FC2ブログ

やる夫まとめに挑戦

俺の姉と妹が優秀過ぎて人生糞ゲー 14

5389 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 21:50:37 ID:PyJ5mWCg0 [4/24]
下2~8  1.糞ゲー
       2.猟師

5391 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 21:50:46 ID:0HMzflDw0 [3/7]
糞ゲーも気になる所で切れたからなぁ

5392 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 21:50:59 ID:SyRKKXr.0 [6/23]
2

5393 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 21:51:04 ID:0HMzflDw0 [4/7]
1

5394 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 21:51:08 ID:sVM3e.lk0 [2/6]
1

5395 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 21:51:09 ID:cU6E/L2c0 [2/6]
2

5396 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 21:51:10 ID:uXc3njDw0
2

5397 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 21:51:15 ID:/UbzoC3Y0
1




5406 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 21:58:38 ID:PyJ5mWCg0


              _     ト
              ⌒\:.:.\ |:.l
          ___\:.:.V:.:L -――-
           /:.:.:.:.:.:.-‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、  __
        ⌒ ̄/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:〉⌒:.:.:.:.:.:.:\
            /:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.⌒:.:.:.:.:.:.-=イ:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:ハ       ねぇ~、いいでしょ?
        ./:/′:./:./:.l:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.-―「|ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       // /:.:.:./:.:.:|:.:ハ:.N:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:. |:.:.:.:.八|//.\:.:.:.:.:|:.:.:.:.:i     一緒に夏の祭典に行こうよ~♪
        |′|:.:.:/ |:.:.:|:.| ト| |:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:∧//.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|
            |:./ l|:.:.:|:.| |/ 〕ト|:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.|:.:.:.:./:.:.|//.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:|
            |′ 八:.:.N =ミx ヽ: |:.:.:ハ:.|Y:.:.:.:.:∧//.:. |:.:.:.:|:.:.:.:.′
                 ノ    `′ )|:./:.:||ハ:.:.:.:./:.:|//.:.: |:.:.:.:|:.:.:.:|
                ヽ_ _   /ノイ:.:厶イ:.:.:.:.:.:.∧//.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:|
                    ー'    /:./  ゙ζ:./  V//:|:.:.:.:|:.:.:.:|
                 八 __ /:./    >┐  ∨//:.:.:.|:.:.:.:|
                     /′/へ   x彡"/二〕 V//:.:.|:.:.:.:.|
                       Χ" //l|ニ\ V//:|:.:.:.八
                        〈 У'/   l|ニニ\ '//:.:.:.:.:.:.ハ
                    x〈/ / |-―‐|ニニニ\/,:.:.:.:.:.:.:.|
                  //′/|ニ|――「 \ニニヘ/:.:.:.:.:.:.|
                      〈/ /ニ〃ニニニニニヽニニヘ/:.:.:.: |




先輩のこびるような声に青年はたじたじだった。若い女性特有の抗い難い色香に惑わされたわけではない。
彼ぐらいの年ならばそういった性欲云々を考えないわけではないが、少なくても……女性をそういう目で見るのは
あまりにも環境が悪かったといえるだろう。

喫茶店での仕事が終わり、閉店作業もひと段落した後、高町のもたらした提案に彼は頭を悩ましていた。

夏休みになったらどこかで大きな同人誌即売会が行われるらしく、要約すれば彼に変装して参加してほしいとのこと。

5410 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 22:03:02 ID:PyJ5mWCg0
                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }      衣装まで用意する夏の祭典ですか……
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |








         /   ,              --     ヽ
       ,'    /   /            、 i   、  \
        i    ,'   / / / / l   l ∧ 、   ヽ| ヽ ヽ__\
         |    i   i// i  i | /! i } i|  ', ‘, ヽ ヽ  ̄ ̄
         |    |   | i | ⊥ l / | |  | | | i  }!  ‘, ',
         |   |  i|    T丁 | 丁/ l/`l l  才l-、} ! ii  ! ',  }          あ、それは隠語でね。
         | | |   |    | |,イ芋圷ヽ|  リ /,イ心|/ /〃  i| i i
         | | l / ヽ   | 《 {:::: : | }    l ら}/// / }   ! | /       普通に言えば同人誌即売会、でも規模かかなり
         | | ! { |   |.! 辷zシ ム‐=‐{ ヒリ / | i  ! /  リ
         | | ,' ヽ !   i|ヾー‐=-‐'     `ー‐'! ! { l/         大きくて、建物丸々ひとつ借り上げて行われるんだ
         | !  / i|   l            ,  ,' lヾ、/
         | / / /|   |       r‐ァ      !
         |/ / / |   |>    `´ イ |   l           _
       ,′/ / ll   l   >t- イ |  |   |          /ノ
.      / / /  | |    | ――-|ゝ/ |  |  |           /../
     / //___/ l l   lヽ   l l\ ! l  il     r-、. ./../
     / /____/ !   ! \  !ヽ/!: :| |  |     .l ./^ヽ./
    ,'/       |   ヽ ヽ| / / |: | |   !_    |/ /⌒ヽ、
    /       /::!    \ヽ /ヽ| | |  ヽ /|   .|(_/ /⌒ヽ}
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/:::::::ヽ     ヽ  | | |   ヽ|     .|.`Y A_ ノ、

5411 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:03:22 ID:q6rNzkDI0 [1/5]
姉妹から少しでも逃げれるで ^^

5412 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:05:17 ID:HKPik6ao0 [3/16]
行ったら姉妹から逃げれるしね

5413 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:06:50 ID:/UbzoC3Y0 [8/14]
逃げられるのかねぇw

5414 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:07:35 ID:DiMoQF2M0 [2/7]
それで逃げられるんならとっくに逃げれてるんじゃ…www

5415 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:07:58 ID:SyRKKXr.0 [8/23]
なのはたちのだれかがいきなり怪我を負ったとか
行方不明になったとかで中止になっても驚けんぞ



5417 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 22:09:37 ID:PyJ5mWCg0 [7/24]
                   , '´ ̄`ヽ、
           _,.. - ―- 、._/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
    -ニ二_ヽ、,.:'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,
    , -' ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
   /:.:,:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:、:.、:.\:.:.:.:.:',:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',         あ、もしかして……そういのって駄目な感じかな?
.  /:.:/:.:,:.:.:.:l:.:l:l:.l、ヽ_ヽ-ヽ_}:.:l:.:.:l:/:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  l:.:/:.:./:.:.:.:l:.:l:l:.l,.ヽヽ'行示!:.l:.:/ヽ/:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  |/|:.:.:l:.:.:l:.:.',:.:'´,=、   込ソ从/:lノ:/:./ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    ',:.:l、:.:.l、:ヽ∧ゞ'     '´j:.:l、,/:/   \:.:.:.:.:.:.:.::.:.ヽ
    ヽlヽ:.lヽ:.l 八 ` _   /:./ ` '、     ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      \ ` l:.:l`ヽ、_,.-、イ:/-‐=-、     \:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.           |:.:l  /:::::::::ヽ`"'-―=`-―--、  ヽ:.:.:.:.:.:.::.',
           ゞ、 l::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ヽ:.:.:.:.:.:.;
            |:::::::::::/´|ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::,l::::}   ',:.:.:.:.:l
          /´`/::::/ /   \::::::::::::::::::/ |:::::|   l:.:.:.:.:|






                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ       拒否してるんじゃなくて、そういうのに疎いだけです
             ,'           l        ヽ
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、    漫画とかはあんまり読まない生活なので……
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨






過去、彼の生活は単純明快極まりないものだった。少なくても寄り道などしている暇など一切ないほど。

今までの教訓として、時間というのは万金をつんでも買えないことを知っていたし、いくら時間を費やしても才能には
勝てないことも、同じぐらい身にしみていた。

透き通ったグラスに注がれた水を飲み干すと、目の前の先輩方二人に対してどう返事すべきか一考するが……

5422 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 22:18:15 ID:PyJ5mWCg0
                      /                 ヽ
                       /                   '
                      , ,                 ',
                 i ゝ ̄ ''ー-                !      ……そうか、もう夏には何もないんだよな
                  {   {__  ヽ  J           }
                     ',   マj  ̄ノ           /
                  ゝ  `   ´           ∠ _
                  { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
                    ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
                        `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                             j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                              /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                          {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                             !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                            |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                           |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                               }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                             !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                             /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !
          _                   {     ヽ:::::::,.ィ´::::::::::::::::::|  |          |
         ,.ィ:::::::::>..               ! {     `フ´::::::::::::::::::::::::!  !          |
       /:::::::::::::::::::::::`''ー-- ==..,, _,.rー'| i {  {. i'::::::::::::::::::::::::::::::!  !          |
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ| i  ! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::|  |         |
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ.ゝ. ヽ.ノ::::::::::::::::::::::::::::!  !          |





彼は二つの椅子の間に落っこちている。姉妹から逃れる手段として陸上部を自主的に退部――少なくても彼自身はそう
願っているのだが――自分を束縛するものから解放されると同時に、それまでに費やしてきた時間すべてを持て余して
いるのだ。ちょうど、生真面目なリーマンが会社をやめると同時に白けるように……

もはや夏の大会など、シャーロットがいれば全国は堅いだろう。他人の褌で相撲をとるのが大好きな陸上部の監督が
そう豪語するのだから部員一同は燃えているに違いない。彼の心は氷のようにどこまでも寒く、透き通っているが。


受けてみるのもいいか。彼の脳の何処かがそう囁いたのか、彼自身もわからなかった。


夏までまだ時間は有り余っているし、何か不都合があれば……断ってしまってもいい。




下2~8     1.承諾する
          2.考えさせてほしい

5424 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:18:40 ID:5P9seYlI0
1

5425 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:18:50 ID:A7qlRQDw0
2

5426 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:18:52 ID:jnS6fubo0


5427 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:18:53 ID:HpxtRM6.0
1

5428 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:19:04 ID:/UbzoC3Y0
2

5429 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:19:13 ID:SyRKKXr.0


5430 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:19:31 ID:DiMoQF2M0
2



5437 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 22:24:13 ID:PyJ5mWCg0
                      _
                  /:/⌒
              .-――-. . 、l::::/-‐:  ̄ ̄`ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ-==ニ ̄`\   モッタイナイノー
          ィ::i´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     //::l::::l:::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::\
   /  i/:/::::::i:::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::l:::::::::::::::\ヽ:::ヽ
  /     /:::i::::::::::」_:⊥斗ハ´:::::::::,イ::}::::::l:l::::::ヽ:ヽ\l      うーっ、せっかくカッコいい顔してるのにー……
  ヘ   {ハ!: ,イ|/ |/  ヽ::::/ |/`ヽi::::l:::::::::i::::l  }
 /:::::l∨    ∨: {  ○   ∨  ○ /::::l:/::::::l:::l
 {::::::l: ∧     ∧:人。 ゚       ゚c //:::::::ハ::l
 l::::::ヘi     i: :ハ'///////,} / |:::::/ .}/
  l:::::::|     |\N            i  ':/  ヽ
  l:::::|     |  /´⌒ヽ、       人        i\
   ヽ:!      i (       ̄`ア イ/`      / : :\
    |     |⌒ヽ――┬―く  :!       / : : : : \
    |     |`‐=ニ‐rゝ_7ィ,/゙i\    / : : : \: : : : : :ヽ
    i    ∧. : イ、.`〈 只l '‐‐r \ヽ/\: : : : : : \ : : : ::l
    {      ̄> \l;:;:;:ヘr 〈 ィ/    \: \: : : \: : :|
    ∨     .\_  \;;;;;l lヘ/      \: \.: : :|: : |
     .V   / .、,r' ´ン、  \l lヽ        |: : :|: : :|: : |








                         -‐ ──  ‐-        x‐===ー-
                /                 \  ./ >' ´
                  /                    ` ' ∠-`ー- 、      ノ
               /   ./   /          、  、     ` ー一 ツ
                ,'.   l    l l  l |          ヽ \ __,. -<      あははは……仕方ないよ
                 l    |    | |  l | l ハ l |   }  、 ヽ
                  |    |  斗l十=ト、 | l l l |  l  l  ヽ ヘ        ちなみにね、コスプレしてるとカメ子さんって
                  |    |    |,z=-ニ._ハ | l | ヒ.Tト、|  |、   ハ l、
                  |   fヽ|  V {f゚仆リ `λ| リz-、j リ  ハ  } l |'       カメラ持ってる人たちに写真とか撮らせて
                  |. { (|    | 辷 ソ     ム゚::ハ}  / λ: l∧ |      とかいわれるし……
                  |.  ヽ|   |` ̄       うソノ .ノ  l  ! |  l|
                  |    |   |      ,  ` イ´ |  | ,ィ: j
                  |   |   |   r- ァ     ノ  ト、 |' レ'
                  /     λ   l   `´   /   l/ `
               /  j_ 斗{ .|   |.`ト、    イ  |   |
       _,, -=二¨ ̄| : : :.∨|   |\_| \ l | |   |
    r<          |: : : :.ヘ|   |  ̄ ∧  l\ ,|   |
    |  `丶、       |: : : .: :|   |、> /小  l: :.`|   |
    |     \    |.: : : : |   | / >oヘ |.: :│   |\
    /         \  │: : : :|   |./∠/|ヽ|│: :.|   |∨|

5449 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 22:32:11 ID:PyJ5mWCg0
                 , -ー――-- _
       __ _/            `` 、
   -=二 _                ----、  ヽ
      -―  ̄/ ̄`              l   ヽ
     /  /   |              `、   l    ヽ
    / イ     レ′、  ,ヘ   、 \ 、`i、 l    |      性質が悪いカメ子だと遠慮なしに撮ってくるのとか
   l  |  /./l    | .l/  ヽ   }  i、 、ヽ l     |
   | /!  l ./,ト   | | l u  |  .l、 .ハl, ヽ丶     l     最悪、人間の壁に阻まれて籠の中の小鳥状態とか……
   |.l |  | ./|   | ||十|'    l .l !―| リ   ヽ| ヽ.   |
   || |  l | | | .||.|ハ| l|、   l/ リ i| |/ ヾ  |'  l   |
   `丶 li、.| | l  |l ○   u '  ○   l ./ |_  l  |    なのはみたいに撮られるのが大好きな変わり者じゃないと
     ヽ|、` 'ilヽゝ           u  // | ヽ l  |
        ヽ i、l,゙l、u            レ  | ノ l  |   コスプレイヤーは勤まらないというか……
        ヽ| l \  , --、- ,    u |  |   |  l
           |  ン'    ヽ   _ , r,|  l    |  l
           | /       、トニ ‐ ' |  |ヽ  l  l
           l i          ノ\  │  !: :|、、l  |
             /"l       ,,く /,ヽ /  /: /: :`. .、 ヽ、
         /: : :` 、    ノ\o,r' `/ /:/: : : : : : :`.  ゝ







                       , -----、
                  ___〃:.:.:.:.:.:.:.:.:i
              ,  ≦:.:.:.:.:.:.:.:.<:.:.:.:.:.:.:.:.:.| -====―
            ,〃ヽ:./ヽ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:/:.:― 、
          , ′|:./:.:.:.:.:.:/:.:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ 、:.\  リリカルマジカル♪
          /:.|:.:/:.:.:.:/:.:.:/:.:.:./:.:!:.:.:.:.l:.:.l:.:.:.:.‘,:ヽ:.:.ヽヽ:.ヘ
            {:.:.:.//:.:./:.:.:.:i:.:__廴/|:.:.:.:.!:.:!:.:.:.:.:.:.}:.:.:.',:.:.:.',  \
          |:.://:.:.//:.イ|__|:.{ `:.:.:.:l┼、:.:.:.:.: i:.:.:.:.i:.:.:.i      そうじゃなきゃ魔法少女コスプレイヤーは務まらないの♪
          |〃|:.:. i:.ト:.:|イ斧7ヽ|:.:.:/,≠|:`:.:.:.:.:l:.:.l:.l:.:.:.!
          ゝ:.:l:.:∧{:l:.l 弋::ソ il/チら }:.:.:.:. : !:.:.|:.|:.:/
            ヽ:l:.l/リ:マ{ //// / 弋,' ,′:.:.:./}:.:,'リ}:/
                ゞ{:.: : |ヽ      ` //:.//:./ ,':/  ′
             !:.:.:.|     `l 7{ヽ/〃/:.//|
                 /ヽ{  ヽ    `イ\\:.:.:./:.:.|
               ∧ \`    7≠―/:./―‐ ヽ:.:.!
         ,x ≦:::} ヽ `ヽ-≠、 ', /ヽr ´   ヽ
        〃::::::ヽ:::::::|  \   /ゝx、ヽ、 《 、    ヽ__
     /:::::::::::::::::',:::::l     ,ヽi /: ̄} `ヽ´ヽ、   / ‘,
     i:::::::::::::::::::::i:::亠---/   `ヽ::::i   |  `ヽ、    ‘,
     |:::::::::::::::::::::://    L___    `ヽ、/    ',  /ノ 、
     / `ヽ:::::::::::://        ̄ ー-- \     i//   ヽ
     {  }}:::::::::/ |  l    ―――  ` l    ,'/    / ヽ
     ゝ /::::::::::/ ト  ',               l   ノ:.ゞ         i
     |:::::::::::__i  | ヽ  ヽ        ―≠ T:.:.:.:.:ヽヽ     /
     |:::::::/   |  \  `ヽ--- ´   ο{  l:.:.:.:.:.:.:.:.`:―一
     | ̄     i|   /           |  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\




割り箸を魔法の杖のように軽やかに振り回す動作は慣れの一言だ。バレエのリボンのようかもしれない。

軽くポーズを決める高町。胸を張るような動作は、彼女の魅力である二つのふくらみを強調し、スカートから覗かせる
ふとももなど、確かにコスプレイヤー向きかもしれない。

なるほど。つまり、コスプレイヤーとは自分の体に自身がある人間にしか勤まらないというわけか。

5451 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:34:57 ID:NkYlxxT20
少女?

5452 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:35:19 ID:HKPik6ao0
少女?

5453 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:36:06 ID:vuTZ9TuY0
>>5451-5452
なんだこの肉片は…

5454 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:36:08 ID:5P9seYlI0
こんな見た目ですがまだ高……いや十分いてぇな



5455 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 22:36:56 ID:PyJ5mWCg0
                    ___
                  /        ` 、
               , '              \
                 / ヽ、     _,.. --   ゙ .
             /  _`__     __     ,
                ′  ̄ ̄        ̄ ̄    ,     あぁ、つまり先輩たちは――
               {  "'              、、 ∪ }
.            、     ゝ-‐ ー- '      /
            _> 、              /
                ∨/r v'´ ヽ _  「/7,<
           /V,l / \ V   」/////〉
.            ,.イ //Y〈_   ヽ.〉 く//////__
            /.:.|///ゝ、 `ヽ./ f⌒o 7¨´///}
            >、:ヽ/ ` `Y !  _! [`__'7´////,j
.      __ /   〉′j .イ /} } / _/ ∨//////,|
     / f´ | ト、` 、ゞ / { {//   У//////|
.     { l  | |  ` ー'‐ = Tl _  〈/>z/_∧,|
     ヾ.、 | |      二 l |   `゙` </_/_j
.          ` ┘^  .   二 //      /  ̄
                ` < {.{ 、 __ ノ









下2~8     1.痴女なんですね
          2.露出狂なんですね
          3.変態なんですね
          4.かわいい衣装が好きなんですね

5457 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:37:16 ID:SyRKKXr.0 [13/23]
2

5458 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:37:30 ID:sVM3e.lk0 [5/6]


5459 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:37:40 ID:5P9seYlI0 [4/6]
4

5460 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:37:40 ID:HKPik6ao0 [7/16]


5461 名前:安価のやる夫だお[] 投稿日:2015/03/07(土) 22:37:41 ID:mSQlleV.0 [3/5]
4

5462 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:38:01 ID:O8G4upPg0


5463 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:38:04 ID:ei7Y9/r60
4

5465 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:38:55 ID:ztHqunTs0 [5/9]
まろやかなのが4しかないぞ(戦慄)

5466 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:39:02 ID:vuTZ9TuY0
新たな地雷への恐怖が4を選ばせた…!

5467 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:39:25 ID:NkYlxxT20
なんて外面優等生な書き込みばかり…w



5474 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 22:43:27 ID:PyJ5mWCg0
                     __
                      ,ィ/
     , ィ:ヽ   , -ー―- .、//,..-ー- 、
   ,.:': -:-:、:ゝ ': : : : : : : : : : : : : : :-= - 、:ヽ
   |:/:,.イ:,.イ: : : : : : : :/: : : : : : : : : : :、: ヽヾ',
   |: ,' : /: : : : : : : : :/: : : : : : i!: :i: :',: :',ヾ: ',         かわいい服は女の子の唯一無二の友なの!
   |:,' : ,': : : : : : : : : !:!: : : : //,ィリi: :i! : ! リ     ___
   |': : :i.: : : : : : : : : i:i: : i: :/'./┃ i: ハ: :.!    /,イ',
   |: : : ',: : : : : : : : : i!、: i: ,イ.'' ┃ '、' !:.,′.  /イ  ! |
   | : : : '、: : : : : : : : :f´ヾ: :i    ,' レ    i    ',.|
   |: : : : : ヽ: : : : : : : ゝ._',: :',  i`,′   / ',    ノ |
   |: : : : : i > 、: :_:_:_/ ',: :',_.,.イ     ヽ ,′ i  !
   |: : : : : ! .r===ニニニゝー-.、        .,ー--.、イ´
   |: : : : : !/           ',     ,'.    `,
   | : : : : , i             ',.     ,'==== 、,'
   |: : : : :, .i.i       __     ヽ   ,′    ,'
   |: : : : , ,'ヽ、_ , <´  ヽ、、   ヽ_./    .,
   | : : : , ./ ./          ヽ`ー.イ ゙ヽ     ,
   |: : : :, / ./          ヽ    ', ヽ.  ,'
   |: : : :/ ./             !.\   i!   /
   |: : :/ ./        _ ノ   \   /
   |_,.イ         ,ィ'´       ` ー'
___/             /








        /           \
       /   /           ヽ  ニシシ
       /   /  / ィ /i    /1   、
       /  i  / ∠ム/_ |   // !   i
      ,'   | i  |/  レ  トハ/イハ.|   |      人、それを痛い奴と呼ぶ……
     ,  /^レ|  kィぅ≠z, 乂|  /ト|、 |
     ,   { rハ  |弋シ    リレイ_. | `/i |
    /   ヽr- ヘ !       辷癶,| / リ
    ,    |! ヘ       、¨¨ /ル
   /    ト 、 \  仁' _ュ   /
   /     |i: : :` v\  _ -‐'
  //     i |⌒: :-[  ̄
 イ     | |: :/ ̄ ̄:.ヽ、
  i  i     ! |/: : : : : : : : }
  |  |   人! : : : : : : : : 7
  |  | i i { |: : : : : : : : : 入
  |ハ ! | |ハ |: : : : : : : : :,': oヽ
  |:.ヽ! | | .リ: : : : : : : :/:.:.:.:.:.:i
  |: : ヾ j ノ: :!: : : : : : ::∧::::::::ノ




「あ、待って先輩!ゴメン、ゴメンってば!」

エイラは人をからかうのが趣味のようだ。すべての作業を終えると、一同は鞄を抱え暗くなって店先へと出た。

5476 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 22:50:42 ID:PyJ5mWCg0
                 /: : : : : : : : : : :ハ: ∧: : :./: : : : : `ヽ: : :`ヾ:.`ヽ
              /: :/: : : : :/ /ィ:廾:卞ハ: :/∨ハ: :ヽ: :.∨ヘ:.:.:.ヽ
                /: :/: : : : :/ /:/ xイ⌒ヾ ∨  }⌒}: : :i: : :i: : ∨:.:.:i     そういえばさー。明日って土曜日だよね
            /: : ; : : : :i: Ⅳ/ /てハ     /圷!: : | : :ハ : :.∨:.:!
            ,: : : :i: : i : |: Ⅳ ん⌒)ハ     弋_トハ:!:./: ∧:.:.:ハ!    やる夫君、お昼とか空いてない?
             i: : : :|!:.:.| :.ト:ヾ〈代つ:::ノ`      ノ  ∨:./! !:.:! :!
            ': : : :|\:\:.:.:\ ヾ'´       _   ∨ | l:.:′
               ∨ : ∨へ:.\:.::.二ニー      く  !   !: :! i/
             ∨ヽ{ し.:|:.:.:ミ           ;;    i :リ ′
                 ∨八ヽ !:.:.:i ヽ                 ハ
                |\:.孑!:.:..!  `  、  ...... . . .:.:.:.:.:.ノ:.:.!
                |:i:!|\ハ:.:.ヘ /        , <リ:.:.:リ
                |:i:!|:.:.:.:.:Ⅵ:ヘ         i   ノハ/
                |:i:!|:.:.:.:.::.∨:ヘ、、______j,___  /
           ,x≦三三≧x、、:/¨\\         /Vj、
        /三三三三三三≧、、  `\     /∧/ `\三三≧x
          /三三三三三三三三ヘ、    \  // :ハヽ、、\三三三ヽ








         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.          空いて……空いてますね。
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.
  {    "'`¨¨´           、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´





「明日さ、友達とコスプレ衣装に必要なのを買いに行くんだけど……お試しってことでね。ね?」


外出のお誘いのようだ。向かう先は秋葉原というところらしい。同行者は先輩の友人方……

目的は彼にオタク文化と馴染ませるつもりらしいが。さてさて。



下2~8     1.いいですよ
          2.あー、ちょっと。

5478 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:51:19 ID:5P9seYlI0
1

5479 名前:安価のやる夫だお[] 投稿日:2015/03/07(土) 22:51:20 ID:mSQlleV.0
1

5480 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:51:28 ID:SyRKKXr.0
1

5481 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:51:31 ID:NkYlxxT20


5482 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:51:32 ID:HpxtRM6.0
1

5483 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:52:07 ID:XCkRB9nQ0
1

5484 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 22:52:30 ID:A7qlRQDw0
1



5489 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 22:58:07 ID:PyJ5mWCg0
        ___,.ィ´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ `:\/, -――-、\
    ,  '´,.: :---‐ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : : : /∠: ――― 、::::ヽ
   /: :/: : :_:_; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : ::イl ̄\: : : : : : : \::l
  l/´,:': : :/ : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : :\ : : : : \:: ::l::|: : : : ヘ:: : : : : : : ヽ
    /: : ; ': :/ : : : : : : : : l: : : :l : : : \: : : : ヽ: :: : : :ヽ::∨: : : : : :ヘ:: : : : : : : l     やったー。それじゃ、現地集合ね
  /://: :/ : : : : : : l: :\\: : :': : \ :ヽ : : : ';: : : : : :ヽl::: : : : :: : ヘ: : : : : : : l
  /'  ,': :/ : : : : : : : l: : |  ': : : : :\ :\ ⌒゙ヽ\:.i: : : : ::ヽ: : : : : : : ヘ: : : : : : :|     明日の――
    ;: : ': :l : : : : : : :l : ::'l⌒、: 、 : : :ヽ _´ ___, | :| :j : : :l l:: : : : : : ヘ: : : : : : l
.    i: : l : l: : l: : : l: :ト、 : !,x=ミ\: : : ヽ 〃 ⌒^..|'イ: ://::/ l: : : : : : : ヘ: : : : : l
.   l: : l : l: : l: : : ': :l :l f〃ん(_ `ー--       |/: :/|イ    l: : : : : : :ヘ: : : : :l      (女しかいないのは黙っておこう)
    !: :ハ: :! : :'. : : ヽl:ハ.八 乂ツ        イ⊂二二二⌒ヽ : : : : : : | : : : : ト
    l: { '; '.: : :ヽ.: : :\:ヽ/ヽ.     ヽ     j_;.ィ: : r-y' / / \: : : : :ヘ:: : : : l
.    ヽ! ヽl\: : `ト、: :メ....ノ.    r‐一'7    | : :lヽ{./_/_   \:: : : l: : : : :l
.          ヽ : l / ./ \.   ヽ --'   / l : :.l   ヽ\_X   \´ ̄/ヽ| テヘペロ
            ,.\{  \ハ:.:.:| >-  . _ / /l : /-、  ヽ:::ヽ.\   >'´  ∧
        /    \.i |:.:.|:::::::l| >tく  |ヽ 〈l / :::::`ー、 \/`ヽ /  /:::::〉
       /     ノ_ ノ::.ヽ:|::::,イ「 冂 '" /  |:::::::::::::::::::::`-ハ__/   /:::::/ ',
     /|     /ー'::::::::::/ヽ.| ,ハ  ,/   ト、::::::::::::::::::::::::\___,...::':::::::/    〉\_
.     | ヽ、___f´_ノ |:::::::::::/   | /∧ヽ /   j  ヽ:::::::::::::/┌∨:::::__/    /!:::/
.      ト、_      _,l::::::::::/    | V V /  /  / \/ _l (_)_} ̄    /:::::{:/







          ̄二ニ=.、,  丶、  ―― __
         /     ` ー  ´       `丶、
       /      ,.へ          ー‐-、` 、
__ _,. ‐'´/      /                ヽ/ !
`ヽ、__/     /  / / / /            ヽ ∨ !
     / /  /  ,' / / / /  , ヘ、       ',   |     あ、あははは……
.    / /  /   l ,' | i_!__| |  | |__|_| !  |  i | |
    |イ  /   ' | !  ィ'∧ハ∧!  |,ハト、ノノ`ヽ  ,' | ,'|
      |   !  | .| |  N,            / / N |       (女性しかいないけど、いいのかな)
     '., ト、 l  | ト、  r ‐=ミ j__{ ィ=- 、//  ! |
.      ヽ|. \ト, |  ヽ| 、_  ノ  ̄`、 __ノ 7  ∧ |
           | |   ',      、       /  ,'   |
.            レ∧  ハ     r ァ  U /   ,    |
           / ',   ! ` 、       イ   l     !
.           |  !  |/く/ `=  - ≦=|_|  |    |
        -―――|  |/::.{  /^\.  } |  |`ー-  |_
     〃::.::.::.::.::.::.::.::.|  |::.::.::.| /\V/, |::.:|  |ヽ::.::.::.::.::.::  ̄ヽ
     ∧::.::.::.::.::.::.::.::./:| |.::.::.::Ⅳ/∧\.Ⅵ::.|  |:.',::.:.::.::.::.::.::.::./::|





彼はひとつ忘れている。彼女の通う高校は女子高であり、その友人というのは必然的に……

高町先輩は笑顔だった。それは、屑殺状に向かうトラックに載せられたことを、自分の運命を知らない豚を見送る
飼育員のように、どこまでも深く、冷たかった。

何気に、彼にとっては初めて。いや、数年ぶり外出かもしれなかった。

5494 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 23:01:11 ID:PyJ5mWCg0
























……………………………さて。

5501 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 23:09:04 ID:PyJ5mWCg0
                 ̄ ̄ ̄  、
            /           ヽ
――――...、 /   ι     -、     ,
::::::::::::::::::::::::: {-- __          ,ゝ、
:::::::::::::::::::::::::i:∨//≧=、     ゝ fツ  !
:::::::::::::::::::::::/i:::∨/////7、    ,     ヤ′
::::::::::::::::::::/::i::::::∨//// / u.  i      !
::::::::::::::::::::_メ::::::::∨/イ_/     `ー=ァノ
::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/>   __ /´
::::::::/::::::::::::::::::::::/_/     //
::/::::::::::::::::::::::/ 〈 ∨  /__/
'::::::::::::::::::::: /     ', }_/ i:::::〉
:::::::::::::::: /       Ⅵ   i::/
:::::::::::/         |i  〈/
:::::/    \      |  i
:.リ       \    }  ト--.、___
/        `丶__/   i:::::::::::\:::::::..、





逃避する時間は終わったのだ。青年は無視していた現実と向き合わなければいけない。

犬のストラップのついたスマートフォンはその存在を主張するように、彼のエナメルバックの中で沈黙していた。

忘却の仕様がない。むしろ、彼の疑問はバイト中だというのに時が経つにつれて、より疑心暗鬼に囚われていた。

これをどうするか? 夜道を歩きながらそんなことを考えていた。棄ててしまえればどんなにいいか……

いっそのこと、そこの排水用の溝の中に放り込んでしまうか? 悪い気はするが面倒という束縛から逃れられるかもしれない。

5505 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 23:17:54 ID:PyJ5mWCg0
              _    | | | | | | | | |
        _..-''''゙゙゙´   ゙゙゙゙'''ー,,、| | | | | | |
       /  :::::::::::::::::::::::::::::::::\  | | | | |
     /     :::::::::::::::::::::::::::::::::::`、. | | |
    .′      :::::::::::::::::::::::::::::::::::丶   | |         いや、高額な奴を棄てるのも……
   /  ∪       ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  i            ::::::::::::::::::::::::::::::::i           携帯ってのは大事って言うし
  !          >一 、:::::::::::::::::::::: !
   !     ∪   /__≦二_ \::::::::::::::::!
   \   _ 斗≦ ´ --  _`ーヽ::::::::::/
     > ´             `ミ丶、
  /                        \
  i   \                     \
  |    ヽ-―   ¨¨¨¨¨¨ 丁 丁¨¨  ‐-ヽハ
  |     丶 i        |  |      } i|









                 _______ ____
                /         (__ ゝ
              /           (___ヽ_
             /   ──     ──  (__ _ ヽ_     いや、なにを言ってるんだ俺は……
           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
          /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \    ただ渡せばいいんだろ?
          |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
          |       (    i    )       |三三)
          \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
            \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
             〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|






そう。渡せばいいのだ、持ち主は誰かなのかは分かっている(状況推測でだが)。とにかく、後は何か言われぬように手を

打ってしまえば、そうだ。例えば、電源を落としてさえしまえば何か突っ込まれても知らぬ存ぜぬを突き通せる。

なにより、心の安全が保障される。いったい自分が何に恐怖しているのか、そこは謎なのだが……

5508 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 23:20:51 ID:PyJ5mWCg0
           /⌒ヽ,      .,,;-―――――-;;,,
           |   {    /            \
           l     ヽ                 \
           \   ヽ          __._ノ   _〉
            }ヽ.   \    U  `i |;;;:::| i  〈{::} 〉          …………
       _,. -―‐く`      ヽ        ⌒゙''''''´" ヽ
       {′    i ヽ    }ヽ_      (,,__,,ノ!_ノ .|
       `ーァ= <  ,} 、  ハ!_        ̄ ̄ ̄  /
         {   { ̄ヽ  _> ´ r‐_)          /
         ヽr―― '´ ̄   /´   > .  `ニ´ ,.メヘ、
         /.{      __.. イ ,ハ\  \  ` ー‐ ´/\、 ヽ
         | ヽ. -‐ ¨´   ノ}\| > 、 ヽ    ∧ ヾi、 l. |
         }  ハ     ,/ ∧ヽ\ .ヽ ヽ   /  l  }il! } |
        ハ  ヽー、―--- '´ノノ ト、 ヽ          ,iリ/-{
        {    \\ _/イ .|ヽ.ヽ ヽ    l   ///ト、ノ
        `7ヽ、  ` =チ'´/ ノ
         /  {\__ ノ .ノ /





立ち止まって、手に持ったスマートフォンを睨む。講じるべき手段は幾つもあるが……


下2~8      1.電源を落とす
           2.交番に届ける
           3.何もしない

5510 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:21:22 ID:SyRKKXr.0
3

5511 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:21:24 ID:u2qzOkbU0
3

5512 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:21:26 ID:XCkRB9nQ0
3

5513 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:21:27 ID:18LzmYYY0


5514 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:21:30 ID:A7qlRQDw0
2

5515 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:21:32 ID:eWtLT1CY0


5516 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:21:32 ID:sVM3e.lk0
あえて3



5523 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 23:30:43 ID:PyJ5mWCg0
               _____
             /           ヽ
           /               \
          / 、                \       ……まぁ、なにもしなくていいか。
           /   `ー-               ヽ
           |  、__               |     女性のものに手を出して騒がれてもアレだし
         ノ   └┘ /              |
        (、      !_j              |
          {`ー-'                  /
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|







彼はバックの中に戻すと、家を目指し歩くことをはじめた。明日は先輩方に付き合わなければいけない。ともなれば
早めに寝て体力を蓄えるに越したことはないだろう。女性の買い物というのは鉱山で働くよりも重労働だとも言われるくらいだ。


そんな不幸な彼は、なんとも幸運なことに、家に誰もおらずとてつもなく静かで平和な場所だった。

母も、父も、姉も、妹もいない。夜の10時半を過ぎるころに皆がどこに行っているかなど、彼の知るところではなかった。

自室に入ると、しっかりと鍵をかけ、戸締りをした。半ば脱ぎ捨てるように学生服を床に放置すると、青年は安堵しながら
ベットにもぐりこんだ。

5524 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:31:49 ID:ztHqunTs0
こわい

5525 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:32:11 ID:vuTZ9TuY0
なんで誰もいないんだよこわい

5526 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:32:14 ID:DiMoQF2M0
一家揃っていない…何かあるな…ww

5527 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:33:21 ID:5P9seYlI0
ちゃんと枕の下にハンドガンを置いておけよ

5528 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:33:51 ID:HKPik6ao0
ほんと七色のやつすきだわwwww

5529 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:33:54 ID:A7qlRQDw0
完全にホラーやw



5532 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 23:38:54 ID:PyJ5mWCg0
        !
                   i                   l                  !       ||                 !
                   i         |                                ||                 !
                   i         |                    |                ||         |
                  !          |                 l|                ||         |
                   i         |                 l|                       |
                   i         |           !       |                       |
       |                     |           !                                |
       |                     |           !               i
       |                                   i             {     i
       |!     |                          i          i{
  |i      |!     |                 i!                  }}                   {
  |i  l  |!     |                 i!                  {{                   {
  |}  l  |!     |     i               i!                  }}                   {
  |}  l  |!     |     i               i!                  {{                   {
       |              |!              i!                                         {
       |              |!              i!          l                            {
       |                                  l                            {
    |                }                         l                            {
    |                }                         l                            {
    |                }        ||                                            {
    |                          ||                        |
    |                          ||                        |!
    |                          ||                        |!
                                ||                        |!




外から雨音が聞こえてくる。なんだ、雨が降っているのか……寄り道しないで帰って正解だった。


そういえば風呂に入ってなかった……明日シャワーで済ませればいいかなど考えながら
彼の意識は浅い霧のような場所から深い深い底へと、ゆっくりと落ちていった。

それに伴って、目蓋も閉じられていき、誰もが経験するように、彼もまた自分の意識しないまま眠りへとついたのだ。

5536 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 23:42:10 ID:PyJ5mWCg0
          |    |                      |    |、    ||     ||
          |    |                      |    | \ .:;, ||     ||
          |    |                      |    |  \ ::||     ||
          |    |                      |    |   ::\||   []||        ギシッ……ギシッ……
          |    |                      |    |    ::::\  `゙||
          |    |                      |    |     ::::::\ ::||
          |    |                      |    |         :::::\||
          |__|──────────────|__|         :::\
       __|\
      .__|\ \\
  .__|\ \\ \\
  _l\ \\ \\ \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  .\\ \\ \| ̄´
 ゙\ \\ \| ̄´
  \\ \| ̄´
   \| ̄´

5537 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:43:04 ID:XCkRB9nQ0
ヒッ

5538 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:43:08 ID:SyRKKXr.0
完全にホラーです。
しかも和系じゃなくて西系の

5539 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:43:11 ID:/UbzoC3Y0
ヒェッ

5540 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:44:06 ID:DiMoQF2M0
ホラーwwww

5541 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/07(土) 23:44:41 ID:vuTZ9TuY0
夜はホラーテイストになるのやめてwwwwww



5543 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 23:44:53 ID:PyJ5mWCg0
:::::::| :|     |                           ||           。。           ||
:::::::| :|     |                           ||         。   。       .||
:::::::| :|     |                           ||       。      。      .||       ドッ……
:::::::| :|     |                           ||     。         。     .||
:::::::| :|     |                           ||   ∫───────∫   ||
:::::::| :|     |                           ||   │              │   ||
:::::::| :|     |                           ||   └───────┘   ||
:::::::| :|     |                           ||                        ||
:::::::| :|     |                           ||                        ||
:::::::| :|     |                           ||                    ○  ||
:::::::| :|     |                           ||                        ||
:::::::| :|     |n_n ____                     ||                        ||
:::::::| :|    ,/◎ i `>_i  /|                     ||                        ||
:::::::| :|  / ` ̄ ´/_// |                     ||                        ||
:::::::| :|  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   |                     ||                        ||
:::::::| :|  ||´ ̄三三三`||   |                     ||                        ||
:::::::| :|  || /|二二ニl ||   |                     ||                        ||
:::::::| :|  ||─────||   |                     ||                        ||
:::::::| :|  ||l´ ̄ ̄Y ̄`l||   |____________.||_______________.||__________
:::::::| :|  ||l     |   l||  ,/
:::::::| :|  ||l___,」___l||/
::/ ::|/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::/


5544 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 23:45:16 ID:PyJ5mWCg0



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     ギィィ……
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

5552 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/07(土) 23:56:02 ID:PyJ5mWCg0







                      , -― … -、
                    /         \
                    , '  U         \
                  /      _ノ    ー- 丶
                   |      〈 ● 〉 〈 ● 〉 〉        (……隣の部屋か)
                   |          ̄      ̄   /
                 V        (__人_) /
                   ∧ ̄ヘ        `ー’ /
                   /::::::::::ヽ \     __/
              /::::::::::::::::::::ヽ. \_, -'´
             /:::::._:::::::::::::::::::ヘ  .>ハ
           /::´:::::::::::::`:::.、:::::::::ヽ/ ̄}
           ,::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ  |
.           ,:!:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::ハ´¨|、
            /i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::i. | i
         ./.:ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ、_::::::| } |,
         i::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::i / ノ
          i::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽi/
           |:::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           |:::::::::::::::::::入:::::::::::::::::::::::::::::::::::V'´




隣室の扉が開く。その音を聞いて、青年はベットの上で胸に手を当てた。深いため息を吐いたが、息は殺している。

彼が目を覚ましたのはまったくの偶然ではなく、廊下の床が軋む微かな雑音だった。緻密に作り上げられた脳みそが
一瞬で覚醒し、休止状態だった体に緊急事態と鐘を鳴らしたのだ。

だから、天才とまでは行かないが秀才である彼の思考は一瞬で状況判断に移る。

窓は暗いまま、微かに雨音だけは聞こえてくる。となれば、まだ夜は明けてない。

自分が察知した音の主は、すぐ隣の部屋……シャーロットの自室へと入った。となれば、間違いなく音を鳴らしたのは妹だ

確信はある。姉は他人の部屋に入る前に必ずといっていいほど、律儀にノックする。そもそも、「アレ」は誰かの居城に立ち
いるような性格じゃあないだろう。これは、父と母にも重ねて言えるだろう。あの二人なら部屋の前で声の一つや二つはかけ
るはずだ。はずだ、はずなのだ。すべては彼の17年にも満たない人生から導き出した経験。憶測にしか過ぎない。

5557 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/08(日) 00:04:28 ID:PbGDxUAc0
                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ
             ,'           l        ヽ
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨




今のところ、妹だと仮定してしまえば……もう問題はないだろう。

なぜ深夜に帰ってきたのか、どこに行っていたのか、両親や姉はどこにいるのか、なにをしていたのか、危険がなかったか

そんな些細な問題は彼の考慮すべき領分ではなく、今、思考領域のすべてを身の安全にだけ費やしているのだ。


問題はあるか? いや、今現在はない。自分の家の自分の部屋に帰るだけなら、そこに危険が及ぶというのは、青年という
例外を除けば存在しないだろう。もっとも、血のつながっていない妹がファッション代わりに「首を絞めてくれ」などいう家系が
あるのなら、違うかもしれないが。

しばらくの間、彼はじっと体を縮めたまま隣の部屋の物音に感覚を集中させた。ちゃらりと金属音が何度か鳴ったが
それ以降は特に怪しい音もなかった。

よし、いいぞ。頼むから部屋から出ないで、そのまま寝てくれ。俺の心の平穏のためにも。

5565 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/08(日) 00:13:50 ID:PbGDxUAc0


                                                    ガチャッ


                                                              ギシッ、ギシッ

                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'                      ヽ
          l    _ノ        ヽ_     ',‐-、
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨






薄氷のような期待は簡単に粉々にされた。扉がもう一度開くと、誰かが廊下へと出た。どこぞの鴬張りのようにわざと床が
音を立てるという豪勢な仕組みはないのだが、築20年以上ともなるとボロも出てくるのだろう。

そして、ボロい一軒家。その二階一番奥の部屋で息を殺しながら妹におびえる自分の姿を想像すると、なんだか奇妙な
笑いがこみ上げてくる。なんとも惨めなものだ。どういう理由で自分があの見目麗しいお姫様におびえているのだろうか?

普通の、彼の通う高校の男子なら小躍りするようなシチュエーションなのに、青年の色眼鏡から見える光景は、食人怪物が
獲物を追い詰めたシーンでしかなかった。自虐的な、己を哀れむ自分が一番惨めだな。いつまでたっても姉妹から逃げれ
ないのだから。

部屋を出た人物の足音が、自分の部屋の前で止まった時点で、彼はあっ、と声が出そうになったことも、一層惨めだった。

5566 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:14:50 ID:Lh3SY5LA0
アカン…wwww

5567 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:14:51 ID:VbKktLVM0
窓ブチ藪って逃げよう
命が掛かってる

5568 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:14:59 ID:7JkUbsww0
怖い怖い

5569 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:15:23 ID:ntNuGcKg0
ヒェッ

5570 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:16:02 ID:ahGuiqmA0
ここで助かっても寝てる間に鞄漁られて携帯見られないでしょうね……



5577 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/08(日) 00:25:34 ID:PbGDxUAc0
            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \
    , '     ___     __ .ヽ
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,       部屋の鍵は……内側からしかかからない
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
. .,'                        .l
  l   U.    (     人    .)    .l
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
     ゝ、               /
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ
. /.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|





学校にある教室の扉は廊下側からロックをかけれるような仕組みだ。しかし、彼の部屋はトイレの個室と同じように
中からしか鍵は掛からないのだ。そして、鍵を開けるのも中からしか行えない。

それは考えるまでもなく、当然の理由からだった。誰かを閉じ込めるのではなく、プライベート空間ならば部屋の開閉に
ついては当人に任されるわけで、本人の意思外から他人に開け閉めされては鍵の意味がないだろう。

いや、それは自分が勘違いしているだけで、本当は外から開く可能性もある。かもしれない。反対意見を投げるのは
自分の理論を正当化するに必要なことだった。

莫迦者。ここは教室でも拘置所でもない。俺の部屋だぞ。少なくても、俺が在室しているなら部屋の開閉権利は俺にある。
ならば、俺があけようとしなければ、扉の構造的にも開くはずがないのだ。


「莫迦か俺は」


彼は一人、つぶやいた。何が楽しくて部屋の開け閉めに関して大真面目に、それも必死なほど考えているのだ。
当然なことをもう一度考えさせられることほど、彼は哲学を愛していないし、むしろ怒りを抱くほうだった。

5584 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/08(日) 00:32:26 ID:PbGDxUAc0 [4/12]
  ___________________
. | __________________ |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |      ギッ、ギッ
. | |                               | |
. | |                               | |        ガチャッ……
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | | | ̄ ̄|                      | |
. | | |    |                      | |
. | | | (二二二!                     | |
. | | |__|                      | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |




だから、自室の鍵が勝手に開いたことには、開いた口がふさがらなかった。比喩ではなく本当に口が開いたのだ。

扉から背を向けるように寝ていた彼は咄嗟に両の手で大口を覆うと、死体かと見紛うほど身じろぎひとつしなくなった。

開閉の自由、プライベートな空間、彼は叫びたがったが、それよりも体がすくむような思いが強かったのだ。

5586 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:33:39 ID:VbKktLVM0
プロか

5587 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:33:50 ID:RdS/fcf60
予想通り細工されてたw

5588 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:34:19 ID:S4n66L/o0
次からはちゃんとバリケード設置しないと(白目)

5589 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:34:36 ID:Lh3SY5LA0
もう大人しく喰われた方が楽な気がしてきた(白目)www

5590 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:35:19 ID:VbKktLVM0
閂が一番安心ってはっきりわかんだね



5602 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/08(日) 00:40:15 ID:PbGDxUAc0
                      /           ヽ
     _   _         ´               ヽ
    l l  /./         /      丶          ヽ
    │l ././       /     │    ヽ、        ヽ、
.   │.l/./      ノ〆     │   ゝ_`_        _>
  _ソ    ヽヘ      │ .∧   、    丶、        √
 ∧   /:::::::::::ヽ    ∧  ∧ ゝ ヽ、 ---- ゝ     \
   ` l::::::::::::::::::::::::::丶、 丶..リ l  ノ               ヽ
     l:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ /   ト´ ヽ             ヽ
     > 、::::::::::::::::::::::: /  ./    `ヽ            \
          `へ ::::::::::: l ヘ .(\ __丶/ ヽ             ヽ
            ヘ:::::ソ:::: ̄::::::::::::  ヽ../  `ヽ、  、      、_  ヽ、
               ヘ ::::::::::::::::::::   /:::::::::::ヽ  \     ヽ ヽ __  >
                  ヽ ::::::::::: l :::::::::::::: ヽ  ヽ \  lヽ ..l
                   丶::::::: l` :::::::::::::::: ヽ  ソ 丶ヽ ソヽ
                       /£l ::::::::::::::: ` :::::::::::ヽ  ヽ
                       ´ ∧::::::::::::::::::::::::::ヽ ::::::::::::::::::::::l
                        l:::::::::::l :::::::::::::::::::::: l :::::::::::::::::::::: l
                      l::::::::::: l ::::::::::::::::::::::::: l :::::::::::::::::::::: l、
                         l::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::::`
                           ヽ、:::::`:::::::::::::::::::::::::l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        ヽ、│::::::::::::::::::::l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                            l:::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           l::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ






どうする? 彼我の距離、すぐそこだ莫迦!! どうするべきなのだろうか?鼓動が警鐘のがんがん鳴り響いている。

扉が開いたぞ。廊下の明かりが入り込み、部屋がうっすら照らされる。同時に、誰かの影が部屋の壁に張り付いている。

影は少しずつ近づいてきてる、窓際にあるベット……あぁ、どうする。どうするべきだ?



下2~8      1.逆襲をかける
           2.過ぎ去るのを待つ。

5604 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:40:46 ID:Yyp9Uwvc0
1

5605 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:40:58 ID:/RRLhAlg0


5606 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:40:59 ID:64TeRW420
2

5607 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:41:00 ID:ahGuiqmA0


5608 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:41:11 ID:ZbFfZa8w0
2

5609 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:41:12 ID:RdS/fcf60
1何か硬いものでも投げつけてやれ

5610 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:41:14 ID:ejQXlrpA0
2



5622 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/08(日) 00:49:20 ID:PbGDxUAc0
                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \
          /                         \
        /                         \
          /                              .
       /                             i
        i                             |
        |                              |
        /                                 /
      {                                /
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!





嵐を過ぎ去るのを待つように、彼はじっとベットの上で演技を続けた。鼓動が早いまま、手や背中にじんわり汗がでてくる。

……ベットの手前にあった、エナメルバックからチャックを降ろす音が聞こえると、ものが擦れる音が数回、その後、すぐに
またチャックがあげられ……侵入者は部屋から出て行った。

隣の部屋から扉の閉まる音が響く。しばらく待つ。一分、二分。五分が過ぎようとした。まだ待つ。


……彼が肩の力を抜いたのは、それから10分後だった。

5623 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:49:58 ID:VbKktLVM0
もっていかれたか

5624 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:50:01 ID:ahGuiqmA0
あっ

5625 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:50:45 ID:ilJEoMNg0
さようならエーリカ…

5626 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:50:50 ID:ntNuGcKg0
情報が途絶えたな



5631 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/08(日) 00:54:44 ID:PbGDxUAc0






           /⌒ヽ,      .,,;-―――――-;;,,
           |   {    /            \
           l     ヽ                 \
           \   ヽ          __._ノ   _〉       散々だ。本当に、何なんだ……
            }ヽ.   \    U  `i |;;;:::| i  〈{::} 〉
       _,. -―‐く`      ヽ        ⌒゙''''''´" ヽ
       {′    i ヽ    }ヽ_      (,,__,,ノ!_ノ .|
       `ーァ= <  ,} 、  ハ!_        ̄ ̄ ̄  /
         {   { ̄ヽ  _> ´ r‐_)          /
         ヽr―― '´ ̄   /´   > .  `ニ´ ,.メヘ、
         /.{      __.. イ ,ハ\  \  ` ー‐ ´/\、 ヽ
         | ヽ. -‐ ¨´   ノ}\| > 、 ヽ    ∧ ヾi、 l. |
         }  ハ     ,/ ∧ヽ\ .ヽ ヽ   /  l  }il! } |
        ハ  ヽー、―--- '´ノノ ト、 ヽ          ,iリ/-{
        {    \\ _/イ .|ヽ.ヽ ヽ    l   ///ト、ノ
        `7ヽ、  ` =チ'´/ ノ
         /  {\__ ノ .ノ /





音を鳴らさぬよう、細心の注意を払いながらベットの上で寝返りを打つ。そのまま腕を伸ばし、カバンの中を無音で確認。

――――スマートフォンがなかった。一発で気づいた。暗闇の中、手の感覚を頼りにして念入りに底を漁っても、無い。

5632 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:55:18 ID:CbgqoawA0
グッバイエーリカ…

5633 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:55:20 ID:ntNuGcKg0
持ったまま寝ていれば良かったんだ

5634 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:55:21 ID:YDg25tPk0
糞ゲーの緊張感久しぶりやーwww

5635 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:55:26 ID:ilJEoMNg0
…そういや回収するのは分かるがなんでカバンの中にエーリカの携帯があるって知ってるんだ?
てかそもそもアレいもなのか?

5636 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:55:34 ID:EpWEltSk0
エーリカフラグが折れたか…逆襲だったな

5637 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:56:15 ID:DH9loV6I0
エーリカは無事なのだろうか…接点がなくなれば開放されるかな…

5638 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 00:56:16 ID:fSNWN2Zc0
折れたのはフラグだけなんですかねぇ……



5647 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/08(日) 01:00:23 ID:PbGDxUAc0




                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \      ……間違いなく、エーリカ先輩と繋がりがあるよな
          /                         \
        /                         \
          /                              .
       /                             i
        i                             |
        |                              |
        /                                 /
      {                                /
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!





エーリカ、シャーロット、今日の相談。少なくてもこの三つが「見えない糸」で繋がっているのは確かだろう。問題は、それが
どういう意図のつながりなのか、彼には皆目検討もつかないことだが。

何だが陰謀じみた事態になってきた。頭の中で学年1位の頭脳が軽快な音で計算をはじいていく。

調べるべきか? そもそも、これは窃盗に近いのではないだろうか? この場合、警察などに話してみるか。

見知らぬ誰かの携帯を拾ったのは自分だが、それを誰かに盗られた。しかし、その場合なぜ今日のうちに警察へと
届けなかったのか突っ込まれるだろう。

5656 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/08(日) 01:07:28 ID:PbGDxUAc0
.          /                 ヽ
.           /                   '
.          , ,                 ',
        i ゝ ̄ ''ー-                !           あの野郎、なんか企んでんのか?
         {   {__  ヽ  J           }
.         ',   マj  ̄ノ           /
         ゝ  `   ´           ∠ _
         { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
           ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
.            `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                    j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                     /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                 {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                    !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                   |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                  |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                      }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                    !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                    /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !




何かが起こるということは、ソコに至るまでの理由と過程がなければならない。どんなに無意味なことでも、因果関係までは
乱せないのだ。


姉とエーリカは分からんが、少なくても妹は「何か」考えてるのだろう。首の件での復讐か?何かしらの形で俺を嵌める
算段を立てているのだというなら……抗う気は無かった。ただ、何をするのかだけは知りたかった。


どうするべきか。あぁ、くそっ。こんなとき自分の評判が恨めしく思うことは無い。青年にいい印象を持っている人間が少ない
ことを、彼自身がいつまでも意識していた。それは、なにかが起こるまで一生変わらないことだろう。


どちらにせよ、今は何もできまい。学校で……あの3人だな。目には目をというし。あの意味不明な奴でも多少は参考に
なるかもしれない。

5661 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/08(日) 01:17:07 ID:PbGDxUAc0




               _____
             /           ヽ
           /               \        ……あれ、代えのTシャツもなくなってんな
          / 、                \
           /   `ー-               ヽ
           |  、__               |
         ノ   └┘ /              |
        (、      !_j              |
          {`ー-'                  /
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|



それに、幾つか足りないものもちらほら……普段意識していない小物が数点なくなっているかもしれなかった。

いや、さすがにこれは、何処かに忘れたのか?何度かバックから取り出していたし、あぁ、そうだ。ハルトマン先輩に
あわせて教室から急いで出たんだっけ。

駄目だな。やっぱり、疲れている。酷い疲労がたまっているに違いなかった。

どっと押し寄せる疲れに負けて、彼はもう一度ベットに寝転がる。



なんで、どうして、いつも不可解なことばかり俺は襲われるんだ。糞が。人並みの幸せぐらいはあってもいいんじゃないか?

畜生、こうなったら明日は自棄になってでも楽しんで見せるぞ。だから、小うるさい雨音とか隣の物音とか、俺のことを邪魔
せずに、少しは楽にさせてくれないのだろうか?


青年は恨むように目を閉じると、軽くうなり声を上げた。

5662 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 01:21:07 ID:ntNuGcKg0
録音されてたかな?

5664 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 01:23:16 ID:DH9loV6I0
疲労のせいにするやる夫は、なんだかんだで常識的だ
これ以上SAN値が削れたら、やる夫は無事なのだろうか…

5665 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 01:25:22 ID:VRDamZt20
シャツをナニに使ってるんですかねぇ(震え声)

5666 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 01:26:12 ID:ahGuiqmA0
姉妹に対する記憶やらトラウマやらを全て忘れされたら幸せになれるんじゃないかな(目逸らし



5667 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2015/03/08(日) 01:26:25 ID:PbGDxUAc0
ふぃー、とりあえずいったんここまで……キーボードたたいてる指が冷えて困る

5669 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 01:27:47 ID:x76t1UhE0
乙ー
今日の会話が録音されていたろ仮定すると、明日尾行されそうだからなのは達が危なくならないかな(白目)

5670 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 01:27:59 ID:znO.fVSE0

これはもう酒飲んでから姉妹に突撃でもすればいっちゃんいいんじゃないかな!?(錯乱)

5671 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 01:28:56 ID:VbKktLVM0


5672 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 01:30:57 ID:dF2TnCFE0
乙です

5673 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 01:31:39 ID:ntNuGcKg0
一旦乙

コスプレはそのままバリアジャケットなの?
それとも別キャラになるの?

5674 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 01:32:38 ID:Ye61xeaY0


5675 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 01:33:00 ID:CbgqoawA0
乙でした

5676 名前:安価のやる夫だお[sage] 投稿日:2015/03/08(日) 01:33:19 ID:WL7wMqcA0
乙でしたー!
そして、消えたエーリカ!?欲しい物は攻めなきゃダメだとよく分かるなww








関連記事
  1. 2015/03/08(日) 13:16:21|
  2. 七色@七色劇場
  3. | コメント:3
<<エイリアンサバイバル系 | ホーム | 金が全ての世界で彼らは生きるようですR - 183 ->>

コメント

エーリカの安否や如何に
  1. 2015/05/08(金) 02:54:17 |
  2. URL |
  3. 名無し #-
  4. 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2016/07/12(火) 08:57:40 |
  2. |
  3. #
  4. 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2017/11/26(日) 22:10:29 |
  2. |
  3. #
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyarusp.blog.fc2.com/tb.php/3475-640064bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)