FC2ブログ

やる夫まとめに挑戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【工廠裏の壁@シュマリ ◆zQrF8VDB4Uさん】佐天さん 【03】

168 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 21:30:53 ID:sBUSFrzM
23時30分から、昨日の試作の続きを投下させてください。
今日は売春パートの試験です。
作っているうちに『あ、これ重過ぎないかなぁ』とか思いましたが、とりあえず1回はやってみようかと。

なお、えっちぃシーンそのものは、たぶん寸止めになると思います。申し訳ありません。

開始時間前に一度点呼を取り、人がいるようでしたら、行いたいと思います。
可能でしたら、ご参加よろしくお願いします。


169 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:21:18 ID:sBUSFrzM
10分前です。
どなたか、いらっしゃいますか?

170 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:24:10 ID:yoNKHb0g
風呂で見てる

171 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:24:18 ID:V8sn8/1o
ガタリ



172 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:26:52 ID:sBUSFrzM
おお、ご参加ありがとうございます。
ただ、客引きパートに入る前の前ふりが異常に長くなってしまいました。
申し訳ありませんが、実際の客引き試験まで30~40分ほどかかりそうです。
見て頂いているのに、心苦しい……。

とりあえず順次それを投下していきます。
客引きパート時点で、ひとがいらっしゃるようでしたら、続けていこうと思います。
それでは、少し早いですが、投下していきます。

173 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:27:56 ID:sBUSFrzM

【夜】
           ___                       ___
       _______|二l二|_______________|二l二|__
        |土土|二l二F土土土土土土土土土土土土土土|二l二F土|
        |土土|二l二F土土土土土土土土土土土土土土|二l二F土|
        |土土l二l二F土土土土土土土土土土土土土土l二l二F土|
        |土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土|
        |土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土|
        |土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土|
        |土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土土|
      |J : : : : ,.'⌒ヽ: : : : : :,.'⌒ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : :____ : レ|
      |J : : : :├┼┤ : : : :├┼┤: : : : : : : : ,ィニニヽ: :| INN| レ|
      |J : : : :├┼┤ : : : :├┼┤: : : : : : : /Λ 人 Λ', ¨不¨¨ : レ|
      |J : : : : lニニゴ: : : : : :lニニゴ : : : : : : : ト|<(__)>ト|: :|「l|.:.: :.:レ|
      |J : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ト| l l∨l l ト|: :`¨ : : : レ|
      |Jュェュェュェュェュェュェュェュェュェュェュェュェュェュト| l l¦lェョト|ュェュェュェュレ|
      |J : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ト|_|_|_j_,!_l_ト| : : : : : : :レ|
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 北領の公衆浴場は、本領よりも2割は高い。

 この差は、ここを利用する客の懐に大きなダメージを与えている。

174 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:29:00 ID:sBUSFrzM

                                 ________
           ____________      | ○○管理会社  |
         /                  /|       |6129-1234-5678 |
         | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|  |       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |   .[|   .[|   .[|   .[|   .[|  |
         |    |    |    |    |    |  |
______.| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|  |_____________
         |   .[|   .[|   .[|   .[|   .[|  |
         |    |    |    |    |    |  |
         | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|  |
         |   .[|   .[|   .[|   .[|   .[|  |
         |__|__|__|__|__|/
       __________________       /⌒ヽ
     //=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=//|     [)∈ |
    //=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=;=//|i.lj|        ヾ_丿
.    |i;l | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|l i|il l|/       _||__  ___
.    |;; i|                        |il |/         |E ||   |  | ヽ⌒/ |
     ̄.                     .  ̄   .       |Φ   |  |0 ⌒0.|
                      |;";";";";";";";"|         ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄
                      |";";";";";";";";|
                      """"""""""""

 だがトウヤコ出身者やここに長く居ついた者にとってはそれが当然のことであり、
財布へはともかく、精神的なダメージは少ない。あるいは、ない。

 だが本領出身の涙子は、最初はハコダテで、そして今はこのトウヤコで、
変わらぬ精神ダメージを受け続けていた。

175 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:30:21 ID:sBUSFrzM

             ,,:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::...
.         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
         ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::i:::::::}:::::: i:::::::::::::.
      ,′::::::::::/::::::::::::::::::;′ ::::i::::::::::;::|::i:::ト、::: |::::::::‘;::.
.      ′::::::::::;′:::::::::::::::}i:::::::::::|:::::::/:;:|::|:::| }:::}__::::::::}::.
      i:::::::::::::::|::::::::::::::::::::}|::}::::::;':_::/_/ |::|:::| |::ハ::::::;′
      |:::::::::::::::|::::::::::::::i::::::|;ハ::/´}/j/ `j/}ノ j厶x、V:::: |
      |:::::::::::::::|::::::::::::::|::::::| j/ 厶≠ミ    "fじ} 》:::::::|
      |:::::::::::::::|{::!::::::::i|::::::|/ 〃{:::じ}     弋リ i:::::::|
     :::::::::::::::八ト、:::::i|::::::|  《 弋うリ         ::i::::|     (やっぱりもったいないよねー)
     ∨:::::::::::::::{ \::::::::{           、   !|:: |
        ::::::::::i:::::::\ゞ` ー ゝ                 八::{
       i :::::::|{:::::::::::` ー、             r y   /  `
       |::::::}八:::::::::::::::::::} `            ′
       |::::/::::::ヽ:::::::::::∨     >        /
       |:::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ        /`:¨¨¨「
       |:::::::::::::::::::::\::::::::\、     ′::::::::::|
       |:::::::::::::::::::: //\::::::::\ヽ ト、::::::::Ⅵ
       |:::::::::::::::::::///,∠\::::::::\ヾ__)\:::ヽ
       |{::::::::::::::://´ ̄ ̄ \::::::::\//≧x::::,
.       八::::::::: /         \::::::::ヽ////{::ヘ
      /:::::::::::::::′/           ヽ::::::::∨/,ハ::::::.
.     /:::::::::::::::::iノ          ‘,:::::∨//}:::::i

 髪の水分をタオルに吸わせながら、1時間ほど前に決して少なくない小銭を投入した料金箱を横目で見る涙子。

 二日に1回。あるいは三日に1回。

 だが仕事や稽古で汚れたり、こっちの『オシゴト』をこなしたら、その度に入る。

 それも見越した金額設定にしているが、それでも痛いものは痛い。

 だからといって、情事のニオイを纏わせたまま街を歩きたいとは思わなかった。

176 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:31:27 ID:sBUSFrzM

          ,': : : : / : :,′/.: : : : : : : : :.',: : : : :il : : : 〉Oく.:!
         : .: .: :.,': : /: : ::i.: : : : : : : : : :.i : : : : | : : /_∧/:|
         : : : : :i: :/: :./ :| : /!.: : : : : : :.! : : : :.!: .: : : : :.}: !
       i: : : : :|:/.: :/ :/i.:i:{ !: : : : : |__l|.: : : :.| : : : : : :.i.:|
       |: : : : :l: :.j/V ̄jル' ',: :/} :∧:.!  ̄',.:.|: : : : : : :|:.|
       |: : :.|.:.|:./,ィ≠ミ、   V レ ,ィ≠ミx V: : : : : : /i.:|
       l: : : !: : :i{ {l::::il     ´ li::::jl 》: : :i.: : :./.: .:|
       |: : :.i: : :l  う~リ         づソ ' i: : :| : :/: : :.:i
       |: : ∧_ ハ      ,         |: : :l: /: }: : :      「ん、よし」
        ∟'′! 从               i: :./: : : |: :〈
          |:.l:l: :.     、 _,      ,イ/.:i : : :!ハ: ,
          |:.|:|:/:.\   `     イ: : :: : ,'.: : : :{ !.:!
          |:.i:/: : :./.>、 _     ´ !.: : : :/: :l: : :| |.:i
          |l/: : : /_ /i         !: : :./: : :|: : :| |.::
          |: : : :/´ i/        ノヽV: :i. :.|: : :| |.:.i
         -‐=7.: : ,':.::.:.:l          /}! : l.: :|`7'~^ヽ',
      /ヽ  /: : :  .:.:.:.:',`ヽ     -― / /: :.|: :.!/ / ./ \
     /    /: : : .,′.:.:.:.:.,   -―-、_/ /.: : :| : | / ./    ',
    ,'    /: : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:V       / / : : : | : l ,'        :.
         :. .: : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::!      ,' :.:.i : : : ,': : i ./   、
        j/} : :!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    .:.:.:.:.: ! : : /!: / /    \
    i     i : ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    / .:.:.:.:.|.:/ j:/ /        ヽ
    |     ヽ ! \.:.:.:.:.:.:.:.|  / .:.:.:.:.:.:i/ / . /

 粗方、髪がなんとかなってから、脱衣所ロッカーの鍵をあけ、
丁寧に畳んで入れていた服と、化粧品を取り出しす涙子。

 シャツ、スカート。それから、大事な要素である下着。

 そうして出来たスペースに、使ったタオルと石鹸を置く。

177 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:32:32 ID:sBUSFrzM

     |:::i:::::::::::::::::i丶   ´ー'  イ            (食いつかれて嬉しいってわけでも、
      ,:: |:::::::::::::::::|   >   イ ::|             ないんだけどさ)
      .:::: |{:::::::i:_:_:_!     !__::::| :::|
     ,::::::八::::::∨,∧ 、_  ヾハ:| :::|
     レへ/∧::::∨/∧-‐==‐-f| :::|ヽ、
   /   `ヾヽ::∨/∧////f八:::{/ ハ
.  /       iヘ:{//,∧///{//,ヾ /
  /:./   :.   、: :`ヽヾ'ヘ//{// /:|   i
. /´     :.  ゝ: : : :`ヽヾ{〃: : :/ i ′|
/       :.   ` ー--r‐‐r‐ '   :.  !
        y′     j≠ヘ     } !
        /         /: : : : ヽ  /  :.

 鏡に向かい、化粧をする顔に苦笑が浮かんだ。

 地元にいるときは、いや、この行為をし始めるまでは、化粧も、そしてそんな機微も、考えたこともなかった。

 食事をとり、学校に行き、父や兄や姉、門下生とともに剣を振る。そんな日々だ。

 化粧も香りも、汗で流れ落ちてしまう。

「こんなとこかな? えっと次は、下着はどこだー」

178 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:33:39 ID:sBUSFrzM

                           ';:l::l:::::::` , ー-<   ,':l l  l   :: !
                        /:';l:::::/     ヽ i::::',l  !   ',
                       /::::::::::/       ', l::::::';        ' ,
                      ,'::::://        lil:::::::::.       ヽ
                     , ! '  /         l ll::::::::::.        `  、
               , - ' ´     /       / // ';:::::::::::..           `  、
            , ':i :l         /       ///  ヽ::::::::::..              \
          /: : : :'; :',        /       / /   lト、::::::::.          \:....  ヽ
            /: : : : : : :'; :ヽ        /       //   // l \::::..  `、       ::\- 、:::'.,
         l: : : : : : : : :' ; : ' , ,   /       /    //   l  ヽ::.   ヽ ':;:.    :::ヽ  ヽ',
         l: : : : : : : : : : ` :-:/   /       /     //   l   ';:.   :::'; ::';::';::... ::\:::` 、
            '; : : : : : : : ..:::::/: : `‐/       /    ///  l    i:: ';ヽ ::::i ::::iヽ',ヽ::::::::::ヽ`   ‐-
            ヽ: : : ..:::::::/-──-,'       ムーァ'´ヽ-、   l    l:: i ';:::l';:::l  \`  ‐-ゝ
            `rーイ       i         ヾ、   k l   l    l::. .:l、 ::l ';:!
               ` ー!       l             ノ /    l    l:::...:;' ヽ;' !
               ノ         l            イ ハ   l   l:::::/  ノ
             /        ヽ        _.ノ    `ヽ l   l::/
            /           ` ‐ァ-- ‐ '´ヽ        l ,'/
           /            ,'   /      \        lノ
            , '            ;   l        ヽ、 __.ノ
          /         、   ;    ',
         /          、   ;    ',
         /               ヽ   , -  ヽ
        /   ,   - ──  - 、 ' ,      \
        ,', ': : : : : : : : : .     : : ::::.`  ‐ 、 ヽ
       i: : ; -─ - 、-、: .     : : :::. : :   :`ヽ'.,
         l '        ` 、` 、: . . : : : : ::: : .  . : ; ハ
       l           ` 、` 、. : : : :: : : : : ; ' ノ ',
        !               ヽ ` ァ=r:=く /  i
      l                '; ..::;'::... :/    l
       l                 i:ノ:::;: '       l
      l                イー '´         l
        l                    l           l
         l                l           l
          l                l           l
          l                   l              l
         l                l            l

 化粧をおえると、次は外身。

 上下とも淡い色の下着でそこそこ膨らんでいる胸と、よく研いだサバイバルナイフで形を整えた茂みを隠す。

 さらにその淡さを、いつものより少しだけ高級なブラウスとスカートで覆って、『夜鷹のわたし』は完成だ。

179 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:35:15 ID:sBUSFrzM

         |:: :: :: :: :: :: :: :: :::i:: :: :: :: :!            '/,'
         | :: :: :: :: :: :: :: :: ::l :: :: :: ::|          、 __  , ´:i
         |:: :: :: :: :: :: :: :: :: | :: :: :: ::|、           /:: :::'
         |:: :: :: :: :: :: :: :: :/| :: :: :: ::| ` 、,     , ' :: :: :: !     「……よしっ、と」
         |:: :: :: :: :: :: ::/ヽ', :: :: :: :|   r.、./、‐- .´|:: :: :: ::|
         |:: :: :: :: ::,/     ',:: :: :: ::,`ヽ,| .iヽ,ヽ :: ::!,:: :: ' :|
         |:: :,  '´  ',    ' :: :: :: i   .! .|/ .|、, :|.', :: ::',i
      , -‐ ´      ヽ     ', :: :: ::l   | .|ヽ | ',`' , :: ::ヽ
    , '            .',   !:: :: :: '  i  .|,>-‐,  , :.', :: :: ',‐-、
   ,        `ヽ,     i    ',: :: :: :',´| ¨´ ,.└ヽ,', ヽ :: :ヽ ヽ

 化粧――いや正確には、これは変装。これは擬態。
 
 蛆虫のまま、夜の空を飛ぶのは危険が過ぎる。

180 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:36:28 ID:sBUSFrzM

               .. -─ ・・・   ‐- ..
             . ´                ` .
          /                     \
          ′                    \    \
           /                     、   丶 ヽ  ヽ
          ′                 |ヽ    '.      '.
        l      ::        ||  i|  ハ! |ハ _ i   '  ハ
        | |    :.!      ||  T X/  l!' ハ !   |:.:..| i!
        | |   .:!       || /|V /   !/_j-:|  .:|:.:.:|〃
        | |     ハ     |レ:ニ ミ    ィjラハj_/:::|:.:|
        | |    ハ     下ハノノj       トv /:..:.: ト、ノ
        | | |    :∧     | 弋zン       `  :.:.:.:.: |
        | | |   :|∧ \ ゝ        '   |:::ト ノ
         || |    弋_ノ`ー ゝ             ハ/
          | |     | ハ   \    `   ´ . ':.:/       「じゃ、いきますか」
.         ||     |  |      \    ィ´:.:.:/
       ||     | |  |:  \  \¨ |:::: /:|
       | |    | |  |\   \  \j:.:. |
        | | !:   | |  |_ノゝ   \  \:. ノ
         | | |:   | | |: : : `…ー` ー‐ ` 一 、
         | | |:    |    |: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
      /| | |:   |    ノ: : : : : : : : : : : : : : : :: :/: : i
      '.:| | |:   .'    /: : : : : : : : : : :: : : : : : :'': : : : :i
     l: :| | |:  /     | : : : : : : : : : : : : : : : : :; ー -く

 わたしは蛆虫。誰もが目を背ける、醜い幼虫。

 遺跡は、わたしに糊もくれない。

 だから今夜も探しに行こう。

 屍臭を灰汁で誤魔化して、蠢く身体を夜闇で隠し。

 わたしの身体を買う人を。

 わたしが股間に顔を生め、股を拡げて奉仕するだけの
お金をくれる、『お客様』を。

181 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:37:47 ID:sBUSFrzM

┌─┐
└─┘
┌───┐
└───┘
┌──────┐
└──────┘
┌───────────┐
└───────────┘
┌───────────────────────┐
└───────────────────────┘


l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|::     ________        ________
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      ::|i::,        ,|    .   ::|i::,        ,|
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|::;:;;:;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|  .    .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|\ :::;;;;;;;;|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;| ;;;\.:::;;|:.
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|    \|:: . ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        '      .             :                '.

             ,              '        ;                . :
_________________________________________
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         :    '      .             '                :   '


 皇国北領『トウヤコ』西方街区繁華街。

 9月の終わりとはいえ、夜の帳が落ちれば冷え込みはかなりのものになる。
今日はやけに冷えていたから、なおさらだ。

 道を行く皆が上着の前をあわせ、首を竦めて歩くのも無理はない。

 流石に雪はないだろうが、この世界では異常気象が『普通』である。油断はできなかった。

182 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:39:07 ID:sBUSFrzM

  。    :::::            *          *
      ::::;;::::  。       o   。       o  ゚  ゚
      :::::        。           。           。
   ゚       .   ゚    ::    .   ゚    ::       +
 *           *    ::;;::  ゚   *    ::;;::  ゚  ;   ;
   :::   。    ゚     ::;;;::    ゚     ::;;;::   ` : ` ::  :::;
           *    ::;;;:      o     + :: :::::
 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。           .   ゚    ::
. 。       o  ゚       .   ゚    ::            *    ::;;::  ゚
      。       .       *    ::;;::  ゚   。    ゚     ::;;;::
 .   ゚    ::     . 。    ゚     ::;;;::           *    ::;;;:
   *    ::;;::  ゚  ;       *    ::;;;:       ;    ;  ::::;
  ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;  ::::;            o  ゚
o     + ::  ,    ;    o  ゚           . 。

 そんな刺すような気温を感じながら、スーツ姿の彼は、手提げ鞄を片手に家路を急いでいた。

 年のころは20歳前後だろう。

 北に近づくほど貧民街――スラムに近づくトウヤコ北西側居住の人間にしては珍しいフォーマルな服装は、
その生真面目さを象徴するようにきちんと手入れをなされたものだ。

 寒いなぁ、と思いながら、彼は身を縮めた。

 その襟に乗った記章――トウヤコにおける商会の一員であることを示している――が、
僅かに差し込んだ月光を照り返した。

183 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:40:34 ID:sBUSFrzM

                          ,iー..
                       /  /
                         /  /
                      /  /
                   /  /
                     / . /
                  / . /
                 /  /
                   / . /
                 /  /
             / . / -''''^゙''''ー-.._
             , ‐'./ ,i゙.、  ..     `゙'ー ,,,
         ,/ У ./ .|______l,,..-'゛       .`'''ー ..,,,,、
        /  , ‐‐'~´
          !  (  !
          l ./丶、___._.ノ┬―-、.. ;;ン'
        .゙/ ./  ヽ .,,゙_''く   |''ー .._
        / .,/ゝ⊥_,l‐、.( 八.  |   . ̄^゙''''''"゛
          l./    `''、 l_)ー'ーー- ..,,___,   _,,..
       ’                      ̄ ̄

 ようやく仕事に慣れてきた。

 高等教育を受けるだけの所得も満足に得られない住民がほとんどの西方街区の中、
自らの食事すら削って金を捻り出してくれた両親。

 彼らのおかげで自分はこの街の商会事務に就職できている。

 連日の残業はきついが、それでも手取りは親子3人で暮らすのになんの不自由もない。

 いやむしろ、両親の稼ぎよりも自分一人の方がずっと多いのだ。

 祈りをささげる。両親と金銭に限りない感謝を。

184 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:42:37 ID:sBUSFrzM

///i! l::::ll::.l l::゛゙l' ,, . `ヽ!  ,,ヘ \!!',                         ./i
///i! l::::ll::.l l:::::l::.'l ゝ,    |::| ..|! .',                        / i!
///i! l::::ll::.l l:::::l:::.l |::::' ,   !::| .ril  ',                      /   i!
///i! l::::ll::.l l:::::l::::l |::::|::::i  .'ヽ |.|!   ',                     / /  .i!
`''-.!! `''-..l l:::::l::::l ..|::..l::::!    .^|!   ',,                   / /   i!
       .` 、 ..l |::::|::::!  ト、  |!    ',____._.               ./ /    i!
         ゙゙'  |::::l::::l  .!::::'! |l    i!\! i           / ', / /     ,i!   γ⌒'.,
            `'=-i  !::::l |l r・, r・, !::::::ヽ          ../  /./  γヽ  i!  γ .l  '.,
                .!::::l |l.| l l .l l::::::::| \        ./  .//   l  i  i!   i .l   l
゛゛''l i!=====┓         ' |l |__l l__l l::::::::| n ..\      /   ./!γ,  l___i  i!   i .l   l  γ ⌒`ヽ
:::::::l   l..∨ .l           |i     l::::::::|.i,! !,i.l    .,'', l‐‐‐‐/ i i l     .i!   i-┼―-.l  ,'     ヽ
:::::::l   l..∧ .|`',   i!'= ,,    |l    .l::::::::|   l/^\' ', l ロ /!i l i__l      i!   i .l   l ,'      ',
:::::::l   \_/::::::',  i!:::::::i! .l'= ,|i r.i .r.i l::::::::| n n l. ロ ロ ロ\',.l   !.i l   /l',   i!   i .l   l |       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! l:::::l|i l_l l_l l::::::::| i,!i,! l    /.'.l ロ l.i .l  ./ | .',   i!   i .l   l |       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! i:::::l|i ,'゙゙',  .l:::::::|   l  ロ  l゙゙l .├‐.┤゛l  l .|  l  i!   ゙゙゙'',',',',',/ .|       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! '  .|i l .l  .l:::::::| ___.l ,.-.、 l l l: : : l.i.!l  l .|  l  i!         |       |
:::::::l     i:::::::::::ll   ''''''^゙   .|i l .l  .l:::::::| r「」l l:::::l ,.l__l l: : : l.i.!l  l .|  l  i!         |       |
:::::::l     i:::::::::::ll..        |i ! !,,,,,.l____| |,l,,,,l-‐''"゛    ' iヽl.ni  l  l  l  i!         l    ┏! |
:::::::l     i:::::::::::ll    _,,.. -‐''"゛゙゛゛゛゛゛ -‐''"゛          i  `ヽ l  l  l  i!         |    ┃  |
:::::::l     i:::::::::::ll._ '''"゛      -‐''"゛              i    `ヽ .l . .l  i!         |    ┗! ..|
:::::::l     i::::-"´      -‐''"゛                  ',      `ヽl... i!        . |      |

 そんなことを考えているうちに、周囲は徐々に煌びやかな光が増していた。

 歓楽街が近い。通りひとつ、向こうがそうである。

 歓楽街そのものではないため、あからさまな店はないものの、艶かしい格好をした女性たちや客引き、
そして客になるのであろう者たちが、道を横切っては『ソッチ』の方に進んでいる。

 自宅に帰るには、どうしてもこの歓楽街の傍を通る必要があるのだ。

185 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:44:02 ID:sBUSFrzM
           ._
.      ./ ̄  ̄.\
        ,'       .ヽ
       .'、         }
      .`,        ,'
        '、      ,'
        .'、     `、._
     ._.,,.-''       .~"'.‐ .,
    .r''"                   `,       「……」
.  .,'                    l
.   ,'                     |
  .,'                      l
 .,'                     ,'
 !                    ,'
. l                    ,'
|                  ,'
└-‐i                   ,'
.  .l                |

 自分には関係ないはずなのに、彼は――いつものように――気まずさを覚える

 医療都市トウヤコはもうひとつの側面として、性風俗の豊富も持っていた。

 そういった産業自体を悪いとはまったく思わないが……刺激が、その、そう、うん。

 強い。

186 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:45:08 ID:sBUSFrzM

            ,r.''ニ';;'´ヽ、
               ,'ニ三三三ニ.`ー.-ー 、
              ,'ニ三三三三ニ,、ニ三三ミ .ー、
           〔ニ三三三ミノ  .L三三三三ヽ
           _,ノニ三三ニ.,´_,,.-‐ー-.ゝ三三ミ,ィ
     .,.-‐.ニ三三三三三三三三三三三ミ,.r"
    ./ニ三三三三三三三三三三三ニ, r'"
   .,'ニ三三三三三三三三三三三ミ/
.  ./ニ三三三三三三三三三三三ニi
.  /ニ三三三三三三三三三三三三ミ|
 ,'ニ三三三三三三三三三三三三三|
..,'.ニ三ニ,ミ三三三三三三三三三三ミ|
.i三三ミ/.',三三三三三三三三三三ミ|
i三三ミ,'  .',三三三三三三三三三三.l
!ニ三ミl   lニ三三三三三三三三三ニi
.!三三.l .   ',ニ三三三三三三三三三ミi

 まったくもって情けない、と思う。自分でもそう思うし、同僚にもよく言われる。
]
 この歳で、この都市で、こんな世の中で。

 恋人もいないのに、まだ――別に誰かに操を立てているわけでも、ないのに。


                 , -――- 、
                /三三三三=ヽ
                  /三三三三三三ヽ
               l三三三三三三三}
               l三三 三三三三/
               ヽ=三三三三三{            「おっと、失礼しました」
               ∨ニ三三三三/
              __/三三 三三/
       _,  -  '" ´三三三三三 ヽ、_
      /三三三三三三三三三三三三三` ヽ、
     /三三三三三三三三三三三三三三三ヽ
     /三三三三三三三三三三三三三三三三 ',
     /三三三三三三三三三三三三三三三三三',
   ,/三三三三三三三三三三三三三三三三三三,
   /三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ',
.  /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ,

 祈るように軽く目を閉じたせいで、道行く人とぶつかりそうになった。
 あわてて頭をさげるが、相手は千鳥足で、こちらに視線も向けずに去っていってしまう。

187 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:46:39 ID:sBUSFrzM
           _
         ./三三ニヽ
        ./ニ三三三ニ`、
       {ニ三三三三ニノ          「はぁ」
         .',三三三三ミ/
          .',ミ三三三ミノ
      ._.,/ニ三三ミ/
  _,, .‐''ニ三三三三.`- .,_
f´.三三三三三三三三三三`'' 、
lニ三三三三三三三三三三三ニ',
!.ニ三三三三三三三三三三三ミ',
l.ニ三三三三三三三三三三三三',
.!ニ三三三三三三三三三三三三',
..',三三三三三三三三三三三三三i
 ',ニ三三三三三三三三三三三ニ.l
  ',ニ三三三三三三三三三三三ミ.l
  ',ニ三三三三三三三三三ニlー-┘
  .|ニ三三三三三三三三三三.l

 ふと、ため息が漏れた。

 彼は決してこの西側の街が嫌いではない。

 子供のころから育ち、顔なじみも友人も、全てここにいる。

 それでも堅い職についた自分は、どうやら彼らの中で異質認定されてしまったようだ。
 
 最近、みんなの付き合いが悪い――いや、自分の付き合いが、悪いのか。

188 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:48:16 ID:sBUSFrzM
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|::     ________        ________
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      ::|i::,        ,|    .   ::|i::,        ,|
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|::;:;;:;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|  .    .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|\ :::;;;;;;;;|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;| ;;;\.:::;;|:.
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|    \|:: . ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        :    '      .             '                :   '

 まぁ仕方ない。普段も残業残業。

 今日など、明日が休みだからと、こんな日付が変わるかという時間まで仕事だったのだ。

 家まで歩いて帰れば、睡眠時間はさらに削れてしまう。

 商会の提供する宿舎に、補助を受けた上で入ることができる。それも、中級階層が固まっている中央街区の。

 上司から引越しの勧めを何度も受けていたが、自分だけそんな宿舎に入るわけにはいかないし、
両親も住み慣れたこの街区を離れるのはいやだろうと思い、辞退してきた。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,r´ ゙̄'ヽ'::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::i.     i:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::ヽ._ ___,,.;゙::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゚;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

 だがそろそろ潮時かもしれない。

 採用から、そろそろ一年。自分が感じたような疎外感を両親も感じているようだ。

 口には出さないが、やはりやっかみというものは人が生きるうえで避けられないものなのだろう。

 とはいえ、物価の問題もある。中央街区は、ここよりも品質がよい反面、当然値段がはる。

 引越しするにしても、自分だけの給料で3人は、苦しいというほどでもないが、多少不安だ。

 だが、ここまで身を粉にして働いてくれた両親に、また仕事をしてもらうのも気が引ける。

189 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:49:23 ID:sBUSFrzM
                 , -――- 、
                /三三三三=ヽ
                  /三三三三三三ヽ
               l三三三三三三三}
               l三三 三三三三/
               ヽ=三三三三三{
               ∨ニ三三三三/
              __/三三 三三/
       _,  -  '" ´三三三三三 ヽ、_
      /三三三三三三三三三三三三三` ヽ、
     /三三三三三三三三三三三三三三三ヽ
     /三三三三三三三三三三三三三三三三 ',
     /三三三三三三三三三三三三三三三三三',
   ,/三三三三三三三三三三三三三三三三三三,
   /三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ',
.  /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ,

「ま、いいか」

 自分の小遣いや、食事。そのあたりを引けばいいだろう。両親のためなら、その程度、我慢できる。

 不意に、ひゅうと風が吹いた。身震いするほどの寒風。

 思わず手近な路地に逃げ込んだ。

 風をやり過ごしながら、歩いていた通路の方に目を向ける。

 建物の角で左右を縦に切り取られた視界の中で、
先の寒風に耐えかねた人たちが悲鳴をあげて身震いしている様が見えた。

190 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:50:26 ID:sBUSFrzM
;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|        /  /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;
;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |       /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;
;;;;::::::::::::::: :::: :: |        |  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;
;;::::::::::::: :::::: :: |        |/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;
:::::::::::::::::::  :::: |          |;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;
:::::::::::::::  :::::::::: |          |   ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::
:::::::::   ::: ::: : |        _|     ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::: :::::  ::   |_     _|::::|    ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::   ::: ::: : |:;|-i   |::::|:;::|    ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::  :::::::::: |          |    :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::  :::: |_____|   ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: :::::::::::::  |          |   ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::: :::::::::::  |          |  :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;:;;:::::::::: :::::::/:::::::::      \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
;;;;;:;;;;::::::::::;/;;;;;::::::::::::::::::::::    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
;;;;;;;::::::::;/;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::   \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
;;;;;;::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;
;;;::/;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::\:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

「……」

 早く引越しをしよう。いきなり、強くそう思った。

 ただ身震いをする他人と、路地に逃げた自分。錯覚かもしれないが、なぜか彼岸のような差を彼に感じさせていた。

 自分も身震い。

 心にも寒風が吹いたせいか、身体の冷えがいっそう増した気がする。

191 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:51:45 ID:sBUSFrzM
_________________________________
  ________         ________  . |:.:.:.:.:.:.:|
 ::|i::,        ,|      ::|i::,        ,|.'  |:.:.:.:.:.:.:|     r==ニ==:、
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |::.:.:.:.:.:.| .   . |!_|_|_i|
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |..:.::..:::.:|     |!_|_|_i|
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |.:..::.:.:.:.|     |!_|_|_i|
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |.:.:.:.:.:.:.|     |!_|_|_i|
 .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,l .      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,| .   |、.:.:. :.:.|  '   .|!_|_|_i|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~'  .l、\:.: :| .      ̄ ̄ ̄ ̄
                                !:.\\|
                                 |.:.:.. \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



________________________________
――――――――――――――――――――────────────
;           '      .   :    ,  ' :  ,    :    ;       '
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 すぐにでも温まりたかった。

 だがこんな時間だ。両親は流石に眠っているだろう。

 自分の冷たいベッドにもぐりこんで、自分の体温でぬくもるまで、どれくらいかかることやら。

 もう一度ため息をつく。

 そして、家路につこうと路地を出ようとした彼の背中に、

192 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:53:08 ID:sBUSFrzM

           _
         ./三三ニヽ
        ./ニ三三三ニ`、                       「あの、すみません」
       {ニ三三三三ニノ
         .',三三三三ミ/
          .',ミ三三三ミノ
      ._.,/ニ三三ミ/
  _,, .‐''ニ三三三三.`- .,_        「ん?」
f´.三三三三三三三三三三`'' 、
lニ三三三三三三三三三三三ニ',
!.ニ三三三三三三三三三三三ミ',
l.ニ三三三三三三三三三三三三',
.!ニ三三三三三三三三三三三三',
..',三三三三三三三三三三三三三i
 ',ニ三三三三三三三三三三三ニ.l
  ',ニ三三三三三三三三三三三ミ.l
  ',ニ三三三三三三三三三ニlー-┘
  .|ニ三三三三三三三三三三.l

 どこかあどけなさの残る、明るい声。

193 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:54:20 ID:sBUSFrzM

            ノ:.:.:.:.:.:.  (:.:.:.:.:.:.)./ /|:.|∧ r(:.:.:.:.)/.}:.:.:.:.:. : :/
           /:.:.:.:.:.:./:.:.:i.  ):.:./. /ノ:::| ∧ ー).:.ノ/ .:.:.:.:. ノ へ
.           乂 : ,へ:. : :l  }乂j. /     /∧ノ乂人:.:.:.:.:.: 八| /         お兄さん。
       へ__//-=  ̄\\_,/    乂彡イ/  =---r 、/ 、         もし、よかったら、
       { ノ/ /</\___人___     /人 _  /二ニ}_/ /v-v 、
       u{ { し'⌒ヽ_≧=-   _≧=-----------\/>'"/し / / /
        /ノし|    `⌒7=-----=ニ二 _ ̄ ̄ ̄  // / しへノ
.      // ' |      {        `⌒ =--==彡 '  / (/ | |
.       //   ! \   / \ _         _ ,, ≠ヽ /'   (  | |
     //   人  \ '   `   ―cro―,,  '"   ∨   /'  | |
      //  /   ヽ    i      `ヽ--/       i    i     、
     '__ /          :.        ∨          |    |   |
    /,/          ',        ,         ,   |   |     \
    i                    '        /   人    \    i
    |                      ,        ,'   '  ヽ    \  人
    |       /           ',       i          /    \    \  ヽ
   人    /         ',            ,'  /    /  \    )  \
.    |\                    |             /    i     / /
.    |  )                   |       '      i    /    / /  i
.    |/             i     l        /\       |   /    , /  /

194 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:55:24 ID:sBUSFrzM
                                        _ _
                                  , -‐...´ ̄::::::::::: ̄`.......、
                                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                /:::::::::::|:::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
                               /:::::::::::::::::|::::::',::::::::::::::::'.,::::::::::::::::::::::::::'.,
                             /::::::/:::::::::: |',:::::',',::::::::::::::::'.,::::::::::::::::::::::::::',
                               /:::::: |:::::: |:::::| ',:::::', ヽ:::::::::::::::',:::::::::::::::::::::::::',
                            i::::::::::|:::::: |:::::| ヽ::::', ヽ::::::::::::',:::::::::::::::::::::::::i
                              |::|:::::::|::::::::|::: |  ヽ::',-‐‐ヽ 、:::',::::::::::::::::::::: |
                              |::|:::::::':::::::::L::|    ヽ::ヽ   _ヽ,::::::|::::::::::::::|
                             !::!::::::::',::::!:::l',|    ` ´ 彡:::::::゙ミ|::::|:::::::::::::::|
                            ',:',:::::::::',::', v ヽ、     ´P::::::::| .|:::,':::::: ::::::::|
                              ',',',:::::::::',彡b=ミ      ヽー´ |/:::::::::|::::::::|
                             ',',' ,:::::::'., ヽ:::::ナ       ///   ',:|:::::|::::::::',
                              ヽ ヽ:::::::ヽ  ゙゙           /|:::::|:::::::::..
                                 ヽ:::::'., ///  丶       ,イ: |:::::|:::::::::::',
.     「――わたしの身体、買いませんか?」        |::::::::'.,      っ   / |:::|:::::|::::::::::__',_  _
                               __ __ ,|::::::::::::`..'..._ 、__ ,/ _ -^'|:::::|::/´    ヽ
                              / ‐‐--つ::::::::::/ `=、/^i  ̄    |:::::|´/       ',
                            /    ^`- 、::::l _ _/ミY彡l   /.|:::::|/           ',
                            /       `y:/. |//T./iO|.|ヽヽ/  |::::::',          ',
                         , ´      , 'ユ __) .//_,/// /|.|i__!.! __  __!::::::::',./   ,.     i
                         l    __./,':!ニ´- . ゙¨7.// ///`¨´     `ヽ:::::',.   ,'    |
                         ',     | /:/´.    .,',' |○|| |         ヽ::::',  /     |
                          i    l./::,'.       ゙゙  |  ||_|           |',::::',./      |

 明るい声そのままに、まだあどけなさの残る少女が、オンナの顔をして立っていた。

195 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:56:49 ID:sBUSFrzM

                                , -‐-
                  _, -─‐----─-     /{ :.:.:.:.:..:..\
                  '´..:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:./⌒ヽ/ ‘、:.:..:.:.:.:.:.:.',  佐天涙子(変装中。源氏名 ルイ)  
               /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.: {::::::::: {{:.:.:.丶、:.:.:.:.:.:.}  【汚れ】 0/10(入浴直後のため)
              ゙..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:..'::::::::::.'',,:.:.:.:.:.:.`'ー -ァ′ 【パッシブスキル】 《娼婦の手管》(4/10).
          /.:: /.:::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.\::::::.ヾ;,:.:.:.:.:. /   【アクティブスキル】 《聞き耳》気力1使用
          /.::/.::: .:::::::::/ .::/.::::::::::::::::::::.:.:.\:.:.:.\::::::.`¨¨´ :}    【行動力】 3+2/3
         /.::/.:::/.::::::::/ .::/..:::::::::{::::::.:.l,::::::.:.:.:..\:.:. 丶、::::::::ノ    ※《娼婦の手管》により増加(増加量=Lv/2 四捨五入)
       j.::; .:::/.::::::::/ .::/.:::/.::::ハ::::::.:.ヽ::::.:.:.:.:.:..ヽ:.:.:.:..`Tフ:::|    【気力】 2/2
., -─くン_  j::l::::::i:::::::::,゙.:::/::::/.::::/  l,:::、:.:.. \:::.:.:.:.:.:..',::::.:.:.i:::::::|    【性行為】SEX 
{   。\ン」::|::::::i::i:::::{::斗-┼-ミ  l,::: \:.:.-┼-ミ:.:.}::::::.:.!::}:::|    【値段/最低価格】 10円/8円
`ヽ、   。\ン┐:i::i:::::|L:{:::::ハ:_}   ヽ:、 \:.:..\::V}:::::::::i:,'::::|
   '. o ゚ 。`く{ i::i:::::| ィf'ァトミ、      _ッ孑テミ !:::::::::ハ::::|    【売春値段表】
    '. \丶 丿:i::i:::::l〈(. トr:'゚心`       '゙ん'゚::)} )〉i:::::::/`}:::|     SEX 10円/8円
    `⌒ヽ,>>\i::i:::::ヘ 弋:.::.:ノ         弋:.:.:ソ '゙/.::::/ .ノ ::|     口  7円/5円
       |\>>\:ー-`  ¨´        i¨i´i  T"::「:::::::::|     手  4円/3円
       |::::::\ r-‐-、 :.:::.:           :.:::.: イ|::::::i::::::::::|
          |::::::::::〈ヽ.   ヽ .._     ` ´    _. イ:::.!|::::::i:::::::::.!
          |::::::i:::::ヽ、__  \::]勺i''ー--‐='爪{ }:|:::::リ::::::i:::::::::.!
          l::::::i:::::i::::::::ヽ==ヽ:{い、   _」rヒ勺ノ.:::/.::::::.!::::::::.!
        '::::::i:::::i:::::::::|::'===∨'/⌒「~{\//ハ.::/.::::::::::::::::::,'
         '::::.!:::::i:::::::::い=== }///,ハ ', ∨ j/.::::::::/.:::::::/
            V{:::::.!:::::{:::: }\___ノ >\:::} }   V.:::::::::/.:::::::/
             \ハ::乂ノ.::::::::::..\>>\,ハ、  `ー<ノ}/

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    しかるべき【言葉】と【行動】を指定して、相手を口説き落としてください。
    【言葉】【行動】のいずれも【行動力】を1ポイント消費します。
    【言葉】【行動】のいずれも、概ね一言、一動作程度です。(多少フレーバーでも可)
    彼を口説き落とすのに必要な【言葉】【行動】が揃えば成功です。(多少フレーバーでも可)
    【値段交渉】により、一夜の値段を増減させることも可能です。(最低価格以下は不可能)
    値引き幅によっては、【言葉】【行動】が足りなくても、口説き落とせます。
    【値引き交渉】は一回限りで、一度設定した金額をさらに変更することはできません。
    【値引き交渉】で変更した金額は、本交渉のみの金額となります。
    【値引き交渉】は行動力を消費しません。
     書き込み例示
      1……【言葉】よい夜ですね
      2……【行動】指先を舌で舐める
      消費行動力 2
    ________________________________________

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

196 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/26(木) 23:58:32 ID:sBUSFrzM
    ________________________________________

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    また、【行為変更】を用いて、何をするかを変更しても構いません。
    現在のままでは【SEX】をすることになりますが【行為変更】で【手淫】等にすることが出来ます。
    【行為変更】も一度しか使えませんが、同時に金額も変更した行為のものに変更されます。
    【行為変更】で変更された金額は、通常金額になってしまうのでタイミングには注意してください。
    【アクティブスキル】は【行動力】【気力】を消費して使用が出来ます。
    【聞き耳】は相手の【言葉】【行動】や【性癖】等が何かを、ランダムかつ断片的に把握できます。
    
    ただし、1ターンで行えるのは、【言葉】【行動】【値引き交渉】【行為変更】【アクティブスキル】を
    『合計で2行為まで』です。
     例示 1
      1……【行動】指先を舌で舐める
      2……【聞き耳】
    消費行動力 2 気力1
     例示 2
      1……【値引き交渉】 9円にする
      2……【行動】 近づいて、手を握る
    消費行動力 1
    
    こちらの口説き文句が終われば、相手の反応が返ってきます。
    相手の態度次第では、【諦める】ことも可能です。
    また、言葉や状況如何では、【相手が立ち去る】ことも起こります。
    『口説き落とす』『行動力がなくなる』『諦める』『相手が立ち去る』で、交渉は終了になります。    
    ________________________________________

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

197 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/27(金) 00:00:00 ID:UPPva4fM
というところで、ようやく試験準備が整いました。
作っていて思いましたが、前ふり長すぎでした。

15分後に再度参加者を確認の上、『交渉開始』をしようと思います。
何かご質問ありましたら、書き込んでやってください。

198 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/27(金) 00:15:22 ID:UPPva4fM
時間になりましたが、試験に参加できる方はいらっしゃいますか?

199 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/27(金) 00:21:09 ID:UPPva4fM
誰もいらっしゃらない様子ですので、今日の試験は中止しようと思います。
170さんと171さん、時間どおりに始められなくて、申し訳ありませんでした。

200 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/27(金) 00:26:04 ID:UPPva4fM
そして仮にこれで口説き落とせたとしても、えっちぃシーンに入る前までで15コマはある……。
AAだけでシーン構成が苦手なので絵物語的にしたのですが、作成時間をとられすぎる欠点が。

客引きパートも同様に、少し考えてみようと思います。

が、それはそれとして、一応、27日20時から客引きパートの試験を行う所存です。
もしよろしければ、その際にご足労下さい。

それでは、本日はここまでとさせてください。
ありがとうございました。

201 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/27(金) 00:29:20 ID:f4XS0EEM
全部のセリフに「」がついてるとどれが誰のセリフか分かり辛いかな
モノローグは囲った方が良いと思うよ

202 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/27(金) 00:59:55 ID:ERKJrq36
おうふ…自分の所が終わったら間に合わなかったか、今日参加できるかわかりませんが楽しみにしてます






関連記事
  1. 2015/05/19(火) 00:56:20|
  2. 工廠裏の壁
  3. | コメント:0
<<【工廠裏の壁@シュマリ ◆zQrF8VDB4Uさん】佐天さん 【04】 | ホーム | 【工廠裏の壁@シュマリ ◆zQrF8VDB4Uさん】佐天さん 【02】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyarusp.blog.fc2.com/tb.php/4104-53db6c3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。