) 20:28:13 ID:bO4x8/dI0
あー七色早く住民同士が罵詈雑言を飛ばすような展開書かないかなー
ここの住人は喧嘩すればするほど結束力があがるから

269 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/10(月) 20:47:49 ID:YByMVXe20
大体住民が殴り合うような展開ほど面白いという奇妙な場所だからなここはw

270 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/10(月) 20:56:07 ID:HdVr12Gk0
よし、取り敢えず>>268-269を皆で殴ろう(提案)

271 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/10(月) 21:00:01 ID:YByMVXe20
ち、違うんだ俺はそんなつもりじゃ…


              /, , ,                       ヽ
         ///////, , ,               ;.  ,. 、 ヽ
          ///////////////////, ,     , ;/´  ヽ. ゙
         i////////__,. 、 __/////////, ,/, ///     ヽ.゙
        .'///////      `  、'/////////       Vl
    _  .!//////,!          ` ー-- '"        V!
    ,.' i. ///////l                           ヾ
  /  ; V////,_...l                i    , -―-ヽ       >>268-269 ニャリ
. ,.'   / , -‐ ''"  ノ             ヽ      !   /_...-‐―¬
/  ./'"   _.. '/,}             \   l,.‐  ̄:.:._:._:.:.:.:.:.:.l!:.:.:!
.   /   ,. 、'",. -‐- ._  _,..-‐ '''"´ ̄` ー-‐'":.:.:.:.:/´   `ヽ:.:.l:l:.:.:.l
.  {   `! iヽ       ` ヽ:.:.:.:.:.,. - 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.'  °  ':.:.:.l:}:.:.:.!
  !   !ー' ヽ'⌒ ー...._'":.:.:.,."  。 丶:.:.:.:.:./´iヽ:.:.:.:.:.:ー:.:.:.':.:.:.:.:!':.:.:.:l
  l   .l.l   i / 、 ,  ヽ:.:.ヽ    ..:':.:.:.:.:.:i  i ゙:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:,:!
  .!   !l    .l'  .λ 、{:.:.:.:.`:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:l.   !ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:. -!''"- .._
  ‐ '   l     !` '、 ヽ.._;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:ノ     !  ̄ ̄    ,i//////
    `ー'    .!   !ヽ  ー---― ''"´        '          ///////
,     !     \ 丶.、              _ ..,,    ,.'///////
, ,   ,'!.        ヽ  丶、 ,. -、ヽ 、.__ . -‐ ''"´ _,.ノ    ∧////////
∧,  '    , '⌒ ー-- .、Y    i ` ー-― ''"´_.     /,'/∧///////
//ヽ     ./ ;'        ` 、__ l     ー        /////∧//////
'///ヽ. /   '   _      ゙ヽ 、             ,i//////∧/////
'///,.'"     /,.'"⌒.、 ...__,.ノ.   、         / !'//////∧////
'//{     ,./'"´      ;  ヽ!     ー-,..  ' .|l'///////∧///
'//,l   ´ ̄        _...,.._   .}     /__.!.     l.l/////////,'///
///}         ,.. '"   `ー-、    /三三_\  l l////////,'////
'//,l        ,.. ''"   ,..- ;   ヽ  /三三三/丶 l l///////,'/////

274 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/10(月) 21:51:55 ID:IesnCPFk0
ああ、久しぶりのそのアバターw

275 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/10(月) 21:56:15 ID:5/l8eu.s0
>>268-269のせいで七色がハイテンションになっちまっただー

276 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/10(月) 21:58:42 ID:YByMVXe20
俺は悪くねえ!俺はワルクネエ!



351 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 22:10:29 ID:.OP607rU0

///i! l::::ll::.l l:::::l::.'l ゝ,    |::| ..|! .',                        / i!
///i! l::::ll::.l l:::::l:::.l |::::' ,   !::| .ril  ',                      /   i!
///i! l::::ll::.l l:::::l::::l |::::|::::i  .'ヽ |.|!   ',                     / /  .i!
`''-.!! `''-..l l:::::l::::l ..|::..l::::!    .^|!   ',,                   / /   i!
       .` 、 ..l |::::|::::!  ト、  |!    ',____._.               ./ /    i!
         ゙゙'  |::::l::::l  .!::::'! |l    i!\! i           / ', / /     ,i!   γ⌒'.,
            `'=-i  !::::l |l r・, r・, !::::::ヽ          ../  /./  γヽ  i!  γ .l  '.,
                .!::::l |l.| l l .l l::::::::| \        ./  .//   l  i  i!   i .l   l
゛゛''l i!=====┓         ' |l |__l l__l l::::::::| n ..\      /   ./!γ,  l___i  i!   i .l   l  γ ⌒`ヽ
:::::::l   l..∨ .l           |i     l::::::::|.i,! !,i.l    .,'', l‐‐‐‐/ i i l     .i!   i-┼―-.l  ,'     ヽ
:::::::l   l..∧ .|`',   i!'= ,,    |l    .l::::::::|   l/^\' ', l ロ /!i l i__l      i!   i .l   l ,'      ',
:::::::l   \_/::::::',  i!:::::::i! .l'= ,|i r.i .r.i l::::::::| n n l. ロ ロ ロ\',.l   !.i l   /l',   i!   i .l   l |       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! l:::::l|i l_l l_l l::::::::| i,!i,! l    /.'.l ロ l.i .l  ./ | .',   i!   i .l   l |       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! i:::::l|i ,'゙゙',  .l:::::::|   l  ロ  l゙゙l .├‐.┤゛l  l .|  l  i!   ゙゙゙'',',',',',/ .|       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! '  .|i l .l  .l:::::::| ___.l ,.-.、 l l l: : : l.i.!l  l .|  l  i!         |       |
:::::::l     i:::::::::::ll   ''''''^゙   .|i l .l  .l:::::::| r「」l l:::::l ,.l__l l: : : l.i.!l  l .|  l  i!         |       |
:::::::l     i:::::::::::ll..        |i ! !,,,,,.l____| |,l,,,,l-‐''"゛    ' iヽl.ni  l  l  l  i!         l    ┏! |
:::::::l     i:::::::::::ll    _,,.. -‐''"゛゙゛゛゛゛゛ -‐''"゛          i  `ヽ l  l  l  i!         |    ┃  |
:::::::l     i:::::::::::ll._ '''"゛      -‐''"゛              i    `ヽ .l . .l  i!         |    ┗! ..|
:::::::l     i::::-"´      -‐''"゛                  ',      `ヽl... i!        . |      |
:::::::l._. .-'"´     _,,,ー'''"゛                       ',         '-..、       .|      |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ストラスブールに吹く風は冷たかった。近くにライン川があるからか、それとも
┃この街に誰一人として自分たち以外の人間が居ないからか。

┃ネウロイに占拠されたガリア最大の河港都市は不気味な静寂に包まれている。

┃早朝に近い時間帯、それまで裏通りを縦隊で進んでいたヴォルフガングは
┃一度大通りへと進み出るとそこで停止し、もう一度市内の地図を開いた。



353 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 22:15:46 ID:.OP607rU0
           <;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;≧ュ.,
        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>、
        /;:;:;:;:;:;: /:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;: !;:;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:∧
     γ;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;イ;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;;:;:;ヽ
    ,/;イ〃;:;:;:;:; j!;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:; イ;:;:;:;:;:;;j!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::ハ
    〃 /;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;/ ./;:;:;:;:;:;:;i!;:;:;:;:;λ:;:;:;:;:;∧
    {' 〃;:;:;:;:;:;:;:;:;zE;:j!;:;:;γ   /;:;:;:;:;:;:;::i!;:;:;:;:/ !:;:;:;:;:;:;∧
    i!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:zE!:;:;:;/   i!;:;:;:;:;:;:;イ;:;:;: /   !;:;:;:;:;:;:;:;ハ        ……見つからない。
    ∧;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:v!;:;/ー -i;:;:;:;/ !;:;:ナ' "´ i!;:;:;:;:;;:;:;:;:;!
    ∧v;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}';:;;!    ,ハ;イ   /;:イ  __,,. |;:;:;:;:;;:;:;:;: !
   〃 〉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;j!;:;:i 〒:イ'::テ /;:' て::::フ !;:;:;:;:ト:;:;:;:;|                    確かに、何処にも見当たりませんね…… >
   i;! ,〃;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;j!/¨¨´ ,ィ;: イ    ¨´  |;:;:;:;:;! };:;: |
.  i:{/;:;:;イ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:八  ー=彡;'          .;:;:;:;:;ハハ;:;:j!
  ハ:v;イ i!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:; i!        "    /;:;:;:;:j  iソ
  ハ:;:ゞ、 j!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;v;ハヽ       _    イ;:;:;:;:/  '
 {;:;:;{  /;:;:;∧;:!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: >、   ´    .,イ;:ハ;:;:/
  ヾミ、イ; ィ}ニソハ从ソハミ、≧ュ.三三三三 ≧ュ、/
ー=彡 'ヽ , <      \ニニニニニニニニニニニ∧>
      /          ヽニニニニニニニニニニニ∧  >
    厂  ≧ 、      / i |ニニニニニニニニニニニ / , == ヾ
          ゞ   / j i!ニニニニニニニニニニr'! /    ハソ
           ヽ /  ハ ゝ ニニニニニニニ〃i!i|/ヽ
             Ⅴ    ∧ ̄ ̄ ̄ ノi!i!i!i!|  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃最初に口を開いたのはガリア出身のミカサ大尉だった。眼を細めながら
┃難しそうに地図と睨めっこしている。続くように返事を帰したのは彼女の
┃隣に居た扶桑出身の暁美軍曹である。

┃既に探索を始めてから一時間少々が経過した。だが、目的であるネウロイの
┃瘴気発生装置であるプラウシュテルマーは姿形も見当たらなかった。


355 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 22:21:43 ID:.OP607rU0
              _  -─‐-  .
            . ´           ` .
           /                ':,
         /    -─‐    ー‐-  ',
         ../    .-―       ―-           プラウシュテルマーって写真でしか見たことないんですが
          ./     (  ● )   ( ● )  i
        ,       /   、   、   |       そんなに見つけ辛いものでしたっけ?
        ',        {     人   }   }
         ゝ        ` ‐-‐  `ー '    /、
          ./\                .ィ  ̄}
         /   \  ー- __ .。-<  ∠i
      ../      \.  /       ‐' ´ .|
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉






            イ⌒丶.       \////ハ \
          /^ヾ|          、  `マ//ト、 ヽ
     _,. -‐/  / |       i   ヽ   ` T爪   :.
.     「   く′  :i||     i}  .:.  ハ   i| :|/》  ::.
          i   :i|z@    . :{{ : :}: . |    i| :|//》  ::.     いえ、むしろ見つけ易い部類だと思います。
     ',  i   i|zA     : : :}、: :_jL {_|    i| :l  /》 :::
          i   |八 _   : :爪 /i} ∧|    i|/   /》 :::    なにせ大きさ大きさですし……大体は5階建ての
       }i  i  才^ヽト   : :k七T六ト、  i| / // ::{
.     {{ i   ,  ‘k七圦ヽ. : :| V匕ノi}'/   i|  //  :|    建築物に匹敵します。
      Wヘ  ',  :. Vヒi} 、: :{  ‘冖1l:i   リc //,、  :|
.      }} 人 ::.  :. 、¨´  \,     川   /_∠∧∧  |
.       {{   ヽ ::.  ',ゝ ′    / リ'  / /、 ∧_}  l
.      }}     ', \ V丶. `     ,.ィ7  イ  ′\ \\
       八     }  }ト \ >  イフ /l |: ト(  \_〉∧
       \   ノ/}}   `丶  斗n升}|  l ∟L _   丶
            /´  ″ .:|  }と7 ムlj  L|  | |   `  .  \
               /,' ,.イ| .: .′、  ⌒|  | |      ヽ  \
           //: / /:| :/ .′       ,|  | |         }: .  \
             //: i./ .:|/_厶ヘrヒ'⌒TT^!   l^i|7、       } : : . 丶\
         //: : l'  / //∧从  人{八   Ⅶ' }       i} : : : .   \\
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃後ろから男女一組がやってきた。この部隊を率いるブリタニア陸軍の
┃アリアダスト少佐と、民間協力のレイヴンだった。ドチラも大きな銃身を
┃軽々と片手で持ち上げては唸り声を上げている。

┃というのも、本来なら時間をかけずに見つかるはずのものが何処にも
┃見当たらないのが原因だった。


357 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 22:26:14 ID:.OP607rU0
              -‐━--
           /:::::::::::≠=‐----:......... __
           ^ヘ:::::::::::::::::::::::::::ヽ :.______
        ///} /   ー----―    \   )
      /:::::::::::/ 八/            } \
      :::::::::::: }/.......\//  ../≧=--r-‐ヘ\ 丶
      (} :::::::::::::: ::::::::::::^ー /}/:::::::::/}:::::::::::. } }
.        :....:::::::::::::::: ::::::::::::∠... /ハ:::::::/ 」::::::::::::
.        : ::::::::::::::::::::::::::/ ̄〕/^ }//≦.]::::::::/}      ……もしかして、新型の何かとか?
.         :::::::::::::::::::::::::勹瓜㌃ヾ/ r ㌻Y : :/ ;
       /:::::::::::::::::: :: {        {    :: //′
    _/}八::::::: \: : \     _/  /::〈/′
        {r弖三三二ニ=- _ _ __,, ..:::::小:\
.     ┌┷=ニ二三三三二ニ=- _/::::::{ { }  ヽ
    √ ̄      \三三三三三三三人
   √   ≪⌒\   -=ニ二三三三 /
   , /ヘ }}  〈 \  ′}三三三 イ
  ; // \{@レ  ヘ  }/ //三三三/ ;
  ┃{ {ー=≠爿==⇒ 八 /三三三 } !
  ┃ \〃 zB\  7〔^ 〈三三二ニく _{___
  ::. 丶 ^㌻  \{ {  Ⅵ三二ニ=---=ニニ=-  _
  ∵∴. ー┸‐=ァ━┴━ ミ三二ニニニ=- __弖 ̄
   ∵∴:   /     ___ 三二ニニニニニニニ
    ∵∴: .: /     \三三二二ニ二三三二
     ∵∴:: /          \  ̄}三  _三≧=--
      ∵∴:.           \ノ 三  _ 三=_








.              /........../::::::::::::::::::;: '",....'...丶...`丶、{
               /.......广7::::::/ >'" .....'′ ..........l................≧=‐- 、
.              /......./:::::::::/...../..................................|..\........................|
            ......./::_彡'′....//.., . .....{..................| . ....l..............l.......|
              l......f′ ........... ′ ../.........{ ................| .......| . .........| .....|       新型と言いますと?
               | ../} .................l7.../............ハ .............| . .....|.............| ...!
                |./ { .................|i....|........l....}.....} ..,........|..ハ.._.| ...........l.......;
              i|{  {i..................|i....|........l....}.../../........仄「}./.............;...}...{
              八   ':.................li _」、 .._厂}/}./........xャf折^; ..............ハ..{
         /;::'ヘ    、.............\抖ャf折^ ハ......./ん'ン//...........//  .;
         `'く__;:xヘ,  `\.........≪fてノノ   }/ ¨´ 仏:′...//   }.}
             }√::::::、\__l::|i............{ ¨´   ′ 、  /../...... ':〈   .:′
             /′:::::::::\l_|ト..........{`     ,.  /../.../.xくヘ, //
         /..|:::::::::::::::::::}...川::\.....个:  _   /|....//八.{::::::::>く
.        /.....| :::::::::::::::::}/..八::::::\{:::([l):::マ´l/|./....../::::、_;/:::::::::.,
        /.......i|::::::::::r 、:/../ ::::::::::::::::\::::::::::¨´ ::!.......{::::::::::::::::::::::::::|
       ..........八..........> '..√V^  、::::::::::::::::::::::::::::八.......l::/:::::::::::::::::::::|;
     /......f⌒' }=‐-‐ァ./\ {   \r…‐- __::::::::::; ....|」:::::::::::::::::::::::li
    /..........ノ   }‐=ァ'./   ^'ー-  _{{    / ̄^∧..l,ハ:::::::::::::::::::::八
.  ,.../.........(_   ヘ({..;′       ⌒ ー 'く __,,厶ハ.i| | ::::::::::::::::::′...、
  / /.............{⌒'く   V{                   l..| |::::::::::::::::/〉.........\

359 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 22:32:45 ID:.OP607rU0
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/::::::::::::::|::::::::::::::::ハ
    .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::/::: /::::::::::::: ∧:::::::::::::::::::|
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::/:::::/:::::::/::: /:| ::::::::::::;  ∨/:::::::::::::
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/__/::/ | :::::::: /   l:::::::::::::::::|      分からない、けど。
    |::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::| : /::::/}/ ̄> :::::: / ,x─ |::::::::::::::: |
    |::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::: |:::::::::|:::::xf芹汽弌、 |::::::/ィ抖ik, |:::::::::::::::::|     例えばプラウシュテルマーを小型化したり
.     ::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::: |:::::::::|:::{ ゞ゙ン_,,    :::::/ r'゙'ノ ,ノ`|::::|:::::::::: |
.    |:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::: |:::::::::|::{        /:::/  `   { |::::|:::::::::: |     もっと違う、別の形にして散布したとか……
.     ::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::: |:::::::::|:{       /:::      爪 ::::::::::::: |
.      |:::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::: |:::::::::|{      //  - ノ   ム|::::::::::::::::: |     色々と対抗策を考えられているのかも……
      ::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::: |:::::::::|      /       ∧:|::::::::::::|:::::
.      \ ::: |::::::::::::::::|:::::::::::: |:::::::::|       -=こァ  .イ::::::|::::::::::/}:: |
         \「\::::::::::::::::::::::: |:::::::::ト、       ー゚ ,.: : |::::::::::::::: ′}/
         \ X::::::{\:::::::|:::::::::|  `          イ::/:::| :::::| :: / ,/
          /.....\{  \:{\::::|       ≧= -f′/ l:::|::::/l:::/
            /..........   \__ \    /..  \|__/|/|:/ :j/
         ィ〈................       ̄〕   /.......   ∧}  j′
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃確かにとアリアダスト少佐。今までの戦争の経緯を顧みると、ネウロイの
┃形状、むしろ性能と言うべきか。その物自体が戦闘を重ねるごとに洗礼さ
┃れてきたと言っても過言では無い。

┃もっと効率的に、戦争をするにあたって効果的に進化してきた。と人類連合
┃の研究者が言ってたのを思い出した。その言葉は学界では一蹴されていたが
┃こうしてネウロイと戦ってみるとあながち間違いでは無かったとも思える。


360 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 22:37:26 ID:.OP607rU0
                ___
             ,. -'"´     `¨ー 、
            /            \
          /                ',
           /                    ',     ……いまから全部の建物を探しても
          .l     '⌒ヽ      ,ノ⌒  .l
          .l      (tリ\,_    、__,   l     自分達4人だと一日じゃとても無理ですよ、少佐。
         .',   U  `ー',     ヽ     /
             \       l   人   l   /`ヽ
         /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
        ./                     l





             /     /        ̄ ̄ ̄/      | ⌒\
              /     /       ,      {      |    \
               /     イ        //    :.      |      \
           /    / }       //     l      :.  }:   \\
            /   /  i      //   |  :|      {  i     }         えぇ、勿論。理解してますとも。
            /   / !      :./ |   :|  :|       :.  }    .:    }
              /     / :}       :/ :    |  :|     /  :.    /    /     ……どちらにせよ、その場合私達の
        /  {   ∧ :i     /  :l    |  :|     /   :.    /    /
              i   / ∧:.       {___!___:|  :|:    /   /    /    /      ストライカーの燃料が足りません。
       /  /:|   / ∧       i  八   !  :     ム斗 /   :/    /
       r‐=≦乂_|:    / }      ::. /  \ |  八  :/ / /   /   /
      {//////,'|:    //  /  :l /ミZZZァ ! /  ヽ/__///  /   /
      i≧=‐‐=≦  {/// ∨ /  {,′    i/  / ¨¨/  /  /   /
      / /    ///>。.〉:  ∨ / :i       /      イ: /   /   /
.    / /   ////{///:|:   ∨ /:            '  /   :/   /
.     / /   ////≧o.:|    ∨ {/\    ` <   {    / !  /
   / /  ‐=ニ二二>。. !    ∨!\/></ミ |   :i    / {  /
  ‐=ニ二二二二二二二ヽl     Ⅵi:i:i\/////} !   :!  /   i :/
/二二二二二二二二二ニニ|     {:i:i:i:i:i:i:\///|  :i  /   l:/

361 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 22:43:27 ID:.OP607rU0
                    ------
                .。< {  ≧o。、//>。. _
              /ゝ/ i       }⌒   \
             /   ,    |        i      \
         .。<    {   :|        |   |    ヽ
          {  l      i     |        | l  :|      }
          i  |     |    :|        | |  :.      ト      ……危険ですが、部隊を二手に分けます。
         :  :     |    :|        }: 八 }     :.∧
            ∨     :| ̄ ̄ ヽ      7云ミt、!    /  }    私とレイヴン、ミカサと暁美軍曹。
           {{  ∨   ㌣芹斧  \  /´斧笊ア    :/  /
           i ゚。 :∨   { 込シ   \  込シ }   /  ∧    2班で別々に行動しましょう。
         { .:  Ⅵ   !\          /:i   /////
         ∧/゚  ヽ  :{\〉    '      〈/  /{ ∨/  }
         /  Ⅵ  } \ \    ‐    :/:  / :i___〉  ∧
         /   /∧ /  \{: \       // イ  }/∧  / ∧
.       /   〈///}   |_i  {/>ー</|/ /_:|  :iマ//〉  / ∧
      /    〈//i   |/八 /\/////ヽ|//:|  :|∧/    / ∧
       /         |   {二}i:i:i:i:i:iヽ/i:i:i:i:i:{二:}  ::.       / ∧
.     /      >ァァ]  / 7 \i:i:i/i:i:i:i:i/  T i  }ァァァ<   / ∧
    /     /////]  / /     ̄ T ̄    ゚ |  !////∧:   / ∧
    /       {///// //       }        :|  }/////∧:   / ∧
         }//// >       Y       \マ/////∧:   / ∧
  /       :{///:‰           |          マ////∧    / ∧
  /       ,'///               |          マ////∧:   / ∧
. /       ///if >――――――{―――――<  }////:∧    / ∧
          /7//{///////////////!}///////////////!////{ ∧    / ∧
       / {:/∧///////////////!//////////////∧ ̄   ∧   / ∧
        /     入/////////////人////////////:/ ∨    ∧   / ∧
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃また別行動か……レイヴンと暁美軍曹が心の中で呟いた。というのも
┃頭数が少ないので仕方は無いのだが。もともと中隊規模のはずの我が
┃部隊の陸軍ウィッチの規定数は12両。連隊なのだからそれの倍数あっても
┃良い。それなのに今は4人というのだから悲惨さで頭が痛い。


362 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 22:45:52 ID:.OP607rU0
           <;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;≧ュ.,
        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>、
        /;:;:;:;:;:;: /:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;: !;:;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:∧
     γ;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;イ;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;;:;:;ヽ
    ,/;イ〃;:;:;:;:; j!;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:; イ;:;:;:;:;:;;j!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::ハ
    〃 /;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;/ ./;:;:;:;:;:;:;i!;:;:;:;:;λ:;:;:;:;:;∧       私達は何をすれば?
    {' 〃;:;:;:;:;:;:;:;:;zE;:j!;:;:;γ   /;:;:;:;:;:;:;::i!;:;:;:;:/ !:;:;:;:;:;:;∧
    i!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:zE!:;:;:;/   i!;:;:;:;:;:;:;イ;:;:;: /   !;:;:;:;:;:;:;:;ハ
    ∧;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:v!;:;/ー -i;:;:;:;/ !;:;:ナ' "´ i!;:;:;:;:;;:;:;:;:;!               引き続きストラスブール内にあるプラウシュテ
    ∧v;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}';:;;!    ,ハ;イ   /;:イ  __,,. |;:;:;:;:;;:;:;:;: !                ルマーと思わしき物の捜索を続けてください。
   〃 〉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;j!;:;:i 〒:イ'::テ /;:' て::::フ !;:;:;:;:ト:;:;:;:;|
   i;! ,〃;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;j!/¨¨´ ,ィ;: イ    ¨´  |;:;:;:;:;! };:;: |      了解、まだ都市観光ね
.  i:{/;:;:;イ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:八  ー=彡;'          .;:;:;:;:;ハハ;:;:j!
  ハ:v;イ i!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:; i!        "    /;:;:;:;:j  iソ
  ハ:;:ゞ、 j!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;v;ハヽ       _    イ;:;:;:;:/  '
 {;:;:;{  /;:;:;∧;:!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: >、   ´    .,イ;:ハ;:;:/
  ヾミ、イ; ィ}ニソハ从ソハミ、≧ュ.三三三三 ≧ュ、/
ー=彡 'ヽ , <      \ニニニニニニニニニニニ∧>
      /          ヽニニニニニニニニニニニ∧  >
    厂  ≧ 、      / i |ニニニニニニニニニニニ / , == ヾ





         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.         自分と少佐は?
  ,'         _    __´_ ‘.
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.
  {    "'`¨¨´           、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´

363 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 22:49:14 ID:.OP607rU0
|ニム   Ⅷl  i ヘ               _,. ==== 、
∨ニヘ  .Ⅶi  l l           _ //| ` ー , >=-≧,、
...∨ニム  Ⅶ, l l            /´フノ : l   .:'  ヘ  \=i、
  ∨三ヘ Ⅵ、ヘ |l        /:r´ i| :l ::l   ;' ,  :::l  , -=>、
   ∨三ム l|ヘ i |l       ∨l :l l ::Ⅵ,  :://:|、 :l /ニ/´ .イl
  ./三三ニヘ∨ヘヘ         ∧l l l| ::|! |, :::'l l丁ヘ.:l:/l|三> ´ ノ      ちょっくら資料探しと行きましょう。
.ト='ニレ'ヘ三三i|三ヘ|l      l| l|: ト: ト:lゞヘ 从ヤF`l',/l ∨≧イ
.∨/´  ∨三三ニ,r'ヘ      l .从 :, ::ヘ  iリ   ̄`ハノ /|  ::l       まだ崩れてなければいいですが……
...Ⅵ、   .ノ三三三|l ヘ     乂 Ⅵ Ⅵヘ  、   イ///:l:|ヘノ:|
  ∨≧='-i三三斗=、  `i    // i 7ニ=、丶-=≦ ノノ/ l:|≧〕l
  ∨三二三三ニ.,__ノ  |l  ./.ト=-' ニ∧/ィ/7 , 、i 彡ハ ::|≧l |l
   ∨三三三三l/    l /l/ト=/ヘiヘ:::>:::::´::::r|`ー´> :ヘ/∧|l
   .∨三三三ニム    l:. :.l/ //〃 ヘ;t:::::::>ト-h=r'iニl≦三ニト,
    )!三ニ>i:r|l三ヘ   |l:.// ´  ヽノ-==ー 、:::|ui r|三三|l ヘ
    ゞ三/ rヘ:!l:|三ニヘ  У __, ´       寸 lニl三三l:: ヘ
     l|ニl|_iヘソ`ヘ三三l, .l三三三三三ニ==- .,__,...'ニl三|ニ/ |l::. ヘ
  / l三|l:ヘ:|l:::::::l三三ム ',三三三三三三三三ニ7  /∨|l  ||l::.. ヘ
./  /l|三lヽノハ:ノ三三三lヘ三三三三三三三三/ i /r=ト= ヘ三|l::.. ヘ
  /: ∠l三|l´〉ヘ/三三三||l´`i:::::::::::::::::.ミ三三彡l、 >' .Ⅵ三ヘニ|l:::. ヘ
. /: : / ヾ三ム、 /三三三三|l /`=-'==-、::::::::::::::r=|  i ./´: l|三三ヘl,::::. ヘ
/: : /   ゞ三三三三三三三l iマ三,ヘ三三三三ニ∨ノ: : :.ハ三三ニl::::::... ヘ
: : /  / /: : ヘ三三三三三ニ|l | |/´l .ヾ=-i ≦i|´  7: :/: / .|l三三ニヘ:::::::. ヘ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃塹壕は好きですかレイヴン?そう言うと少佐は2人と別の道へと入り、
┃そのまま中心部からほど近い、ストラスブールに駐屯していた人類連合
┃軍の司令部へと向かう事にした。



364 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 22:57:27 ID:.OP607rU0
             ____
i√i¨}==、     __ィf===========ト丶                                  /i}         从
  i|:i}  ー 、 {辷ア'¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨}i}\丶                                   ,乂i}        /刈}
  i|:i} i/i ii } i}イ {i/i}   {i/i}  }i}//\}                             _,ィ劣〕iト.___/i:i:i:i:ト、_
\i|:i} i/i ii },ri|  {i/i}   {i/i}  }i}//}¨       ,r‐t、                   ___//// ̄ ̄ ̄¨¨¨¨冖冖¬¬√
、 .ムi}   ,ィ升f、   ┌i    ┌i 込、/}=ri|    i}/i}圦      r=i   _  -‐  ¬冖宀≠'¨¨′
 乂i}_/  /乂}     ¨     ¨    r‐t辷*。__i}/i}  `i、     | イ,少'´ ̄¨
 /}、込ム__//iillム-‐‐‐冖宀冖¬'¨ ̄|  | |\_斧'i}   }   | /i}             __          -=≦ア
  \彡ヘ/_/            .......i|  | |乂_}}イ'    i}   /..{/}            /}¨¨¨    _  -‐イ ̄ ̄ ̄
    }、//}、_/            ............i|  | |i/\ ̄\=‐、i}¨i_/. //i}          //==‐   /     /ム、―――
    iト、/ム          ...............i|  | |{  / ̄ ̄ヽ__ノフ7劣辷i}         /イ___===‐ /      /i|l〕iト.    \
    / i}斧ム         ...............i|  | |i\/:.:.:.:.:.:./i}/ ̄ ̄|i\込、_ -‐_ -‐'./   /|   {i     /i|l    〕iト.   i}
       i}、州i}\      ...................i|  | |≧=‐-≦「_イ´ ̄ ̄¨¨¨´t辷__〕__.ィ.........../ i|   {i      /i|l         〕iト=イ
       ≧=≦ム==f宀 冖冖冖¬'¨¨ ̄    ,、     r‐ュ          ´ ̄¨¨¨¨' \__/i}    /i|l        /   i|
      /厂≧=‐\      ,    ゜                             \,'´ ̄¨/i|l      /    i|




            イ⌒丶.       \////ハ \
          /^ヾ|          、  `マ//ト、 ヽ
     _,. -‐/  / |       i   ヽ   ` T爪   :.
.     「   く′  :i||     i}  .:.  ハ   i| :|/》  ::.
          i   :i|z@    . :{{ : :}: . |    i| :|//》  ::.
     ',  i   i|zA     : : :}、: :_jL {_|    i| :l  /》 :::      地図の印ですと、大体この辺りにあるのですが……
          i   |八 _   : :爪 /i} ∧|    i|/   /》 :::
       }i  i  才^ヽト   : :k七T六ト、  i| / // ::{      あぁ、ありました。ここですね。
.     {{ i   ,  ‘k七圦ヽ. : :| V匕ノi}'/   i|  //  :|
      Wヘ  ',  :. Vヒi} 、: :{  ‘冖1l:i   リc //,、  :|
.      }} 人 ::.  :. 、¨´  \,     川   /_∠∧∧  |
.       {{   ヽ ::.  ',ゝ ′    / リ'  / /、 ∧_}  l
.      }}     ', \ V丶. `     ,.ィ7  イ  ′\ \\
       八     }  }ト \ >  イフ /l |: ト(  \_〉∧
       \   ノ/}}   `丶  斗n升}|  l ∟L _   丶
            /´  ″ .:|  }と7 ムlj  L|  | |   `  .  \
               /,' ,.イ| .: .′、  ⌒|  | |      ヽ  \
           //: / /:| :/ .′       ,|  | |         }: .  \
             //: i./ .:|/_厶ヘrヒ'⌒TT^!   l^i|7、       } : : . 丶\
         //: : l'  / //∧从  人{八   Ⅶ' }       i} : :
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃歩くこと10分。ネウロイの砲撃によりすっかり更地にされた司令部周辺は
┃瓦礫の山と……人間だった物の形骸が残されるだけとなっていた。

┃……腐敗臭と焼け残りの燻ぶった臭いが酷い。近くに倒れていた兵士の
┃亡骸に何とも言えない気持ちで見つめていると、少佐が瓦礫の山から
┃一つだけ無事な建物を見つけた。いや、その入り口と言うべきだろう


365 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 23:03:05 ID:.OP607rU0
.              /........../::::::::::::::::::;: '",....'...丶...`丶、{
               /.......广7::::::/ >'" .....'′ ..........l................≧=‐- 、
.              /......./:::::::::/...../..................................|..\........................|
            ......./::_彡'′....//.., . .....{..................| . ....l..............l.......|
              l......f′ ........... ′ ../.........{ ................| .......| . .........| .....|     では行きますが……トレンチガンなどの持ち合わせは?
               | ../} .................l7.../............ハ .............| . .....|.............| ...!
                |./ { .................|i....|........l....}.....} ..,........|..ハ.._.| ...........l.......;
              i|{  {i..................|i....|........l....}.../../........仄「}./.............;...}...{
              八   ':.................li _」、 .._厂}/}./........xャf折^; ..............ハ..{
         /;::'ヘ    、.............\抖ャf折^ ハ......./ん'ン//...........//  .;
         `'く__;:xヘ,  `\.........≪fてノノ   }/ ¨´ 仏:′...//   }.}
             }√::::::、\__l::|i............{ ¨´   ′ 、  /../...... ':〈   .:′
             /′:::::::::\l_|ト..........{`     ,.  /../.../.xくヘ, //
         /..|:::::::::::::::::::}...川::\.....个:  _   /|....//八.{::::::::>く
.        /.....| :::::::::::::::::}/..八::::::\{:::([l):::マ´l/|./....../::::、_;/:::::::::.,
        /.......i|::::::::::r 、:/../ ::::::::::::::::\::::::::::¨´ ::!.......{::::::::::::::::::::::::::|
       ..........八..........> '..√V^  、::::::::::::::::::::::::::::八.......l::/:::::::::::::::::::::|;
     /......f⌒' }=‐-‐ァ./\ {   \r…‐- __::::::::::; ....|」:::::::::::::::::::::::li
    /..........ノ   }‐=ァ'./   ^'ー-  _{{    / ̄^∧..l,ハ:::::::::::::::::::::八
.  ,.../.........(_   ヘ({..;′       ⌒ ー 'く __,,厶ハ.i| | ::::::::::::::::::′...、
  / /.............{⌒'く   V{                   l..| |::::::::::::::::/〉.........\





              ,..-―-..,,
.             /      `ヽ
.           / ,   ー‐    ヽ      重機関銃と突撃銃ならたっぷり……
           |¨´     ,.--、    ',
   r 、      .|,.‐‐、            i
   | |     |  (__,、_) u    ,'
   | |     ',   ヽ__|    ./
.  r'―r‐、   ヽ..,,__   ,.-'" ̄>、
. ノ \l l     r‐/ |  / ,.-'"´  \
 l   ヽj、ノ     / ヽ .| ./ /  _,,..-''/´ `ヽ
 |  ヽj_/ヽ_ r'"\  ',|//_,,.-''"   /
. `l/ ./ | .|    `"''‐''"       ,i/
  {\/   .| .|           \|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ガチャリとM2を塹壕の入り口の所に立てかけておくと、予備武装であるMP40
┃を取り出した。さすがに狭い所ではビックママも不利な武器にしかならない。

┃地下へと続く階段、明かりなどないので真っ暗だ……壁に吊るしてある
┃ガス式ランタンを手に取ると、二人は暗い司令部へと入っていく。



366 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 23:08:37 ID:.OP607rU0
                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ        ……薄っすらと漂う血の臭いがなんとも
             ,'                      ヽ
          l    _ノ        ヽ_     ',‐-、
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨





.              /........../::::::::::::::::::;: '",....'...丶...`丶、{
               /.......广7::::::/ >'" .....'′ ..........l................≧=‐- 、
.              /......./:::::::::/...../..................................|..\........................|
            ......./::_彡'′....//.., . .....{..................| . ....l..............l.......|
              l......f′ ........... ′ ../.........{ ................| .......| . .........| .....|     ……ネウロイが居るかもしれません
               | ../} .................l7.../............ハ .............| . .....|.............| ...!
                |./ { .................|i....|........l....}.....} ..,........|..ハ.._.| ...........l.......;     注意していきましょう。
              i|{  {i..................|i....|........l....}.../../........仄「}./.............;...}...{
              八   ':.................li _」、 .._厂}/}./........xャf折^; ..............ハ..{
         /;::'ヘ    、.............\抖ャf折^ ハ......./ん'ン//...........//  .;
         `'く__;:xヘ,  `\.........≪fてノノ   }/ ¨´ 仏:′...//   }.}
             }√::::::、\__l::|i............{ ¨´   ′ 、  /../...... ':〈   .:′
             /′:::::::::\l_|ト..........{`     ,.  /../.../.xくヘ, //
         /..|:::::::::::::::::::}...川::\.....个:  _   /|....//八.{::::::::>く
.        /.....| :::::::::::::::::}/..八::::::\{:::([l):::マ´l/|./....../::::、_;/:::::::::.,
        /.......i|::::::::::r 、:/../ ::::::::::::::::\::::::::::¨´ ::!.......{::::::::::::::::::::::::::|
       ..........八..........> '..√V^  、::::::::::::::::::::::::::::八.......l::/:::::::::::::::::::::|;
     /......f⌒' }=‐-‐ァ./\ {   \r…‐- __::::::::::; ....|」:::::::::::::::::::::::li
    /..........ノ   }‐=ァ'./   ^'ー-  _{{    / ̄^∧..l,ハ:::::::::::::::::::::八
.  ,.../.........(_   ヘ({..;′       ⌒ ー 'く __,,厶ハ.i| | ::::::::::::::::::′...、
  / /.............{⌒'く   V{                   l..| |::::::::::::::::/〉.........\
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃それでは塹壕内にある司令部を探索していきます。

┃↓3     1~9で好きな数字をどうぞ。





369 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/11(火) 23:12:22 ID:IOFkBgyg0
6

373 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 23:14:18 ID:.OP607rU0
6        ……死体を発見した。


376 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 23:22:19 ID:.OP607rU0



      _,,ィ、__,,ィ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽー―- 、
.       ´ヽハ |///ゝ                \ー―ゝ、` 、             _
    {   } !} |// }               {   ヽ ` ー=ニニ=ー――=´―‐`r―- 、
      ゝ _ノ ノノ'´⌒Y / ̄`¨―r――   _、}__ ,r- 、                |     ヽ
        ̄    ヽ{        }          ´ ヽ彡ー―――――――'´ ̄ ̄ ̄
              ` ー――' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \         死体、ですね。たぶんカールスラント軍の……
             /                   ヽ
             ,'                      ヽ
          l    ─_      _─     ',‐-、
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ランタンの明かりが床に倒れた男を明るく照らしている。軍服に縫われた
┃鉤十字は間違いなく、カールスラント帝国の物だ。

┃迷路のように入り組んだ司令部施設の一室、その一つ。通信室と銘打たれた
┃プレートを吊るされたそこには、破壊された通信機と1人の軍人の死体が
┃残るだけだった。


378 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 23:30:12 ID:.OP607rU0
       /   :|      |:      |   |      |   |    ヽ ≧o。
       ,′ /|      |:      |   |      |   |     |   {
      :.  / :!       |:      |   |      |   |     |    ′
      f  / /l       :|:      |   |      /    :|     !  /
      |/ 〈 :{:       | ――‐┼‐、|    :/__   }     /  /    ……通信機はダメそうですね。
       {{    ヘ!:     ㌣斧芋{漬 /!    xzzzx  /    /  /
      : Ⅶ    ゚,    :ゝにf//(_   :|:  /ん//} //:     /  /    機材がメチャクチャにされてます
     :  Ⅷ   ゚。     | 乂//ツ   :|:  / に/(  ,′   /  /
     /   Ⅵ   } ゚,   :|         人/ `¨¨~ /     /  /
     /  / ∨{//// ゚。   :!:           ,     /     /  /
    / %77/‐=≦{   ,  ゚\               イ     /  /
   ////////____ ゚,  ゚,\     `    /   %  ′
   ∨///>f//////{ ゚。   ゚,/:>     < /   イ  :/
   / ゝ‐≦ :{//////i  ,   ゚,///:><≧o/  / !   /
  ,′      ≧=‐ミt、!   ゚,  ゚,//{――///  イ   {  /
  / ‐=≦: : : : : : : : : : ゚。  ゚。 :}:. \/ ゝ-,′/ :!:   i: /
 f: : : : : : : : : : : : : : : : : :゚,   ゚,i:.:.:./:.:.:.:.:} 〈/  :   {/
 {: : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧   }ヾ:/:.:.:.:.:/ ̄|  | ̄\






                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´       r  .l     あ、この死体銃持ってる……なんだ?
        .|. U   =≡=   =='' ',
.          ',             ヽ   l    ショットガン……あぁ、リベリオンの奴か
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃亡き通信兵から拾い上げたのはリベリオンで製造されているイサカM37と
┃言う名のショットガンだった。何度か棒のように振ってみる、とても軽い。

┃流石はフェザーライトと呼ばれるだけのことはある、同じく近くにあった
┃ショットシェルの巻き付いた弾帯を拾い上げると、そこで違和感に気付き
┃少佐へと声をかける


380 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 23:37:04 ID:.OP607rU0
                   ,,、、、、
                 ,ィ ´; :;: . ..:;`゙;;、
                〃 ´`゙゙゙゙゙´´ ;:;:ミ;;、
               jji;: ,, .;,  .:゙,;,;゙゙,;゙゙} '.;.
               jii!、、、,,  ,ィイ‐ッ、,,,} ;:;:i
               ';;;:`''''~;  .´ ̄` }; :{
                ji;;', ,ゝ‐''´  .:;' ,ハ;.}
                ',', ;;; ==- 、 ;  jリ
                 ',;', ヾ;;;;;;;;;;;;j .j i'´
                 ;;;;, `ご゙´ j ハ
                  ;:;;;;;、、,,,.....,.イ  ト、;:;:、
             ,..ィ´::::::ヽ\;:;:、 ...::/   / ヽヾ\、、
          ,.: .:.:.:::::::゙、.::::::::.ヽ\ V   /    ``ヾヽ、
      ,,.:.:゙゙´  `゙゙ ゙"" `;、        /    `ヽ、  ミミヽ
     /;;;:;         `;、 /´''''' `ヾ /       `ヽ、ミミミヾ
     /;:;;            .: ;    ii ;,. ´  ̄ ニニニニュ  ;:;`ヾ、
    ,,j;:;:,、    jリ        .:;    li ..              ;:;ヾ、、
   /;:;:;:;:、  j ;;; ,ソ       : ;     i ;: ;    ; :; :;′    ; :;: ;;:;/〉ヽ
  /.:;:;:;:;、  ,′;::;;:レ′   . :  ;    j.。     ; :; :;′ .: ;: ; :; ;;;;;//   ヽ
 /.:;:;:;;、   j . :;::;レ′   .: ;  ; ;   j  j!   ; :; ;  ji!   ; :; :;/:;//、、、
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃死体を軽く蹴り仰向けに転がすと、舐めるように通信兵を観察する。

┃やはり……と言うべきか。前いた街でも地下防空壕でネウロイ達と争った
┃ことはあるが、あそこの死体はネウロイに銃撃されて死んでいた。

┃それなのにこの死体にはどこにも銃創が見当たらない。死因と考えられるのは
┃首の部分、気道が横にぱっくり開いている。既に血が止まっており、黒ずんでいる。


382 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 23:44:29 ID:.OP607rU0
                  ______
            ____〃  -‐…‐-  丶ヽ
            / /             \\
            /  ./.   /  /         \\
.         〃  /                  \
       /( // ′.... |  |...   | .  /    !   >)ヽ
         {辷〉`ヽ{..   |  | |   | l /|    | / 〈 /      ……よく考えますと、非戦闘員の通信兵が散弾銃抱えたまま
         丶〉   〉    |,ハ,| |   | |/__|    | \/
        \/ ∨.. 代フ. N∨ |弋フ    / |\ 、       地下塹壕で死んでいるのって色々とおかしな話ですね。
            xく/ :|.  ト        イ   /..|\ \〕
         </.  人ハ从 、      /∧/. | i|¨¨¨´       死因が銃撃じゃなくて首の斬傷ですと……
          ー/ |    |, \ ‐ /}} |    |八
           /  |    | ヽ___  xく〈 |    |‐-ミ
.          /, ¨¨|    |,//  》《   》....|.... |   ヽ
         / {.... |    | 《 /|:i:|\_/:| |.... |    |\
        // {.   |    |     V.   | |、  |   /  \
      |  | . ‘, |    |.          | | ヽ|   /    |
      |  | /∧ 从人,ノ     ヽ/..  丶|.   一 \   |、
...   / :|  |/ /  ,.  ‘,      }{     }   } 〈  |  / 丶
   /   \ヽ/   ‘,.   ‘,     }{        /  ソ ノ ./
    |    | .\   〕ノ  ⌒¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´ _/ //.      |
    |    |/ /`¨¨‘,  /〕        /  /  」 \|    |
    |    |  {{    /ヽノ ⌒ー‐‐‐─    / /    |    |
    |    |   ー-=彡 〉          ⌒/ /      /   /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃アハハハ、レイヴンは乾いた笑いを浮かべるとM37を構えた。どうやら
┃これを使う様な状況に追い込まれたとみるべきか……

┃言いたいことはいろいろあったが、全てはこの部屋の惨状が物語っている。

┃早足でこの部屋を出ると、2人はまた奥へ奥へと進んでいった。


384 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 23:52:47 ID:.OP607rU0
|ニム   Ⅷl  i ヘ               _,. ==== 、
∨ニヘ  .Ⅶi  l l           _ //| ` ー , >=-≧,、
...∨ニム  Ⅶ, l l            /´フノ : l   .:'  ヘ  \=i、
  ∨三ヘ Ⅵ、ヘ |l        /:r´ i| :l ::l   ;' ,  :::l  , -=>、
   ∨三ム l|ヘ i |l       ∨l :l l ::Ⅵ,  :://:|、 :l /ニ/´ .イl
  ./三三ニヘ∨ヘヘ         ∧l l l| ::|! |, :::'l l丁ヘ.:l:/l|三> ´ ノ       此処でしょうか? やっと着きましたね。
.ト='ニレ'ヘ三三i|三ヘ|l      l| l|: ト: ト:lゞヘ 从ヤF`l',/l ∨≧イ
.∨/´  ∨三三ニ,r'ヘ      l .从 :, ::ヘ  iリ   ̄`ハノ /|  ::l
...Ⅵ、   .ノ三三三|l ヘ     乂 Ⅵ Ⅵヘ  、   イ///:l:|ヘノ:|
  ∨≧='-i三三斗=、  `i    // i 7ニ=、丶-=≦ ノノ/ l:|≧〕l
  ∨三二三三ニ.,__ノ  |l  ./.ト=-' ニ∧/ィ/7 , 、i 彡ハ ::|≧l |l
   ∨三三三三l/    l /l/ト=/ヘiヘ:::>:::::´::::r|`ー´> :ヘ/∧|l
   .∨三三三ニム    l:. :.l/ //〃 ヘ;t:::::::>ト-h=r'iニl≦三ニト,
    )!三ニ>i:r|l三ヘ   |l:.// ´  ヽノ-==ー 、:::|ui r|三三|l ヘ
    ゞ三/ rヘ:!l:|三ニヘ  У __, ´       寸 lニl三三l:: ヘ
     l|ニl|_iヘソ`ヘ三三l, .l三三三三三ニ==- .,__,...'ニl三|ニ/ |l::. ヘ
  / l三|l:ヘ:|l:::::::l三三ム ',三三三三三三三三ニ7  /∨|l  ||l::.. ヘ
./  /l|三lヽノハ:ノ三三三lヘ三三三三三三三三/ i /r=ト= ヘ三|l::.. ヘ
  /: ∠l三|l´〉ヘ/三三三||l´`i:::::::::::::::::.ミ三三彡l、 >' .Ⅵ三ヘニ|l:::. ヘ
. /: : / ヾ三ム、 /三三三三|l /`=-'==-、::::::::::::::r=|  i ./´: l|三三ヘl,::::. ヘ
/: : /   ゞ三三三三三三三l iマ三,ヘ三三三三ニ∨ノ: : :.ハ三三ニl::::::... ヘ
: : /  / /: : ヘ三三三三三ニ|l | |/´l .ヾ=-i ≦i|´  7: :/: / .|l三三ニヘ:::::::. ヘ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃少し迷う事。10回目に入った部屋でようやく目的地へと辿り着くことが出来た。

┃大きな通信機と様々な機械、そして中央にはこの街と対岸までの詳細な地図が
┃乗せられたテーブルがあった。その隣に部隊の配置を示すピンのようなのも
┃ある。ここが司令部の中枢とも言うべき場所でもあり、今では辺りそこら中
┃黒く乾いた血糊で丁寧にべったりと塗装されていた。どうやら一悶着あった
┃後らしい。地面には先程と同じような死体が幾つも横たわっていた。


385 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/11(火) 23:56:41 ID:.OP607rU0
            イ⌒丶.       \////ハ \
          /^ヾ|          、  `マ//ト、 ヽ
     _,. -‐/  / |       i   ヽ   ` T爪   :.
.     「   く′  :i||     i}  .:.  ハ   i| :|/》  ::.      下士官、兵士、参謀……。
          i   :i|z@    . :{{ : :}: . |    i| :|//》  ::.
     ',  i   i|zA     : : :}、: :_jL {_|    i| :l  /》 :::     おっと、この書類は……
          i   |八 _   : :爪 /i} ∧|    i|/   /》 :::
       }i  i  才^ヽト   : :k七T六ト、  i| / // ::{
.     {{ i   ,  ‘k七圦ヽ. : :| V匕ノi}'/   i|  //  :|
      Wヘ  ',  :. Vヒi} 、: :{  ‘冖1l:i   リc //,、  :|
.      }} 人 ::.  :. 、¨´  \,     川   /_∠∧∧  |
.       {{   ヽ ::.  ',ゝ ′    / リ'  / /、 ∧_}  l
.      }}     ', \ V丶. `     ,.ィ7  イ  ′\ \\
       八     }  }ト \ >  イフ /l |: ト(  \_〉∧
       \   ノ/}}   `丶  斗n升}|  l ∟L _   丶
            /´  ″ .:|  }と7 ムlj  L|  | |   `  .  \
               /,' ,.イ| .: .′、  ⌒|  | |      ヽ  \
           //: / /:| :/ .′       ,|  | |         }: .  \
             //: i./ .:|/_厶ヘrヒ'⌒TT^!   l^i|7、       } : : . 丶\
         //: : l'  / //∧从  人{八   Ⅶ' }       i} : : : .   \\






         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'     __     __´_ ‘.       ……ちょっとスプラッター過ぎじゃないか?
  ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.
  { ∪ "'               、、 }       あれ、少佐? 何を観てるんですか?
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////                              えぇ、少し……気になるものを発見しました >
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´

386 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 00:00:56 ID:r3S1iaj20
                                  rー   ___
                                  {{     }-{
                _ . ┐.              」}     」__}
           -ァ:::ァー. . . . L......,             } }      }-{
          /....}::「. . . i .ヽ...|i. . . {         __  jレ会ト、   }-{     此処に派遣されたブリタニア陸軍のウィッチのと
        /. . ../7ハ. . . |斗}. |ハ. . {       -‐く/ V///≧ァ  j__j
         i . . //{{ }}:. .|.佗从_j. . . :,   /    }⌒V/「 ̄}ア^⌒     ストラスブールでの戦況報告書ですね。
         |. i. {{  アハ.jト{/  /: . N z≦      」=-{}/{ /^
         |. |. . . ≧zく{. . }____,゚-=ニ      rァ'´ j^YTT^
         i .l. . ./_/:.:.小>ーr‐==L. --‐¬/ /_,ノ{=rー{
         l .|: :く,:ノ/:.:.:.:.:.:.ー=ァう____j{__/ー‐'^  /-/7^
         |:リ. : : }:.:.:.:.:.:.:.:.:ィアフ         //^
         |: : : : :}:.:.:.:.:.:.':.:.」「三二ニニニニ二 -'′
.        , : : : : ハ-=ニ二}}: :ト、  } ヽ
        ′: : :/ {ニニ=宀!:.,7    }
.       /: : ://: : マ7-‐ー-|:.iー-く  ノ
      ,: : . //: : . . マニ7} 从{  「
      /:. . //:/ . . . .}ニ} } // }  ;
.     /: . .//:/: i :| 人7 」{{ {  ′
    / . ..//:/ : :| :!/ニニ=ァ/=- {
.   /; . . ./: {. : . !:{ニ7^ ミ/ニ=-} ト、
.   ; /. . ./: i. : : |: : /::::::::::/:::}__ア V
.   / i . .i : :|: : : ! ,/::::::::::/{:::::::::{ /、







         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.       ここにもウィッチが、少佐と同じブリタニア陸軍が居たんですね
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.
  {    "'`¨¨´           、、 }      彼女たちが何処に行ったのかとか、分かりますかね?
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´

387 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 00:05:33 ID:r3S1iaj20
.              /........../::::::::::::::::::;: '",....'...丶...`丶、{
               /.......广7::::::/ >'" .....'′ ..........l................≧=‐- 、
.              /......./:::::::::/...../..................................|..\........................|
            ......./::_彡'′....//.., . .....{..................| . ....l..............l.......|
              l......f′ ........... ′ ../.........{ ................| .......| . .........| .....|     ……すいません、言葉が少々足りませんでしたね。
               | ../} .................l7.../............ハ .............| . .....|.............| ...!
                |./ { .................|i....|........l....}.....} ..,........|..ハ.._.| ...........l.......;     正確にはストラスブールにおける撤退までの戦況
              i|{  {i..................|i....|........l....}.../../........仄「}./.............;...}...{
              八   ':.................li _」、 .._厂}/}./........xャf折^; ..............ハ..{     報告書と、ブリタニア陸軍所属のウィッチたちの
         /;::'ヘ    、.............\抖ャf折^ ハ......./ん'ン//...........//  .;
         `'く__;:xヘ,  `\.........≪fてノノ   }/ ¨´ 仏:′...//   }.}    死亡報告書、です。
             }√::::::、\__l::|i............{ ¨´   ′ 、  /../...... ':〈   .:′
             /′:::::::::\l_|ト..........{`     ,.  /../.../.xくヘ, //
         /..|:::::::::::::::::::}...川::\.....个:  _   /|....//八.{::::::::>く
.        /.....| :::::::::::::::::}/..八::::::\{:::([l):::マ´l/|./....../::::、_;/:::::::::.,
        /.......i|::::::::::r 、:/../ ::::::::::::::::\::::::::::¨´ ::!.......{::::::::::::::::::::::::::|
       ..........八..........> '..√V^  、::::::::::::::::::::::::::::八.......l::/:::::::::::::::::::::|;
     /......f⌒' }=‐-‐ァ./\ {   \r…‐- __::::::::::; ....|」:::::::::::::::::::::::li
    /..........ノ   }‐=ァ'./   ^'ー-  _{{    / ̄^∧..l,ハ:::::::::::::::::::::八
.  ,.../.........(_   ヘ({..;′       ⌒ ー 'く __,,厶ハ.i| | ::::::::::::::::::′...、
  / /.............{⌒'く   V{                   l..| |::::::::::::::::/〉.........\
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言って少佐が見せてきたのは、幼気な少女たちの顔写真付きの資料12枚。
┃そして現地での戦況を報告するための紙の束だった。

┃少佐が手に持つそれを見せられてレイヴンは溜息を吐くのと同時に眼を
┃逸らす。それは、レヴィやスタークス少尉たちと同じウィッチたちの死を知らせる
┃物だったからだ。


388 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 00:09:58 ID:r3S1iaj20
       /   :|      |:      |   |      |   |    ヽ ≧o。
       ,′ /|      |:      |   |      |   |     |   {
      :.  / :!       |:      |   |      |   |     |    ′
      f  / /l       :|:      |   |      /    :|     !  /
      |/ 〈 :{:       | ――‐┼‐、|    :/__   }     /  /    同胞の死を悔やんでる時間は有りません。
       {{    ヘ!:     ㌣斧芋{漬 /!    xzzzx  /    /  /
      : Ⅶ    ゚,    :ゝにf//(_   :|:  /ん//} //:     /  /     レイヴン、ブリタニア語の知識は?
     :  Ⅷ   ゚。     | 乂//ツ   :|:  / に/(  ,′   /  /
     /   Ⅵ   } ゚,   :|         人/ `¨¨~ /     /  /
     /  / ∨{//// ゚。   :!:           ,     /     /  /                 読むだけなら問題ないです。 >
    / %77/‐=≦{   ,  ゚\               イ     /  /
   ////////____ ゚,  ゚,\     `    /   %  ′
   ∨///>f//////{ ゚。   ゚,/:>     < /   イ  :/        結構、それでは……
   / ゝ‐≦ :{//////i  ,   ゚,///:><≧o/  / !   /
  ,′      ≧=‐ミt、!   ゚,  ゚,//{――///  イ   {  /
  / ‐=≦: : : : : : : : : : ゚。  ゚。 :}:. \/ ゝ-,′/ :!:   i: /
 f: : : : : : : : : : : : : : : : : :゚,   ゚,i:.:.:./:.:.:.:.:} 〈/  :   {/
 {: : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧   }ヾ:/:.:.:.:.:/ ̄|  | ̄\
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃2人で読んだ方が早いと言う事か。少佐から渡されたのは……

┃↓3     1.ウィッチたちの死亡報告書
┃       2.ストラスブールの戦況報告書




391 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 00:12:26 ID:IIBpUL960
2


393 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 00:18:27 ID:r3S1iaj20
                  ______
            ____〃  -‐…‐-  丶ヽ
            / /             \\
            /  ./.   /  /         \\
.         〃  /                  \
       /( // ′.... |  |...   | .  /    !   >)ヽ
         {辷〉`ヽ{..   |  | |   | l /|    | / 〈 /      ……えぇ、結構。それでは素早く読み進めていきましょう。
         丶〉   〉    |,ハ,| |   | |/__|    | \/
        \/ ∨.. 代フ. N∨ |弋フ    / |\ 、
            xく/ :|.  ト        イ   /..|\ \〕
         </.  人ハ从 、      /∧/. | i|¨¨¨´
          ー/ |    |, \ ‐ /}} |    |八
           /  |    | ヽ___  xく〈 |    |‐-ミ
.          /, ¨¨|    |,//  》《   》....|.... |   ヽ
         / {.... |    | 《 /|:i:|\_/:| |.... |    |\
        // {.   |    |     V.   | |、  |   /  \
      |  | . ‘, |    |.          | | ヽ|   /    |
      |  | /∧ 从人,ノ     ヽ/..  丶|.   一 \   |、
...   / :|  |/ /  ,.  ‘,      }{     }   } 〈  |  / 丶
   /   \ヽ/   ‘,.   ‘,     }{        /  ソ ノ ./
    |    | .\   〕ノ  ⌒¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´ _/ //.      |
    |    |/ /`¨¨‘,  /〕        /  /  」 \|    |
    |    |  {{    /ヽノ ⌒ー‐‐‐─    / /    |    |
    |    |   ー-=彡 〉          ⌒/ /      /   /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃少佐から紙の束を受け取るとざっと目を通す。書かれている言語は共通語
┃であるブリタニア後だが、このキッカリ堅苦しい書式はカールスラント人の
┃物に違いない。ならばある程度は読み飛ばしても何の不都合もなかろう。

┃資料を次々と読み進めていく。紙を捲る音だけが響く司令部で、段々と
┃当時の状況が分かってきた……


414 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 00:50:01 ID:r3S1iaj20
ストラスブールにおいて、わが軍の旗色は悪くなる一方だ。ネウロイの侵攻を阻むためにライン川を挟んだ対岸に陣地を
構えたが、それでも日々侵攻は強まって行く。

此方の主編成はストラスブールに駐留してたガリア陸軍と、隣国カールスラント帝国から撤退してきたカールスラント陸軍
後はオストマルクなどの小国から逃げ延びてきた敗残兵で賄われている。

元々欧州でネウロイに対抗できる国は限られており、我等カールスラント軍とオラーシャ軍の二つだけだ。ガリアは元は農業国。

軍事力だけには当てにならない……この場で避難民の支援のために、一刻も早く増援が到着する事が望まれる。

とりあえず今は、ガリア空軍のウィッチたちの支援だけで耐え忍ぶしかあるまい。


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃兵士の報告書、それは敗戦色の濃い一文だった。どうやら元から戦況は
┃良くなかったらしい……




417 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 00:56:36 ID:r3S1iaj20
戦況は悪い、補給も少なければ兵士の士気も低い。銃弾や食料の備蓄は十分だがライン川防衛の要である戦車を動かす
為の燃料が枯渇し始めた。いざという時の為に、幾つかは司令部とは違う地下の塹壕内に残しておく。

動けなくなった戦車は地面に埋めて即席トーチカとして活用することとなった。これでもうしばらくは耐えきれるだろう。

軍を犠牲にしてでも民間人の支援を優先しろとの指示だ、自分を含めて此処にいるカールスラント兵は引くことは出来ない。

……しかし、ネウロイ達による砲撃も激しさを増す一方だ。ここに繋がる橋は全て工兵たちの手により破壊済みであり、
陸上ネウロイたちはそう易々と川を渡る事は出来ないと分かると、対岸に砲撃陣地を構え此方を磨り潰す構えに出た。

航空ネウロイによる空爆も被害を増加させていた。ガリアのウィッチたちが奮戦しているが、明らかに分が悪い。

418 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 01:03:32 ID:r3S1iaj20
仲間が死んだ、今日もまた死体袋に包まれて近くに掘った穴へと捨てられていく。後方に送りたいが、既に処理できる限界量を
超えていると言われ、疫病の防止のためにも現地での処理が命令された。

「もう使える袋が無いです」と備品係の兵士が溜息を吐いていた。死体袋が減るにつれ、我々の手元に残るのは亡き同胞の
遺品のみだった。


状況は変わらず、着々と不利に陥っていく。だが悪い知らせもあればいい知らせもある。


一つはブリタニアからウィッチたちの増援が決まった事と、リベリオンから対外有償軍事援助を受けれた事である。

あと少しもすればブリタニアの機甲師団から陸上ウィッチたちと支援物資が来るはずだ。それまで耐えきらねば……。

419 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 01:09:11 ID:r3S1iaj20
ようやく待ちに待ったブリタニアのウィッチが到着した。たった6名と言う中隊にも満たない人数だがこの戦況を打開するには
充分な数だった。ストラスブール防衛に当たっている連合軍指揮官はすぐさまガリア空軍に連絡を取ると反攻作戦を実施。

なけなしの航空ウィッチとブリタニア陸軍のウィッチたちの力を借り、ライン川を強行突破。そのまま対岸にあった砲撃陣地の
大部分を破壊することに成功した。

ネウロイも攻勢に出てくるとは思ってなかったのか、1人も被害を出すことも無く戦果を挙げた。

とはいえまだ終わったわけでは無い。一時的な安全を確保したまでにすぎないのだ。すぐに補充を済ませ、もうしばらく耐える
準備をしなくてはならない。

ウィッチたちには良く休むよう伝えておいた。

422 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 01:14:20 ID:r3S1iaj20
その数日間ネウロイ達の攻撃は無かったが、突如として航空ネウロイが奇襲を仕掛けてきた。大型の高速種だったらしく
気付いた時には既に真上まで迫って来ていたのだが……そのネウロイは攻撃してくるわけでもなく、ただ「種」と呼ばれる
のを撒くと、そのままUターンし、カールスラント国内へと帰って行った。

詳しい兵に聞くと、母艦タイプのネウロイは占領する土地にあのように種と呼ばれるプラウシュテルマーの元を散布し、そこ
から発生する瘴気を利用して人類を追い出すそうだ。

どうやらネウロイは我々を砲撃ではなく瘴気で追い出そうとしているらしいが、そうはいかない。

すぐさま兵士を動員すると、ストラスブール各地に散らばった種の処理に向かわせた。花が咲く前なら普通の兵士でも対処
可能だった。

424 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 01:23:20 ID:r3S1iaj20
それから数日の間、毎日のように先程のような高速の母艦タイプの航空ネウロイがやって来ては種を撒いて帰るだけで
砲撃やレーザーなどの空襲一つすらない、実に静かな日々が続いていたのだ。一日に複数回撒きに来るのを除けばだが。

ブリタニアのウィッチたちも一応は対岸からくるかもしれない陸上ネウロイに備えて警戒には出すが仕事が無く殆ど
手持ち無沙汰な状態。これもこれで良いとしよう。

唯一問題なのは、ネウロイが撒く種だった。日に日に撒いていく数が増え、一回だけで50は下らない。それなのに一日に
二回三回とやってくるからかなり厄介だった。……とはいえ、問題なのは数の多さだけなのでこれと言った危険は無いのだが。

この問題に対処するために監視員による種の観測と、処理班による種の駆除が今の所の主任務となった。

観測班の報告の数と処理班の処理した数が今の所2つだけ合わない。が、プラウシュテルマーは成長すればその大きさにより
すぐに発見できる。瘴気を出す前に破壊すれば何も脅威は無いと判断。暫く探索を続けることにした。

429 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 01:31:00 ID:r3S1iaj20
いつも通り種を撒くだけでネウロイの攻撃が無い日が続いた。これによって被害が出ないかと思ったが、そうでは無かった。

カールスラント陸軍とガリア陸軍から逃亡者が出たのだ。両軍合わせて3名、その日は攻撃も無くその3名はストラスブール市内
にいた。その日の夜、部隊内の点呼に何時まで経っても現れない事から逃亡が発覚した。

とはいえ、同じ部隊にいた兵士に聞いてみても逃げ出す様な兆候は一切無く、その3人とも補給官、士官、歩哨と接点は何処にもない。

共犯して逃亡したのだと判断し、この件は処理された。我がカールスラント軍から逃亡者が出るとは情けない。

ここの防衛が終わった後、しっかりと見つけ出してしかるべき罰を与えなければ……


種の処理だが、今の所処理班の頑張りもあって誤差は3つで収まっている。残りの破壊も素早く終わらせたいところだ。

430 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 01:33:37 ID:v2sRj0MA0
本当に逃亡したんですかねぇ…

431 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 01:34:11 ID:BmmLxKEQ0
逃亡じゃなくて遺体が見つからなかっただけなんじゃ…

432 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 01:34:20 ID:Oa6vJW2Y0
あかん確実に死んどる

433 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 01:34:38 ID:jhgkYEIg0
寄生種かよ・・・


436 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 01:37:16 ID:r3S1iaj20
……どういう訳か逃亡者の増加が後を絶たない。今日もまた3人逃亡者が出た。今までのを合わせ、合計で15人。

その部隊の士官を呼び寄せ話をしたが、全員首をかしげるばかりだった。曰く、誰もそのような兆候は無かったし、
むしろウィッチが来てから活気に満ち溢れていたぐらいだ。と話していた。可笑しい。

種は相変わらず巻き続けてくるが、今の所全て処理している。誤差もあれから一つも出していない。


機材も幾つか無くなっているらしい。とにかく、補給官には警戒するよう伝え、一度士気を鼓舞するためにも何かしらの
手を打たなくては。

440 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 01:46:09 ID:r3S1iaj20
今日もまた、3人が居なくなった。そのうちの1人は、カールスラント陸軍の兵士であり、この書類を作成している私の同期でもある。

彼は私の数少ない友人の一人でもあり、この部隊の支えでもあった。信念と誇りに溢れ、正義の塊のような男だ。
それなのに、彼も今日見回りに出た際に何処かへと消えてしまった。何も言わぬまま、そんなそぶり一つ見せなかった。

絶対に可笑しい。この脱走者は本当は脱走したのだろうか?司令官に打診したが、ネウロイの攻撃が無い以上戦死ではなく。

既に多国籍軍で満たされているこのストラスブールで行方不明になる訳も無い。やはり逃亡したとしか考えられないと判断された。


……対岸でネウロイ達の活発化が確認された。補給を済ませた戦車と周辺に対空機銃を配置し、ウィッチに出撃待機命令が
下った。

442 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 01:53:57 ID:r3S1iaj20
今日もまた脱走者が出たが訳が違う。2人のうち、1人はブリタニアから配属されたウィッチだった。顔を覚えている、あの綺麗な
ブロンドの髪の、眼鏡が特徴的だった小さな女の子だった。

周辺にネウロイらしき影が見えたと観測班から報告があり、ウィッチ2人が確認に向かったのだが……結局見つからないまま
その道中で居なくなってしまったと、彼女の相方のウィッチが話していた。

ストライカーを使ったのならば、履帯で逃げた痕が分かるはずだ。しかし、それらしき痕跡は何処にもない……


皆には負傷し後方へと送ったと話、この一件は公表されなかった。観測班による捜索がまだ続いている。


対岸でネウロイ達が活発化していると報告が入った、何度か対岸の見えるところに姿を見せており機会をうかがっている様にも見える。

446 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 02:04:09 ID:r3S1iaj20
世界を震わす様な事件が起きた。何者かにウィッチたちが殺害されたのだ。

早朝、何時まで経っても部屋から出てこない二人を不審に思ったウィッチが、同じ部屋で寝ていたウィッチ2名が首から血を
流しベットで倒れているのを発見したのだ。

ウィッチの宿舎には歩哨が割り振られていた。それでも誰も何も見てないという。

司令部は一般兵士に知られないよう急いでこの件に関わる人員を隔離し、封鎖した。憲兵隊を呼び、捜査に当たっている。

鋭利な刃物を使っていることから意図的な殺人として、同部隊のウィッチと歩哨に当たっていた兵士から順に調べている。

……隠そうとしたが既にこの事は一般兵士達も知れ渡っており、一部部隊では快楽殺人者がいるかもしれないと警戒を
発しているところもある。もしくは、市内に何者かが紛れ込んでいるか……

対岸でのネウロイの数が増大し始めていると観測班から報告受けた。襲撃してくる日は近い。

448 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 02:07:24 ID:r3S1iaj20
                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ
             ,'           l        ヽ        ……酷いな、色々と。
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そこで報告書は終わっていた。どうやらこの続きはここには無かったのか
┃はたまた書ける様な状況じゃ無かったと捉えるべきか。

┃恐らくは後者だろうと思われる。成程、あの通信兵が散弾銃を抱えていたのも
┃頷けるかもしれない……いや、本当に快楽殺人者が居たのかどうかは知ら
┃ないが。


450 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 02:11:28 ID:r3S1iaj20
             /     /        ̄ ̄ ̄/      | ⌒\
              /     /       ,      {      |    \
               /     イ        //    :.      |      \
           /    / }       //     l      :.  }:   \\
            /   /  i      //   |  :|      {  i     }
            /   / !      :./ |   :|  :|       :.  }    .:    }
              /     / :}       :/ :    |  :|     /  :.    /    /    ……そちらは読み終わりましたか?
        /  {   ∧ :i     /  :l    |  :|     /   :.    /    /
              i   / ∧:.       {___!___:|  :|:    /   /    /    /     内容を簡潔に説明してください。
       /  /:|   / ∧       i  八   !  :     ム斗 /   :/    /
       r‐=≦乂_|:    / }      ::. /  \ |  八  :/ / /   /   /
      {//////,'|:    //  /  :l /ミZZZァ ! /  ヽ/__///  /   /
      i≧=‐‐=≦  {/// ∨ /  {,′    i/  / ¨¨/  /  /   /
      / /    ///>。.〉:  ∨ / :i       /      イ: /   /   /
.    / /   ////{///:|:   ∨ /:            '  /   :/   /
.     / /   ////≧o.:|    ∨ {/\    ` <   {    / !  /
   / /  ‐=ニ二二>。. !    ∨!\/></ミ |   :i    / {  /
  ‐=ニ二二二二二二二ヽl     Ⅵi:i:i\/////} !   :!  /   i :/
/二二二二二二二二二ニニ|     {:i:i:i:i:i:i:\///|  :i  /   l:/
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃隣でウィッチたちの資料を読んでいたアリアダストが声をかけてくる。

┃どうやら彼女のはもう読み終わっていたらしい……手に持つ資料の
┃端から一人の少女の写真が見えた。ブロンドの髪の眼鏡が特徴的な
┃女の子だ。



452 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 02:15:11 ID:r3S1iaj20
.              /........../::::::::::::::::::;: '",....'...丶...`丶、{
               /.......广7::::::/ >'" .....'′ ..........l................≧=‐- 、
.              /......./:::::::::/...../..................................|..\........................|
            ......./::_彡'′....//.., . .....{..................| . ....l..............l.......|
              l......f′ ........... ′ ../.........{ ................| .......| . .........| .....|
               | ../} .................l7.../............ハ .............| . .....|.............| ...!    ……成程。内輪もめしていた所で襲撃に遭った
                |./ { .................|i....|........l....}.....} ..,........|..ハ.._.| ...........l.......;
              i|{  {i..................|i....|........l....}.../../........仄「}./.............;...}...{    と言ったところでしょうか。
              八   ':.................li _」、 .._厂}/}./........xャf折^; ..............ハ..{
         /;::'ヘ    、.............\抖ャf折^ ハ......./ん'ン//...........//  .;
         `'く__;:xヘ,  `\.........≪fてノノ   }/ ¨´ 仏:′...//   }.}
             }√::::::、\__l::|i............{ ¨´   ′ 、  /../...... ':〈   .:′
             /′:::::::::\l_|ト..........{`     ,.  /../.../.xくヘ, //
         /..|:::::::::::::::::::}...川::\.....个:  _   /|....//八.{::::::::>く
.        /.....| :::::::::::::::::}/..八::::::\{:::([l):::マ´l/|./....../::::、_;/:::::::::.,
        /.......i|::::::::::r 、:/../ ::::::::::::::::\::::::::::¨´ ::!.......{::::::::::::::::::::::::::|
       ..........八..........> '..√V^  、::::::::::::::::::::::::::::八.......l::/:::::::::::::::::::::|;
     /......f⌒' }=‐-‐ァ./\ {   \r…‐- __::::::::::; ....|」:::::::::::::::::::::::li
    /..........ノ   }‐=ァ'./   ^'ー-  _{{    / ̄^∧..l,ハ:::::::::::::::::::::八
.  ,.../.........(_   ヘ({..;′       ⌒ ー 'く __,,厶ハ.i| | ::::::::::::::::::′...、
  / /.............{⌒'く   V{                   l..| |::::::::::::::::/〉.........\






                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ     6人のウィッチのうち、1人が行方不明で二人が死亡。
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !    後はこの市内に未発見のプラウシュテルマーが3つあるって
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.    所ですかね? もうこれは当てにならないかもしれないですが
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7

454 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 02:18:44 ID:r3S1iaj20
       /   :|      |:      |   |      |   |    ヽ ≧o。
       ,′ /|      |:      |   |      |   |     |   {
      :.  / :!       |:      |   |      |   |     |    ′
      f  / /l       :|:      |   |      /    :|     !  /
      |/ 〈 :{:       | ――‐┼‐、|    :/__   }     /  /
       {{    ヘ!:     ㌣斧芋{漬 /!    xzzzx  /    /  /    ……補足しておきますが、残り三名のウィッチは
      : Ⅶ    ゚,    :ゝにf//(_   :|:  /ん//} //:     /  /
     :  Ⅷ   ゚。     | 乂//ツ   :|:  / に/(  ,′   /  /    身体が酷く欠損した状態で死体となって発見されました。
     /   Ⅵ   } ゚,   :|         人/ `¨¨~ /     /  /
     /  / ∨{//// ゚。   :!:           ,     /     /  /     恐らくこれが襲撃の前日ですね。
    / %77/‐=≦{   ,  ゚\               イ     /  /
   ////////____ ゚,  ゚,\     `    /   %  ′
   ∨///>f//////{ ゚。   ゚,/:>     < /   イ  :/
   / ゝ‐≦ :{//////i  ,   ゚,///:><≧o/  / !   /
  ,′      ≧=‐ミt、!   ゚,  ゚,//{――///  イ   {  /
  / ‐=≦: : : : : : : : : : ゚。  ゚。 :}:. \/ ゝ-,′/ :!:   i: /
 f: : : : : : : : : : : : : : : : : :゚,   ゚,i:.:.:./:.:.:.:.:} 〈/  :   {/
 {: : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧   }ヾ:/:.:.:.:.:/ ̄|  | ̄\





                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /            U   \          ……戦う前にウィッチ全滅ですか。
            /                    \
           /                       \       一体此処で何があったんですか……?
              l                         l
              |                          |
              l                         l
           \                        /
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

457 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/02/12(水) 02:24:11 ID:r3S1iaj20
            ___
      r .   %</≧o。___ミt、
      {  ゝ   /  <///}   ゚。
    .。o i      ゚。   <∧    .
    }    {        .   }∨∧   }
    {   。      |  :|   :i: ∨∧  .     さぁ? 原因は分かりませんが……
   i    ゚。 r―┼ :!   :! / :∧  :
   |   l  ゚, }汽笊ア:    /    /  {    残り三名は「ストラスブール大聖堂」で見つからなかった
   | |:  ゚, ゚,!: マシ} |   {   へ、  。   3つの種の探索を行っていたそうです。
   {∧   ,〈 \  〈/}   ゝ<///:\ ,
.   zA 。 ゚。:ヘ 、   /  / }∧ <//// 。    向かう価値はあるでしょう?
.   {{  ヽ ヽ ヽ_ < / :i‐=≦ヘ ゝィ   ゚。
    \   } / \{   / //:l {/ ___<_    .
           i /〈_/   ,:∨: : : : : : : :゚。  \
          // { \/ ゚, ∨: : : : : : : :i:    \
          //:_/ /:   ゚。 ゚。: : : : : : :.゚,     \
          %   /     ゚。‘,: : : : : __‘,
        /    /      \ \: : :∨ ∧  \    \
        {---- ゝ7777777777{\ \/   __}    ヽ
.        八////∧/////////∧/ \ \/: : ∧    \    \
       / 入////ゝ/////////∧__/ \  ゚ 。:}      ゚。     ゚。
      / /  ¨¨〈///77777777ゝ<{}  \  \           .
     :   {    \/\////}///:zA   ヽ   ゚。
     l  i     ∧ {  ̄{-<////{    / ゚。   ゚,          ゚,
     {   {     /: :{ i  ∨//////\r 〈: : : ゚,   .
     i  i    /: : i    Ⅵ////////: : : : ∧  }           :
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そういうと彼女は資料を投げ捨て、インカムで外に出てい2人に連絡を
┃付けると、ストラスブール大聖堂で落ち合うよう指示した。

┃去り際にもう一度地面に転がる死体を見る。首から血を流して、というのが
┃やはり気がかりだった……杞憂であればいいが。





今日はここまで。

458 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 02:24:40 ID:4ZBOUPiA0


459 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 02:25:26 ID:Oa6vJW2Y0
絶望が襲いかかってきても葉隠プロは希望が確実にあるから

460 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 02:26:02 ID:FbKqJIw20


461 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 02:26:13 ID:Oa6vJW2Y0


462 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 02:27:12 ID:BmmLxKEQ0
乙でした
次回は戦闘かな?

463 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 02:30:50 ID:r3S1iaj20
皆希望が好きだね。私はそんなみんなの希望を絶望に変えるのが好きだよ。

という訳でもうちょっとつづけられたけど時間が時間だし終わり。明日も同じぐらいできると良いなぁ

464 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 02:32:48 ID:v2sRj0MA0
おつー
さて何が飛び出してくるのやら…

465 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 02:33:30 ID:BmmLxKEQ0
お休みー
金髪で眼鏡の小柄なウィッチってもしかして境ホラのアデーレ?

















関連記事
  1. 2014/02/20(木) 23:34:32|
  2. やる夫は欧州で試されるようです
  3. | コメント:1
<<【欧州】《第6話》20 | ホーム | 【王様】《4期》11>>

コメント

勝ち誇っている相手に自分の命と引き換えにいろんな意味での致命傷を与えるシチュエーションが大好きです。
  1. 2014/02/23(日) 14:06:53 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyarusp.blog.fc2.com/tb.php/1185-06cd2355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)