FC2ブログ

やる夫まとめに挑戦

【欧州】プロローグ06


879 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:01:29 ID:ZLCmUy4g0
よーし、プロローグの続きを投下だー……
明日も投下するから今日は50ぐらいだけど、ようやくヒロインが出るぞー……

アグネスから解放される……

投下は21:10分です

880 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 21:02:40 ID:lrvRPmx60
アグネスは滅びぬ!何度でも蘇るさ!

881 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 21:03:58 ID:twuYcjC.0
アグネス「ワタシがヒロインヨ(ガラッ」

882 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 21:04:21 ID:/jPzJpFg0
アグネスの力こそ、人類の夢だからだ!!

883 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 21:08:46 ID:o/H23SGQ0
お前らぁww いいぞもっとやれー(オイww

884 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 21:09:19 ID:.mkytmVQ0
まあ、アグネスであっても
人がえぐいことになるのは心に来るな





885 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:11:48 ID:ZLCmUy4g0
よし、今日は短いけど楽しんで行ってね。 後女の子がでたからむせるは廃止です……




        /三三ミミ::::`ヽ、
      /::::/、:::::::\:::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::ィヘ::::::::::::ヘ、::::::::::::::::ヽ
     /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',           あなたたち、気に入ったわ。
     i:::::::イ  ` ̄ー─--ミ::::::::::::|
     {::::::::| ─‐-、 ィ´_ \:::リ-}            私の豪邸に来てアグネスをファックしてもいいわよ?
     ',::r、:|  rャァゝ  '^`゙ `   !> イ
     |:、`{  ` ̄ .::  、      __ノ
     |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|
     |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
     |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
    ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从_
 __,,/:::∥|:::::::::::::ト、`'' ─   ノ:::::::ノ丿|》  '' ‐-、
  //゙∥人ミヽ、:|、  ,ィ─、 ノ|:::ィ─‐‐、      }
 人 〃 {三ミミ:从   l;;;;;;;;;;;;} ノ{;;;;;;;;;r-、}      |
 | Y/  |ミミ三三ゝ ヽ;;;;r‐、}从ヽ;;;;;{  \     |
 、 !|   |ミミ三三三}  `ー\\彡 ̄ \  \   |

886 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:13:05 ID:ZLCmUy4g0
...;....|:.|`l i\|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i|      |i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.:i_,l:. :\|:.:. ...|\...`;.....`;.....`;.....`;....`;... `;i、     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....| _____.....`;.....`;|  i`;.....`;... `;.. .`;.....`;.....`;...|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....
.....;::|:iコ// `;.....`. |  | .`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i.     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....    タッタッタッタッ……
.....;::|:: ̄´.....`;.....`;|  |`;.....`;.....`;.....`;.....`;... `;.....l     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
...;....|.....`;.....`;.....`; |  |...`;.....`;.....`;.....`;... `;.....`;..i     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;......\|;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.../  .___,|i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;....i;.....i;.....i;...
...;....|..i\;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;...| .:.:..::.| .:.: |...i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..l  |..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.... |:: .†__| .:.: |i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....|...\|....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;. .|/\| .:.: |...j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....::|:.ilil:.. | .:.: |i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;....|:.ilil:.. | .:.: |...j;.....i;.....i;.....i....' ̄ ̄ ̄`i...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.. . i'''''''''''i`;.....`;.....`;.....`;:|:.ilil:.. | .:.: |i; ...i;.....i;.....i;.....j|     !!;.....i;.....j;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |.`;.....`;.....`;.. .`;|:.ilil:.. | .:.: |...i;.....i;.....i;.....j; .|     |...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   i`;.....`;.....`;.....`':| ̄ ̄ ̄ ̄|i;.....j;.....i;.....i;. ..i|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |..`;.....`;.....`;......:|    .:.:. |...i;.....i;.....j;.....i;. |     !!...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   |`;.....`;.. __,,..-ー' .:...:.. .::.:.. |i;.....i;.....i;.....i;......|     |.i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...| _...,,..-ー '"~            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.....;::|..`;.....`;.....__,,..-ー '"~
__,|,,..-ー '"
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ネウロイの襲撃から逃れるため無人となった町

┃のはずが、小奇麗な表通りから二つほど外れた道を一人の青年が駆けていく

┃息はあがっており、顔も耳まで赤い。呼吸も乱れている。
┃だが、これは決して青年が運動不足と言う訳ではなく、原因は青年を取り巻く状況にあった


887 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:14:43 ID:ZLCmUy4g0



   .       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.....       / °. . .: . . : . .゚: . . : .\
......     /;  . : : : : : : : : : : : : : : : :.\
  ....  / U.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\     ハァハァハァ……
    /   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..\
  /  ;  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\   ……ちくしょう、全然わかんねぇお……
  | ゚ ∪ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  |    :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|    黄色の屋根の家……、くそっ!
  \  u. :.: : : : : : : : : : : : : : ::,,:: : : : : : : : : : :/
    \   ::: : : : : : : : : : : : :〃:: : : : : : :、:/       もっとましな特徴はなかったのかよ……
      `ヾ/".: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
     /´.: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : .\
 . .  /   .: : : : : : : : : : : : : : ::、: : : ,: : : : : : : : : :.ヽ.
    /   :: : : : :.:::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : i
    |  :: : : : :::y::.: :: : : : : : : .::ノ:::.ヾ:: : : : : : : ::i':: : !
...   |  :: : : : :.:i::.: : : : : : : : .::".:.:.:.:.::゙:: : : : : : : :|:.: :. l
 .  |  :: : : : :.:|:.: : : : : : : : .;:: : :.::.:: : :.; :: : : : : :|:.: :: |
    |   :: : : : :.:|:.:.: : : : : : : : : : : .::: : : : : : : : : :.:|:. : : |
    |   :: : : : :.:|:: : : : : : : : : : : : ::.:: : : : : : : : : ::|:.: : : |
    |   ::. : : : ::l:.: : : : : : : : : : : : :: :.: : : : : : : : ::|:.: : : .|
    i  .:: : : : ;;:l :: : : : : : : : : : : : :.: : :: : : : : : : ::l:.: : : ;,!
   / .: : : .: .:/ :: : : : : : : : : : : .: :: :: :..: : : : : :::|゙:: : : /
  / .:: : : : :/   ;: : : : : : : : : : : :; :.:.: .:.; : : : : :::|:: : : /
 / :: : :.: .:/   .:: : .: : : : : : : : : :.:.ヾ.::.:;'. : : : : :.:l:: :. /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年は立ち止まると、思いっきり空気を吸い込み、息を整える。

┃上下に揺れる肩が彼がどれほど走り続けていたのか分かるだろう

┃そして、なにやら悪態をついているが、これは先ほどの「頼まれごと」についてだった



888 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:16:20 ID:ZLCmUy4g0
            _,,..-―――‐-..,,_
       ,,-''´              `ヽ
.    /     u          u ヽ、         ハァハァ
.   /| | | | | -..,,_       u   __  '.,
   /| | | | | |     `゙''‐' ′ ヽ-'"      ',       は、肺がいてぇ……口から鉄の味がするし……
  ,'| | | | |.|≡=-.,,_  .三三三 _,,..-=≡  ',
  l.| | | | | |   . `゙ .三三 "´  .     l       鼓動が……あぁっ、クソッ……!
  |.| | | | | |====≡ 三三 ≡====  |
.   ',  u | |     /       ヽ      .l      俺が一体何をしたって言うんだお……
.  ヽ         {     ,.、   }     ,'
    \      ゝ-ィ´ `"j-.'′ u   ,.'   ハァッハァッ
      `'',-..,,       |.r-‐''"     ,,..-''
      /  `゙"''―‐.U――― ''"´ヽ
     ./                 ヽ
    /                  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃口から出るのは防空壕でのあの一軒。無理やり外に引っ張り出された挙句
┃町に居る女の子を見つけるまでは絶対に扉を開けない……

┃まるで悪夢のような出来事だった。が、それでもやらなければネウロイが
┃来るこの町を一人彷徨う事になる……。それはもっとひどい悪夢だ。

┃それだけは何としても避けなければいけなかった


891 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:17:58 ID:ZLCmUy4g0
                                                              |

         ____
       /     \
      / \   / \        そもそもなんだお? 探して来てほしいっていうならもうちょっと
    /  (●)i!i!(●)  \         マシな情報をよこせって……
    |  u , (__人__)    |
    \    .`⌒´    〆ヽ     場所も方角だけでいまいち分からないし……
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|






          ___
        /\  / \
      /(●) (●.) \
     /   (__人__)     \
     |      |::::::|  ノ(  |      極めつけは、その女の子がどんな恰好した子なのかも知らせないって……
     \     l;;;;;;l   ⌒ ,/
      /ヽ   `ー´   ィ⌒ヽ       あのばばあ本当に人探しを頼む気あるのかお……くそっ、
      rー'ゝ       〆ヽ .)
    ノヾ ,>      ヾ_ノ,ヽ}
    ヽ ヽ|        ヽ_ノ



 |

893 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:18:58 ID:ZLCmUy4g0
         _____
        /        \
      / ヽ  、: : ,  /   \         あぁっ、くそっ。息が……呼吸が苦しい……
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \
   /    ( ○ ):.:.:.:.( ○ )    ヽ      ゲホッ……本当に、何処にいるんだお……
    |      /   !  ヽ        |
    |      ゝ _ノ ゝ _ノ    l j  |
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
  /       ー――‐ '       ヽ


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃黄色い屋根というのが分かりやすいかどうかは知らないが、
┃不幸な事に、この町の建物のほとんどが同じ高さの家ばかりなのだ。

┃それがところ狭しと並んでいるならば、屋根を見分けるのにも一苦労である

┃青年の心を「見つからない」という焦りと、「死」という恐怖が蝕んでいく

┃そして何よりも悪い事はと言うと……


895 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:19:36 ID:ZLCmUy4g0



                 (⌒ヽ
                {⌒ヽ  ヽ
                ヽ  ヽ_}
             / ヽ ヽ   ト__
               〈    \  ̄ / l
             \   \/  l
          =ニ;:;:;:;:;:;:; \     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
       三;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\    〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
     ‐==;:;:;:;:;:;:;:;: '´    \  \`   ,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
     ニ三;:;:;:;:;:;:;:'          \  〉   ' 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
_ ≦三二==─フ  ̄ ̄二丶   ̄  __ _ __________
/ /    '´  //三≠  ̄ ̄  ̄ ̄ 〈 ヽ/\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i 三──   //三/ Ξ         \    ヽ
  | 二二二ミヽ| |三  ≠         r‐'   ∧  l
  | 三 ̄Ξ=i| |三 ≡=         \  { `ー'
  乂 三三  ヘヘ乂 ヾ           `ー'
_ 三=─-   ヘ人≧ ___ ________\\______
  三=───≧─三二二ラ'    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,:':;:;:;:;:;\\;:;:;:;:;:;≧ ̄ ̄ ̄
 =三三三三;:;:;:;:;:;:'、                ,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\;;:;:;:;:ニ─
    ニ三;:;:;:;:;:;:;:;:;:` ,,             ,,, ;:;:゙:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\Ξ=‐
     =ニ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\
        三 ,:,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:三二\\
           =‐ =                            `ー'
                                            (⌒ ヽ  _
                                            \_)/ l
                                                    /   |
                                               |   |
                                               ゝ─'

896 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:21:45 ID:ZLCmUy4g0
...;....|:.|`l i\|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i|      |i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.:i_,l:. :\|:.:. ...|\...`;.....`;.....`;.....`;....`;... `;i、     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....| _____.....`;.....`;|  i`;.....`;... `;.. .`;.....`;.....`;...|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....       パン、パパパパパパッ
.....;::|:iコ// `;.....`. |  | .`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.i.     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....
.....;::|:: ̄´.....`;.....`;|  |`;.....`;.....`;.....`;.....`;... `;.....l     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....        パパパッパパパパッ
...;....|.....`;.....`;.....`; |  |...`;.....`;.....`;.....`;... `;.....`;..i     |...i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;......\|;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.../  .___,|i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;....i;.....i;.....i;...
...;....|..i\;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;...| .:.:..::.| .:.: |...i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..l  |..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.... |:: .†__| .:.: |i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
...;....|...\|....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;. .|/\| .:.: |...j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....::|:.ilil:.. | .:.: |i;.....j;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....j;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;.....`;....|:.ilil:.. | .:.: |...j;.....i;.....i;.....i....' ̄ ̄ ̄`i...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;.. . i'''''''''''i`;.....`;.....`;.....`;:|:.ilil:.. | .:.: |i; ...i;.....i;.....i;.....j|     !!;.....i;.....j;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |.`;.....`;.....`;.. .`;|:.ilil:.. | .:.: |...i;.....i;.....i;.....j; .|     |...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   i`;.....`;.....`;.....`':| ̄ ̄ ̄ ̄|i;.....j;.....i;.....i;. ..i|     |i;.....i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...|   |..`;.....`;.....`;......:|    .:.:. |...i;.....i;.....j;.....i;. |     !!...i;.....i;.....i;.....
.....;::|..`;.....`;.....`;.....`;......|   |`;.....`;.. __,,..-ー' .:...:.. .::.:.. |i;.....i;.....i;.....i;......|     |.i;.....i;.....i;.....i;.....
.....;::|.....`;.....`;.....`;.....`;...| _...,,..-ー '"~            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.....;::|..`;.....`;.....__,,..-ー '"~
__,|,,..-ー '"

897 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:22:26 ID:ZLCmUy4g0
                     |
                u    |
                      |
 u  ,-―- 、      ,-―- 、 |           ……銃声?
   / /`~~ヽヽ     / /`~~ヽヽ |
   { {..;;;;;; ノ |    { {..;;;;;; ノ | |           広場の方だ……
  . ヾ_`'''゙",,,ノ    . ヾ_`'''゙",,,ノ }
      ̄          ̄   /
 !                  /
 j     /´   |   ゝ  丿
      ゝ、____人_____ソ//
      _ _   ./ /
\     ` ̄   ,//
  ` .、       /
   :ミ:ー.、._  /``'''ー-、

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃不幸というものは繋がって起きる。

┃まるで、見えない悪魔がそう言わんばかりに広場の方角から銃声が鳴り響く

┃今の状況を考えるに……ひやりと青年の背中から汗が流れた


898 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:23:18 ID:ZLCmUy4g0



                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ         ははっ……
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、         うそだろ……
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ       もう来たのかお……?
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ
   ./. : : : : :                    !、     人ノ
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i
  /. : : : : :                            `´       l
 ,'. : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃勘弁してくれ、そう祈るように心の中で呟く。

┃だが、少しばかり離れたところにある広場からは銃声が止むこと無く続いている
┃それはネウロイと、伍長が居るカールスラント軍が衝突したことを意味し、
┃町にネウロイが来たという証でもあった……



899 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:25:08 ID:ZLCmUy4g0




         ____
       /   u \
      /  /    \\         伍長さん……大丈夫かお?
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |        ネウロイと戦うって言ってたけど、魔女も居ないのに……
    \  u   `⌒´   /







     ____
   /      \        ――いや、駄目だ。こんな弱気なことを考えても無駄だお
  /         \
/           \      伍長さんたちは必死に戦ってるんだお……こんなことを考えるなんて……
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

900 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:26:52 ID:ZLCmUy4g0




              _____
                /    ::::::::::::::\
           /      ::::::::::::::::::\
         /         ::::::::::::::::::::::\            考えるな……考えちゃ駄目だ……
        /         :::::::::::::::::::::::::::::::\
      /          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\        今はただ、自分にできる事を……するだけでいい……
        |   U        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       |         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   伍長さんは絶対に勝つ……勝って、そして皆戻ってくるんだお
       \         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         \      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          /    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈

901 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:29:37 ID:ZLCmUy4g0







            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l   それで自分は 女の子を防空壕に連れ戻して、中に隠れて待てばそれでいい
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./        そう、それだけだお。 今は自分の事を考えればいいんだお……
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ




┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃悪いことがつながると、無意識に思考がそれに準ずるものになってしまう。

┃それを追い出すかのように頭を振ると、もう一度自分のするべきことを
┃口に出して確認する。

┃青年がおかれた状況は最悪なのだ、少しもよそ見をしている暇はない……



903 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:31:25 ID:ZLCmUy4g0
    _____
  /三      \   ―― [] ]
   \三 /    三 | l ̄ | |
 '(○) (○ )   三. |_| 匚. |
 | (__人__)   u  三    | |
 \ `⌒,/ゝ  /⌒ヽ    |_| [] [] ,-
  /  | \|    三       //
≡(    ヽ   三   三      匚/
. ≡\   \  三  三
 (⌒、\   \.__、≡二
   ̄ /         三
  /    /ヽ    三
 三   三 / ニ ヽ    三
  \__二_ニ  ヽ    三
             \  ≡
              \ ≡
                  ` 、_三
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃自分の中で覚悟を決めると、疲労した体に鞭を入れまた路地裏を走り出した

┃迅速かつ周りに一層の注意を払い、警戒して広場を大きく迂回するようにして
┃また町を這いずり回っていく……


904 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:32:30 ID:ZLCmUy4g0
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|::     ________        ________
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      ::|i::,        ,|    .   ::|i::,        ,|
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|::;:;;:;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|  .    .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|\ :::;;;;;;;;|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;| ;;;\.:::;;|:.
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|    \|:: . ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        '      .             :                '.

             ,              '        ;                . :
_________________________________________
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         :    '      .             '                :   '
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃銃撃音が鳴り響く町を掛けずり回ること5分、塹壕から放り出されてからだと15分

┃それまで進んでいた青年の脚がぴたりと停止し、目の前の家を見つめている

┃どうやら目的の建物をようやく見つけたようだ……











..      ____
     / ―  -\        ここか?
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \    黄色の屋根だし……間違いねぇお
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

905 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:33:11 ID:ZLCmUy4g0
                             / \
                             / /\ \
                         ,/ /::::::::::::\ \
                         ,/ /:i |:::iニ|:::i |:::\ \
                       / / :::: i_|:::i__|:::i_|:::::::::\ \
         __           / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ \
    ___ /\/\      /_/::::┌┬┬┐:::::::::: ┌┬┬┐::\ \
   /ノノノノ /___\/\ _________! }| ̄i|┼┼|i ̄|{ }| ̄i|┼┼|i ̄|{::| ̄
  ,/ノノノノ /::l  /|{:::\/_/_/___/! }|  i|┼┼|i  |{ }|  i|┼┼|i  |{::|
、 /ノノノノ,/:::::l  /|{:::::::::::::::}| ̄i|i ̄|{|::}|_i|┼┼|i_|{ }|_i|┼┼|i_|{::|
メ⌒ヾノ ,/:::::: |__i|{:::::::::::::::}|_i|i_|{[ 三三三三三三三三三三三三 ]
ilil;;::,,'^~)、 三三三三三三三三三三}|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
iiiiiii..;;_.. ^)====================|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
" ⌒) " )== 、、::::::::: ,,r === 、、: |::::: ┌┬┬┐:::::::::: ┌┬┬┐:::::::|
⌒` "    ) |/ ,.-゙i、:: ィi'‐、 ゙、| /.,-゙i、| }| ̄i|┼┼|i ̄|{ }| ̄i|┼┼|i ̄|{::|
vjノ/"' ⌒'")|| ̄| ̄|:: | ̄| ̄|| ̄| ̄|| }|  i|┼┼|i  |{ }|  i|┼┼|i  |{::|
|:l{'" ,、_ノ'゙ . ||  |  |:: |  |  ||  |  || }|  i|┼┼|i  |{ }|  i|┼┼|i  |{::|
:i:lー'i "|_|_||_|_|:: |_|_||_|_|[ 三三三三三三三三三三三三 ]
:|:ヘ、!:: |_____|:: |_____||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
'''''';'''''''';''''''''''''''''''''';'''''''''''''''';'''';'''''''''';;'''''''''''''''''';'''''''''';;'''''''''''''''''''''';''''''''''''''';;'''''''';'''
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年が見つけた建物は、どこにでもありそうな作りの住居だった

┃カールスラントでは主流の石造りで組まれた丈夫そうな二階建の家屋だ

┃……しかし、この家の主はよほど派手好きだったのだろうか

┃屋根には目には優しくない煤けた黄色が塗られており、壁も他の住居とは違い、
┃よく分からないが、とにかく何か明るい色で塗装されていた


906 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:34:28 ID:ZLCmUy4g0
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そしてなによりも注目すべきは、家屋の正面。開けたまま放置された玄関の扉

┃普段ならしっかりと閉まられているはずの扉が、なぜか今は鍵も付けずに
┃開け放たれていた。

┃これは誰かが中に入った証拠に他ならない……


907 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:35:43 ID:ZLCmUy4g0



          ____
        /      \            …………よし
       / ヽ、   _ノ \
     /   (●)  (●)   \ n
     |  U   (__人__)    l^l.| | /)
     \    |i||||||i|   /| U レ'//)
    γ⌒    ` ー'´    ノ    /
     i  j         rニ     ノ
     ヽ、 l           !ヽ、_,__/

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃一瞬だけ表情が綻んだが、すぐに緊張した面つきに戻る

┃自分は女性を連れ戻しに来たのだ、家を見に来た訳では無い

┃そう呟くと、直視すると頭が変になりそうな家屋から目を外し、
┃開け放たれた玄関へと一歩ずつ近づいていった……


909 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:37:13 ID:ZLCmUy4g0
.. .::::..... ...     | |:::::::::::::|::::::::::||:::::::::::::: |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |    :. .:::::: ::
:.... .::::.. .     | |:::::::::::::|::::::::::||:::::::::::::: |:::|::|:::::::|::|:::::::l::l:::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |    .... .::::...
.... ...      | |:::::::::::::|::::::::::||:::::::::::::: |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |    .. ...:::.. .
::. . .. . .      | |:::::::::::::|::::::::::||:::::::::::::: |:::|::|:::::::|::|:::::::l::l:::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |     .. ....:::
:::: ::.... .:::.     | |:::::::::::::|::::::::::||:::::::::::::: |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |    :. ... :. .:::
.:: :.... ...     | |:::::::::::::|::::::::::||:::::::::::::: |:::|::|:::::::|::|:::::::l::l:::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |::    : ::..  .
... :. .:::::     | |:::::::::::::|::::::::::|l ̄)/l: |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |. .    ::::..... .
..: ::. . ..    | |:::::::::::::|::::::::::|l/::/|::|:::|::|:::::::|::|:::::::l::l:::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |    ..:::.. . ..
.::: :.....:      | |:::::::::::::|:::: ] |l/:|:::::|::|:::|:::::::::::::::::::::::::::::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |.      :. .:::
::..... ...:: .     | |:::::: ] :|::::::::::||::::::|:::::|::| :::::::::::::::::::::::::::::::: ||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |:    :: ::.... .
.... .::::... .     | |:::::::::::::|::::::::::||::::::|:::::|::|::::::::::::::::::::::::::: ::::: ||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |     ::::.....
.. .::::.....:      | |:::::::::::::|::::::::::||::::::l/|;;|:::::::::::: :::::::: ::::::::::::||;;|__||::|::::::::::0コ:::::::::: | |     ...::..
.... .....      | |:::::::::::::|::::::::::||/:/:::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: \:::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |     .. .::::.
. ...:::.. ...:     | |:::::::::::::|::::::::::||/:::::::::::::::::::      :::::::::::::::::::||;;|::::::::::||::::::::::::::::| |    .... ...:::.
...:::...       | |:::::::::::::|::::::::::||::::::::::::             ::::::::::::\ ::: ||::::::::::::::::| |. .      ...
::::....:       | |:::::::::::::|::::::::::||:::::                  :::::::::::::\||::::::::::::::::| |:     . .::...
: ::. . .       | |:::::::::::::| ::: /::                       ::::::::||::::::::::::::::| |     ..: .:::.
:.. ... :. .::    | |:::::::::::::|/:/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:||::::::::::::::::| |    .... .::::
..:::..       | |:::::: /:/ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \::::::::::::| |     .... ...:::
.....:::...       | l /:/ /    . :       ,.             .   \::::::| |     ....... ...
. ....: ::.     | |::/:/  '        ,  :.      ,      '      \| |     ...: .:::..
.:: :...      | |::/      ,              .                 | |    ... :. .::
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ギィィィと蝶番が古びた音を鳴らしながらゆっくりと建物の中に入る

┃中は暗い……。室内灯であるガス灯が付いていないのか。玄関は暗く、奥に続いているリビングと思わしき
┃部屋も薄暗かった

┃唯一の光源である窓から入る朝日が、うっすらとだが部屋を照らし出してくれている……


910 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:39:42 ID:ZLCmUy4g0
               ____
              /    \
              /          \         見たところ一階と二階に分かれているだけ
            / ⌒    ー    \
             |  (●)  (●)    |        階段も玄関から入ってすぐにあった……
            \  (__人__)    /
              /   `⌒ ´   イ`ヽ、
         , '     ` ̄          \







    / ̄ ̄ ̄\
  /        \          さて、一階からしらみつぶしに行くか
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |        なるべく手短に済まさなきゃ……
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ネウロイも来ている、うろついている時間も無い。急ぐべきだ。

┃そう思い廊下へと足を踏み出した。


911 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:40:56 ID:ZLCmUy4g0
            |                 | ::::::::: / / .:.:.:.:.:.:. |______|
            |                 |:::::: / /.:.:.:.:.:.:.:/        |      <……そ…………どこ……
            |                 |/ / / .:.:.:.:.:.: |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |                  / ./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_______,|
            |                /   | ̄|:.:.:.:.:.:.:./          |
            |              /     |  |:.:.:.:.:.:.:|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
            |            /       |  |:.:.:.:.:.:.:|_________,|
            |          /         |  |:.:.:.:./                |
            |        /           |  |:.:.: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |      /             |  |:.:.: |_________|
            |    /               |  |:/                   |
            |  /                 |  |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|___
______|/                   |_|___________,|___
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃どこからか女性の物と思わしき声が薄っすらとだが聞こえてきた。

┃掠れた声の位置を知ろうと耳を澄まし、意識を集中させる……。

┃声は自分の隣にある階段の上……どうやら二階からのようだ。


912 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 21:41:50 ID:.mkytmVQ0
アグネスの縁者だと考えると…………
まあ、見たことないが若い頃の容姿は決して悪くないはず…………



913 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:44:22 ID:ZLCmUy4g0
だから、アグネスの子供なんて絶対プレデリアンですって……反応弾打ち込みましょうよ……


         \______/ ..::::::::;;;;;;;;;;
          . |. ..┌- ... _ .|...:::::::::;;;;;;;;;;
     .      |. 「 |::::::::::::|::::|.:::::::::;;;;;;;;;;
      .     |. | .|::::::::::::|::::|:::::::::::;;;;;;;;;;;;,,,,,         <ガサッ………どこに………
.           |. | .|::::::::::::|::::|:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,
    .       |. | .|::::::::::::|::::|::::::::::::::::;;;;;;;;;;
          . |. | .|::::::::::::|::::|:::::::::::::::;;;;;;;;;
       .  _l___|_.|::::::::::::|:::」:::::::::::;;;;;;;;
       /=======:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;,,,
 .     /f────‐:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
    .   /ト─────‐:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
     /. |  : : : : :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;
 .   /[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;,,,
.     / | . . : : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,
   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
  ./  . . ... ..:: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃二階への階段を上ると、先にある扉の隙間からガス灯と思わしき光が漏れ出す

┃扉の前まで来ると、向こうからはなにやら焦りを感じさせる声が聞こえる……



914 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:45:45 ID:ZLCmUy4g0
           ____
         /      \
        /  ─    ─\        ……声は扉のむこうから聞こえてくるお
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \






         ____
       /     \
      / \   / \              この中だよな……
    /  (●)i!i!(●)  \
    |  u , (__人__)    |
    \    .`⌒´    〆ヽ
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃間違いなかった、女性の物と思わしき声が扉の向こうから聞こえてくる

┃ドアノブに手を掛ける、青年は一瞬開けようか開けないか戸惑ったか、
┃すぐにドアノブを回し、部屋の扉を開る。

┃すると、中の様子が明らかになった


915 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:47:24 ID:ZLCmUy4g0
皆さんが見ているのはズボンです。決してパンツではありません



                                       /⌒ニ=- .       ____
                           xヘ:┐              / : : : : : : : : ヽ⌒ヽ/. : : : : : : .  }
                        / ヘ:く:`丶         /{  : : :/":. . :-┴i:/( : :__: : : : : :/
                       、_]乂ミ_):ソ\:\     /   \、: :{//. : : /_ノ∠...r‐=ニ彡___
                   _..∠〃7^Yく_,ノヽ:. :\ ____/:_.__ノ: :/ /  /   /⌒二ス¨: : く : : : : ヽ
                      r┘   ⌒ヽ\: .\:>-{ . : : / . : ::/レ'.:/>-(_彡く: :<   /⌒Y:\: : |
                     _|  \丶: . : :\rく:/  /\: :し'´}ヽ: / ===ミ、  : : ` ̄¨¨: .丶、:_j : : }_ノ
                     |   : .\\ ,、_ヽヽj{  /: / :ヽ ー/ .:/´        ヾ≠: :=ミ、: :__\: : /. :/⌒ヽヘ
                  」   \\/ミィ:芯:`_j_|  八:{ . : :='. :/           i :/  i⌒>'⌒¨¨¨ヽ: : : :{ :  } : .
                    |:i   \ヽ:ト、{乂ソ/_レ'^) >:. : : : /{           }i′ |〃      ∨し′ .:′|
                   l:|  \_ヽ:\   \ :/:{j} : \: :{/}         i ||   :/′      |: : : . /廴丿
                   |: . 、_ノフ厂ミヽ‐  }_乂__ノ i: 〉. ): :/           lj: . :/ノ       l -=ニイ⌒´ヽ
                   |∧ : : |厶イ,(j_ト;ー〈  \ ノ厶イ: : ′         V'-=/'        八_: : ⌒)、ノ: }
                      : :|: :| N:⌒7/. : :∨ノ. : :/.: :_:_: ′        }、-/:         / {: :ヽ: :i: : :
                     }∨:八{: : :〈 乂,: .:{' ⌒ 、_彡'⌒:l          八/           /: : :}ユ: } |: : :/
                       / . :/ . : : ヽ: :.:八   :`¨i7:.:/|          .:i.:/           /=-: ゝ^i:し: /
                   / . :/ . :八\: : ) /{ハ :{   {{.:/: |           .:{/         . :\: : .:|_/
                  /. :/  /  \∨乂:. : :i } ∨乂 |          i :,′      .:∧:/⌒ヽ:.丿
                / /    ′ . : ヽ : : ) : |   }: :.ヽ|          l ′       /: :乂r一
              /i 〃  . .:|: . ://ノ: :  : : |  :i、 ヽ : 八  -=ニニ=‐- {{ ___    /: :  }〉
                〈:.乂{ r-: :.」:..厶イ. : / : :   从\}⌒/ / /⌒ヽ \Y´=≠…―-' ー一
.               {\> \>: : . . _ ..二ニ=- : /   {:八ー'-〈/..二.\ }i }/           `丶、
.               乂: : . . .  ̄ ̄_/.:/⌒ニ=く   /  :}\://: : : . Y Y :/: .           \    /⌒ニ=r―┐
                く: : : : トr―--<._ : : _厂`ー=ニ≠一{/: : : : : :l | j、: . : . : . . . . . .      `¨ア^V    |//八
               `¨¨¨ソ   . : /┴'´          /:⌒ :丶:.ノ 八{ ー- : : : : : : : : : : . .    //. .| . : : : : :、://
                 / . : : : /           / :⌒: :丶: :〉/: /      `¨¨ ー-=ニ: : : : : : {: 八: : : : : : :`:\
                  |  : : : :{          イ乂__: : : :   //              `丶、: : : : : : : : : : : : :\ヽ
               「 ̄ ¨ニ=- :ヽ      /: : : : : : : . . . ̄ :/                  `¨¨¨¨ 丶: : : : : : : :

916 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 21:47:46 ID:3skc2fRc0
アッハイ

917 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 21:48:10 ID:LJjylEw20
素晴らしいズボンですな



918 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:48:18 ID:ZLCmUy4g0





               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

919 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 21:48:29 ID:HWicWjiQ0
うん・・・そうだな

920 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 21:48:39 ID:uBSyJ1c60
この世界の男たちには恐ろしいほどの自制心が要求される



921 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:48:52 ID:ZLCmUy4g0
                                       /⌒ニ=- .       ____
                           xヘ:┐              / : : : : : : : : ヽ⌒ヽ/. : : : : : : .  }
                        / ヘ:く:`丶         /{  : : :/":. . :-┴i:/( : :__: : : : : :/
                       、_]乂ミ_):ソ\:\     /   \、: :{//. : : /_ノ∠...r‐=ニ彡___
                   _..∠〃7^Yく_,ノヽ:. :\ ____/:_.__ノ: :/ /  /   /⌒二ス¨: : く : : : : ヽ
                      r┘   ⌒ヽ\: .\:>-{ . : : / . : ::/レ'.:/>-(_彡く: :<   /⌒Y:\: : |
                     _|  \丶: . : :\rく:/  /\: :し'´}ヽ: / ===ミ、  : : ` ̄¨¨: .丶、:_j : : }_ノ
 え? だ、だれ……      |   : .u\ ,、_ヽヽj{  /: / :ヽ ー/ .:/´        ヾ≠: :=ミ、: :__\: : /. :/⌒ヽヘ
                  」   \\/ミィ:芯:`_j_|  八:{ . : :='. :/           i :/  i⌒>'⌒¨¨¨ヽ: : : :{ :  } : .
                    |:i   \ヽ:ト、{乂ソ/_レ'^) >:. : : : /{           }i′ |〃      ∨し′ .:′|
                   l:| u\_ヽ:\   \ :/:{j} : \: :{/}         i ||   :/′      |: : : . /廴丿
                   |: . 、_ノフ厂ミヽ‐  }_乂__ノ i: 〉. ): :/           lj: . :/ノ       l -=ニイ⌒´ヽ
                   |∧ : : |厶イ,(j_ト;ー〈  \ ノ厶イ: : ′         V'-=/'        八_: : ⌒)、ノ: }
                      : :|: :| N:⌒7/. : :∨ノ. : :/.: :_:_: ′        }、-/:         / {: :ヽ: :i: : :
                     }∨:八{: : :〈 乂,: .:{' ⌒ 、_彡'⌒:l          八/           /: : :}ユ: } |: : :/
                       / . :/ . : : ヽ: :.:八   :`¨i7:.:/|          .:i.:/           /=-: ゝ^i:し: /
                   / . :/ . :八\: : ) /{ハ :{   {{.:/: |           .:{/         . :\: : .:|_/
                  /. :/  /  \∨乂:. : :i } ∨乂 |          i :,′      .:∧:/⌒ヽ:.丿
                / /    ′ . : ヽ : : ) : |   }: :.ヽ|          l ′       /: :乂r一
              /i 〃  . .:|: . ://ノ: :  : : |  :i、 ヽ : 八  -=ニニ=‐- {{ ___    /: :  }〉
                〈:.乂{ r-: :.」:..厶イ. : / : :   从\}⌒/ / /⌒ヽ \Y´=≠…―-' ー一
.               {\> \>: : . . _ ..二ニ=- : /   {:八ー'-〈/..二.\ }i }/           `丶、
.               乂: : . . .  ̄ ̄_/.:/⌒ニ=く   /  :}\://: : : . Y Y :/: .           \    /⌒ニ=r―┐
                く: : : : トr―--<._ : : _厂`ー=ニ≠一{/: : : : : :l | j、: . : . : . . . . . .      `¨ア^V    |//八
               `¨¨¨ソ   . : /┴'´          /:⌒ :丶:.ノ 八{ ー- : : : : : : : : : : . .    //. .| . : : : : :、://
                 / . : : : /           / :⌒: :丶: :〉/: /      `¨¨ ー-=ニ: : : : : : {: 八: : : : : : :`:\
                  |  : : : :{          イ乂__: : : :   //              `丶、: : : : : : : : : : : : :\ヽ
               「 ̄ ¨ニ=- :ヽ      /: : : : : : : . . . ̄ :/                  `¨¨¨¨ 丶: : : : : : : :

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃部屋の中にいたのは、クローゼットの中を漁っている少女だった

┃乱雑とした部屋の床を四つん這いの姿勢で、こちらに向かってお尻を突き出している

┃青年に気付いたのか。後ろを振り向くと、小ぶりな桃尻がふりふりと悩ましく左右に揺れる……


924 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:50:59 ID:ZLCmUy4g0
この世界では特に何も異常はありません。皆さんが異常なのです

                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
          ./      U       \
         , '     ___     __ .ヽ
        ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,         (純白のズボン……)
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
     . .,'                        .l
       l   U.    (     人    .)    .l
       .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
     .   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
          ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l
.    /      |                |   |
    |      |                   |   |









            ____スッ
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',       あっ、いきなり入ってごめんね……
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',
     l    /   `'    ´     .l      驚かせちゃったかお……?
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l
     .',   U   ,      ヽ     /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃部屋の入った第一景が少女のお尻だった……。

┃一瞬青年の頭は呆けたが、そんな考えはすぐに飛び去った。こんな事している場合じゃない

┃愛想笑いを顔に浮かべると、女性に優しく声を掛ける



926 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:51:55 ID:ZLCmUy4g0
 /  r--i、 .          i < r- //
 l  / } |/             \ヘノノ ∧
  l  Y/               il     l
  l (( l     i     l       l    つ
  l   l     l l     l l l l l   l    っ           い、いえ 大丈夫です……
  l  l  l  l l l  i   l  l_斗十 i  l
  l  l  l  l l l  l  !  l _l__- l  ll i   l
  l  l l l  l i l_,r、__ l l   ィf:::::: dli  l 7   l
  l  l l l  l f<ム<  i-′  ハ:::::::::リl l /l  i  l
  l  i l l l !-  i シ      ゞ彳 l/ i ll  l  l
   l l l l l ミ i l'´  ' __  u  // i l l  l  l
   y l  ll   )) 、.   ` ´  .イ. l  l  ! l  l  l
    l l  _.-‐-、__  `  - イ   l-rァ l l  iノ
   l l `}. \   `- 、  i l r-イ l/‐  ̄ ̄ ̄ フ
   l l   l-- 、   l  ⌒  l  ´   ノ   // .
   l l i` トィ--!‐~ ___ ~i: irー -r-----i'´__
   l l  i   r‐ '´___r-、 \ |:i.__.. 、__r-‐'''´~ 7
   l l  l   ノ ´ r┴‐:、\-!´           /
   l l  l  `-i  `r--、` i i    l     l
   l l  l /   l_ r |r‐ ⌒- l \  l     l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年の言葉に当たり障りない返事を返すと、女性は――いや、少女は
┃それまでクローゼットに向けていた体を直し、青年の方へと向き直る

┃床に四つん這いになっていたままだったので、ちょうど青年が見下ろす
┃位置で向き合っていた



928 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:53:40 ID:ZLCmUy4g0
不法侵入+空き巣    だが、かわいいから許されます





            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',        あ、うん、別に立ち上がらなくても大丈夫だよ
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',
     l    /   `'    ´     .l       ただ、お兄さんは少しお話がしたくて……
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l
     .',   U   ,      ヽ     /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃いまの姿勢から立ち上がろうとする少女を優しい言葉で制止し、自分が
┃座り込むと、ちょうど目線が同じぐらいになった

┃これで少しは恐怖心と言うのは薄れただろうか……?









               .. -─  ─ --{ { rく Fヘ ト } \
        ___{人シ-}ノ´           辷{ーイノi  \
      /  `ナ '´              ((ー'⌒))ヽ   \
      /    /      |  |l   l|       |   \  .ハ          お、お兄さん……?
    〃   /  /  l!  |  |l  l, l| ヽ \   |    ハ  i
    i     /  /   |(ヘ |  |l  |i l|  l  |.  |   / .ハ  l          それで、お話ですか……?
    |   .:′ .{ l   !/ ノ|  |l  |i l|  |  |         } {
    |   i   | |  {r′|  |l  |i 爪丁`メ.!   |     ハ.\
    |   |   | レ─ェヘ.|人リ八!ハ从/ハ/ !|   |      /  ',  ヽ
.    八.  |   | ノX 必\λイ─   ,___ |  .'     /   i   )
   /   } |   |く λYシノf ノ     .之z少 ./  / ,    /    ノ ./
.  /   /  ヽ,从!弋rマ辷彡             /  / /   /  / /{
./  ノ   }  \. !)) "" ,     """ ,=彡イ   / ./ /{八
  ./    ノ  / ∧ u           r─l/   r‐─--、,/ /\ \
  /    /  / ./ }丶.   ´ `   l⌒レ./ /     .八  /\ \ \
 {   /   {  /  ノ  > . _ . ィ _|  / /    <  \  \ )  )
  }  〃    / { r──-マ r~7ノ  / /       へ、ハ.  /  /\
 /  {i / /  / /  `ニニ┤-l {  / /             } /   ハ   \
./  八{ .(   ./.   ‐─、_) ノ / /! /              |    / }   )
.  /  \{⌒Y    > )-'. / // /      /\     /  /  /   /
 /  \  ト-!r-.、     / /./ /      /  ノ     / /   人  {
'  ノ   \} [   |_ イ7/  / ./  /\  -一'      / \  /   )  }

929 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:55:15 ID:ZLCmUy4g0
            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',      そう、お話だよ……
     ./   , -‐、            ',
     l  /   `'  \___     .l     今さ、この町にネウロイが来ているのは知っているよね?
     l  ヾ==ツ    (  乂ソ ノ    l
     .',    ,      ヽ  lilil    ./
        \   l   人_,/l      /`ヽ
     /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
    ./                     l





        r-、  ., 七'´ ̄ `` ミ=__,,/^ヘ
       /ツキ/´        ((⌒(刻> ヽ
      |  Σン三ノ         -フノヽ  |l
      |  /ーっ     |  |     -"ヘ  入           は、はい……
     /|   l   | | || |  | | ||  |    | ヽ
     / | |  | |  |  | r> |  | ||  ||  |  ノ | `、
    / | || | |  |=、ソノ| | ソー十斗ノ / /  ヘ
   /  i ||  | | ン<楼ミヽハノi =ニニ=,ノ /  | ヽ ヽ
   |    |  ヾ>、<トソノ   弋ツノ/ /      |  |
   |    ノ  ヽ ((ヘ ::::::  .   ゚゛゚ |i /      |  |
   |   /   | ノ ト   rっ   /ik   |    | i |
   ヽ  // -、ノ_>´ ̄i_- -- ´`しへソ   l|   |  |
    | | |  | ヽi  `) / ´= `ン <_/ | \  |  /
   / i li / | ゛´<=>彡ニ`ヽ_ ⌒_ノil  ヽ \ l /
   / il l >´   ´`) l <‐ー  ヽ r- ´   \ li ハ
  / il y  /   /`  ´´`ヽ   ヽ    )  ヘ  \

930 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 21:56:33 ID:jF2bTMwc0
>>912
冗談抜きで天使みたいな美少女だったような記憶が
今のアレっぷりとはそれこそ構成する物質の組成からして違うんじゃないかってくらい

つまりこの目の前の少女も年を食ったら・・・・



931 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 21:58:30 ID:ZLCmUy4g0
>>930 え……まじっすか……?





         ____
       ,. -'"´      `¨ー 、
      /             \
    /                ',      それじゃあさ、一般人には防空壕に
   ./    U         , -‐ 、     ',                 避難しろって指示が出てるのも知ってる?
   l  ___ノ   '´     \   .l
    l  ( 乂ソ  ノ    ヾ==ツ     l
   .',    ,      ヽ  lilil u   /
     \   l   人_,/l      /`ヽ
   /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
  ./                     l






      //y        _          \
    r''´Xメ}) / /  /           \\
   ./ /(/┘ ./  /  / ノ  /          X糸
  / | // ./  / / - ´  / / /      | ≧┤ヽ
  | //  /  ./ /    /  / / 、 |   ノ/KZソア
  | |/  ./  .//   /  // ./  ト/ |   ≦xくノ|lハタ)、
  |/ //  /   //  /、 ノ  / /| || /  XK<ニミ彡 ヽ      ……はい
  |  |/|  / |  / / / / `'-/、_// /  / /ヾーミテン   )
  |/|/|/| レ´アミゝく ./ミ=、_ /ヽ| /  / / / |     i
  | |li レ | K薔>イマ   イテ ゚̄ミ、/  / / / / .    /
  | | |l | | ト=ケソ    廴o゚ソ/ ./  / / /  /  .,'´
  .i | ..| | i  K´ ` ヽ     ̄/ /  // / /    i
   ハ|   | |  |(ヽ  、 _      フ´/ .//    /    /
   |/  i  i  |)(i.\ ' `   // / ./    /  /  i
   il    | | ) ilハ、>.- ‐<仝/ / ./       /   i
   |    }| |メ )、,(⌒)、,/⌒ / / ./       /    i
   | -―´/| |-、 ,- 、  ,、 /   / `'''- 、_ノ /    i
   /    ゝ i`-´`-´`-´`/   /      ヽ      i

934 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:00:37 ID:ZLCmUy4g0




            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',       だからさ、こんな危険な所に居ないでさ、早く防空壕に避難しようか?
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',
     l    /   `'    ´     .l      たぶん、先に避難した人たちも心配していると思うんだ……
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l
     .',   U   ,      ヽ     /      だから……ね?
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃なるべく柔和な言葉を選んで少女を刺激しないように気遣う

┃優しそうな表情をした青年の心の中では早く防空壕の中に戻りたい。
┃こんな危険な所から逃げたい。それでいっぱいいっぱいだった

┃現実に、少女には何とか隠せているが、背中には汗をかきっぱなしだった。
┃手だって微かに震えて止まらない

┃そう言って、少女に向かって手を伸ばす


937 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:01:52 ID:ZLCmUy4g0


               ___
       >ζ斗 ´  ̄_,.== ̄ ミγ卅ヾ√ハ
     γ弋ヌ_ミ、、     _ _,..弋乃ヲ ,′ ∨
     / /(⌒         ̄  ~ ))〈 〈    ∨        ご、ごめんなさい……
    〈 /し、))             ((  ヽヽ  リ
     ソ  ,′  ,′ ,        ヾ / /   !i         避難しなきゃいけないのは分かっています……
    / ′/ / ハ   ト,  i!      i i   i!
   イ/  i  i ,′乂 | !i! i! |       | |   i!         だけど、まだここを離れられないんです……
   |{   i! i! i!((  j i jハ, j! |   | , i i   i|
   从  i! ムル')) レイ/ __}ヘ斗,′ ! j ', 、   i|
   !ハ  ノ! {Yイrォj′  ,、__,j/  / '  } j   i|
     Ⅵハcぅツィ    ´ ̄どう / /  / ∧   iト,
       `从(~  、   xx ((、〈 ,'  ,/ /    i  ヽ.
       j ))、  r 、   ,._)厶-メ-く{ i     ハ   \
        ハi  \ ´ /       \ 、
         j    >ァ'          \ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃伸ばした手に少女がふれる事は無かった。

┃少女の拒否の言葉とうっすらと涙を溜めた瞳が青年を直視する。

┃なにやら彼女には、まだ避難できない理由があるようだ……

┃どうして駄目なんだい? 優しく少女の言う原因とやらを聞いてみた


938 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:02:56 ID:rgRXWhqw0
ふと思いついたけど、ネウロイとの共存する固有能力とかあったらよくね?
ネウロイと対話できるとか、ネウロイの巣の中でも生存できるとか
ネウロイと部分的に同化できるとか

またあと改めて案を出してみるかな



940 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:05:38 ID:ZLCmUy4g0
>>938 ぜひともお願いします アイディアください



                  ,.. <   ̄ ̄ ¨>ミソ>.,__
                ,."          {{ヲイ下》У  .}
            ,.,._/r=           ーケミ辷ソノ  .i
         r= /ィえフ,イ                ̄て¨   :|!
         | {./イ八ノ   ,      i        )  .:|ハ           写真を失くしてしまったんです……
         | 升ソツ    i        |        ',    :|八
...         ィ" f!.        |  |     | |  i    ハ .   |  \         大事にしていた写真をケースごと
       / リ ,'.|  l      |  |   i  .| | .._l ! i     iff  |   .ヽ          どこかにやってしまって……
.       / // .,'k|  |    :|.ノ |_ | . l  .| | `.ト⊥!_  ! .从   .ト、\
      {.:{/  .i  ! :| i  _/  i | 八 .ソ ,ィ7だ示抃  ,' / ∧  ∧ ヽ ヽ
.       |/   | :|  ! !  てr上.从 :::::::::::: { ! t{i}j i从 / { ." ∧  ∧ ヽハ
      У  :| :|  ! !  イ{彡示Y}!::::::::::::::: ゞごつ' ./  ,'  i  ヽ  ∧ ハ .}
       /     :| :| . 从从抃! 下ツ/        ; '   ,'   |    ヽ .\ リ
.      /    八| :| /   乂八ー弍″   '     u イ  {  ハ    \ .>
   .イ    {  ヽУ/  入  ヘ   }   (⌒)   イ   |  :!   :i   ,   ハ
   { i i   |     / ./   } ヽ>:...... __ _ / | i:...:|  :|:.  八   ト、.  i
   | | !  !i   . / ./  .ノ    Y⌒Y⌒Y⌒v^Ⅵ | 八  ヽ    \ ! .ヽ :!
.   ', .',   .ハ ./ :/  イ     ノ  {廴 ィ ソ .{rt八  ヽ  \   乂  }.ノ
   ヽハ    .У  { ,イ    ノ ノ  廴// {__r-v ⌒}iト、    ヽ     )  八
   イ川   (    {!   /     ノ/>> X<<} い     }  Y  ノ
 / /.小ヽ  .ヽ  八  /     rtソ {_,イ     .>} ソハ     ノ   i く
/   .乂  }  人   {    ,rt=イ }廴ノ⌒Y⌒Y⌒廴_ノ         ノ







          ______
        /         \               しゃ、写真って……。 ねぇ? もしかして、それ一枚の為に
       /            \               避難しないでこの家に残ってたのかい、君……?
     /      ,   、,,.-='、'、 \
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |                       ……はい>
  |                       |
  \                     /
    \                  /           …………っ







┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃おいおい、勘弁してくれよ。

┃ 心の中でこの言葉を呟く……奇妙な事に今日はこれで2回目だった。

┃もしかしなくてもだ。自分はその大切な写真一枚のせいで、防空壕を無理やり追い出されて、
┃ネウロイが襲撃している街中を駆けずり回ったのか……?

┃そう考えると、青年の中でふつふつと怒りが湧き上がってくる……


945 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:07:38 ID:ZLCmUy4g0
         _____
        /        \
      / ヽ  、: : ,  /   \             君さ……少しふざけているんじゃないかな?
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \
   /    ( ○ ):.:.:.:.( ○ )    ヽ
    |      /   !  ヽ        |
    |      ゝ _ノ ゝ _ノ       |
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
  /       ー――‐ '       ヽ








        r-、  ., 七'´ ̄ `` ミ=__,,/^ヘ
       /ツキ/´        ((⌒(刻> ヽ
      |  Σン三ノ         -フノヽ  |l              あぅ……!
      |  /ーっ     |  |     -"ヘ  入
     /|   l   | | || |  | | ||  |    | ヽ
     / | |  | |  |  | r> |  | ||  ||  |  ノ | `、
    / | || | |  |=、ソノ| | ソー十斗ノ / /  ヘ
   /  i ||  | | ン<楼ミヽハノi =ニニ=,ノ /  | ヽ ヽ
   |    |  ヾ>、<トソノ   弋ツノ/ /      |  |
   |    ノ  ヽ ((ヘ ::::::  .    ゚0.|i /      |  |
   |   /   | ノ ト ェニ=-―=ェ-/ik   |    | i |
   ヽ  // -、ノ_>´ ̄i_- -- ´`しへソ   l|   |  |
    | | |  | ヽi  `) / ´= `ン <_/ | \  |  /
   / i li / | ゛´<=>彡ニ`ヽ_ ⌒_ノil  ヽ \ l /
   / il l >´   ´`) l <‐ー  ヽ r- ´   \ li ハ
  / il y  /   /`  ´´`ヽ   ヽ    )  ヘ  \

949 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:09:38 ID:ZLCmUy4g0
世界の法則を捻じ曲げるほど強力な固有魔法を持ったウィッチはいませんからね……
よくてエイラの未来予知じゃないですかね……? あれもレベルが落としてあるのでそうは思えませんが……




          _,, -==ー-、 ̄/                         l
       /.〃 y ⌒ヽ.r、 ヽ{                          l
   u  / ./      '  ヽ ゝ                        /
       | / ,        ノ⌒ヽ           |         /    人がこんな目に遭っているのも、一体誰の
       |し'| ./`!        ヽ        /        /       せいだと思ってんだよ……
       |  `ー'  | /|      ヽ_    _/       ヽ /
       |       `´  ヽ          ̄ ̄T          l'     あぁ……本当に……クソッ、クソッ!
       |   ,、          、       ヽ、          ノ
  u    \ー' !          ー - 、    丶、__   /     なんで俺がこんなとばっちりを
           .\`ー-‐1__         `丶、    /,ィー'´           受けなきゃいけねぇンだよ……
            ̄ ̄ ̄`丶、         メ __ ノ' /
                  `丶、_.     ヾ/ /
ヽ          u           `丶、  / /
  ヽ                      `ヽ   ヽ_/ /
   \                            /`ヽ、
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年の行き場のない怒りは、目の前の少女にへと向かっていた

┃表情が少し崩れ、口からは怒りの籠った歯ぎしりの音が響く。

┃防空壕でのあの一軒は青年の中ではそうとう堪えていたようだった……
┃そして、その原因は目の前の少女で、理由は単なる紙切れ一枚の為

┃青年の心の中に、黒い感情が渦巻い始める……


950 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:10:57 ID:jF2bTMwc0
主人公ともあろうものがドス黒いものをぶつけていたいけな少女をヤっちゃったりしないよな?

さてパンツを脱いでおくか・・・

951 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:11:43 ID:LJjylEw20
ヤッちゃうのか殺っちゃうのか…

952 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:12:21 ID:twuYcjC.0
押し倒せー

953 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:12:28 ID:uBSyJ1c60
>>950
プロローグで女の子襲うストパン原作スレ・・・伝説になるかもな!

955 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:12:43 ID:pMwY140E0
さぁもりあがってまいりました(下半身)



957 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:12:53 ID:ZLCmUy4g0
……おい、いや、おかしいぞ




 /  r--i、 .          i < r- //
 l  / } |/             \ヘノノ ∧
  l  Y/               il     l
  l (( l     i     l       l    つ
  l   l     l l     l l l l l   l    っ         ち、違います! 別にふざけてなんかは……
  l  l  l  l l l  i   l  l_斗十 i  l
  l  l  l  l l l  l  !  l _l__- l  ll i   l
  l  l l l  l i l_,r、__ l l   ィf:::::: dli  l 7   l
  l  l l l  l f<ム<  i-′  ハ:::::::::リl l /l  i  l
  l  i l l l !-  i シ      ゞ彳 l/ i ll  l  l
   l l l l l ミ i l'´  ' __  u  // i l l  l  l
   y l  ll   )) 、.   ` ´  .イ. l  l  ! l  l  l
    l l  _.-‐-、__  `  - イ   l-rァ l l  iノ
   l l `}. \   `- 、  i l r-イ l/‐  ̄ ̄ ̄ フ
   l l   l-- 、   l  ⌒  l  ´   ノ   // .
   l l i` トィ--!‐~ ___ ~i: irー -r-----i'´__
   l l  i   r‐ '´___r-、 \ |:i.__.. 、__r-‐'''´~ 7
   l l  l   ノ ´ r┴‐:、\-!´           /
   l l  l  `-i  `r--、` i i    l     l
   l l  l /   l_ r |r‐ ⌒- l \  l     l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年の表情が変わるのをみて怒りを察したのか。

┃少女は小さいその手を振って必死に弁明しようと試みるが……



959 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:15:16 ID:ZLCmUy4g0
そんなにレイプしたいならアグネスが居るだろ……あいつで我慢してください……






                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
                /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
                / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
               | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.                  |: : : ::;  ( ◎ ) ノヽ ( ◎ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
               |: : : : :   ´"''" ,      "''"´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
                \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
               ,r''"\: :   .`ー-‐'´`ー-‐'′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... --''' "´
 ―-―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
           `i、 ||  |i   i ||'"    /
            .ヽ||           i|'
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i
            ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......

961 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:16:48 ID:ZLCmUy4g0
              _(( ,  ´       `  、  ( /
             _{(>y.X                r--.、
             / 辷ニイ                {く } }=-、
               /  /   /  /  /    l、       ̄\
           /  /   /i  |l  | |   | l  li  ヽ     ヽ て
             /  / li  / .|___|l  | |   | l  | \  l!    |  て      ひっ……
.            /  .′ .li i 厂`ヘ,ノ)| |   | l  |  l l!    |
           /  i l li |〈 T>λソハlハ, ノγ‐=ミ.| l!   iリ
.          /   l l .li | >入イ .イ      {{     ハ.l!   / .|
         /   八/ハli |((`ー -彳     弋   ,リ./.   /  |
         "  / / r-、_.! lllll  .   ,:----、 'U‐'rく\/    |
     /  / /// / )r-、    {::::::::::::::} (`ヽ\ヽ \.   !
    /  / / // .′/ / )   ヾ::::::::::ノ  i ノ `     l   |
. /  / /  / {    ' iく > . _ _/      /  |
.イ  / /   /< \     ヽ(r、/__) n/      イ、_.r-、 |
  / /    /  ノ Ζ    } //⌒U(     イ、__ノ⌒ .\
/. /       ./  /  { r─z rイフ//\ }_几ィ⌒´|









          ______
        /         \
       /  :::::::::::::::::::::::::::::  \         ……人を無理矢理追い出してまで探して来てほしいなんて言うからさ、
     /  ::::::::::::::,::::::::::、,,.-='、'、::::\          よほど大切な事があるかと思ってみればよぉ……
    / :::`┬;;;:::┬′:::::::::゙.゙、;;;;::',ノ:::: \
  / ::::::::"⌒゙''''''´":::::::::::::::`''''''"⌒::::::  \      何だよ? それがたった写真一枚の為でした?
  | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |
  | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |    ……本当に……腹抱えて笑える冗談だなぁ。 えぇ、おい?
  \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
    \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年のちょうど横隣りにあった小さい机がミシミシと悲鳴を上げる

┃そうして怒りの籠った言葉が口から続々と流れ出でては目の前で
┃怯えきって座り込んだままの少女へと向けられる……

┃青年は完全に怒り心頭だった。少なくとも、女性だとか女の子だとかを忘れるほどには……


962 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:17:30 ID:3skc2fRc0
エロは別にいいわ
ちょっとエッチがいい!



964 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:19:27 ID:ZLCmUy4g0
>>962 ほう……分かっているじゃないか。アグネスを貸してやろう……



  /  !        ,'  i|                        |    ヽ
/      /      |   |ソ 从     |    .|i! !.i  |i   !      |  、  i    ふざけてなんかいませんし、誤解です!
    /    i!     i! i! ! | |     i!    !| | |  !!.  |   |    !  ヽ  i!
.  /     |   イ ,i A .|  ! i!    |i  ィ廾从―/、 |   |   ハ   ハノ     本当に違うんです!
  /       !  / | | ! | ! トヽハ !    .| i!  ./t彡宀リ廴   i!  !  ,'     |
 ,'   ハ  i!  i! ! ! |广_}| フt ヽ  i || /fソ 行芯及ァイ   i!   i,      |      あの写真は――
 i    ! i  ', .ハ {⌒{必}个  '} ヘ/ リレ'   {辷t jrリ. ィ レ/ |  ハ    iヽ、
. ハ.    | i!  ∨ ヽ< レ〃  !_/          ど二つ .ソス   |   !   /  ヘ
 ∧   ', ヘ、 ',,tハ   宀,,Y                / /    !   kL__   ヾ
   >、 |  >、i  i!  V《 じ      ;ァ        /_/ i !  !    ',    `!  i    違わねぇっ!>
. /  ヽ!  < ヾ ,' ,   i'ー           ,ィ 'ー<, i | ,'   /  ∧  | __ノ
i'    /j ノ >ノ ノ i ! /y-,     ャ=⊃ r‐‐7 ,'i ー'ュ_ ./  イヽ 'レ' !  '‐' 'i
>   ///  /< / V リ{  ー ^ヽ   、,∠   ,'     //, ',        /    あぅ……っ!
 \  / .  /   /  i!ハ  V    ',  ̄ i´   //    / ハ ハ      /
    ,' i.   ,'   /  ./  ノ/入ーァ ーゥ/       イ ./  i! ヽ、ヽ >―ッ!ヾ< ┐
    ! i!  !    /  入7./L_ユ/{  ヽ   t>i  // i   ``ヾ、  ヘ / i



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃彼女の言葉は青年の怒声によって掻き消された

┃青年は今までの鬱憤を晴らすように目の前の少女に罵声を浴びせかける

┃その迫力と表情に負けたのか、少女の口から出る言葉は掠れて意味を持たなかった……



967 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:21:43 ID:ZLCmUy4g0



         /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ `  、
        /                \
      ./              ,==ニ_-、 丶
      /                 〃  __ `ヽ  \      誰のせいで人がこんな目に遭ってるのか分かってるのか?
     ./     メ≧、_ノ     イ   {・}  |}  丶
     /     ィ彡´三ヽ\  /. 丶 __ /     '     お前が写真を取り戻らなければ防空壕の中に居れたのに
   /     〃 ̄ ̄ {・}|       ̄  ̄       V      ……なんでこっちが尻拭いをしなきゃいけないんだよっ!
  ./      廴 _ 二´    l     、       '
  ,'         ̄  ̄,       人、   }         '
  |           ヘ、   _イ __`ー-ェ'            |
  |           |i Tィ'"´:::::::::`゙ヾイ         ∧
  |            ! |{::::::::::::::::::........}|   /     /
  丶             V:::::::::::::::::::::::/ //    /
   `            \_:::::::::::::::ノ        ∠
     `              ̄ ̄      /
        `ノ` ‐ - _``ー- -‐'"´_ _ , ´









               .:.:.:.::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :三ミ、::::: :.
                   .:.::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.::.:.: :::三三ミ、::: :
      ――――--、_,.  |! .:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::三三ミ、::: :
      _       j! |!::::::::::::::;;;/::::::::::::::::::::::::::::::三三i::: :: :    写真一枚と人の命の重さなんて、
.      /:::::::::\        ノ!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ三|:::::: :      秤でも持ってきて測らなきゃわかんねぇのか!?
    /:::::::.:.: :       '´ :::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.: : : : :.:.:::::i:::三|::::: :
.    l::::::::::0j  l |!     .:.:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:   .:.:::::l|:::三!::::: :
   | ト、:::::::::::::;イ j!      .:.:::::::::::::::::::::|!::::::.:.: : : :.:.::::ィ' ::三|::::: :
    ヽ `=ニ二_ 〈      .:.:::::::::::::::::::::::ノ  _二ニ=-' /彡三|::::: :
   >`ー―-、 `i!      .:::::::::::::::::::::::::::::/ ,.-―‐''´<彡三!::::: :
      / ̄     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::三三三|::::: :    どいつもこいつもバカにしやがって……
       |! |     /::::::::::::::::::::::::::',/:::::::::::::::::::::::::',:::三三三|:::: :       あのババアに味方しやがったあいつら全員もだ!
      ノ ト、    !:::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::ヘ::三三三|:::: :
.         |:::\   、:::::::::::::::::::::::人:::::::::::::::::::::::,' |!:三三三!:::: :
         |,.ヘ:::` ー-ヽ . _ .. ':::::::::ヽ . _ ..::::': |::三三三!:::: :
        l_へ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,ヘ/ .!::三三彡':::: :
.          ヽ/^l-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ-/^l/ :::三三彡'::: : :
.            `゙''ー―――――――― '´::::::三彡'´::: : :
          .:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::三三彡'´::: : :
         .:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::三三彡'´:::: :

968 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:22:19 ID:lrvRPmx60
周りのモブはおろか主人公までこんなんかよw
もう女の子だけが癒しや

969 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:23:26 ID:.mkytmVQ0
まあ、このやる夫は成長する可能性も…………
軍に入るにしてもどんな理由で使命感をもつのかが…………

970 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:23:37 ID:QPdJKko.0
※ ごく普通の神経の持ち主ならだいたいヤケになります

971 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:23:42 ID:/jPzJpFg0
やる夫がキレるのは仕方ないんじゃない?
現状のやる夫視点だと写真がないとゴネてる女探して死地に追いやられたって状況だし



973 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:24:21 ID:ZLCmUy4g0
だ、大丈夫だよ!? 主人公だから! 主人公は砕けないっ!




                        _
                  ,.. ─  ̄   ̄ ─ 、
               ,.‐ ´              `ヽ、
             /                i   `、
           /        ヾ    〃 ゙̄  ii    ヽ
          /               {{    ,..、ヽ、   ヽ
          i         \      ゞ  ヾツ ,}ヾ、, 、 ヽ
         i                  ,. -‐'"   `'   /1
         i           \    /           {)
      / ̄⌒''''''ヽ、      \     i、        /   K i    てめぇら全員、自分のことが大事なのか?
     /         `ヽ、        /ヽ、     /'i    ヽ' i       そんなに自分の命が惜しいのかよっ!
    /             `ヽ、    /: : : : : `─'''´: : : : 、    i i
    /                ヽ、  /: : : : : : : : : : : : : : : /'‐--'´  i
   i                   ヾ: : : : : : : : : : : : : : : /      i  人の命は写真以下とでも思ってるのか?!
   i                    ヽ___: : : : : : : : 〃/     i
   i   、                 ヽ    `ヽ`ゝ' く    /
   i    ヽ               ⌒ ̄` ‐-、  `' __/   /     ふざけるなよっ、あの糞どもがッ!
   i  ─-ゝ、                     ヽ、 ___ -‐´
   i      ヽ                      ヽ、_ -- 、
   ハ      \    イ                  ヽ    ヽ、
 ̄: :‐ゝ、      \   '゙   /                ヽ    ヽ
: : : : : : : : ̄ ─-、  \  ヾ                    ヽ    i



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃目の前の少女だけにではなく、あの防空壕の中に居た教師やババア、
┃自分を身代わりにした男たちすべてに向けられたその言葉は彼にしか
┃分からない痛みだった……

┃その言い終え一息ついたそのとき、微かに少女の口元が動いた


976 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:26:12 ID:ZLCmUy4g0





        丿| .|/   | └// .i |{.ヒj心ミ、>     i    ./  '⌒  v.   /     ;
      /  | .|l   ノ // .< ヽ丶_彡ノ).  _  ,-、 丶  .' \`、 _     \    /    ごめんなさい……、本当に……ッ
     / / .l .||   \\ ` ` ~ ̄`.、i ̄ _. ' ./ \    \/ .)      ヽ  (_     ごめんなさい、すいませんでした
    / ,/  .i.∧    .`ー -- 、   |_ ̄_//   \   て \  _ _/_    ̄ `
  /    /  ノ ∧ _,、_)ヽ l ヽ  i `   |__/  i__l丶 \  ( \ \― 、  .)     ヽ ごめんなさい、ごめんなさい……
  |    ./ // そ'  | .\| > .|   |.  / ̄ ̄   丿  \__)      ヽ ,ゝ     ./
  ヽ  / / /    > 丶j,   i|  |    |ノ⌒j_f-'⌒)/ち f´ー          < \      /
   i .(  /  i.     |i      /て_    |       /  ( _i             ,ノ    (
  ノ   (  l     i|      >  ふ_ .人 ヽ,    (  弋`ー           /      )

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃彼の怒声の中で、ポツリ。

┃弱弱しい少女の声が激怒した彼の耳を通る



979 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:29:02 ID:ZLCmUy4g0

                        _
                  ,.. ─  ̄   ̄ ─ 、
               ,.‐ ´              `ヽ、
             /                i   `、
           /        ヾ    〃 ゙̄  ii    ヽ
          /               {{    ,..、ヽ、   ヽ
          i         \      ゞ  ヾツ ,}ヾ、, 、 ヽ
         i                  ,. -‐'"   `'   /1
         i           \    /           {)
      / ̄⌒''''''ヽ、      \     i、        /   K i     …………
     /         `ヽ、        /ヽ、     /'i    ヽ' i
    /             `ヽ、    /: : : : : `─'''´: : : : 、    i i
    /                ヽ、  /: : : : : : : : : : : : : : : /'‐--'´  i
   i                   ヾ: : : : : : : : : : : : : : : /      i
   i                    ヽ___: : : : : : : : 〃/     i
   i   、                 ヽ    `ヽ`ゝ' く    /
   i    ヽ               ⌒ ̄` ‐-、  `' __/   /
   i  ─-ゝ、                     ヽ、 ___ -‐´
   i      ヽ                      ヽ、_ -- 、
   ハ      \    イ                  ヽ    ヽ、
 ̄: :‐ゝ、      \   '゙   /                ヽ    ヽ
: : : : : : : : ̄ ─-、  \  ヾ                    ヽ    i









                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
          ./      U       \
         , '     ___ノ  ヽ、 __ .ヽ
        ./    (  〇  .)  ( 〇 )  '.,       あっ……やべっ
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
     . .,'                        .l
       l   U.    (     人    .)    .l
       .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
     .   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
          ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃しまった、やってしまった

┃頭を支配していた熱が急速に冷め、代わりに氷板でも流し込まれたかのように背筋が冷たい……

┃青年は自分がしてしまったことを理解した。 が、もう遅かった

┃目の前で少女の涙ぐんだ声が聞こえ始める


984 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:31:15 ID:ZLCmUy4g0
せんせー! やる夫とスレの皆がきらきーちゃんを泣かせましたー!




               _  -― …   __
              ´     _       ` 、
           /   , '            `--、  ハ            ごめんなさい……ごめんなさい ごめんなさい
          ´          ―        `rム、ミ、           ごめんなさいごめんなさいごめんなさいっ……
         |i /     , '          \<Y薔゙ハ  |、
         ,  (  /         - ´    て ヾv, .| ';         私はただっ……写真を……ヒック
        /  ハ  --―           ヽ ハ ) リ |丶
       i ,rvイノ.、   ,        l     丶 | |Y   i| j         家族皆の写真を失くしたくなかっただけで……
          |i フ廻 リ.  /          | , ヾ i  | |i , --、L ̄.ヽ
          |i、Y ´./ i|        |  | .|i  | .i i´ `l i |っ. \ 、_ __    本当にっ……そんな気は無かったんです…
        |i.ノ  i|  .|    | |  )) | il | j__| (´、`i    Y   il.    \ __
         |  i.).li、 .| l  i| l | | il(( |./li |/ ,;ィ=- ヽ)'.    / _f⌒丶r⌒i     \   ほ、本当に……ごめんなさい……!
         l| l _.| i |.| ノ~)、r‐及リ  彳' ´  /    ./  i ヽ  l| / 、    ヽ
        丿| .|/   | └// .i |{.ヒj心ミ、>     i    ./  '⌒  v.   /     ;  許してください……
      /  | .|l   ノ // .< ヽ丶_彡ノ).  _  ,-、 丶  .' \`、 _     \    /
     / / .l .||   \\ ` ` ~ ̄`.、i ̄ _. ' ./ \    \/ .)      ヽ  (_
    / ,/  .i.∧    .`ー -- 、   |_ ̄_//   \   て \  _ _/_    ̄ `
  /    /  ノ ∧ _,、_)ヽ l ヽ  i `   |__/  i__l丶 \  ( \ \― 、  .)     ヽ
  |    ./ // そ'  | .\| > .|   |.  / ̄ ̄   丿  \__)      ヽ ,ゝ     ./
  ヽ  / / /    > 丶j,   i|  |    |ノ⌒j_f-'⌒)/ち f´ー          < \      /
   i .(  /  i.     |i      /て_    |       /  ( _i             ,ノ    (
  ノ   (  l     i|      >  ふ_ .人 ヽ,    (  弋`ー           /      )

985 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:31:22 ID:jF2bTMwc0
キレ方からの冷めっぷりがなんというか本当に生々しく普通だなw

チッ・・・

986 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:31:23 ID:uBSyJ1c60
>>980
痛めつけるのが目的ではない。驚きと痛みと恐怖に悶える女の子が見たいだけなんだ
そしてそれを見れる最高のタイミングは今しかないんだ!

987 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:31:52 ID:LJjylEw20
冷めたか……

989 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:32:48 ID:0GzF1A620
嘘です!全て嘘です!
主に泣かせたのは七色君です先生!!

990 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:35:09 ID:Ok1gNrnw0
賢者タイムか



991 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:35:48 ID:ZLCmUy4g0
今から淫夢ネタ禁止ですよ……



    ,´, -‐'こ                     、ヽ ヽゝ=イ_ノ ヘ.   ,
   __ノ 公  ト  ,           ヽ        ヾヽヽ(三ソ   ヽ  i
. /て、l Lソ メ、/            , ',ヽ   ! ヽ 、ヾヽ ', f{  i 、 ',.|
|  / |  '´/ /   /  i  / ,' , i l ', ヽ  iト、 ', ヽ ヽヽ'! '、、 ||  l !    ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
 、 / `> / / /   l   / '  ! | l ト、 l| l,  li l ヽヾ!  ) ! l   l |
  ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|  本当に……すいませんでした……っ!
  ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!(| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |
   ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l,,ヽー冊―代, ハ メl |  l,/ ,'| l|
   l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', , ' !,'li llV)/ ヘF/l/ l |  / / l l|   ごめんなさいごめんなさい……!
   | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨ `.\il__ /}リ/ノ l , -┼y' l|
   | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j '    _ 彡==、イ/ /ん/  / /}  |、    謝りますから……怒らないで……
   |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ      `"   。○ /ソ |' /`ー;' ,'| ハl
    '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7         。 ' ,' ハ/   l / 、 / l|    何でもしますから……ごめんなさい……っ
   ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     、    o  ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
  /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´                /´l|//イX!  |   (_土--― 、
  ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、   r⌒  )    /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
. / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ ヽ    ー    /イリ / ル八/|/ ナ´   ',   r
/   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`  ヽ 、、_ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「 ̄´
   ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、
  ハ   、 、; 、|l メ、 l ヽ ヽ ゝ-‐'   ̄了:.:.:.:.:.ノ |  /、   ヽ     メ、








            _,,..-―――‐-..,,_
       ,,-''´              `ヽ
.    /     u          u ヽ、        ご、ごめん。 君に対していったんじゃなくて……本当にごめんね!
.   /| | | | | -..,,_       u   __  '.,
   /| | | | | |     `゙''‐' ′ ヽ-'"      ',      (何やってんるんだ自分の馬鹿っ! 相手は年下の少女だぞ!?)
  ,'| | | | |.|≡=-.,,_  .三三三 _,,..-=≡  ',
  l.| | | | | |   . `゙ .三三 "´  .     l
  |.| | | | | |====≡ 三三 ≡====  |
.   ',  u | |     /       ヽ      .l
.  ヽ         {     ,.、   }     ,'
    \      ゝ-ィ´ `"j-.'′ u   ,.'
      `'',-..,,       |.r-‐''"     ,,..-''
      /  `゙"''―‐.U――― ''"´ヽ
     ./                 ヽ
    /                  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃明らかに年端もいかない少女を、男が一方的に言葉の暴力で
┃叩きこみ、挙句の果てには泣かせてしまう……

┃明らかに男としては最低の部類に当たる行為だった

┃そして、それが幼い女性だとなると、なおさらである

┃心が痛む……主に良心と言われるべきものが猛烈に痛み出した


994 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:38:50 ID:ZLCmUy4g0
                  ,.. <   ̄ ̄ ¨>ミソ>.,__
                ,."          {{ヲイ下》У  .}
            ,.,._/r=           ーケミ辷ソノ  .i
         r= /ィえフ,イ                ̄て¨   :|!
         | {./イ八ノ   ,      i        )  .:|ハ       だ、だって……わたしのせいだって……
         | 升ソツ    i        |        ',    :|八
...         ィ" f!.        |  |     | |  i    ハ .   |  \      何度も何度もそういうから……私……っ!
       / リ ,'.|  l      |  |   i  .| | .._l ! i     iff  |   .ヽ
.       / // .,'k|  |    :|.ノ |_ | . l  .| | `.ト⊥!_  ! .从   .ト、\
      {.:{/  .i  ! :| i  _/  i | 八 .ソ ,ィ7だ示抃  ,' / ∧  ∧ ヽ ヽ   本当に……ごめんなさい……!
.       |/   | :|  ! !  てr上.从 :::::::::::: { ! t{i}j i从 / { ." ∧  ∧ ヽハ
      У  :| :|  ! !  イ{彡示Y}!::::::::::::::: ゞごつ' ./  ,'  i  ヽ  ∧ ハ .}  私の……っ、せいでっ……
       /     :| :| . 从从抃! 下ツ/        ; '   ,'   |    ヽ .\ リ
.      /    八| :| /   乂八ー弍″   '     u イ  {  ハ    \ .>
   .イ    {  ヽУ/  入  ヘ   }   (⌒)   イ   |  :!   :i   ,   ハ
   { i i   |     / ./   } ヽ>:...... __ _ / | i:...:|  :|:.  八   ト、.  i
   | | !  !i   . / ./  .ノ    Y⌒Y⌒Y⌒v^Ⅵ | 八  ヽ    \ ! .ヽ :!
.   ', .',   .ハ ./ :/  イ     ノ  {廴 ィ ソ .{rt八  ヽ  \   乂  }.ノ
   ヽハ    .У  { ,イ    ノ ノ  廴// {__r-v ⌒}iト、    ヽ     )  八
   イ川   (    {!   /     ノ/>> X<<} い     }  Y  ノ
 / /.小ヽ  .ヽ  八  /     rtソ {_,イ     .>} ソハ     ノ   i く
/   .乂  }  人   {    ,rt=イ }廴ノ⌒Y⌒Y⌒廴_ノ         ノ







.          ,,..-|''|"|´| ̄ .`ヽ、
       /  | | .|       \  て__
      /  u     __ \      ヽ  (´
     /       .γ´ `ヽ.`   _,,.- ', ζ     違うんだっ! 少なくとも君じゃなくて防空壕の中のあいつら
    ./    u.   ヽ,.-''"    ./⌒l     に向かって言ったのであって、今思い出したら君は関係ない無実だったよ!
    .l            l      ,  `ヽ|
     ',    u     /ヽ--‐''"\  丿              だから気にやまないで、ね?
     ',         /::::::::::::::::::::::::/"´ .|      ,-,.-,-,
     / ,,..-‐--..,,_ l ::::::::::::::::::::::/   /    lヽ/ / / /ヽ      お願いしますから泣かないでください!
    /       `"''-.,,   .''´,,..-''´     ./       /
 ./               \ ̄       /       /
../                \     _,,.-''´     /                     うっ、ふぇぇえ~~っ!>
/                   `''-''"       ./
          ̄`''-,,_             /       本当にごめんなさい! お願いだから泣き止んで!
              `''-,,        ./
               / `゙''‐---‐''"´






うん、きりがいいから今日はここまで……

995 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:39:46 ID:3skc2fRc0


996 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:40:14 ID:LJjylEw20
っ乙

997 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:40:15 ID:j9qI5KnsO



1007 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:42:11 ID:ZLCmUy4g0
どうだっただろか…… >>1的にはとても素晴らしくイチャラブが表現されていたと思うんだが……

1008 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:43:02 ID:.mkytmVQ0
まあ、出会いとしては割と王道かな?

1009 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:43:08 ID:j9qI5KnsO
そういやこのスレの>>1000安価ってどうなってるの?
誰も>>1000の願い言わなかったけど、無いってことなんかな?



1013 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:45:10 ID:ZLCmUy4g0
あぁ、1000か……

そこまで無茶な内容じゃなければかなえてあげたいんですが……

皆さんいります?

1014 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:45:39 ID:xsbaprqY0
欲しい

1015 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:46:20 ID:.mkytmVQ0
欲しいけど。
無理して破綻することもあるからちょっと怖い

1016 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:46:35 ID:twuYcjC.0
欲望のぶつけ合いになるだけだろうし正直いらないかなーとは
精々>>10000で1スレ1回だけキャラリクとかにとどめないと収集つかない気も

1017 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:46:45 ID:3skc2fRc0
いらないんじゃないでしょうか?
>>1000の狙うの○○キャラ出して~とかしかなさそうだし

1018 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:46:48 ID:j9qI5KnsO
自分はやって欲しいな
次の>>2000からで

1019 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:47:17 ID:QPdJKko.0
無理なら無視する、拾える物だけ拾うでよかんべー

1020 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:47:30 ID:LJjylEw20
欲しいけどまあ>>1次第で



1029 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:51:17 ID:ZLCmUy4g0
そうですね……とりあえず1000は↓5~10までの間で採用できそうなのを選んでいく……みたいな形でいいですかね?

私のスレだとどうしても叶えきれない要望の方が多いと思うので……

あまりはっちゃけた事は書かないでくれるとうれしいです……例えばだれだれとかとのイベントが欲しいとかそんな感じで……

ムリだと思ったら無しの方向で……キャラリクエストは10000だけで取る事にします……

1030 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:52:48 ID:j9qI5KnsO
okok それでいいよ!

1031 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 22:52:51 ID:3skc2fRc0
了解



関連記事
  1. 2013/04/23(火) 23:40:29|
  2. やる夫は欧州で試されるようです
  3. | コメント:0
<<【欧州】プロローグ07 | ホーム | 【欧州】プロローグ05>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyarusp.blog.fc2.com/tb.php/297-1df8b85e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)