FC2ブログ

やる夫まとめに挑戦

[糞ゲー] 12

1370 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 02:03:04 ID:zez9XftE0
                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }     ……なら、バルクホルンの方か。
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j     あっちのほうが姉だし、頭も回る。何か考えるなら
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi    上のほうだろ……
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |




            /                      ヽ
           /       , 、  ,   ' ,  ,         ヘ
        /   ,      i i  i    ヽ 'i  ,  ;  , ハ
        ,′  ,' ,     l!、l   i.   ハ 'i. i  i.  ; ハ
       ,'   i ,  ,'    l!   l!     }. i i  i  i }
       |  ,' l l  l    ∧  __キ-= ニ_,l!  i  i
       {,  i l. l!  ム  ノ' ゙z'''´彡 -== - |  ,i  ; i       バルクホルン先輩、の親しいご友人ですの?
       l!{ , 'i -==二ニ、 ̄ ''´ ラ'´{::::っ_ノ _|  ,l!  i. 'i
          i ',i ヘ_人 く¨{::っ、   ,   `ー' )'´| .ハ  .i ,|    だとしたら、同クラスでハルトマンという三年生の先輩が
           | >ヽ弋リヽ-‐(、  __. ノ  | 仆  i  |、
           |( .ハ  __ノ'、    ̄       | ,':´| ,i   }   公私どちらも親しかったと聞いてますわ。
           | |`ヘ´    __ ノ    ィ'|.,': : |:.,'  |
           | ハ  ゝ 、       / ,リ|: : リ   j
           'i |:ハ  .ハ: >  __ .ィ´ _,, ,ノ´ヘ:./  人
            〉|: :',. ,i i: : : : :rヘ=<:.:.:′:.:./  ∧
           ∧!: : }:ノ  |: : _ノ:.ノ、:.:.:.:.:.:.:.:.:/  /i‐--
          ノ'  r‐:リ   |''{:.:ノ-i-、:.:.:.:.:.ノ  / ,':.:.:.:.
          /    f:.ノ   j:/ / i ヽ、/ , '  ヘ:.:.:.:.
      ,. '´, ' >'´    /,' /  i /      ノ:.:.:.:
     / , ' >´     /\っ'   レ'     > ´:.:.:.:.:.:.:
    人 ノ  {     ,  /:.:.:.:.:. ̄:.(´    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



1377 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 02:11:18 ID:zez9XftE0
                   _
          , -=====-.、: : ̄: : : : :' : -...
       /   ィ::´: : : :\: : : : : : : : : :ヽ:`ヽ
.         /: : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : \::\
.        /: : : : : :/: : : : : : |: : : : : : : \: : : : ヽ: ハ
       /: : : : : :/: : :/: : :/:||: : : :i: : : : ::i: : : : : :.,: :'         あれ……ねぇ、芳佳ちゃん?
        : : : : : :/: : :/|: : / || : : : |: : : : :|: : : : : ::|: : '
       |: : : : : :|: : / .|: /   |! : : ::|: : : : :|: : : : : ::|: : :|       この間、クラスに来たのってそうじゃなかった?
       |: :| : : ::|:::/=|/=  |=|: :/_|:| : :/|: : : : : :|: : :|
       |: :| : : ::|/ __    i/ 二|! /=|: : : : : :|: : .|
      ∧:| : : ::||イr:心ヽ    ィ心ハヽ |: : : /|::|: ::/
      | \: : :|| 弋ソ       込:リ ノ.j: : /-|∧/
      ヽ  \|ヘ ::::::::      :::::::::::  /ィヽ)j ノ
                `         ,_ /
             \   ー-    /i::ハミミミソ
               y _      ィi: :|/::|:::j
            _,.イ: : :i≧- 二 .ノ .|/: :ノ: ノ
           /,:;/:|: ::丿   || |  :ト<:/
           / :{: : Y´:|   |.| |i  ム:::ヽ.
        _, =-{ ::∧:ソ::::::|  ∧_|∧  /i::::::ヽ







                 -─━━─-
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
.          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.           あぁー……たしか、うん。あの人がそうだっけ?
         :::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::::.
        ::::::::::::/::::::::::,'i|:::|:::/l:::::::: |ハ:::::::|:::::::::|                            何かあったのか? >
        {::::::::::/::::::::::/斗┼- |::::::|::| _」_:::::|:::::::::|!
      |/::::/::::::::::/ ,ノ八   |:::::ル′八ノ|:::::::::|{          うん、実は……
.       /::::厶ィ:::::/ ,ィ行ミ、 厶イ ,x行ミ、|::::::::八
      /::::::::::{ |::/   ヒソ     ヒソ  ハ::::/::::::\
    /:::::/八|′             / }/  ̄ ̄
.    ̄ ̄   }ハ「\        ′   .′
.            }八|\    o
             r‐ノ     _. <
           /: : : \   ,/ l|: : : ` . _
      rく⌒´: : : : : : : く\  l| : : : : //}
.     /  \\\: : : : : :\\|: : : :.//ハ
     {:     \\\: : : : :,/⌒}: ://   ,
     |       \\\: / /ハ ̄ ̄\ ′
.       |         \\/ ////    /┐ ,
.      |    \ } /{ //// -=て二ノ\′
.     |      ∨/|: : |〈// |  <ニニイ: : ∧-─┐
       |        l/ :|: : |: ∨_|:_<ニニイ : /  \ :!
      l       /  \:\_/   └=イ: :/       |
.      /     /     \/       ∨      |
     {   /      /         \     /



どうやら三人娘が何か知っているらしく、詳しい話を聞いてみた。バルクホルンと三年間同じクラスで付き合いの長かった
ハルトマンという女性が、自分を尋ねにこのクラスに訪れていたこと。

その時、自分はここに居らず、そしてその話もいろいろあって記憶から跳んでいたらしい。

ごめんねーと謝る彼女たちに返事を返しつつ、一体何の用なのか頭のなかで考えを巡らす。

答えは一瞬で帰ってきた……間違いなく、姉ことについてだろう。それぐらいしか、俺とハルトマンの接点は存在しないはずだ。

1383 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 02:19:13 ID:zez9XftE0
                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
        /l       '´   _   r  .l
      / ..|       t''j"´    =='' ',        ……行きたくないけどなぁ。
     /`ヽ、__.',      `¨¨´   ヽ   l
    ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ        虎穴に入らずんば虎子を得ずって言うし
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
  .ヽ∠-''"ヽ    ヽ  i  .|   i  |l ..|
        〉    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
        /       l/  .|   ヽ|  .l
     ./         ./   l     /.\ ヽ
    l           /   .l   〉  \l
      ヽ     /__,..--'┬-イ    |
        \  ./―‐┴''"´ ̄ ̄l     |




恐らくは、最近負った彼女の怪我のことだろう。柔らかい表現を選ぶならば、バルクホルンは背中を「痛めている」。
しかも、その理由と経緯は教師たちにも曖昧に、彼女自身も誰にも話そうとしないし、大丈夫だと微笑んでいる。

「その怪我は、どうしたんだ! 一体何処のどいつにやられたんだ!」

彼女の凶報を聞いた陸上部の顧問が、顔を真っ青にして三年生のクラスに飛び込んでいったらしい。

それもそのはず。『愛想も悪く人付き合いも下手な、どこぞの性能の悪い弟』ならまだしも、『成績優秀で容姿端麗』
加えて『陸上部のツートップの両方が、身体に怪我を負った』となれば、心配するなというのが可笑しい。

1388 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 02:25:43 ID:zez9XftE0
                    ::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
                  ::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ:::ヽ
                /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
                /:::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::ヽ
                  /:::/:::::::::::::::::/:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              /:::/:::::::::::::イ:::|:::::::::::i:::ト:::::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ::::::::
                ::::/::::::::::::/ !::::{:::::::::::|:::|ヽ:::::\:::\:::::::::::::ゝ:::::'
             |:|:{::::::::::斗-|:::ハ::::::::::|:::!-‐\:::ヽ:::::\::::::::ヽ:::::i
             }:{ヘ::::::::::::| j/ ヽ::::::!i::|   \ト:::::::::ヽ::::iハ::::i       ご心配なく。大した怪我ではありませんから
               ハ:::\::::::|ィ芹芋トV::|j/  f芹芋弐アヽ:::ト::}j:::::{
           ノ V::ト::ヽ小弋少 Ⅵ    ヒzンノ iト/^ }::::/
               Ⅵ∧::ヘ     ヾ         '  /:::/
              ヾ ヽ八    `        イー':/
                 {≧:..   r   ァ    イ=-≦三}
                 ´ア::个:..      イ/{ll!⌒ヽ
                    /:::::::∧_/≧=-<  !トヒハ:::::::::\
                  /::::::::::/-=ヘ! >‐<´ ̄/ヽ!:::::::::::::ヽ
             ,,ィ´ ̄(ア'´ {  |/ i!  ヽ/   ヘ:::::::::::::.
            / {´ ̄/     |/ イ   「T} i(_)> 、:::}
              / | 厶      {'´      ヒj」  ト:::::::::::::>、
    .        /   !/  ⌒⌒ア^イアト'⌒⌒ヽ    }  ̄ ̄У }




血相を変えた陸上部顧問に対し、余裕そうに微笑みを崩さないまま、バルクホルンは言い放った。

大怪我だ。完治に少なくても週単位の時間を要する怪我が怪我でない訳がない。そんなのは、周囲にいた彼女の取り巻き
どもの知っている。なにせ、自分達の憧れとも言える存在が、怪我を理由に部活を休んでいるのだ。

落ち着けという方が無理、それは顧問も同じく。金魚のフンのような「信者」は、その理由を尋ねるのに必死だった。

特にシャーロットの一年生のクラスは紛糾した。性格的にも肉体的にも「女神」とも呼ばれている彼女が、突然頸元を
隠す様にネックウォーマーを着込んで授業を受けているとなれば、もはや語るまい。

1401 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 02:33:30 ID:zez9XftE0
    r==== 、/: :l|: : : : l:ハi .l|ト、ヘ: : : l:|ヘ:ヘ   _,. '´    |ヘ
     l|  ` /: :/ハ: : : :/ リート l|l: : : :ト、:ト:ヘ ̄/  ,       l
    .l|  ノl|  lハ ヘ: : l=,,,,...、-ァl|: : : l|: ソ: :ヘ./  // ≦  / |l
    ∨ ´ l |: :lヘ´_,,ヘ:.| 代ツ / l: : :ハ=、: :l`ヽ r'/    / /
    ∨  l| Ⅵハrj , `     丿イ: : lニi: :l ,ヘ /      / /
     ∨   ヾ爿 ヽ     彡' ノ: : :.lノ: :|  /    / /       んーな、心配するなってみんな。
     ∨   /:ヘ  ー'    /: : :ノハ: :.lr/     / /
      ∨  l: : :iヽ    ー 7>イ: :,、,、ノ    / /      べつに死ぬとか、そういう訳じゃないんだからさぁ
      ∨  ヾヘヽ \.....:;:::::´'´:::|: :ゝ/ / | /   / /
       ∨ | /ヘヘ川r!-=≦ |/ / /   / /
        ∨ /、-ーソ' 、ノ<>_'  |l l|   //                       で、でもよ…… >
          ∨ヘ`ヽ//>'´, - ≦、´ヽ .|l l   /
     ,  ´ニ7 .〉-=  ´   ヾ-ゞ ' ヽヘ |   /                       首に傷とか、大丈夫なの? >
   /     /'´ ´   ....         .::. |l /
  .,'      ,/  .....:::::::::::::::::::::::...    .::::::::У
 .,'.::::::::::::::::.....l|.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....::::::,'://
  ,:::::::::::::::::::::::キ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///
  ,::::::::::::::::::::::キ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///
    \::::::::::::ー((` :::::::::::::::::;_;:::::::'/./
     <, '´ ̄7 ̄`   ''''''''''' /./
     /   ,7          //
     i   ,7         //




あぁ、実際に見なくてもその時の情景が思い浮かべれる。きっと、人気者の二人は大層心配されたのだろう。
自分とは大違いな、まるでアイドルの如き存在の姉妹は、それこそ身近な女神というべきか。同じクラスになった
男子生徒は己の幸運を喜び、席が隣になれば絶叫し、遠足などで班員決めがあれば「戦争」になる。

彼にとってみれば地獄だ。月とすっぽんを無理矢理比べられ、貶され、努力も実らない。決して追い越せない。地獄なのだ。

そんな存在が、怪我を負ったとなれば…………くどいようだが、想像してみて欲しい。きっとそれは、地球の裏側で
戦争が起きる事よりも、ずっと大きくて。どこかの誰かが交通事故で死ぬよりも「悲惨」な事なのだ。

あぁ、羨ましい。姉妹のその才能が、その容姿が。優れたところしか持たない、その人間そのものが。

1420 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 02:43:23 ID:zez9XftE0
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.        あんまり、よそのクラスには行きたくないんだけどな
  {    "'`¨¨´           、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´



学校の何処かに行けば必ず、姉妹と比べられる。人気者の身内とは、姉妹と自分はそういう存在なのだ。

ある意味、引き立て役とも言えるだろう。第三者視点からすれば、青年は姉妹を「高位な存在」に見させれる。自分の価値が低いから。
逆に、姉妹の才能が彼の「才能の無さ」を引き立てる。もはや悪循環と不運が合体している様な物。これはどうやっても切り離せない。

だから、彼が余所のクラスに行くのが嫌だった。余程の事が無い限り、事務的なのを除けば中高でも数度しか無かった。

特に、姉妹の同クラス。もはや聖域とも呼べるところには死んでも行きたくなかった。そこは、「あの日」を迎えるまでの
青年にとっては「魔王の城」や「ラスボスのいる場所」とも呼べるべきところだからだ。

……だが、もう関係ないだろう。自分は姉妹に負けたのだ。親父の暴言にかっとなって、そして無関係の姉妹に手を出した。

……どういわれようが、自分は悪だ。底辺の存在である自分が言っても、もうどうでもいいだろう。


そう心の中で「意思を無理矢理」納得させると、席を立った。

1430 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 02:51:12 ID:zez9XftE0
                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ
      ヽ     / / 、    ,    、       ',   ジーッ
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i
        .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |       …………
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!
       ,'     i   .l       ,       ,      .,′
      .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉









                       …―
                             ミ
                 /                 \
                                   .
               /             |  :|       :,
             ′ |      :  :|    |  :| : |  ′
             | |:   :|| .:|   .: | |  .:| :|  :|
           || |:|  ||| .:|   .: | |  .:| :|  :|   : |
           || |:|  |厶|:八 ー=|チ―| 从  |  :||      こっちをじっと見て、どうかしましたの?
           |八 |:|≦|.:   /    ,斗弁-ミ |  :   ||
           |  Ⅳ八斗弁ミ      Vrリ ′|:|   ||
           |l :|  .:ト Vrリ  }⌒ゝ _ ..ノ^ |:|   ||                      あぁ、いや……
              八 :|  小. _ ..ノ ′      ,〟 |l |   .:||
            Ν.: :|∧ ,〟          /八| .:  |小.
                | |:|分 .   `     /|:| | :/ || ,
                |∧ :|/ :| :|〕iト  _.. イ { .:|:| |/  :|  ∧
                |/  .:|  | :| :Ⅳー}   .ノ⌒V .:/   |l  :∧
              /  八 厶斗 /. :/>rく`X : : .∨   :八 :   :、
.             /  /´≫ー…〈: :/ :/.ノ[∧ : \:/ . .:/>x._ .: \
            〈   : | : : : : : : : :≧介V⌒{Ⅳ≫′  .; ⌒¨^㌧   \
          / ,  :l|. : : : : : : : :〈 /  .:| ∨/  / : : : :/.|.:   \
          /  } 八: : :{ : : : : : ;     .:| ノイ 〃 : : : : : : : : |   \: \
            . ノイ. : : : : .∨ : : :/ ノ  . :|  :八人: : : :/ : : : :|.:  .: \  ,
.      {{  .:  ; | : : : : : : { : : 〈 〈__  .: } 》 : : : |/. : : : : : 〉.:   |: \
        人ぃ  : / :| : : : : : : |__: : : ⌒^}ー=彡イ: : _/ : : : : : :/|l |   :| :|  }
.         ), :/ .:〈 : : : : .: .:|¨¨i}: : : : :|{。 : : : : l{¨¨¨/ : : : : : : : 八|   :| :人 ノ




席を立ったところで、自分の周りにいた三人娘をじっと見つめてみる。金髪のペリーヌ。ご飯が旨い宮藤。胸が大きいリネット。

この三人は、本当に珍しい。何がと言われると、こうしているのが珍しいのだ。

なにか勘違いしたのか、ペリーヌが顔を赤らめていた。乙女にも思う所があるのだろう。

1435 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 02:55:14 ID:zez9XftE0
               _____     |/
             /           ヽ    ─
           /               \
          / 、                \
           /   `ー-               ヽ      いやな……お前たちは、あんまり姉妹と俺とを引き合いに
           |  、__               |
         ノ   └┘ /              |     出さないというか、こう……なんていえばいいんだろうな
        (、      !_j              |
          {`ー-'                  /
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|







            /     /     ノ      ',   \\
           //     /   イ       ',    \ヽ
.         〃 /     /   / .|     }     }     ヽ ',       んー、姉妹さんたちと比較しないってことかな?
       /' ,′   ハ  /| {    }     ト、 }     ', ,
          {      |/ {,厶L.八    八」__ ,ハ V     }.}
            リ  ,   |ィ"{ ̄ `  ',  / 'Tナァiミ、|      ハ}
          ハ {   | lV       } /  」ノ丿 `ト、   l/l│                 あぁ、うん……それ、かな? >
.          {  |八  | _,zニ=ミ、 j/   ,.ニ ..,_  リ   ,小|│
           {  \ ヘ、          ̄`ヾ/  /ノリ |/
               { .::::.:    '     :.:::::.:ノ イ(__/ ノ
              ヽ     、        厶-‐┐
                  \       ̄   U . イ \-‐'
.            , イ二ニ=ー- .._> _     _, イト、ノ   )〉
           // 「     /  |ヽ` ー 'ニ -‐1  \-‐==ニ== 、
.          /  │   /   /|  /Y^|    |    \     / \
          {l   |   く     / .|/ |l |   ノ     〉   /   ノ}

1439 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 02:59:28 ID:zez9XftE0
           -‐   ̄ ̄ ̄ `ヽ
         /             \
        /                _ _)ヽ
      /                 ,イ i   ⌒',
      /      , ,   i  / / |  ト、    ',
     ,'(_   -‐´´   /|  / / |  | i 、  i
     |´/        / | :/ /  ! :| |/i、八
     |/  :     -/ーj/─‐-' ! /|イ圦|メ乂\        比較って、そういうのは考えたことないかな……
     /   |     / ,イミ不.  ノ'  {i_ツトミr'⌒`ヽ
     /  /| / ,〈{ イ {ミ( j      .;,:|ヘト        だって、やる夫くんはやる夫くんだし。
   厶イ八 |,イi /{ハ  ` `ー′     '  ノ
     ノ'  }ベjミ{ |     :.;,:.:.     _ /
          ヘ`ー个i  _     ´/
            >f|   ̄下ニ、_
         _ノ  〈    〈 ̄}  }!丁ヘ
         ,rヘ、\  \____|  |! | iハ
       /   \ \   \  ̄ |  リイ |  ',
        !/⌒ヽ `ー-.. __ \ノ / :||  ',
       l     \i \: :  ̄匸}  :j !   ',
         l   , ─┴‐- 、─  >くヽ⌒ンー 〉
          l  〈,イ ̄   _>'´   ヽ∨    |
          l   └广ア了         }:.}     !






             /   l l   || |  l l  |   l |   l∧
             ,′   ! |   ! | | ィ | ト、_|  _|_!__,_ l| |
               l   | |、..__」⊥イ,┼|」  |丁ノメ_7/ l |
           |  |   ト、l     _`   '´_     ,イ l |
           |  !  l  ヾ-==''′、 , ゞ=='' / ! !               十人十色と言いますし、ちゃーんと
            |  |   .|ー(       ノ´,`ゝ、_   _/〉 / |     / 〉
            |  l  .|、ヘ.` ‐一 ´ , 、     ̄7/,/  i!      / /      頑張ってるのを知っているんですから。
            /  l   | ヽゝ     ′ l     イ/,イ   l| .r 、 / /
             /  /   ハ |'个_、 ゝ_ノ  ,.イ./イ |   il  ! !/ ./ィヽ  そこを誰かと比べるというのはお門違いも良い所でしてよ
          /  /   .l. ヽ| /::≧` ー=´┴/   | i|  |  | | / イ /`!
         /   /     !   /::::::/::::7Y´:::::::::!  ノ' |  ヽ/ ヽ 〈_/ ノヽ
     ./ ,イ二7    |二}::ゝ:::/::::/ィn、_:::::::ゝ(   ヽー--{   ヽ (_r'´イ
    ./ /::|:::::〈     八:´:::::::::\/ '〉'iハヘイ:::::ヽ   \::::',    }   `/
   /  /::::::|::::::::ヽ     _ゝ:::::::::::/ ./ l  ハ::::::::::::\   ヽ:}     ノ
   /  /::::::::|:::::::::::::\  `ヽ::::::::::ヽZ::T:::Z 八::::::::::::::::ヘ  「ゝ、   rく

1440 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/04(金) 03:00:02 ID:EbCD8pCM0
ええ子達や…

1441 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/04(金) 03:00:10 ID:jh.7QKlo0
もうこの三人娘ルートでいいんじゃないかな!

1442 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/04(金) 03:00:41 ID:GX882UTw0
この三人はな人間出来てるなぁ
まぁ、幼いころから近しかったって言うのもあるんだろうけど、いいこや

1443 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/04(金) 03:02:17 ID:wPc5AbVY0
ええ子たち…というか本来これが普通なんだよなぁ…
やる夫にとってこれはどう映るか


1444 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 03:04:25 ID:zez9XftE0
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'     __     __´_ ‘.
  ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.         お、おう……ありがと。
  { ∪ "'               、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´





             //: : :  ´     \             \/: : : : : : : : : : : }}
            {{ /    /                 \: : : : : : : : : : //
            >'      /                       \ : : : : : : //
            /       / ,   /         \      \ : : : //
            / _/  /   / /     /     \   ヽ       ': :./∧     ううん、気にしないで。
       /  /   /    /|   / /{    \            ∨/
             /   /   |厶L...、/ | |         ヽ |     |       |´  }
          '  /     /´|⌒/ 八| 八  -==ミ八   |       |  .,′
           |   i |    イ  -=ミ  \ ∨\  | l\          | |  ′
           |/ | |   l| i{ ,_ノリ      _ァ=ミ.|∨ ∨      八| /
.              |八   l|  Viソ         ,_ノJ仆  /       ∧ ∨\
               \   、、        弋//ソ }}     /)イ Vl/  `'く⌒\        /乙
               \|    '         、、、  厶  // ノ ⌒\   /⌒ `⌒><⌒】】   ⌒>
                   八                ∠. ∠  -匕_ __><    /  /_>'⌒\厂
                  \   ` ー        //    |: : l::\     ー'⌒ ー'⌒^´
                  /7\           /      :|: : :l:::::::::.....
                /: :/:::::::::丶、__.,、 -< _/       | : : l:::::::::::::::丶、_
                 _/: :/ ̄ ̄ /: : :/| \ ∧         /|: : : |\:::::::::: /: : : :)-、
              /{: : i: : : : :/: : :/ l|   / ∧        / ,': : : :|: : \/ : : /: : : :.
                /: : : :│: : :/: : :│ l| xぐ┴‐ヘ    / /|: : : : |: : : : : : : /: : : : : :∧_
               /: : 八: : : : /: : : : | |∨ マ¨¨ フ\/  / :| : : : : : : : : : : /: : : : : : : : :/\
          / : : : : : : \∨ : : : :│ |   ∨_/     /  | : : : : :丶 : : /: : : : : : : / : : : : \
           /: : : : : : : : : : : : :\: : : :|    /J〈      /  :| : : : : : : : ∨: : : : _彡: : : : : : : : : : :丶
.        /: : : : : : : : : : : : : : \/\: | ヽ. / '/∧    /   |: : : : : : :/| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : :〈: : ∧|  ∨/////\/     :|: : : : /: : :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\



灯台下暗し、少し意味は間違っているがニュアンス的には意味は近いだろう。

自分にとって幸せな存在というのは身近にある物だが、それに気付くのはいつも遅い。もしくは気付かない。

彼も、いつか自分のことをかげから見守っている存在と、その好意に気付く日が来ることを祈っておこう。

1453 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 03:08:50 ID:zez9XftE0
    ヽ  `''ー-辷_  /                       \    `''ー-  ..,,_____
      \    ⌒≫-‐==≠==‐-ミ                   \      _,,.. -─ァア^
.         \ ,,  "/      /           /                    ヽニ二 ̄      //
         /ヘ, /     /  /       /               ヘ     ヽ       〃
        /   ∨     /   /       /, '{             ',       、       /
     〃     , / /  {  '      // i          ',   ,      ',    /
.       {{    ,' /  '    | │  /   ,'|i   i     }       |    |       |├ー'′
.          {/|  i     |  |│ {   ,' |i   i i    リハ     |  i |      |│    ……だから今度、勉強教えてね?
.          {: |  i    | __|,」ニハ==ャ!   iハ 、_/L.」_ }   |  i |     |│
             |  i    「 { ]厶斗ッ、{  { NV ̄ア7 ==⊥__j リ     i  |│   中間からもう、ちょっとピンチなの……
             | l八 {   lV/'´爪_:::r]ヽ      ノ勺7トミLl_ ̄7   /i  '丿
             |/ l八   小 弋こユノ         {ソ::::_)リヘY/  / ! /
                \  \                 `゚ー-' ノ/ /)ノ j人
            ,.-‐'" ̄`ーヘ :.:/l::/::/   ,       ::/l:/::/:.:/ イ-<_ `(   ヽ
            / | ::::::::::::::::::::::人                 u  /|::::::::.:.`丶、 }
         / : :│::::::::: -─/ : : :丶、   マ'⌒ヽ     . イ : |、:::::::::::::::::.:.丶、
           | : : :  ̄ : : : : :/ : : : : l `   . `  ´   _   ´ /. : : | :`丶、::::::::::/ : ハ
.         | : : : :{: : : : : / : : : : : : |     r个ーr ´     /. : : : | : : : : :`丶/ : /: |
.          | : : : ∧ : : :〈 : : : : : : : |、 /ヘ{_人     /. : : : : | : : : : : : :/ : : : :│
        | : : :/ : ', : : : \ : : : : | ∨\>┴く/\  /. : : : : : | : : : : : :/ : : : : :│
         { : : : : : : ', : : : : :\: : :│   {   }    ∨ : : : : : : | : : : : :/ : : : : : :│
         { : : : : : : ',: : : :-─\: |     Y⌒ソ    / : : : : : :/ : : :/ : : : : : : ノ






                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'                      ヽ            お、おう……勉強してない俺でいいなら。
          l    _ノ        ヽ_     ',‐-、
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨



まぁ、こんなものである。彼女たちと適当に駄弁りつつ、クラスから人がいなくなる放課後を狙って
バルクホルンのクラスにおもむくとしよう。そこで、ハルトマンに彼女の目的と真意を知るのだ……

1457 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 03:14:43 ID:zez9XftE0
               _  -─‐-  .
            . ´           ` .
            /                ':,
          /     __ ノ     ー‐  ',
         ./      -―       ―-
        /     (  ● )   ( ● )  i
         ,       /   、   、   |      痛い……
         ',        {     人   }   }
          ゝ        ` ‐-‐  `ー '    /、
        /\                .ィ  ̄}
          /   \  ー- __ .。-<  ∠i
       /      \.  /       ‐' ´ .|
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉
////,'.: : : : : : : : : :|  |  | : : : : : : : : : : l;/{/////////\
///,i : : : : : : : : : :.:|  |  |.: : : : : : : : : : .∨////-一"///∧
///|: : : : : : : : : : : |  |  | : : : : : : : : : : : ゝ////////////∧
///i:.: : : : : : : : : : :|  }  |: : : : : : : : : : : : :{/////////////∧




三人娘自慢のお弁当を堪能した後、帰りのSHRが終わり少ししてから三年生たちのクラスがある二階へと降りた。
二年生のクラスは3階、一年生は4階と、級が上がるにつれて一段づつ下がっていく仕組みなのだ。

「おい、あれって……バルクホルンの弟じゃね?」 「あ、本当だ。相変わらず冴えない顔してるな」 「何しに来たんだろうね?」

周囲の言葉と無意識の敵意に心をすり減らしながらも、一直線に姉のクラスめざし廊下を進んでいく。途中、何度か目が合った
上級生たちの「好意もなく敵意も無い下を見る様な視線」に息を切らせながらも、目的のクラスまでたどり着いた。

1463 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 03:20:01 ID:zez9XftE0
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',     (うわ弟だ。顔面の遺伝子仕事しろよ。)
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|    んん? 誰だハルトマンって?
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |     ……あぁ、エーリカのことか。少し待ってろ。
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::




扉の窓からクラスの中を覗きこむ。バルクホルンの姿は見えず。これは幸いと、扉を開け上級生の一人に声をかけ
目的の人物を呼んでもらう事に。

途中、好奇心で顔を覗きに来る生徒にうんざりしつつも、待つこと数分。用事を済ませた目的の人物がやってきた。

1470 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 03:25:58 ID:zez9XftE0
       /                      \
       . ゙                        \
     /      //           /         ヽ
.     /      //     /   ,〃     }     ',
   ,′       l/   /    / /    ,ハ      l|
   !    i    |  /7 ─/、 /    イ │    l|
   l   i    |/ _厶./_  /  / /  |    |        はいはーい、私がハルトマンだよー!
.   ! {   i   │ィf{ノハ ゙ヽ / / ノ_ `ヽ.||   │
.   | l',       │代ノ:::ノ   /   ィぅュ、ノ|     |      こんにちは弟君、ちょうどいいタイミングだったね。
    |:l ',     |  ¨´        んノハ}  |   l |
    │ ',     |  :::::::        ヒ:ノ '゙/ !  ,l│      トゥルーデも、ついさっき職員室に呼ばれててさ。
       ',  {  ト、          ' :::::: ハ   !  /jノ
       '  ,ハ从     { `  ァ    ′|   /
       V ノリ 丶、  `ー- '    ノ  | / /
        r‐√`::...、 丶.  _,.   '´     j/レ′
      丿::::.\::.::.::`::..../「[
    /{:::::::::::::..\::.::.:: 几、\::..、
   /..::::::::::::::::::::::::..\ノ:{{:.\::| ::::ヽニユヽ、
 仁二ユ:::. \::::::::::::::::::..\ヾ::.::: | ::::::: ', ::/.::::::.
:::::  ̄ ̄\::::. \::::::::::::::: /∧ヾ:ノ\:::::.∨.::::::::|
:::::::::::::::::::::..ヽ::::::..\::::::: /.:::::i「 ̄:ii::`ー-ヘ::::::: }
::::::::::::::::::::::::: }:::::::::::..\/.::::::::ii:::0::!!:::::::::::::ヽ::::{







            _ -‐──‐‐-   _
          ,  ´            `  、
.       /           / ヽ   \
       /     /    /   /   }  ヽ \
.      /      |    /   /  イ    ハ   ヘ
.       ,′    |   :{   / ,.斗‐ト、 }  }   |ハ
     {      |    :|   {: /  | ,イ }/ } | j!
.      l   {   {   :|   j/芹气j:/ | 乂 /}:!
      V {  :! ∧   :|   |イf:::ハ ,′j厶:イ ハj            ここじゃいろいろ辛いだろうし、場所かえよっか?
      Ⅵ  |  ∧  :|: i  |^弋ソ   `ーj/ jイ
       ヾ ∧  ∧  :!::|:::::::|        }: i }           ちょっと学校から出るけど、二人っきりになれる所に行こうよ。
         j人∧  ∧ |:::!:::::::!         .: | |
          ヽヘ  {ヘ从{:::::::|    ` ´,イ  | |
            ヽノr┴ヘ:::::!_____/ !: : ハ!
                 厶三ニヘ:|ニヘ     j/jノ
           /::::「:::::::::::::<⌒ヽ\
             /{::::::::{::::::::::::::::}\__>::ヘ
.            /:::|::::::::|:::::::::::::::{/:::::::::::::::ヽ
           /::::::!::::::::!:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::ト、
.          /::::::::::V/∧:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::}::ヘ
         /:::::::::::::::V/∧:::::::::::i:::::::::::::::::::::::|:::::::.,
.        /::::::::::::::::::::V/∧:::::::::|:::::::::::::::::::::::!::::::::}
       /:::::::::::::::::::::/.V/∧:::::::|:::::::::::::::::::::::!::::::::|
.      /:::::::::::::::::::::/  V/∧::::::!::::::::::::::::::::::|:::::::::!
     /:::::::::::::::::::::/   .V/∧::::|::::::::::::::::::::::|:::::::::|
.    /:::::::::::::::::::::/    V/∧::{::::::::::::::::::::::|:::::::::|
   /:::::::::::::::::::::/      .V//〉:!::::::::::::::::::::ヘ:::::::!
.  /:::::::::::::::::::::〈       }//::∧::::::::::::::::::::::::\|
   V:::::::::::::::::::::ヘ     //::::::::::\:::::::::::::::::::::::::\
.    \:::::::::::::::::::::::ヽ   .//{:::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::ヽ

1476 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 03:30:54 ID:zez9XftE0
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.            そんなこと、気にしなくてもいいと思いますけど。
  {    "'`¨¨´           、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´




           ,   '   ̄  '   ,
         /             \
       /          i、      ',
      /  ,      /   !|       ',
     / ,  i  / ,  /   / }        ',
     !/  i / ,/ /   / ハ   i     |
     イ  i/-///!  //ノ \  i     |        そーいわずにさー。ジュースぐらいなら奢るよ?
     /!  !// レ ! / / -- __!i、 i     ,'
    ! !  レ ィr≠ュ !/ /     i!! i    //        いろいろ「積もる話」もあるんだし、さっ、行こうか?
    ! !  !', `弋::シ'`   イてュ、 V    //
    !  ! .! !::::::       弋'ソ' /   /
    !  ! ,! !   `     :::::::  ! / /
       ', i !ヘ   v----ァ    /! / /i!
     / \ヾ! ` 、 ` - '   イ!,レ/ /
    /     \  _ -ヘ ´   >:::/、
   /        \::::::!、 /:::::::::::::::::>、_         / )
  <  , ッ       >:×/::::::::::::::::/、 o /-、     ノ / _ ,-、_-っ
.   `i /, -_.ソ     /::>:<:::::::::::::::/:::/::::/::::::!    /  ´ ̄ ,_ ///´
    ! レ' /,ヘ    /::::::||::::|\::/::::::::/::::/::::::::!:、  ! /⌒  /´
   !'  '/ /^> /::::::::::||::::|:::::::::::::::::::/:::::/:::::::::!:::!,../'、   /
   > 、   ∧='┯::::::::||::::|:::::::::::::::::く::i::|:::::::::::/: /:::!::::::-::::'|、
  /:::!:::\  ノ !:i::::::::::::||:::::|:::::::::::::::/、::i|:::::::::: /::!::::::`--:::'::/
./::::::::::::ヽ:::ー/:::|:!:::::::::::::||::::|:::::::::::::::!::::V:::::::::!::/!::::::::::::::::::::)
..',::::::::::::::::::::::::::::: 人::!::::::::::::::||:::|::::::::::::::!:::::::::|::::::/::::':::::::::::::::::/
 ',:::::::::::::::::::::/-'  ',::::i:::::::::::::||:::|:::::::::::::::!:::::::::}/:!::::::::::::::::::::/

1485 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2014/04/04(金) 03:34:20 ID:zez9XftE0
今日はここまで……見ている皆の顔が(*´ω`*)する、そんな良い話が糞ゲーなんだな。

1486 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/04(金) 03:34:21 ID:ZQGgDFt.0
これはルッキーニの方がましだったかなw

1487 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/04(金) 03:34:55 ID:u9XPhgc20
動悸が激しくなってきた(白目)

1488 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/04(金) 03:35:02 ID:wPc5AbVY0
分かりきった七色の趣向はともかくその顔文字は流行らないし流行らせない

1489 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/04(金) 03:35:24 ID:8rkHeSo.0


ハルトマン先輩の露骨に人目を避けていくスタイルw
直接的に有形力を行使するのか、あるいは弟くんをレイプ未遂犯にでも仕立てあげるのかw

1490 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/04(金) 03:35:35 ID:7AbCRYKw0
乙です

1491 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/04(金) 03:36:04 ID:EbCD8pCM0


先が気になるw
ここまで来たらエーリカの話までどうせなら見たいけど…はたして

1492 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/04(金) 03:36:19 ID:ZuI2IztE0
乙ー

1493 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/04/04(金) 03:36:32 ID:GX882UTw0
乙ー
いつもどおりてきとーなエーリカであることを祈るw









関連記事
  1. 2014/06/03(火) 21:04:36|
  2. 七色@七色劇場
  3. | コメント:5
<<【欧州】《第7話》32 | ホーム | 【物語3周目】 3-71>>

コメント

このやる夫は見えている地雷にわざわざ突撃かましてるだけだしどうなろうと自業自得だーねー・・・・
  1. 2014/06/04(水) 11:38:49 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

続きが気になって仕方が無い
  1. 2014/06/05(木) 07:37:22 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

すごい面白いので 続きを期待してますv-290
  1. 2014/06/14(土) 23:56:14 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

>>このやる夫は見えている地雷にわざわざ突撃かましてるだけだしどうなろうと自業自得だーねー・・・・

見えてる地雷だから処理しようとしてるんだろ?
ましてや人間は地雷と違って動いてるんだから尚更
  1. 2015/02/15(日) 11:23:14 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

幼馴染とかいうクソ要素のせいでつまらんくなったなぁ
途中から何の脈絡もなく糞ゲーじゃなくなってるし
  1. 2015/09/19(土) 12:30:32 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyarusp.blog.fc2.com/tb.php/1392-63c21993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)