FC2ブログ

やる夫まとめに挑戦

【欧州】《第1話》02


1913 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 13:21:24 ID:oDlq81js0
そろそろ始めようかな……

人っていますかね……?



1914 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 13:22:12 ID:iUIl0qMQ0
仕事場からなので安価参加できないけど ノ

1915 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 13:23:05 ID:Ek6LEZHs0


1916 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 13:24:13 ID:GiuMTAQk0


1917 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 13:24:21 ID:3zjoYYPg0
私はいますか?

1918 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 13:25:16 ID:kfT2kfs60


1919 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 13:26:04 ID:qdngU5vk0
イナイヨ

1920 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 13:26:51 ID:u70cuYbY0


1922 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 13:27:41 ID:oDlq81js0
           \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
            \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
  '''- ,,_           | i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|i |
  ||i;i;i;i; |          .| i|      _____     ____                 |i |
  ||i;i;i;i; |      ,    | i|    ロロ:|::::::::::::::::::::::::::|    |; ∧))∧ :|:               |i |
  ||i;i;i;i; | ,         | i|   _□ |::::::::::::::::::::::::::|    | §´ー`; :|:  ,____ 、      |i |
  ==== |     ,-、゙ .| i|:  | ゚ |: .|:::::::::::::::::::   |    |: /)::H::): |:  |`ll ̄ ̄ ̄l |l____________、|
  ||i;i;i;i;i;⌒Y⌒| ii ) | i|    ̄   |::::::::::      |     ̄ ̄ ̄ ̄   |、|___:,|、|| ̄ ̄ ̄||
  ||i;i;i;i; |. ||  `-'   | i|____|_____...|゙_________.|`||ニニニニ|||l[「「[[[「「l|
  ||i;i;i;i; |. ||     /:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: γー――――― 、__'. .,: .:'. .,:...゙ヽ||____________||||ニニニ,|| ,_
  ||i;_,-'"' ||   ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. i i__         __i_i i:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: ..:::~''-
  '"    || /'. .,: .:'. ._,--、:'. .,: .:'. .i___| ̄  ̄ ̄ ̄ ̄\ i.. ..:'. .,: .:'. .,:,-- ,,:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .;__|~;|_
       ||:'. .,: .:'. .,: .:'.| .:\.:`ー 、:'. .,:|          \.:.:'. .,, ー' /.: |:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: |`- , |__|
      //|\,'. .,: .:'. .,;;;i',',',',',',',',') i:'. .,:iニニニニニニニニ i:'. .,:i (',',',',',',',','i;;. .,: .:'. .,: .:'. .,: | |`- ,
    ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:';;;;;|______,,j/:'. .,:|il:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i|.::'. .ヽ|______,,j;;;;;: .,: .:'. .,: .:'. .: ̄: .;;;;;`- ,
  /:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: . ;;;;`-
/:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'.. ;;;;`-

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃朝だ。ベットではなくソファーの上で目を覚ました青年は自分の肩に何か乗っているのに気付いた
┃不思議に思い隣を覗いてみると、きらきーが可愛らしい寝息を立てて自分に寄りかかっている

┃そこで昨日はこのままの姿勢で寝てしまったことを思い出すと、少女を起こさないようにどけ
┃ソファーから立ち上がると、軽く体をほぐし朝食を準備することにした



1925 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 13:34:21 ID:oDlq81js0
             ,i'´,:;.`''ー=-、
            ,ィ' .::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:; `''ー- 、,..-=-、,,,,_
           ,i' .:::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::. `i!
          ,i' .::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::. ,!
         ,i' .;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;. ,!
       ,ィ' .;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;. ,!
      ,ィ' .;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::::. i
    ,t' .::::::::  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;. ,!
     t `''ー= 、 .;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ,!
     `''ー- 、;;;;`''ー= 、 .;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::. i
         `''ー- 、;;;;i`ー= 、  .:::::::;:;:;:;:;:::::::::. ,!
              `ー-、;;;;;;;`ー 、 .:::::::::::::::::. ,!
                 `ー 、;;;;;`ー 、 .;:;:;. ,i'
                    `ー 、;;;;;`^ア
                          `ー '´
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年が用意したパンはコミスブロートと呼ばれる黒パンで、カールスラント陸軍
┃が保存食として推奨しているので、一般家庭でも作り置きがあるらしい。

┃硬めに焼いたライ麦パンは常温でも放置して大丈夫なので、二人の朝食と
┃して重宝されている……が、朝食で2個食べてしまうともうなくなってしまう

┃今日中には食料を確保する必要があるだろう


1927 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 13:37:51 ID:oDlq81js0
             rー 、,   --───‐--  . _ ,rー 、
             { (戎 }}             { (匂 )〉
          /ゞ辷ツ            \ ゞ辷ツ\
          ./ /   /  /    ',   ',   ' ,      '.
         | ,′./ |  │    |     i    . ヽ   |
         | |  l  |-‐‐ |l |   | ‐|- | |  l   i   | - 、    ふぁ……
         | |  |  ト、  ハ |   | /| /| |  | /|   '.  ト、
         l ', .ト、 |,rテこヽハ  ./      /.!/ ヽ   ヽ    `i、
         ,′ lヽi ヽい匂レ'} \/  __  ./ | | ヽ  丶    `l__
        /  | l   ゞ辷ツソ     ── / /  ',  ヽ  \   ', ` ー 、
       ./   /| ', ⊂⊃ ))       ̄ ̄ / /    ヽ.  ' j  ヽ   l.    ヽ
       /  / | ∧  ト   / \  ⊂⊃ /   l   ヽ }/    i  l-一 ´
     /  /  /   ヽ/  ヽ、ーu┘  ∠ /    l     ∨     /|- ′
      | /   /    /  ,´  ヽ ≧薔≦   ,´   .|     /   / ノ
    ノイ  /  /  /、  /`ヽ     ,.,イ   ノ  '     {  /
       /  /  /  ト.⊥ -'   (...__|_ / /    ∧  |
      /  /{  /              / /    イ ∧ |
      {  /  .| /               ノ  /  / / / )ノ
      .)ノ   ! (              (  ,ノ .イ´  ( (
      '´    ` )               ( ´      ) )
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃黒パンだけでは可哀想だと思い用意したジャムの香りに反応したのか
┃ソファーからもぞもぞと涎を垂らしたきらきーが起き上がっていた

┃顔を綺麗にしてから二人してテーブルに座り、朝食をいただくことにする



1930 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 13:42:02 ID:oDlq81js0


                rー 、,   --───‐--  . _ ,rー 、
                { (戎 }}             { (匂 )〉
             /ゞ辷ツ            \ ゞ辷ツ\
                / /   /  /    ',   ',   ' ,      '.
            | ,′./ |  │    |     i    . ヽ   |
            | |  l  |-‐‐ |l |   | ‐|- | |  l   i   |
            | |  |  ト、  ハ |   | /| /| |  | /|   '.
            | ', .ト、 |,rテこヽハ  ./ィf斥圷ミx /.!/ ヽ   ヽ
            ,′ |ヽ| ヽい匂レ'} \/ r':::::::::l }./ | | ヽ  丶
           /  | l   ゞ辷ツソ     v:::::::リ / /  ',  ヽ  \
             /  /| ', ⊂⊃ ))       ゞ-'' / /    ヽ.  ' j  ヽ
          /  / | ∧  ト  , '⌒Y_ ⊂⊃ /  l   ヽ }/     i
        /  /  /   ヽ/  //ミ/ l薔 r テノイ    l     ∨     /|
         | /   /    /  .{)/ミ/ /__/ /      |     /   / ノ
       ノイ  /  /  ,人/ミ/(_}__,/     ノ  '     {  /
          /  /  /  `入__人___入   / /    ∧  |
         /  /{  /    < / /   ∧  / /    イ ∧ |
         {  /  .| /     /ヽ>~ヘ__人ノノ  /  / / / )ノ
            )ノ   ! (   /  //  / ゝ(  ,ノ .イ´  ( (
         '´    ` )  (___,/ (___,/     ( ´      ) )
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃差し込んでくる朝日のおかげで、ガス灯は使わないでもリビングは明るい
┃馬鹿みたく堅いパンをかじっていると、カールスラント軍人は全員こんなのを食べて
┃生活しているのかと考え、尊敬の念が浮かんできてしまう

┃他の国の軍隊と比べると、カールスラント軍は必要最低限の食料と寝床さえあれば戦える
┃というのはあながち間違いではないような気がしてきた


1934 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 13:45:00 ID:oDlq81js0
                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }      飯も食べ終わったし、さて……
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃朝食を食べ終わって外を確認する。まだ朝になって間もない
┃これぐらい早くから行動するならばそれなりの小手は出来そうだが……

┃どうしようか?     ↓3 難民の捜索、食糧確保それ以外でも好きなのをどうぞ、




1937 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 13:46:11 ID:Ek6LEZHs0
食料探し



1942 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 13:51:15 ID:oDlq81js0
                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ
      ヽ     / / 、    ,    、       ',     これで保存食は使い切っちまったし
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i     食糧確保に行こうか
        .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!
       ,'     i   .l       ,       ,      .,′
      .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃武器があっても食料が無ければ意味が無い

┃生きるために食糧確保を優先した青年は隣でうとうとしている少女へと
┃なにか心当たりがないか聞いてみる……









    `ミレ_____/三ニ   -    ヾ ミヽ___
   _ _ >//K/f´               \ `ー`ヽ
   `゛=っノノ                   ヽ  `| |
    / >/        /    ;  ;      |ヘ  | |
   i´   /  ,     ,  / /   |  |  ;     | |  | |      ご飯を置いてある場所は知っています
   |   /| ; |     / / /  ; __ノ=+- 、|  ;   | |  | |
   | ; | || | ;___ . | | /i  / //_/__ ノ`ハ |  | | | |      一昨日の炊き出しの際にお手伝いしていましたから
   | |  | ヘi  ||`iレミヘiハli // //,=テ=ミノl ノ ノi l  | |
   | |  i ミ  |ト i ilト哀ノ>イ´ ´f::::::ハ jメノハノ//i i  l l
   ;| |   | ヽlヾミfニ及彡ノ ,  弋:.:ソノ /y/イ l    |
   | ハ   ヾ  ト゛´-Z/        ノ l  i  ヽ   |
   |ノ i   |  | `>`)  ー -   /;;;ill  | | ヘ   |
   |  |l   |  | //ト=i-= 、_ _ イミノil l |  | |     |
   |  ||  |  |ソノ/ノつ= ≧≦三ハ_ム  ilY      |
   /i  . l  | | |-ミ彡ー-゜/ii iiヽ`、ミrル  ) li      |
  / li  l i  l ノ/   `/oフ> `´<l oヽ  ノ  il     |
 /  i il   //  ヽ -ノo/< <> >ioヘノ/       /

1943 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 13:57:05 ID:oDlq81js0
                 ___ _
             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i         食べ物は難民の皆さんが運んでいたので
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i         管理しやすい広場に近い場所にひとまとめで置いてあります
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  ハ
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │    ヽ
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ    \
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \     \
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \     \
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \    ヽ
 /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,    ',
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ     Y'
      レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |
 /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |
    i   ,'     :::| / /`¨´ >_,..--<___|::i\ヽ|  |   v'     |
      レ     :::i`…ー r' / |f´ ̄ ̄`ト|::L \. 、ハ.   V
      i      ハ     ` 'ー-i ゝ i  ,ハ__ノ   ゝ  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃食べ物はここから少し歩いたそうこのような場所にあるらしい

┃それなりの量を運ぶのなら何か袋のような物が必要になるので、適当な麻袋を
┃2つほど用意して自分の身支度を整える

┃身体に弾倉が6本入るベストを着け、昨日見つけた短機関拳銃を手に取ると、少女の手を引き、
┃戦火の跡が残る街へと出ていく


1944 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 14:00:10 ID:oDlq81js0
                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃瓦礫の山を這うようにして二人は倉庫へと進んでいく

┃時折なにか使えそうなものが無いかを調べながらの移動なので時間が掛かるが
┃少女がなにか見つけて嬉しそうにしているのを見ると、それでもいいかなと思えてしまう

┃時間を掛けつつも倉庫に向けて歩いて行く


1945 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 14:04:46 ID:oDlq81js0
  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―――‐―‐―――――――――.…..... .. ...
.                /|! || || \  __ __ . . . . . : : : : : :___ : :: : : : : : :: _ :: : : :: :: :: : ::: : : : : `
              ./ .|レ=¬=、 |\          . : : : : : : : : : : :: :: ::: :: :: : : : : : :: : : : : ::: : ::: : ::: : : :
            /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
              /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
           l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______.{≡}_____    __ __
          ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||\|l_||_||   ||_||_
          ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||___l\_||_||   ||_||_/
    , - -――‐┴┴┴┴-..」.  |   | |   |_||  \   |   ||___/_」|_||___||__.\._.||   |  /__.|
   /l|ヒl \ 、 : : : : : : : : :::::: \||┐.」 |   |_||___.\l|   |/_||___||_||___||_||_\.   |/_||_|
  lレ'.|ヨ|  トェェェェェェェェェェェェェェェイ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/              \/
  j!!コココニ≠IIIIIIl]]]]] ̄ ̄]]]□_| | : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::|____________| ハ,,ハ,,, ,,ハ,,ハ,,,
  | ||..:::| | | |   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: ::::::|  __ ___   __ ___  彡炎ミy'彡炎ミ
  | ||:::::| | | |  || |:::|| ̄~|| ̄~|]| | : : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::| |___||___| |___||___| 彡;災ミ彡;災ミ
‐┴===‐┴ー-ニ」|__|:::]]]]]]]]]]]]]]|..| : : : : : :.:.:.:.:.::::::.:.:::::::::::::|____________|_|l|__|l|
       .   ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ^""  "~゛
 "  ''               : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
          。         : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃30分もしない内に倉庫へと着いた
┃なかなか立派な倉庫だが、使う人がいなければただの廃墟だった

┃中に誰かいるのか、はたまた危険があるのかは知らないが、進むしかない

┃少女の誘導で倉庫の中へと入った


1946 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 14:09:50 ID:oDlq81js0
          _  、  _  __  ,r __
        ,.ィ´yヽノ)'´  `´    `'ゞ、イyヽ.ヽ、
       / 辷_ソ            辷ツ) ヽ         ここは二つに分かれていまして
        /l  )) ゞ=-'/  l l  l l  、 (( 、ゝ=-' ヘ
     / l '´ l   l l l l l l l l! l  ヽヽ` 、 ヽ  ヘ       食料は手前側の倉庫に入っています
     ,'  /!  l   l l l l l l l l ll 、 ヽ l l! l',   ヘ
    ,'  / l  l _l l!(( l l l l l´l`l' 、 l l l! l.ヘ  ヘ
.     ,'  ,' .',.  l´ ̄/示´`ヽl从!ィョョュ、、l l /lヽl ヽ   ヽ
.   ,'  ,'   l  l   〉jY リノソ   辷ツ' l! '´  ヽ ヽ  ',
.   l   l  ト、  ! ゝ-、ノ_ノ '    ̄ !l   l   ヽ. ',  ',
    !   ! / ヘ l.  ヘ、(( ー ‐ _ / l l  l    `ヘ  ヘ      __
    l   l /  ∧ ヽ ヽr‐`z,ィ'ー'´ノ`´〉.l l  l  ヽ    ヽ  ヽー‐‐ ' ´    `ヽ、 __
    l   l'  ./ ヘ ヽ ヽ ヽ /〉ノヽ___`〉、 ヽ、_  ヽ   ヽ   \ _, -‐-、 _, -‐ '´    `ー- 、
    l  l   / i´ ヽ   ヽ_ノ 〉__/。l、ノ´ ゝ--、-、ヽ ヽ   ヽ   \__, -‐'´ _, -―、―――-、 `ヽ
.   /l  l ./ r‐'‐t‐ヽ   ヽ><.l。l r‐/`ー‐十 ヽ ヽ     ヽ    \ -‐ '´    l      lヽ l
   l l  l / ヽ  /ヽヽ   ヽー'`ー'´ノ  l /`ー-、 ヽ   ̄ ヽ     `ー――----、_    / /
   l l  l'  /ノ  `/`/\  \ ヽ〈 ノ     /、  \    \      _, -―-、 \ //
   l l  l 〈   ゝ / 、 \  \ ノ /  ´t‐‐'     \    `ー― ' ´      ヽ l'´
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃中に入ったところで少女から軽い説明を受けた
┃この倉庫は2ブロックに分かれており、難民たちが運んできた食料は
┃全て手前側にあるブロックに入っているらしい、
┃億のブロックはもともと町の人が使っている倉庫なのでなにがあるのかは知らないが

┃さて……

┃1.二人で食料を探す
┃2.自分は奥の方を……

┃↓3 



1949 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 14:12:05 ID:u70cuYbY0


1951 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 14:18:33 ID:oDlq81js0
ちっ……




                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、      自分は右から探してくから、きらきーは左から順に頼むね
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !    なるべく長く置けそうなのならそれを優先的に麻袋の中に入れてって
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃無駄な欲は出さない方が良いだろう

┃そう考えた青年は少女と共に食料がおかれた倉庫の中を物色し始める
┃なにかよさそうなものがあればいいが……

┃↓3が00なら……?


1954 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 14:20:00 ID:Ek6LEZHs0
00


1957 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 14:24:56 ID:oDlq81js0
                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',       ん? なんか書かれてる箱が……
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !      何て読むんだこれ……?
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i       Fuer Frontkaempfer im Grosskampfって……
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年が食糧が入っている箱を漁っていると、なにやら文字が印刷された
┃箱が出てきた。表面に書かれている言語はカールスラントのものだろうか……

┃少しの間考えていると、ようやく意味が分かったのか

┃手をポンとたたきその言葉の意味を口にする


1961 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 14:30:10 ID:oDlq81js0
               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \         偉大なる戦闘に従事する者の為に……
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ     あぁ、これ戦意高揚標語的名称とかいう奴か
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|     なんでこんなものが……って、この人たち軍人だったな
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |      すっかり忘れてたよ……
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年が見つけたのはカールスラント軍に配給されているレーションと呼ばれるものだった

┃レーションと聞いてお堅い保存食をイメージするかもしれないが、実際は違う

┃箱を開けて中身を確認すると、中にはクッキーとキャンディ、缶入りチョコレート
┃そしてjunoという銘柄が刻まれたタバコが入っていた


1962 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 14:31:40 ID:tTU9vROo0
お菓子をきらきーにあげたら喜びそうだな

1963 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 14:34:17 ID:nHgz0lss0
北国のレーションはすごく甘いかったり味が濃かったりするらしいね
後カロリーがすごく高い


1964 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 14:36:19 ID:oDlq81js0
やったね、これで甘いものにつられる少女と仲良くできるよ……


                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \
          /                         \       ……まぁ、いいや。貰っておくか
        /                         \
          /                              .      他には……二つしかなかったか
       /                             i
        i                             |
        |                              |
        /                                 /
      {                                /
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃今のご時世、甘いものがあるのはそれだけで士気が保てる貴重な物だ

┃自分の幸運に感謝しながら見つけたレーションを袋の中に容れ、ほかに
┃見つけた缶詰やコミスブロートをあるだけ麻袋に詰めると、少女の方へと
┃戻ることにした……



┃この世界のレーションは貴重な物です、良く考えて使いましょう




1969 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 14:43:10 ID:oDlq81js0
あとでステータスみたいなのを作っておくべきかな……うぃきとか作り方知らないんだよな……


         厂 ̄ ̄)_.    --─‐‐))__/ ̄ ̄`ヽ
          /  {f必 }ニ二    二ニ{必7}ミ   i
        i  ((У/        ̄ ヽ \)) |   |
       ノ / / ′        l     ヽ |   |
      / / /     | l      l|     ハ八  \
.    /   / l  | |   | ヽ.  |  l| ┼ ハ  :  \  \
    (    /   !  l!| 从  |i | ∥ /| / |  |   )  )
   ハ.  /   | | ((rfTヘ、|!ハl/.fo:::ハ / /   /  /     あ、お兄ちゃん。どうでした……?
  / /  ′ ハ,ト、/N{yi ク又 }    弋:少  /   /  /
 l /  i  {  \  ト辷Xノ      :::::::/ /   /   人
 Υ   \,\  ー((::::::::   _..._  :::::{  {   { /  .\
 /    / ノ.\ \..> .  ` ´  . ィ フへ_  \ ̄`ヽ \
八.   / /  r──ィ⌒ヽ.>-:< rz| レァ/´ ̄ ヽ.  /   ノ
  ) /  /  / /′   |イ てノ ̄乙ノ  r' ソ     } /  /
/ /  /  / .{     \n/ }    んイ/        }   /
.  /  /  /  |      マーィ⌒ー:| У         |.  /
  {  {  {   }       ∨≫Υ≪/        }. /
 / /   i  ノ       ノーァ ___(         / (
ノ /    l 八        ノ トー) ヘ        /  ハ
./(     V /\     /       }     / ̄  ノ  i
   \   / 八  |_    {       (     /  〃  /
    \/ / | \ `i   ∨)    /   /  / i   {
.   // / ハ  ) |    い、._  /   /   i ノ  i
  ./ 人  \ \ノ  |     マ_ノ. /   /\   Y   /







                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !     うーん、、まぁ5日ぐらいなら食生活に困らないほどには……
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |     そっちはどうだった?
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i                水やカンカンがありましたのでそれを入れました>
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|     うん、大丈夫そうだね
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |
./ /  \_.ヘ_)イ.|    ∨レi     {  \ \ .ノ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃少女の方へと戻ると、足元にパンパンに膨らんだ麻袋を置いている

┃中身は青年とはちがい保存水やビタミン剤が入った缶が入っており
┃青年のと合わせるとちょうどいい感じの組み合わせになるだろう

┃少女に持たせるのは重いので、自分で二つの袋を持ち、セーフポイントまで戻る事にした


1972 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 14:46:55 ID:oDlq81js0
           \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
            \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
  '''- ,,_           | i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|i |
  ||i;i;i;i; |          .| i|      _____     ____                 |i |
  ||i;i;i;i; |      ,    | i|    ロロ:|::::::::::::::::::::::::::|    |; ∧))∧ :|:               |i |
  ||i;i;i;i; | ,         | i|   _□ |::::::::::::::::::::::::::|    | §´ー`; :|:  ,____ 、      |i |
  ==== |     ,-、゙ .| i|:  | ゚ |: .|:::::::::::::::::::   |    |: /)::H::): |:  |`ll ̄ ̄ ̄l |l____________、|
  ||i;i;i;i;i;⌒Y⌒| ii ) | i|    ̄   |::::::::::      |     ̄ ̄ ̄ ̄   |、|___:,|、|| ̄ ̄ ̄||
  ||i;i;i;i; |. ||  `-'   | i|____|_____...|゙_________.|`||ニニニニ|||l[「「[[[「「l|
  ||i;i;i;i; |. ||     /:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: γー――――― 、__'. .,: .:'. .,:...゙ヽ||____________||||ニニニ,|| ,_
  ||i;_,-'"' ||   ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. i i__         __i_i i:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: ..:::~''-
  '"    || /'. .,: .:'. ._,--、:'. .,: .:'. .i___| ̄  ̄ ̄ ̄ ̄\ i.. ..:'. .,: .:'. .,:,-- ,,:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .;__|~;|_
       ||:'. .,: .:'. .,: .:'.| .:\.:`ー 、:'. .,:|          \.:.:'. .,, ー' /.: |:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: |`- , |__|
      //|\,'. .,: .:'. .,;;;i',',',',',',',',') i:'. .,:iニニニニニニニニ i:'. .,:i (',',',',',',',','i;;. .,: .:'. .,: .:'. .,: | |`- ,
    ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:';;;;;|______,,j/:'. .,:|il:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i|.::'. .ヽ|______,,j;;;;;: .,: .:'. .,: .:'. .: ̄: .;;;;;`- ,
  /:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: . ;;;;`-
/:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'.. ;;;;`-
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃実に平和な探索だと思いながら、リビングまでついた。
┃ここまで静かだとネウロイは全部どこかに行ってしまったのだろうか
┃そんな期待をしつつ、集めた食料を片隅にまとめて置いておくと、
┃窓からさす光がちょうど中央まで登ってきている

┃そろそろ昼を回ったところだろうか


1977 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 14:51:39 ID:oDlq81js0
            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',      食料も二人合して5日分は確保できた
     ./   , -‐、            ',
     l  /   `'  \___     .l     武器も……弾数は心もとないけどなんとか
     l  ヾ==ツ    (  乂ソ ノ    l
     .',    ,      ヽ  lilil    ./
        \   l   人_,/l      /`ヽ
     /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
    ./                     l





            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \         あとは生活用具なんかが必要だけど、ここにあるのでまかなえそうだし……
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l      次は……
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃生きるための蓄えは着々と進んでいる

┃時刻はまだ昼だ、夜にならなければまだ動ける

┃↓5    なにかあれば、できるだけ詳しく



1982 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 14:54:21 ID:qdngU5vk0
食料を目立たない場所に隠したうえで武器を持ち防空壕へ行く


1988 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 14:58:44 ID:oDlq81js0
ほう……それを取ったか……

少し待っててね

1989 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 14:59:42 ID:oDlq81js0
            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./   , -‐、            ',      気は乗らないけど……仕方ないよな
     l  /   `'  \___     .l
     l  ヾ==ツ    (  乂ソ ノ    l
     .',    ,      ヽ  lilil    ./
        \   l   人_,/l      /`ヽ
     /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
    ./                     l


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃みつけた食料を誰かに奪われたら堪った物ではない

┃見つけにくいキッチンの下戸の方に隠すと、もう一度身支度を整え
┃外に出かける準備をする

┃そこで、少女から声を掛けられた





                 ___
         >ζ斗 ´  ̄_,.== ̄ ミγ卅ヾ√ハ
        γ弋ヌ_ミ、、     _ _,..弋乃ヲ ,′ ∨
        / /(⌒         ̄  ~ ))〈 〈    ∨      ……防空壕にいくんですか
         〈 /し、))             ((  ヽヽ  リ
        ソ  ,′  ,′ ,        ヾ / /   !i
         / ′/ / ハ   ト,  i!      i i   i!
      イ/  i  i ,′乂 | !i! i! |       | |   i!
        |{   i! i! i!((  j i jハ, j! |   | , i i   i|
      从  i! ムル')) レイ/ __}ヘ斗,′ ! j ', 、   i|
        !ハ  ノ! {Yイrォj′  ,f'愆㍉  / '  } j   i|
        Ⅵハcぅツィ    ´` '′ / /  / ∧   iト,
         `从(~  、   xx ((、〈 ,'  ,/ /    i  ヽ.
           j ))、   、   ,._)厶-メ-く{ i     ハ   \
          ハi  \    /       \ 、
           j    >ァ'          \ヽ

1990 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 15:02:42 ID:oDlq81js0
               _____     |/
             /           ヽ    ─
           /               \
          / 、                \          ん……まぁ、そうだけどさ
           /   `ー-               ヽ
           |  、__               |
         ノ   └┘ /              |
        (、      !_j              |
          {`ー-'                  /
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|






             ,,   ´  ̄ ̄ `   、,__r--、
          r''ュ-/´           .fl昼q  ヽ
         /  {r3!}             !=彳li  il
       |  /`´                l l  il、
      /! /     ii  i i i  i i  i i i    | il           あ、あの、やっぱり怒ってたりしていて……
      / l .i  |   |i ll li l  l li  ll  l  , .l  il
      / | li  | ll l li  !l ll l li、l_ハ__l_;_ |  / l  il
.    /  l  ll  ! l !l 7ニ-ri l l .l l l___ l l / /  l  l il
    .li.  ! l l. ヽl <_ く廻_' } V. i'l:::ii:d`i / /  l   l il
    li   l  l! ヽヾ 'r、Y__r‐′  .ゝ辷っ!l ./   l   l il
    li    ∥  l  l,""    '    """,ll /   l    l  il
    l   //   }  ヽ、   c-ュ  イ!_λ   l    l  i l
    l  / l  r 、 、__ゝ  !=r‐‐' 、┘''´/  _ ァ l   l  l .l
     l l l   } .| |__,_ ___ ./__`_ミr'  `--,/. | ヾ  ;  /
    / l l /  |__r ユf ..ヒ二,' `i__fて/l  ヽ  i |  /
   / l  l /      l l  ⊂ニ   i r `'''′  \ l l /
  / l  /        /   ヒ' ̄!_  ,-l-r 、   l   ヽl lヽ
 ./  l   ゝ    / /   _f'´´U ''´ /       /  ヽヽ
../  l    入  // /    \,     ヽ,    /    } \
l   l     く //     /  \     ヽ  ∫     /.  }
!   l    て l     / r-'' l      !  l    /   }








            _____
          /          \
         /             \               怒ってないよ
       /   ─--    --─  \
     /   /____ `ヽ   、,,.-='、'、  \            ただ、腸が煮えくり返りそうになっているだけで
   /     .l i;;;:::;;;i |′  l i;;;:::;;;i |    \
   |      ゛゙''''''´"ノ   ヽ`'''''"'"     |
   |   __ (     !     )       |
 /\r':| r' ̄二ユー ─'^ー 一'      /::\__
 : : : : | .| | /  ) `)         __,./:: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ           ……絶対怒ってますよね>
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|

1992 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 15:06:41 ID:oDlq81js0
        r-、  ., 七'´ ̄ `` ミ=__,,/^ヘ
       /ツキ/´        ((⌒(刻> ヽ
      |  Σン三ノ         -フノヽ  |l
      |  /ーっ     |  |     -"ヘ  入
     /|   l   | | || |  | | ||  |    | ヽ
     / | |  | |  |  | r> |  | ||  ||  |  ノ | `、
    / | || | |  |=、ソノ| | ソー十斗ノ / /  ヘ
   /  i ||  | | ン<楼ミヽハノi =ニニ=,ノ /  | ヽ ヽ
   |    |  ヾ>、<トソノ   弋ツノ/ /      |  |
   |    ノ  ヽ ((ヘ ::::::  .   ゚゛゚ |i /      |  |
   |   /   | ノ ト   rっ   /ik   |    | i |
   ヽ  // -、ノ_>´ ̄i_- -- ´`しへソ   l|   |  |
    | | |  | ヽi  `) / ´= `ン <_/ | \  |  /
   / i li / | ゛´<=>彡ニ`ヽ_ ⌒_ノil  ヽ \ l /
   / il l >´   ´`) l <‐ー  ヽ r- ´   \ li ハ
  / il y  /   /`  ´´`ヽ   ヽ    )  ヘ  \
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃結局、少女の懸命な説得により防空壕のヒト達の命にかかわるような事はしないと
┃いう約束をさせられることに

┃確かに銃を持って少し気が大きくなっているのは確かだったが、それでも青年は
┃人殺し何て言う事はするつもりは毛頭なく、ただいけ好かない教師とヒステリックなババアの
┃顔面に拳をお見舞いしたいだけなのだから……


1995 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 15:09:42 ID:oDlq81js0
                   ___ _
                  ,  ´        `
             /       ,        \
                /      /,__      \
            /       ∠iニゝ´       ヽ      それじゃあ、防空壕の中に居る皆の所へ……ね
              /  ̄,二‐                 }
          |   i. !フ´.、               |
           |       _)、      ヽ        |
           {      (__,;=ー―-‐″     /
           丶      `´ ,―            /
              丶     ` ̄}         /\
                \     i´       /.::::::::::\
                 \__.」     _∠:::::::::::::::::/^⌒
                 \    ̄ ̄´      ::/
                      /\.       /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃殴る蹴るの暴行は約束には反しないよね?

┃そんな黒い思惑を浮かべつつ、青年と少女はリビングを出て
┃セーフポイントを後にする

┃目指すは、教会近くにある地下防空壕だ


2003 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 15:16:03 ID:oDlq81js0
                        \                               /
                         \                             /
                          \                           /
                          \                    /
                          \                   /
                           \                 /
                               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
      、                   /                  !
        ` 、                 /                   !
          ` 、              /                     !
            ` 、.        /                       !
                    ` 、   /                        !
                      ` <                       !
                        ` 、                     !
                          `i                 !
                       i    __/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨
                            i __/ /              ∨
                           i/ / /                 ∨
                          i / /                     ∨
                         i. /                 ∨
                        i/______________∨
                      ,>´ 二二二二二二二二二二二二二 `<,
                        ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
                    ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
                ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
            ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
        ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃今日の天気は快晴。ピクニックに行くなら絶好の日だったろうに
┃しかし自分たちが居るのは太陽の降り注ぐ野原ではなく、かび臭い地下へと通じる
┃階段の前だった

┃防空壕は地下室を改造して作られているので、入り口はここにある階段だけだ



2005 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 15:20:22 ID:oDlq81js0

                   _
                   ´))       、__
                     {!´    ___`⌒}! __ _
               , -‐r仝ァ'´ ̄      `>(そ})  `ヽ
               /_/外ツー‐     ー'´ ノゞ匕ー'⌒ ト、
             /(⌒iー' / 〉´    l i   `ヽ    } l l |
           /|   ヘ  / /   |  | |  | l   \ /  .| l |
.           / リ    ∨ l ! |  | |  | |   /   | l 八
          / ./      ハ l l .|  | |  | |  | /    .|  ヽ\
           / ′    } i |斗 十  | l 十 ト V   八 \ 丶ヽ      避難した人たち……
.          /'  | l.   /  } |八__从 l 八 l 从リ|   /  l\  ヽ∨      おばさんや、皆さんはここに居るんですか?
         l!  | l  /  バ f仟ツミ〉   ィfた圷、   ,′ / リ \ ! }
         l!   },′/  /_乂ニシ    弋zグ l   i   | ∧  ) ト'
         ヽ ノ' /   '((⌒ヘ ̄^   ,   "" |  l   l/ 〉 V ノ
          /  八  V )} ノ丶   r丶   ィ |   ',  ∨ i´ |
        / /  /  \ ヽ く /r'≧ ´  <)ーァ∧  ヽ  \li |
.        / l   l    }\ }_`>く=ヘ'~^〉⌒^7'、__ \  丶 \}
       |  }  ∧   ハ>=‐く < f⌒´,ィ  λ  }=- 、丶     ヽ
       |  l l  ハ   r'      \l⌒ー仝、_} 'ー'´   \) ヽ     }!
       }  V'  } }  }      丶ヤ> __<リ      l      八
      人/   |/   |        V^L_〉 〈       }     /  ヽ
      /    /   ハ       / ヘ j  !         ′ ,'  /   ハ
     /  /  /  / \     /     }      /  / /   / }
    /   / /  /    ,'∧/  〈   、__ ∧-‐'  /″   |   / /
  / ′  l!/  /    /  ハ    ∨  /⌒レ'7   ハ     }  ′ |
  | l   |   ,'    /  ,' ∧    !  `~7 /   / l     V    {
  | l   }   !    /  /  ∧   レ'7__ノ ,′  / 八   ヽ  ヽ   \
  人 ヽ  j   ヽ   }  ′ / ∧   }    {   /   \  丶  \   \








                    __
              ,..-''"´     `"''-、
             / 、_)     ー―\               おばさん……あぁ、あのババアの事かな?
            /               .',
              ,'   ィ::::::{`       __ ',          たぶんみんなここに居ると思うよ、それなりに大きい地下室だったし
           l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l
           l     (   ,、  )    l           防空壕だから金属製の扉なんかもつけられてたしね
              '.,     `¨¨´ `¨¨´    /
            ヽ、 __        /
               r''"´:::::::/´|    _,,..-''´ヽ
             __|::::::::::::/::::::ヽ、   |:::::::〈.、__
      _,,..-‐''"´  |\./,::::::::::::|    |:::::/-ヽ、`''-..,,_
     |ヽ      |  __ '.,::::::::::\.  .l/::::|  <_   .|
     | ヽ       ̄/   '.,::::::::::::\,':::::::::::',   .|    .|
     |  ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::',  |   .|
     |   ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::',  |     |
     |    l       \  |:::::::::::::::::::::::::::::| l     .|
     |    |          \|:::::::::::::::::::::::::::::| ,'     |

2006 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 15:26:01 ID:oDlq81js0
                      / ̄ ̄ ̄ ̄\
                     /―   ー    \
                     (●) (● )     l
                     i(__人__)      /             それじゃ行こうか
                          \`⌒´ .,:// ...,,,ノハヘト,、
                            ー'゙´/,///////∧/≧;,、_        君が居ないと鍵も開けてもらえないし……
                        _.,、イ/ム/////////∧////≧;,、
                     ////////\////////|/////!/∧
                        l//////////∨//////|/////i///
                        l///////////l//////イ///////{
                         ,イ///////////!//////!////////7
                  ,.イ;イl///////////l//////l///i!/////!
                   ,.ィ≦彡",イl///////////〉,/////l///l!/////l
              ,.ィ≦彡"´ ノイl///////////∧/////l///l!/////l
            ∠彡イ才   {{  }l//////////〈//////////il./////l
          ∠彡イ才       }} ////////////∧/////l////i./////l
        |彡イ才      {{///////////////〉////!////!/////:!
        |才´        Ⅵ//////////////////////イ//////:!
                  _Ⅵ////////////j///////∧!///////!
                  j//////////////イ//////く  Ⅵ!/////j
                 ///////////////j!////////>〈///////l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃その言葉の意味を知ったのか、複雑な表情を浮かべる少女

┃そんな彼女の手を引いて、階段を下りていく


┃いくら銃を持っているとはいえ、あの婆とまた面と会って話すのは
┃嫌気を通り越して何も感じなくなってきている


2008 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 15:30:38 ID:oDlq81js0
         _____
        /        \
      / ヽ  、: : ,  /   \
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ    \        ―――ッ!
   /    ( ○ ):.:.:.:.( ○ )    ヽ
    |      /   !  ヽ        |
    |      ゝ _ノ ゝ _ノ    l j  |
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
  /       ー――‐ '       ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃末尾安価   階段を下りたその時、ある光景が青年の視界に飛び込む
┃         その奇妙な光景に青年は……

┃        ↓3~6の末尾の合計と>>1の10D3の合計値で判定
┃         00は10としてカウントします



2011 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 15:32:00 ID:4J7zCMNQ0
00

2012 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 15:32:00 ID:DYhYgNqs0
00

2013 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 15:32:00 ID:u70cuYbY0


2014 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 15:32:00 ID:3He3xCgA0
00


2018 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 15:34:18 ID:oDlq81js0
ちっ……発狂したきらきーは次回のお楽しみか……



30:15 反応成功

2024 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 15:38:05 ID:oDlq81js0
                   _____
                   /
              /                  \
             /                     \
            /                       \      ――きらきーッ!
           /                          ',
          /                               ',
        i                              .
        |                              i
        |                              |
        .
         '.                             }
           __',_______________      ノ
      /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\   /
     /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二}/
     }二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ∧
     i二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃階段を一足先に降りた青年がいきなり後ろへと振り向き、少女の体を抱きしめた

┃近い……まるで恋人を抱きしめる様に体全てを包み込む抱擁に少女は思わず顔を赤らめる


2025 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 15:42:57 ID:oDlq81js0
                  ト/ニヘ((__       _  )) __
                 /ミY//_}-         `._ {λZ i ヘ   つ
                / //               ヾ、_ツイi  っ
                   / /    i  i  i   i   i    l ))  i
                 / / /   /  i l  i l   l     l((  i
             /  i i   i i  i_! l  l _!l   l     l   li
             i   l l  i iァナアl_ l  l iナナー!l    ll    i
            i  /i l  l il T >ヘ     l_il l  l_  l  l   i     お、お兄ちゃん……?!
            7 / l l l il i>ン_シ      了:::::::ア ! l l  li   i
              /  i  l l l i l  ゞ イ      弋;;..ノ l l / l  l    l     どうしたんですか?  その、顔が……
           l  l  l     l ///   ,    /// //i7   !    i
          l  l  l      \      __    ..イl  l   l   l l
          l  l l   r 、.    >. ‘   ’:r、.:イ:  l.  i   !   ! i
            i  l l rf-- ゝ、__ \t`ゝ-- y|  /  /l  l  l   l  i
       ___  l  l l トイ!    `´ )  Y   入_l / l  _!_ l   l   l
     f⌒| ヘァ l  l l / {_,        _       ̄ ´  -ァl   l   l
     f ! i__l ト、-i  l /   ≫       >          ヘ    i  . i__
    f i_ i-' r--'  f i_r-i __ }イァ    / i        r 乙__|i   i /´)''´ }
    >、_ir-iノ    i  `''′i// T-i /XXヘ  ,r、 _i`-i-′   !__ iーi / i ./ .}
    }yT\      l   i'´⌒i/r-iX^XXXヘ/X i´_|_ノr-i__r-イ  ∨ ヘf⌒!/i
    i-'′       l   l  l`´ \/-iXXi亠i_/ ノu_l      7    f'"_イ
     \       l  l          ̄~    i  7    /       `' \
      i \      l  l          _  rー  }、   /        r-i´







                  _____
                /U::::::::::::::::::   \
               /  ::::::::::::::::::::::     \     ……駄目だ、見ちゃだめだ
             / ;;;;;-──::::::::::::──-   \
            / ::::::::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: ⌒__丶   \     絶対に……見ちゃだめだ……
          /  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;′:::::::.....'::. ) .ヽ   \
          |  :::::::::::::::::::::::::"ノ :::::::::.... __ ..丿    .|
          |  U:::::::::::;;;;(;;;;;;;_ ノヽ.____)    U   |
           \  ::::::::::::::`ヾ: : : ::..   ../         /
            \ ::::::::::::::::::` ̄:.⌒ "      /
              〉三三三》:;;;;;;;;;;;;;;;;::《三三三〈
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃恥ずかしそうに照れながら顔を赤らめる少女……
┃が、少しして自分が何か勘違いしていることに気付く

┃手が震えている、息が荒い。抱え込むようにして頭を抱きしめられているので
┃表情は分からないが、何かに怯えているようだった



2032 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 15:48:14 ID:oDlq81js0
            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',      ……教会の礼拝堂。あそこなら安全だから、
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',
     l    /   `'    ´     .l      そこでじっとして、動かず、自分が呼びに行くまで絶対に来ちゃだめだよ
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l
     .',   U   ,      ヽ     /      いいね、絶対に来ちゃだめだよ
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l







             ,,   ´  ̄ ̄ `   、,__r--、
          r''ュ-/´           .fl昼q  ヽ
         /  {r3!}             !=彳li  il
       |  /`´                l l  il、
      /! /     ii  i i i  i i  i i i    | il          え? どうしてですか?
      / l .i  |   |i ll li l  l li  ll  l  , .l  il
      / | li  | ll l li  !l ll l li、l_ハ__l_;_ |  / l  il      防空壕の皆は……
.    /  l  ll  ! l !l 7ニ-ri l l .l l l___ l l / /  l  l il
    .li.  ! l l. ヽl <_ く廻_' } V. i'l:::ii:d`i / /  l   l il      抱きしめられてて前が見えませんよお兄ちゃん……?
    li   l  l! ヽヾ 'r、Y__r‐′  .ゝ辷っ!l ./   l   l il
    li    ∥  l  l,""    '    """,ll /   l    l  il
    l   //   }  ヽ、   c-ュ  イ!_λ   l    l  i l
    l  / l  r 、 、__ゝ  !=r‐‐' 、┘''´/  _ ァ l   l  l .l
     l l l   } .| |__,_ ___ ./__`_ミr'  `--,/. | ヾ  ;  /
    / l l /  |__r ユf ..ヒ二,' `i__fて/l  ヽ  i |  /
   / l  l /      l l  ⊂ニ   i r `'''′  \ l l /
  / l  /        /   ヒ' ̄!_  ,-l-r 、   l   ヽl lヽ
 ./  l   ゝ    / /   _f'´´U ''´ /       /  ヽヽ
../  l    入  // /    \,     ヽ,    /    } \
l   l     く //     /  \     ヽ  ∫     /.  }
!   l    て l     / r-'' l      !  l    /   }

2034 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 15:55:00 ID:oDlq81js0
          ______
        /         \
       /  :::::::::u:::::::::::::::::::  \
     /  ::::::::::::::,::::::::::、,,.-='、'、::::\       何も聞かないで……お願いだから
    / :::`┬;;;:::┬′:::::::::゙.゙、;;;;::',ノ:::: \
  / ::::::::"⌒゙''''''´":::::::::::::::`''''''"⌒::::::  \     いい子だからさ、向こうへ行ってくれないか?
  | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |
  | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::u:::::::::::::::::::::  |
  \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
    \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /






               .. -─  ─ --{ { rく Fヘ ト } \
        ___{人シ-}ノ´           辷{ーイノi  \
      /  `ナ '´              ((ー'⌒))ヽ   \
      /    /      |  |l   l|       |   \  .ハ
    〃   /  /  l!  |  |l  l, l| ヽ \   |    ハ  i           ……はい
    i     /  /   |(ヘ |  |l  |i l|  l  |.  |   / .ハ  l
    |   .:′ .{ l   !/ ノ|  |l  |i l|  |  |         } {
    |   i   | |  {r′|  |l  |i 爪丁`メ.!   |     ハ.\
    |   |   | レ─ェヘ.|人リ八!ハ从/ハ/ !|   |      /  ',  ヽ
.    八.  |   | ノX 必\λイ─   ,___ |  .'     /   i   )
   /   } |   |く λYシノf ノ     .之z少 ./  / ,    /    ノ ./
.  /   /  ヽ,从!弋rマ辷彡             /  / /   /  / /{
./  ノ   }  \. !))    ,       ,=彡イ   / ./ /{八
  ./    ノ  / ∧             r─l/   r‐─--、,/ /\ \
  /    /  / ./ }丶.   ´ `   l⌒レ./ /     .八  /\ \ \
 {   /   {  /  ノ  > . _ . ィ _|  / /    <  \  \ )  )
  }  〃    / { r──-マ r~7ノ  / /       へ、ハ.  /  /\
 /  {i / /  / /  `ニニ┤-l {  / /             } /   ハ   \
./  八{ .(   ./.   ‐─、_) ノ / /! /              |    / }   )
.  /  \{⌒Y    > )-'. / // /      /\     /  /  /   /
 /  \  ト-!r-.、     / /./ /      /  ノ     / /   人  {
'  ノ   \} [   |_ イ7/  / ./  /\  -一'      / \  /   )  }
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年の懇願を受け入れ、渋々と少女は来た道を引き返す

┃階段を上がり、青年が見えなくなる前に「絶対に戻ってきてくださいね 約束ですよ?」
┃とだけ言うと、完全に見えなくなった

┃彼女が出ていった事を確認すると、もう一度扉の方へと振り返る


2036 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 16:02:47 ID:oDlq81js0
                           ,,、、、、、、、、
                         ,. '゙゙´  ヽミミミヽ
                        .:;;'´      ヾミミミミヾ
                      . :;;;;:;、 ``''     ',、  ''ミ;、
                      ,:;;;;;:;:;:;ヘ、,,, ;,'´      '`ミミ!
                     .:;;;;;;´r'゙゙゙ヾ;;;ソ .;、、,,ィィィ、 ;;, jiil!
                    ,';;;;;;;,' ´ ̄`   ィ彳-ッ、   jiiii!
                    ,';;;;;;;;{  く;;,,,,..、  `゙゙ヽ  イkjjj!
                   ノ;;;;;;;'′ ,,;;;'´ j゙゙`    ‘ .:jィイ
                   {;;;;;;;′ ,イ,==、、     ; .ji! jツ′
                  ;:;;;:;;;;;;:;:;:;:{,、、、,, .:;j     ノノ )
                  ゞ;:;:;;;:;: '´゙゙  ̄`ヽ' ;;'  ,ヘ_ソ
        , . _‐-‐----イ;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;ゝ  ji!  .:;;: ;:;;:;ミミヾ
       , .:゙´  -‐===;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:;;;:;ゞ ''´ イ ``ヽヾ;;;;;..、
     , .゙´ ,:;'′    . : ;:;:;;;;;!.: ;;;;;;;;;;;: ;: ;;:!  .:;;;;;;;;:;:};;.、  ヾ;;,、
   , ゙´   ,:;'′      . :.:;! .: .:. :. :;;; ::;ji!  ! ;:;;'゙゙  `ヾ、  `ヽ、
 , ゙´   ,:;;;;'′        .j!  . :. :. :;:; jii!   :;:;      ¨ヾ、  \
. ,:;:;;'´    .:;;;;;;′        ..ji!    . .:jikkii  .:;;;′‘;;.:     `ヽ ヽ\
.::;;;:;:;'´     ;: ;:;;;;′   . :.    jiiii!   jik,,j,j,,jij. :. :. :; :; :jik  ;:;;   ヽヾヾ
   . :;:;:;:;:;{     ;;........:; ′ji{   ji;k;.;j:i;ij:;. ; :; ;;;..。、、       ;.′‘ ;:;;jik









                    ____
                  /      \
                 /          \
               /  -一'     ゙ー- \
              / / ,==、ヽ    /´,=、ヽ \         ……あぁ、くそっ
            / u ( (:::::::::i l    l i::::::::) ) \
            | .   ヽ_ `ー´ノ   ヽ`ー´_ノ   |
            |  ''"⌒'(    . i    )'⌒"' u |
             \     ` ┬─'^ー┬'     /
              \     ヽ、::::::::::ノ   _/
               ∨、 {{`ヽ. ̄ ̄ ̄_. イ.ー' {_
              _,,-,∨、}}  {ト,;;;;;;;;;/ } ./ゞ〈::ヽ
          _,..-.:" ヾ、..:.:ゝ\。 | l.| |。〃、く.:.:.:}`::..、,,_
      _,..-.:"       ヽ.:.:.:}}`| .|.i | ´/ /.:.:リ   .  `i:ー.,
     ,´ー-、:         ':.:´ヽ .| l | //.:.:.:.:/     :i:::::::',
     l:::  `::、         i.:.:.:.:ヽ,|| |/.:.:.:.:.:.:/       .l:::::::::',
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃開け放たれた扉をまたぐように、男の死体が転がっている

┃胃から込み上げてくるものを何とか食い止めると、血の海に溺れている
┃死体の前まで移動する

┃どうやら、ここから先は地獄に繋がっているらしい

┃青年はMP40/Ⅰを取出し、安全装置であるコッキングレバーを降ろすと
┃懐中電灯の明かりを頼りに、扉の向こうへと進んでいった……


2047 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 16:24:24 ID:oDlq81js0
あぁ、いまから防空壕の探索を行いますがm質問とかがあればどうぞ

いまなら受け付けます……

2048 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 16:25:09 ID:Qq2Y8Vfc0
中に明かりってあります?

2049 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 16:25:09 ID:qdngU5vk0
人肉食えますか?

2050 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 16:25:36 ID:GiuMTAQk0
やる夫が魔法少女化する未来はありますか?

2051 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 16:27:10 ID:3zjoYYPg0
tSできますか?


2052 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 16:31:21 ID:oDlq81js0
灯りはあるところと無いところがあります、が、やる夫は懐中電灯を持っているのでなんとか

喰えません。カンニバルしてもperkは手に入らないのでニューベガスへどうぞ

魔法少女は女性限定です。きらきーに期待

勘弁してくれ

2053 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 16:32:33 ID:P7wM8CkI0
他所の街に逃げるって選択はありなん?


2054 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 16:34:11 ID:oDlq81js0
伍長の台詞を思い出してみてください

ここから2日歩いたあたりに軍隊があつまっているので、そこに行けば……

2055 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 16:34:22 ID:3zjoYYPg0
revウィルスに感染する展開は有りますか


2056 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 16:37:02 ID:oDlq81js0
ウイルス感染とか勘弁してください……

2062 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 17:02:27 ID:oDlq81js0
   .....;::|. `  .  .   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   |l|i.
   ..::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:.:::    |l|i....
   .....;/|   `;   ` ;   .|   i              |l|i.
   .....:l i.     .,  ;.. . ._|   |  ノ     ` 、   |l|i: .:. : :‐.: ..――――… ・ ・  ・
   .....;:lノ. ; '  _,,..-ー.'"_..|::::___..レ'        ヽ  |i;.....
   .....;::| _, ,..-‐T__,,..l-ー '"_l.|       .: .: .: .: . :.:. : \l|;; : . . :.:. :. :. :____  _
   .....;::|"__,|..-‐'"|_..-ー'l"_ -┤.       .:.:.      . :. :. :. :
   .....;::|__,l,..-‐T"_,,.トー '"|_..-` .       ::::        .:.:::  .
   .....;::|__,,..-ー'"l.,,..-ー '"::::::::::::       :.:.:.       :..:.::..:.:.:...:.:.:.
   .....;::|__,l..-ー'"_,,,/__ ___         .          ` 、\
   '"    _ ___ __,,/  |__ _____ノ,   .            ヽ  \
   ______/______...../_____ノ  / |_____/_          ::: ::::::::   \_ ____:.:._
    :.: ./ ̄ /   |  `Y,_/  / __l  ヽ__    ヽ__`___-
    /_____,/______/__/  /____l, ̄/ ___  \  \/ ̄\  ヽ \
 /_____,/______/__/  /____l, ̄/ ___  \  \_>/ _ __  \  \/ ̄\  ヽ \
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃防空壕の中は湿っており、灯りも少ない。
┃薄暗い石畳の上を懐中電灯の明かりを頼りに進んでいくと
┃何やら開けた場所に出る

┃……どうやらここは青年が追い出されたときに居た場所だった


2063 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 17:07:20 ID:oDlq81js0
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \      ここって自分が追い出された時の……
            /                    \
           /                       \   それならババアや教師が……
              l                         l
              |                          |
              l                         l
           \                        /
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃開けた部屋に灯りは一切なく、視界は闇に閉ざされている
┃一応懐中電灯はあるが、そこまで光量は強くない。せいぜい青年の前を
┃ぼんやり照らす程度

┃その程度の光では、死体を確認するのにも一苦労である


┃↓3      奇数   ……仕方がないからこのまま進む
┃        偶数   お、これは……


2066 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 17:08:52 ID:qdngU5vk0
tkt


2067 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 17:15:15 ID:oDlq81js0
                 _______ ____
                /         (__ ゝ
              /           (___ヽ_
             /   ──     ──  (__ _ ヽ_     あぁっ、くそっ……
           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
          /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \    灯りが無いから何も見えない……
          |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
          |       (    i    )       |三三)
          \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
            \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
             〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|








        ________________
        |                         |
        |                         |
        |      __________     |
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |       ……これってスィッチ?
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |
        |    |  __  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|-|    |       ガス灯の操作用か何かか?
        |    | └‐┘ .|_____|-|    |
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |
        |    |      ΞΞΞΞΞΞ |    |
        |       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |
        |                         |
        |                         |
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃不意に懐中電灯を向けると、そこには何やら操作盤のような物が壁に賭けられている

┃どうやら防空壕の中の明かりを制御しているような物なのか、
┃青年は近づくと、おそるおそるそのレバーを降ろした……

┃が、灯りは付かず。何も変わらない……


2068 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 17:20:39 ID:oDlq81js0



               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \       故障でもしているのか、っと……
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |      やっぱり、ヒューズが切れてる……
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃銃を置き、操作盤の蓋を取り外してみると、機械部分が剥き出しになる
┃慎重にケーブルをどかしてみると、中央のヒューズ部分が2本ほど壊れているのを発見した


┃これだけならヒューズを交換するだけで済むのだが……


┃↓3       00なら修理成功



2071 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 17:24:00 ID:Ek6LEZHs0
00


2072 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 17:27:26 ID:oDlq81js0
                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \
          /                         \      ヒューズの予備は……パネルの裏に取り付けてあるな
        /                         \
          /                              .   それならっと……よし、付いた
       /                             i
        i                             |
        |                              |
        /                                 /
      {                                /
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃予備が運よく見つかり、ヒューズの取り換えに成功すると部屋に電気が灯る

┃何とかなる物だなと思いつつ、パネルを嵌め振り返ると部屋の全体が明らかになった

┃……阿鼻叫喚。さしずめ地獄の一丁目と言う所だろうか



2074 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 17:33:21 ID:oDlq81js0
               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \      …………
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉




 : : : : : : : : : : : /               /            ヽ |      |            |: :
 : : : : : : : :.:.:/               /|        \ _  |      |            |: :
 : : : : : :.:.:/                /: :/         」  ̄7      |            |: :
 : : : : .:∠___          /: : : :|    _,.-‐ミ |: : :.〔      /          |: :
 : :. :∠____ `  、 /.:.: : : : :レ.二二7    ヾ: : : :`ヽ.___ ゝ、         」: :
 : :∠三三三二二≧o。 У: : : : : : : : : : : : : ////   \ : : : : : : : : : : : {           |: :
 : :|三三三三三三三三≧o_: : __: :_: :_///ム-―┴‐≒-ミ __  /           | _
 : :ヽ三三三三三㌢ ̄/   「`ヾ´ /   ̄          \   ヽ        /
 : : : :`寸三三㌢   /    |  l                     /       |
 : : : : : : : :.:/         |  ヽ                   (          ノ
 :.:.: : : : : :/           」_    |                   `r―-----イ
 : : : : : :.:/          _∠ミ `ヽ. |                       |        |
 _: : : : |       ,.<三刈   Y       '´ ̄ ̄` <____   |      ,′
   ` ー=、      ∧_lL   _,.イ              ` <     |      /  ̄ ̄
       \    ////∧⌒´: : : :.:\                  _,く     」
 _  -‐   ̄ ̄二ミ'////∧ : : : : : : : : \ ___      ___/ \    ヾ
     /´ ̄   _У>―…‐- ミ: : : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ /             | ――
          ´          \: : : : : : : : : : : : : : : : \            /: : : : : :



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃部屋の中には死体の山が、お互いに被り合わさる様にしてひしめき合っている

┃壁には血痕が飛び散り、床には零れ出た内臓やらよく分からない柔らかそうなゼリーのような物まで

┃まるで屑殺場を思い出させるそこを、石畳の溝を血の川が流れ出ている。

┃灯りなんて付けなければよかった。青年はそこで自分の行動を悔やむ


2078 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 17:40:49 ID:oDlq81js0
                  _____
                /U::::::::::::::::::   \
               /  ::::::::::::::::::::::     \
             / ;;;;;-──::::::::::::──-   \        ……おぇっ、うぐっ
            / ::::::::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: ⌒__丶   \
          /  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;′:::::::.....'::. ) .ヽ   \
          |  :::::::::::::::::::::::::"ノ :::::::::.... __ ..丿    .|
          |  U:::::::::::;;;;(;;;;;;;_ ノヽ.____)    U   |
           \  ::::::::::::::`ヾ: : : ::..   ../         /
            \ ::::::::::::::::::` ̄:.⌒ "      /
              〉三三三》:;;;;;;;;;;;;;;;;::《三三三〈
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃視覚的に視たそれは、青年の心を揺す振るには十分なほどの効果を発揮した
┃思わず口に手を当て、その場でしゃがみこむとしばらく動けずにいた

┃嗅覚から入ってくる生臭さが腹の底をぐしゃぐしゃにしていくようだ


┃青年の精神に異常が見られる 安価の難易度が上昇しました


2080 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 17:45:13 ID:oDlq81js0
   .....;::|. `  .  .   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   |l|i.
   ..::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:.:::    |l|i....
   .....;/|   `;   ` ;   .|   i              |l|i.
   .....:l i.     .,  ;.. . ._|   |  ノ     ` 、   |l|i: .:. : :‐.: ..――――… ・ ・  ・
   .....;:lノ. ; '  _,,..-ー.'"_..|::::___..レ'        ヽ  |i;.....
   .....;::| _, ,..-‐T__,,..l-ー '"_l.|       .: .: .: .: . :.:. : \l|;; : . . :.:. :. :. :____  _
   .....;::|"__,|..-‐'"|_..-ー'l"_ -┤.       .:.:.      . :. :. :. :
   .....;::|__,l,..-‐T"_,,.トー '"|_..-` .       ::::        .:.:::  .
   .....;::|__,,..-ー'"l.,,..-ー '"::::::::::::       :.:.:.       :..:.::..:.:.:...:.:.:.
   .....;::|__,l..-ー'"_,,,/__ ___         .          ` 、\
   '"    _ ___ __,,/  |__ _____ノ,   .            ヽ  \
   ______/______...../_____ノ  / |_____/_          ::: ::::::::   \_ ____:.:._
    :.: ./ ̄ /   |  `Y,_/  / __l  ヽ__    ヽ__`___-
    /_____,/______/__/  /____l, ̄/ ___  \  \/ ̄\  ヽ \
 /_____,/______/__/  /____l, ̄/ ___  \  \_>/ _ __  \  \/ ̄\  ヽ \
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃部屋から出て、扉の近くで心を休める事5分

┃ようやく精神も落ち着いてきたのか、それとも脳が馬鹿になってきたのか

┃ともかく死体を見ても行動に差し支えは無くなってきた。これで少しは楽になってくるだろう



2081 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 17:49:11 ID:oDlq81js0
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                 \
       /                 \
      /                    \        ……生きてる時じゃなくてよかった
     / .         -──    ─-   i
     |         {{ ___,jl {{__}}  .l
     ..|.          `┴---┴´  '┴┴´  |
     |.         /          ヽ  l
   .  \.        {      八    } /
       \       `───´::::::`──'/
       /ヽ                イ\
      /          ``ー- -‐'"´    \
                                  \
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃まだ死体だから耐えきれているが、この残劇を端から見ていたら耐えきれていただろうか?

┃そんな関係ないことを考えつつ、青年は次の行動へと出る事にした

┃↓3      何かしたければどうぞ、ないなら次へ進みます



2084 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 17:51:34 ID:qdngU5vk0
役に立ちそうな遺留品がないか調べる


2089 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 17:56:18 ID:oDlq81js0
                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ        ……ごめんなさい、許してくれ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ
   ./. : : : : :                    !、     人ノ
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i
  /. : : : : :                            `´       l
 ,'. : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃まさか自分が死体漁りをする羽目になるとは、だれが予想できたか
┃無残な亡骸となった人の塊に黙祷を捧げると、その死体の中を
┃なにか役立つものが無いかと漁っていく……

┃一般人、それが難民となれば持っているものなどたかが知れてるが……さて


┃↓3       偶数  なにも無い
┃         奇数  まぁ、ないよりはましか……



2092 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 17:57:34 ID:tTU9vROo0
tkt


2094 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 18:02:29 ID:oDlq81js0
         ____
       ,. -'"´      `¨ー 、
      /             \        写真、紙幣や硬貨、ペンや紙切れ……
    /                ',
   ./    U         , -‐ 、     ',        目ぼしいのは何もなかったよ
   l  ___ノ   '´     \   .l
    l  ( 乂ソ  ノ    ヾ==ツ     l      くそっ、手が血まみれになっただけかよ……
   .',    ,      ヽ  lilil u   /
     \   l   人_,/l      /`ヽ
   /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
  ./                     l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃本当に役立ちそうなのは何一つ持ち合わしていない

┃骨折り損だったことに愚痴をこぼしつつ、銃を構え再び奥にへと進んでいく

┃死体を漁る中である事に気付けたかどうか……

┃↓4     00ならある事に気が付く




2098 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 18:05:00 ID:jUmAgJgY0
zz


2100 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 18:13:10 ID:oDlq81js0
            |                    |;;;;;:;;;;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
            |               :;.        |;;:;;;;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
            |                    |;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
            |  .:                  |;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
            |                    |  . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |
            |         ,              |      ...:::::::::::::::::::::| |
            |                   '    |        . ::::::::::::::::| | .
            |                    |         :::::::::::::| |
            |                    |         .   '   :::::::| | ,
            |                    |            ::::| |
            |_____________|         ,   :l.,|___
            |
            |         '"
______|       .:::::';  .:
  ,';:.                                     ,;::' .:
     '                                       '
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃もうここに用は無いだろう
┃適当な布で血糊を落とすと、次の部屋へと続いている道へと向かう

┃細い道だが、大人一人は通れない訳では無い

┃警戒を厳にして、道を進んでいくとある事に気付く


2101 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 18:16:49 ID:oDlq81js0
                       ,ィ劣王ミ::、..___
               ,...._    寸圭圭圭圭圭}
             r:升圭少    ``x圭圭少´
              `¨´             ̄   ___
         <:少        ,..xュュュュ、       〈圭圭心,
                 {圭圭圭圭圭圭ヽ    ̄¨¨¨´
             __........__寸圭圭圭圭圭リ
  ,.......xュョョュュ.、,....ィ升圭圭圭圭圭圭圭圭少
  `寸圭圭圭} 寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭K._
    `¨¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}
      {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
        {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心
        寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ
               ̄







                      / ̄ ̄ ̄ ̄\
                     /―   ー    \           壁に血糊が……
                     (●) (● )     l
                     i(__人__)      /           それが奥にまで続いるけど
                          \`⌒´ .,:// ...,,,ノハヘト,、
                            ー'゙´/,///////∧/≧;,、_
                        _.,、イ/ム/////////∧////≧;,、
                     ////////\////////|/////!/∧
                        l//////////∨//////|/////i///
                        l///////////l//////イ///////{
                         ,イ///////////!//////!////////7
                  ,.イ;イl///////////l//////l///i!/////!
                   ,.ィ≦彡",イl///////////〉,/////l///l!/////l
              ,.ィ≦彡"´ ノイl///////////∧/////l///l!/////l
            ∠彡イ才   {{  }l//////////〈//////////il./////l
          ∠彡イ才       }} ////////////∧/////l////i./////l
        |彡イ才      {{///////////////〉////!////!/////:!
        |才´        Ⅵ//////////////////////イ//////:!
                  _Ⅵ////////////j///////∧!///////!
                  j//////////////イ//////く  Ⅵ!/////j
                 ///////////////j!////////>〈///////l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃自分の真横の壁に、紅い血糊がべったりと着いて、それが引きづる様に奥にへと
┃向かっている

┃別に血糊なんて珍しい訳では無いが、それが壁についているというのが奇禍だった

┃小道にも死体と思わしきものがあるが、これは……


2104 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 18:23:40 ID:oDlq81js0
.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ        生乾きって言うのか、これ?
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |         気味が悪いな……
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃自分の身体に巻いてあるベストを確認する
┃予備の弾倉は6本、今付けてるのも合わせれば7本だ

┃多いのか少ないのかは分からないが、少なくても一匹だけなら何とかなるかもしれない……

┃グリップを握る腕に力が籠められる。青年は慎重に小道を進んでいった


2105 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 18:29:16 ID:oDlq81js0
                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',     暗い、また操作盤が落ちてるのか?
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃壁に手を突きながら歩いていると、不意に感触が無くなった。
┃どうやらまた広い場所に出たらしい。懐中電灯を左右に振って中を確認する

┃……どうやらここにも死体はあるらしく、千切れた手足がいくつか見え隠れしている

┃灯りが無いから数は分からないが、それなりの数の死体が積まれているようだ


2106 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 18:35:04 ID:oDlq81js0
                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、        灯りをつけるか……
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃何にせよ、灯りはあった方が良いだろう。すでにあの光景を見ているなら
┃もう一度見ても、そこまで驚きはしない……吐き気はするが

┃先程の様に壁に向けてライトを当て操作盤を探していく……

┃安価    ↓3~5の末尾の合計と>>1の10D3の合計で対抗
┃       00は10とカウント、同数の場合やり直し


2109 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 18:36:55 ID:0uoKdct.0
0

2110 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 18:37:00 ID:5/HrJexo0
00

2111 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 18:38:00 ID:D9ckZhMQ0
00


2113 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 18:39:32 ID:oDlq81js0
ちっ……即死する筈なのに……

25:24 抵抗成功!

2114 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 18:40:42 ID:CZy5.PPc0
おいw

2115 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 18:41:01 ID:jUmAgJgY0
いきなり殺しに来たw

2116 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 18:41:56 ID:D9ckZhMQ0
ぎりぎりセーフかよww

2117 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 18:44:02 ID:5/HrJexo0
激しく今更だが何故ストパン原作でそこまでガチで殺りにくるんだよw


2118 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 18:45:39 ID:oDlq81js0
死神とイチャラブしてきてくださいよ……まったく。もっと難易度上げるか……







            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',       ……お、これか
     ./   , -‐、            ',
     l  /   `'  \___     .l      そんじゃレバーを降ろして灯りを……
     l  ヾ==ツ    (  乂ソ ノ    l
     .',    ,      ヽ  lilil    ./
        \   l   人_,/l      /`ヽ                                 ガチャッ>
     /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
    ./                     l







                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /       u       ヽ
         /             l
          l       `≧x_   r≦ l            ……今のは
.        |. u   t'' Oj´  ィOツ ',
.          ',      `¨¨´   ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ___´¨`,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃操作盤を見つけて近づこうとしたその時だった

┃自分の後ろから微かな物音がした、何かが這う様な金属音だ。
┃これに気付けたのは警戒していた御かげか。
┃だが、気付けたとしてもどうする。小さな物音は自分の後ろでまだなっている

┃確実にだが、何かが居るのは確かだった。


2121 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 18:47:33 ID:jUmAgJgY0
殺伐としすぎだw

2122 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 18:47:51 ID:lFSPGZ.w0
これ以上難易度上げたら本格的にハードラックとダンスっちまうぜ…

2123 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 18:48:27 ID:iaK/Xiwc0
>>1の作品だで難易度に文句は言えんが
死神とイチャイチャする作品とは見抜けなかったわw

2127 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 18:51:26 ID:3He3xCgA0
ここがストパンスレとか>>1のフカシだろwww


2131 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 18:55:32 ID:oDlq81js0
          _,, -==ー-、 ̄/                         l
       /.〃 y ⌒ヽ.r、 ヽ{                          l
   u  / ./      '  ヽ ゝ                        /
       | / ,        ノ⌒ヽ           |         /
       |し'| ./`!        ヽ        /        /
       |  `ー'  | /|      ヽ_    _/       ヽ /       ……先手必勝
       |       `´  ヽ          ̄ ̄T          l'
       |   ,、          、       ヽ、          ノ
  u    \ー' !          ー - 、    丶、__   /
           .\`ー-‐1__         `丶、    /,ィー'´
            ̄ ̄ ̄`丶、         メ __ ノ' /
                  `丶、_.     ヾ/ /
ヽ          u           `丶、  / /
  ヽ                      `ヽ   ヽ_/ /
   \                            /`ヽ、
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃何かが居るのは分からないが、それでもやるしかない。
┃反応が遅れれば死ぬのは自分なのだ

┃青年の手に握られた銃口が鈍い光を放つ

┃何のための銃だ、こういう時の為に備えているのだろう











       /     /                    ヽ
     /     /..、   ヾ  〃              i
     i    ノ{:;:;:;:}    ii  〃             i         くそったれがぁっ!
     i   ゙´ { ゞ'"    ツ   /            i
    /`     ゝ    ´    /            /
    i       ヽ    U  /           /
    i        }       三         ,../
      \____ノ       "____   イへ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃物音が強まると同時に、覚悟が決まった。
┃グリップを握る力を強め、瞬時に振り向き銃口を構え、引き金を絞った

┃どこに向けて撃つ? 56:00またはいちばん近い物     1床
┃                                     2壁
┃                                    3天井


2135 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 18:57:11 ID:oDlq81js0
あれ、時計がずれてた……



変更  58:00にいちばん近い物から

2138 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 18:58:00 ID:jUmAgJgY0
1



2142 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 18:58:27 ID:oDlq81js0
あ……

2144 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 19:00:26 ID:k/ZVi.lI0
これは判断材料ないし完全に運ゲーだけど駄目だったか

2145 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 19:01:15 ID:tTU9vROo0
ついにデスったのか・・・!?


2146 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 19:01:17 ID:oDlq81js0
いや、判断材料は用意してたはずだったけど……

やる夫さん、君の事は忘れないよ

2148 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 19:02:38 ID:tTU9vROo0
相手が人間なら壁、ネウロイなら天井と思ったんだが

2149 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 19:02:52 ID:jUmAgJgY0
どこで判断すればよかったんだろうか

2150 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 19:03:11 ID:k/ZVi.lI0
>自分の後ろから微かな物音がした、何かが這う様な金属音だ。
>これに気付けたのは警戒していた御かげか。

これから判断するに後ろと言う言葉からは壁っぽいけど這う様なとあるから床ともとれるけど壁だったのかな


2153 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 19:05:04 ID:oDlq81js0
うーん、壁に血糊があるって言ったから気付くと思ってけど……ごめんね

2158 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 19:06:26 ID:oDlq81js0
                                   _..-'ッ    ''"
                                   _..-'"゙,/´
                              _/゛.,..‐″
      _,,,..y         _.. -''''゙,゙`-     ,/_..-'"
  _,.. -'''゙゙ /       ._,, ‐'″._..-'"      ..r←'´
‘゛ .,..-'"     .,..-'"゛ ._..-'"゛
. ‐'"     ._..-'゙_,,..-‐'"
       .l゙‐''"゛
                      ,..イ!″
                   _..-' /
              _..-'^ /
              ,..-'" .,/゛
        ._..-'″ _/゛
     ._..-'″ .,/゛
  ,..-'″  . /
-'″  .,..‐"
   ,/゛
.,/゛

















                  _____
                /U::::::::::::::::::   \
               /  ::::::::::::::::::::::     \
             / ;;;;;-──::::::::::::──-   \       ……違ったか!
            / ::::::::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: ⌒__丶   \
          /  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;′:::::::.....'::. ) .ヽ   \
          |  :::::::::::::::::::::::::"ノ :::::::::.... __ ..丿    .|
          |  U:::::::::::;;;;(;;;;;;;_ ノヽ.____)    U   |
           \  ::::::::::::::`ヾ: : : ::..   ../         /
            \ ::::::::::::::::::` ̄:.⌒ "      /
              〉三三三》:;;;;;;;;;;;;;;;;::《三三三〈

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃32発もの9mmパラベラムが爆音を鳴らして音の方向……自分の
┃すぐ後ろの床を抉り、火花を散らす……

┃が、そこには何もなく。ライトに映し出されたのはただ地に濡れた石畳が広がっているだけだった




2165 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 19:11:33 ID:oDlq81js0
                  /\
                /\/\
              |\/\/|    パスッ!
              | /|二二lヽ|
              |\/\/|
            \|___|/
                 〈三〉 ./\
              |::::::| / /\\
              |::::::|/ /  \〉
         /\.    |::::::| /   ./\
       //\\.  |::::::|/  .//\\
      //   \\ !::::::! ,//   \\
    ヽ/      \二工二/      \〉
            // \\
           //    \\
          //       / /
          \\        / /
           \\     ヽ〉
            \〉







                    ____
                  /      \
                 /          \
               /  -一'     ゙ー- \        あっ、壁――
              / / ,==、ヽ    /´,=、ヽ \
            / u ( (:::::::::i l    l i::::::::) ) \
            | .   ヽ_ `ー´ノ   ヽ`ー´_ノ   |
            |  ''"⌒'(    . i    )'⌒"' u |
             \     ` ┬─'^ー┬'     /
              \     ヽ、::::::::::ノ   _/
               ∨、 {{`ヽ. ̄ ̄ ̄_. イ.ー' {_
              _,,-,∨、}}  {ト,;;;;;;;;;/ } ./ゞ〈::ヽ
          _,..-.:" ヾ、..:.:ゝ\。 | l.| |。〃、く.:.:.:}`::..、,,_
      _,..-.:"       ヽ.:.:.:}}`| .|.i | ´/ /.:.:リ   .  `i:ー.,
     ,´ー-、:         ':.:´ヽ .| l | //.:.:.:.:/     :i:::::::',
     l:::  `::、         i.:.:.:.:ヽ,|| |/.:.:.:.:.:.:/       .l:::::::::',
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃自分の横の壁から赤い光が漏れた。すぐにライトを向け照らし出す……

┃そこには、紅い血糊をなびかせ4本の足を壁に埋め込ませているネウロイが居た。

┃しまった、壁だったか
┃思わず口から後悔の言葉が出てきたが、弾切れだ。遅かった。

┃ネウロイの上部から、微かな発射音が響いた




とりあえず、ペナルティなしで一回終わらせますね

2169 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 19:14:38 ID:oDlq81js0
       .l;;i′      /     .!;;/ .イ、;;;;;;;;;;;;;;./ |;;;;;; /         .r' /     ,イ゙ .,〃     ../; /
       .|/       ノ      .l;;; !  l;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ !;;./           ,,ilr'"     ,i'./        ,./ ,/ .,.
       :l゙                 | !  /;;;;;;;;;;;; /  /./         '″      .,l./        ,,ノン"  .フ;;
              _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ                             ,i'/ .,..r'";;;;;
   .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″            ,ν         / /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
   `           i";;;,/ /      /;;;;;;;;;;;;/                   il l′         _..-";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
           l /  ."、    / ;;;;;;;;;;/               _    ,,i!!″     .,..r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
          /./    l「    .../ ;;;;;;;;; /              ,,il″   .´     .,,./ ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;_ン'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./ ;;;;;;;;;./    .,.     _ /″           _/;;;;;;;;;;;;;;;;;,./ ´        _ン'
    ,lゾ  .〃   .,〃 ./  ,i";;;;;;;;./     ./     ,r'./     .,    ._/;;;;;;;;;;;;;;,,,./ ゛       . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir / ;;;;;;; /    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  _/丶;;;;;;,ン'″    ,, ;;二二r‐''''、;;;;;;;.
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ / ;;;;;;;;;;;;l  .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'";;;;;;;;;;;,/゛  _,,,,,__ ,ir!'"       `'''″
  .il″ / ;;;;;/ ,ノ゙''゙,i彡'゙i/'";;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐''"./     ,-/'" ,.. ;;/!"._./ ";;;;;;;;;;;.,./ _..-、., />'"゛
. ,i|′ ,/;;;;;;;;l゙./ ;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|  ,.il!ン''/...-彡 '',゙..-'";;;;;;;;;,..;;二―'",,/'!'"
// ./;;;;;;;;;iレ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / .,. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″         _..i
/r'";;;;;;;;;;; 〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'“;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ`-ー'"゛            _,,.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 彡‐''゙,゙.. /               ,..-''゙´;;,,..、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             _..- ._,,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,./ ″   ._,,,,_,,,..;;ニニ!゙彡''彡-‐'"゛        ‐‐‐'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;./ ._,, ー'''゙゙´;;;_.. ;;ニ`- ゙゙゙̄‐'"゛
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.. `-'''''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iiijj⊇....--‐',゙,゙,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,..r‐ '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_..-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"´

2171 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 19:17:26 ID:oDlq81js0



         , -─‐──‐-、
        /、ハ,        \
      /^ <  て        \
      l  ./'Y''~ヾ       ; l⌒ '"⌒ ヽ、
      |  `  ::::::::::::::::::      |ー       \
.      !   ::::::::::::::::::::::              ,;   \ ,rー、
       ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
      (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
     ゚~゜´^i!i!i!i!i!⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜
      ( i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! と_
   ( ̄i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! ,
    `ー、i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! j
      - _i!i!i!i!i!i! ` ー' ̄     ̄
        廴_i!i!ノ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃声が続くことは無く、弾丸は青年の頭を貫き、鮮血が舞った

┃身体が地面に倒れ、頭から何か柔らかい物が垂れてくる

┃声も上げることなく、青年は死んだ……

┃死亡した!


2173 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 19:20:04 ID:oDlq81js0
というわけで死亡でした

壁に血痕があると言ったのですが、分かり難かったようです。すいませんでした

2187 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 19:26:37 ID:oDlq81js0
まぁ、一応一話目はこれからの参考にしていく項目だからもう少し考えます

それでは巻き戻し……






……一発でも安価ミスったらヒロインの頭ぱーんする予定なんて口が裂けても言えないな

2188 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 19:26:41 ID:y57k/H4U0
まあ基本的に主人公やヒロイン全員死亡前提の心構えでいればいいんだなw

2189 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 19:27:30 ID:mVdqOpHQ0
今回の即死は仕方ねーよ
即死じゃないけどペナルティ♪とか言って
手足に喰らったとしても武器を壊されたとしても、後で詰みそうだ

2191 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 19:28:20 ID:zcn2EoKw0
安価ミスで死亡というのはここの芸風でいいかと思う

2192 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 19:28:29 ID:fTDm5Mh.0
この難易度でやるなら、【】を使う方がいいかもね


2194 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 19:28:46 ID:oDlq81js0
あとで少しバランス調整してきます




          _,, -==ー-、 ̄/                         l
       /.〃 y ⌒ヽ.r、 ヽ{                          l
   u  / ./      '  ヽ ゝ                        /
       | / ,        ノ⌒ヽ           |         /
       |し'| ./`!        ヽ        /        /
       |  `ー'  | /|      ヽ_    _/       ヽ /       ……先手必勝
       |       `´  ヽ          ̄ ̄T          l'
       |   ,、          、       ヽ、          ノ
  u    \ー' !          ー - 、    丶、__   /
           .\`ー-‐1__         `丶、    /,ィー'´
            ̄ ̄ ̄`丶、         メ __ ノ' /
                  `丶、_.     ヾ/ /
ヽ          u           `丶、  / /
  ヽ                      `ヽ   ヽ_/ /
   \                            /`ヽ、
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃何かが居るのは分からないが、それでもやるしかない。
┃反応が遅れれば死ぬのは自分なのだ

┃青年の手に握られた銃口が鈍い光を放つ

┃何のための銃だ、こういう時の為に備えているのだろう











       /     /                    ヽ
     /     /..、   ヾ  〃              i
     i    ノ{:;:;:;:}    ii  〃             i         くそったれがぁっ!
     i   ゙´ { ゞ'"    ツ   /            i
    /`     ゝ    ´    /            /
    i       ヽ    U  /           /
    i        }       三         ,../
      \____ノ       "____   イへ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃物音が強まると同時に、覚悟が決まった。
┃グリップを握る力を強め、瞬時に振り向き銃口を構え、引き金を絞った

┃どこに向けて撃つ? 29:00またはいちばん近い物     1床
┃                                     2壁
┃                                    3天井


2196 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 19:29:32 ID:zcn2EoKw0


2214 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 19:36:15 ID:oDlq81js0
むぅ……もう少しわかりやすくして、何か重大な安価があれば事前に注意を促しておきますね

ヒロインは……巻き戻しします




                                   _..-'ッ    ''"
                                   _..-'"゙,/´
                              _/゛.,..‐″
      _,,,..y         _.. -''''゙,゙`-     ,/_..-'"
  _,.. -'''゙゙ /       ._,, ‐'″._..-'"      ..r←'´
‘゛ .,..-'"     .,..-'"゛ ._..-'"゛
. ‐'"     ._..-'゙_,,..-‐'"
       .l゙‐''"゛
                      ,..イ!″
                   _..-' /
              _..-'^ /
              ,..-'" .,/゛
        ._..-'″ _/゛
     ._..-'″ .,/゛
  ,..-'″  . /
-'″  .,..‐"
   ,/゛
.,/゛




                  /\
       |  /        |  / ,
   ,\__ノし//     \__ノし// 、
  /  ..)/⌒ヽ(_  __)/⌒ヽ(_ ',
   ̄ ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄   ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄
  ´  /⌒|「⌒\    /⌒|「⌒\
                 〈三〉 . |  / , |
                  \__ノし//´ 
           |  / ,, )/⌒ヽ(_  〉
        \__ノし// ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄
       /  )/⌒ヽ(_ /⌒|「⌒\  \\
      /  ̄ ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄ ,//   \\
    ヽ/ ´  /⌒|「⌒\  二/      \〉
            // \\
           //    \\
          //       / /
          \\        / /
           \\     ヽ〉
            \〉
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃決まった。壁に向けられた銃口から放たれた9㎜弾がネウロイと思わしき
┃物体の体を貫通し、引き裂く。

┃一瞬鳴き声を上げたかと思うと、すぐに力尽く様に地面に落ちた後、小さい爆発が起きた



2223 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 19:41:12 ID:oDlq81js0
シュレイク? シュラーク隊だっけ? vガンダムで死んでいった部隊って、あれを見た時の衝撃は凄かったな……

今日の投下が終わったら意見を取り入れつつ直していきます

                        -―-
                     /        `
                       '            \
                    /              、
                  '                 }>
                /  \    /       イ         …………
                  /_i ( ●)  ( ●)   /:/
                 \ `ー、(__人__) r―. . ´三.人
                  \三ヽ`⌒´  !三三三/= \
                        )--},不 ̄ )--―´三/三\
                  ア)yし'- ニニィ三=|三ア三三三\
                /ニ7^}:ア´/// /三ニレ'´三三三三=.ヽ.
.             ___∠三=/ /::|/////三ニ/三三三三三三= l
           /三三三 〈三/ /:::::|///三三/三三三三三三三= |
         /三ニr====='=./ /::::::::l/三`==┐三三三三三三三= j
     .  /三三|三三≡/ /::::::/三三三三|三三三三三三三=./
      /三三=|三三=/ /:::/三三三三/三三三三三三三=/
.      |三三ニ |三三/ //三三三三/三三三三三三三ニ=/







               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ      危なかった……今のは、本当に……
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃爆発音が引き、ネウロイが消滅したことを確認するとようやく息が出来た

┃少しでも銃口を向けるのを間違っていれば死んでいただろう……

┃どうやらここのヒト達はこいつにやられたようだ。頭部と思わしき
┃所には小さいながらも銃口が着いていた


2225 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 19:44:44 ID:3He3xCgA0
というかこのネウロイどっから入ってきたんだ


2226 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 19:45:41 ID:oDlq81js0
ヒント、扉を跨っていた死体はなんででしょうか?





                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l        ネウロイって、こんな小さい奴までいるのか……
          l       '´       r  .l
        .|. U   =≡=   =='' ',       おちおち油断も出来ないな……
.          ',             ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ       誰も武器が無いんじゃ抵抗もできないのか……
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃とりあえず、当面の安全は確保できたか

┃空になった弾倉を入れ替え、コッキングレバーを引くと安堵の溜息を付く
┃一本に付き一体と考えると、あとは6体が限度か?

┃どちらにせよ、もう安心だろう。

┃操作盤を直し、部屋に灯りがついた


2232 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 19:49:33 ID:oDlq81js0
                 _______ ____
                /         (__ ゝ
              /           (___ヽ_      ここもさっきとおんなじ状況だな
             /   ──     ──  (__ _ ヽ_
           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈    いや、少しばかり数が多い気がするけど……
          /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \
          |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
          |       (    i    )       |三三)
          \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
            \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
             〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃辺りを見回し一言。ネウロイがいたという事は、ここに居る人は
┃あらかた殺し終わって獲物が居ないか徘徊していたのだろうか?

┃どちらにせよ、自分は盛大に音を出してしまった

┃何か起こる前にきらきーの所へ帰るべきだろうか……


2234 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 19:53:44 ID:oDlq81js0
                 ̄ ̄ ̄`ヽ
          /            ヽ
         /                ',
           i                 !       ……ん?
        i                , ィ´j  l
         l            、,ィ´ ゝ'ィ   ト、
          l    ___,ヾ, ヽイ、 ` ー‐   j  ヽ
        !    ゝ、_!ソイ      )   /    ヽ
               {    )ー‐'   /      ハ
         ヽ     `ー '´    ィ´        l
          ハミ≧ー ___ ,, ≦         l
        /                       j








               |   |;;;;;:;;;;;;:;;:;:;:;::::::::::::| |      |               |
               |   |;;;;:;:;:;;:;::::::::::::::::::::| |      |               |
               |   |;:;;;;:;::::::::::::::: .  | | (()  │               |
      ,.         |   |;;:;::::::::::::.      | |      |               |
    ,;:' ゙        |   |;;::::::::.      | |      |               | :.;'
               |   |:::::.         | |      |               |   :.
               |   |::         | |      |               |
               |   |         | |      |               |
               |   |   ,:  ; "  | |      |               |
               |   |     '       | |      |               |
              .::' |   |         | |      |               |
               |__lニニニニニニニニニニ| |      |________,;;'|
            /           .   | |    /                \
            /                 | |  / ,';.                 \
         ,/                 |_|/  ,
      /
      /
:   /
:';./
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃帰るか。そう思い、来た道を引き返そうとしたとき、一番奥にあるドアから光が漏れだした

┃ネウロイか? 銃を構え扉の方を向ける……どうやら出てくる気は無いらしい

┃灯りが漏れるだけで、そこからは何も動かない



2235 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 19:55:52 ID:oDlq81js0
                        -―-
                     /        `
                       '            \
                    /              、
                  '                 }>
                /  \    /       イ
                  /_i ( ●)  ( ●)   /:/        ……行くか?
                 \ `ー、(__人__) r―. . ´三.人
                  \三ヽ`⌒´  !三三三/= \
                        )--},不 ̄ )--―´三/三\
                  ア)yし'- ニニィ三=|三ア三三三\
                /ニ7^}:ア´/// /三ニレ'´三三三三=.ヽ.
.             ___∠三=/ /::|/////三ニ/三三三三三三= l
           /三三三 〈三/ /:::::|///三三/三三三三三三三= |
         /三ニr====='=./ /::::::::l/三`==┐三三三三三三三= j
     .  /三三|三三≡/ /::::::/三三三三|三三三三三三三=./
      /三三=|三三=/ /:::/三三三三/三三三三三三三=/
.      |三三ニ |三三/ //三三三三/三三三三三三三ニ=/
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃扉の向こうでは人影と思わしき影がチラチラと動いている

┃何かが居るのは確かだが……さて

┃下4      1.生存者かも知れない、行くか
┃        2.いいや、帰ろう


2239 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 19:56:55 ID:k/ZVi.lI0

これ以上生存者抱える余裕なそうだし


2249 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 20:04:15 ID:oDlq81js0
敵ではないが、生存者でもありませんでした





                        -―-
                     /        `
                       '            \
                    /              、
                  '                 }>      いんや、止めとこう……
                /  \    /       イ
                  /_i ( ●)  ( ●)   /:/       全員死んでいるんだ、気のせいに決まってる
                 \ `ー、(__人__) r―. . ´三.人
                  \三ヽ`⌒´  !三三三/= \
                        )--},不 ̄ )--―´三/三\
                  ア)yし'- ニニィ三=|三ア三三三\
                /ニ7^}:ア´/// /三ニレ'´三三三三=.ヽ.
.             ___∠三=/ /::|/////三ニ/三三三三三三= l
           /三三三 〈三/ /:::::|///三三/三三三三三三三= |
         /三ニr====='=./ /::::::::l/三`==┐三三三三三三三= j
     .  /三三|三三≡/ /::::::/三三三三|三三三三三三三=./
      /三三=|三三=/ /:::/三三三三/三三三三三三三=/
.      |三三ニ |三三/ //三三三三/三三三三三三三ニ=/
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃部屋の扉を後にし、今まで来た道を戻る事にした
┃時間もそろそろ夕暮れになるところだろう、少女も心配だ

┃青年は死体だけとなった防空壕を出て、教会に向かった……

























             ,yvvイイイイソハvvr
              ,yソyツツツツツツツツツノィ
          トミミヾヾヾ'ソ'ツツツ彡彡メメ
          ミミミ`゙゙''khゝ''    彡イイ
          ミミ    `ソ   ∠__ヾ'y-ソ          ……去ったか。それもまたよし
             `ミ>、___  r''fテシ´ {{ソ l|
           ミヘヘ'''叨 l         oノ
           ヾヽ   l__      l|..\、
           z‐| ヽ、 ー-‐'   / l| ヘl `ヽ___
    __,,-ー辷二/  l ヘ'シ>,、   ィ´ i. ヾソ    Yゝー、__
    }>ー-、 /   .ヾ/  , l`゙゙´   ヽ      \  `ォ、
    ∨   z´__       |ー 、  -ー }        ヾ、´ /
    ヽ    ヽ、__ゝ、   |        :l    __,y-''' ´ 〈
    ∧        >  .l       }  .r''´ー''´   ./ ヽ
.    ノ ヽ、  zー'''゙゙´    ',      ノ   ヽ、    /l  ヘ
    /  |レヽ  `ヽ     '、  .  /      ヽ、  /.l|   ヽ
  ./   | l´ ヽ   \    ヽ l /       _,,-ー少  ||    ヽ
  /   .| l   丶 __ヽ     ヽ|/    /__ノ   ll     ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃部屋の中には、一人の男性が残念そうな顔をしていた

┃手に持ったコーラの瓶を投げ捨てると、用意していたもう一本を手に取り、どこかへと消えてしまった


2251 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 20:05:00 ID:k/ZVi.lI0
フラグを折ってしまったかもしれないか

2252 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 20:05:42 ID:3He3xCgA0
だから誰なんだアンタ
やる夫の妄想じゃなかったのか

2256 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 20:06:56 ID:VFkhtQIk0
人外か何かかと思ったがコーラは飲むのね

散さまは元ネタ的に何でもありすぎる人だから困るわww


2258 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 20:10:05 ID:oDlq81js0
ちなみに部屋に行けば散様が今回の状況について説明してくれてました

今回は選ばなくても特にイベントが展開しないとかはありません


部屋に行った後に襲撃されますし

2263 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 20:12:34 ID:oDlq81js0
まぁ、部屋の状況についてはあとで説明します   それと皆さんに不快な思いをさせてすいませんでした、以後気を付けます



             ,,   ´  ̄ ̄ `   、,__r--、
          r''ュ-/´           .fl昼q  ヽ
         /  {r3!}             !=彳li  il
       |  /`´                l l  il、
      /! /     ii  i i i  i i  i i i    | il
      / l .i  |   |i ll li l  l li  ll  l  , .l  il
      / | li  | ll l li  !l ll l li、l_ハ__l_;_ |  / l  il
.    /  l  ll  ! l !l 7ニ-ri l l .l l l___ l l / /  l  l il
    .li.  ! l l. ヽl <_ く廻_' } V. i'l:::ii:d`i / /  l   l il
    li   l  l! ヽヾ 'r、Y__r‐′  .ゝ辷っ!l ./   l   l il
    li    ∥  l  l,""    '    """,ll /   l    l  il
    l   //   }  ヽ、   c-ュ  イ!_λ   l    l  i l
    l  / l  r 、 、__ゝ  !=r‐‐' 、┘''´/  _ ァ l   l  l .l
     l l l   } .| |__,_ ___ ./__`_ミr'  `--,/. | ヾ  ;  /
    / l l /  |__r ユf ..ヒ二,' `i__fて/l  ヽ  i |  /
   / l  l /      l l  ⊂ニ   i r `'''′  \ l l /
  / l  /        /   ヒ' ̄!_  ,-l-r 、   l   ヽl lヽ
 ./  l   ゝ    / /   _f'´´U ''´ /       /  ヽヽ
../  l    入  // /    \,     ヽ,    /    } \
l   l     く //     /  \     ヽ  ∫     /.  }
!   l    て l     / r-'' l      !  l    /   }
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃少女は礼拝堂の隅に隠れるようにして怯えていた

┃扉が開かれ青年が入ってくると、顔をほころばせて近寄ってくる
┃……が、身体の至る所にある血糊を見てか、顔を蒼白な物に変える

┃青年は少女に自分が無事な事を伝えると、手を引き帰路に就いた


2274 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 20:22:16 ID:oDlq81js0
ごめんなさい、すこしG退治してたらおくれました




           \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
            \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
  '''- ,,_           | i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|i |
  ||i;i;i;i; |          .| i|      _____     ____                 |i |
  ||i;i;i;i; |      ,    | i|    ロロ:|::::::::::::::::::::::::::|    |; ∧))∧ :|:               |i |
  ||i;i;i;i; | ,         | i|   _□ |::::::::::::::::::::::::::|    | §´ー`; :|:  ,____ 、      |i |
  ==== |     ,-、゙ .| i|:  | ゚ |: .|:::::::::::::::::::   |    |: /)::H::): |:  |`ll ̄ ̄ ̄l |l____________、|
  ||i;i;i;i;i;⌒Y⌒| ii ) | i|    ̄   |::::::::::      |     ̄ ̄ ̄ ̄   |、|___:,|、|| ̄ ̄ ̄||
  ||i;i;i;i; |. ||  `-'   | i|____|_____...|゙_________.|`||ニニニニ|||l[「「[[[「「l|
  ||i;i;i;i; |. ||     /:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: γー――――― 、__'. .,: .:'. .,:...゙ヽ||____________||||ニニニ,|| ,_
  ||i;_,-'"' ||   ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. i i__         __i_i i:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: ..:::~''-
  '"    || /'. .,: .:'. ._,--、:'. .,: .:'. .i___| ̄  ̄ ̄ ̄ ̄\ i.. ..:'. .,: .:'. .,:,-- ,,:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .;__|~;|_
       ||:'. .,: .:'. .,: .:'.| .:\.:`ー 、:'. .,:|          \.:.:'. .,, ー' /.: |:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: |`- , |__|
      //|\,'. .,: .:'. .,;;;i',',',',',',',',') i:'. .,:iニニニニニニニニ i:'. .,:i (',',',',',',',','i;;. .,: .:'. .,: .:'. .,: | |`- ,
    ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:';;;;;|______,,j/:'. .,:|il:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i|.::'. .ヽ|______,,j;;;;;: .,: .:'. .,: .:'. .: ̄: .;;;;;`- ,
  /:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: . ;;;;`-
/:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'.. ;;;;`-

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃家に付いた時にはあたりはすっかり暗くなっていた

┃リビングで差支えの無いように血糊を落とす……かなり苦労したがなんとか落とせた

┃ベストも外し、短機関拳銃もテーブルに置く……あとで分解して整備すべきだろう



2279 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 20:27:14 ID:oDlq81js0


    ,´, -‐'こ                     、ヽ ヽゝ=イ_ノ ヘ.   ,
   __ノ 公  ト  ,           ヽ        ヾヽヽ(三ソ   ヽ  i
. /て、l Lソ メ、/            , ',ヽ   ! ヽ 、ヾヽ ', f{  i 、 ',.|
|  / |  '´/ /   /  i  / ,' , i l ', ヽ  iト、 ', ヽ ヽヽ'! '、、 ||  l !
 、 / `> / / /   l   / '  ! | l ト、 l| l,  li l ヽヾ!  ) ! l   l |
  ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|
  ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!(| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |
   ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l,,ヽー冊―代, ハ メl |  l,/ ,'| l|
   l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', , ' !,'li llV)/ ヘF/l/ l |  / / l l|
   | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨ `.\il__ /}リ/ノ l , -┼y' l|
   | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j '    _ 彡==、イ/ /ん/  / /}  |、
   |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ      `"   。○ /ソ |' /`ー;' ,'| ハl
    '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7         。 ' ,' ハ/   l / 、 / l|
   ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     、    o  ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
  /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´                /´l|//イX!  |   (_土--― 、
  ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、   r⌒  )    /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
. / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ ヽ    ー    /イリ / ル八/|/ ナ´   ',   r
/   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`  ヽ 、、_ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「 ̄´
   ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、
  ハ   、 、; 、|l メ、 l ヽ ヽ ゝ-‐'   ̄了:.:.:.:.:.ノ |  /、   ヽ     メ、
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃話すべきか話さないべきか、迷ったが少女の強い願いもあり全てを話した

┃防空壕の中での死体の山や、ネウロイが出た事。そして生存者はいなかったこと……

┃全部を話し終わった後、少女は大粒の涙を流し、声をあげて泣き始めた。
┃あそこには少女が避難してきたときからの友人や大人もいたのだろう

┃なにも言わずに青年はただ、少女の隣で頭をなでるだけだった


2282 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 20:31:04 ID:oDlq81js0
                       __  _   ,. -- 、
               _ ..-‐…  ̄    (( ̄_fY'⌒Yハ
              ´              `ー‐代f少り
                              `ーテ:ハ
           ′-― -                ( (__ '.
         _ノ__                     `"て '.
          /rv ‐‐、,. -<_ノ)                 \ ハ
       / ハY⌒Yイ⌒ ´                   ヽハ
        | 代心少リ                   ヾ  ヾ.   i!   i! !
        | `'rz-‐'′          ヾ '. i! |i ト、 \ i!  i! ∧
        |  ゞニニ ァ            i ! i!i!i | ヽ  ヾ!  j/ ハ
        |   |-,=イ         ィ i!| |  i! i! i!i:| ! _ ∧_ j!|  /  / i
        |  ! !  !  ! i!  i (( l!| |  l! i! ,ィ|升!|  i! !i!// ! /  ヽ.
        |  ! !  !  ! i!  i  ))i!| | ..=、i! | !| i!i! ィ リ/ j∧    \
      /i  i∧ !  ! i!  i 'イ ィ' 《(____l! | !' ィ彡 ' / / j! ヾ    \
  __..  /  / .∧|  ヘ. ヾ((.イ !_!_i__!_つ )′      'イ / ハ:  \    `
      /  /  i!爪   \. ゝ=Y´r'ニ Y`Y′      '⌒)j/√ ノ  _)_   \
     ′ ∧  i! |! \   \ 〈 《 f少入j!       ( ( // (__ノ´    `ヽ  `ー- ..____
   /   .′ 、! |   ゝ ニ=- ゝ_ー_てン!   - ´  /:) `ー 、          ト .._      ` 、
       /     ヾ !        / >--、jj__ ノ⌒)-f⌒´  __ノ       / |  ` ̄ ¨ヽ.  \
 .′   /     .′      / ノ  (____    ノ⌒   ( ⌒!      /    ヽ、   \   、   \
v'   /       /        ′      )    `つ__.ノ⌒′|       ′      7    \ \   \
′   .′     .′       /   /`ー‐'"    `て  ト、_ノ       ′      `…‐- _ )___.)     \
   /     /       /    人__rz      f⌒'´|       )     /   r' ⌒ヽ.._r‐、__r 、__,.ゝ、   、 \
 /      /       /ー…'"  /〈   代__j‐┘ | l⌒  ´    .′  ¦    )\  ヽ.    ´ ̄ ヽ ヽ. \
.'     .′ /       i/       / /`ー く   7 ∧ ー┐.へ、 / r_‐_、_ノ .'⌒'´            /  i!   ヽ
     ′′       /         { レ'⌒ヽ. \ / /  _)'¨  ̄ ̄ ̄ ̄      /   (           イ′ i!     )
    / /        /           _r‐z-r'`ー__..二‐‐(               i!     \    __..ィ'´i/   /   .イ
   ′|      ,.イ           〉 _,. イ´       )_ノ        _ ィ⌒ヽ     ` √i!   / /     / |
__..ノ  i!   / ノ          / (___ /      (_     √¨丁 .′ ′`ー──-、| ¦ 〃 /       ′  |
    i  .′(  ̄ ̄ ̄`ヽ.   /Y⌒y′ ィ'      / `ー┐ /1   ヘ/  ,′          V' /  ′      i   、
    | ノ  _)     \、_j  /____)/ / |    .′    し'`′  i/  /   /       ¦′/         ゞ._   \ ___
..-‐─┤ ⌒)(         \ (    し′ |  '  /     , ′ /⌒´  .′ ,.′      ノ  i            ̄ ̄     ` 、
    l  j⌒ヽ     ヽ.  ! `ー-v'    | ! /      {  イ       /  /    ‐…      、                   )
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃それから十分後。

┃泣き疲れてしまったのか、いつの間にか少女は夢の世界へと旅立っていた
┃明日に引きずっていると対処に困るが、仕方がない。これは本人の気持ちの問題なのだから

┃少女の体を持ち上げ、ソファーに寝かせると、自分はリビングで一人明日について考える事にした


2288 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 20:39:24 ID:oDlq81js0
                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ      ……生き延びたのは自分ときらきー
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }     二人だけか……
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     iガチャガチャ
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |





               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \          街にはまだネウロイがいるし、救助が来る見込みなんてない
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ       下手すればここにネウロイが踏み込んでくるかもしれない……
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/キッキッ
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃MP40/Ⅰをフィールドオープンしながらこれからについて自分なりに整理をしていく

┃状況は最悪、というよりは最悪を通り越してなにも感じなくなっている。打つ手なし

┃どうするべきか……煤で汚れたボルトを拭きつつ、頭をこじらせていく



2296 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 20:44:16 ID:oDlq81js0
                _, -=========ー-、
               /              \
             /           ー--=、  \
             /            /┬-ヾ  `l      …………
             |            ∥  i、:::::|   |
             |            ヾー-ーナ   |
             |                    ヽ、
             |                 (,,_,,人)
             !、__,,,,,,__   __        ̄ ̄7
              〉___ __ ̄ ̄〈         /ギィッギィッ  カシッ
             >三三三三》:.::.:.:..\    /´/













                         ,.-ー=========- ,_
                       /              \
                     /   ,.=--ー           \
                     l´  ッ-┬\            ゙i
                     |   |::::: ,.i  ∥            |
                     |   ナー-ーッ            |         出るか、此処から
                    ,.,r'                    |
                    (人,,_,,)                 |
                     7 ̄ ̄       __   __,,,,,,__ ,.!
                     \         〉 ̄ ̄__ ___〈
                       \    /..:.:.::.:《三三三三<
                        < ヘ _,,,x≦三三三三三三≧x
                       _,,x≦三三三三三三三三三三〉
                       |三三三三三三三三三三三三!
                      ,x≦三/三三二二二===二三|__
                  ..<三三/三三三三三三三三三三三三≧x、、
                 /三二ニ=ニ二三三三三三三三三三三三三三ニヘ
                   /三三三三三三三ヽ三三三三三三三三三三三三三\
               /三三三三三三三三=V三三三三三三三三三三三三ニニ\
                   iニ三三三三三三三三∧三三三三三三三三三三三三∧=ハ
                   lニ三三三三三三三=∧∧三三三三三三三三三三三三∧ニヘ
                  lニ三三三三三三==∧//∧三三三三三三三三∧三三三/ニニ〉
                 lニ三三三三三三=∧////∧三三三三三三三//∧三三/三=/
                lニ三三三三三三∧//////∧三三三三三ニ////∧三/三=/
               lニ三三三三三=∧////////∧三三三三ニ//////∧/三=/
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃掃除が終わった部品を慣れた手つきで組み立て終わると同時に
┃青年は呟く……覚悟が決まったらしい

┃鈍重な光沢をちらつかせる銃を壁に賭け、纏めておいてある物資の中から地図を
┃取出し、テーブルの上に広げた



2297 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 20:48:11 ID:oDlq81js0
                      / ̄ ̄ ̄ ̄\
                     /―   ー    \
                     (●) (● )     l
                     i(__人__)      /        伍長が言ってた場所は
                          \`⌒´ .,:// ...,,,ノハヘト,、
                            ー'゙´/,///////∧/≧;,、_      ……歩いて2日って所か
                        _.,、イ/ム/////////∧////≧;,、
                     ////////\////////|/////!/∧   きらきーも居るから一日増えるかもしれないな……
                        l//////////∨//////|/////i///
                        l///////////l//////イ///////{
                         ,イ///////////!//////!////////7
                  ,.イ;イl///////////l//////l///i!/////!
                   ,.ィ≦彡",イl///////////〉,/////l///l!/////l
              ,.ィ≦彡"´ ノイl///////////∧/////l///l!/////l
            ∠彡イ才   {{  }l//////////〈//////////il./////l
          ∠彡イ才       }} ////////////∧/////l////i./////l
        |彡イ才      {{///////////////〉////!////!/////:!
        |才´        Ⅵ//////////////////////イ//////:!
                  _Ⅵ////////////j///////∧!///////!
                  j//////////////イ//////く  Ⅵ!/////j
                 ///////////////j!////////>〈///////l








                        -―-
                     /        `
                       '            \
                    /              、            食料をもっと集めてこないとな……
                  '                 }>
                /  \    /       イ           欲を言えば武器ももう少し欲しい
                  /_i ( ●)  ( ●)   /:/
                 \ `ー、(__人__) r―. . ´三.人           後は日用品……寝袋なんかがあれば御の字だな
                  \三ヽ`⌒´  !三三三/= \
                        )--},不 ̄ )--―´三/三\
                  ア)yし'- ニニィ三=|三ア三三三\
                /ニ7^}:ア´/// /三ニレ'´三三三三=.ヽ.
.             ___∠三=/ /::|/////三ニ/三三三三三三= l
           /三三三 〈三/ /:::::|///三三/三三三三三三三= |
         /三ニr====='=./ /::::::::l/三`==┐三三三三三三三= j
     .  /三三|三三≡/ /::::::/三三三三|三三三三三三三=./
      /三三=|三三=/ /:::/三三三三/三三三三三三三=/
.      |三三ニ |三三/ //三三三三/三三三三三三三ニ=/

2303 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 20:52:50 ID:oDlq81js0
                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、     食料と日用品を入れるなら大きなバック……背を得るのがベストか?
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !    きらきーは小さいから持てる量が少ないし、自分が殆んど持つことになるから
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !      大きめのとと中位のが一つあれば足りるか
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7





                    ___
                  /        ` 、
               , '              \
                 / ヽ、     _,.. --   ゙ .
             /  _`__     __     ,      あと、コンパス。これが無ければ外なんか絶対に歩けないぞ
                ′  ̄ ̄        ̄ ̄    ,
               {  "'              、、 ∪ }     通信機なんかがあれば一番なんだが……きらきーが使い方知ってるかね……
.            、     ゝ-‐ ー- '      /
            _> 、              /       とにかく、あれば持っていくものをリストアップしなきゃな……
                ∨/r v'´ ヽ _  「/7,<
           /V,l / \ V   」/////〉
.            ,.イ //Y〈_   ヽ.〉 く//////__
            /.:.|///ゝ、 `ヽ./ f⌒o 7¨´///}
            >、:ヽ/ ` `Y !  _! [`__'7´////,j
.      __ /   〉′j .イ /} } / _/ ∨//////,|
     / f´ | ト、` 、ゞ / { {//   У//////|
.     { l  | |  ` ー'‐ = Tl _  〈/>z/_∧,|
     ヾ.、 | |      二 l |   `゙` </_/_j
.          ` ┘^  .   二 //      /  ̄
                ` < {.{ 、 __ ノ

2304 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 20:55:09 ID:kfT2kfs60
しかし、これウィッチーズスレっていうか
生き残りサバイバル(宇宙人襲来編)とかのイメージが強くなったな

2305 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 20:55:12 ID:0uoKdct.0
まあ、早く脱出したほうがいいだろうな
ネウロイが出始めているし

2306 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 20:57:50 ID:iaK/Xiwc0
元々ネウロイの設定や脅威考えると人がバンバン死にまくるパニック映画でもおかしくないから困るw

2307 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 20:58:51 ID:tTU9vROo0
まさか1スレ完走してもウィッチが未登場ってことはないですよね?w


2308 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 20:59:53 ID:oDlq81js0
だ、大丈夫! 一番最初の方でミーナさんや坂本さんとか出てるから……たとえ出てこなくても>>1は悪くないはず……



                         _____
                        /        \
                      /           \
                     /, --、    .,.-- 、   \
                   / ., ーヽ   ,'. ー-、       \            明後日がベスト
                  /   ( ー l    l ー )       \
                  |     `ー ノ    ヽ ー '            |           遅くても3日でこの街を出るか
                  |   '⌒(____人____)⌒`        |
                  \      `ー--‐´           /          明日からまた忙しくなりそうだな……
                    \         /,ヘ丶>ー-:::::く.._
                     \_    //:::::\::::::::::::::::::::::::\
                     ∧:::::::: ̄ ̄//:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ゝ
                    /:/\::::::/〈/::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::∠
                     |/:::::::ヽ{二ニ=:::::::::::三≡::::::::::: ̄:::::::::::::\
                 /::::::::::::::://  /:::::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::::::::::: | |   |::::::::::::::::::::::::::::/:_....::::::-─-、:::::::::\
              /:::::::_....-‐:::: ̄::::‐-..._::::::   :::::/  、丶\\\::::::::::∨
             /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::: ̄:::::::::二=/  ノ ノ 丿 .|:::::::::::|
            /:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈/、/、/::::レ'::::::::::::|
            |:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            ∧:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            レ'\::::::::::::::::二ニ=───::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::/
             |ノ-' ̄ ̄ヘ::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::::::::::::: ̄/
                   〉:::::::::::〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                   /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::_==ニ::::::/
                    /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    __  -―:::::::::::::::´:::::::::::/,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃地図に丸い赤印を付ける……ここが集結地点だ

┃何時まで軍が駐留しているかは知らないが、早い方がいい

┃ネウロイだって自分たちに遠慮してくれるとは限らない。

┃溜息を付きながら地図を閉じると、青年はポケットから煙草を一つ取出し、咥える


2313 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 21:04:07 ID:oDlq81js0
                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \
          /                         \          ……辛いなぁ、何もわからないって
        /                         \
          /                              .
       /                             i
        i                             |
        |                              |
        /                                 /
      {                                / タバコマズイナ、コレ
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃自分は誰なのか、生きて欧州を出れるのか

┃青年の周りには分からない事ばかりだったが、ここで諦める訳にはいかない
┃手紙に着いても全然なぞは解けていないのだから

┃青年は一人愚痴ると、煙草を捨て毛布にくるまり目を閉じた

┃今日はもう疲れた、もう寝よう

┃数分もしないで青年からは寝息が聞こえ始めた……


2317 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 21:11:15 ID:oDlq81js0

           \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
            \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
  '''- ,,_           | i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|i |
  ||i;i;i;i; |          .| i|      _____     ____                 |i |
  ||i;i;i;i; |      ,    | i|    ロロ:|::::::::::::::::::::::::::|    |; ∧))∧ :|:               |i |
  ||i;i;i;i; | ,         | i|   _□ |::::::::::::::::::::::::::|    | §´ー`; :|:  ,____ 、      |i |
  ==== |     ,-、゙ .| i|:  | ゚ |: .|:::::::::::::::::::   |    |: /)::H::): |:  |`ll ̄ ̄ ̄l |l____________、|
  ||i;i;i;i;i;⌒Y⌒| ii ) | i|    ̄   |::::::::::      |     ̄ ̄ ̄ ̄   |、|___:,|、|| ̄ ̄ ̄||
  ||i;i;i;i; |. ||  `-'   | i|____|_____...|゙_________.|`||ニニニニ|||l[「「[[[「「l|
  ||i;i;i;i; |. ||     /:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: γー――――― 、__'. .,: .:'. .,:...゙ヽ||____________||||ニニニ,|| ,_
  ||i;_,-'"' ||   ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. i i__         __i_i i:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: ..:::~''-
  '"    || /'. .,: .:'. ._,--、:'. .,: .:'. .i___| ̄  ̄ ̄ ̄ ̄\ i.. ..:'. .,: .:'. .,:,-- ,,:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .;__|~;|_
       ||:'. .,: .:'. .,: .:'.| .:\.:`ー 、:'. .,:|          \.:.:'. .,, ー' /.: |:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: |`- , |__|
      //|\,'. .,: .:'. .,;;;i',',',',',',',',') i:'. .,:iニニニニニニニニ i:'. .,:i (',',',',',',',','i;;. .,: .:'. .,: .:'. .,: | |`- ,
    ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:';;;;;|______,,j/:'. .,:|il:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i|.::'. .ヽ|______,,j;;;;;: .,: .:'. .,: .:'. .: ̄: .;;;;;`- ,
  /:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: . ;;;;`-
/:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'.. ;;;;`-
┏━━━━━━━━━━┓
      ????
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃足掻けよ。必至に足掻いて、死ぬ気で生きろ

┃お前の道は延々と遠く、お前の人生は微かにしか無い

┃英雄とは死して初めて英雄となる、そしてお前は英雄たる資格を得た


2318 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 21:13:34 ID:oDlq81js0
ウェディングドレス
 ̄ ‐- 、 /ソ y... __ ゙'、`, /丶 /゙、_ ヽ \ 丶..‐__ノ `i i    丶
 ..__ ,  `L, ,' i´6i ゙! _ Y `'''''/'"゙゛= ゙、   ̄ く  ̄ ̄ 7-、
\    ゝ', \__`,'-' 丿、  /____ ''゙! \ ..____,___ ノ   ゙
 >    丶゙ 、_入....ィ  ゙, 、 , :、:ヾ`;゙;‐;、-、i: /一 i i ,' `ヽ、ヽ\
´..__    \   /ー|   i: i!:ノi:!ii:i!i:i:iii::!ii、:゙:i、i:i"‐ ニ!_', ',   、
. 、 ! `  .._  \/_ Y ∥:i/:∥∥==、,i  ∥ '〃三:,:     i
  l   !ヘ ̄ /ヘ‐-..,,__、,i:i:ii!:iY-=ヾ 〃   //-=ニ二、  y 、 i
/ i   ゞ>ー/..__ミ/:r‐`:-、:i:!ii∥" i! i!    "´/-ミ三   '゙ヘ 7
 ヽ    |..___ ミ ミ、ヘ:!:.fr,!ii:i   `゙ `゙  /〃__/-、<   !..._ィ、
 i   ,  lミ !、r=-..ミヘ:ヘ:ヘ!、iミニ=,     /"_彡彡"ノノ/ /、_i.丶ヘ /
 ゙、   、_!、゙、゙: ー-、  \\\   !    /くヾ) ∥三!:、!iミ、`ニ 7. /
  , i  lミ iミ:__: : :.`   ゙ ー=ニニ、`  /ゝ:_彡 /_ ,.:彡 、ミ、、\ //
 l l゙、 , ハ フ ト-三: : :.:.       ヾ_ /!.___... <  `´lミ:i \─ ──
\/-rハヾ:彡:ヾ===≧==------.、  '         ハミ;i .i∧/ ゙、
. /\ヾハ、ー 彡ノヽ彡''´ゞ 彡' ,,' ,:丶          !ミ∧゙ /∧゙、
  ', `  ヘ  ゙ ミ:ミ: ":゙,ー--r‐''"  :.:丶 .:   ;   /i 、!:ノ厶 ゙ハ1 ゙、
、  、   l丶  `t"ニ':\':.:.:.    :.:!.:ヽ_..'_..r:"  / l i:,,''ーヘ ゙.∧ ゙、
.`、 `、  l 丶 :l_丶゙、i ゙;丶.    -..._..r=彡'   /  l i{ヾ  ヘ 1
..--゙--- '---__、   V.!i、\、゙:゙;:ー-.._      _,,".:  !  ゙、_ i l \i
 ) ⊂ , :-=': : : :`゙'''i- !i ', ',''"゙、彡ヘ `゙ー--‐'': : :  ,'    ゙''‐--..__
,r ',>/ i: : : : : : : : i: : ヾ ', ', ̄ ̄:゙-i: : :   : :    i   : : : . i. . .
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


┃早く、早く私の隣まで来い、やる夫

┃私は待ち遠しいぞ、お前が高みを上りきるその日が。私と肩を並べるその日が

┃何時になるか、何時だろうか……私はすぐ傍で見守っているぞ

2319 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 21:15:08 ID:3He3xCgA0
ヒロイン散様かよwww

2320 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 21:16:46 ID:4J7zCMNQ0
ウェディング散様


2321 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 21:17:09 ID:oDlq81js0

           \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
            \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
  '''- ,,_           | i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|i |
  ||i;i;i;i; |          .| i|      _____     ____                 |i |
  ||i;i;i;i; |      ,    | i|    ロロ:|::::::::::::::::::::::::::|    |; ∧))∧ :|:               |i |
  ||i;i;i;i; | ,         | i|   _□ |::::::::::::::::::::::::::|    | §´ー`; :|:  ,____ 、      |i |
  ==== |     ,-、゙ .| i|:  | ゚ |: .|:::::::::::::::::::   |    |: /)::H::): |:  |`ll ̄ ̄ ̄l |l____________、|
  ||i;i;i;i;i;⌒Y⌒| ii ) | i|    ̄   |::::::::::      |     ̄ ̄ ̄ ̄   |、|___:,|、|| ̄ ̄ ̄||
  ||i;i;i;i; |. ||  `-'   | i|____|_____...|゙_________.|`||ニニニニ|||l[「「[[[「「l|
  ||i;i;i;i; |. ||     /:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: γー――――― 、__'. .,: .:'. .,:...゙ヽ||____________||||ニニニ,|| ,_
  ||i;_,-'"' ||   ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. i i__         __i_i i:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: ..:::~''-
  '"    || /'. .,: .:'. ._,--、:'. .,: .:'. .i___| ̄  ̄ ̄ ̄ ̄\ i.. ..:'. .,: .:'. .,:,-- ,,:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .;__|~;|_
       ||:'. .,: .:'. .,: .:'.| .:\.:`ー 、:'. .,:|          \.:.:'. .,, ー' /.: |:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: |`- , |__|
      //|\,'. .,: .:'. .,;;;i',',',',',',',',') i:'. .,:iニニニニニニニニ i:'. .,:i (',',',',',',',','i;;. .,: .:'. .,: .:'. .,: | |`- ,
    ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:';;;;;|______,,j/:'. .,:|il:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i|.::'. .ヽ|______,,j;;;;;: .,: .:'. .,: .:'. .: ̄: .;;;;;`- ,
  /:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: . ;;;;`-
/:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'.. ;;;;`-
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃部屋に一人の男が、青年の隣に立っていた

┃慈しむような視線で、大切な物を扱うような手つきで青年の頭をなでると

┃幻の様に輪郭が解け、どこかに消えてしまった


┃彼が消えた部屋に灯っていたはずのガス灯が、いつの間にか消えていた


2326 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 21:20:09 ID:oDlq81js0
                       ;;;;;;;;_;;;;;_;;;;;;_;;;;;;;;;;;
                     .::::/      \;;;;;;;;;;;;;;
                    ::;;;;;./          ゙ヾ;;;;;;;;;;;;;;
                   ::::/  ─    ─    \;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::;;;.i   (─)  (─)     };;;;,,,,,;;;;;;;;;;
                   ::;;;;::...   (__人__)   /;;;;;::;;;;;
                   ;;;:,チ''゛''::'' `⌒ ´'::''''' ゙゙Y;;;;:;;;;;
                 ::;;;;y'´    , `::::::::'     `{;;;;;::;;;;;
                 ::;;;.(,    ″        '(;;;::;;;;;
                  ;;;;;:`,ll'-、 \     ll  |:::;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::::|   ゙;,_ ,:      ゙、 i;;;;,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;
                   :::::i   ::::           .'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                  ;;;;;;;;ハ  i:::::     ....::::''   `'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::;;;;;.ハ  '(i|||||lllllllliiii=''′   .,};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                 _,,,,,lllllllシ  ,,illllllllllll″ ,__,,,,,,,,,iiillllllllllllllllllll
                .(lllllllllllll、,,,ィ'illlllllllllllllli, ゙ lllllllllllllllll!゙゙llllllllllllllll
                  `”゙゙゙゙゙゙llllllllllllllllllllllllュ,,j'llll  !.llllllllllll
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そんな事など知る由もなく

┃青年は一人、毛布の中で明日を待ち続けるだけだった


┃一話の2日目を終了します


2333 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 21:22:48 ID:oDlq81js0
よし、いったん中断……目が疲れてきた……

あ、3日目に欲しいものがあったらどんどん上げてってくれませんか?

>>1が参考にするので一人幾つトカ制限は無いので、適当に思い付いたものをどうぞ。その中から選んでいきます

2334 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 21:23:33 ID:D9ckZhMQ0
正直ストーリーはさくさく進めて欲しい…

2335 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 21:23:56 ID:3He3xCgA0
固形燃料とか欲しいな

2336 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 21:24:17 ID:tTU9vROo0
欲しいものとは、やる夫への物資ですか?それともイベントですか?


2338 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 21:24:52 ID:oDlq81js0
まぁ、3日目は今日みたいに長くはやりません。さくさく進めて町を出てもらいます


というよりも、出ても割らないと2話に進めない……

2339 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 21:24:53 ID:ublvjpPw0
足が欲しいな、バイクでも自転車でも馬でもいいから

2340 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 21:25:33 ID:4qoCN7nk0
寝袋


2341 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 21:26:05 ID:oDlq81js0
欲しいの、物資ですね。

さすがに車とかは取っても、金属欲しさのネウロイがうじゃうじゃたかってくるのっで無理です


少し休憩したら解説します……

2360 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 21:48:10 ID:qdngU5vk0
コンドームが欲しいです!


2361 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 21:49:58 ID:oDlq81js0
>>2360   コンドーム?   今の時代ならドライ式のがカールスラント陸軍で支給されているけど
         一体誰に使えばいいんだ……?    散様?

2363 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 21:50:57 ID:wiZ8.ll60
コンドームは水が一リットル入るんだぞ!

2365 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 21:52:32 ID:k/ZVi.lI0
コンドームは水筒替わりに水詰められなかったっけ?

2367 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 21:55:28 ID:qdngU5vk0
>コンドーム
砂漠地帯だったら銃口から砂が入るのを防ぐためにも使えるぜ

2368 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 21:56:59 ID:VFkhtQIk0
砂ぼうずで砂に潜ってる主人公たちが銃口に覆いつけてたシーンがあったなあ


2366 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 21:54:34 ID:oDlq81js0
うーん、持ち物に関してまとめると少し時間が掛かるからまた後日でいいかな……?

今日は防空壕での説明と、やる夫の知識がどれくらいあるかで終わりにしようか……

2369 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 21:59:11 ID:oDlq81js0
皆がコンドームをそんなに好きだとは思わなかった……


それじゃあ、防空壕から行ってみようか

2372 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:02:25 ID:oDlq81js0


                  /\
                /\/\
              |\/\/|    パスッ!
              | /|二二lヽ|
              |\/\/|
            \|___|/
                 〈三〉 ./\
              |::::::| / /\\
              |::::::|/ /  \〉
         /\.    |::::::| /   ./\
       //\\.  |::::::|/  .//\\
      //   \\ !::::::! ,//   \\
    ヽ/      \二工二/      \〉
            // \\
           //    \\
          //       / /
          \\        / /
           \\     ヽ〉
            \〉

防空壕の中にはネウロイが居ましたけど、こいつらはどこから来たのか?
……実は普通に扉から入ってきました。

とある馬鹿がネウロイの攻撃にビビッて逃げようと扉を無理やり開けたところに待ち構えてた
ネウロイが襲撃。そのあと難なく防空壕入りを果たします

2374 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:06:31 ID:oDlq81js0





      ,> ̄`ヽr'´ ̄<    ,._- 、r'''Z.._                      __、─ v─z..__
     ィ          ゝ  /        \      ,._-─ v'''Z.._      ,> `      <
.     l     l'´`^ヽ   ヽ ./  , j'^^ヽ     \   <       >     イ ィ'`^'^'^'^'^'^'ィ ゝ
    |   ,イノ u  l ト、 N l  ル'uニニヽトゝ、  .}  ∠´  , ,.、   \     l.1  u     1.!
     |   ノ‐'-、_, 、_,リ‐W. │ .ノ∠ニニフバニニぅレ'  イ ,イ/ l/ ヽ}ヽl、 !`    | |'⌒'ー'  ー'⌒ | |
    |r=i| ⊆ニ・, .・ニ⊇|.  |r=Tモ=。TニF。=;T!   | /-─-' '-ー-‐| |   r=i| ⊂ニ・  ・ニ⊃ |i=、
     ||{^||     | | v |   ||L|lヽ.三./ vヽ.三.ィ′ r=T¨モ。fニf。テ¨T=、  {ft|| v   |.|  u |f リ
   ノ 'ー|! `! u L_」  r1   |`7|!rー'‘‐~‐' ‐-|   |h||`ー-イ  .ト-‐'||ヲj   `7l.   '-U-'   :|く
  ,ノ/|  l、  -‐-ー- ,'_/|./ |  -ー~~′ !   ゙ー|! u ‘ー-‐' u ll‐' -‐''7 |  -──-   |. ヾ''ー-
-'‐1|  |  |ヽ.  --  ∧ l  |'  l u  ー‐   ,l   rー:l  -一ー-   l-、  l   ヽ._   ̄  ,ノ   |
.  |.!   ! l. ヽ    / l||ー- ⊥_  ` ー 、__,. イ `f⌒\l` 、 一 , イ /´ヽl     |、 ̄ ̄ ̄ ,|   |
.  !|   Wト、 `ー-‐1V ||    ヽ、_    .|  l/⌒ヽ  ト、 ` ー ' _,|  / ̄\.__ ド.エエエエエ.イ    |
  ||    | ` ー--‐イ   ||     ハ、゙エエエ'ヌ'´ヽ、_   K.エエエエエン!    _,ノ ∧      レ‐- 」
. |L ==、、|     |   ||     .l l |│| / |       ̄\l十十十十レ'´ ̄    l ヽ       |
  ´   |ヽ|    |.r;='」     |  ||│/  |       ソl‐十十十|         |  ,ヘ      |



伍長たちを一瞬で焼け野原にした中型のネウロイ、あいつのレーザーがちょうど抉る様に防空壕の上を通過
それで電気系統が一発で落ちて、ビビったモブが扉を無理やり開けて逃走します

扉の所で跨っていた死体はそいつのです

2378 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:09:24 ID:oDlq81js0


        /三三ミミ::::`ヽ、
      /::::/、:::::::\:::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::ィヘ::::::::::::ヘ、::::::::::::::::ヽ
     /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',    こんなネウロイだらけのところに居られないわ! 私は逃げるわよ!
     i:::::::イ  ` ̄ー─--ミ::::::::::::|
     {::::::::| ─‐-、 ィ´_ \:::リ-}    このスーパーヒロインたる私が死ぬなんて……有りえないわ!
     ',::r、:|  rャァゝ  '^`゙ `   !> イ
     |:、`{  ` ̄ .::  、      __ノ
     |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|
     |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
     |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
    ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从_
 __,,/:::∥|:::::::::::::ト、`'' ─   ノ:::::::ノ丿|》  '' ‐-、
  //゙∥人ミヽ、:|、  ,ィ─、 ノ|:::ィ─‐‐、      }
 人 〃 {三ミミ:从   l;;;;;;;;;;;;} ノ{;;;;;;;;;r-、}      |
 | Y/  |ミミ三三ゝ ヽ;;;;r‐、}从ヽ;;;;;{  \     |
 、 !|   |ミミ三三三}  `ー\\彡 ̄ \  \   |

ネウロイの襲撃に気付いた人々は奥の方へとわれ先に逃げて行きますが、逃げた先は行き止まり
ネウロイたちによって少しずつ駆逐されていきます

2382 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:14:01 ID:oDlq81js0


     |┃三 バスッ      /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::',
     |┃            i:::::::イ  `> ー─--ミ::::::::::::|
     |┃            {::::::::|    ::\●:/:::: \:::リ-}    ギエピーッ!
 ガラッ. |┃            ',::r、:|  <○>  <○>  !> イ
     |┃  ノ//        |:、`{  `> .::  、      __ノ
     |┃三          |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|
     |┃            |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》
     |┃            |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
     |┃三         ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从




それだとアグネスや教師の死体は?

実は、散様がいた部屋にありました。部屋にはやる夫が連れて行かれた際に止めようとしたおじいさん
やる夫が最後に見た子連れの母親、教師、アグネスの4人の死体があります

2385 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:17:42 ID:oDlq81js0



  l::::::::::::::::::|_!::lヽ::::::::: ハ::::::::::::::::::::::::::::::::i、::! ノ
  !:::::::::::::::::l-‐ェ!;ト ヽ:::::l ´!:::::::::::::::::::::::::::::l ` ヽ   幺ク 亡 月 |  ┼‐ .|] |]
  l:::::::::::::::::「(;;;)ヽ、__、::レ'´l:::::::::/l、:::::::::::::l   /   小巴 三l三. ヽ_ノ / こ o o
  !:::::::::/l:::l__,,,rタ"゙、;!)、__!::::/ノ 〉、::::::::l   \
   l::::/ lヽ!    _ _   l;/´  ! >、::l   /  本当に自殺した私に絶望した!!
  ノノlヽ、_!    r――‐┐   /_ノ:::|  /
    l::::::>、   レ,二二ェ!  /i:::::::::::l   ̄ ̄|_     /ヽ、  /\   /\    /
    l:::/ /::ヽ、 `ー-―-' ,ィ'::::!\:::::l    (ヽ、//\/   \/   \/   \/
    レ' ム-''´lヽ、  _,,./! ゙ヾ!__ヽ!    ヽ´ヽ、ヽ
            !   ̄     レ;'´  |  (,ゝ、 \ ヽ l、
        /| _,,.-/´  ;; .,,,-!  ヽ、 ヽ、 | | ! l
       / 斤'"〇 /´    ,;;:''" _,l_   ヽ ヽ/  l | l
      /; l、」_,,/     '' ゙;;/  ヽ、   〉  `ヽ  l/
      /!,r''´!/  /     ';,/"゙''':;,,,,;;'' \ /     ,!
    / l ,;;  |l  /`'';, ,,   /   ,;;''"゙''   l     /



4人はネウロイには殺されていません。死因は頭部による銃撃……まぁ、自殺です
奥の部屋に逃げたのは良いが、突破されるのは時間の問題
ネウロイに殺されるぐらいなら……と、おじいさんが懐に忍ばしていた拳銃で母親の許可を得て射殺します

2387 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:20:15 ID:oDlq81js0

                                   rfh_
              ,.-、____ , --―‐ニ二/  ヽ
                 .レ'´-〃、:::` ̄ ̄ ̄::::::::::::::!   |
                  /,. ̄/({_/ ̄>─────-〕  く
               _」i:::::::|:::.イ-:〈─────‐r',. =、、!
                〈ハ::::::::::!:ヽ!:::::::!::::::::::::::::::::::::::::| 、、__,.リ !
            frヽヽ:::::\_ヽ:::ヽ___二二二ヽニニ〃
            -く:.:リ:!:::宀¬:::::::/r― 厂
            /-' ̄`ヽ__::::::::::|r' r'/
          //        / `ー77 L!_
    ー--/|   _ヽ__  {    リ | _i
       /::レ'  レ'  } /ノ  ̄、=ニ_.乂_ー-' |
     /:r'    ,|   \     ̄ ̄`ヽ ー‐ヽ
    /::::|   |\    `ー-、〃        |
     |::::::|   ヽ \ 〃   `ー-- 、_   !


涙ながらに母親の頭を撃ちぬくと、振り返っておじさんが一言「あんたらはどうする?」
自殺なんてする勇気が無いアグネスと教師はそれを拒むと、「そうか、じゃあわしは先に行くぞ」といって自分を撃ちぬきます

2388 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:22:49 ID:oDlq81js0



     / ,il;;r;;;;;,';;;;;;;;}ヾ;ヽノ\.メ゙ヾ〈 〈: : ::ヾ`i    ノノヾ;ヽ);kー‐''
    /、l ,ハ|;|;;;;;;;!;;;;;;;;{ハ y"_彡==、、;;\\: |;;;| //ヾ ヽ;ヾ、〉   い  い
  /  lV ||;ト;;;;;;i、;;;;;;゙i /バヽ ,','\\:)ヽニi;;iニ-" ノ ゙!、 ハ;;゙i `l
./、 ヾ  `、 .!|| |;;;;;}゙l;;;;;;`〈〈: ::ヽ;ヽ'  ゙l リ,-‐、(!;i ̄`i 〈     `、;|  .や  :
ヽ ,、ヽ ヽ  ヽリ !;;;;| l、;;;;;;;ハ\:': `i、;;、 } |、ヽ、〉<__  〉-ィー-、_  j
 ノ \_ヽ _y'〈、 ヽ;;;゙i ヽ;;;;ヽ ヽ`ー、__ノ ノ└-ァ ".i' ノ、/:::::_,-`‐'     だ  :
ノ    ̄   ト 、 ':,;;l ヾ;;;;ヽ'i',',','',",\{:::::| {  /,/:::__ノ ̄},| ̄|_
   ,  、   | `ー ':,;i_,、ヽ;;ヽ',',',';;,','_.`、i `'`'`ー"ヽY゙  /y"   ノー、 :
   レ  '   `r' ̄ ̄    ̄`''' ̄ ̄ `!j`゙ ̄` ー-、ヽ`ニ-'ヅ   /   |       _
    、     ゙フ      ,、_      0  o   `ー‐<_・/~   |/| ,-‐' ̄`ー
   X゙つ     |      ,〉;;|                       `'     __
    \      `ー,    /;;;;;;t--―--、_                _,,,-'"`ー-"
   + 、、     ,i'   (~::,-‐-、:::::::::::::::;`ー-、_   。       i、 _/ ̄二ニニ=
   ノ こ     /     ̄ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;゙ー、~>::::::::::::)         _,_/ _ノ~ ゙ ゙ ,-‐
          |         ̄ ̄~);;;;;;;;| ゙-' ̄~         <  _,-‐ブ   ,ク~ _,
    ア     (           `;、;;;ノ (;;;;)           ̄_,r'" _//  //
         /                ~            `ー-‐'  (_,/ `ー
   !!   /
―-、   ,-"
   \  /
     ` '

結局自殺も出来ずに、二人して銃を持ったまま部屋の中に取り残されます

一日目にやる夫がいけば教師とアグネスは生存。いかなかったので時間切れ

扉に気付いたネウロイががんがんと押し寄せてきます

2392 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:26:04 ID:oDlq81js0


            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"



もうだめだと思った教師が叫びながら自殺すると、後を追うようにして笑いながらアグネスが自殺していきます

これにて防空壕の中の人は全滅。この事を散様が懇切丁寧に説明してくれるはずだったんですよね

2397 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:28:36 ID:oDlq81js0



      yvvイイ从从イイソハvv
     ノ从从从从从从从入入九リ
    ノノ从从从从ツツツツツツ彡从从リi
   ノノノ从从ツツツツツ彡彡彡从从リリリi
  ノノノノl〈〈从从川シシ彡彡彡彡シシシ         コーラが無駄になってしまったではないか……
 〈ミミミミl|l|//彡 '´   `彡彡シシシシソソソ
  ミミ゙゙゙l巛"        =:::彡彡彡シシソ        マッタク、せっかく私がリベリオンから持ってきてやったのに
  ミ  ヽミ       ∠    .彡/r.ヽソ
   l   `ソ     _/ ;;;;;;   〉/i : }|
   ヽ....__   、..,zィ て刀彡   !!) ソ/ノ
   ゞfてハ.、   ゝ' ´       /oイト、
    ヽ‐ '´ l           y'´} t\、
     '、  |            l:::::| [i..iフ|
        \└‐´          /:: \ ..|
       |\ ←-..→    /::  : :::..\|
       | i/\`´    / ::  :::::::::::::.ゝ-- 、
       |/   ゝ-- イ::  :  ::::::::::::::.  |.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
             / l   :   .:::::::::::::  |          /
              /  /|::  :  .::::::::::::   |         /
         /    / ! : :: :::::     /       /

2407 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:33:31 ID:oDlq81js0


                  /\
                /\/\
              |\/\/|    コア無しの雑魚です
              | /|二二lヽ|
              |\/\/|
            \|___|/
                 〈三〉 ./\
              |::::::| / /\\
              |::::::|/ /  \〉
         /\.    |::::::| /   ./\
       //\\.  |::::::|/  .//\\
      //   \\ !::::::! ,//   \\
    ヽ/      \二工二/      \〉
            // \\
           //    \\
          //       / /
          \\        / /
           \\     ヽ〉
            \〉









以上が防空壕での事の顛末でした。ちなみにやる夫と戦ったこのネウロイは、一応設定があります

このネウロイは建物内、もしくは塹壕に居る人間専門のネウロイです。3体が1つのチームとして行動し
壁や天井を這って攻撃してきます。移動音こそはしますが、発砲音は皆無です

まさにステルスネウロイ。これぞネウロイの多様性を生かした攻撃ですね

2409 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:37:44 ID:oDlq81js0




                            ___
            ,-―――――-、   /    \
           ,====  『,,w,,7ヽ. /  \ , , /\
          rf     ゝ lL_,ll /   (●)  (●)\
          ||、___,i|    /     (__人__)   \       これさえあればネウロイなんて一ころだぜっ!
          ゛,i―――i、_二 |       ` ⌒ ´     |
         /二二//   r ⌒                 /
       /   /k/   /  /           ゝ \
       l   lLl   〃 、―、/             ヽ>  >
       l   lLl   ,ノ)d| ||              c' ⌒ヽ
       l   lLl  ( ミ7_7      r==r===ニ 、)))
       l   lLl_  ff {[旦! ――=旦〔OO〕     │
       ヽ   ヽヽ ヽ// ┘┘――, 二二二二二二二二f ̄f====rf.(()、
         \    /| | II     |;;二二二二二二二二l  l====k(()0(()
          \_/ Lk____ムヽ二二二二二二二ヽ__ヽ====k、(()'
           |ヒ k__(____((/)==((7)
           L__Lk(()77()/





                            ___
            ,-―――――-、   /    \
           ,====  『,,w,,7ヽ. /  \ ●/\  ウゲッ
          rf     ゝ lL_,ll /   (○)  (○)\
          ||、___,i|    /     (__人__)   \       武器が大きければいいとは限らないお
          ゛,i―――i、_二 |       ` ⌒ ´     |
         /二二//   r ⌒                 /
       /   /k/   /  /           ゝ \
       l   lLl   〃 、―、/             ヽ>  >
       l   lLl   ,ノ)d| ||              c' ⌒ヽ
       l   lLl  ( ミ7_7      r==r===ニ 、)))
       l   lLl_  ff {[旦! ――=旦〔OO〕     │
       ヽ   ヽヽ ヽ// ┘┘――, 二二二二二二二二f ̄f====rf.(()、
         \    /| | II     |;;二二二二二二二二l  l====k(()0(()
          \_/ Lk____ムヽ二二二二二二二ヽ__ヽ====k、(()'
           |ヒ k__(____((/)==((7)
           L__Lk(()77()/


ネウロイは表面装甲が非常に硬く、小型さえも機銃の徹甲弾でなければ撃ち落せません

この事はやる夫は知らずに普通に拳銃弾でネウロイを打ち落としてます

ちなみにやる夫さんの撃墜記録は2体   立派なウィッチですな!

2411 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:41:09 ID:oDlq81js0



                    ._  -‐ - 、         l rニlhlニ二l
                  , ´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;` 、      l::llミ'i_-\
                 /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;:;\     l::llミゞl ̄|
               7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`、   .l:liヽ,|  '|
               /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ   .l:l;,ヾ|  '|
              |   ー‐-‐':;:;:;:;`ー‐-─:;:;:;:;:;:;:;!  .|:i;,, | ○|
              |   r‐o-、:;:;:;:;'":;:;:;:○;::;:;:;:;:;:;:;:;!  (il;;...iヽ_|
              ヽ  ,"'ー'"  !:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/   |;;ll;,.._f三リ
                \  ヽ_人__,ノ`:;:;:;:;/     .l;;l(_..| 'i"'i;
                 ヽ  ` ー      イヽ、_      l;;l;;."'i_,..l___l,
                /l \ _    //.>、iヾヽ、   |;;l;,r'"__,,..-.,i,
               r‐"ヽ ヽl ヽ"'ー'''" /::.:/ l"'-.,,;、_ (二'i;;;ヽ-‐‐、l;-;,
         _,,..ー-- '"//::ヽ  ヽ "ー― ".::/  'i ヽ  \l―:/::..r-i, 'iヾi"'ヽ
_r---―'''' ̄::://   //:::::::ヽ_/" ̄'''''""""ヽ、/:::'l  'i:::... \::ヽ-'"i l::l 'i;;;l lヾヽ



はてさてこんなやる夫ですが、今まで倒したのは全てコアの無いの雑魚ばかり

中型になるとコアを潰さない限り何度でも蘇ります。もちろんその事を知る由もありません

いずれかは大型や飛行型、はては超巨大陸上型もでますが……果たしてどうなるのでしょうかね?

2412 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 22:42:06 ID:kfT2kfs60
えっ?そいつらと戦わなきゃいけないのか?

2413 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 22:44:30 ID:CZy5.PPc0
アニメは「パンツじゃ~」があって見なかったけど
一度見てみようかな

2414 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 22:45:18 ID:GiuMTAQk0
鉄のララバイの似合うストパンスレを見て、原作を見るのかww

2415 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 22:45:27 ID:MUfE/Z9Q0
安価次第では今の装備で……って事か


2416 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:46:21 ID:oDlq81js0


                              __
                               /   ヽ
                           {_,..-‐ ┴ 、
                            /         ヽ          逝くぞ!
                        _∠__ _ 彡 -―  イ
                       /   V、   ̄ ‐- ‐ > ‐ ァ、
                                ∨            V ‘,
                          /       }           {    、
                    _ノ                       \
                   fr -‐ァ ¨ 丶/         _       \
                   {{ /    ノニ=r― ニ  ̄ / ヽ  _.-=,‐- __ 、
                   /      /}ニ=! ヽ    { -‐ ヽ   ‘, ̄
                      _イ、     /  {ニ=}      ‘,   ‘,.   ‘,
               r≦`ヾ>   ./   イニニノ - = ― ‘,   ‘,    ‘,
               ゝミヽ  /    /ニ/         \.   ‘,   》,
             rf´.   ヽイY    / イ              `\. ‘,   《/〉
               `ゞ、 ,fッ   . イ´                 > ゝ-イ
               `¨´ . イ                       `¨ ニ 二  ̄ ̄ ニ=- .,
  _  -‐  ニ  ̄ ̄ 二ニ ≠             ,                            ニ=- .,
イ                /               /,                                   ニ= .,
- _                          ,<_《                            _ .-‐ - _>
   ` <                       /  ゙ー 、__         ,. -‐=t =-  _  _ -‐
     ` <    _ > -‐ァ ― -= ‐- 、.   ′       ∨       ィ ´     ゙ヽ    `¨´
             ̄    ノ       / `丶イ         V   / ヽ       丶
             /       ,イ                   ∨/    ‘,       ヽ
              ,:'         ,:'                   ´     ‘,        ヘ


もちろん、軍がいればそこには人や金属が多く集まってきます。つまりそれはネウロイを引き寄せやすくもなります

そしてやる夫自身は知らないですが、彼には特別な力があります。これは人類を救う力になるかもしれませんし、
そうでなくても、軍からして見れば貴重なウィッチが一人増えるようにも見えます

うまく立ち回ればばれずに済みますが……まぁ、期待薄でしょうな

2417 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 22:46:46 ID:3He3xCgA0
未だにやる夫の能力がほとんど分からないからなー
そういや今から思えば初撃墜の時窓から逃げられなかったのは
あれ、散様のせいじゃないだろーか


2419 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:51:34 ID:oDlq81js0



      /                    \        /
 よ と /          _____        \ 知 何 /_
 し に  ̄/    _ノ火´ =ニ三て_,r─ _   /  ら  だ  /
. ! か  く    {Y r t_rxr rくくく< ̄二(⌒   \. ん  か く
    く   \   ミ、/`ー-    .: ̄辷 ⌒ー-  /  が    \
     f ̄ ̄   }|     __, -‐== 辷=‐-   ̄\     | ̄
/∨\/       }廴___  ´rくフづく  } ニ ‐-     \/∨\|
             ]rrゥ、|      :   辷‐-<_
        +;. .  ]}ゝ´|     :   ,}rul||=-~
            |  ヽ`__, :  (( _ノ儿'⌒                    私は悪ないぞ! 少しだけ細工をしたがな!
              ハ  ´ ='´  :   ├} t\
             〈ヘ   . .. .: . ._ノム| [i.iフ|'⌒ー‐-
                 「\___,.     マ\. |  r',ニ二
                  |  /jノ|!.|     ト、.\| ノ/二ニヽ
                  | i/-‐弋|     い}  //___
                /|/   /|    '´ /  .厶-──
           丿     |: "'     /
     ,_-─--‐'´        |:       |          /〃
      _二エニ=-         |:       |       /〃/
    /            |:      |      /〃/



とにかく、今のやる夫の目的は軍隊に合流する事です。彼らに合流すれば雪華綺晶の安全は確保されます
……まぁ、その代わりやる夫は地獄行きですがな。まさに外道っ!

他にも記憶を取り戻すために手紙の謎を解いたり、他のウィッチとコミュするのもいいでしょう

なにせ、あなたの敵はネウロイだけではありません! 身体的攻撃に精神的攻撃……なんでもしてきますよ、人間は!

2425 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:55:49 ID:oDlq81js0




                         /:/
                      /: :/
                        |: : i
   トx                   人从  /\
.    Ⅴ二> .              \∨. : :.:\
     マ二二ニ> .   .  - ── -<. : : :_:_: : :>‐‐=≠ァ         おかしくれなきゃ打ち落とすぞ!
      寸二二二ニ>´/. : : : : : : : : : : :`ヽ. : : :`ヽ.: : : :/
        寸二二/`∨: : : : : : : : :.:.ト、.ハ : :\: : : :\X
       ∠二 7. `∨:/. : :/ :: /: :.:.l ∨:.∧:_: : ト、: : : V            や;やめてっ!?
    ∠´二二Ⅴト、/.:/. : :/⌒/: : : :! }:/⌒V: : :}ハ: : :.:i
   ∠二二>≠j:j: :.∨. : ://⌒ヽ、 :..| リ/⌒ヽ: :ハ: :i: : 从
 ∠斗ー</: : : : / : :/!:l: :.| 乂 _ノ \j.  乂._ノ∨ i: :!:./:ハ
       l: : : : /: : / {人l:|/j/j/j      /j/j/∨: :|/. : i
       |: : : /: : /  |: :从   r ───┐   ノ:.:.:|: : : :.:|   n. 00.    ___
       |: : : : : /   !: : :∧  乂    _.ノ  . イ: Ⅵ: : : :.リ   | !    _n_  ア∠、
       l: : : : :/   .从:/ ∧ _ し'´ fヘ<i ト、: :!: : :イ    ヽニフ  !ゆ).└(ヌ.ノ
      .' : : : /     ハ}: :' :∧\\て7乂.斗く: : Ⅵ: : :.|
.     /: : : :/     /斗トv/:ハ: :.\∨/: {   ∨:.リ: : : !
    /: : : :/     / .从////!: : : :`´: : :∧  ∨V∧:|
.   ∧jYi./     /⌒ Ⅵ///.リ. : : : : : : :/ /   .}/// リ
   ////∨   /´:  ̄ j:|// /. : : : : : : :/ /   ノ////



まぁ、とにかく先は長いです。あなたは生きて欧州を脱出しなければいけません
それには彼女たち……ウィッチの力が必不可欠です

彼女たちと親密になればその分、彼女たちもあなたを助けるために必死になるでしょう!
それには悩みを解消したり、過去をどうにかしてあげる必要がありますが……できますかね?

2427 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 22:59:59 ID:oDlq81js0

            __
              {    ヽ==/≧ュ、_____
               /i      ゚。   マ//}
        / ̄  :|     l  ゚。  :マ/}ミ
         } }  /:!    :|  } :   マム ゚。
         i i /:┼ 、  ‐┼ミt、 l   }∨゚. :
         : | :{ 斧ミ / /斧笊ア   i__〉∧}                        jud.  ほーれ、あなた様が大好きなお尻ですよー
        / |  Vシヽ,'   込シ / ‐=≦    }
        / | l { '     /: ///__   /l                           や:………
         {  | 八/7    /  </_/   .
       i  ハ // }   /  :/  //∧  :          __/7ァ          そんなにぎらついた目で見なくても触ってよろしいですよ?
       八( 人,'/ γァァ〈__/  イ∨/:∧   ゚。      :‰/////〈
       __/ / ///////≧o。、〈| ∨/:∧        / {/∧  }/}⌒Y
   γえ⌒Y__/ /  }////////////∧: ∨%       /  }/ゝ乂_ノ  ゚,
  /  〉‐=≦ /  /////////////∧          \ 〉⌒////     ニ__
 〉、 /   ‐=≦ // 〉////―<////,'∧      \   \ ////     }  /
l ̄ f∨      // /ミt、/   ∨///: ∨      \   \//{      ト /
|   | ≧=‐‐‐  /〈  ヽ :/⌒∨  〈//{   ∨        \   \i     え7
〉ニ ∨      :///:\ イ   :∨  }〈∨   ∨          \   \     :}〈
∨ ∧___ //////l |‐=≦ ゝ<マ_i∨   }\          \   \   i }
 ゝ气__r }//////∧: }/ }∧///// ヽ ,气 /}_\          \   \ lノ
     {//////:/ }  i l∧ ∨//〉 ⌒ <{  ヽ  \          \   \!
     マ////イ____i  | ¨マ゚. ∨:/      ≧<____/ ―<            ヽ
     / 7  〉/  |  !  マヘ ∨  /‐=≦〉<ミt、  ヽニニ} ̄\           \
     / /   {   :.  |  ∨゚./  :/ ://     \¨¨≧ュ、¨¨≧o。、       \
.   / /  /    {  !:   ∨  /  //         ヽ     ヽ    ミt、     \
.   / /   〈    ∧     {  /  {/          ヽ     ゚ 。   ヽ\
  / /  //    } :  ゚。  i 〈   〉           :      ゚.     ゚. ∨
  / /  ://    :  ゚, ゚。 \ 〉 :/              l      :.     : ∨
 { /  ://     :   ゚。 ‘,  ¨/             :        }      : ゚。
 i/  〉/⌒ヽ  /    ゚。  ゚。 :/                /       /     }  }
    7    } 〈     \ \,′            /      /      :.  i
    /__   i  \     \ \                /   ......... /}::..      /  :
    〉 \ }    \     \/            ....../............   // .....    /  /
    ヽ    廴    ヽ     :            /     /‰  :::::.... /  /
     え /  }  /  ヽ_ /              /      /<       :/  /
      八  乂:{        :             /       /         :/  /
        \_____ ゝ、__  __l           /     :/       /  /
            ¨¨  ¨¨ :{   ___     /     :/       /  /
                 ‰77////{    /     :/       /  /
                  {////////ゝァァァァ/       /        / /:〈
                 i/////////////zzzzzzzz:/       /77//
                 |////////////////////}7777777777////




まぁ、頑張れやる夫!   名前が無いからそのうち安価でもとって名前を決めようかね……


他に質問があればどうぞ……

2429 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 23:02:58 ID:kfT2kfs60
魔女も地雷を撤去してもしなくても簡単に死ぬんですか?

2430 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 23:04:11 ID:3He3xCgA0
軍にとっ捕まればモルモット一直線になりそうだがさて・・・・・・


2435 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 23:07:06 ID:oDlq81js0




          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
         ./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:∧
        / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ i}.:.:.:.:.:.l\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:./.:∧
      ./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /   :}.:.:.:.:..:|  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:∧
     / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /    .'.:.:.:.:.:., ー===ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:∧
     .′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:厶、  /.:.:.:.:.:./      ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:ハ
      { .:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    ハ.:.:.:.:/       }/ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.i}       ……あなたは死なない
      {.:/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ{     }.:.:/    ,x示=云ミ}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i}
      :〉.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ{,x千笊ミ  ハ/     乂{炒 /.:.:.:.ハ:.:.:../.:.:.:.:.:i}       ……私が守る、絶対に
     /.:/{.:.:.:{.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃Y{ {炒 }  /        ー=彡:.:.:/ ヽ} V.:.:.:.:.:.:.ハ
    ,:::, {.:.:.:{.:.:.:.:.:.:.:.:./| i     /}  ,:}       r= "´ ヽ   | |ヽ.:.:.:.:.:.:!
    {.:{ ハ.:.:{.:.:.:.:.:.:.:./ .! !ゞ、/ / }        `  ヽ  ', | |/.:.:.:/ハ{      や:これはいいヤンデレ。包丁がよく似合うよ
    ハ{  }/}:.:.:.:.:.:./  i {:.: / /  /            ノ   ,! {.:.:./
          {:.:.:.:i{.:{  ,:|  V /  /    _,.r ーy   ,, ´       /:ハ{
        }ハ从ヾ>i}  { {  ,ヘ    `こ´  /       //
               ´ 人  ゙ ゙   ヽ        /       /ハソ
        , -‐…‐-/ }i\      \    }     ヽ〃ミ》
     ,/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヾ三三\         ヽ ーぐ      i{三{{ ____
   /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}三三三\     ノ≧==ヽ   ,,-‐ "i:i:i{
  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}三三三三}ミー==彡'三三三ヘ /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧
 ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}三「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`ヽ{三三三ミ〈i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧___
 {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}三|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>三三三ミヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧i:i:≧=ー



魔女は地雷を取っ払えば格段に仲良くなりますので、頑張ってください。ですが、中には地雷が無いウィッチも居ますからね……


軍にとっ捕まったら一発死亡か、逃げ道ないな……たすけて散様!

2432 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 23:06:05 ID:CZy5.PPc0
これ軍じゃくてキラキーの両親がいる国目指してもいいのん?

2436 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 23:07:52 ID:3He3xCgA0
水着回は!水着回は無いのですか!?

2439 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 23:08:51 ID:A8Uc3Hv20
自分の知らない記憶を知っている幼馴染み(かどうか分からない)ポジション、似合いそうね

2440 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 23:09:49 ID:Ek6LEZHs0
ここは戦国クマーやロロナさんのところを参考にしてるの?

2441 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 23:09:59 ID:k/ZVi.lI0
きらきーは軍に引き渡したらお別れですか?
会うチャンスあります?


2443 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 23:12:16 ID:oDlq81js0





: : : : : : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : : : :'; ハ
: : : : : : : :!: : : : : : : : : l: : : : : : : : : : !: : :!: : : ,: : :,
: : : : : : : l: : : :l: :l: : : : :!: : : : :l : : : : l: : :|: : '; :'; : :,
: : : : : : : !: : : :!: :l : : : :l: : : : :l : : : : :!: : :!: : :!: :! : :,
: : : : : : : !: : : :!: :ハ: : : :!: : : :ハ: : : : ハ: : ハ: : !: :l: !: :,        逃げる?   リベリオンにかい?
: : : : : : : ト: : :.ハ_!_,,ハ; ;_!'; : : ! !:-‐/-!-/、!: :!: :!: ! : :,
: : : : : : : !:,l、':「´';!--、';:.!ヘ: : l l : /r‐l:/ .l:メ!:/: : ! : :,      それじゃあ君はネウロイの巣の集団を二人で突破するのか……
: : : : : : : ト、!ヽ!示メrミ,ヘ! ヘ: !l:/ィf テ抃''ヽリl: : : ! : :,
: : : !: : : : !i" l_ノ:::::::! `   ヽ!   {r'::::リ l j: : : l : : :,
: : : ';: : : :ヘヽ乂::::::ノ         ゝ- ' ' ./ : /:.lヽ : :,
ハ: : :ヘ: : : ハ ` . ̄               /: :/ : j
: ヘ: : : ヘ: : :ハ             〉      /:,イ:!: :.j
: : :ヽ: : : !、:. :ヘ                 /'7!: :l: :/
ハ: : :!ヽ: :ヘ ヽ、:',    、 ___ ,    /. l: ;'l:/
 ヽ: :, ヽ: :',ヽ ヽ           /``l:/.リ、
  ヽ:.,  `ヽ  >         イ   ,リ   ヽ
    ヽ   .ヘ     `.r‐、- ’: : : : .       /
__      ヽ     !).:.lヽ: : : : : : :.     /
.::..::..::..::..::..::ヽ   \---'.:./ ハ: : : : : :   /


無理ゲー。まず無理。やる夫たちを囲むように巣があるのでまず生き延びれない。
頑張って軍の犬になってくれたまえ……青年……

水着回……ないけどハプニングなエロはあるかもね……、軍に引き渡ししたら自分もつかまるよね……

2444 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 23:17:25 ID:oDlq81js0




                    ┌┐
        ┌─────┴┴─────┐
        |                  |
        |       超お買い得品!   |
        |      巨乳ほむほむ!   |
        |                  |
        |                    .  - ┴…  、
        |       lヽ 、 _ , '::::::::::::::::::::::::::::::::> 、               魔女化すれば巨乳に
        |       `>::::::::::::::::::::::::::´¨....   ::、::::::::::ヽ、              いつもは貧乳
        └────./:::::::::::::/:::::イ:::::/|::::::::::::::::、` 、:::::::ヽ
                 /:::::::.イ::::/ / .l/  |::::ハ:::::::l、:::::::::|:::::::::ハ           一粒で二度おいしいウィッチです
                  |/ |./:::ハノ 7>、  .|/ ヽノ ハ::::::::|:::::::::::::ハ
                 | |::/イ. /::::::/     7> 、 |:::::::|:::::::::::::::',
                 | |::i/ ゞ::ソ     /::::::::/ 八::::::::/!:::::::::!
                    f´`八        ゞ:;;;ソ./:::::::::::/::::::::::::::!
                 ゝ/ 〉、            /::::::::/:::::::::::::::::|          や:まじか!ウィッチぱねぇ!
              ___.>   >_. 、      ./:::::/::::::::::::::::::::::.|
                  _≧::::::::::::::ヽ、 にヽ-―, ―./;/__;;:::::::::::::::::|
               /::::::::: --- ― 〉 ムゝこ ./      { { l__〉:::::::::::::ハ
          _´ ̄ ̄     ./    ヽ/   _ ,..ゝヽ'::::::::::::::::::::ハ
         f:::::::::> 、r-―ヽ '          〉、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
         ヽ::::::::::::::::::::ヽ.   \- 、       { ∨:::::∧:::::::::::::::::::::::::!
              ` <:::::::::::::ヽ-―   \     l.  ∨::ハ. ヽ:::::::::::::::::::::|
              ` <;;;Y    l   ー-‐ ´ヽ、!/   ∨:::::::::::::::::!
                    ヽ、   |/   、    〉l′   ∨ハ::::::::::::!
                    ` <_!    ヽ_ ,. '∧      ∨ !::::::::::!
                       `ー -‐ 'ヽ:::::::∧       ∨:::/
                             ヽ:::::∧         |::/
                                   ヽ;;;;!         .|/


>>1が参考にしてるのは一人だけです。あの人の作品はおもしろいので……
   スカの続きはよ……

2445 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 23:20:15 ID:3He3xCgA0
ゾンビの所か


2446 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/04/29(月) 23:23:27 ID:oDlq81js0



             > ´                ` <
              /                  ー-、    \
         /  /       i     i      、 `ヽ  ',
        / / / ,  ,.  i  | | !   }/、    ト/ハ!
         / / / i / ! ハ  | |ヽ|_ .イハ !ヽ   |// |  |
       , /i i!  .| {_`レ、 ',  ト、! ィ''"´  ̄ `ヽ.  },ハ!  |       ばかーっ! あほーっ!
       { / | ハ  |《  `i!. \!   i!      リ ./ |    |
           入. j    i!     i!      / ハ i!    ,       我の分のお菓子まで食うなボケーッ!
          / /Vr- _        __//   !  /
            / / / /// _ /// ゝ つ , ,!  ,
           ,:.:〃:.:>   i´   `ヽ      | /:.:/:.:./       ,.イV     や:レヴィなら逃げたぞ?ストライカー履いて
        j从:::::/ jハ≧ |     }--- =≦ .j/:::/ |::/     /羽V
     ト..、_   ヾ{  / : : 乂____j   }`Y: : レ: 、.レ     /羽羽/
    乂羽羽ミ、 r- 〈 \ /  }}__ {{     /r-、-、 : \    ノ羽羽羽ア    あんのアホ助ーーーっ! 戻ってこんか―!
       r≧羽ハ  ',彡ォ   /   ||::::::||   _ ト、:::i:::i=彡/ =≦羽羽羽彡
     彡'''⌒ヾ{   V ヽ_./ ー .||:::::::||ー- ゝヽ:::::::::ト、 /
              \__ノ    ||::::::::||   r }::::::::::::ハ  ー==ミネ、
       ,ィイ{       / へ  ||:::::::::||   } ヽ::::::ノ }     \羽ヽ
     /羽,/      ヾ ノ  ||::::::::::||   }ヽ 二__ ノ!       \Ⅵ
     /ハ厂         `  ̄    ` ̄ ̄ ≧ __ ノ        ヾ{




と言う訳で、今日の投下はここまでです……
明日もやるかは未定ですが、やるとしたら基本は7時とか10時とかです……

>>1の仕事の状況でかなり変わるので、そこだけは大目に見てください……

雑談も大歓迎。朝や昼などはそれぐらいしか出来ないので……

それでは、終了です。昼から見続けた人はいないと思いますが、お疲れ様でした

2447 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 23:23:57 ID:kfT2kfs60
乙です

2448 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 23:24:07 ID:4qoCN7nk0
乙どす

2449 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 23:24:49 ID:0uoKdct.0


2450 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 23:24:54 ID:D9ckZhMQ0
おつ

2451 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/04/29(月) 23:25:44 ID:k/ZVi.lI0
乙です



関連記事
  1. 2013/04/30(火) 09:27:23|
  2. やる夫は欧州で試されるようです
  3. | コメント:10
<<【ギルド】29 | ホーム | やる夫はダンジョンを作るようです 09>>

コメント

まぁこれからに期待、かねー
上から目線
  1. 2013/10/22(火) 21:15:12 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

なんか語り口がすげえエロゾンビに被るっていうか
三点リーダが多いせいだろうと思うけど

理不尽難易度の安価スレって最近流行らんよね
  1. 2013/10/23(水) 01:42:00 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #bLRhyl0Y
  4. 編集

理不尽難易度だと、理不尽でも続けようと参加者に思わせるだけの魅力が必要だからね。
大して面白くもない作品で難易度上げるとしらけて去っていく。
  1. 2013/11/09(土) 09:03:22 |
  2. URL |
  3. ゆとりある名無し #-
  4. 編集

作者だけが面白がって難易度:狂に⇒何やっても作者の上から目線お説教⇒馬鹿馬鹿しくなって参加者がいなくなる⇒作者が不貞腐れて放り出す

そんなループは見飽きたのさ・・・
  1. 2013/12/02(月) 08:37:55 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #EBUSheBA
  4. 編集

俺も鉄と硝煙のむせる話かと思ってストパン見たらレズほのぼのでびっくりしたんだぜ。
  1. 2014/03/17(月) 08:32:38 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

作者だけが面白がって難易度~作者が不貞腐れて放り出す

これってそんなに見たことないけど多いんか?難易度に関わらずエタるのは多いけど
  1. 2014/03/23(日) 14:25:52 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

シミュレーション型の安価スレなら結構あるぞ?
難易度が高くなって上手い人に任せる人が多くなる→人集まらんからやる気しねーってのは
昔からいるTRPGの典型的糞GMのパターンだしね
  1. 2015/03/23(月) 08:40:26 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

某妖怪物の安価スレが難易度高+ペナルティ強+上から目線の糞GMの3重苦だったな。
難易度にケチつけると、他のところが甘いだけってほざいてたし。
色々なメンツが集まる安価スレでアレは無い、リアフレとやってろって感じ。
  1. 2015/06/06(土) 23:34:05 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

凄いのになると安価で正解取ったのに何故か主人公が降格食らうデメリット発生
文句言われるとこの作品はそんなもの(出世とか)を楽しむもんじゃない嫌なら見るなと逆切れかましたのがいたなぁ

本当に見る人いなくなって次の戦闘安価で参加者が激減してて大爆笑した覚えがある
  1. 2015/07/11(土) 04:13:38 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2017/05/08(月) 12:45:28 |
  2. |
  3. #
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyarusp.blog.fc2.com/tb.php/360-91b8d7db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)