FC2ブログ

やる夫まとめに挑戦

【欧州】プロローグ02


39 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 20:35:08 ID:sJA06mxw0














                   ――1941年6月 ダイナモ作戦終了から6日が経過――












.



40 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 20:35:36 ID:sJA06mxw0






  !|        i|       i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     !    !    i  |!      i|   !
  !|        i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     ! |ザァァァァァァ…   |!     i|   !   i
  !|        i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i  |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i   !    !    i  |!      i|   !
    |i    l    !  l        !       i    i   !|  i
  !|        i|       i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     !    !    i  |!      i|   !
  !|        i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     !    !    i  |!      !
    |i    l    !  l        !       i    i   !|  i
 i     !    i    |!  i      |i           i|      i!
  i!     i!   i          i|    i     i!    i!     i!
     !i    i|     !| i!          |i         i!
!|   i    i       |!       i!        |i        i!
      i    i !         i|!       |        i!

46 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 20:47:03 ID:sJA06mxw0





`'''ー ..、         `''-、    \   ヽ  .l   |  /   /    /      .‐'"  ._,.. ‐ ‘゛    ._,,,.. .‐''"
      `゙''ー- 、       丶    .丶     l  l   ,  /    .'"  _..- .´ .,      _,    .`゛
__         ` ー ..,,_    .`" .,  \ ヽ   ゛ l .ノ  /  .,..-' . 、.-‐'"゛._  .-‐''″
   .⌒ '''―- ...       .''ー- ..  .'-.゛ 、 .l .l  '  .-'.,..- .,, ‐'.,,, ー'''"´     .__ ..---‐ ''''''"゙´
             `゙゙゙'' ー . ._ `' .-.               '''" _  ― '''"
___   __  _  _  _  _ _              _ _   __ _  _   _  ___ _
             _,,,,、.  ー ._,,,"゙″              丶.^" ''ー .--  .    __
  、 ,,.... -‐  '''''^゙´   . -ー'' .゛._  ._.           ''' ..、.´`  ー  ,_     `゙″.''''―-    .__、
´      ,,.. -‐ .'"´     ..''″ .'".‐゛                ''‐ `'  、、    .`゛  .- ..,,_             ´゛
  ー''''"´       ._ ー''″ ,..-' .,/./ .,/ ,i'/   l .! . ′ .\ .' ‐ .゛ . 、 `''               ''― ..、
         ... .゛    -'' ./ ., ‐ .、゙.、./.i   ,!.i." 、  .、 "   -、 .゛ .、、  `'' 、               `゙"
    . ,, -'''"    .,..-'" .,/  . "  ″./  / ‘  ! ..l.l..!、 , .\  .゛ 、, .` : 、     .,,
.. ‐'         、.‐  ._.   ./  ./  、 " " l  " .. .、.、   .ヽ 丶  ヽ  \   .`      `゙'ー
        -'″    '´   '"   ./゛ /  ' .,l  .、 .! .′.." l ゙‐  .、  ヽ  .\ .、   .`'‐      'ー、,、
   .,..-'″   /   .,-    .,.    ./ . l  l゙  .,  .|  ;.゛    .ヽ      `  `'-    .`'-、.     ..゛ ー .
  ‐″    '"            "     . ゛ ′ ,   l .|   . , .ゝ ';;  .'、  \   `'‐ \      、,
     ./             /   . "  ." .i'   ′  、 .! .. .゙‐ .、 .`   .ヽ   \   \. .-、    `'‐
  ,, ‐    ./          ′ /  ゙   |   .!  ′   'i .l .ヽ       ゙'‐    `'  .`'-       '-.
 "     /      ./    ./   /  .l゙   |    ′   l    i l ヽ   .ヽ    、     \    \
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃雨が降っている。
┃カールスラントでは6月は初夏の季節なのだが……それでも空を埋め尽くして
┃いるのは心を洗う青空ではな、く暗い灰色の空。

┃季節外れの豪雨はだれかれ構わず猛威を振るい、それは森を歩く一団にも襲い掛かっていた



47 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 20:50:23 ID:sJA06mxw0






ll|:::   ::chb::   :;リ ;i'      'l,:::::  :::(;=⌒=,)"'  :::|3   彡((レハ//l//ノ"  'jiリl;,   _,.-::,,-ー-:,,,,
"';:::  ,r''''''''ヽ,  :;l'"ゝ ,..:-ー''''''ー-;., ,,,,,,,," ",,,,,,,,,_;; ノ::l'    リ彡'""''-:;  .;:==''#'"ノ》:; /'"//ヘヘ 》,, "':;..,
,,,::-;,_    '''''   .ノ、 /"::::;;;;=====;;;;#;:,  ..,,,,,..   "::/ノヽ_ i巛:: "="'::  : '"="'"/ノ'///ル》ヽ\  \ \ヽ
;((''""ヽ::,::::::::::-''"/"/::ノミ ,,,:::::-,:: ., "';; ミ :::::::::::::::,.;;;;;;;//  /'ヽq:::  :::::: ,.; "'- ::;3//《ハソ/|ハヽ\》ゝ 丶\ゝ
:; ;; ; ,;;,,;ゝ., ̄'''"-'''l'彡ミ  '_,_,;=;,._  ';. ミ:..,,,,,....::-''"o _ _'"_''"l::::  ::く:::. >  ::ミ;;'リ// レ/ u \ヽiiハlヽヽハ ; ,ル;
 ; ,/ /ハ,,ヽヽ,/'::::'" d::ミ;:⊂・.::: :ヽ:・⊃;::b"'" ,, ,.;;;'llll|||||||||lll||llii;;;;.,,:::''"二"'; ;;/l i'リハ/-ーー::,,ヽミリll 》 y iハヽ
(rハf/人ミ )S ;:::  い::    ::::  :.,   : :ソ  ,.;;illlllllllll::il//ハllヾilll,,ゞi::, ::::::::  ノ/ヽリl リ::"=・=::: i jハレ'l //i ソl
'"''"''  ;'ノノ;, )   し:::   "'--''    ;f'  ,;iilllllll:ル/llll;/ヽiiiiハllllllliiilll;:, :::'ニ二//ハゝ;::   ::::: .、 ' jハレ/ヽヘ;
. "'ー--;,, ミ))ソ    ,i'l:::::: ,,;------->)'/|;,, /;;lllll'"レ/;',#"u "''ii'#ミl巛llllli;: ,,;-ー'"  /lレl:::::  "'--'   ' '"レハi
./: :".b" ..彡ソ) 彡:\ヽ:::::::    :::'',,/;ミ/"illll/;iii';==;;,,,,,,; i;,__|,,_"llfヾiハii    ’ ' "'ヽ:::::: -――- ":/_  __,
  "'''-''"ミ》;ノ、 ::::::::::::ヽ;;,,,___,,,,,,,,,...:://゚ ,;llll/;i:'',,.....,,"''":::: "'''""''''ヾ》llli:;  ノ('''--::##ヾ:::::::''''''''::::::'''ノ//'''"  )::
 、    :"""::  "";;;'''"  '''--:.,  o   i;;;;;/::''.,::b::"ヾ::" r'',':B:'"'jハllll) 彡;;》ヽ::::,,,,,,:::::::::ヽ::"'    ,://ソ"・/ ::
:::-'   ::/ ::-ーーv'"         'i,   :::::::'リlミ:::::...  彡、''::.,;   '":/ill/ :::::""" "''-;;。:::::::::"'''''''''''''"-"oく"o  :::::
ニゝ, ::://'"                   l ::::::::::::::::ト'i:::::::  ::く:;__,.;::ゞ  :;'":l;:lj     :::::::: oヽ― ;--――--::..,,    ,:::::::
   :::,i':/                'l--/""7,.::ヽ::::::::,__....:::...._ , ::ノ;;、#ii;;ー-:.,,,_  0, ’/        ヽ  ::::::::
;;,::://人                  >/'=ニ::::::(:::ヽ:.''--――---'"/::/二:::::)l―-;; ヽ-:.,<            'l :::::::
. ::/;;;;;;;;/'i              / ヽ::::'l;;;;;;ヽ:::::'ヽ,''""""'''' /'/ / ゚ |::::/ .t;;;::|⊃ ) ヽ.|            /::::::::::::::::
./;;;;;;;;;/ ハ                 .ノ  .丶::::l;;;;;;;';\::::::"''---'''" //。  /::/  ,   ノ ,iヽ         /:::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;///::丶    '"'ヽ     '''" ,  ヽ:::l  ゚"''';;::-===-―''" ・  .く::<      ./  ノ \     /::::::::::::::::::::::
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃道と言えない道を歩く集団は小さい子供から顔中が皺だらけの老人
┃年若い夫婦も居れば、杖を突かなければ歩くことさえままならい老婆、と様々だ

┃彼ら全員が、ネウロイに住んでいた街を焼き払われ、祖国を追われた難民たち

┃この獣道をゆく全ての人が、国亡き民衆なのだ

┃そんな彼らの表情は一様に暗く、重々しい


49 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 20:52:47 ID:sJA06mxw0




  !|        i|       i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     !    !    i  |!      i|   !
  !|        i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   , i ─ - 、  i     !    !    i  |!     i|   !   i|
  !|     /   i|    ヽ   |i     !|   i       !  i
 i   i|   / !  =___ i   ',    i  |!    i       !  !  i     i
  i|    !l / i __  `i  i .」   !    !    i  |!      i|   !
    |i   Ll  l  ./-ヽ  ! .ノ::l:l:',       !       i    i   !|  i
  !|    └_「::::::i| ゝ-アi:::ゝ   i|      |i     !|   i       !  i
 i   i| , -ー  ! :i:::l::::::::ヽi::::l:/  l  i   |!    i       !  !  i     i
  i|  /  ! ヽ-‐ i  ̄  ̄、 i  / `  !  、    !    i  |!      i|   !
  !| /  ̄ \   i|      '  |i -=、 i  !|     i       !  i
 i  l   i|   ! ', l   i      i⌒', ',|! l    i       !  !  i     i
  i|  /\  !   i  i     i     ` ! ' i_l ! __ i 、- |!      !
   l l  |i \l  l l   !  l 「7 ̄ ̄ ̄ ̄: ! ::::::::::ヽ::::ヽ i ヽ    i   !|  i
 i  li l/ヽ!  , -  i  、  r |! :::::: i ::::::::::::::::::::: |i  __l__ノ       i|      i!
  i! i      i!   i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i|  ̄ヽ::::i:::\ ー  i!    i!     i!
   l l   !i    i|  l     !| i  i!    _ ソ ̄\:::::: |i:ゝ /       i!
!|  l i    i   l      |!.ゞ ̄   l\ i!  `' ´  /  |i        i!
   l ヽ、i  _  i !    / i    i|! l ` ‐--‐ '  |          i!
    l         ̄ ̄__」L -ーイ

┏━━━━━━━━━━┓
  システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃しかし豪雨はそんなの知らんとばかりに構いなし。

┃難民の誘導の為、先頭を歩く兵士の身体に滝のような水滴が落ちてくる

┃雨の勢いは激しく、雨避けようのポンチョを付けていても身体に水が染みこんで
┃若い兵士の体温を奪っていく。

┃彼はこの日何度目か分からない溜息を付き、気怠そうにポンチョの襟を直すと、
┃そして気が滅入るような曇り空を見上げ、また溜息を付いた



50 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 20:57:35 ID:sJA06mxw0




         |::::::::::::::::::::::::::::|
        ノ:::::::::┌─┐::::i
        |::::::::::::|   .|::::::|
        l /二i ̄ ̄iミヽi
        iシ ̄ .i   iヽヽi
.        /    !   | ヽi
         /      |   |  i
      丿     |   |   i
     r´        !   !   }ザッ
     ト-‐ '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
     `────────'







                         /::::::::::::::::::::::::`ヽ
                    |:::::::::::::::::::::::::::::::∨
                        i::::::::::::::::::弋 ;rqk        伍長、状況を報告しろ
                      i:::::::::::::::::::::::::::::::::〉
                    ノ::::::::::::::::::::::::::::::::i           前方で特に異常は見当たりませんでしたよ、隊長>
                  ノ´ \:::::::::::::::::::::::::::/
             γ´ ̄ ̄>o。. \:::::::::::ーi´         そうか
        =====≦      ヾ::::`ヽ廴:::::::ノ 弋ヽ
     .。o< ̄`ヽ `ヽ       |i/i!三三}|孑´-。\            後方はどうです?>
    γ´   `ヽ i!  i     ノ::::::i!:::::::::::i!ーo.。 |≧ー、
   ./      弋 `ー    /―┐:i!:::::::::::i!:::::::::::::|:::::::::::|    そっちと同じだ。彼らもこの雨でそうとう参ってるようだ
  /         >o。.  イー―‐|i!i!:::::::::::ii:::::::::::::|:::::::::::|
  i            >、:::::::::::::::|i!____|____|_,r====r,、‐‐r 、―-、___      ノi!
  >o            弋。o‐γ三。三三三===三三| rxヽ\ !::|===}三三≧====≦ }
     >o。            \ ヽ三三三三三三三三三| !::::i!:::::レ::j=≠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
       i!>o。        ./≦三三二二`j`i゚i::::::::::::ト!孑´:::::::::::::/、
       .i!   >o。    ./三三三三〈ー―≦ヾ:::::::::マメ::::γ´ /
       ´     >o。. /ミ三三三三}f     人:::::::::::マx___/
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言って兵士の後ろから声をかけてきたのは、この一団を纏める男だ

┃自分たちの後ろをついてくる難民を尻目に、隊長も兵士――伍長と同じく
┃溜息を付く

┃それを見ると、どうやら状況は前と後ろも変わらない様子だった


51 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 20:59:57 ID:sJA06mxw0






                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::i     若い奴はなんとか耐えているが、老人や女子供はな……
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|
                     r弋:i:::::::::::::::::::::i:::::::::::!       ……次のセーフポイントまでの距離は?
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::/
                 /´   γ´         \ .∨
             〈      |           `ヾ
           rf   >:..._,.、|____            \
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、
     / γ´       .∥ ̄∥    ヽ::::∨      ./        ∨


                  ‐…‐
                /       ヽ
             /
             !    〈大〉    |
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__        あ、はい。確かこの道を進んでるから……
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :     森を抜けて良ければ10分。悪ければ20と言ったところですかね
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :





┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃彼らの目的地であるセーフポイントはもうすぐそばにまで来てる

┃伍長と同じ雨避け用のポンチョを着込んだ隊長も、それを聞いて少しだけ表情が和らぐ



53 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:04:04 ID:sJA06mxw0





                         /::::::::::::::::::::::::`ヽ
                    |:::::::::::::::::::::::::::::::∨       そうか、なら多少無理をしてでも急ぐ必要があるな
                        i::::::::::::::::::弋 ;rqk
                      i:::::::::::::::::::::::::::::::::〉     早いうちに彼らを安全で
                    ノ::::::::::::::::::::::::::::::::i       雨をしのげる場所まで連れて行かなければならない
                  ノ´ \:::::::::::::::::::::::::::/
             γ´ ̄ ̄>o。. \:::::::::::ーi´                 ネウロイ
        =====≦      ヾ::::`ヽ廴:::::::ノ 弋ヽ      こんな天候なら奴等も動けない、いまがチャンスだ
     .。o< ̄`ヽ `ヽ       |i/i!三三}|孑´-。\
    γ´   `ヽ i!  i     ノ::::::i!:::::::::::i!ーo.。 |≧ー、
   ./      弋 `ー    /―┐:i!:::::::::::i!:::::::::::::|:::::::::::|
  /         >o。.  イー―‐|i!i!:::::::::::ii:::::::::::::|:::::::::::|
  i            >、:::::::::::::::|i!____|____|_,r====r,、‐‐r 、―-、___      ノi!
  >o            弋。o‐γ三。三三三===三三| rxヽ\ !::|===}三三≧====≦ }
     >o。            \ ヽ三三三三三三三三三| !::::i!:::::レ::j=≠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
       i!>o。        ./≦三三二二`j`i゚i::::::::::::ト!孑´:::::::::::::/、
       .i!   >o。    ./三三三三〈ー―≦ヾ:::::::::マメ::::γ´ /
       ´     >o。. /ミ三三三三}f     人:::::::::::マx___/



            …‐
          /        ヽ
        /
         〈大〉        i       分かってますって、隊長
      ノ                 |
      `「  ‐-  _    _.ノ
         レ⌒ヽ   下「「  j        監視を怠るなよ、異常があったらすぐに知らせに来い>
    />/    \_ノ/ `ス
   {{ { i   ,.-ァ┴<,. ≦彡ヽ
    〉、ヽ \  |/ /⌒}} : : : ; : :L.._    オーケー、了解です
  /: :  ̄: ヾユヘ {{  //:_:/: : : : : : : :ヽ
 : : : : : : : : : : :`|:>゙ー彡: : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :


┏━━━━━━━━━━┓
   システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃そう言って何度も確認すると、隊長は避難民たちの方へと来た道を戻って行った

┃確かにこの豪雨ならネウロイどもの襲撃の心配はいらない
┃どういった理由があるかは知らないが、奴等は悪天候を嫌う。

┃そう考えるとこの冷たさも妙にあたたかく思えてしまうから不思議なものだ


55 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:06:10 ID:sJA06mxw0

52 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/07(日) 21:02:15 ID:jkXnBw820
時系列的には一期開始前くらいなのだろうか


>>52 時系列的にはかなり前ですね。501も結成されてません
     その辺のことは投下が終わってから説明します、楽しみにしててね

57 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:11:46 ID:sJA06mxw0






   ,;l:il|,;l从wli;li,;l:ili,;l:vjv;,;l:ili::::.::i::::.::.::..:.:.:.::..:..l:..:..:..|.:.:.:ヽミゞシヽミゞヽ:;ヽミ:;ゞヽミゞヽミゞヘヽミ:;ミゞヽミゞミゞ
   il,vl:iyji;li;;yjv.;,,;l:ili;l,;l:;li;Vw,.:::::::.:|::.:::;.::..:..:..:.:..:.::.::.:::.:::::.ヽミゞヽ:;ゞヽヘ;ヾー、ミヾミゞヽミゞヽミ:;ヘ=ー、シヽヘミゞ
   ili;v州Vw,:,:ili;li;,;l,;l州:ili;,.::::.:::::.::.:.::..:.:..:..:..:.l.:..:.:.:..:..:..:..:.;:.::.:::ヽミゞヾ;ー、;ミゞシ.ヘミゞ=ヽシー、ゞ:;ミゞヽミゞヽミゞ
   ,;l:ili;livj,V,;i;l:il;vV;:w,;;:;;:::.::::. :.l: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:l .: :ヽミゞシヘヽミ:;シ.:ヽゞ:|;iil;ヽミゞ;iト;|.::ヽゞ:;ヾ::l.
   :::;;.::::.:::.::.:::.:..:.::.::.:::.:..:.:..:.:..:.:..: .: .: .: .i: .: .: .: .: .|: .: .: .: .: .ヽミヘゞ.:.ヽミゞ.:.:ヽミゞ::|iY;:ハ/;:i:iil;|:.:ヽヘゞ::.::.::|
   :::.:.: 、 ,.: .: .|.: .: ザアアアア……: .: .: : .: .: ,.:'':,.: .: .: .: .: .: :ヽミゞ.: .:.:..:..:..:..:..:..:..::::|ili:;i;;;:ijl;:ゞ;|.::.:.::ヽミゞ:::.:.;,.,.
   :.::.:.:..: .: .l:.:..:.:..: .: .: .: .: ,.:'':,: .: .: : : : |: : : : : : . : . .: : .:、!, .: .: .:. :.:..:.|: .:.:..:.:..:.::.::|;;i;li:i;;ヽノ!;|.:.::.:::::.:i:::;,vVw,.,w.,
   :、!,::.::..: .:.:..: ..: .: .: .i: .: .: .: : : .:,.:'':,.: . : : . : : 、 ,: : : : : : .: .: .: .: 、!,.: .: .: ..:.:.:.:.:.:::|;;〈;k;:iiメ;;ili|.:.::.:::,;.,vi从ハw,.,v;:..
   ::.::.:..:.: .|: .: .: .: ,.:'':,.: .: . : : : i.: . : . . . . . : . : . : .i: . : : . : . : : .l: .: .: .: .: .: .:.i.:.:.:::|il:〔ili:i;∧:;;|.:.::.::ゝ;.;リwli;,Vvjv,.:;.
   ::.:.:..:.:..: .: .: .: ..: .: : : . : . : . . : . 、!, .: . : .、 . : . : . . : : ,.:'':, . :.: .: .: .:.:.:.:.、!,.:.:..:.::::|;il;l;;i/i|;iトi;;|::::ゞ),vi从ハvjvw;,vi';
   :.:..;.:..:.:..:.:: : .: .、 ,.: .: : : :. .、!,. . . :.: .: .:. . : .. : . . . : |.: .: .: : .: .: .: .: .: .:.:.:..:.:..;i.,w;|il;:ili;ヘ;;:iil;;i|从;Vw,.Vw,,,vi从ハw,.i
   :.:..:.:..:.:.l: .: .: .:: : : : : : : l: .: .: . . : .: .|:: . : . . . . :i:. . . : .: .|: .: .: .: .: . l;.:.:.,;:..,v;vVj|;l;:il;ノ;;〈;;f;l|:vj,;.Vw,.Vw,.,.;|vV;;,;';.
   ::..:..:.:.:...:.,:'':, .:.:..: .: .: .: : : . .: . : . : . . .i . : : .: .: ..: .: .: .: .: .: .: .: 、!,: .:,.;,vVw,w;/;i|i;;;;|;;ii;i:ili::;ヽ.;vVwゞ从ハ;,vvjv
   :.:....:.:.:..: .: .: .|: .: .: .: .: .: .l: : . : . . . : . :.: 、 ,.: .|: .: .: .:.:.;,.::,.;,v,vi从ハ、.;,;'vVwノ;;/vyy|w;y;;从;\.;从;メ@ivヾ〉Vw,.
   ::.:;..:.:..: 、!,.:..:. .: .: .: : : : : : : : : : .: .: .; .: .:. :.:,.;,vV,vi从ハ、Vw,.,.;,,vi;从ソWw、vVw.;:*.;,vi从ハ、w,.,.;vwf゚;.,从,;Wyv
   :、| , .:.:..:.:..:.: .: .: .:、; : .: .: .: .: .,.;,:,vi从ハ、,.,,vi从ハ、w,.,.i,;,;'ヾメ、w,vi从ハ、w,.,vi从ハ`|'、Vw,.,ゞ,vVw,w,;.从ゞソ、wV.
   ::.:..:.:..:. .: .: .: .,.;,vVw,.,.;,vVw,.,.;,vVw,.ゞ,|;,vVw,.,.;,vVw,.,.;,'Y`Y`.;从ソWw、,.;,v,vi从ハ、;,,vi;,;'ヾメ、、.,.;v|Vw,..;,,vw,.
   :.:.,.;,vVw,.,.;,vVw,vi州、w,|yjv,vi;,;'ヾメ、vVw,;,;'ヾメ、v,vi从ハ、.,.l,vVw,.,vi从;,;'ヾメ、,..;,vVw,..;,,v;':メ゚;.艸i从ハ、Vw,.
┏━━━━━━━━━━┓
   システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そうして森の中を15分近く彷徨う一団

┃動物たちが通ってできた獣道を無理やり押し広げ、時折飛び立つ鳥に注意を払う

┃すると突然に森が開き、目の前にコンクリートで舗装された道が見えてくる。

┃どうやら無事に森を抜け、街道に出れたようだ

┃後はこの道路に沿って歩くだけで、難なくセーフポイントまで辿り着けるだろう



59 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:13:35 ID:sJA06mxw0

56 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/07(日) 21:09:23 ID:JdiYRhgM0
ストパン好きだけど、よくある男が501に普通に居て空を飛べるってどうなの?
原作設定ガン無視じゃないの?って首をひねる偏屈者だけど期待


>>56  そのへんも色々なSSをみて勉強してきたので、分かっているつもりです
      ……まぁ、後のお楽しみという事で

62 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:17:54 ID:sJA06mxw0

61 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/07(日) 21:15:04 ID:jkXnBw820
最初に質問した俺が言うのもアレだけど
回答は後でまとめて答えたほうがいいと思うぜ


>>61 そうですね、まとめて後で解答する事にします




        /      `  、
       /           ヽ
        〈〉           l
      ノ____       |
      〕|   'l「 )>=、‐-ミ)      ――うん? あれは一体……
     / ヽ._ノlイ {{   }} /´
    (γ⌒ヽヽ /  ` =  ヽ.__
    {{. O }}У   彡: :´ ̄: ヽ
     、_ノへ._彡: :´: : : :_:_:_:_:_:_:)
          /: :_。o8´ ̄: : : : : : : :\
         ケ´: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そこから道路に沿って少し進んだところ。
┃そこで伍長は道端から少し離れたくぼみに何かが倒れていることに気付いた

┃数m先も眩む豪雨の中でそれを発見できたのはある意味幸運に近かっただろう

┃少し離れた場所に居る仲間に一声かけると、何かが倒れている場所へと近寄っていく










         , -─‐──‐-、
        /          \
      /             \
      l  .             ; l⌒ '"⌒ ヽ、
      |  `  ::::::::::::::::::      |ー       \
.      !   ::::::::::::::::::::::              ,;   \ ,rー、
       ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
      (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
     ゚~゜´^i!i!i!i!i!⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜

┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃十分確認できるところまで近づくと、倒れていたのは――やはり人間だった

┃年は若い、二十そこらかだろう。うつ伏せで倒れているから分かり難かったが
┃まだまだ若い青年だ

┃そんな彼は身体中泥まみれで、雨具も付けずに雨に打たれている。










          , ─ - 、
        /        ヽ
       /  =___   ',               ……死んでるのか?>
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',      あぁ、たぶん死んでるだろうな
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l            そうか……カールスラント人か?>
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\   分からないな、何か身元を区別するものがあればいいけど
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃傍に居た仲間が駆け寄ってきて、そう呟く

┃このような人が死んでいる所を見るのは何回目だろうか、思わず兵士は目を瞑ってしまう

┃少なくとも、自分はもう数えきれないほどこの光景を目の当たりにしているのだけは確かだった

┃オストマルクでも、祖国カールスラントでも。自分が赴く様々な場所でもよく見る光景
┃段々とこの光景が日常となって行ってるのが伍長には嫌でも自覚している

┃死体を見て渋い顔をしている仲間の兵士を尻目に、無言で伍長は横たわっていた死体を担ぎ始めた


64 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:18:57 ID:sJA06mxw0





            ,.-───- 、
           /  / /     \
         /   / /   /   \
          /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::u:::.:.\  l!    お、おい。死体なんか担いでどうするんだよ?
        !//.:._u.-── ─‐- 、::.\イ!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
            〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :




          , ─ - 、
        /        ヽ
       /  =___   ',
       l / __  `i‐、.」       どうするって、セーフポイントで埋めてやるんだよ。
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ       このまま雨に打たれて野ざらしなんて、いくらなんでも可哀想だろ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ


┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃幸いなことにセーフポイントである町影は見えてきている
┃ここからならそう時間はかからないだろう

┃身元が分からないのは不満だが、誰にも見つからず朽ち果てるよりはずっとマシなはず

┃すくなくとも戦場で放置されている奴等とは違って、神に祈ってやれる時間があるのだから



65 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:20:23 ID:sJA06mxw0






              _
              ´   ヽ
              ′
           |       .ィ
             [Tニ=≦|ノ
             さ>‐宀┴:、
        _. .:≦ ̄: : ̄ ̄ ̄: :≧o。、
       /⌒ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :ト、        そうか、そんじゃ戻るか。早くしねぇと隊長にどやされる
        |: : : : :Ⅵ:.: : : : : : : : : : : : : :|.: :.
        |/ヽ:\Ⅵ: : : : : : : : : : : : : :; : : 〉           この死体についての報告は?>
        |/ヽ|: : ヾ : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
       》'´` : : :|: : : : : : : : : : : : : ′: : : ::.      しなくていいだろ、こんなのいつもの事なんだし……
       〈 : : : : : :|: : : : : : : : :_:_:_: 人_: : : : ::.
       |: : : : : /: : :-‐: : : ̄.: : :「「: : ` : :/
       |ヽ._::ム:_:_: : : : : : : : : :」 \:_:/
       |    /三 ̄ ̄| ̄ ̄ヾ-=≦
       》 _ / :| |          i
       | ⌒j」___ | |   |     |
       | ノ__/'| | |   / _ 〈
       ヽク  | | | ̄ ∥ ̄  {ヽ
        |    | | |  ,ハ.    ||
        ヽ  _」 L.」   |    レ
         「     / |    |
         |     ′     /
         |      ヽ  L ∠ 〉
         L _/ /  |  ̄ ヽ
         /     |   |      !
          〈    /         /
         /ヽ  ヾ   /    ヽ
          `r‐- イ    `r-  イ
         |         |
         L   |    L  _ノ
        ノヾ  <      「  ヾ
     r'´ ̄       !    ん _ 」
     ` ー-‐tェェェェノ     ` ー‐´
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃薄汚れた死体を慣れた手つきでひょいと肩に担ぐと、伍長らは難民たちの列に戻る

┃人を担いだ伍長を見て一体何事かとこちらを見てくる難民も居たが、すぐに
┃興味をなくし、またどこかにへと視線を戻した

┃……彼らにとっても、死体は日常的に視れるものなのだろう

┃自分の持ち場に並ぶと、再び曇天の空を見上げる
┃いつの間にか自分を打ちつける豪雨も止みつつあった











                  ‐…‐
                /       ヽ
             /
             !    〈十〉    |        今日はゆっくり眠れねぇかなー
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、        ……まぁ、ムリだろうな。夜間哨戒あるし>
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃こんな天気なんだ、今日ぐらいは火を灯し温かいコーヒーを飲んでも罰は当たらない

┃後で隊長に許可を取ってみるか。仲間と一緒に進言してみるのもいいだろう

┃贅沢な想像をしつつ、兵士と難民の一団はセーフポイントへと歩を進めるのであった


66 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:20:48 ID:sJA06mxw0









         , -─‐──‐-、
        /          \
      /^            \
      l  .             ; l⌒ '"⌒ ヽ、
      |  `  ::::::::::::::::::      |ー       \
.      !   ::::::::::::::::::::::              ,;   \ ,rー、
       ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
      (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__





















                            _,,-ー-ーー-ー-ー-ー
                     _,, _,,-ー''""~
                _,,-ー''',ー''      '"~~`
              /  ,,-''"   _,,-''
         ピクッ  /  /   ,,-''"       ,  ...........
.           /  /   /       _,,-ー'''"}::::::::::::::::::.............
          /  /   /    .::ヽ,,-''":.:.:..::.:.:.:..};;:::::::::::.......        ノ
          / /::...  /.::   .:::::/ー-,,_.::..:.::..:.}ノ      .::::::_,,-'ー-''
         /:::... /     .::/. . : : :    ~"' 'ノ     ..::::::,,-'.::::
       / ゝ /ヽ     ,,_ /. . : : : :      /    ヽ.::::/...::::::
       /  ノ /   ノ   ..:ノ.: : : : :      /::.      ..::/.::::::
       } -'  'ー''"  .:/.:::        /,,r、    ..:./.:::::::::
       "''ー  "''ー-''~...:::          { .(  `ヽ .:.:/.::::::
                            ヽ .ヽ、_,,ノ.....:::::
                               `''ー''

67 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:22:20 ID:sJA06mxw0






::::::::::::: ::. :. .: :  -‐-  :. .:.: ...: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::.....: .. : ,r'´.     `ヽ: .. ......:..:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::.:: .: ..: :' ..:.       ゙; :... ...:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.: ..: :. ::..       .: :. .:.::......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.......: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :.. :. :............:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.::::. ::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... ... ..: :..:.::::.::::::.:::::.::::::.:::::::.::::::.:::::.::::::.:::::::.::::::.:::::.::::::.::::::::::::::::::.:::
:::::: :::::: :::::: :::::: ... ... .... :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: :::::: ::::::. ::::::.::::::..:
:::: :::: :::: :::: :::: :::: ::..... :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::: :::: :::: ::::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: .. .. :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
''"~~"''ヽ,,,_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
;:;:;;:. .::. .:..:..~~"''ー、,,  :  :  :  :  : _,,,,,、、-─'''''''""""゙''ー:;:;、,,,,_:  :  :   :
;:;:;:.:.;.:;.;:.;.;::;:.;:.:.::..:::....:... ̄~"''ー-''ー-‐'''ー;;、、'':;.;,;,;,,_: ;.: ;;.;...;..:;;....;..:... .:... .: ..゙'''""゙゙''''"
幵.;:;:.;:.;.; :;..;.; .;.:;.; ;..;.;:.:.;:. ;...;.;. ,.. .. . . .. .. . . .. .:,; ;.,:,.,.゙゙"''ー-、;;:;,;;,;,:,.,.,.;..;.;, .. :.: . :. :.
;;,,∠△''',,;;;::.:..____"゙''''-、、'',,,, _ _ _,,,;;;;''''"r'二△''''''~~;;;、,,,,-'''""'',、,,..,,..,.,....,,....,
;.;.;.!#!-!、,、,;;:.::..:.:/二△ ri─i '''""''';;,;,,人...l:田.旧;..:./ ̄/ ̄ ̄ ̄/△ ̄ ̄ ̄ヽ
;.;.;.;..;y,===、===.l::::::傴l l.|田|.;/7ニヽ....Llヨ;,,/''''7ヽ,,,:|ロロ| 田田l田|::ロ|田l田田|lf
;,.,.;.;/ l:|田|:| 田|[],!!、ヽ___l、|_田l,:..:......:.:,l二Lロ.l::.:|ロロ| 由由l田|::ロ|田l由由|ll_
._l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l__.l__l__l_
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
.  |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |
._|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃雨がやみ、無事に夜になった。空にはいつもと変わらない綺麗な月が出ている

┃とくに何事もなくセーフポイントである町に付いた難民たちは町に付いた
┃のが原因か。一気に活気づき、食事の準備を進めている。

┃いくつかの兵士と難民の代表者は寝床――無人となった家の事だが――
┃をどう分けるかを話し合っている



68 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:23:02 ID:sJA06mxw0






   ,;r────ーュ  ; |l| \`l::.  |  ;γ´     'ヽ     γ´       'ヽ        :,
  ,, || ̄ ̄|| ̄ ̄||   :|l|,、 .:i |::.   | :; || ̄ ̄|| ̄ ̄||    || ̄ ̄|| ̄ ̄||     ;,.:'
,;:.: " ||;;;;;;;;/||ヘ ;;;;|| ~;:|l| \i |::.   |  ||;; ;;;;;;;||从_,_.||  ,";; ||;;;;;;;; ;||;;;;;;;;/|| ,'  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
;   .,;||==||==||  . |ヽ,//'i |::.   | ;: ||;;;;; ;; ;;;==|| .;:,   ||==||==||    /.lニニ;.,;X,lニニニl.ヘ
   ;;||;; ;;;;;;;||;;;;;;;; ;|| ;  | :_ \i |::.   | '' ||\; ;;;;;;;;;;;;;;;;||    ||;;;;;;;;; ||;;;;;;;;; ||  .;:' ,||#;  ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ;:,.
 ,  '{ニニニニニニ} ";; |´ヽ\レ::...  |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| ;.  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'|   :||___||___|| ;:
    : ::::::::::::::::::::::::::::   |\,/´i:\ ::: |:   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ;:    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .:'',.; || ̄ ̄ ̄||!i!i!i!i!i!i;.||
____________________________|  | ̄| :::::\|_________________||__√||i!i!i!i!''',._||__
_,|__|__|__|____|\|_|::::::::::::|::::::::::::::   ;;, :::::::::::::::::::::::::::::;,.;,.;;.,;::'';.,;.,;.,;: : :: || ̄ ̄ ̄||i!i!i!"' ̄||::::
,__|__|__|__|___|::::::::  \ :..i>::::::::::::  ,.; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;,,;,; ::;,::: ||___||!i!___||::::
_,|__|__|__|____|::::::::::::::::::::\|_________________||_______,||::::
ニ  - ≡
                   Λ二\      ー -=      -            =
                   ∨_,,,;;;;/,,.、.,.,,.、.    -==ー  ー,,,  ニ  ≡ ;,,;,,,,
― ー二                  ニ   ≡
,=============-'-===========''''…========================='";;===- ===…==============

              -=_ =-   -    r:"::\
二 ─   = ._r'"゙'、─二             "''''''''" ─ニ─‐  ̄   _r'" ̄'ッ'
          ̄"'     ─二         ─二  ─           ̄""
─ニ─二                   ̄   _           ;.,;.,, ,,,,
          ニ ニ ≡           ̄           ー
ニニ;.,;.,ニ,,         ∠ニニ;,.;.,ニニ  ;.,';.,          ,.;'ニ-ニニニニ;;;,';.,フ
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃セーフポイントなどとは呼んでいるが、そんな上等な物などではない

┃カールスラント各地ではビフレスト作戦によって住人が立ち退き、無人となった
┃町が多くある。彼らはその街を便宜上セーフポイントと呼んでいるのであった

┃ようは人様の家屋を無断で占拠し、物資を勝手に借り上げているのである

┃無論、平時なら許されることの無い所業だが今はそんな悠長な事を言ってら
┃れる状況ではない

┃そして、そんな彼らをとがめる存在も居ないのだ。皆、生きるために必死なのである


71 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:26:02 ID:sJA06mxw0





            …‐
          /        ヽ
        /
         〈大〉        i
      ノ                 |    せっ……っと
      `「  ‐-  _    _.ノ
         レ⌒ヽ   下「「  j
    />/    \_ノ/ `ス
   {{ { i   ,.-ァ┴<,. ≦彡ヽ
    〉、ヽ \  |/ /⌒}} : : : ; : :L.._
  /: :  ̄: ヾユヘ {{  //:_:/: : : : : : : :ヽザクッザクッ
 : : : : : : : : : : :`|:>゙ー彡: : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
   システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃町の中央広場で有志の何人かが食糧の分配を行っている

┃本当なら伍長も配給の列に並ぶべきなのだが、そうもいかない

┃ガス式のランタンを傍に置き、彼は一人離れたところで適当な地面を掘っていた

┃もちろん、先ほど拾った死体を埋めるためである







                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::i
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|
                     r弋:i:::::::::::::::::::::i:::::::::::!        ここに居たのか、伍長。探したぞ
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::/        あれ、隊長?どうしたんですか?>
                 /´   γ´         \ .∨
             〈      |           `ヾ        まだ食事はとっていないんだろ?
           rf   >:..._,.、|____            \       ほれ、持ってきてやったぞ
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、
     / γ´       .∥ ̄∥    ヽ::::∨      ./        ∨
    ノ /ー=ー--  ≠==┘      ∧::::∨   /        ∨\
    / 〈rf=ー--::::::::::::::: ̄≧ー- , 、 .∧::::∨  ノ             ´\ヽ
   ./  `/      /::::`゙r―-::::::://ー ヽ.\::∨/                \
  /   ./      /:::::::::/    `゙  //:::::::≠ー                  \
  / .   /      /:::::::::/        `ヽ:::::::::::::::`ヽ                   \
. 〈   ./      ノ:::::::::/            \:::::::::::::|                   \
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃黙々と地面をほじくりかえしていた伍長の後ろから、隊長と呼ばれてた男が
┃声をかけてきた。

┃その両手にはプレートに乗せられた粗末な食事と、水が並々と注がれた
┃コップが握られていた

┃恐らく誰かから先程の事情を聴いたのだろう。気を使って食事を持ってきてくれたようである


74 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:29:51 ID:sJA06mxw0





                    ≧=ー-
            ノ             ∧ ヽ
           /               ∧  \
            ∧                |   ヽ
          rfiヾー-                    ∨
          ⅵ    >    i!≧ー-         |
          i!        >i!   ニ二彡     |        それにしても、お前は良い奴だな
         斥i!          廴  辷ムヾー> 乂
    /ヾーイ  `ヽ .r‐z       >   ̄`/ ヾ≦´              いきなりどうしたんです?
   /  ∨ ン⌒   |三|         |>   斗-
   ス   ∨ マ    .|三|       /  ヽ  .〉      いや、こんな時に死体を持ち帰って埋めてやるなんてな
  ノ \  廴\   乂介      /         /         随分と特殊な心がけだな、伍長
        ゙`´三≧ヾ≧x ゞ卞         〆
三二≡=z    `ヾ三 `ゞ三≧=zx     /
 ̄ ̄ ̄ ̄`ヾーz   ∨`i!k ミメミメ==     |
        辷ヌ  .∨i!i!辷∨∧  ヾー<
          \  ∨ヾ   ∨∧
\          \ヽ     .∨∧
  \ヽ      ゙i! ∨マ    \∨∧
   ー       i!  ∨ヌ     ∨ i
            i!   .∨ノ    \i!



                  ‐…‐
                /       ヽ
             /                    性分ですよ
             !    〈大〉    |         こう見えて実家がそう言った関係の仕事をやっていましてね
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__             死体を埋めてやるのがか?葬儀屋かなんかか?>
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :    多分そうだった思います
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :    軍に来る前までは家の手伝いをやってました
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言うと伍長は昔の自分を思い出す

┃6月と言えば、親に頼み込んで友人たち5人、一緒に旅行でカイザーベルクに行くのが習慣だった

┃この時期だとあそこは夜になっても日が落ちなく、ガキの頃から一日中遊び倒していた記憶がある



77 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:34:27 ID:sJA06mxw0








                    ≧=ー-
            ノ             ∧ ヽ        ……そうか、なら俺も手伝おう
           /               ∧  \
            ∧                |   ヽ
          rfiヾー-                    ∨          い、いえ、俺の勝手にやってる事なんで……
          ⅵ    >    i!≧ー-         |
          i!        >i!   ニ二彡     |       いいさ、俺にだって死者を弔う気持ちぐらいある。
         斥i!          廴  辷ムヾー> 乂         そのぐらい手伝わさせてくれ
    /ヾーイ  `ヽ .r‐z       >   ̄`/ ヾ≦´       r‐-
   /  ∨ ン⌒   |三|         |>   斗-          ヽ  ヽ
   ス   ∨ マ    .|三|       /  ヽ  .〉           ゙i!   )グッ
  ノ \  廴\   乂介      /         /            i!   i!__
        ゙`´三≧ヾ≧x ゞ卞         〆               ノ   ⅵ γ`ヽ
三二≡=z    `ヾ三 `ゞ三≧=zx     /                /     .iヾ`i  .|
 ̄ ̄ ̄ ̄`ヾーz   ∨`i!k ミメミメ==     |            /      廴___ノ
        辷ヌ  .∨i!i!辷∨∧  ヾー<               /ゞ、    廴___〉
          \  ∨ヾ   ∨∧               ノヾ≧kー  廴____ノ
\          \ヽ     .∨∧                /   \     廴__ノ
  \ヽ      ゙i! ∨マ    \∨∧             /     廴彡ー==≠
   ー       i!  ∨ヌ     ∨ i             /       弋/
            i!   .∨ノ    \i!          /        /









          , ─ - 、
        /        ヽ             ……分かりました。それじゃあもう穴は掘り終わりそうなので
       /  =___   ',                  向こうから死体を持ってきてくれませんか?
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l                        あぁ、あの壁に寄りかかってるやつか?>
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\           そうです、重いんで慎重にお願いします
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l___r.、-、
   l l/\l   l      「7 ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::ヽ::::ヽ ヽヽ
   li l/ヽl  , -ー 、  r/:::::::::::::::::::::::::::::::___l__ノ
   li        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::\ ーイ
   l l        l     i /  _ ソ ̄\::::::::;:ゝ /
   l l       l     ,.ゞ ̄   l\   `' ´  /
   l ヽ、____l    / i     l ` ‐--‐ '"´
    l         ̄ ̄__」L -ーイ

┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃友人たちと笑いながら酔い潰れるまで飲んだあのビールの味も

┃子供の頃からその姿を変えず迎えてくれたホテルのおばちゃんも

┃お互い両想いだった幼馴染と二人、手を握って過ごしたあの日の夜も

┃何もかも全てがどこか遠い夢幻の様に感じれるのは、もうあのころには戻れないからだろうか

┃あの地方はすでにネウロイの巣があるとい噂だし、幼馴染も各地に避難してしまった。連絡も取れない

┃シャベルを動かす手を止めてしまうと、伍長は感傷に浸ってしまう


79 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:39:12 ID:sJA06mxw0
                       ;;;;;;;;_;;;;;_;;;;;;_;;;;;;;;;;;
                     .::::/      \;;;;;;;;;;;;;;
                    ::;;;;;./          ゙ヾ;;;;;;;;;;;;;;
                   ::::/  ─    ─    \;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::;;;.i   (─)  (─)     };;;;,,,,,;;;;;;;;;;
                   ::;;;;::...   (__人__)   /;;;;;::;;;;;
                   ;;;:,チ''゛''::'' `⌒ ´'::''''' ゙゙Y;;;;:;;;;;
                 ::;;;;y'´    , `::::::::'     `{;;;;;::;;;;;
                 ::;;;.(,    ″        '(;;;::;;;;;
                  ;;;;;:`,ll'-、 \     ll  |:::;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::::|   ゙;,_ ,:      ゙、 i;;;;,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;
                   :::::i   ::::           .'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  ;;;;;;;;ハ  i:::::     ....::::''   `'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::;;;;;.ハ  '(i|||||lllllllliiii=''′   .,};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                 _,,,,,lllllllシ  ,,illllllllllll″ ,__,,,,,,,,,iiillllllllllllllllllll
                .(lllllllllllll、,,,ィ'illlllllllllllllli, ゙ lllllllllllllllll!゙゙llllllllllllllll
                  `”゙゙゙゙゙゙llllllllllllllllllllllllュ,,j'llll  !.llllllllllll
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そんな過去には関係なく、近くの家の壁に一人の青年が寄りかかる様にして倒れている

┃見ると、服は泥で汚れてるのたいして首から顔にかけては綺麗なままだった

┃恐らく、伍長が拭いたのだろうか。こういった事にはなれてると言ってい

┃死体を運ぶために近寄ると、……そこで隊長はある物に気付く










               -―-
               i::::::::::::::::::::::ヽ
               |::::::::::::::::::::::::::i
               j、_::::::::::::::::::::::|        ……ん? 懐に何かあるぞ
         ≦二ヽ   \::::::::::::::i
       /三二≡=ー  \::::::/          どうしましたー?>
       ゝ--―   ´   ̄ミメ
    γ´// i i            ヽ       いや、ちょっとな……
     ,' // :i i            |
   / //  i i            |  r‐-----、
  ./ミ7 メ、マ 弋、   ヽ          |ー´i三三}k/)==ft
  i //}ko。 マヾx   i        ゝ-oミ三三}j㌢ノ  ̄
  j //   }ko。    |      ノノ ヽ  i㌢i!i!|´
 i´//         }ko。 |               j i!i!i!|
 |i!/           `i          / ∧i!/
 :i!                 \       ./
  |             ノ \  .。o
  | j ヽ     ___rfノ
γ´  `ヾ三三|}k  o  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃よく見ると内側の胸ポケットに白く四角いモノが見えている

┃それが一体何なのかは判断はつかなかった。

┃が、 もしかしたらこの死体の身元について書かれているかもしれない

┃ そう思うと、しゃがみこんでその白い物体を手に取る。



81 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:44:01 ID:sJA06mxw0






                                                    ___
                      ___    ,, .. ,     -‐=           ̄      |!
                          |!                                 |!
                       |!                               |!
                          |!                                   |!
                       |!                                 |!
                          |!                                     |!
                       |!                                   |!
                    |!                                 |!
                       / `ヽ                                |!
                  }___j                                  |!
                   イ    }                                |!
                                                       |!
               //     .′                               |!
              ′      {                                 |!
             / /      { ___                              |!
                 ′ノ       `ヽ⌒ ≧=‐-     ___                  |!
                              >  ¨¨´⌒ ≧=‐-     ___       |!
               {          } \   〉′                 ⌒  ≧=‐┘
               {          }   丶{
               {          }     {
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年が持っていたもの。それは丈夫な厚紙で出来た封筒だった

┃普通の封筒に比べると驚くぐらいに硬く、紙質も上等な物なのだろうか。
┃薄い文様のような装飾が施されている

┃そして一番不思議な事は、表裏の見分けは付かないが、どこにも字一つ書かれていないのである

┃開け口も一応あるが、蝋で固められており、まだ開かれた形跡もなかった……







            …‐
          /        ヽ
        /
         〈大〉        i      ……手紙ですか、その青年の?
      ノ                 |
      `「  ‐-  _    _.ノ     あぁ、胸の内ポケットに入っていた。もしかしたら身元が分かるかもしれん>
         レ⌒ヽ   下「「  j
    />/    \_ノ/ `ス       開けるんですか?
   {{ { i   ,.-ァ┴<,. ≦彡ヽ
    〉、ヽ \  |/ /⌒}} : : : ; : :L.._              あぁ>
  /: :  ̄: ヾユヘ {{  //:_:/: : : : : : : :ヽ
 : : : : : : : : : : :`|:>゙ー彡: : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃手紙の持ち主には悪いが、仕方ないだろう

┃そう思い、隊長が封筒を閉じている蝋を切ろうと瞬間――



82 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:46:13 ID:sJA06mxw0







                      ,. ―  ―――- _
                 ,. '"    -‐     ̄   -=、、  \
           .  '"            _  __  ヽ` _.)
         .. _/        /ヽ      ̄    ̄  ーヽ、 ',
.        f.  ヽ       /  /.  -‐,ヘ.    __  . ヽ
        ,.!,   '、    /  / .i┐ l  .l.  ー- _ ̄`ー '           うおっ!?
      / !   \  /  / .l` .l .l  .l._     ` 、
.      /   l     `/  ,.'.._,l  l l  .l   ̄ -'、  .)
     /    !     /  /  ̄ .l  l .l   l
   /    .l   ./  /     .l  l .L 」
.   /     .!  ./  '-、     .l ./ ./  ̄
. /      .l   `<.   > 、   ./
 '         !     ` <   .>'、      ,.--┐
.'           l         ` < >  ./   ./
          l       __  / ``" / /} /
           l   //////>、   .r' / / /
         .ハ  ///////////∧   ̄  ./_/
.          / './///////////// 、
.         /   !'//////////////∧
.         /  .l////////////////∧











         '、                                       /
            \                    ./               /
            \                       〈             / ,.ィ´
      ,.rァ'" `丶、 `ヽ、             ',   l   〉           /  _,.,'仁'’`丶、
     ,イ: : : : ,/  `'ーュ 、`ヽ、        ヘ   i  /         _,.イ>'¨’  ヽ,: : : : : : i〉      そいつに……
     l : : : : i'  仁i i !`丶,`'ーャ、     〉 / ,〈       ,. r 仁'’: :,i ' .ィャ i l : : : : : リ
.     ,: : : : ム ! l リ   l: : : ∨;:;,`´`丶,/     ヽ ヽイ `´;;:;:;:/: : : : i  マリ ! リ: : : : : ノ     さわるんじゃねぇお……
    ';;;;;丶 : : 人    .ノ: : : 丿 ;:;;:;;;:;;:;;:;:〈;:;:<;:;:;:;:;:>;:;:〉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ム: : : : : ',  ー  ノ: : : /_
     ';;;;;;;;;`'ー-≧=-ィ -一'’;;;:;:;;;;;:;;;:;',   ゙ヾ、,,, ,ィ;イ    ,.ィ;:;:;:;:;:;:;`'ー=: : ゝ -‐ィ'_ ,.ィ',’.;';:;' ヾ、
     ';;;;;;;;;;;;;二三三;;;;:;;;;;;;;;;;;;; '"゙  ヘヾ、        //   ´゙ヾ;:;:;:;:;:二三三ニ;:;:;:;:;:;:ノ  ゞメ
       ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;; '/                        ヽヾ;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:ィソ’   /'
                  /           i、           }
                  {           /ヽ           /
                  ヽ、        /  ヽ、       /
                  │ "ーーーー''"        "'ーーー''"
                  ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃いきなり死体の手が動き、手紙を持った隊長の腕を掴みあげる

┃今まで閉じていた目がカッと見開き、その表情は鬼神を思わせるような気配が宿っている

┃手に込められた力の強さにだろうか、隊長が苦しそうなうめき声を漏らす


84 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:48:23 ID:sJA06mxw0






                     ...
                 , ′  ヽ      ま、まじかよ!?
              j   ___゚、      こ、こいつ、生きて――
             r←< し=[
            / ̄㌻ーミY⌒))
           /: : : :{{: : : .:.`寸
            :′: : : :父、.: : : : :゙廷三二>‐<Tニニ'....,
           : : : : : : : :.:.:.\. : :.′ }} μ ヾ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            :__:「:! : : : : :.:.:.℡_::ムイ `^^’
         ├‐| | ミ : \:「
         | :| |  ` 、「
         | :| |  >弋
         ゝ.:| | ´    \











         '、                                       /           ハァッ、触るなっ
            \                    ./               /
            \                       〈             / ,.ィ´         ――さわんじゃねぇ……!
      ,.rァ'" `丶、 `ヽ、             ',   l   〉           /  _,.,'仁'’`丶、
    ,イ: : : : ,/  `'ーュ 、`ヽ、        ヘ   i  /         _,.イ>'¨’  ヽ,: : : : : : i〉    ……そいつは、やる夫の
     l : : : : i'  仁i i !`丶,`'ーャ、     〉 / ,〈       ,. r 仁'’: :,i ' .ィャ i l : : : : : リ
     ,: : : : ム ! l リ   l: : : ∨;:;,`´`丶,/     ヽ ヽイ `´;;:;:;:/: : : : i  マリ ! リ: : : : : ノ     大切な――
    ';;;;;丶 : : 人    .ノ: : : 丿 ;:;;:;;;:;;:;;:;:〈;:;:<;:;:;:;:;:>;:;:〉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ム: : : : : ',  ー  ノ: : : /_
     ';;;;;;;;;`'ー-≧=-ィ -一'’;;;:;:;;;;;:;;;:;',   ゙ヾ、,,, ,ィ;イ    ,.ィ;:;:;:;:;:;:;`'ー=: : ゝ -‐ィ'_ ,.ィ',’.;';:;' ヾ、
     ';;;;;;;;;;;;;二三三;;;;:;;;;;;;;;;;;;; '"゙  ヘヾ、        //   ´゙ヾ;:;:;:;:;:二三三ニ;:;:;:;:;:;:ノ  ゞメ
       ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;; '/                        ヽヾ;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:ィソ’   /'
                  /           i、           }
                  {           /ヽ           /
                  ヽ、        /  ヽ、       /
                  │ "ーーーー''"        "'ーーー''"
                  ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ












          ___
       /::::::::::::::::\  ゲハッ !
      /::::::─三三─\           :∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛
    /:::::::: ( ○)三(○)\     :゛;∴゛` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:':
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  ゛;.゛;. ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
     \:::::::::   |r┬-|' ;`∵: ;`;.:`´..; ` ;.゛;.: ::゛;.゛;.
    ノ::::::::::::  `ー;:: :゛;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;
  /:::::::::::::::::::::     ∵∴゛;.゛;.:: `;  :; `,  ・
  |::::::::::::::::: l

85 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:49:40 ID:sJA06mxw0





                     ...
                 , ′  ヽ
              j   ___゚、
             r←< し=[         ――って……おい?
            / ̄㌻ーミY⌒))
           /: : : :{{: : : .:.`寸         だ、大丈夫か!?
            :′: : : :父、.: : : : :゙廷三二>‐<Tニニ'....,
           : : : : : : : :.:.:.\. : :.′ }} μ ヾ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            :__:「:! : : : : :.:.:.℡_::ムイ `^^’
         ├‐| | ミ : \:「
         | :| |  ` 、「
         | :| |  >弋
         ゝ.:| | ´    \









バタン  〃        〃
         , -─‐──‐-、ク
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜

┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃何かを言いかける前に、青年は盛大に血を吐き、再び地面にへと倒れる

┃そして先程の様にぴくりとも動かなくなってしまった……


87 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:51:46 ID:sJA06mxw0





                  ‐…‐
                /    u  ヽ     え、えっと、あの
             /
             ! u  〈十〉    |    ……ど、どうしましょうか、た、隊長?
            ノ  _ -‐…‐- _  )
            `爪       ノド、
            _,r‐:‐∧Ⅵ≧7'⌒ヾ≦Ⅳム__
      / ̄: : : : :「 「 ̄Y|   l|Y ̄l |: ヽ: : :`: :
      ,イ: : : : : : : ::∧ ゚。 入_人  / /: : : : : : : :
    /: |: : : : : : : : l: :ヽ=≦:ヽ / ≧=《: : : :|: : : : :
   」 : |: : : : : : : : :ヽ: : : : : : |/: : : : /: : : : : : : : :






                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::i
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|      どうしたもこうしたもあるか!
                     r弋:i:::::::::::::::::::::i:::::::::::!      まだ生きてるかもしれん、衛生兵を呼べ!
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!      りょ、了解!>
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::/
                 /´   γ´         \ .∨       それと難民の連中に声をかけて担架と医療品、
             〈      |           `ヾ         空いてるベットを用意させろ!
           rf   >:..._,.、|____            \
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ    分かりました!>
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、
     / γ´       .∥ ̄∥    ヽ::::∨      ./        ∨
    ノ /ー=ー--  ≠==┘      ∧::::∨   /        ∨\
    / 〈rf=ー--::::::::::::::: ̄≧ー- , 、 .∧::::∨  ノ             ´\ヽ
   ./  `/      /::::`゙r―-::::::://ー ヽ.\::∨/                \
  /   ./      /:::::::::/    `゙  //:::::::≠ー                  \
  / .   /      /:::::::::/        `ヽ:::::::::::::::`ヽ                   \
. 〈   ./      ノ:::::::::/            \:::::::::::::|                   \
┏━━━━━━━━━━┓
    システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃死体だと思っていた人間が動き出したことに動揺したのか
┃伍長はあたふたとしてばかりで、思わず隊長に指示を仰ぐ。

┃それに対し冷静に指示を飛ばすと、すっ飛ばされたかのように伍長は
┃スコップを放り投げ広場へと慌てて駆けて行く



88 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 21:53:15 ID:sJA06mxw0
                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::i
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|
                     r弋:i:::::::::::::::::::::i:::::::::::!     タッタッタッタッ……>
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::/
                 /´   γ´         \ .∨      ………………
             〈      |           `ヾ
           rf   >:..._,.、|____            \
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、
     / γ´       .∥ ̄∥    ヽ::::∨      ./        ∨
    ノ /ー=ー--  ≠==┘      ∧::::∨   /        ∨\
    / 〈rf=ー--::::::::::::::: ̄≧ー- , 、 .∧::::∨  ノ             ´\ヽ
   ./  `/      /::::`゙r―-::::::://ー ヽ.\::∨/                \
  /   ./      /:::::::::/    `゙  //:::::::≠ー                  \
  / .   /      /:::::::::/        `ヽ:::::::::::::::`ヽ                   \
. 〈   ./      ノ:::::::::/            \:::::::::::::|                   \












                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i::::::::::::::::::u::i:::::::::::i       び、ビックリしたぜ。まったく……
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|
                     r弋:i:::u:::::::::::::::::i:::::::::::!
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::/
                 /´   γ´         \ .∨
             〈      |           `ヾ
           rf   >:..._,.、|____            \
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、
     / γ´       .∥ ̄∥    ヽ::::∨      ./        ∨
    ノ /ー=ー--  ≠==┘      ∧::::∨   /        ∨\
    / 〈rf=ー--::::::::::::::: ̄≧ー- , 、 .∧::::∨  ノ             ´\ヽ
   ./  `/      /::::`゙r―-::::::://ー ヽ.\::∨/                \
  /   ./      /:::::::::/    `゙  //:::::::≠ー                  \
  / .   /      /:::::::::/        `ヽ:::::::::::::::`ヽ                   \
. 〈   ./      ノ:::::::::/            \:::::::::::::|                   \
┏━━━━━━━━━━┓
     システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃少しだけなら漏らした内には入らないはず、入らないよね?

┃そう切に願いながら、隊長は震えた手で青年のポケットに手紙を戻すのであった……


┃ここでいったん終了します
┃レス返ししますね


89 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/07(日) 21:54:50 ID:3P.niq320

漏らしやがったwww
でもちょっと死亡フラグ緩和された気がして安心

90 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/07(日) 21:55:49 ID:8DAE0FOM0
いったん乙

ハードな世界観で漢なモブって明らかに死亡フラグ真っ盛りじゃないですかやだー

91 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/07(日) 21:56:51 ID:ESQrC3Ns0



95 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/07(日) 22:03:34 ID:sJA06mxw0

時系列的には一期開始前くらいなのだろうか ?


A、1期開始は1944年、そして今やる夫が居るのは1941年6月 3年以上時間があります

いろいろ言いたいことはあるけれど
初回が即興ってのはどうなのよ・・・


A、違うんです、ちゃんと用意してきたのですが>>1が投下が初めてでいろいろ修正してたら……

結構殺伐とした世界観だな


A,まぁ、欧州で連合軍は負けて殆ど占領されちゃってますし……

まぁ、そういう設定表に出したら、萌えアニメではなくマブラヴオルタみたいなハートフルボッコアニメになってしまうからだが


A,楽しいアニメが目的でしたしね。 多分人は死なないんじゃないかなぁ(ゲス顔)

ネウロイの進行で大陸レベルで自然破壊があると考えると、正直生態系持ち直せる気がしないんだよなー


A,プラウシュテルマーとか瘴気とか、ネウロイは街の家壊して鉄吸い取ってますし課題は多いですね


関連記事
  1. 2013/04/23(火) 23:35:15|
  2. やる夫は欧州で試されるようです
  3. | コメント:0
<<【欧州】プロローグ03 | ホーム | 【欧州】プロローグ01>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyarusp.blog.fc2.com/tb.php/293-0d1b9bc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)