FC2ブログ

やる夫まとめに挑戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【工廠裏の壁@シュマリ ◆zQrF8VDB4Uさん】佐天さん 【05】

398 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 17:50:20 ID:dfC7QuUE
こんばんは。18時近くになりました。
人がおられましたら、遺跡探索の試験を行ってみようかと思います。

どなたか、いらっしゃいますか?

399 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 17:53:33 ID:8/lnGj3I
(´ω`)ノ ただしもうすぐ飯

400 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 17:59:27 ID:0ffqmr0.




401 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:00:42 ID:dfC7QuUE
ありがとうございます。
それでは、遺跡テストを開始します。

402 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:02:12 ID:dfC7QuUE

           / : : : : : : : : : : : : :`丶: : : : : : : : :\
          /::.: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\.::.::.::.::.::.::.::.ヽ
            /::.: /.::.:/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\.::ヽ.::.::.::.: {.::.::.
          :.::.::/.::.:/:.::.::/.::|::.::.::.::.::.::ヽ .::.::.::.::'::.〈ヽ∧.::. i
        |.::./ :.:: |.::./::!.:: |.::.::.::. |.::.::.::::.::.::|.::.|.::,ゝo〈 :.: |
        |:/ :| i.: |.::」:⊥:∧ :.::.::.| -‐|=.::.::|.::.|〈/',ハ〉.::.!
        | .:: | l ∧::|.::i.::|ハ.::.::. |ヽ.::|\}∧::|.::.〈/|.::.::.:ハ
.          ,′.::| |/| 斗z=ミVヘ.::.::| >ィ行尓ミ: .::.::. |ヽ::.:ハ
        |.::.:/:!八Ⅵ iト::iハ   \|   トi::..j }/}}.::.::.::|)}.:|:八
        | :/.::|\ハ`弋(ソ        ゞ(ン′.::.:/::jノ :「>))
        |::i.::.:|.::/: ∧ ´   、      /__::.イ ̄.::.:/| // \
        |::|.:: j/:|.::.i::.:.       _     /.::.::.::/:ル'/  ∧
        ∨/ │.:i:: 人    マ^  ノ   //.::.::.::////  /
          {. |.::.::.:ド个ト       / ,′.::.:/_ノ/   /   }
            |.::.::.:| 乂ノ} ::>‐ ´   /.::.::.::.://   /   / \
          ∨|.::.::.:|   ∨/\   /,ィ.::.::.::.:///  _/ 7  ,′ ∧
          ∧|.::.::.:|\  i:|\____/│.::.::.:,′|  //  ∧/ ///〉
          {. |.::.::.:|\\l:|\     /|.::.::.:│| | /   /  ∨//{
          \|.::.::.:|\ ̄|:|ー=\/ー=|.::.::.:│厂    (ノ  ∨ /
            |.::.::.:|、_>| ̄匸匸} ̄|八.:: |/          xく 〈
            Vi.::│\ i八 ̄}::::::{ ̄ll ̄∨⌒⌒>、___/\\〉
             |.::.|  ヽ   ∨::::::ハ巾 /   ∧ \  //  ∨
             |ハ:!   \ 〈::::∨:::{   /   / ∧  ∨/  /

【名前】佐天涙子 【年齢】15 【出身】オカヤマ 【身分】五級スカベンジャー兼夜鷹

【能力】※A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み
 筋力C 体力B 俊敏B 知能C 運勢B 注目度F/E(変装なし/変装あり)

【パラメータ】
 気力(3/3) アクティブスキルを能動的に使うため必要な値。遺跡内行動時、現在値が行動力に加算される。
 汚れ(0/10) 汗をかく行動等で上昇。入浴すれば0に戻る。
 モラル(100) 良識、善意、慈悲等の値。涙子のMAXとして100。聖人君子==100ではない。
 行動力(3/3) 各行動判定の基礎数値。

403 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:03:27 ID:dfC7QuUE

【特性】
 体力充実:鍛錬を日常にして育ったためか、運動神経が良。怪我や病気になりにくく、回復も早い。
        ただしあくまで少女のレベルで、というに留まる。
 聴覚鋭敏:どういうわけか常人よりも聴覚が鋭い。
 剣の才能(小):剣・棒等の扱いに適正がある。剣術関係スキルLv上限が常人より僅かに高い。
 射撃下手(大):射撃が非常に苦手。銃関係スキルLv上限が極めて低い。
 淫婦の素質(大):色事の素質。また、性行為に対する潜在的な欲望の大きさ。娼婦関係Lv上限が極めて高い。

【ベーシックスキル】※追加不能。成長可能。削除不能。
 《身軽》(1/5LV):同年齢・同性別に比して高い身体能力を有する。身のこなしを必要とする判定にボーナス
 《回復促進》(2/10LV):怪我や体力、状態異常の回復・予防判定にボーナス
 《直感》(2/10LV):やけに勘が鋭い。状況判断・察知判定にボーナス
 《淫乱》(3/10):性的好奇心・性的欲望が強い。性行為関係判定にボーナス

【パッシブスキル】※追加、成長、削除可能。
 《剣術》(4/6LV):剣・棒等を使った判定にボーナス。鍛錬しないとレベルが低下する。
 《銃の取扱い》(1/2LV):銃を使った判定にボーナス。鍛錬しないとすぐにレベルが低下する。
 《娼婦の手管》(4/10):性行為関係の判定にボーナス。また、半分の値が夜伽時の行動力に加算される。
            訓練しなくてもレベルが低下しない。

【アクティブスキル】※追加、削除不能。一定条件で成長可能。いずれも気力を1消費して能動的に使用可能。
 《渾身の一撃》:乾坤一擲の攻撃を行う。攻撃が成功した場合、対象を大きく破壊する。
         使用後に大きな隙が出来る。使用すると武器が壊れる可能性がある。
 《聞き耳》:耳を澄ませて、対象者や対象物、あるいは見えない範囲の様子を伺う。範囲、効果は音量に依存。
       取得情報に関する判定に《直感》×2のボーナス。
 《虫の知らせ》:対象者や対象物、周囲の状況から【何かの予兆】等を読み取る。
          取得情報に関する判定に《直感》×1.5(端数切捨て)のボーナス

【装備】
 回転式拳銃(22口径):装弾数6発。所持弾丸30発。スピードローダー2個所持(2回までは時間ロスなしでリロード可能)
 サバイバルナイフ:ごく一般的なサバイバルナイフ
 特殊鉄パイプ:建築鉄鋼廃材の再利用。官営武器店店主特製の一品
 タクティカルベルト:普通の繊維で編まれた沢山のマガジンポーチや多目的ポーチが着いたベスト。
             前後に2枚のプレート入り
 PDA:低機能汎用品。通信とメモ機能程度
 化粧品:低品質なもの。何度か使っている

404 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:04:32 ID:dfC7QuUE
.._.
  `"゙";':':';':.,.,_           _...:;;:''"                        ,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,..
 '"゙''゙"            .,.,;:;゛:;:,.,.,_                    ,,,......,,,,,;:;''"''':::..
.,;: _...      .....,,,,,;:;'''"'''"                   ....,,_,,,...;:;::''""''''"
      ,.,;:;:;:;:;'''""""""            ..,.,;:':';',,,..;:.;:;';:;';''""
  .,;:,.'""    ,.,..,.;:';';':':':.':.:.           ""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,         _,,...;:;:;;:'''""'''';:;;:,.,.,...
"''''''""""""''"'";:;:;,.,_,.              .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:;:;;''''"         ..,:
    .,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    .,:;:.:;:';';';';';'''''''"""'''""""                    ::;
                   _ .|| | : : : : : :、 〉〉/〉
                  //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l|
     ;:,.,.,.,....__....,,__,...._......__.._/〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢;;;;;;,,,.....        .......
,,,..,,.,.、、.,;:'''"""ヾ    : :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П   '""""'''''"''´..;,_..;;::..............__,
             : :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!
          rュ、.                 . . ..。.         . .. .^
   ^    。    ゚  .  . '   :   '',  ; ' '  ;  .     .     ;  .  ; ' :
.  . '  :     '    ,     ;   '     '      ;   .  .   '      :
:.......∠二ヽ.... .  ゚  .    '    ' ,  ; '',  ; ' '  ;  .     .
                                     __
                   .... ..                /ヽ _ /ヽ
     ^                               / ..:::'l ::.: .:.::\     ^    ..,,;:.,..
  ...,,..,;:..         r‐、                     '"'"''"'  ̄ "''"''"
              `"""
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 皇国北領地方都市トウヤコ西側官営農場、西方約50キロメートル地点。

 赤茶けた土と岩、そして枯れた草に彩られた荒野にボロボロの建物が一棟、鎮座している。

 建物は、鉄筋コンクリートの倉庫だ。

 縦に100メートル、横に50メートル、面積にして5000平方メートルの敷地の中ほどに建てられた倉庫は、
敷地面積の三分の一ほどを占拠して、その半ば崩れ落ちた容貌を風に曝していた。

 過去、併設されていたであろう何らかの建造物は10世紀以上の風雪に耐え兼ね、はるか以前に失われている。
今はその基部が僅かにその名残を残すだけであった。

405 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:05:41 ID:dfC7QuUE

                                  _.._、_
                      __,   -‐==   ̄ ̄ ̄ 「 「 ̄ ¨ ‐-   _
                      〃´ ̄   V             | | ┌─-  、', _  ¨ ‐- 、
                    / ,‐- =ニ _               | | l __、 l ',', ̄ ¬ ヽ‐- 、',、
                / /r=、    /       ,-------l | l l   l l.l ll    ! ',   l !
            __,r-―≦-‐=、‥ = ニ  ̄ ̄        ヽゝ──┘ lL _ 」  l_   l !
      _ -=ニ´ ̄___- "        _.. -‐  ´ ̄  :|ヨ| ┌' l   ┌_ュ.!    __ .!  ̄二|
   ,.-=ニ ニ ニ ニr, r, r., r, . r ァ―、 ̄ ̄二 7「 r―ォ  _  ヘ"' | `イ   └┘l    └' !  冖|
   |[l化」l |l |l ||l |:| l:| |:| | | l{〃: !   |三」 .|l ` ̄´ ̄ -―- 、゙ヌ |          |       l _ェ_、0!
   |__三_ニニ ニ ェ' ェ' ェ'_ェ_゙亠ー"_____l!__ / __ヽ l  ',` l  ⇔   __ | __ / /_ l_l_|_
  「 .r、 ̄| ┌:::::::::::::┐ | ̄ ,r 、Tニ=¬ ̄| /:.:.:.:.:.:.:...´:::`ヽ,.l !    ̄ ̄    !    / ,':〃ヽ! |
  ヽ弋 └亠―― 亠 ┘ 弋ノ |    _, ィ/:.:.:.:.:.:.:.::::::;: =、::::::ヽ.l      ___L - 彡 /:.:.〃'、:V
  〈_| ̄ ̄¨l ̄ ̄¨F====――‐T F´// ,':.:.:.:.:.:.:::::::,ィ ヾ.ヽヽ:::::',、_二  ̄ _ == ̄/:.:.:::lV|}!::!
   \ ヒュ└―‐┘  、--、   ├'-/7' ,:.:.:.:.:.:.:.:::::〃' ' ∧〉,:::::l _   --   ̄_::::::::l_フ、.!::!
.     l::\ _-    _゛¨`    V/ !:.:.:.:.:.:.::::: !ヽ⌒、゙' '_ll::::::l´::_  -‐  _二 -,┘::::::Vム/:;′
     ',:.:.:.:.:::::ヤ「t_、_―=`――、--ム―-!:.:.:.:.:.:.::::::lイヽノ〈7ヽ!:::::lニ二  -‐'      V::::::::::゙‐':/
      ヽ:.:.:.:.:::`‐=ニ‐"::ア¨¬'ー----―¬:.:.:.:.:.:.:.::: 、/lヽl V//::::::′           ` ‐-- '"
       `丶 :._:::::_::: イ            ;.:.:.:.:.:.:.:::::ヽゝ" _レ::::::::′
                          ヽ:.:.:.:.:.:.:.::::::`::´::::: , '
                          ゙ -- = =-‐ '"

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そんな廃墟と言っても指し支えない――否、完全に廃墟と断ぜられる建物に、一台の軍用車両が近づいていた。

 アスファルト道路の名残を疾駆する黒い車体の側面には、北領正規軍を示すエンブレム。

 その後部席は二人ずつ対面して座る四人掛けのシートになっており、そこに一人の少女が座っている。

406 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:06:42 ID:dfC7QuUE

          ..:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::ヽ::::::ヽ-、
        /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::i::::::|:::::::::::::::::::‘,::::∨
        .′ :::::::::::::/::::::::::::!::!:::|::::::|:::::i:::|:::::::::::‘,::::∨ )
      ′::/:::::::::::′ ::::::/|::|i::|:::::ハ::::|:::ト、::::::::::‘::::::::V
.      :::::::′:::::::::i ::::://:::|::|{::|:::;′:::|::_}_}:|::::::}::;:::::::::::.
     i::::::|:::::::i:::::|::::/厶斗八{:/   }ハ/ jノ`メ、i:::::::::::|}
     |::::::|:::::::|:::::|j厶≠=ミ /  / 厶≠ミ jハ:::::::::i::|
     |::::::|:::::::|:::::|《 ん::ハ ゛    "ん::ハ j}/ }::::::::}::|{
     |::::::ト、: |:::::| 弋うリ       弋うリ " /:::::::/::八
     |::::::ヽ( \::|                ハ::::/:::′
     |:::::::::::\__`          ′     , イ ヽ:/
     |:::::::::::i::::::::::ヽ              /:::::|
     |:::::::::::|:::::::::i:::::ト、   `  ´   イ ::::::!
     |:::::::::::|:::::::::|:::::| 丶       イ::::::|::::::::|
     |:::::::::::|:::::::::|:::::|     `¨¨´i::::: |:::::::|::::::::|
     |{:::::::: |:::::::::|:::ノ       ト、::|:::::::|::::::::|
.     八::::::::|:::::::::{/ハ        ヾ'/|:::::::、:::::::|
    /::x≦「}|::::::::::∨∧       '∧::::::‘,::|
.   厶∧∨八:::::::::::∨∧`ヽ、  , -|∧::::::::∨\
   /  ∨//,∧:::::::::::∨∧  _x≦{_j/∧::::::::∨/,ヽ
.   ′   ヾ'//,∧::::::::::∨∧7//////|/,'∧:::::::∨/ハ
  i     \/,∧::::::::::∨∧,/////,'|//,∧::::::::∨  i

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 細い身体には無骨に見えるタクティカルベルト。背もたれと腰の間に挟まれたヒップホルスター。
何より似合わないのは、肩に立てかけるようにして腕で緩く抱えた鉄パイプ。

 あどけなさの残る顔に緊張と、僅かな疲れを乗せた少女――5級スカヴェンジャー佐天涙子は、
鉄パイプをトントンと指先で叩きながら、遠くに見えてきた目的地を眺めていた。

407 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:07:49 ID:dfC7QuUE

"''''''""""""''"'";:;:;,.,_,.              .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:;:;;''''"         ..,:
    .,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    .,:;:.:;:';';';';';'''''''"""'''""""                    ::;
                   _ .|| | : : : : : :、 〉〉/〉
                  //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l|
     ;:,.,.,.,....__....,,__,...._......__.._/〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢;;;;;;,,,.....        .......
,,,..,,.,.、、.,;:'''"""ヾ    : :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П   '""""'''''"''´..;,_..;;::..............__,
             : :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!
          rュ、.                 . . ..。.         . .. .^
   ^    。    ゚  .  . '   :   '',  ; ' '  ;  .     .     ;  .  ; ' :
.  . '  :     '    ,     ;   '     '      ;   .  .   '      :

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今日の探索対象である五級遺跡。

 すでに幾度か探索対象とされたそこは、脅威となる警備ロボットも、凶悪なミュータントも、
無尽蔵にわく無人機械もいないとされていた。

 もっとも、警備ロボットはともかくとして、ミュータントや無人機械は新たに入り込んでいる可能性がある。

 それでもここは、トウヤコの西側、いわゆる積極開拓地区の内側である。その可能性は低い。

 そこまで考えて、涙子は苦笑。

 それはいいことばかりを意味しない。

 ある程度安全が確認されている――つまり、拾える遺物はもう、軒並みさらわれているということなのだから。

409 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:09:29 ID:dfC7QuUE
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r,:::ヽ
       ,.:'::::::::::::::::::::::::\::::::::::_| レ'7:ヘ
.       /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::‘ーァ oく:::::∧
.       ,′ ::::::::::::::::::::::::::|:::::::‘,::::{_ノ\〉::: ∧    ま、それくらいがちょうどいいしね
     ::::::::::::::::::::::i:::::::|:::|:::、::::‘,::::::‘,::::::::::::.
     i:::::::::::|:: |::‘,:::}斗‐ヘ{ヽ:i::::::::!ト、:::::::::::::.
     |:::::::::::ト、{ヽ::ヽハ  ィ斧ミx|:::::: !|ハ}:::::::::::::.
.       |:::::∧{ rzュ、ヾ{  弋:う'"|:::::i八ノ::::i::::::::::.
.      |:::::::∧゛弋リ      ´   j// /::::::|{:::::::∧
.     |{:::::::::ハ    '         / /:::::: 八::::::::∧
      八:::::/ ヽ      ,     ′::::::::/77ヘ::::::::ヽ
       ∨  个:... `     / /:::;:,´´ ̄`ヾヽ:::::::\
           |::::/7≧‐<{ヽ./'´          `ヾ::::::: \
           |:/{/////,/{__/               ヽ:::::::::\
           ,′∨///,{,//             ヽ::::::::: \
             i   ∨//{,/{                    ‘,::::::::: \

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 軽い口調で、だがどこか自嘲気味につぶやく涙子。

 以前、恩のある先輩スカヴェンジャーに口を酸っぱくして何度も受けた指導のひとつ。

 3級になるまでは、単独での即日探索や即日依頼を受けるな。

 涙子はそれをしっかりと守り、数日前に遺跡探索の申請後、
情報収集を行い、以前ここを探索した者からも話を聞いてきている。

410 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:11:08 ID:dfC7QuUE

 やがて、軍用車両がサスペンションを軋ませながら停車した。

 気がつけば倉庫が目の前に。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      !    |  !    l
     |     |   i    l      よっ、と
       }   |   l    、
       | 、 ,. |     l 、  ,  i
      ト --..:1    i、_ ノ:!
      |::.::.::.::.::|     l::.::.::.::.::.|
.       !::.::.::.::.::|    l::.::.::.::.::|
       l::.::.::.::.::!    |::.::.::.::.:l
        i::.::.::.::.|      !::.::.::.::.!
         !:.::.::.::|     |::.::.::.::|
       |::.::.::.:l      |::.::.::.::|
          }::, -┴i   ノ-―、:!、
       l´:‐.: ̄:`j /´: ̄:..´:.}
       ー―‐ ´  ー―― ′
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 勢いをつけてドアを開け、車を降りる。

 足元で土の擦る音。背中側でドアの閉まる音。

 同時に、車が、勢いをつけて反転した。

 それを見て涙子は……

○ 行動選択
  1 車の運転手に挨拶する。
  2 装備点検

 下 1

411 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:11:46 ID:y1cxdK.Q
贅沢言い過ぎ ちょっと鋭い鉄片ぐらいでちょうどいいや
なまくらでも刃物なだけ



412 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:12:56 ID:dfC7QuUE

           / : : : : : : : : : : : : :`丶: : : : : : : : :\
          /::.: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\.::.::.::.::.::.::.::.ヽ
            /::.: /.::.:/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\.::ヽ.::.::.::.: {.::.::.
          :.::.::/.::.:/:.::.::/.::|::.::.::.::.::.::ヽ .::.::.::.::'::.〈ヽ∧.::. i
        |.::./ :.:: |.::./::!.:: |.::.::.::. |.::.::.::::.::.::|.::.|.::,ゝo〈 :.: |
        |:/ :| i.: |.::」:⊥:∧ :.::.::.| -‐|=.::.::|.::.|〈/',ハ〉.::.!
        | .:: | l ∧::|.::i.::|ハ.::.::. |ヽ.::|\}∧::|.::.〈/|.::.::.:ハ      ありがとうございました
.          ,′.::| |/| 斗z=ミVヘ.::.::| >ィ行尓ミ: .::.::. |ヽ::.:ハ
        |.::.:/:!八Ⅵ iト::iハ   \|   トi::..j }/}}.::.::.::|)}.:|:八
        | :/.::|\ハ`弋(ソ        ゞ(ン′.::.:/::jノ :「>))
        |::i.::.:|.::/: ∧ ´   、      /__::.イ ̄.::.:/| // \
        |::|.:: j/:|.::.i::.:.       _     /.::.::.::/:ル'/  ∧
        ∨/ │.:i:: 人    マ^  ノ   //.::.::.::////  /
          {. |.::.::.:ド个ト       / ,′.::.:/_ノ/   /   }
            |.::.::.:| 乂ノ} ::>‐ ´   /.::.::.::.://   /   / \
          ∨|.::.::.:|   ∨/\   /,ィ.::.::.::.:///  _/ 7  ,′ ∧
          ∧|.::.::.:|\  i:|\____/│.::.::.:,′|  //  ∧/ ///〉
          {. |.::.::.:|\\l:|\     /|.::.::.:│| | /   /  ∨//{
          \|.::.::.:|\ ̄|:|ー=\/ー=|.::.::.:│厂    (ノ  ∨ /
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 運転席と助手席の軍人に笑顔とともに頭を下げる。

 すると、彼らは軽く驚いた表情を浮かべた後、反転させかけた車を止め、窓を開けた。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  _,,,,,,,,__
              _,,∠ニ  丿ヽ,      スカヴェンジャー、言い忘れていた
             /彡ミミへ    ヘ,
            /  |::::::::.  \   ヘ
            ヘ  |, '" =≡゙::\ ノ  )  __,,,,,,,,,,,,,,                 「なんです?」
             ヘ ゝ,ュi ::゙゚'"  :/  ノ‐'"______,==i `i
              \ ヾ|_ ,,、‐ / 三_,,r‐''"___,,,,,,,,,,ノ               
               \\、,,=' l_,,r'" ,,r"´==   ミ'i   この近辺で数日前、煙が上がっていたという情報があった
                >、`、,/ /∠〃_,,r-‐'''''' ヘヘ
              r'"  ゙フ /´∠ (ミ‐-、,,,,,,,,,,,,,,,  }

415 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:14:26 ID:dfC7QuUE
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::\
         /::/:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::丶::::::::::::::::::::::.
.          /:::::,:′ :::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i^Y::::.   煙、ですか?
        /:::::/:::::::::::::}:::: /{:::::::ト.:::::::::::| :::::::::}::::〈\! i|::_::.
       ,′::′:::::::::/|::: ハ ::: |  :::::: | 、:::::::|::::: \ 0´ノ::|
       .::::::′::_::' i|::::l  ::::::|   :ト: |  __::::::::::::/ ィ 〈: : |
      .:::::::|::::∧::/卞、|  ∨{__,,斗匕⌒ⅵ::::::::7イヘ }:::::|
       : :::: |::::{ V   `     ユ,____ }::::::::::::::::::::::: |
.       |::::::::|::::: 卞:才´       i::::::: }   : ::::::::::::::::::::: |
.       |::::::弌::: 弋::リ       乂:ノ   ′::::::::::〈::::::: |   「ああ。山火事とかじゃなくて、焚き火のような細い煙らしい。
.       |:::::i{:::::::′ ´   ,     ,, ,, ,, ,, ':::::::ノ ⌒Y::::::|       意味がないかもしれないが、一応教えておこう」
.       |:::::i|:::: i ""              jイ 〈   ′ :|
.       |::ノ ヘ::{                  ノ / :::::::|
      ´   ::ヘ     マ、         ∠才::::::::::::::: |
         ∨::\   У、       イ /:/:::::::::/ 、:::
         イ:::::::::| `/  \-  ´   /7:::::::::/  \::
        /  |:::::::: |i/ ´ ̄ ̄ }     / /:::::::::/    }
       {  i|:::::::::: |     ̄`Y   イ//:::::::::/  /      なるほど……わかりました。ありがとうございます
       |   ∧:::::::::}     ̄Y´  / /:::::::: / /    }
       |   ∧::::::::.     У  ,/  ::::::::::::{/        |
       |   ∧:::::::|   ノ      {::::::::::/        i|
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 少しだけ明るい声で、そんなことを教えてくれる。

 再度笑顔を浮かべて頭を下げると、軍人は軽く手を上げて窓を閉めた。

「がんばれよ」

 閉まる寸前に一言。声はあかるい。

 女の子に愛想よくされれば、嬉しいものだ。しかもそれが10代半ばの、見た目が整った娘であったなら。

417 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:16:39 ID:dfC7QuUE
                _ ........... _
           ,,:::´::::::::::::::::::::::`:::::....
.       /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ
        / :::::::::::::::::::::;'::::::i:::::i:::::::::::::::::::::.
        ,::::::::::::::::::::::::::|:::::;:| :::|::::::|:::::i:::::::::
       ,:::::::::i:::::::::::::|:::|_:/_|::/|::::;ハ::::|::::::: i
.       .::::::::::|:::::::::::::|/j/  /`|:/ ´j:ノ::::::|::|
     i::::::::::|:::::::::::::y"斧ミ  / ィ斧、!:::|i:|
     |::::::::f^V:::::::!|゛弋:リ    ヒリ ':::::i从      (あれくらいでここまで……。やっぱり軍人さんは大変なんだろなぁ。
     |:::::::::ヽt\:八      ,   ,ハ/        娼館も夜鷹もそう多いわけじゃないし、
     |:::::::::::::::¨ヽ       _    ′         立場上、スラムで立ちんぼ買うのは難しいし)
     |:::i:::::::::::::::::i丶   ´ー'  イ
      ,:: |:::::::::::::::::|   >   イ ::|
      .:::: |{:::::::i:_:_:_!     !__::::| :::|
     ,::::::八::::::∨,∧ 、_  ヾハ:| :::|
     レへ/∧::::∨/∧-‐==‐-f| :::|ヽ、
   /   `ヾヽ::∨/∧////f八:::{/ ハ
.  /       iヘ:{//,∧///{//,ヾ /
  /:./   :.   、: :`ヽヾ'ヘ//{// /:|   i
. /´     :.  ゝ: : : :`ヽヾ{〃: : :/ i ′|
/       :.   ` ー--r‐‐r‐ '   :.  !
        y′     j≠ヘ     } !
        /         /: : : : ヽ  /  :.

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 実際、相手したら払いもいいもんね、等と考えている自分に気づき、軽くため息。

 その間にも、車両は砂埃をたてながら反転。元きた道を帰っていく。

 ここに来るまでに経由した二つの遺跡で、先に降りたスカヴェンジャーを回収して3時間後に、戻ってくる話だ。

 それを逃すと、協会が明日、もう一度だけ迎えを寄越してくれるのだが、こんなところで一泊は遠慮したい。

 ともあれ、3時間後にここにいるためにも、まずは自分が生還しなければ。

419 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:17:58 ID:dfC7QuUE

       /         ヽ
     〃              ト
    ′               i キ
    /             | キ
  /               |  V                    ,. ‐‐ァ一 ..
 〃               l|   ∨                   /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
 ′               i′  ∨                 /:/:/ :ハ:i:ヽ:ヽ:,.n_:ヽ    よしっ、いきますか!
 i               ′   ∨                ノ:/ .{:i..{:{ }ハ:ハ从〉・くト{
 |              /       乂             フ:ハ:.ハトNノ斗≦}‘:^':.:廴__
. キ             //       ヘ              彡イ:人《ヒリ  ヒハ小)>┴‐
 乂             '/         ヘ.         {廴__ノ..从  '   爪:イ:丁ヽ:.}
   ヽ          /′            \         ト≧=:彡rr:> .^ イァァミ:..:.∨}ノ
 {   \       メ                 \      >'´フ/:ハ.、 {ん_//′、}:..、乂
  、   > ミ ___彡   /                 \   /彡'rく ̄__{\ミ∨,ノムイ7{:.:..ト:.\
  ∨      ` <.  /                    \. ‐≦人 レ 辷フニ'{ブ  / 从:{ }ノ` ー‐
   乂        ブ < _                 \≦=イフ{   |/ :.:/  チ‐イト:{ } ′
     ==彡 /     ̄ ≧=-  _              > .ノ  } |../   /  ん、
         ≦zz __        ≧一-  _       ≧<yi`レ'  /:.ト '’ |
               ̄ ̄ ¨¨¨  ―--      ̄ ¨¨   一弋_,ク  Yー{`弋   乂
                                      ‘キ彡'   _ . イ
                                      厂/7 T丁 {ヽ. \\
                                       / //  | ! l 丶 ヽハ
                                    ノ / / {  | |  l  ヽ } ヽ

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 景気付けに右手で鉄パイプを振るう涙子。

 ひゅん、と空気を斬る音が、荒野に響いた。

420 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:20:34 ID:dfC7QuUE

_________________北____________________
|      |                  |      |                   | ̄6 ̄| 勝
|      |                  |      |                     |___|  |
|      |        4         |      |          5               |  |
|      |                  |      |                          |  |
|      |_____入り口____|      |                          |   |
|                             |                          |   |
|                             |                          |  |
|     ____________       |                         |   |
|     |                  |      |______入り口_______|  |   東
|     |                  |                                |
|     |        3         |       _______   ______   |
|     |                  |       |           |   |        |   |
|     |_____入り口____|       |    2      |   |   1    |   |
|                              |           |   |        |   |
|                              |           |   |        |   |
|                              |__入り口 __|   |_入り口 _|  |
|                                                       |
|__ _____________________________入り口___ |_
     
                                               涙子
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【事前入手情報】

 ・食品関係を取り扱っていた建物である。
 ・南東側に出入り口があり、さらに北東角に勝手口がある。
 ・最後に探索してから2週間が経過している
 ・1週間前、近辺で傭兵とはぐれミュータントが一戦闘。
  【人間の男が変質してしまったらしいミュータント】が一匹、始末されている。
 ・付近で煙があがることがたまにある。←New!!

【お知らせ】
 ・これより後は書き溜めではない部分が出てきますので、投下感覚が遅くなります。
 ・書き忘れていましたが、成功判定については、ここにダイス機能がないことと、テストであるため、
当方の手元で振らせて頂きます。ご了承ください。
 ・地図はテクもないのにあわてて作ったので、ガッタガタです。申し訳ありません。

421 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:22:26 ID:dfC7QuUE

       |   |;;:. ' : .|                    |
       |   |;;::...   |                    | ‐'―||ーl
       |   |___|___________|―――――,
       |      "゛゛"''''''::::::;;;;;;::;;|_   []  []  []  [] [lコ
       |               |;;;;;:.\___         |
       |  ;;:"'     ;;゙     / ̄ ̄ ̄ ̄|]  .[]  [] [lコ
       |             /         |        |
       |          (メ::;/        ;;゙ |]  .[]  [] [lコ
       |   ;;:      ノ/    ;;:",.っ  ーく  ・ー    ..l_,,_
       |      ┌─ /          ;;;´,,|/l  ー・ ̄;:;"´
       |    ┌┴ /              ..;:|;;。)ゝ::
     ┌┤  ┌┴─|            ...::;:;;;:|;;"ー、.,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;:"^ ̄ ̄
    ;;:゙   ノゞーゝ    ";:::,.、 。    "''    ´゙

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 倉庫に近づいてみると、ボロボロなのは当然として、入り口付近の外壁にいくつかの弾痕があった。
 発見された当初は、ミュータントが少しばかり住んでいたらしい。
 掲げられた『北領第2028号5級遺跡』。
 とりあえず、おかしな物音はしない。

 ○行動選択
 1 中に入る。
 2 建物外周を見て回る。
 3 アクティブスキルを使用する(気力1消費。残り2回)

 下1

422 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:23:11 ID:8/lnGj3I



425 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:28:29 ID:dfC7QuUE

          /: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         /: : : /: : : :/: : : : : : : : : : : :.rvヘ
      /: : :.:/: : : ;イ:|: トl:.: :.|:.: : :.l: : :ヽ y',}
      ,: : : : :|:、l :/ |::!:.: |: : :|:.: : :.|:.: : :/, 〈
      l: : : : :|: :!>ぇヘ:| ゝ斗<:.:|:i: :〈/:Y    (慎重に……慎重に……)
     ノ: : : : :k'モテッ    ぇ云テ刈: : : : |
      {:,: :トi:.:.|  ̄       ̄ |:. :.;イ:.」
     V;八!:N     ヽ      レ'ノ: :|
      |: : ゝハ          ,イ:. :. :.:|
      : : |: : : ト.、   ⌒ヽ   /:..!:.:.:. :.:|
      /: :.|: : : |: :.| ヽ _   イ:.: : :|: : : :.:|
.     /: : :.|: : : |;/l|      ト、:|: :|: : : :.:|
    /.;-<|: : : |/∧      レ/|: :|、:..:. :.|
.    〆 `V/|: : : |//∧    ル/|: :レ/>、
.  /    Ⅵ:. :..:|///∧ー 一///|: :|///  \
  ,イ      |: : : |////∧  ////!: :!//     ハ
. /:.|.      : : : :|//////∨////!: :レ
/: :.|     |:..:..: !\/////////,'|:.:.|    V   |

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 鉄パイプを構えて、ゆっくりと警戒しながら建物外周を見て回る。

 時折、風が吹いてゴミが舞い上がるが、妙な音がするでもない。

 時計回りに、20分ほどかけて外周をぐるりと回り、北東側にさしかかった。

427 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:31:37 ID:dfC7QuUE
  ___________________
. | __________________ |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |       (――!
. | |                               | |        扉があいてる)
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | | | ̄ ̄|                      | |
. | | |    |                      | |
. | | | (二二二!                     | |
. | | |__|                      | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 地図に記載されていた勝手口が、僅かに開いて、風に揺れていた。

 扉自体の重みと風の弱さで完全には開く様子はないが、キィ、キィ、と頼りない音をたてている。

 これは自然にあいたものか、それとも……。

○行動選択
 1 中に入る
 2 最初の位置に戻る
 3 アクティブスキルを使用する(気力1消費)
 4 その他(実現可能な事)

428 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:31:59 ID:dfC7QuUE
あ、失礼しました。

下1

429 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:32:35 ID:y1cxdK.Q
4可能なら外側から、開かないように細工する



432 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:36:38 ID:dfC7QuUE

        /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::: Y^Y:::_::ヘ
        ,:::::::/::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::r― 、| レ' }::::.
      ,:::::/:::::::::::::;′::::::::::::::::::: i::::::::::::::::;:::::` ーァ o く:::::::::.
.      .::::;′:::::::i:::|:::::::::::::: i:::::::::|:::::::i::::::::|:::::::::/ 人  }::::::::
     i::::|::::::::i:::|:::|:::|:::;ハ::::|:i:|::::|:::::::|::::::::|:::::::::ゝ':::::: `´ :::::::i
     |::::|::::::::|:::|:::|:::|:::| |::::|ハ|:::j{:::|_j;ハ{:::|:::::::::::::::::::::i ::::::::::::|
     |::::|{::::: |:::|`メ:::::| |::;'ー七;´}:|/  ヽ!::::::::::::::::::::′::::::::::|
     |:::八:::::|斗≠ミヘ{ l/  j/ ,.斗≠=ュ、:::::::::::::::: ハ ::::::::::|
     |:::::::::ヾ{f{ {:::rj     ″ {::f:しj j}::::::::::::::/、 }::::::::::|        ふんぎぐぐぐぐ……!
     |{:::::::::::::.゛ 弋:リ       弋:::ソ |:::::::::i/:ソ/:: i::::::|         お、重い……!
.     八:::::::::::;:.                   |::::/_´/ :::::: |{::: |
        ヽ/ :   `            ノ ´/ i::::::/:::::::::八:::|
            、    、__          , '  |:::/::::::: /::::::: |
           \   レ' }       /  ,:::/::::::: / :::::::: |
              个::..        イ  /::/:::::::::/::::::::::::::|
              |:::::::`:: ‐‐<|   /::::::::::::::::://}}::::::::::::|
              |{::::::::::::::::::::: |,, ´::::::::::::::::://,/{{:::::::::::|
.              八::::::::::::;,:::´:::::::::::::::::::://///,∧:::::::::|
                  ヽ:/:::::::::::::::::::::::: ////////,∧:::::::|

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ゆっくりと近づき、扉に手を当てる。

 ひんやりとした感触が手のひらに伝わり、軽く身震いした。

 そのままドアノブをつかんで、しっかりと閉めた。
  
 それから近くに転がっている、大きめの石をドアの前に何個か転がしておく。

 ちょっと不安だが、これで簡単には開かないだろう。

 それから涙子は、とりあえず最初の位置に戻ることにした。

433 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:38:00 ID:/jQY5VtA

       |   |;;:. ' : .|                    |
       |   |;;::...   |                    | ‐'―||ーl
       |   |___|___________|―――――,
       |      "゛゛"''''''::::::;;;;;;::;;|_   []  []  []  [] [lコ
       |               |;;;;;:.\___         |
       |  ;;:"'     ;;゙     / ̄ ̄ ̄ ̄|]  .[]  [] [lコ
       |             /         |        |
       |          (メ::;/        ;;゙ |]  .[]  [] [lコ
       |   ;;:      ノ/    ;;:",.っ  ーく  ・ー    ..l_,,_
       |      ┌─ /          ;;;´,,|/l  ー・ ̄;:;"´
       |    ┌┴ /              ..;:|;;。)ゝ::
     ┌┤  ┌┴─|            ...::;:;;;:|;;"ー、.,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;:"^ ̄ ̄
    ;;:゙   ノゞーゝ    ";:::,.、 。    "''    ´゙

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 さて、戻ってきたが、どうしよう。

 ○行動選択
 1 中に入る。
 2 アクティブスキルを使用する(気力1消費)

434 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:39:10 ID:dfC7QuUE
また忘れました……すみません、下1です。

435 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:39:54 ID:0ffqmr0.
1 中に入る。



436 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:41:13 ID:dfC7QuUE

                                                  |  |: : |: :
  ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                                   |  |: : |: :
     |            |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    ______    :|  |: : |: :
     |    //    |    |                |    |INFOMATION|   |  |: : |: :
     |            |    |                |    | ========== |   |  |: : |: :
     |   //     |  从从________|    | ========== |   |  |: : |: :
     |            |  ハvVv                     | ========== |   |  |: : |: :
     |            | ルwwヽ                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |  |: : |: :
     |            | Wwwリ                              |  |: : |: :
     |   //     |   |:|_                              |  |: : |: :
 __|______|____|~~;|________________________________________|  |: : |: :
 ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'\ `--'::::    : : : : : : : : : : : : : : : :|\ /受付/| _\:::: ::\|: : |: :
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^           : : : : : : : : : : : : : : :|  \ ̄ ̄ \:  ̄|      ̄ \:
                            : : : : : : : |   \    \::|       \
                                  \.    \    \_______
                                   \.    \__________
                                        \.   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                         \.  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                        \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 中に入ると、受付と呼べるほどのものではないが、正面窓ガラス越しに事務所のようなものがあった。

 正面には小さめの事務所。通路は左手側――西側に続いている。

 ここから見える限り、事務所はもうほとんど何も残っていない。

 ひっくり返された机や、パソコンのガワだけが転がっているようだ。

○行動選択
 1 事務所を見て回る
 2 廊下を進む
 3 アクティブスキルを使用する(気力1消費)
 4 その他(実現可能な事)

 下1

437 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:42:53 ID:y1cxdK.Q
2



439 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:44:29 ID:dfC7QuUE

                     \._ __/
                       | ̄|  | .| | ̄ ̄|       | ̄ ̄ ̄|
                       |  |  |:| |    |       |      |
                       |_|_|_.| |。.  |       |      |
                     /      .\|    |       |      |
                    /        \  |       |      |
                  /            \|       |o    |
                 /                \      |      |
               /                     \   |      |
              /                       \  |      |
            /                           \|      |
           /                               \     |
         /                             \   |
        /                                \ |
      /                                    \
     /
   /
  /

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 埃が積もった通路を進む。
 いくつか足跡や、何かを引きずった痕跡があるが、新旧いずれも埃で薄まっていた。新しいのは涙子自身のものだ。

○行動選択
 1 部屋を回ってみる(どの部屋に行くかも併記願います)
 2 アクティブスキルを使用する(気力1消費)
 3 その他(実現可能な事)

下1

440 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:46:00 ID:AEJAl1h6
4
まずは地道に案内板とか探してみる



444 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:51:54 ID:dfC7QuUE
               __
             . : ´.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄ ` : .
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : ` : .
         , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : \
          , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ.:.:.: : : : : : : :_:_: :ハ : ヽ
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ' ,':.:.:.:.: : : : : : :ヽ ヽ }'¨フ.:.
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.7メ.:/  |.:イ.:.:ハ.:ハ.:.:.:.:.: :> 0く:.:.:ハ
     /.:.:.:.:.:.:.:/イ/ イ/ ` .|' ハ.:|‐|:トl::l、:.::/_人 }:.:.:.l
     .'.:.:.:.:.:.:.:./ , ´,ィミ     ' リ リ_从ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.; |
      |.:.:.:.:.:.:.:/} { ん:::}     /,r‐ミ、 }.:.:.:.:.:.:.:. /.:.|    (案内板とかあれば楽なんだけど……
      L从ハLV  弋ン      ん::::} }/.:.:.:..:.:./:.:.:.: !     見当たらないなぁ)
            |   `¨  ノ     弋ンノ'.:.:.:.ム´.:.:.:.:.:.:.:!
            |     l       ` ´/.:.:.,イ)、.}.:.:.:.:.:.:.:.:|
          、            ムイ ' _ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.|
             \  r 、       . T:.´/.:.:.:.:.:.:.:.:.:. !
           ,ヽ      .. ´  l:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
             /.:.:.:.:` ‐ァ、 ´       |/.:.:.:.:.:/.:..:.:.:.:.:|
            .':.:.:.:.:.:.:./:::::|      , '.:.:.:.:., '.:.:.:.:.:.:.:.:|
         /.:.:.:.:.:.:.:/::, ´|     '.:.:.:.:.:./`ヽ.:.:.:.:.:.:.|
         ,:.:.:.:.:.:.:., '::,ヘ ,    /.:.:.:.:.:./:::::::::\.:.:.:.:|
          /.:.:.:.:.:, '/  ∨   , /.:.:.:.:.:./:::::::::::::::::\.:.|
        ハ.:.:.:.:/ハ      >'::/.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::ゝ!
        /.:.:.:/::|:.:.`ヽ、  , '::::/.:.:.:.:.:./::::::::::::::::> ´ ´::〉
         イ,ハ./|::||:.:.:.:.:.:.:>'::::::::'.:.:.:.:.:.:/::>‐_´ ..<:::/
.       ノ 'リ !::||:.:.:.:, '::::::::::/.:.:.:,ィ.:/´. : ´-- ― ´|
     /  { |:::i!:., ': ..≦/,イ //イ ´         |
    〈     l !:::レ/:::..イ/ ハ从ハ   /        |
      '.     ! .|::::::::/           /          !

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 案内板等がないか、うろうろと探してみる。もちろん、鉄パイプは構えたままで、だ。流石に警戒は解かない。

 ひび割れた壁に、割れた窓。ところどころに何かがかかっていた後はあるものの、それらしいものはない。

 とりあえず事務所近辺の壁には、案内板がないようだ。

(仕方ないか。このまま進んでみよう)

 1 部屋を回ってみる(どの部屋に行くかも併記願います)
 2 アクティブスキルを使用する(気力1消費)
 3 その他(実現可能な事)

445 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:54:49 ID:0ffqmr0.
1 4番の部屋



447 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:58:34 ID:dfC7QuUE

       :.: :..:|:::  |
 :.:  :.   .  :|::: :メ|   ::メ             :.:..::#:.   :.:...
.::..:        :|:::  |       :.:..:.               :...:..
:.:   #:..   :|:::  |::.:#:..  :;..           :.:メ:.::    ::.:.   :.
     :.::. :  :|:::  |               :..:
 :.:..:::       :|:::  |√:.                    ..   :.:..
   #       :|:::  |ィ.o ̄ ⊂!ヽィ.o ̄ ⊂!ヽ  ....:.:..::.          :
   :.:. .;    :|:::  |}ゞ、__,,ィ{}ゞ、__,,ィ{          .#;.    :::.
:.: :      :..:メ::|:::  || ` ̄ ̄´ || ` ̄ ̄´ |.....
           ::|:::  ||`===´||`===´| ....:. :.メ:.
           |:::  ||        ||        |         ::メ
    :;..    .|;;;__,,||`===´||`===´|_______________
          /  .;{!,,,,______,,i{!,,,,______,,i}
:.:..::#:.    ./
      /
    /
:::....../
 /


_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そろり、そろり、と中に入る。鍵はかかっていない。というか、ドアがない。

「んー……なんの部屋だろ。
 なんかドラム缶と段ボール箱がいくつかあるけど……あれ、絶対なにも入ってないよね」

 室内には穴だらけのドラム缶と、数個のダンボール箱が転がっていた。

 ダンボール箱は一見で何もないことがわかる。

○行動選択
 1 何かないか探す
 2 アクティブスキルを使用する(気力1消費)
 3 さっさと出る。
 4 その他(実現可能な事)

 下1

448 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 18:59:43 ID:y1cxdK.Q
部屋の四隅やドラム缶の後ろなどを調べる



449 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 19:06:38 ID:dfC7QuUE

 判定 基礎数値 行動力+気力+直感=7
 涙子  20d1 結果 9
 合計 16

 対抗  20d1
 結果17

 判定失敗 

             ,,:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::...
.         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
         ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::i:::::::}:::::: i:::::::::::::.
      ,′::::::::::/::::::::::::::::::;′ ::::i::::::::::;::|::i:::ト、::: |::::::::‘;::.
.      ′::::::::::;′:::::::::::::::}i:::::::::::|:::::::/:;:|::|:::| }:::}__::::::::}::.
      i:::::::::::::::|::::::::::::::::::::}|::}::::::;':_::/_/ |::|:::| |::ハ::::::;′
      |:::::::::::::::|::::::::::::::i::::::|;ハ::/´}/j/ `j/}ノ j厶x、V:::: |       なにも、ないかなぁ。
      |:::::::::::::::|::::::::::::::|::::::| j/ 厶≠ミ    "fじ} 》:::::::|
      |:::::::::::::::|{::!::::::::i|::::::|/ 〃{:::じ}     弋リ i:::::::|       お金になりそうなものっていうか、
     :::::::::::::::八ト、:::::i|::::::|  《 弋うリ         ::i::::|
     ∨:::::::::::::::{ \::::::::{           、   !|:: |        本当に箱とドラム缶しかないや
        ::::::::::i:::::::\ゞ` ー ゝ                 八::{
       i :::::::|{:::::::::::` ー、             r y   /  `
       |::::::}八:::::::::::::::::::} `            ′
       |::::/::::::ヽ:::::::::::∨     >        /
       |:::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ        /`:¨¨¨「
       |:::::::::::::::::::::\::::::::\、     ′::::::::::|
       |:::::::::::::::::::: //\::::::::\ヽ ト、::::::::Ⅵ
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ゴソゴソと四隅とドラム缶の裏を見るが、本当に何もなかった。

 どうも涙子の前に来た人間が、全てさらった後らしい。薬きょうのひとつもない。

 涙子は移動することにした。

○行動選択
 1 部屋を回ってみる(どの部屋に行くかも併記願います)
 2 アクティブスキルを使用する(気力1消費)
 3 その他(実現可能な事)

450 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 19:07:53 ID:0ffqmr0.
1 3番の部屋



452 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 19:12:52 ID:dfC7QuUE

           / : : : :/ : : : : : : : : : : : \ : : \
          /.::.::.::.::.:.'.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\.::.::.∨〉
            ..::./.::.::.:/ .::.::.::.::.::.::.::.: i.::.::.::.::.::.::.::.:丶.::..iノ
          '.::.'.::.::.::.i .::.::.::. | .::.::.::.: |.::.::.::.::.::.::.::.::.:i .:: |
        {.::.i.::.::.::.:|.::.::.i.::.:|.::. i.::.:: |.::.i.::.::.i.::.:i.::.::.|.::.:.i
         |.::.l.::.::.::.:|.::.:,」.:.⊥.:.j.::.::.:!.:.j.:=‐-:::j.::.::.l.::.::.!
        |.::.l.::.::.::.:|.::.ハ∧ハ|ヽ.:.j:.ハ.:.ハ::ハ.::.::!.::.::|
        |.::.i.::.::.::.:i/,ィ≠=x   `メ ,ァ≠=x i.::.リ.::.::.|
        |.::.f'、.::.::.:(( {iノ:::i}      {ir'::i} ))::メ.::.::.:.!
        |.::.{ (丶、::| 弋..リ      乂zリ イ)i.::.::.::|     (ここまで何もないと、
        |.::.:ヽ  ヾj        i}      リ':\.::.::|      逆になんかありそうで怖い……)
         j.::.::.::.: ̄丶              У.::.::.|\|
         }.::.::.::.::.::.::.::.ト、   ー -‐   ..::.::.::i!.::.|
        ,'.::.::.::.::.::.::.::.::.:个   __  イ.::.::.::.:|.::.:|
        }.::.::.::.::.:ヽ.::.::.ノ        {.::.|.::.::.::.::|.::.:|
        |.::.::.::.::.::.:イ´ 〈       |丶、i!.::.::|.::.:|
        |.::.>、.::.::.∨ ∧      ヽ  |.::.::.|.::.:|
      ,<´   ヘ.::.::.∨ ∧       }  |.::.::.|`ヾ、
     />、>、  ∧.::.:∨ ∧‐-  -‐/  |.::.::.|   >、
.    /   、 \ \  ヘ.::.:∨ ∧´ ̄`У  |.::.::.| / /丶
    ′   丶ヘ\ \ ハ.::.:}  ∧  /   |.::.リ ´ ≦  ハ
   i     ハ 丶\ ヾj.::.リ、 ∧.У     |::/' / i /  i
   |      ヽ 丶 \!::/、 \ ∨   /|/ <   レ'    .|

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 パイプを構えてそろそろと進む。
 
 自分の足音と風の音以外は何も消えない中、心臓の音だけがうるさい。

 これは緊張か、それとも何かないだろうかという期待感か――強がっても仕方がない。緊張と恐怖である。

453 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 19:19:19 ID:dfC7QuUE

          ,': : : : / : :,′/.: : : : : : : : :.',: : : : :il : : : 〉Oく.:!
         : .: .: :.,': : /: : ::i.: : : : : : : : : :.i : : : : | : : /_∧/:|
         : : : : :i: :/: :./ :| : /!.: : : : : : :.! : : : :.!: .: : : : :.}: !
       i: : : : :|:/.: :/ :/i.:i:{ !: : : : : |__l|.: : : :.| : : : : : :.i.:|
       |: : : : :l: :.j/V ̄jル' ',: :/} :∧:.!  ̄',.:.|: : : : : : :|:.|
       |: : :.|.:.|:./,ィ≠ミ、   V レ ,ィ≠ミx V: : : : : : /i.:|
       l: : : !: : :i{ {l::::il     ´ li::::jl 》: : :i.: : :./.: .:|
       |: : :.i: : :l  う~リ         づソ ' i: : :| : :/: : :.:i
       |: : ∧_ ハ      ,         |: : :l: /: }: : :       ここもドアがない……。
        ∟'′! 从               i: :./: : : |: :〈        前の人たち、どんな探索したんだろ……っ?
          |:.l:l: :.     、 _,      ,イ/.:i : : :!ハ: ,
          |:.|:|:/:.\   `     イ: : :: : ,'.: : : :{ !.:!
          |:.i:/: : :./.>、 _     ´ !.: : : :/: :l: : :| |.:i
          |l/: : : /_ /i         !: : :./: : :|: : :| |.::
          |: : : :/´ i/        ノヽV: :i. :.|: : :| |.:.i
         -‐=7.: : ,':.::.:.:l          /}! : l.: :|`7'~^ヽ',
      /ヽ  /: : :  .:.:.:.:',`ヽ     -― / /: :.|: :.!/ / ./ \
     /    /: : : .,′.:.:.:.:.,   -―-、_/ /.: : :| : | / ./    ',
    ,'    /: : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:V       / / : : : | : l ,'        :.
         :. .: : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::!      ,' :.:.i : : : ,': : i ./   、
        j/} : :!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    .:.:.:.:.: ! : : /!: / /    \
    i     i : ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    / .:.:.:.:.|.:/ j:/ /        ヽ
    |     ヽ ! \.:.:.:.:.:.:.:.|  / .:.:.:.:.:.:i/ / . /
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 部屋の前についた、そのとき。
 
 耳が、何かの音を捉えた気がした。

【判定】
  問題
   biohazardでおなじみの「かゆ……うま……」の台詞。これは飼育係の日誌ですが日誌に記載されている
  【彼が殺して食べてしまった人】の名前はなんでしょう?

このレスから3分以内。

454 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 19:20:11 ID:y1cxdK.Q
スコットー

455 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 19:20:28 ID:y1cxdK.Q
というかスコットか

456 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 19:21:18 ID:0ffqmr0.
スコット



457 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 19:27:06 ID:dfC7QuUE
                    /(_
                        (                         『グォオオオォォォ……!』
                   ..-‐ = ‐- .  `
             . : ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:.:.:` : .
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、 _
          , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|:.:.:.|.:,、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ ヽ/ )
       , ' .:.:.:.:.:ィ :ィ..l:..ト.:.:.|ハー、‐ト::L:.:.:.|.:.:r-`o <
       /.:.:.:.:.:孑ナ7「::ハ:| `リ  >=ミ ヽ:.:|:.:.:`ンヽノ
        l.:.:.:.:.:.:.:| イムミ `     / 心 ヽⅥ:.:.:.:.:.: |
        |.:.:.:.:.:.:.リ/ 心 `     、じリ'  〉|:リ.:.:.:.:.::|
        |.:.:.:.:.:.:.|.{  じリ      /// j:.:.:.:.:.;リ'|
      '.:.:.:.:,ヘ:、`///  、        リハイ.:.:.|     うぇえ!?
       '.:.:.:.:、ヾ:、                /ム'/ :.:.:|
         '.:.:.:.Y`   , ´ ̄ ̄ `ヽ   /ィ ´.:.:.:.:.:!
        ヽ〉{ヽ   {ゝ     ̄`_〉 , '.:.:.:.:.:.:.:.:|
           ':.ハ.:.:\ `   ̄ ̄   . イ .:.:.:.:.:.:.:.:.:!
         |:':.∧.:.:.ヾ>ュ . _  ´  .!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 もう一度耳をすませて聞いてみると、済ませるまでもない大声が響いてきた。

 明らかに人間じゃない。どう考えても穏やかとは思えない。

 今は南西の部屋の出入り口東側に立っている。声が聞こえてきたのは、どっちだ!?

 いやそれよりも、というかそれも大事だが、どうする!? こんな大声をはけるのがいるとは思ってなかった。

 持っている装備は鉄パイプと22口径リボルバー。あとはサバイバルナイフだけだ。

 ミュータントといっても、相手にできるのはネズミの変異体とか、その程度。

 正面から戦えば、相手によってはヤバイなんてもんじゃない。


○行動選択
 1 入ってきた出入り口に逃げる
 2 部屋に逃げ込む
 3 アクティブスキルを使用する(気力1消費)
 4 その他(実現可能な事)

下1

458 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 19:28:12 ID:dfC7QuUE
あ、お二人とも正解です。
記載はスコットーと伸ばしている部分もありますので、どっちでもOKでした。

459 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 19:32:39 ID:y1cxdK.Q
3 聞き耳



460 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 19:37:57 ID:dfC7QuUE
            ,,-‐:::::z:::::-.... _
        ,,:::´::::::::::::::´:::::::::::::::::::`ヽ、
.       ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,:::::::::::;、::.
      ,::::::::::/:::/:::::::::::: i:::::::::::::::::::';:: 〈∨/::::.
.      ′::::;′ハ::: i::::::::!|::: |:::i:::::::::i:::::::〉o ニ)
     i::::::::i:::/ _;::::|:::::j八{::|ハ{:::j{:::|:: 〈∧_}:::::i
     |::::::i:|;厂 Ⅵ::/ `jノー‐}ハ::!::::::::::::i::::::|
     |::::i八    j乂      / ‘:|{:::::::::::|{::: |          (やばいやばいやばいやばい!
     |::::|ハゝ=‐      、__,.ィ  八:::!::::八:::|           いやおちつけわたし!
     |::/ i::.           ̄´  /:::;:斗:'’:::::::|           まずはどこからくるのか探らないと・・・!)
     }'′|::!   `      ノ´t ,ノ:::::::::::: |
.         |::::.、  _ _      , '¨´:::::::!|:::::::::|
       .:::: 个:..      イi:::::::i:::::: 八:::::: |
.       ′:::八:;:` r<   }77,:::::/::::: `::::|
       i:::::/:::::///ハ     ///:::::/ヽ ::::::::::|
.      ,ィ/:::::///,{_    __///:::::////ヘ:::::|
      ハ,::::::////,{7777/,/:::::/>>‐=ヘ!
     i  ,:::://///{//////,/:::::/ : /      ‘,

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 なりそうになる奥歯をかみ殺し。目を閉じて意識を集中する。

 耳に全神経を集約するように、研ぎ澄ませるように、深く深く深く。

 音が聞こえる。さっきみたいな大声じゃない。

 これは、
 
  判定 基礎数値 行動力+気力+直感+【聞き耳効果】=11
  涙子  20d1 結果 19
  合計 30

  対抗  20d1

 涙子自動成功。
 気力-1

461 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 19:43:53 ID:dfC7QuUE
      /: :. :./: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : :トヘ: : :.__:.ヽ
.     /: : : /: : : : : :.:./: : : : : : : : : : |: : : : : : : ヽ. : r─ 、  }/ └:.‘,
     i: : : /: : :/: :. :./: : : : : : : : : : : |: : : : : : : : :|:.<     r 、__/: : ::.
     |: : :l:. : :.|: :.|: :i: : : : : : : : : :.:. :.|: : : 、: : :. :.:|: : `¨7¨ Y´`ヽ: : : :i
     |: : :|: :. :.|: :.|: :|: : : : : : : 、: :. :.:.|: : : :.|:.: :. :.:|: :. :./  人   〉: : |
     |: : :|: :. :.|: :.|: :i:.:. :. :.|:. :.:.:i!: : : ト、: :.:.|:. :.: :.:|: : : `¨「: :. :.`T´: : : |
     |: : :|: :. :.|: :.ト、ハ: :. :.:|: : : ハ:.:. :.| |: : :ハ: : : :.|: : : :. :.|: : : : :,′:.:. :.|
     |: : :|: :. :.l-===x!、: :.:ト、:./_ ,斗匕  ̄\:.:.|: : : :. :.l: : :.:./: : : :.:.:.|
     |: : :|: :i: :i\! {| レ'ヾ/ j/`¨´レレ卅/j/   Y: :. :.:.:./: : :.∧: : : :.:.:.|   (足音、呼吸音から見て敵は一体! 人間大!
     |: : :ト、乂! ィf芹心x         ,ィ行芹心ヾ: : : :/: : :}/¨.‘,: : : :|    居場所は5の部屋の中を歩き回ってる。
     |: : :|: j∧/{  トvハ       { ト-vヘ:ハ 》:.:.:./l: : /ハ  ′:.:.:.:|    段々、5の部屋の出入り口に近づいるみたい。
     |: : :|: : : :.   V少         ` V)zzン″:./: i/> ./ /: : : : : |    息が人間のものじゃない。金属の音はしない)
     |: : :ト、___ハ とう¨´          `¨う |:.:/j_/  `¨ イ:. :.:.|: : :.|
     {{: : ヽ   '.″   ,′       ' ' ' ' ' レ'   ┬イ: :!: : : i:. :.:.|
     `\/  {∧                  / ′': :/: : :.,′: :|
             、      __            / .レ': /:. :. ∧: : :.|
            \    ´ `         /  .//: : :. :./: : V: :|
                 |: >            イ    //: : : :. :./: : : : V:|
                 i{: : : > __   ィ     . ´/: : : ,/:.∧: : : : : `\
                 |: : : {: : : :、: \ハ ,. ´㌃: : : : : ,〃:/三}: : : \: : :.ヽ
                 l: 、: :.\: : : >'´ ̄>'´: : : : :.:.//:./三三x: : : : ヽ: : ‘,
              \\:.:.:.>': : : /: : : : : : : ///三三三入: : : : : : :.i
                    \:y' : /: : : : : : : ///-‐=ニニニ=‐xヘ: : : : :.:.|

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 まずい。今は少し離れた部屋にいるが、どうやら5の部屋から出てくる様子だ。

 悪いことにここの部屋は全部、南側に出入り口がある。出てこられたら、急がないと廊下で鉢合わせだ。

 相手の足音の速さから言って、こっちに気づいたって感じではないが、考えられる時間はそう多くないだろう。

 決めなければ。

 戦うか、隠れるか、それとも、逃げるか。

 だが忘れてはいけない。逃げても、迎えの車が来るまで、安全ではないのだ。

 【逃げるのなら、音をたてないか、別の何かで気をひくしかない】

462 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 19:44:41 ID:dfC7QuUE
忘れてました……

○行動選択
 1 入ってきた出入り口に逃げる
 2 部屋に逃げ込む
 3 アクティブスキルを使用する(気力1消費)
 4 その他(実現可能な事)

下1

463 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 19:54:38 ID:0ffqmr0.
 1 入ってきた出入り口に逃げる

超悩むが進まないと



464 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 19:59:37 ID:dfC7QuUE
                     \._ __/
                       | ̄|  | .| | ̄ ̄|       | ̄ ̄ ̄|
                       |  |  |:| |    |       |      |
                       |_|_|_.| |。.  |       |      |
                     /      .\|    |       |      |   (ゆっくり、慎重に、
                    /        \  |       |      |    気づかれないように……)
                  /            \|       |o    |
                 /                \      |      |
               /                     \   |      |
              /                       \  |      |
            /                           \|      |
           /                               \     |
         /                             \   |
        /                                \ |
      /                                    \
     /
   /

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 息を殺し、すり足で、鉄パイプを構えながら、ゆっくりと元きた道を戻る。

 集中していないと、聴覚は鋭くならない。だから今はもう、【あいつが何をしているかはわからない】

 十字路の差し掛かり、

  【危険回避判定】
 
  判定 基礎数値 行動力+気力+直感+【聞き耳効果】=10
  涙子  20d1 結果 11
  合計 21

  対抗  20d1

  涙子自動成功。

466 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:02:26 ID:dfC7QuUE
.
     /: :/: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ: : ::/ }\__}: : : : : : : |
     }: :/: :/: : : |: : : : : : l: : :丶::.\: : : : : :.l: : レ、ノ: : |: : : : i: : : : |
     |: :i: : : : : : |: : : : : : :l: : :l: :丶::.\: : : : l: : : : : : ::|: : : : |: : : : |         (やった!
     |: :l: : : : : : |: l: : : : : |: : :ト、: :.\:.:ヽ: : : l: : : : : : :|: : : : |: : : : |          よかった!)
     |: :l: : : : : : |: |: : : : ::.|: : :L,ィ≦「丶:.\: l: : : : : :├、 : :|: : : : |
     |: :l:l: : : : : |: i: : : : : :|: : :l   ,.ィャラ゚尓、 Y: : : : : ::|、 V: :|: : : 从
     |: :l八: : : : |⌒丶: : :.|从:|   トf..:::rイ〉|: : l: : : ::|, }: :|: : : :::∧
     |: :l: :ハ : ::リィfラ゚心\j'       乂z少 |: : l : :/ ノ: : :|: : : : : ∧
     |: :l/:∧:.Ⅳ V::::リ             |: : i/r=': : : : :l: : : : : : ∧
.      |: :l:/ : :\ヘ  ゞ'             |/ / /: : : : : !: : : :ヽ: : ∧
.     |: :l: : : i: : :ハ     〈               / /: : : : : ::ハ: : : : : : : :∧
      |: :l: : : : / ヘ        ____,      /: : : : : :/ャ==ァ、: : : : : ∧
.       |: :k: /   \   マ´    ノ   / /: : : : : :/≦::.::.::.::\: : : : :丶
       l!:/         >    ー‐´   イ  /: : : : :イ───<::.:\: : : : :\
      ´          |: : : ≧   -< ヽ  /: :/          `丶\: : : : :\
              |:.y'}}::.::.::.::.´::.::.::./ \//        `丶    \、: : : : : :\
              / l }}::.::.::.::.::.::.::.:ト- /              \    \: : : : : ::.\
                /   V:}}::.::.::.::.::.:r┴ ァ'                 \    \: : : : : : :\
             i   V::}}::.::.::.::.:.l::.::./                  ヽ    ヽ: : : : : : :
             |    \}}::.::.::.:: !::.::|        /          V    V: : : : :

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 もっとも遭遇率の高い十字路を抜けた。後は出入り口まで一直線だ。
 
 
 1 このまま出入り口から逃げる
 2 別の部屋に逃げ込む(1あるいは2)
 3 アクティブスキルを使用する(気力1消費)
 4 その他(実現可能な事)

470 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:05:08 ID:dfC7QuUE
また下1が抜けてました……。

このスレの下で、最初の行動指定を採用します。

471 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:07:01 ID:y1cxdK.Q
2 1の部屋
入り口に近いし…

勝手口塞いだの悪手だ…



472 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:09:45 ID:dfC7QuUE
__l____l____l__/      /_____l_||   |    |
l____l____l___/      /_l____l____||   |──┴─────
__l____l____/      /___l_____,l__||   |  r─‐┐ _r─‐┐
l____l____l/      /___l____l___||   |三|    |三|    |三
__l____l_/      /_l____l____,l_||   |_|    |_|    |_
l____l__/      /_l____l____l___||   |_|__|_|__|_
__l___/      /___,l____l____l__||   | | || ||li|| | | || | | | | |
l____l_/      /__l____l_____l____||   | |_||_||i」|_| |_||_| |_| |_|
___/   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\: : : : : : : : :
   ,/      |                                   |
  〈___/|                                   |
        .:|_________________________|     (と、とりあえず隠れなくちゃ……!)
          /                                         \
         l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`l
         |                                      |
         |_________________________|   __
        .:|_|: : : : : : : : : , -───────────- 、: : : : : : : : : |_|   |\
                /                      \             |  \
                    l二二二二二二二二二二二二二二二l             |
                  |  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  |            |\
                  |_|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |_|            └‐

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 最初に入った事務所に戻ってきた。

 戻ってきたが、あのときとは状況が違う。ああ、あのときに戻りたい。

 そんなことを涙子は思うものの、思うだけで状況が変わるのなら世話はない。

 とりあえずソファーの陰に身を隠すが、ドアが壊れているせいか、あまり安心感はなかった。

475 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:14:05 ID:dfC7QuUE

      /: :. :./: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : :トヘ: : :.__:.ヽ
.     /: : : /: : : : : :.:./: : : : : : : : : : |: : : : : : : ヽ. : r─ 、  }/ └:.‘,
     i: : : /: : :/: :. :./: : : : : : : : : : : |: : : : : : : : :|:.<     r 、__/: : ::.
     |: : :l:. : :.|: :.|: :i: : : : : : : : : :.:. :.|: : : 、: : :. :.:|: : `¨7¨ Y´`ヽ: : : :i
     |: : :|: :. :.|: :.|: :|: : : : : : : 、: :. :.:.|: : : :.|:.: :. :.:|: :. :./  人   〉: : |
     |: : :|: :. :.|: :.|: :i:.:. :. :.|:. :.:.:i!: : : ト、: :.:.|:. :.: :.:|: : : `¨「: :. :.`T´: : : |  (って、ちょ、こ、この音、
     |: : :|: :. :.|: :.ト、ハ: :. :.:|: : : ハ:.:. :.| |: : :ハ: : : :.|: : : :. :.|: : : : :,′:.:. :.|   まさか、ちょっと……こ、こっちきてる!?)
     |: : :|: :. :.l-===x!、: :.:ト、:./_ ,斗匕  ̄\:.:.|: : : :. :.l: : :.:./: : : :.:.:.|
     |: : :|: :i: :i\! {| レ'ヾ/ j/`¨´レレ卅/j/   Y: :. :.:.:./: : :.∧: : : :.:.:.|
     |: : :ト、乂! ィf芹心x         ,ィ行芹心ヾ: : : :/: : :}/¨.‘,: : : :|
     |: : :|: j∧/{  トvハ       { ト-vヘ:ハ 》:.:.:./l: : /ハ  ′:.:.:.:|
     |: : :|: : : :.   V少         ` V)zzン″:./: i/> ./ /: : : : : |
     |: : :ト、___ハ とう¨´          `¨う |:.:/j_/  `¨ イ:. :.:.|: : :.|
     {{: : ヽ   '.″   ,′       ' ' ' ' ' レ'   ┬イ: :!: : : i:. :.:.|
     `\/  {∧                  / ′': :/: : :.,′: :|
             、      __            / .レ': /:. :. ∧: : :.|
            \    ´ `         /  .//: : :. :./: : V: :|
                 |: >            イ    //: : : :. :./: : : : V:|
                 i{: : : > __   ィ     . ´/: : : ,/:.∧: : : : : `\
                 |: : : {: : : :、: \ハ ,. ´㌃: : : : : ,〃:/三}: : : \: : :.ヽ
                 l: 、: :.\: : : >'´ ̄>'´: : : : :.:.//:./三三x: : : : ヽ: : ‘,
              \\:.:.:.>': : : /: : : : : : : ///三三三入: : : : : : :.i
                    \:y' : /: : : : : : : ///-‐=ニニニ=‐xヘ: : : : :.:.|

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 息を潜めていると、いや過ぎる音が聞こえてきた。
 
 さっき通った十字路のほうからだ。やはり【そいつ】は部屋を出たらしい。

 危なかった。ニアミスだった。だが残念ながら、ソイツはそのままこっちに向かっているようだ。

 どうする!? 足音から察するに、こっちを追っているというか、何かを探している感じだ。

 だが、何もアテがないわけではないだろう。

 幸いにも、まだ気づかれてはいないが……。

478 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:17:22 ID:dfC7QuUE

             ,...:::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::\
            ,..::/::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::.
            /::/::/:::/::,::::::::::::ィ:::::l:::::::::::::l::::::::r 、::,:::.
          /:::イ::/::/::イ::::::::::/ ハ::{ ',:::l::::::|:::::::」 //::::.
          /::::::|::{:/l:/ |::::::::/ /::ハヘ l:::!,::/:::::{__ oヽ:::::.
         ,'::::::: !:{/ / |:::::/ ム斗七l/l:/::::::::::/_lヽ_}::::,::、
         ,::::::::::从!ト- 、从{  ,.ィ≦心ヽ,':::::::::::::::|:リ:::::::::,:::\
         {::,:::::::::::::{芹心    弋z)ソ /:,:::::::l:::::::|、::、:::::::ト 、::\
         |:{l::::,l:::::::',弋)ソ       /:イ:::::/!::::/ }::::∨::::ヽ  `\
         {_!::::l{,斗::}   ´     /イ {:/ l/} /,:::::l:::::::::::\  \
           ̄  l:八   V ̄`ヽ     ´ ,._¨::'´::j:::::|:::::::::::::::::\  \
            /::::::ヽ   ヽ、_ノ    ..:´{::::::l:::/::::/:::\:::::::::::::::\  ヽ
             /::::::::::::::\     ,...:::´  !ー /::::/、:::::::::\:::::::::::::::\  ',
              /::::::イ:::::::::::::` ー, ´     l///:::////`ヽ、:::\:::::::::::::::\ }
              /:::::/ !::::::::::ハ:::::/}    ,..::´::::::::///// ⌒ヽ、::\:::::::::::::::ヽ
          イ:::::,' /:,.<777´//j    /::::,:::::::////     \:::\:::::::::::::::`ヽ
          ,::::::{/l//////__/-、 /:::ィ//::::///        \:::\:::::::::::::::::\
          l:::/  l/////{//////::::///:::::イ//            ヽ:::::',::::::::::::::::::::ヽ
          l/   }/////l/////l::///l:::////、              ヽ:::}::::::::::::::::::::::::\
         /     ∨//∧////l::////!//// \             ∨:::::::::::::::::::::::::::::::.

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 どうする!? 危機はいや過ぎることに、こちらを好いてくれているようだ。

 足音は涙子のいる部屋に向けて、一歩一歩近づいてきている。

 この部屋に入るかわからないが、入らないかもわからない。

 せめて、相手がわかれば、対処も考えようがあるが……

【行動選択】
 1 ソファーから顔を出して覗いてみる
 2 このまま息を潜める
 3 アクティブスキルを使う(気力1使用(
 4 その他(実現可能な事)

480 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:21:39 ID:dfC7QuUE
うああ、何回忘れれば……。

このスレの下で、最初の行動指定を採用します。

481 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:21:43 ID:0ffqmr0.
3 虫の知らせ で1か2のどっちがマシか分かるといいなあ…

482 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:23:09 ID:y1cxdK.Q
基本下1 と宣言していればいいのでは
でもこういう状況の時は止まっちゃうけどね…



483 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:26:00 ID:dfC7QuUE

       ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ レ' }
.      /:::::::::::::: /::::::::::::::::: i:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::ヘ  /
.      ,′:::::::::::/::::::i:::::i::::::::|::::::::::::::::::::::::‘,::::::::::.く
       ,::::::::::::::::′: i:|:::::|:::::::ハ::::i:::::::i:::::::::::::;:::::::::::::. ヽ
.       .::::::::::::::::|:::::/|:|::::j{:: / Ⅵ:j::: |ハ:::|:::: i::::::::::::::.'’
     i::::::::::::::::|::/:::|ハ::ハ:{   リjハ了 jノ`i::|:::::::::::::!|
     |{::::::::::::: |/,.斗=ミ、ヽ    斗≠ミ リ!::::::::::: !|
.     八:::::::::::::|〃ん::ハ      ん::ハ Y},:::::::::::::八
     |:: \:i:::::|゛ 弋::ソ      弋::ソ " |::::::j/    「っ!?」
     |:::::::{ \:{  ´     ,     `   |:/}:|
     |::::::::ゝ _ヽ               ノ_ノ:: |
     |:::i::::::::::::::八    __    _   ι/::::::::::::|
     |:::|:::::::::::|′::丶  ゝ ― ’  イ:::::::i:::::::|
     |:::|:::::::::::|::::::::::::}|>     <:::::::|::::::::|:::::::|
      .:: |:::::::::::';::::x= リ      |:::::::::|::::::::|:::::::|
     ,′|{:::::::::::∨//{       ,::::::::::|::::::::|:::::::|
.    /:::::八::::::::::::∨/∧       `ヽx、|::::::::|:::::::|
   /:::::x/,∧:::::::::::∨/∧ー 、   , -|//≧ュ、:::: |
.  /::∠ニ、ヾヘ:::::::::::∨/∧__r‐=‐|///////}ヽ、
  /〃 ̄`ヾヽ ∧::::::::::∨//∨//////!///////| }ハ

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 不意に、涙子をすさまじくいやな予感が襲った。
 
 なんのアテもない予感ではない。最近、涙子が感じる、指向性のある予感だ。

【このままでは、間違いなく殺される】

 すでに確信に近いその感覚に、涙子は息を呑んだ。

 少なくとも、このままでは本気で危険だ。

 対抗策を……せめて、相手を把握しなければ。

487 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:30:06 ID:dfC7QuUE
                 .. :: ::  ̄ ̄ :: `:: ::..、
              . : ´ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :\
               /:: :: :: :: :: :: :: :: :: : :: :: :: {V}:: ::ヽ
            , ' :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ゞヽ{ }:, -z:::、
            ,:':: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ゝ、  _.ノ:: :: '.
         /:: :: :: :: :: :;イ:: :: :: :: ト:: :: ::ヽ :: { 人_ヽ:: :: ハ
        .':: :: :: :: :: :/ {:: :: :: :: :| \:: :: ト、´^:: :: :: '. :: :: }
        |:: :: :: :: :: :{  '. :: :: :: :| `ーヽ-|-ヽ:|:: :: :: :|:: :: ::!
         |:: :: :: :: :: ::| /、 :: :: ::|   ヾ  :: :: :: ::,:: :: :: |
         |:: :: :: :: :: イ   \:: ::!  ィぅ禾リ }:::::::::レ、:: :: :::|
         |:;: :: :: :: :: .'ィ示か ヽj   込zン /::ノj」' .ノ:: :: :: !
          {ハ:: :: :: :: :ハ 込zン  ,     'ムイ´ー ' |:: :: :: |
         |:: :: :: :イ::ヘ          , ' |:: ::}:: :|:: :: :: |
            '. .::, ' 〉:: :.、      、   /  |:: /:: ::|:: :: :: l        (そーっと、そーっと、
             ∨ /:: :: ::/`::ァ ―,   ´    !, ':: :: :!:: :: :: |         お願い、気づかないで……!)
            /:: :: ::/:: :://ノ      ,.:´:: :: :: ノ:_:: :: ::!
           , ':: :: :_/:: ::/´ { _ _  ノ /:: :: :: ::, ': 〉 7ヽ:|
         /:: ::/V:: :/   , ´八`ヽ. /:: :: , - ' : / / :ハ
        /:: :/: / /:: ::{ _/ , '_ _`.、 V:: ::./: : : :./ / :/  ',
         /:: 〃:;'  {:: :: :/ 、`Y´人r┴ ヽ:: {: : ://, '    ',
        .///, '   ∧: /  ヾY _ム ´  '. :|//: イ     ',
       // .'/   〈 V ' ヽ_j' .L -   ',::、>:.´/       ',
      .'/  ハ   / 、_^ァ'ヽ〈ュ      、:ヽ:. /.        ',
       {:|  ' :: 〉、/   ∧::|:. :. :.、  >、   \:/        〉
       |::! /:: / ´    / }:::}:. :. :. Y:. :. \   ` .     , '
       |::V.:: .'     /.  レ ` <> ´   \    ` .. イ
      ',::|:: ::{    , '      /:. :.ハ      \      ヽ }
      〉:: :: ヽ -‐         /:. :. :.:ハ       \     ノ

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 予感に従い、涙子はソファーの影から顔を出し、廊下のほうを覗いてみた。
 
  【危険回避判定】
 
  判定 基礎数値 行動力+気力+直感+【聞き耳効果】+【虫の知らせ効果】=12
  涙子  20d1 結果 18
  合計 30

  涙子自動成功。

491 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:33:20 ID:dfC7QuUE

.     ハ    :: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::   / i
    |ヽr _  :: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::: ::: :: _,イ  !
     |  上 ` t , _ :: :: :: :: :: ::::::::::::::::::: :: :: :: :: :: :: _ ィ '  |   i
-一ヽ、 .`'´ ヽ .// ' ー--t- =====-r 一 ' ' 弋 !l_ - ' `ー ´
::: ::: ::: |    _イ二l i l      } ,イ^ト、. {.     ツニi二!
::: ::: ::: | _,.厂、   ヾ= .,, __ノ./_ 八 _ヽヽ、_ _〃    >、
::: ::: :::上 `ミ、ヽ   i     ナ'      弋        /  イ        ウォゥォぉぉ……ァォゥォォォ・・・・・・
::: ::::/ヽヽ _ミ iヽ/ ゝ  /    i⌒i   ヽ _ ノ   l / ,<_
::: ::ヒ二 ミ上´::: :::∨   ~     /   i        /K/::: ::ヽ、
:::/二二/:: <ヽ、::: :!、' ,   /    ヽ、   , ' /::: ::: ::: ::: :::`‐、
:::ヒ二シ ::: :kヨ::: ::: ::ヽ、  Y        ヽ / ,.∠-i::: ::: ::: ::: :::
:::i-ニ=┤::: :ヒコ::: ::: ::: :::ヽ |  , =-‐- 、  }.|/ i///i::: ::: ::: ::: ::: : :::
::: トー-イ、::: |ニi::: ::: ::: ::: ::: ::`ヒ iニ ̄ ヾY/ ! []上ヾ>::: ::: ::: ::: ::: :::
::: ::`<二/>、!ミi::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: 弋 ̄二|::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
::: ::: ヽ三シ-Yソ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::`<-弋::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

(人間!? 軍人さん!? な、なんで、さっきは素足の音だったのに……)

 見えたのは、ガスマスクを被った軍人だ。

 だが様子がおかしい。歩き方はふらふらしている。視線をうつろにさまよわせている。

 何より、口から漏れる声が、人間のものじゃない。

492 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:34:37 ID:y1cxdK.Q
判定の内容自体は1が行うまでわからなくても仕方がないが、何時やるのかとか目標値も予め分からないとつらいかも

軍人の装備奪ったとかか? いや素足から急にこれは…

493 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:35:27 ID:0ffqmr0.
謎が増えた

494 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:35:31 ID:yop0kulY
これは白長のところの・・・?



495 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:38:26 ID:dfC7QuUE

 なぜだ。聞き違ったか。

 そう思った瞬間。

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                __
          ,-..---- '  `-.-.-------、____
       __/:::::::::::.. _,/:::::::::::::.......... _ _ _ .. `ヽ__   __
    ____ ,-'____, -----' ~-- 、............./:....:....:`ヽ、:::...\/,,:::\
  /::::/...--、..:....:....:....:....:....:.`!..:...:. i、.:....:......:...:.i _::::::i;;;:,ヽ__)
  /::::::i、 ..:...:...:.ヽ..:...:...:..,;,...:....:....:....:....,レ', -─‐-、..|:.i..:...ヽ:::::/
  `---\.:...:.....:...:\___,,;,,,,;,,,,;,,,,,,,;,...:.., イ(//)( 7)`i.,;,,:...:`ヽ
.      \.....:.....,;,.....:...:\----、,,;,,K>.;:",;:;:;:.::}-┐,,;....:....ヽ     フシュアアアアアアアアッ!!
        `----i..:...:..:..丶   `--ヾ;:;;:;;(固);!‐-′,:.....:....:.i
           /...:...:..:...:ヽ     ヽ.从ハ人从/,,;,,.....:......:....:i
          / /-i i i iヽ\     `--- ' \,;,........:.......:....ヽ
         '-'  !_,j i__! ヽ_ヽ          i_____,,,;....:....:....:`、
                         _ _ /.:....:....:`.:....:....:....:.i
                      , - '..:....:....:....:....:....:....:....:....:....:.i
                   _ /.:.....:........,;,...:....:....:....:....:....:....:..._i
           ___________, - ' .:...:...:..:...:...i,,;,,,,,;....:....:....:......_ _ /  ペタン
           '、_______,,;....:....:...,:....:...:....:....:.i/--------'
               i/...:..,,:....:....;...:...:..i
              /.:../、/..:....ハ,:...:..i
             /.:./   /...:./  i...:..i
            '、_/   i...:./   i..:..i
           _ _     !_ /   !、_!

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ソイツが廊下に四つんばいになるのが、割れたガラスに映ってみえた。

498 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:41:50 ID:dfC7QuUE

            |l::::|l : |:|::::::: |:/   | : /   |:: /:..  |:l|     ∨ :|l:::::::::::: |弋_
            |l::::|l : |:|::::::: |__ | ;′   :|:/:.   |:l|/ ̄` ∨|l:::::::::::: |l::::::
            |l::::|l : |:|:! ::: |  `≧==‐-イ  `ー匕  ____ . }|l:::::::::::: |l::::::
            |l::::|l : |从:::: |...xrf斥笊ミメ,.|::::::::::::::::フノ斥笊`ヾメl|l:::::::::::: |l::::::
            |l::::|l : |:Y∨ |.《  | ,ノi;;| `::::::::::::::::::::::::: | ,ノi;;|  刋l:::::::::::: |l::::::
            |l::::|l : |::| r刈   夊_丿,::::::::::::::::::::::::::: 夊_丿  ' |l:::::::: /^Y:
            |l::::|l : |Λ い  ´" ̄    :l        ⌒゛`   |l : /丿 /::
            |l::::|l : |/Λ             '               |/   ,.′:
            |l::::|l : |/,|个┐          __     ι      _., イ::: /:
            `ヽ|l : | |..|l从     Γア      `ヽ        厂::: : :|: /::::
                  ` リ |::|l: |:丶     |/        ,       什::::::::::|/::::::
                 |::|l: |:: : \   L.___    __丿     イ. |:|:::::::::/!:::::::::
                 |::|l: |:::::::::价 、                |..l|:|::::: /:l|:::::::::
                 |::|l: |::::::::l|{::::::::::.....,      <    从.l|:|::::/ ::l|:::::::::
                 |::|l: |::::::::l|{: /⌒Λ` ´      /:   `Y:::/ : ::l|:::::::::
                 |::|l: |::::::::l|//  /_,Λ     ./     / /:::::::::l|:::::::::

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ソイツは顔を床に近づけると、フンフンと音をたててニオイを嗅いでいる

 ガラスに移る角度が変わって見えたソイツは、もう着ているものがボロボロだった。おまけに靴も脱げている。
 
 残っているのは、ボロボロの上着の胸部分くらいなものだ。だから足音素足だったのか。

 このやろう。騙しやがったな。

 そうは思ったが、ひとつはっきりしたことがある。

 こいつは、武器を持っていない。そして、装備がボロボロ・・・・・・軍人特有の装備等で、強化されているわけではない。

501 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:45:11 ID:dfC7QuUE

       .ゞミ ノ
        |i | -─- ヽ
        |i | ─‐-、|
        |i | /)( 7)
        |i | ",;:;:;:.::}-┐
        |i | (固);!‐-′   フシュー・・・・・・フシュー・・・・・・ゥゥジュルルル・・・・・・
        |i | __ヽ7r‐-
        |i | XXyXXX|    __
        |i | XX/XXX/   /::::::::ヽ.
        |i | x/:XXx/:!  /y::::::::::::::i
        |i | x|:XXx/:ヽノ/:::::::::::::::/
        |i | x(::XXi::::::::/:::::::::::::::/
        |i | :::/:Xx/:::::::/ヌ\::::/
        |i | :/XX/::::::/XXX>'
        |i | ./Xx/::;;ノXX/
        |i | xx/,.、_/XX<

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ソイツはいま涙子がいる部屋の、ドアの脇に座り込んで、首を巡らせはじめた。

 この中に入ってくるか、それとも外に出るか。

 迎え撃つか、やり過ごすか。

 それとも、こっちからうってでるか。

【行動選択】
 1 攻撃する(攻撃方法も指定)
 2 このまま息を潜める
 3 その他(実現可能な事)

 このレスの後、最初の行動選択を採用

503 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:47:40 ID:AEJAl1h6
1 殴る



507 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:50:56 ID:dfC7QuUE

        /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::: Y^Y:::_::ヘ
        ,:::::::/::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::r― 、| レ' }::::.
      ,:::::/:::::::::::::;′::::::::::::::::::: i::::::::::::::::;:::::` ーァ o く:::::::::.
.      .::::;′:::::::i:::|:::::::::::::: i:::::::::|:::::::i::::::::|:::::::::/ 人  }::::::::
     i::::|::::::::i:::|:::|:::|:::;ハ::::|:i:|::::|:::::::|::::::::|:::::::::ゝ':::::: `´ :::::::i
     |::::|::::::::|:::|:::|:::|:::| |::::|ハ|:::j{:::|_j;ハ{:::|:::::::::::::::::::::i ::::::::::::|
     |::::|{::::: |:::|`メ:::::| |::;'ー七;´}:|/  ヽ!::::::::::::::::::::′::::::::::|
     |:::八:::::|斗≠ミヘ{ l/  j/ ,.斗≠=ュ、:::::::::::::::: ハ ::::::::::|
     |:::::::::ヾ{f{ {:::rj     ″ {::f:しj j}::::::::::::::/、 }::::::::::|
     |{:::::::::::::.゛ 弋:リ       弋:::ソ |:::::::::i/:ソ/:: i::::::|
.     八:::::::::::;:.                   |::::/_´/ :::::: |{::: |
        ヽ/ :   `            ノ ´/ i::::::/:::::::::八:::|
            、    、__          , '  |:::/::::::: /::::::: |
           \   レ' }       /  ,:::/::::::: / :::::::: |
              个::..        イ  /::/:::::::::/::::::::::::::|
              |:::::::`:: ‐‐<|   /::::::::::::::::://}}::::::::::::|
              |{::::::::::::::::::::: |,, ´::::::::::::::::://,/{{:::::::::::|
.              八::::::::::::;,:::´:::::::::::::::::::://///,∧:::::::::|
                  ヽ:/:::::::::::::::::::::::: ////////,∧:::::::|

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 やるしかない。
 
 涙子はそう結論した。このまま隠れ続けても、良い方向に転がるとは思えない。

 倉庫の奥に帰っても、外に出てくれても、相手がどこにいるかわからない状況で、帰りの車を待つのは危険すぎる。

 今なら。

 相手はこちらに気づいていない。
 相手はしゃがみこんでいる。
 相手はこちらが一足でたどり着ける場所にいる。
 後はタイミングの問題だ。

509 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:54:08 ID:dfC7QuUE

       /         ヽ
     〃              ト
    ′               i キ
    /             | キ
  /               |  V                    ,. ‐‐ァ一 ..
 〃               l|   ∨                   /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
 ′               i′  ∨                 /:/:/ :ハ:i:ヽ:ヽ:,.n_:ヽ
 i               ′   ∨                ノ:/ .{:i..{:{ }ハ:ハ从〉・くト{
 |              /       乂             フ:ハ:.ハトNノ斗≦}‘:^':.:廴__
. キ             //       ヘ              彡イ:人《ヒリ  ヒハ小)>┴‐
 乂             '/         ヘ.         {廴__ノ..从  '   爪:イ:丁ヽ:.}
   ヽ          /′            \         ト≧=:彡rr:> .^ イァァミ:..:.∨}ノ
 {   \       メ                 \      >'´フ/:ハ.、 {ん_//′、}:..、乂
  、   > ミ ___彡   /                 \   /彡'rく ̄__{\ミ∨,ノムイ7{:.:..ト:.\
  ∨      ` <.  /                    \. ‐≦人 レ 辷フニ'{ブ  / 从:{ }ノ` ー‐
   乂        ブ < _                 \≦=イフ{   |/ :.:/  チ‐イト:{ } ′
     ==彡 /     ̄ ≧=-  _              > .ノ  } |../   /  ん、
         ≦zz __        ≧一-  _       ≧<yi`レ'  /:.ト '’ |
               ̄ ̄ ¨¨¨  ―--      ̄ ¨¨   一弋_,ク  Yー{`弋   乂
                                      ‘キ彡'   _ . イ
                                      厂/7 T丁 {ヽ. \\
                                       / //  | ! l 丶 ヽハ
                                    ノ / / {  | |  l  ヽ } ヽ

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 落ち着け。いける。大丈夫だ。

 獲物は鉄パイプだが、これでも十分に人を殺せる威力を出せる。

 十分に、人を一撃で撲殺できる場所に当てることが出来る。

 それだけの訓練は積んできた。

 涙子は音に気をつけて鉄パイプを握り締め、中腰に。息を腹に呑み、ソイツを見る。

511 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 20:58:58 ID:dfC7QuUE

       .ゞミ ノ
        |i | -─- ヽ
        |i | ─‐-、|
        |i | /)( 7)
        |i | ",;:;:;:.::}-┐
        |i | (固);!‐-′   フシュー・・・・・・フシュー・・・・・・ゥゥジュルルル・・・・・・
        |i | __ヽ7r‐-
        |i | XXyXXX|    __
        |i | XX/XXX/   /::::::::ヽ.
        |i | x/:XXx/:!  /y::::::::::::::i
        |i | x|:XXx/:ヽノ/:::::::::::::::/
        |i | x(::XXi::::::::/:::::::::::::::/
        |i | :::/:Xx/:::::::/ヌ\::::/
        |i | :/XX/::::::/XXX>'
        |i | ./Xx/::;;ノXX/
        |i | xx/,.、_/XX<

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ソイツはまだ動いていない。キョロキョロと視線を巡らせている。

 出入り口から入ってくる風に邪魔されて、ニオイを特定できないようだ。

 まだだ・・・・・・まだだ・・・・・・まだだ・・・・・・。

「!」

 ソイツが、出入り口を向いた。

 いまだ!

【攻撃命中判定】

  判定 基礎数値 行動力+気力+直感+【虫の知らせ効果】+《剣術》=12
  涙子  20d1 結果 9
  合計 21

  涙子自動成功。

513 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:06:27 ID:dfC7QuUE
                 /   /   /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::,:::::.
               /`ヽ,/    /:/::::::::/:::/::::::::::::::}:::::::::::::}::::::,、:!:::::.
            _////     /::/::::/:イ/::::::,イ:::ハ:::::::リ:!:::_:! |,ィ:::.
           /二斥-'、       'イ:/::_::::/\/::://:イ  }/:/!:::::xoく|:::::.     「っっっ!!!」
          ,r― 、 }_!- ,}         !:::::::::ム ィf㍉、_, 、_,ィチ㍉}::::i:::l_!、}!::::::.
       ,..._ //弋,}-'  /       {::::::::::/ハ. 弋)ソ     弋)ソ/::/::/:_/::::::::::.
     /   `ヽ/     {        |:::::/イム    '     〈::/イノ:::::::::::::::ヽ
      /     `! 、   ',       lイ     ',    v⌒ヽ/´ ̄_`ヽ、:::::::::::::\
    {,ハ、      \',   ‘:,             _/ >'´二二`ヽ、   -    ∨、::::::::::: \
  r=-'///ー 、    `ヽ、  \    { ̄`ヽ/ ̄ ̄ >'´ \ \__  }∨\::::::::::::\
  \ \{     `ヽ、       `丶、\   |  _,l{ _> '´      \     ̄ !::∨ニ\::::::::::::
   \/       `ヽ、        `'''''ー<_-'´           ヽ      /::::::\三三TT}
               ` 、           ̄          ,. <T    /!:::::::::::∨三/ /j!
               ` 、              ,. - ´    |    / j!::::::::::::::\/ //
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 無音の気合とともに、ソファーから踊りだす! 叫び声をあげて奇襲を知らせるほどバカじゃない!

 振り上げた鉄パイプが、一息に振り下ろされた!
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.     ハ    :: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::   / i
    |ヽr _  :: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::: ::: :: _,イ  !
     |  上 ` t , _ :: :: :: :: :: ::::::::::::::::::: :: :: :: :: :: :: _ ィ '  |   i
-一ヽ、 .`'´ ヽ .// ' ー--t- =====-r 一 ' ' 弋 !l_ - ' `ー ´
::: ::: ::: |    _イ二l i l      } ,イ^ト、. {.     ツニi二!
::: ::: ::: | _,.厂、   ヾ= .,, __ノ./_ 八 _ヽヽ、_ _〃    >、
::: ::: :::上 `ミ、ヽ   i     ナ'      弋        /  イ        !?
::: ::::/ヽヽ _ミ iヽ/ ゝ  /    i⌒i   ヽ _ ノ   l / ,<_
::: ::ヒ二 ミ上´::: :::∨   ~     /   i        /K/::: ::ヽ、
:::/二二/:: <ヽ、::: :!、' ,   /    ヽ、   , ' /::: ::: ::: ::: :::`‐、
:::ヒ二シ ::: :kヨ::: ::: ::ヽ、  Y        ヽ / ,.∠-i::: ::: ::: ::: :::
:::i-ニ=┤::: :ヒコ::: ::: ::: :::ヽ |  , =-‐- 、  }.|/ i///i::: ::: ::: ::: ::: : :::
::: トー-イ、::: |ニi::: ::: ::: ::: ::: ::`ヒ iニ ̄ ヾY/ ! []上ヾ>::: ::: ::: ::: ::: :::          
::: ::`<二/>、!ミi::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: 弋 ̄二|::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::

 【攻撃効果判定】
  問題 BIOHAZARD0の登場人物「ビリー・コーエン」。
      彼は軍法会議で死刑判決を受け、なんという基地への移送中に事件に巻き込まれた?
 このスレから3分以内

514 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:08:07 ID:y1cxdK.Q
レガソン基地

515 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:08:56 ID:0ffqmr0.
レガソン基地

516 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:12:01 ID:uhHeuCUQ
レガソン基地



517 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:12:11 ID:dfC7QuUE
【攻撃効果判定】成功

               __
          ,-..---- '  `-.-.-------、____
       __/:::::::::::.. _,/:::::::::::::.......... _ _ _ .. `ヽ__   __    ;. .: :`:: ∵:゛
    ____ ,-'____, -----' ~-- 、............./:....:....:`ヽ∴゛` ;`: :゛;:`´....;.∴;.`:':
  /::::/...--、..:....:....:....:....:....:.`!..:...:. i、.:....:......:...:.i ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
  /::::::i、 ..:...:...:.ヽ..:...:...:..,;,...:....:....:.../_,,-;';:;,,;・;';`,` ;.゛;.: ::゛;.
  `---\.:...:.....:...:\___,,;,,,,;,,,,;,,,,,,,;,/"';:;,,;・;'・;';;ト、::゛;.″:: :゛;∵゛ 
.      \.....:.....,;,.....:...:\----、,, :;,,;・;';;';;;';:;,,;`;  :; `,  ・ 
        `----i..:...:..:..丶   `--ヾ;:;';:;,,;・;'・;'; ;・;';`,'ィ....:.i          _     ,_―┐┐   __
           /...:...:..:...:ヽ     ヽ,, :;,,;・;';;';; ;';;ト、__..:......:....:i      |  |  .| ̄ | ││ | ̄  | | ̄ |
          / /-i i i iヽ\     `--- ' \,;,........:.......:....ヽ      |  |   |   |-┘┘ |_, ┘|  |
         '-'  !_,j i__! ヽ_ヽ          i_____,,,;....:....:....:`、     |  |   |    |     __ ノ   |
                         _ _ /.:....:....:`.:....:....:....:.i    |  |    |    |   | ̄     ノ
                      , - '..:....:....:....:....:....:....:....:....:....:.i    |  |    |____|   |__,, -‐'´
                   _ /.:.....:........,;,...:....:....:....:....:....:....:..._i       ̄
           ___________, - ' .:...:...:..:...:...i,,;,,,,,;....:....:....:......_ _ /
           '、_______,,;....:....:...,:....:...:....:....:.i/--------'
               i/...:..,,:....:....;...:...:..i
              /.:../、/..:....ハ,:...:..i
             /.:./   /...:./  i...:..i
            '、_/   i...:./   i..:..i
           _ _     !_ /   !、_!

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 振り下ろされた鉄パイプは、寸分たがわずソイツの顔面を打ち抜いた!

 手に硬くやわらかい物を潰す感触。鉄パイプの先端がめり込む感触。

 それらを代償に、ソイツの顔面が完全に陥没する。

522 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:15:59 ID:dfC7QuUE
                 /   /   /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::,:::::.
               /`ヽ,/    /:/::::::::/:::/::::::::::::::}:::::::::::::}::::::,、:!:::::.
            _////     /::/::::/:イ/::::::,イ:::ハ:::::::リ:!:::_:! |,ィ:::.
           /二斥-'、       'イ:/::_::::/\/::://:イ  }/:/!:::::xoく|:::::.
          ,r― 、 }_!- ,}         !:::::::::ム ィf㍉、_, 、_,ィチ㍉}::::i:::l_!、}!::::::.
       ,..._ //弋,}-'  /       {::::::::::/ハ. 弋)ソ     弋)ソ/::/::/:_/::::::::::.
     /   `ヽ/     {        |:::::/イム    '     〈::/イノ:::::::::::::::ヽ
      /     `! 、   ',       lイ     ',    v⌒ヽ/´ ̄_`ヽ、:::::::::::::\
    {,ハ、      \',   ‘:,             _/ >'´二二`ヽ、   -    ∨、::::::::::: \
  r=-'///ー 、    `ヽ、  \    { ̄`ヽ/ ̄ ̄ >'´ \ \__  }∨\::::::::::::\
  \ \{     `ヽ、       `丶、\   |  _,l{ _> '´      \     ̄ !::∨ニ\::::::::::::
   \/       `ヽ、        `'''''ー<_-'´           ヽ      /::::::\三三TT}
               ` 、           ̄          ,. <T    /!:::::::::::∨三/ /j!
               ` 、              ,. - ´    |    / j!::::::::::::::\/ //
                  ` 、、      _,...ィ ゞ´      /   / j!:::::::::::::::l \/、
                    ヾ'`,..:ー‐<!  {///>、     /  / /:::::::::::::::::;  !:::::}
                      _////`-'  /!///  `  ̄´ー ´  /::://:::::::/  |:::::l
                   \///      / l/イ           ヽ、  \::/  j::::/

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 涙子はそこで止まらない。殺すということは、息の根を止めることだ。

 目の前でソイツは痙攣をはじめている。それが絶命の痙攣か、それとも予備動作か、わかるわけもない。

 打ち込んだ鉄パイプを無理やり引っこ抜く。ぬとぉ、と赤黒い何かが空中に太い糸を引く。

 それを無視して、思いっきり振りかぶり、涙子は情け容赦なく、もう一度鉄パイプを振り下ろした。

 今度は、真横に。

524 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:17:38 ID:dfC7QuUE
           
                       :,:           :(::)
                       /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
                      (:::::::::::::::!'                 (::::::)
                      ヽ::::::::';'''                 ''``   。
                      τ'::/ .;:
                       )/
                    。            '  、       ;: 。
                                          `'''`~''・    ' `
                f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
                ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
            :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
                  ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
                ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
             π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
              ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
            τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
              (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
            :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"
         \//\/l≧::::-≦/ _ ,ィ≪    
          ≧///ハ::::::::::::::/≦/////≦
           \///\V///////≫   
         / llニニニ≧=-彡'ニニニム

526 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:19:53 ID:dfC7QuUE

      /: :. :./: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : :トヘ: : :.__:.ヽ
.     /: : : /: : : : : :.:./: : : : : : : : : : |: : : : : : : ヽ. : r─ 、  }/ └:.‘,
     i: : : /: : :/: :. :./: : : : : : : : : : : |: : : : : : : : :|:.<     r 、__/: : ::.
     |: : :l:. : :.|: :.|: :i: : : : : : : : : :.:. :.|: : : 、: : :. :.:|: : `¨7¨ Y´`ヽ: : : :i
     |: : :|: :. :.|: :.|: :|: : : : : : : 、: :. :.:.|: : : :.|:.: :. :.:|: :. :./  人   〉: : |
     |: : :|: :. :.|: :.|: :i:.:. :. :.|:. :.:.:i!: : : ト、: :.:.|:. :.: :.:|: : : `¨「: :. :.`T´: : : |
     |: : :|: :. :.|: :.ト、ハ: :. :.:|: : : ハ:.:. :.| |: : :ハ: : : :.|: : : :. :.|: : : : :,′:.:. :.|
     |: : :|: :. :.l-===x!、: :.:ト、:./_ ,斗匕  ̄\:.:.|: : : :. :.l: : :.:./: : : :.:.:.|
     |: : :|: :i: :i\! {| レ'ヾ/ j/`¨´レレ卅/j/   Y: :. :.:.:./: : :.∧: : : :.:.:.|
     |: : :ト、乂! ィf芹心x         ,ィ行芹心ヾ: : : :/: : :}/¨.‘,: : : :|      「はーっ! はーっ! はーっ!」
     |: : :|: j∧/{  トvハ       { ト-vヘ:ハ 》:.:.:./l: : /ハ  ′:.:.:.:|
     |: : :|: : : :.   V少         ` V)zzン″:./: i/> ./ /: : : : : |
     |: : :ト、___ハ とう¨´          `¨う |:.:/j_/  `¨ イ:. :.:.|: : :.|
     {{: : ヽ   '.″   ,′       ' ' ' ' ' レ'   ┬イ: :!: : : i:. :.:.|
     `\/  {∧                  / ′': :/: : :.,′: :|
             、      __            / .レ': /:. :. ∧: : :.|
            \    ´ `         /  .//: : :. :./: : V: :|
                 |: >            イ    //: : : :. :./: : : : V:|
                 i{: : : > __   ィ     . ´/: : : ,/:.∧: : : : : `\
                 |: : : {: : : :、: \ハ ,. ´㌃: : : : : ,〃:/三}: : : \: : :.ヽ
                 l: 、: :.\: : : >'´ ̄>'´: : : : :.:.//:./三三x: : : : ヽ: : ‘,
              \\:.:.:.>': : : /: : : : : : : ///三三三入: : : : : : :.i
                    \:y' : /: : : : : : : ///-‐=ニニニ=‐xヘ: : : : :.:.|

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 頭がもげ、壁に当たり、跳ね返り、足元に転がってくる。

 間髪いれず、それを踏み砕いた。

 ハコダテで先輩から受けた指導。

「オーバーキルくらいでちょうどいい」

529 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:23:17 ID:dfC7QuUE

             ,...:::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::\
            ,..::/::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::.
            /::/::/:::/::,::::::::::::ィ:::::l:::::::::::::l::::::::r 、::,:::.         「も、もう大丈夫、よね?」
          /:::イ::/::/::イ::::::::::/ ハ::{ ',:::l::::::|:::::::」 //::::.
          /::::::|::{:/l:/ |::::::::/ /::ハヘ l:::!,::/:::::{__ oヽ:::::.
         ,'::::::: !:{/ / |:::::/ ム斗七l/l:/::::::::::/_lヽ_}::::,::、
         ,::::::::::从!ト- 、从{  ,.ィ≦心ヽ,':::::::::::::::|:リ:::::::::,:::\
         {::,:::::::::::::{芹心    弋z)ソ /:,:::::::l:::::::|、::、:::::::ト 、::\
         |:{l::::,l:::::::',弋)ソ       /:イ:::::/!::::/ }::::∨::::ヽ  `\
         {_!::::l{,斗::}   ´     /イ {:/ l/} /,:::::l:::::::::::\  \
           ̄  l:八   V ̄`ヽ     ´ ,._¨::'´::j:::::|:::::::::::::::::\  \
            /::::::ヽ   ヽ、_ノ    ..:´{::::::l:::/::::/:::\:::::::::::::::\  ヽ
             /::::::::::::::\     ,...:::´  !ー /::::/、:::::::::\:::::::::::::::\  ',
              /::::::イ:::::::::::::` ー, ´     l///:::////`ヽ、:::\:::::::::::::::\ }
              /:::::/ !::::::::::ハ:::::/}    ,..::´::::::::///// ⌒ヽ、::\:::::::::::::::ヽ     グシャ、グチュ、ゲシ、バキ
          イ:::::,' /:,.<777´//j    /::::,:::::::////     \:::\:::::::::::::::`ヽ
          ,::::::{/l//////__/-、 /:::ィ//::::///        \:::\:::::::::::::::::\
          l:::/  l/////{//////::::///:::::イ//            ヽ:::::',::::::::::::::::::::ヽ
          l/   }/////l/////l::///l:::////、              ヽ:::}::::::::::::::::::::::::\
         /     ∨//∧////l::////!//// \             ∨:::::::::::::::::::::::::::::::.

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 残った身体も蹴り転がし、全力で四肢を踏み砕いて、ようやく涙子は攻撃の手をとめた。

 だがそこで息ははかない。
 
 すぐに口を閉じ、息を潜め、周囲を見回す。

 幸い、近づいてくるような音も、影もない。

 どうやらコイツだけだったようだ。

532 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:25:52 ID:dfC7QuUE
           /:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
             /.::::::::::::::::::::::.:.:.:./.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.\
           ,::::::::::::::::::::::::::.:.:.:':.:.:.:.:.:':.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.'.:.l|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:ヽ.:.::
            |:::::::::::::::::::::::::.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:|.:.:./:.:.|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:!.:.:.:!:.:.:!
          ,::::!:::::::::::|:::::::::.:.'.:.:.:.:.:.!::.:|.:.:{.:.:.|:.:.:.|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.|
           :::::|::::::::::::!::::::::.:{.:.:.:.:.:.l.:.:.'.:/!.:.:.|:.:.::|:.:.:|.:.:.:.:.}.:.:/.:.:.:.:.!.:.:.:!.:.:.
           ,′:!::::::::::::|:::::::::'::.:.:.:.:.ハ.:.|::L|:.:/!.:.:.ハ.:.:!.:.:.:./.:/.:.:.:.:.:.|.:.:.:|.:.:.|
        ,:::::::':::::::::::::!::::::::!::.:.:.:.:! .}::|/ .|/''|:==.:r!.:.:./.:/|.:.:.:.:.:/.:.:.:':.:.:.|
          !:::::;'::::::::::::::|::::::::|:::.:.!:.:!_从! ‐‐- ヽ| リ !.:/.:メ、j:/.:.:/.:/.:/.:.:.:.!    「はー・・・・・・よかった・・・・・・
        ,::::/:::::::|:_:::::|::::::|:!:::::|:::|y'`汽ミx    j/ l/ lメj.:./.:/.:/!:.:.:.;′    ほんとによかった・・・・・・!」
       ノ:::'::::::::::ヽ `ヽ::::!:::::::}::{;゚ .::.::.::.::      -‐-/ /:メ.:/.:/.:|.:.:.:!
       ./::/::::::::::::::::ゝ- `ヽ:::::リ::!           气ミx/厶イ::/:!::|.:.:.,
      /::::{:::::::::::::::::/     ト、|/       .::: l  .::.j,゚`イ::::l::レ::::|::.!.:.;′
    /:::::::|::::::::::::::::|  \  ;゚  、      '  ,:゚ /::!.:.:.!::!::::リ::|.:/
_,.x====::、_::!::::::::::::::::!   ヽ。    ` ー- 、_   .,:゚ ,イ::::|.:/|::|:::/:::l/
  `ヽ    |:::::::::::::::::ト、.   \         ,。゚,..イ:::!::::!:! L:!/j::::|
    \  !::::::::::::::::| ヽ o'   \     。 イ::.:.:.!.:.|.:.j.:| ヽ/!:/
      ヽ !::::::::::::::::!  ハ     ` ー‐f='゚:::.:.:|.:.:./:::.レ'!:/   }′
       Ⅵ:::::::::::::::{    \__  __./  .!O:::::.:.:!.:/:::::ノ ノ'
   ` =- 、 }::::::::::::::|   \ `ヽ_ ´イ /!::::::::.:.:|.:| ヽ′
    ヽ   ヽ';::::::::::::!    \   /   !::::::::::::!::!  ヽ

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 戦闘態勢をとき、一息。

 安心感がわきあがり、思わず涙がこぼれそうになる。ごめんうそ。零れた。

 だがとりあえず、勝ったのだ。殺されず、殺した。生き延びた。

 いまだ遺跡にいるという状況であるが、最悪は脱したのだ。

537 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:29:26 ID:dfC7QuUE
                     ...-―…―-....
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /::ハ::::::::::::::/::::::::::::::::::::::\
                   /:::くl/フ:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                     /:::ゝハ)::::::::/:::::::/:::::::::::::::::/:::::::::.
              ,.:/::::::::::|::::::::::::}/l/l::/!::/:::/::/:::::!::|       「さ、流石に無理。もう無理。
             /:/::::::::::::|ハ:::::l::|   \_ /イ!/l:::;イ:}::|        これで探索なんて・・・・・・」
           /:::/:::::::::::::::{:{l::::ハ:| x≠=ミ   /__/::::::l
          /:::/:::::::::::::::::::ゝヽ! |!⊂⊃     x=、/::::l:::|
        /:::/:::::/:::::::::::::::!::::::ハ lj    --、 '⊂⊃ヽ|:リ
       /:::/::::::::/:::::::::::::::::|::::/:::/\ /  ヽ !  /  |!
     /:::/:::::::/::::::::_:-―-{::::!/   ヽゝ__ノ..r '
    /::::::::::::::://:::::::/`ヽ.:.:.:|:::ヽ   ム:::::::::::::|
  /:::::::::::::://::::::::/    \:}::::::\_」_|.:.:`ヽ:::ヽ
./:::::::::::::://::::::::::::::{     / ̄ ̄ヽ.:.:.:.〉.:.:.:.:./ヽ::\
::::::::::::::://:::::::::::::::::::|     {   `ラ:,.:/.:.:.:.:r‐〈  ヽ::\
::::::::://:::::::::::::::::::::::::|      ヽ   У:::ヽ-'' .{ ゝ'  }\:::\
´ ̄ /:::::::::::::::::::::::::::::::!      .,′ .ハ::::::::}}  y   r '  ヽ:::::ヽ
   ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ゝ-r--- ,′  , }::ハ:::!ヽ !  .!   \トリ
                  |   ,′  ,′|/ ヽ!/ .|  .|
               ',  /   ,′      |   |
                ', /   /       |   |

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 涙子は死体から離れ、涙をぬぐいながら、すぐ近くにある出入り口から外に出た。

 この遺跡は、軍の常駐管理がいない遺跡だ。

 逆に言えば、本当のことを言えばソレくらい安全なのだ、この辺りは。

 遺跡探索に報酬はない。ついでに言えば、収穫はない。

 完全に収入は0だが・・・そこで涙子は気がついた。

538 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:30:45 ID:dfC7QuUE

            |l::::|l : |:|::::::: |:/   | : /   |:: /:..  |:l|     ∨ :|l:::::::::::: |弋_
            |l::::|l : |:|::::::: |__ | ;′   :|:/:.   |:l|/ ̄` ∨|l:::::::::::: |l::::::
            |l::::|l : |:|:! ::: |  `≧==‐-イ  `ー匕  ____ . }|l:::::::::::: |l::::::
            |l::::|l : |从:::: |...xrf斥笊ミメ,.|::::::::::::::::フノ斥笊`ヾメl|l:::::::::::: |l::::::
            |l::::|l : |:Y∨ |.《  | ,ノi;;| `::::::::::::::::::::::::: | ,ノi;;|  刋l:::::::::::: |l::::::
            |l::::|l : |::| r刈   夊_丿,::::::::::::::::::::::::::: 夊_丿  ' |l:::::::: /^Y:
            |l::::|l : |Λ い  ´" ̄    :l        ⌒゛`   |l : /丿 /::     「あ」
            |l::::|l : |/Λ             '               |/   ,.′:
            |l::::|l : |/,|个┐          __     ι      _., イ::: /:
            `ヽ|l : | |..|l从     Γア      `ヽ        厂::: : :|: /::::
                  ` リ |::|l: |:丶     |/        ,       什::::::::::|/::::::
                 |::|l: |:: : \   L.___    __丿     イ. |:|:::::::::/!:::::::::
                 |::|l: |:::::::::价 、                |..l|:|::::: /:l|:::::::::
                 |::|l: |::::::::l|{::::::::::.....,      <    从.l|:|::::/ ::l|:::::::::
                 |::|l: |::::::::l|{: /⌒Λ` ´      /:   `Y:::/ : ::l|:::::::::
                 |::|l: |::::::::l|//  /_,Λ     ./     / /:::::::::l|:::::::::

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 鉄パイプが、軽い。

 折れてる。

542 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:33:53 ID:dfC7QuUE

       ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ レ' }
.      /:::::::::::::: /::::::::::::::::: i:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::ヘ  /
.      ,′:::::::::::/::::::i:::::i::::::::|::::::::::::::::::::::::‘,::::::::::.く
       ,::::::::::::::::′: i:|:::::|:::::::ハ::::i:::::::i:::::::::::::;:::::::::::::. ヽ
.       .::::::::::::::::|:::::/|:|::::j{:: / Ⅵ:j::: |ハ:::|:::: i::::::::::::::.'’
     i::::::::::::::::|::/:::|ハ::ハ:{   リjハ了 jノ`i::|:::::::::::::!|
     |{::::::::::::: |/,.斗=ミ、ヽ    斗≠ミ リ!::::::::::: !|
.     八:::::::::::::|〃ん::ハ      ん::ハ Y},:::::::::::::八
     |:: \:i:::::|゛ 弋::ソ      弋::ソ " |::::::j/
     |:::::::{ \:{  ´     ,     `   |:/}:|
     |::::::::ゝ _ヽ               ノ_ノ:: |        「・・・・・・志々雄さん、またパイプ、くれるかな。
     |:::i::::::::::::::八    __    _   ι/::::::::::::|         も、もしかして、赤字ですか、これ」
     |:::|:::::::::::|′::丶  ゝ ― ’  イ:::::::i:::::::|
     |:::|:::::::::::|::::::::::::}|>     <:::::::|::::::::|:::::::|
      .:: |:::::::::::';::::x= リ      |:::::::::|::::::::|:::::::|
     ,′|{:::::::::::∨//{       ,::::::::::|::::::::|:::::::|
.    /:::::八::::::::::::∨/∧       `ヽx、|::::::::|:::::::|
   /:::::x/,∧:::::::::::∨/∧ー 、   , -|//≧ュ、:::: |
.  /::∠ニ、ヾヘ:::::::::::∨/∧__r‐=‐|///////}ヽ、
  /〃 ̄`ヾヽ ∧::::::::::∨//∨//////!///////| }ハ

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 たらりと頬を汗が伝う。この前もらったときも、だいぶ無理をいったのだ。

 具体的に言うと、店の床に寝転がって暴れるくらい。

551 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:42:07 ID:dfC7QuUE


: : : : : : : : : : : : : : : : : ; ;_:_; : : : : : : : : : : : : : : : : : :._:.;;''".._:.::;;:':.:. ..        ..:...:..:::.:::;;:;:;';:
: : : : : : : : : : : : : : :_ :,.,.;::.:.;:'':':';:''":"´: :: : : : : :_,..:''""`..:.;:;:':::.:.. . .      ....:...:....:.';;..:.:'.';;:::.::
: : : : : : :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':'
: :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':':'"´
"..:.:::;:;:::;';':::':'"´ : . : : . : : . : : . : : . : :...:.:'"..:.:;;:;.:. ..,._'     ....:...:...:.:.:::.:::.:::;:;:;':':':'"´: :.._;_:,.; ._,:..
:'''´: : . : : : . : : . : : . : : . : : . : : .''""゙゙´_,.,.::;;;' : : .: : . :..:.:.:..::.::::::;;:;:;';:':':':'" : .__,.,;:"''':;';:::: .:::;'": : .
. : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : :_.:_ _;::': . : :.  ....::.:::;;;:';':'':'"´: : `_,.,...::.':'"...:.:::;;:;:;';:;':';;:''"´.. : : .. :
. . . . . . . . . . . . . .__,.,:::;':;';'"` .. . ..:.:.:;:;;':':'"´ .  _.,..:''"、:.:::.:::;;:;:;';';':''':'"´. : . : . : . : . ::
 . . . . . . . . ._..,...;'"´...:.:.:::.:::;;:;:';':':':'"´. . . . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .    _,;::."'..:.:.:::.:::;;:;:;:;';::':':'"´ `´        . . . . . . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"...:.:::;:;';':':::':'"´                         ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"´                        .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'r-=´へ、;':'":'"  . .
::'".,:::;:':;''         ┌へ、        `゙"´ ´""''''""´     _,/ / ':..ヘ `.\、_
"´'"           _,/.::/.:::::;>‐''゙ ̄ ̄ハ .r─r--::;:-.:.、_:: ,<´_,::":/:':::::..`._..::;'".へ'´\/^
       _/`yヽ√\ヘヘ:/  ..:::. ...::/ ,::' ..ソ;:::;..i:.  . ::...` "_/へ.`ー-v::、,_...:,:_,/:/.:::
─'ー─´ー─----‐'ー-─'´ー-==;;:;'__,:::".::;';';:;';;;;;;;;;;;_ヾ.∠;;,,_:::__\:".::/'';;';';:;';;;;;;;;;';';
          rュ、.                 . . ..。.         . .. .^
   ^    。    ゚  .  . '   :   '',  ; ' '  ;  .     .     ;  .  ; ' :
.  . '  :     '    ,     ;   '     '      ;   .  .   '      :
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 涙子の衝撃を無視するかのように、目の前に広がるのは、ただただ荒野だ。

 なにも優しくなく、なにも慰めてくれない。

「~~~~っ!」

 大声を出したいが、それでまた何かを引き寄せたら、今度こそ命がない。

 涙子は叫びたい衝動をそのまま、折れたパイプにこめて、全力で投げはなったのだった。


【遺跡探索終了】

543 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:34:56 ID:y1cxdK.Q
駄々っ子w
でも今回は貰って多分1週間も立ってない…

544 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:35:18 ID:iuYN4OPw
鉄パイプ拾えそうなとこ探そうず。

545 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:36:08 ID:0ffqmr0.
せやな、探索すれば鉄パイプぐらい落ちてるかも知れん

546 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:36:48 ID:y1cxdK.Q
なお遺跡の経年劣化

547 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:37:07 ID:0UQwuIU.
というか、「オンボロ遺跡でミュータントが出て逃げることも出来ず戦った」って
志々雄さんに「同じ言い訳が通用するかゴルァ!」って叱られそうw

548 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:40:07 ID:0ffqmr0.
あれ、前も同じ理由で壊したんだっけ?w



549 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:40:49 ID:dfC7QuUE
というわけで、テスト終了となります。
涙子はこの後、身を潜めて迎えの車で帰りました。悲壮な顔をしていたそうです。

この話は、最初に投下した日常テストの前に大筋を作成していましたので、子の後、志々雄に特殊鉄パイプをもらうことになります。

552 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:43:15 ID:0ffqmr0.
あ、なるほど時系列は前になるのか。
乙でした。
底辺スカベンジャーのギリギリ感が感じられて楽しかったですよ。

553 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:43:30 ID:PXpmTiv6
乙でした
死ななきゃ安い

554 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:44:57 ID:y1cxdK.Q
乙ー

投下中にも書いたけど、判定するときは事前にこの安価は判定に関わると言ってくれないと技能の持ち腐れになるかも

あと安価は基本↓いくつまでとかを宣言しておく、それと安価の前に多少相談とかの時間があるといいね
○○:○○から安価範囲で指定して、そこからシュマリさんがダイス振るとか

555 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:47:23 ID:iuYN4OPw
乙乙ー
生きてるだけで丸儲けなんやで。

556 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:48:32 ID:0UQwuIU.
乙でしたー

557 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:57:28 ID:wXPf3EsU
乙です

558 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 21:59:23 ID:yop0kulY
安全域でこういうミュータントが出てきたって情報は軍に売れんじゃね?
それとも誰でも対処出来る程度の脅威なんだろか

559 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 22:03:02 ID:Y.VlBW3I
そりゃ鍛えた程度の女がパイプで殴り殺せる程度だし



560 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 22:05:25 ID:dfC7QuUE
自分でざっと読み直して、思ったことを箇条書きさせて頂きます。
自分メモなので、書き方ひどいですが。

地図に拘束されて、行動安価の数が多すぎたか? もう少し、涙子に自主的に動いてもらうべきか?

行動結果にどれだけの意味があるのか、事前情報がどんな意味があるのか、不明瞭だった。

地図とかどうやって書こう。

自由安価処理に時間をかけすぎた。頻出AAをもっとまとめておくべきだった。
また、一回一回の投下間隔をあけるよりは、小刻みに入れたほうがいいような気がした。

下1忘れすぎ。

アクティブスキルは自由安価内にまとめるべきか。

判定のタイミングが、見ている方にわからない。

そして、頂いたお言葉も、やはり判定がどこに入るのか不明瞭、というのが大きいようですね。
あと、安価前の相談。そして範囲等の指定に纏わること。
重ね重ね、アドバイスありがとうございます。他の方の投下も参考に、改善しようと思います。

それから、掲示板を調べなければ。最初はシェルターのつもりでしたが、時間安価は不可能ですし。
ダイス機能ありで、時間範囲等が大丈夫なところ……う、ううむ。
こちらももう少し、検討します。

561 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 22:13:45 ID:0ffqmr0.
乙でしたー

562 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 22:22:38 ID:wXPf3EsU
>>560
地図はそのままに、ある程度行動を『ひとまとめ』にしてはどうでしょうか



563 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U[sage] 投稿日:2015/03/28(土) 23:09:59 ID:dfC7QuUE
>>562
そうですね、私もそう思いました。
小刻みに小刻みに、というのはテンポも悪くなるので、部屋にいって探す→結果。さてどうする? くらいにするのがよいかな、と。
どこまでするかはサジ加減の問題になりますが、そこは研究や参考でカバーするしかないかな、と考えます。
ありがとうございます。

564 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 04:20:36 ID:CjzYdLmo
お疲れ様でした
たしかに判定の回数は多すぎる気がします
本社も安価スレのなかではかなり判定回数が多いほうですが、
シュマリさんのように1レスごとに判定ということはありません
あの方式ですら本社社長のような異能がないと裁ききれませんので……

探索方針を安価、その後は重要ポイントでのみ選択肢が出るという形にしたほうが
さくさく進んで読者を飽きさせない運営になると思います

565 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 04:21:12 ID:CjzYdLmo
極端なことを言いますと、いまの1/10くらいの安価頻度でも参加者の参加してる感は損なわれないと思います。



566 名前: ◆nJW8zJcmws[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 14:11:45 ID:2HPrnIUA
ガンパレみたく、最初に探索箇所を先行入力しその合間にイベントをサンドしてくのもいいかも
自分で最初に行動をセッティングし、その中でのイベントを楽しむと

安価はおおまかな指針でいいんじゃないかなぁ ↓例題


                                _
                           {\ /:::ヽ /}
                         ィi::::::::::::::::::::ヽ
                           /::::::/:::|::::ヘト、:::}
                       / :.:_ 人__人::: l \            ,.z、
                      / /::::ト.'`Y´`Y´jリ\ \         _ <>'
                        ̄ /:::::::l: ヘ.| _.」イ::::}   ̄      .,<>'
                      /::::::/,|:::{ニニニ}:::}、     ,<>"
                      /:::::/ :: /={ヽ/ヘニニ∧ .<>"      例えば二代に先行入力安価
                      /::/  {:/=/{ニ{_}_V  ̄ヤ "
                       {:/  .Y   {‐‐‐‐.とz__ノ         突撃・粉砕・勝利 と打ち込む
            |               ,.ィl_,//7 { { }//}
                        ,<> ".//∧ } /::{//}_           するとこの通り死体の山です、素晴らしい!
            l  ィi〔⌒ <>".    〉:::::::∧__,/:: /〈_〉
   _  __ 人 __ >''´       / 〉/::::{::::: : {/〈___〉
        > `Y´> <          〈 //,{:::::l::::::::::}//,廴}
.     ,.イ///>"            }77/,j::::::{:::: : {!////{
    //>"´ .|                 |///,l:::::::lー‐{////,'l        _
.     ̄                      |///,l ̄,j   .メー<⌒ヽ    n 「!」lイ!ィ
            |             ,.ィーラ¨ ̄ ̄`ーイ"///////ヘ   .ゝ///,ン
            |         ////////////Y///////////ヘ  ///7´
                  \七j//////////イ////////// _.//ゞ'///7
       _ ___   ー=七/////////////>─<////nJ ヽ/////7
     ,.イx///7ーz、  _////////////___Y       ヽ//ゝ  〈//////>zx
     し' lj 〉/._//////// ____ //イ     ̄ ヽ _ノー‐'"  .j rー -、////l
         と/  ¨ヽ //´      ヽ           斗七"/ ーヵ ヘr、/.l __ ,.イ
        / ̄ ̄///!        `Yヽ      ィ "´/l ヽ///////j  j .ヘ///////
    ___//////// l               j     //////l  Y////,.イ    .ト、//////
  /´////////////,.斗          ;  __/__ ////.ト  ` 七"         V/////

567 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 14:13:43 ID:4x7A5e3A
突撃(したらプライドを)粉砕(されて敵が)勝利した時の二代とな



568 名前: ◆nJW8zJcmws[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 14:17:30 ID:2HPrnIUA
              _    ─ 、
                  , <´         _, へ
            , <´             ,ノ ` ヘ
          /            ィ‐"     ヽ
         ,r´           , ‐‐′       \
          /           イ        -=‐ ヘ
       {               キ          ,.≧ミノ j
       ,j             ヽ       .〃r‐  ム
        〈          ,,才'"´ )      〃イfi   ヽ    >>567  その発想はなかった
       ヽ             才_     zィ ¨ノ   ミ,
        l         ,zz、 彡イ,              ,x_  〉
       〈         ,l ,=ミj   ,          /ゝ≠'、
        ヘ        i !  彡ノ     ゝ,  //州尨
         ヘ===-‐  从 ゝ、ヽ            .j.{州尨"
       __  ヘ===‐-    \ `つ         l `'"´ へ,
     ≠:. :>、ヘミミ彡ィ   ノ ` ´ヘ        i!    イ
    ≠:. :. :. :. :. :へ、彡彡"´      i        {λ     ハ
    /:. :. へ、:. :. :. :. :. へ、       、       ` `   ノ
  /:. :. :. :. :. :. \:. :. :. :. :. :. へ     `> _ _ _ /
  :. :. :. :. :. :. :. :. :.\:. :. :. :. :. :. :ヽ、        /
  :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\:. :. :. :. :. :. :ヽ      /
  :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. \:. :. :. :. :. :. \   ノ

569 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 14:32:17 ID:M7jX2n76
二代が敵のチ○ポに負けてアヘ顔ダブルピース?



570 名前: ◆nJW8zJcmws[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 14:36:06 ID:2HPrnIUA
あっ、そうだ(唐突   >>567は二代のアヘ顔ダブルピースaaを作るように

571 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 14:53:22 ID:4x7A5e3A
おk

572 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 15:01:45 ID:Y1IeYc.g
作るのか……(困惑



573 名前: ◆nJW8zJcmws[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 15:03:29 ID:2HPrnIUA
>>571
えっ

574 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 15:25:08 ID:4x7A5e3A
>>573
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12368/1425569963/553-554
作ったのだから使って話をつくるように

575 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 15:30:11 ID:29N6ftAE
(AA作るの)早スギィ!

576 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 15:33:38 ID:zLKewbTY
そりゃ工廠裏だから職人くらいいるよな(白目)

577 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 15:35:42 ID:4OOj14rE
アヘ顔Wピースから始まるストーリー

578 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 15:37:44 ID:Y6pHJ9CE
遅刻しそうになって曲がり角でぶつかるんだろうな

579 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 15:37:51 ID:Y1IeYc.g
早えよwwww

580 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 15:46:39 ID:BlDpfftQ
すげぇ…w

581 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 16:13:27 ID:M7jX2n76
まさに瓢箪から出た駒www

582 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 16:43:34 ID:0whj.g/Q
さて、リクエストして作って貰ったんだから、この二代を使わんとなぁ(愉悦

583 名前:名無しの工員さん[sage] 投稿日:2015/03/29(日) 16:50:54 ID:Oajd38y2
約30分くらいで仕上げただと!?












関連記事
  1. 2015/05/19(火) 01:00:10|
  2. 工廠裏の壁
  3. | コメント:0
<<【工廠裏の壁@◆zHPE6sG4R2さん】ミエ・万次やる夫 【01】 | ホーム | 【工廠裏の壁@シュマリ ◆zQrF8VDB4Uさん】佐天さん 【04】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyarusp.blog.fc2.com/tb.php/4106-1b4a48cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。