FC2ブログ

やる夫まとめに挑戦

【欧州】《第3話》04


9817 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 21:19:00 ID:rgoinwmw0
         ,' / ´    -‐      、`ミニ三三三三三ニミ、
         Y´  ̄   ‐-   _  、_ `ミ三三三三三ミヽ
         /,..-‐::::''''t=‐- 、〃ミ≧ 、 `\`ヽ三三三三三ミ、
.        r ⌒ヽ::::::::::::/ _  λ三三三≧、  ` . ,,‐、三三三三ミゝ
       /    }:::〃  ''´ ̄ `ヽ乂三三三三≧  ゙.米.;i 守三三三ミ、
     ハ ∂ //    〆⌒ ≧、ヾ三三三三三ヽ`´ ヽ  ヽ三三ミ;;i
      { ゛ノ カ       ゝ 、   λゞ\ヽ三三三三ヽ  ヽ `ミ三三ミ;i
     i ヘ〃     、 ヽο  ノ ノ ー=久丶三三三:心  `、 i三三ミ;}
     ゝ }         、¨`    ´  ゙〈 、ヽ三三刈 }  }  !三三/
__、..-‐ ,'  /                 , ‐ _`ミメ、ヽ三/ jト  /三}/      さて、ミスト中佐。話を始めようか
:;:;;:;:≧   /               /iヾ、´ `ヽ、 ` x、、_ 爪 /ミ乂
ilil;;:;:{/  {    ヽ、    κ- 、ヾ   \ ο   λ リ`ゝ,_圦 〆
ililil::::;:l   ヤ     χ` 、     i、/i'/       ヽ/   , ′χ'"
::;ililili:ヘ  ∧    ヽ、 ヽ、  ^‐'            / イ`ヽ
:ヘi::::::::.:ヘ_ ∧     ヽヽ、ヽ、             /ム/ , '
::::i:liii:::i::::::ヽ ∧      \ヽ ヽ        /-‐' _/
:;:;;:;:;ilil;;:;:;;:;:;;:. ∧        丶ゞ}、  _ , _, .′-ー-- 、
::::::::::::::::ilili;.:.::::::::::ヽ       , -‐≦¨::::::::::::::¨≧ 、::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ´:;:;;:;:;;:;:;;:;:;;:;:;;::::::::::::::::::::::::::;:;;ヽ::::::::::::::












                          |!
                  ー、- 、  |:ヽ
                  _ ヾ:.:.ヽゝ:.:ヽー:.、 i\
             ,rー<´ー:.:.―:.:.:.ヽ:.:ヽ:.:.ヽ:.ヽ.ヤヘ
            />:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:ヽ',:.:.:゙i:ヘ|:.:.}
          /:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.ヽ:.:i:.:.!:.ノ―ー:.、
       ,、<´:.:.;:.:.:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:. ̄ ̄-一:.:.:.|ヽ:.:.:.:!:.∠,_:.:.:.:.:.:.:.\
    ー=ャ:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:;iヾi:.:.rヽヘ:.:.:.:ヽヘ:.、:.:\
.       /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:;!:.ヘV:ヤヽ`:.ヽ:.:.:.:ヽヘ、 ヾ\
    /:; //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.l:.|≧:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:ヽヘ`ヽヽゝ
   //,:':./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:i:.:.: l:.|   ヤ:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:ヘ:.ヘ:.i  ゙ヽ
.  //  i:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:ム:.:.:!:.|    ヤ:.:.:.:i:.:.:.ヘ:.:.:.ヘ:.:.:|i
 /    {:.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.,イ:.:,i:.:.:,i:.:.:/ ヤ:.:|';i    |:.:i:.:.i:.:.:.:.ヘ:.:.:.:ヘ:ム        えぇ、そうですね。始めましょう
.      /:./:.:.:.:.i:.:.:.:./、///.i:.:/}:./  ヤ:|,,!ィf彡´ }:.,':.:i:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.ミ=-
.     ,!イ:.:.シ´イ:.:.:.|メッ≧ュ、.l:.|. ',:| ,ィ≦fァャェ;、  }/|:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ:.\
.   ∠f‐/´//:.:.:.!:.:.:ム ,r´ア;;;;ャ';|  l  ̄了 frイ;;;タゝ/ .j/l:.:.:.:.:,'ヾ、:.:.:.:> ̄
.    |/ . {/i:.:.:ム:.:.:.:i ヽゞジノ      ー`¨´ ' / / .j:.:.:i:.:hヽ }:.ノゝヽ
        |:.:./ ヤ:.:.:l       l                /:.:.:i:./ソソ/
        レi|  ヤ:.:.',       j               /:.:.:.//ノ´:/
              i:.:i:.ヘ     ヽ          /:,j:.:/ナ|:.:/
           i:.ハ:.:ヽ                 '´フ:/  .|:/`i!ヽ、
               |! ヘ:ヤ\  ー ---─'     /レ'    |:::::::::::::::ヘ
           /: ヘ|/\   ̄      /   ,    |::::::::::::::::i :l
             ,::': : : /:::::::::::\       /    /   |::::::::::::::/: :|
           /: : :./::::::::::::::::::::::i  ー  ´     /.     |/::::./: : ::|

9819 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 21:23:48 ID:rgoinwmw0
               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|       朝からどうして空気が悪く……お腹痛くなってきた
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃部屋の中でこめかみを押さえつつ、愚痴を吐くのは記憶喪失の青年

┃彼の目の前には、この仮設基地のトップ2人がなにやらただならぬ空気で話し合いを始めようとしているが……
┃断言できる。これは話し合いなどでは無ない。空気で人を殺める事も出来る、そんな話し合いは無いはず

┃顔が青ざめていく彼を気遣ってか、隣で座っている蘇芳が背中をさすってくるが効果はいまひとつのようだ


9820 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/23(木) 21:25:58 ID:cHU3TcQ.0
蘇芳良い子やで



9822 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 21:28:15 ID:rgoinwmw0
三三三三三=/ r'てミ孑三\___,___、
三三三三/   ヽソ三二{ ̄       \
三三二/   /三三二三 ̄ ̄ミ`ヽ孑' へ
三三/   /三三ニ――ニ⌒ヽ  ソ / ̄ ̄ヾ
三/  /~三三彡: : : : ヾソ\ \/. ( ,,;ー―ヽ
_/三=='"ノ―‐、 /   ーヽ .}  {l   //             まずは私から問わせてもらおう
:::::;;二    'ヽ゜ ノ       /. |  {l  /  厶
ヾ;;;        ̄  ,,   /,,  |ヽ、|  {__/ ノ         機密情報でもある青年の事を何処で知った?
┤''                   |:::::::ヽ    ノ
ヽ,   .         __,   |:::::::/ ヽ、
__ヽ      ー‐―'".     }  {   {__/
    \、  l ;;     ,; /:}  ヽ::; ;::
__弋=======___ー':::::/   \∥ ,,,,,,,,;"
    ======____::::/  ;";,,; ヽ ノ
  ヾヾ          ''''     /  弋::::::::::::::
\、        '',;",;     ;;;''';/.    | ヾ::::::::
  =========弋弋弋ヾヾヾ  /      |  ヽ:::::::::
                 /      ヽ   \::::
                 /        ヽ
               /   \    {l ミ






:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.!      ヽヾ:.:.:.:ヽ:.:.:\:.:.:.
:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.      ヾ-.、:.:.:.:.:.:.:.:\
:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:ハ:.:.:.      斗‐V:.:.:i:.:.:.:.:
:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:/!: !: :|v:.::.   x≦,,≦-、V:.:|: : : :
: /: :.:.:.:. :/:/. V:N::. V: ::./,,ィ行:刋 ' :.:.|v:.:|: :         昨日の夜です。深夜に差し掛かった辺りに兵士から報告がありましてね
/: :/: : :.,:.:/  _ヾ从:. ヾ:::.   ゞ ´   !:j |:.:|:.::
:.:.:,:.:.:.:. _,/≠伝示 ヾ.、 `\      /' |: |:.::        「今回の作戦でウィザードが発見された」という旨の書類と共にですが
:.:.ハ:.:.:.:!:.:.|. {゜ゞ夕 ヽ              八!: :
:ノ|:.!:.:. |:从:.、      i         ,       |:.::       目を通さしてもらいましたが……あまりこそこそするのは如何なものですかな、大佐殿
 |ハ:. :.|:.|:.:.:!:ヽ.    ゝ     ノ      .|:.:/
   V:.N ヾ:.:.:.ヽ    -   ´       /|/
   ヾ::.   \:ヽ:. 、    ´         /
.     ヾ    ヾ \:.>.、         ,
           //  .> _  イ
       x≦ ア/        ハ

9827 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 21:35:21 ID:rgoinwmw0
                /  _,,-‐''゛゛ ̄゛ '''' ‐- ,,,,  \
          /  / .、 -‐ ''''゛゛゛゛゛ ''‐-,,`\  ゙i
            l  .//´ ァo=ミ''フ ン ゛゛゛ ''''=Θ〆 l,
            |  // /:::::/ 、‐'゛゙,,=,,゛'‐- ,,_ ゛'';;) 〉
              'く|i´/:::::::::::l  ' i´  l`゛;ゝ'、ェ_  '〈        証拠と根拠が無い限り、報告すべきではない
              ,,r'、ニ' ,:::::::::i    `‐・ゝ, `  l,-゛,ト-`\
             ..l..{::`:::':::..''゙           '・ l l   `´      誤報なぞで軍全体に動揺させる訳にもいかなかった
         、 -‐――- ::,          テ、/ `i
       、/ッ:´:::::::::::'' ,,''''';;;;;;;\ 、 -‐- .._  ´   l          だから、隠しておいた。それだけさ
   //,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,  ''''';;;;;;\ ``゛' ‐`、,   /
   、.ッ;;;;;;'''',,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;''';;;;;;;;,,,,''''';;;l.     `'  /
   .゙i;;;;;,,,;;;;;;'''''''゛、 <;;;;''´\ : : : :゙i,|::::.      /
  /;;;;;/ <;;;;;;,,,,,,,,,,,,'''''''';;;;;;l: : : : :| ゛::;::'' ‐-ノ;;;;;;;`ヽ
     ,,,,,,,,,,   ゛''''''';;;;;;;;;;;;,,,,''(,: : : :|l::::: ;;;;i l;;;;;;;;;;; .:::::'
    ; ; ; ;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,  '''''';;;;;;;;;;i : : :゙i;;;;;;;;;;リl;;;;;;;;;; ::. . :::..
   ; ; ; ; ; ; ;;;;;;;;'';;;;;;;;,,  c ''';;;;゙i: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::::. .:: ::
   ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;;, ,,''';;;' ',' ,  '';;!、: :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; _、 -‐l::....::::
    ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;;;, '';;,,'';;'',,'' , c '';`'‐`'';;、-,;;;;;;;;;|   l,,,,,,,,,,,,,
   .; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;;;;゙i '';;;,';゙i゙i''‐- ,`'r;;;;;;;;'/;;;;;;;;;;;l   |;;;;;;;;;;;;;;;;;\

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言い切る大佐。その声には動揺もなにも無し、悪気などは何一つ持ち合わせていなかった

┃確かに大佐の言う事は正しい。戦場では不確定な事実による誤報など日常茶飯事だ
┃遠くに揺れる草木がネウロイに見えたなどと言う報告はしょっちゅう挙がってくる

┃そう言った物を調査し極力無くすのも、上の仕事なのだから


9828 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 21:40:19 ID:rgoinwmw0

                _. . -―':≦: : : : : ::-=`ー.、
              /: -: : : : : : : : : : : /:  ̄: : : :ミ: ≧=ー
              /:イ: : : : ⌒: : : : /: :/: : : :_: : : : : : : : : :\
              ':': : : :/: : : : : :.:_/: :/:ハ:': : :\: : : : ::>:、: \
.             /,: : : :./: : : : : /:.:.:/: :}!:'ハ: :.V: : : : ヽ: : : : : : :\:.\
           /: : : ./: :/: : :/: : /: :/|/:.:.!: : :V: : : : : : : : : : : : : ::... 、:.、
          ,: : : :./:.,:.:: : :/: : /: !:.::i!:〃|: :!: ハ: : : |: : : : : : : : : : : ::. ー‐     それは詭弁ですなぁ、大佐殿
             j: : :..,: :イ: : :.,: : : : : :./  `¨|: :!: : :i: :.:.|: : : .V: :v: : : :!: ::.
          ,: :/ : : : : :.i: : :|: : :/    . |::ハ:.:.ト : :|: : : :.:V: :v: : :.i: :.:      聞こえの良い言い訳でしかありません
       ___ : 彡: : : :.__:!: |: : :|: : i__    レ  i: :! |!:.!: :!: : :.i: :.:i: : N: : i
        7:.:.:: ̄:./.:ハ|:.:|: : :|:.|.:|_..二≧メ、  |::|. |: |ヾ从: :!:.:.:|: :.| V:.:|
          i从∠:.:.{ {v:|:.:|: : :|:.|:.| 〈.  示沁ヽ!:|...|: |  ,,斗|: : |: :.| i: :!    あなたの部下には魔力を視れる「魔眼」を持ったウィッチがいますよね?
          V: : ∧ |:.:|: :.:i!从!  ヽ ゞ=' ヾ !ゝ.リ|!,ィ丐示:.:.:|: :.|、 レ
            ∨: :.入.|:.:|: : |              iゞ彡'.ハ: i|: :.!ヾ:、     彼女ならば一時間もあれば魔力の流れを見れるはずです
.r≦三三≧..、 _ィzzY: : :/从:!: :.|             !   从:.||:.:.|
≧<ニニニニ:\ 寸\/   |: :.|.                 .〉 ..ハハ||:.:,
ニニニ≧寸ニニ》. 寸=\  |:.:.|       ..- ....、   '  .: :/  }レ′
ニニニニニⅦニ/ V. 寸ニ:Y !:.:| ヽ     {::::::::::::ヽ. ア イ:.:./
≪ニニニニⅦ{'  i.   }ニニ!.ヾ:|   \  `   ー ' / ..|:./
.   `寸ニニニⅥ }. |  |ニニ|       へ      イ.   レ
    寸ニニ=Y V!  ,仁=j     / 寸=≧≦}ニ!
      寸ニニ| 込,:仁=シ{    i   Yニニ:Vニ:/≧-.、
        寸ニ| , ≪三Y \     ノ .Ⅶ:/ニ∧ニY:ム
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃だが、それを嘘だと断じるミスト中佐

┃例えそれが証拠も無い事だとしても、彼らにはそれを嘘か真か判断できる手段があるのだからだ



9832 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 21:46:40 ID:rgoinwmw0
      |i:::::}_,,,,,,,__   i´ ッ; 、   、.
      ト::/,_::ェェ-.... ̄ゝソ、ノ     "'' <:::::::::::::::::::::::::::
       ャ∠三ニ=- 、,,::::::::::::....、 _ `ヽ    ヽ、::::::::::::::::
        /三三三三三三ニ=ョ、,::::::::::.....  `ヽ   ヽ、::::::::
     へ二三三三三三三三三ミ  _::::::::::::.....
       {:::i` 、三三三二ニニニ/  {三二ミi、::::::::...
      、,、::: `{! ' ・ 气三三彡   i三三三圦、::::...、_    〉      確かめるのに時間はかかるさ。何せウィッチは万能ではないのだからな
   ≦ミ´  :i| 弋_ _,》i|  `≧、_,,、ョ''ニニ三三ニミョュ、_ゝ
_/::::::::ミ   |     ̄ノ/    { {!¨ ' ・ ‐-=、ニ二厶イ:::::\        あまり期待し過ぎないでほしい
´:::::::::',     |      ノ      ヽ、_ __,ノ′   i:::::::::::::,ゝ
:::::::::斗     i    {           ̄       |:::::/,
:::::::::ミ、   {∧    ヾ-‐、                /
::::::::::::::`,   ミ::,  、  `:r‐ヽ              r
:::::::::::::冫、  /∧  ` 、_               、,_、vr
::::::::::::::::ミ   |:::∧  ゝ、_"'' ‐‐‐-_,‐ャ'´    ., 'r´  ''
:::::::::::::::::::≧  |:::::∧     ̄ ̄       ノ     v゛
::::::::::::::::::::从 ハ:::::::゙ゝ、          ...:::、,ミ´ 、 κ"
:::::::::::::::::::::::::ゝ ゝ::::::::::≧- -‐=ニ ´  斗  、イ゛





                   _  ト、ト、
                  、ー‐ > ⌒ヽヽ }ノ
                 x≧´: : : : :'i:i:W: :ミ 、
               ,ィ7 : : : : : ; :/ `_ }: : :ヽ\
                   /: イ: : :メ}:/,ィッァ; : : : :ト、    r-、 _
                {/{: ! :<rッ{:' ¨´/: : :ム'ゝ  rくヽ}ート、}‐、       そんな……正直に言いましょうよ、大佐殿
                |:ハ: :|、 ヽ__ /イ: /: /   _ン/へ/ハ /
                ' l:ハ!ヽ `ー ' 彡'ィ==x、ム/ヽ/ヽ/〉つ     貴方は私からこの件を知られたくなかったのでしょ?
                  j r― `iー ´{i{  /////r.、ヽ/ヽ
               ィ7//|`!:.:.:.:|   |i| <///'⌒ヽV}¨`ヽ/}      だから彼を軟禁し、情報統制をした。
             r 7/{/>'ヽ}Yノ___/`ヽ)ハY   }/リ_` !/}
             八//|/ r,イY:弋ン {  //     ハ//ヽ }/      ……友軍であるはずの私達を騙すのは、如何なものですかね?
              _r┤ r==≠  |: : i!  l  ィ/ ,  ,  ヽ//ム}'
         ハⅥ 弋 ゝイi| ト.、 |: : i!  l ハ{ 〈  }   //´  }   言うなれば、これは扶桑軍による我々カールスラント軍への裏切り行為ですよ?
        //∧`ー ≧xハ //ハ|: :i!  l/ ヽ  乂 //乂_ノ
        」///∧   . ィ∨/' ヽ!: : i!  { rっ乂ー ≦イ‐’
       八/////`77≦}  rっ|: : :i!  |      ̄   {≧x
        /  ヽ/////r ´ ィ  rっノ; : :i!   '. rっ    ノ///
        { `ー ̄ 丁´ /八  , ´/ : 八   }   ..<//, '
         、 ヽ   {   {///Vヽ/ :ノ } ヽ、.ハ ィ////> ´
        \  _、__ ヽ// /_`≧_'_≦ニ_}//_x≦、

9839 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 21:52:42 ID:rgoinwmw0
  /;:;:;:;'  ;:;:;:;:;:;:;;:;:r‐'     _,-v、            ヽ;:;:;:;/
 /;:;:;:  ;:;:;:;:;:;:;:r'´       ゝ゚、z'   _ ,,,, -- ,,, _ヘ;:/
. /:;:;:  :;:;:;:;:r'´         _ ,,, --‐';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○}
./;:;:;:; :;:;:;:/´        _,r‐'´;:;:;:;''r‐'´       |  };´',´!,
;:;:;:;:;:;:;:;:;:/       ,,r´;:;:;:r'´             ノ ,|  ノ ヘ;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;|      /:;:;:r´         , , - ' ' ´,、/:; /|  ヘ;:;:;:;:;:;           断じて裏切りなどでは無い
ヽ;:;:;:;:;:;ヘ    /;:;:r,'       , , ' ' _,,,-7'´・´~ } |//    ヽ;;:;:;:;:
  `'''ヽ;:ヘ   /ヽ○/` 丶 _ , , ; '  _/;:; /` ー ´  | /ヘヽ    "z;:;:;:;:;        少しばかり……言葉が過ぎないかね、中佐
      ヽ_/: : : :":;:;ヽ、    _,,,r´;:;:;:;  `         |  入  z   "=;:;:;:
    /r'  `ヽ: :; ; ; ;:;`;:ー;:´;:;:;:;:;:'      ヽ      .|; ヽ \  三   {;:;:;:;:;:
    "z ヘ ´ヽ : ; ; ; ' ' ' ' '         r    / | ヘ  ヽ "   }:;:;:;:;:;
    ´7  ヘヽr ヽ ; ; ; ; ; ; ; ; ;     -=ヽ, /;     / |  |  ゞ   ;:;:;:;:;:;
   /,、   `\_ヽ ' ; ; ; ; ; ;              _   _/ ヽ|  |   ゝ   }:;:;:;
   ´,ト  "  | `;:;`、ヽ ; ; ;       , r '_´- ´  / ヽ ノ   |  /;:;:
   /:;:|  〆 | ヽ| ヘ |` 、 ; ;     ´ ´  ´ / 、ヽ / /|
 _,,ノ;:;:;:´|    |ヘ ヽ ヘ |  ` = 、 _    _  ノ  ヽ ヽ  } / ´ /







                   ¦
              \、__ト.、
             ,、r===>:.`ヽ`ヽト、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ):.:.:i:.レー-
 .   __,.、<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノヽ:.:.:ノ:.:.:⌒ヽ、
       >〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:ヘVイ:.:ヘ:.:`ヽ:.:.\
     /イ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヾイ.:.:.:.:.:ヾ:.ヽ:\ゝ         おぉ、怖いですね。睨まないでくださいよ大佐。私は小心者なのですから
    / 〃:.〃:.:.:.: /:.:./:.:/:.i!:.:|:.!  ∨:.:.:.:}:.:.:ヘj
     /:.:./.:.:/:./:.:イj:.リ:.八:.リ   j:i:.:.:.:.:ト:.ヾヽ        ですが……わたしの言う事は何も間違っていません。
      !/:.:イ:./≧x、lハj _,,リ≦二イ:j.:.:i:.:ハヽ\_
     ノレ´ム:イ∧ぐセオ}    弋ダノイ:.:.:リ }}ソヾ        少なくとも、正当性は私の方にあるという事を忘れずに
         |:.∧ハ   j      /イ:.:./ソ:/
         レ' リ八   <、      /イ/ハ:.:/
          ト、:ヘ  、_ _ ,  /イ   |`ヾヽ
         /リ;;;;\  -    ′   !;;;;ソ;}}
        ////;;;;;;;ヘ..___../  /  レク:ノ.:|
     _..,,,,,///´;;;;;;;;;;;;;ノ!       /  /::/ ..:j>,、_
 _.,、<://:::{:{:{;;;;;;;;;/´ j {    / /::/   /ト.,、<⌒>,、_
 :::::::::://>{ii{;;;;;;/          / {;;;;;{  / / {::::::::::...,、:<⌒>:.、_
 :::::::::{{ 〃∧ヽソー-- 、   __人__{;;;;{   イ {::::/´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
 ::::::::::::} ____,,ゞ:::::>、,,_____,,,、r==」k;;j_ ノ   ノ/:::::::::::::::::::::::::>"⌒ヽ:j
 ∨::::://O / /:::::::l:.:.:{:::}{:::}:::::::/:.:/⌒/ー-、 ノノ:::::::γ⌒ー"´     }}
  j::〆K  / /:::::::::l:.:.:.:`7´::::::/:.:/  / O ∨イ::::::::::ノ             ;j
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃おどけるように肩を竦める中佐。どこか人を小馬鹿にしたようにも見える仕草は如何なものだろうか

┃少しずつ大佐の心が煮え滾っていく。間違いなく苛立ちを感じているのだ



9846 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 21:56:38 ID:rgoinwmw0
ミストⅢ……言っておくけど、私彼の事大好きだからね?



    /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : }}: : : : :`:ヽ、
   ヘ||: : : : : : : , :r ,=_'_‐_´_ ` '‐= JL: : : : : : : : ヽ
  |: ||:||, - , = r´': / ,-, フ ` '_r‐>-、= -、: : : : : : }
  ヘ: >/竺ヽ}: : : r //:|´ r‐'´/   ヽ: : ヽ: : : /
  ヽ{ !焦ンノ 二 } ノニノ .ノ  人 /_ノ  \: :ヘ:/
   {`'‐'-´ ‐::´:`´ノ人、 ヽ ヘ ´ノ  、  ヽ-‐,ヘ、           で、建前はもう済んだのだろう?
   {/::´::::::::::::/{  ・ヽ, ノ、‐`/ `i     /   `\
   /:::::::::::, r ' ´  ヘ ノ   ヽ_,,、 !、   /       ` 、      そろそろ本題に入ろうではないか
  /,::: r'i´゚ノ     `       | \_ ノ         ヘ: :\
  '´  | `r _ - 、             |  /          /: : : :
     .| 'ヽ ワ '          | /          /ク: : : :
     |  `   _ , -― ' ‐_、  ヽ、     _ , - ‐ ': : : : : : : :
      ヘ  r_'´- ‐  ̄      r`ヽ、<: : : : : : : : : : : : : :
       ヽ            ノ  ヽ \: : : : : : : : : : : : : :
        ヘ       , ‐ ´´  ̄ ̄ >==≧: : : : : : : : : : : :
         ' - -, 、r = ´ _, - ‐_, '''''/: : : : : : : \: : : : : : : : :
          /‐=`|  r'´r―ツ ´ ~: : : : : : : :
         {-‐i .|, -'―': : : : : ○: : : : : : :
       rノ´=´ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    , r'r,´==´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :







:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.!      ヽヾ:.:.:.:ヽ:.:.:\:.:.:.
:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.      ヾ-.、:.:.:.:.:.:.:.:\
:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:ハ:.:.:.      斗‐V:.:.:i:.:.:.:.:
:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:/!: !: :|v:.::.   x≦,,≦-、V:.:|: : : :           えぇ、そうですね。いい感じに鬱憤も晴れましたので
: /: :.:.:.:. :/:/. V:N::. V: ::./,,ィ行:刋 ' :.:.|v:.:|: :
/: :/: : :.,:.:/  _ヾ从:. ヾ:::.   ゞ ´   !:j |:.:|:.::          それに、秘匿にしていた件についてはあまり気にしていませんでしたしね
:.:.:,:.:.:.:. _,/≠伝示 ヾ.、 `\      /' |: |:.::
:.:.ハ:.:.:.:!:.:.|. {゜ゞ夕 ヽ              八!: :
:ノ|:.!:.:. |:从:.、      i         ,       |:.::          本題に入りましょう。もちろん……彼のこれからについてですよね?
 |ハ:. :.|:.|:.:.:!:ヽ.    ゝ     ノ      .|:.:/
   V:.N ヾ:.:.:.ヽ    -   ´       /|/
   ヾ::.   \:ヽ:. 、    ´         /
.     ヾ    ヾ \:.>.、         ,
           //  .> _  イ
       x≦ ア/        ハ

9852 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/23(木) 22:00:01 ID:p.SrXTHw0
ぶっちゃけどっちも長い付き合いにしたくないからガリアかブリタニア所属になろうかなっと、とか言ってみたい

9853 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/23(木) 22:02:24 ID:EEbL/e820
そうだ、きらきーを故郷に送ってアフリカに行こう



9854 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 22:04:01 ID:rgoinwmw0
ははは、何処に行こうとうのだね?   逃げ場などないさ



                   _  ト、ト、
                  、ー‐ > ⌒ヽヽ }ノ
                 x≧´: : : : :'i:i:W: :ミ 、
               ,ィ7 : : : : : ; :/ `_ }: : :ヽ\
                   /: イ: : :メ}:/,ィッァ; : : : :ト、    r-、 _
                {/{: ! :<rッ{:' ¨´/: : :ム'ゝ  rくヽ}ート、}‐、
                |:ハ: :|、 ヽ__ /イ: /: /   _ン/へ/ハ /       私は、彼を今すぐに戦列に加えることを勧めます
                ' l:ハ!ヽ `ー ' 彡'ィ==x、ム/ヽ/ヽ/〉つ
                  j r― `iー ´{i{  /////r.、ヽ/ヽ       可能なら今すぐこの場で任官させ、正式な軍人としたうえで
               ィ7//|`!:.:.:.:|   |i| <///'⌒ヽV}¨`ヽ/}       作戦に従事してもらいたい……これが私の主張です
             r 7/{/>'ヽ}Yノ___/`ヽ)ハY   }/リ_` !/}
             八//|/ r,イY:弋ン {  //     ハ//ヽ }/
              _r┤ r==≠  |: : i!  l  ィ/ ,  ,  ヽ//ム}'
         ハⅥ 弋 ゝイi| ト.、 |: : i!  l ハ{ 〈  }   //´  }
        //∧`ー ≧xハ //ハ|: :i!  l/ ヽ  乂 //乂_ノ
        」///∧   . ィ∨/' ヽ!: : i!  { rっ乂ー ≦イ‐’
       八/////`77≦}  rっ|: : :i!  |      ̄   {≧x
        /  ヽ/////r ´ ィ  rっノ; : :i!   '. rっ    ノ///
        { `ー ̄ 丁´ /八  , ´/ : 八   }   ..<//, '
         、 ヽ   {   {///Vヽ/ :ノ } ヽ、.ハ ィ////> ´
        \  _、__ ヽ// /_`≧_'_≦ニ_}//_x≦、
          ヽ/, ⌒>/ヽ`_r≦x} {=  =}}  ノノ`ヽ{
            {〈 〃⌒ゝム )―‐ゝ`=≠'  ̄ ̄ `ヽ}
            乂'〈V´/_{ } /    ! !     ∨∧
             ∨ハへ Y ./    | |        ∨∧
             Vヽ、ノ‐'      '.ノ       ∨∧
                Y´        〈        }  ハ
              /           `へ      ∨ ∧
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言い終わると、ふとミスト中佐と眼があった

┃どこか優しさを感じさせる笑顔で青年を見据えている……何故か、その笑みは人を信じさせてしまう
┃魔性を秘めたその表情に悪寒が走る……なぜなら、彼は明確には口に出してはいないが
┃いますぐネウロイと戦えと言っているのだから



9862 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 22:08:21 ID:rgoinwmw0
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;仆''从,,、::::ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;''/'''从"''从    |;;;;;;/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;/;;''''/''''''仆           |;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彳"从''''         i ヘ    ,,,,,, |;;|、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡           ,, ノ  \,,;;;;''''''''''' } }       だろうと思ったよ。君の事だからね
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〃         ,,,,,,;;;;'''''/    / _,,!、´| }
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡    ,,,,,,,;;;;;;,;;'''''        ヘ=・― ,' |ノ           だが反対だ、却下だ。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彳    ,;;'' r ― '' _了 ゝ    ヽ、` ‐   }
、ヽ、;;;;;;;;;彡     '  ´-==・-‐'        `ヽ,   }
 iヽ '''';;;                         |   |
、 ` !!、                          / ̄/´   |
ヽ 、ヽ、i                    ` へ !´  、 |,,
 ヽ \ て        _,,,,, -''''           /`/: '',,
   \ \从       !ヽ'''――ー - ー ―ー-‐τ /: : : : ' ,,
" 〃 ヽ \ 从     ヽ,''‐、-‐- -‐ー-‐''フ´/ノ ./: : :    {
 " "〃 ヽ  、 从     ヽ 、` ''' ー ‐ ´_ノ  r'、: : , 〃 = ´ .
"',   〃  \ \.  !、= - 、   ` ""  ̄   /= {} }  "  { \ .
             ヽ  仆ヽヽヽ、    r 'ヘ  ノ=ノノ }
          ヽ i 从ヽヽヽヽ _/ rヽ=´ノi i ノ







        __`ミト、 ___
         >:  ̄ : : : : : :`ヽ
        /: : : : : {:ハヘヽ:\\:..
      -=彡: : : : ;ハ!  乂、: :. :ミ=-
     イ: : :.{:ハ从`弐二 从!:ヽミ=-        でしょうね、あなたならそう返すと思ってましたよ
      乂:Ⅵ{ハ   ゞ'"  ノイ.:|: :|
       }:∧メソ          | :!: :!         それでは予定通り、話し合いと行きましょうかね
      ノハ∧ ヽ`  ‐    ,ハ:|:/_
           込 ' <ニ>  / ハ7777ミト、:..、
            从\ ー  .イ   ∨////∧}::::i
           /:::> -イ       ヽ-、///ノ::::|-v-ミ
          」:::::{{//ハ、\     }  >ミ:ノ:::}}:::::::::}、
        .::-<:::::ヽ::ヾ!ー――― -、  r'_,ヘヘ⌒ヽ::::::::/  ̄ }_
     /:::::::::::\::::>=、ミ========{{ ̄}}: : :. '. ゞィi:/     .レ}_
      {::ヘ=====ノノ⌒ヽ: : :|    `〒´: : : } l   |:〉_ / ノ`:::.、、
    /       }::O)   \|       |: : : : :.! |  /'  彡'  /:;ヘヽ}
    >、     |:::|     ヽ     |: : : : :.| | ./ } ̄    ./:/∧.ニ!
.   〈 ー―'  人::\      }    |: : : : :.| |/  .ト、___ノノ./:::::::/ \
   <{、  _/ 个ト、\   .|    |: : : : : Y   .| `ー、彡 '::::::: /    \
   r} ::`ー――‐彡ヽ三\\  .!     !: : : : : i|   !   `ー―'"/´     !
   `ヽ::} 二二二二{ \  ヽ ヽノ    !: : : : : i!   〉       `y'     /
   〈::/ ノ:::::::::::::::/  .} `  }`i.    |: : : : : i|  / ヽ       /     /
     `ー――'"{   .|   |:::!    .!: : : : : i!      }.     /     /
     |      .!    .!   !:::!    /ヽ: : : : ト、   /   /     /

9869 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 22:16:49 ID:rgoinwmw0
        ヽ三三三三三三三三二\
     ミミヽ {  \三三三三三三二=ヽ
   /三三ニ:::::::\__ ̄三三三三ニ/         彼の貴重性を理解しているのか、君は?
ニ/三三三ニトゥ/  乂三二~☆   /
三\三三三ニヽ{  { ・ >三三三三l}ー‐、        神話にしか語られていなかった存在をそう易々と戦場に送れるものか
三二\三三三ヾ  `=   ,: ̄=="三三l}
三三三\三三ニヽ    ''    /三三ニ/ヽ        それに、ネウロイを倒したとしても彼はろくに訓練何一つ受けていない
三三三三\三ニ \ヽ===' /三三ニ/三ヽ
三三三三三\三三 `ー―三三三三/三ニ》
\三三三三三\三三三三三三ニ/三三/
三\三三三三三ヽ三三三三ニ/三三三t、
三三\三三三三ニ\○三ニ/孑'三三三三ヽ
三三三\三三三三三三三 {l三三三三三ニ/,
三三三三ヽ三三三三三三/三三三三三三/
三三三三三/三三ノ三ニ/三三三三三三l}
三三三三ニ/三三/ニ /三三三三三三三l}




                   ¦
              \、__ト.、
             ,、r===>:.`ヽ`ヽト、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ):.:.:i:.レー-
 .   __,.、<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノヽ:.:.:ノ:.:.:⌒ヽ、
       >〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:ヘVイ:.:ヘ:.:`ヽ:.:.\
     /イ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヾイ.:.:.:.:.:ヾ:.ヽ:\ゝ
    / 〃:.〃:.:.:.: /:.:./:.:/:.i!:.:|:.!  ∨:.:.:.:}:.:.:ヘj
     /:.:./.:.:/:./:.:イj:.リ:.八:.リ   j:i:.:.:.:.:ト:.ヾヽ
     !/:.:イ:./≧x、lハj _,,リ≦二イ:j.:.:i:.:ハヽ\_
    ノレ´ム:イ∧、___}   、___,ノイ:.:.:リ }}ソヾ        えぇえぇ、そう通りです。かれは凄く貴重ですからね
        |:.∧ハ` ̄¨j    ` ̄´イ:.:./ソ:/          なにせ、魔力を持った男性なんて神話上の生物ですから
        レ' リ八   <、      /イ/ハ:.:/
         ト、:ヘ   __     /イ   |`ヾヽ        ですが……宝の持ち腐れですね。大事に保管してても壊れてしまっては意味が無い
           ./リ;;;;\´ - `  ′   !;;;;ソ;}}
          .////;;;;;;;ヘ..___../  /  レク:ノ.:|
     _..,,,,,///´;;;;;;;;;;;;;ノ!       /  /::/ ..:j>,、_
 _.,、<://:::{:{:{;;;;;;;;;/´ j {    / /::/   /ト.,、<⌒>,、_
 :::::::::://>{ii{;;;;;;/          / {;;;;;{  / / {::::::::::...,、:<⌒>:.、_
 :::::::::{{ 〃∧ヽソー-- 、   __人__{;;;;{   イ {::::/´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
 ::::::::::::} ____,,ゞ:::::>、,,_____,,,、r==」k;;j_ ノ   ノ/:::::::::::::::::::::::::>"⌒ヽ:j
 ∨::::://O / /:::::::l:.:.:{:::}{:::}:::::::/:.:/⌒/ー-、 ノノ:::::::γ⌒ー"´     }}
  j::〆K  / /:::::::::l:.:.:.:`7´::::::/:.:/  / O ∨イ::::::::::ノ             ;j

9884 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 22:29:22 ID:rgoinwmw0
                          |!
                  ー、- 、  |:ヽ
                  _ ヾ:.:.ヽゝ:.:ヽー:.、 i\
             ,rー<´ー:.:.―:.:.:.ヽ:.:ヽ:.:.ヽ:.ヽ.ヤヘ
            />:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:ヽ',:.:.:゙i:ヘ|:.:.}
          /:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.ヽ:.:i:.:.!:.ノ―ー:.、
       ,、<´:.:.;:.:.:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:. ̄ ̄-一:.:.:.|ヽ:.:.:.:!:.∠,_:.:.:.:.:.:.:.\         訓練を受けてない? ならば受けませましょう、今すぐに
    ー=ャ:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:;iヾi:.:.rヽヘ:.:.:.:ヽヘ:.、:.:\
.       /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:;!:.ヘV:ヤヽ`:.ヽ:.:.:.:ヽヘ、 ヾ\     そして戦ってもらいます、それが貴重な貴重な「ウィザード」でもね
    /:; //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.l:.|≧:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:ヽヘ`ヽヽゝ
   //,:':./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:i:.:.: l:.|   ヤ:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:ヘ:.ヘ:.i  ゙ヽ    あなたは彼を安全な場所で保存したいようですが、諦めてください
.  //  i:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:ム:.:.:!:.|    ヤ:.:.:.:i:.:.:.ヘ:.:.:.ヘ:.:.:|i
 /    {:.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.,イ:.:,i:.:.:,i:.:.:/ ヤ:.:|';i    |:.:i:.:.i:.:.:.:.ヘ:.:.:.:ヘ:ム      今は少しでも多くの戦力が必要なのはわかってますよね?
.      /:./:.:.:.:.i:.:.:.:./、///.i:.:/}:./  ヤ:|,,!ィf彡´ }:.,':.:i:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.ミ=-
.     ,!イ:.:.シ´イ:.:.:.|メッ≧ュ、.l:.|. ',:| ,ィ≦fァャェ;、  }/|:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ:.\
.   ∠f‐/´//:.:.:.!:.:.:ム ,r´ア;;;;ャ';|  l  ̄了 frイ;;;タゝ/ .j/l:.:.:.:.:,'ヾ、:.:.:.:> ̄
.    |/ . {/i:.:.:ム:.:.:.:i ヽゞジノ      ー`¨´ ' / / .j:.:.:i:.:hヽ }:.ノゝヽ     守りたいなら剣をとり、戦え。
        |:.:./ ヤ:.:.:l       l                /:.:.:i:./ソソ/
        レi|  ヤ:.:.',       j               /:.:.:.//ノ´:/        昔から言われてる言葉ですよ
              i:.:i:.ヘ     ヽ          /:,j:.:/ナ|:.:/
           i:.ハ:.:ヽ                 '´フ:/  .|:/`i!ヽ、
               |! ヘ:ヤ\  ー ---─'     /レ'    |:::::::::::::::ヘ
           /: ヘ|/\   ̄      /   ,    |::::::::::::::::i :l
             ,::': : : /:::::::::::\       /    /   |::::::::::::::/: :|
           /: : :./::::::::::::::::::::::i  ー  ´     /.     |/::::./: : ::|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃口早に大佐へと食いつく中佐。階級など気にしてないような素振り

┃ピエロの様に馬鹿にした身振り手振りで至極真面な正論を投げかける

┃それに対して言い返す新城だが、状況は圧倒的に不利に傾いているのは分かっていた



9902 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 22:38:02 ID:rgoinwmw0
     /::::::::_..‐´::::::::::::::::::::::::..-‐ ′            `' 、::::::ヽ
    /_..‐´::::::::::::::::::::::::::::::_..-'"      _,,l「 l1‐-――‐‐-...`l、
  /_..‐´::::::::::::::::::::::::_..‐´    ,,..-‐''´ ゝ-'′_ ,,...............,,, ヽ/..
  \::::::::::::::::::::::_..‐´  _.._..-‐''   __....-‐'''::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   \::::::::::::::_..‐´′ ,- ′ _..-‐''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_.,,,,,,._.._,,,, ノ、
    \::::::ィ''´  /  ...‐" :::::::::::::::::::::::::::::::::::  ,, .ニ/--、ノ゙i      ウィザードを死なせてしまっては人類にとって大きな損失となる
      \  /  ィ''´::::::::::::::::::::::::_..-‐'' / /ハノ   ゚,‐´ , ゙i′
       \ j丿 'ぃ―f ......--''¨___ 'く   〈' ⌒゙゙゙゙゙ ''´   i丶     我々はネウロイに抗う術をなくしてしまうかもしれないんだぞ?
        l''、,,-':;:;:;:; !'''′ エ ̄ ゚ ,/ /    ゙i       i〉  .
        ./ 、:;:;:;:;:;〔    ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙__ィ   ゙i       lソ     目先の利益に惑わされるのはどうかと思うがな
         ノ( `ゝ:;:;:;:;卜 ‐            / ゙iヽ      l \、
       / ( ヽ ` 巛    、  ..‐-、   ゞ‐゙'ノ ..,,    li!i!i!i!i!l`\
    ,ノ"  ヘ     ゝ 、 ` / 〕ゝ - ' ..-‐'' `   "'‐-、  li!i!i!i!i!l '、\
    / 、´ r广´` 、   ‐ 、、  /  / │‐..'′   ,,.. _''__.....-..〉 ノi!i!i!i!i!l  '、
  /..''j ''´、 厂  ''ー 、 .._  '、! .. ´′     ,,< r'-―゙´""゙゙゙゙〕|i!i!i!i!i!l   '、
../ ノ'( r'      i!/:;TTTヽ  ’ ;''゛  、 ..-"´      _,,....ri!i!i!i!i!i!i!l  ´
''  丿 ヘ   "ヽ.. ''i!i!i!i!i!| | | | '、 ' /   '"  ゝ '/....:--´゙゙`ノi!i!r--i!""
 i |,   ''    ゝ   ゙!i!i!i!i!i!i!i!i!i!l  '´   ./   ..-'゙^‐ゝ、  /´i!i!!'′、  ´
.. ⊥    ミ      . ''゙くi!i!i!i!i!l  i  ./   、     (-!′ '´ ''-´ ..ィ ッ









    /: : :,イ: : : : : :/: : : : {: : : : : : :|: : ∧: : ∧: :}: : : : i : :
  /: ://: :/: : : /: : : : : :/: : /:.: : :.|: /i:i:i}:/:i:i:}: :!: : : : : : :
. /:イ/: /: : :./: : : /: : : /: {: : /: : : : ハ:}`ヾ/ ""!:,' : : : }: ヽ
    /:./:.: : /, : : /: :.//:/l : {i: ハ: / }|      !': : : : :|: : :\
. -/7: : //: : /: :.ムz≠彡': :从{ .仁≧i.、 __,/: : : : : !: :ヾ
   /: / :/: : /{/,ィ竓斥ミ、乂   ,ィ彡芋斥ト、.': /:/: : :i :{ : :\     抗う術ですか? おもしろいですねぇ、実に笑えます
.  // /{: : :ハ `   ()jc)_, ヽ  、 、__ ()zc) ,》:/:/ : : : !ヽ、:
 /' /イ: /|: :/: : } `¨二彡 .::ノ  `ー==  ̄"7:/:/ : : /:/ }:\     「後の得」なんて考えてもここで全滅したら全て水の泡、なーにも残りません
.    /:/;;;;!/{: : : !   ̄    《        ̄ ./イ:/}: : /:/ 〉.ノ: }
   {/};;;;;/;;l : : ハ         ` 、     ,ィ ノ' !:./:/ ./:/     大事なのは今! 現実で、目の前の状況を打開する事です
 /./. `¨¨´|: }: :∧   r 、_____  ..イ}   /:/:/‐': /
´         乂!/: {丶   ∨ー―――‐彡'  /:/i/: /}/
_.          ∨:i  \ ヽ二二二二./ /:/ / _
_>-、.       __Ⅵ-、  \   ‐―    /;;乂f: ̄:/   ̄  \
. /: : :.\__ / }リ: :}`ー-:ヽ、 __ /;;;;;  /} : : {  ___   \
/: : : /: : : : :{  }: : /: : : : :}、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'' / :!: : :.! `ー― "
: : : /: : : : : : :i  i: /: : : : : :ハヽ  /     ./ :|: : : !
: : /: : : :r‐'¨¨! {:{ : : : : __}  {    /  :ノ: : :.|
: :.{: : :./    〉'⌒ヽ./ー― 、 `   , -- / ̄ ̄: `ー:、__
: :.i: :./  r―": : : : : :}ミ===fニニニミ===彡': : : : : : : :_;_: :ヽ: : :
: : ! :{  / r‐、´ ̄ ̄}:!.    |} {i  }|   /:/ ̄ ̄ ̄r‐、}: : : : : :

9913 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 22:44:02 ID:rgoinwmw0
        ⌒> / /  /       .イ八    ヽ |人
        / /  / :/ /   ' /  /从ハハ  i|  i|从 乂__
,__      /, /  /: :/: :/: : / /: :/. イ: :〃   刈 : :|  i| | \乂__
ニニ=ー/∠/  /: :/: :/ / /:/: :/ '. :|: :i|     | : : i|  i| |: :\ 乂 __     あなたが一番理解なさっているはずですよね、大佐?
.ニニニ./Ⅵ/ : : : : / :/ / |/| ' //| 从    」| : : '|: : i|八: : 乂ニニ
ニニニ/ニ|/ : .イ: : ' イ弍≧ト.」/ /  Ⅵ」L斗i≦ |: :/ |: : i|</∧ーニニ     今の我々の状況を、自分達がどれだけ危ういかを。
ニニニニ///,|: : |: :|  弋ヒツト、   」x代チツ. リ/: : : :八/| | |ニニニニ
ニニニ゚/| | |//|八| ∧   `¨¨´ ノ}:::.   `¨¨´ イ/: ://∧//| | ト、ニニニ     その眼で見てきたあなたなら分かってるはずです
ニニ::/ :| | |//|  | i|∧            ノ/イ/イ/////| | |∧ニニ
ニニニ/: ::| | |//|/∧ |i |ゝ    r -== 、   イ// / |////| | |: :‘,ニ
ニ-/ : : | 八///] ハ八い\  { :.:.:.:.:.:.: }   イ/'   ∧'/// //:|: :‘,ニ     我々にはもう、手段を選んでいる時間はないんですよ
二{. .: :::|《/∧//l _     丶` ー‐‐ .イ   ___ ∧/// //:| |:.|: }ニ
ニニヽ : : ∨/,∧/|      \} ` ー'’ {/    ∧// //: :| L|.イニニ
 ノ `ヽ :∨/,∧ト,      `        ´     / ////}:: :|イ´i|ニニ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そう言うと、いきなり中佐がこちらを見てきた

┃こんどは一変、真剣な表情で青年を視線に捉えたまま近づいてくる



9922 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 22:47:39 ID:rgoinwmw0
:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.!      ヽヾ:.:.:.:ヽ:.:.:\:.:.:.
:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.      ヾ-.、:.:.:.:.:.:.:.:\
:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:ハ:.:.:.      斗‐V:.:.:i:.:.:.:.:
:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:/!: !: :|v:.::.   x≦,,≦-、V:.:|: : : :
: /: :.:.:.:. :/:/. V:N::. V: ::./,,ィ行:刋 ' :.:.|v:.:|: :       ウィザードさん、あなたはここに今何人のウィッチが駐留してるかご存知ですか?
/: :/: : :.,:.:/  _ヾ从:. ヾ:::.   ゞ ´   !:j |:.:|:.::
:.:.:,:.:.:.:. _,/≠伝示 ヾ.、 `\      /' |: |:.::
:.:.ハ:.:.:.:!:.:.|. {゜ゞ夕 ヽ              八!: :
:ノ|:.!:.:. |:从:.、      i         ,       |:.::
 |ハ:. :.|:.|:.:.:!:ヽ.    ゝ     ノ      .|:.:/
   V:.N ヾ:.:.:.ヽ    -   ´       /|/
   ヾ::.   \:ヽ:. 、    ´         /
.     ヾ    ヾ \:.>.、         ,
           //  .> _  イ
       x≦ ア/        ハ






         ____
       ,. -'"´      `¨ー 、
      /             \
    /                ',      えーと、確か……8人、でしたっけ?
   ./    U         , -‐ 、     ',
   l  ___ノ   '´     \   .l
    l  ( 乂ソ  ノ    ヾ==ツ     l                  えぇ、正解です。この基地には陸空含めて8人のウィッチがいます
   .',    ,      ヽ  lilil u   /
     \   l   人_,/l      /`ヽ
   /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
  ./                     l

9936 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 22:56:23 ID:rgoinwmw0
                   ¦
              \、__ト.、
             ,、r===>:.`ヽ`ヽト、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ):.:.:i:.レー-
 .   __,.、<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノヽ:.:.:ノ:.:.:⌒ヽ、
       >〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:ヘVイ:.:ヘ:.:`ヽ:.:.\        それでは少しお話をしましょう
     /イ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヾイ.:.:.:.:.:ヾ:.ヽ:\ゝ
    / 〃:.〃:.:.:.: /:.:./:.:/:.i!:.:|:.!  ∨:.:.:.:}:.:.:ヘj         こんな卑劣そうな私でも階級は中佐でしてね、一つの航空中隊を任されてました
     /:.:./.:.:/:./:.:イj:.リ:.八:.リ   j:i:.:.:.:.:ト:.ヾヽ
      !/:.:イ:./≧x、lハj _,,リ≦二イ:j.:.:i:.:ハヽ\_     航空小隊が4機、それを3小隊分が中隊となるので計12機もの少女の命を任される身です
     ノレ´ム:イ∧ぐセオ}    弋ダノイ:.:.:リ }}ソヾ
         |:.∧ハ   j      /イ:.:./ソ:/
         レ' リ八   <、      /イ/ハ:.:/        訓練校をあがったばっかの新人も居ましたが……それでも優秀なウィッチたちでしたよ
          ト、:ヘ  、_ _ ,  /イ   |`ヾヽ
         /リ;;;;\  -    ′   !;;;;ソ;}}
        ////;;;;;;;ヘ..___../  /  レク:ノ.:|
     _..,,,,,///´;;;;;;;;;;;;;ノ!       /  /::/ ..:j>,、_
 _.,、<://:::{:{:{;;;;;;;;;/´ j {    / /::/   /ト.,、<⌒>,、_
 :::::::::://>{ii{;;;;;;/          / {;;;;;{  / / {::::::::::...,、:<⌒>:.、_
 :::::::::{{ 〃∧ヽソー-- 、   __人__{;;;;{   イ {::::/´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
 ::::::::::::} ____,,ゞ:::::>、,,_____,,,、r==」k;;j_ ノ   ノ/:::::::::::::::::::::::::>"⌒ヽ:j
 ∨::::://O / /:::::::l:.:.:{:::}{:::}:::::::/:.:/⌒/ー-、 ノノ:::::::γ⌒ー"´     }}
  j::〆K  / /:::::::::l:.:.:.:`7´::::::/:.:/  / O ∨イ::::::::::ノ             ;j




┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃青年い質問すると今度は自分の過去を話し始める

┃確か彼は空軍の中佐だと言っていた。中佐ともなればそうとう優秀だ
┃士官候補生でも彼の地位に上り詰められるものは数少ないのだから



9949 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 23:03:58 ID:rgoinwmw0
        __`ミト、 ___
         >:  ̄ : : : : : :`ヽ
        /: : : : : {:ハヘヽ:\\:..
      -=彡: : : : ;ハ!  乂、: :. :ミ=-
     イ: : :.{:ハ从`弐二 从!:ヽミ=-
      乂:Ⅵ{ハ   ゞ'"  ノイ.:|: :|               そこに居ます新城大佐は、扶桑遣欧陸軍の一団を任される程の手腕をお持ちです
       }:∧メソ          | :!: :!
      ノハ∧ ヽ`  ‐    ,ハ:|:/__             彼は独立部隊として飛行中隊と戦車中隊を率いて国内に残る難民を撤退させるべく
           込 ' <ニ>  / ハ7777ミト、:..、         リバウ基地からカールスラント領土へと進軍しました……
            从\ ー  .イ   ∨////∧}::::i
           /:::> -イ       ヽ-、///ノ::::|-v-ミ     彼が率いてたウィッチの総数は25人。かなり大規模の部隊です
          」:::::{{//ハ、\     }  >ミ:ノ:::}}:::::::::}、
        .::-<:::::ヽ::ヾ!ー――― -、  r'_,ヘヘ⌒ヽ::::::::/  ̄ }_
     /:::::::::::\::::>=、ミ========{{ ̄}}: : :. '. ゞィi:/     .レ}_
      {::ヘ=====ノノ⌒ヽ: : :|    `〒´: : : } l   |:〉_ / ノ`:::.、、
    /       }::O)   \|       |: : : : :.! |  /'  彡'  /:;ヘヽ}
    >、     |:::|     ヽ     |: : : : :.| | ./ } ̄    ./:/∧.ニ!
.   〈 ー―'  人::\      }    |: : : : :.| |/  .ト、___ノノ./:::::::/ \
   <{、  _/ 个ト、\   .|    |: : : : : Y   .| `ー、彡 '::::::: /    \
   r} ::`ー――‐彡ヽ三\\  .!     !: : : : : i|   !   `ー―'"/´     !
   `ヽ::} 二二二二{ \  ヽ ヽノ    !: : : : : i!   〉       `y'     /
   〈::/ ノ:::::::::::::::/  .} `  }`i.    |: : : : : i|  / ヽ       /     /
     `ー――'"{   .|   |:::!    .!: : : : : i!      }.     /     /
     |      .!    .!   !:::!    /ヽ: : : : ト、   /   /     /

9956 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 23:18:24 ID:rgoinwmw0

:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.!      ヽヾ:.:.:.:ヽ:.:.:\:.:.:.
:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.      ヾ-.、:.:.:.:.:.:.:.:\
:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:ハ:.:.:.      斗‐V:.:.:i:.:.:.:.:     基地で待機していた私達にある指令が下ります
:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:/!: !: :|v:.::.   x≦,,≦-、V:.:|: : : :
: /: :.:.:.:. :/:/. V:N::. V: ::./,,ィ行:刋 ' :.:.|v:.:|: :    難民の撤退を誘導している扶桑皇国軍の支援をしろとの内容でした
/: :/: : :.,:.:/  _ヾ从:. ヾ:::.   ゞ ´   !:j |:.:|:.::
:.:.:,:.:.:.:. _,/≠伝示 ヾ.、 `\      /' |: |:.::    それだけではありません。彼らに付き添い、そのままカールスラントを脱出しろとも言われました
:.:.ハ:.:.:.:!:.:.|. {゜ゞ夕 ヽ              八!: :
:ノ|:.!:.:. |:从:.、      i         ,       |:.::
 |ハ:. :.|:.|:.:.:!:ヽ.    ゝ     ノ      .|:.:/   我々は機動車やもてうる限りの資材を持って出発。何事もなく合流に成功しました
   V:.N ヾ:.:.:.ヽ    -   ´       /|/
   ヾ::.   \:ヽ:. 、    ´         /
.     ヾ    ヾ \:.>.、         ,
           //  .> _  イ
       x≦ ア/        ハ

9966 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 23:29:57 ID:rgoinwmw0
  /;:;:;:;'  ;:;:;:;:;:;:;;:;:r‐'     _,-v、            ヽ;:;:;:;/
 /;:;:;:  ;:;:;:;:;:;:;:r'´       ゝ゚、z'   _ ,,,, -- ,,, _ヘ;:/
. /:;:;:  :;:;:;:;:r'´         _ ,,, --‐';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○}
./;:;:;:; :;:;:;:/´        _,r‐'´;:;:;:;''r‐'´       |  };´',´!,              ボズナニア近郊で逃げ遅れた難民たちを回収に成功
;:;:;:;:;:;:;:;:;:/       ,,r´;:;:;:r'´             ノ ,|  ノ ヘ;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;|      /:;:;:r´         , , - ' ' ´,、/:; /|  ヘ;:;:;:;:;:;         我々はリバウ基地へと戻るべく撤退を開始した
ヽ;:;:;:;:;:;ヘ    /;:;:r,'       , , ' ' _,,,-7'´・´~ } |//    ヽ;;:;:;:;:
  `'''ヽ;:ヘ   /ヽ○/` 丶 _ , , ; '  _/;:; /` ー ´  | /ヘヽ    "z;:;:;:;:;
      ヽ_/: : : :":;:;ヽ、    _,,,r´;:;:;:;  `         |  入  z   "=;:;:;:
    /r'  `ヽ: :; ; ; ;:;`;:ー;:´;:;:;:;:;:'      ヽ      .|; ヽ \  三   {;:;:;:;:;:
    "z ヘ ´ヽ : ; ; ; ' ' ' ' '         r    / | ヘ  ヽ "   }:;:;:;:;:;
    ´7  ヘヽr ヽ ; ; ; ; ; ; ; ; ;     -=ヽ, /;     / |  |  ゞ   ;:;:;:;:;:;
   /,、   `\_ヽ ' ; ; ; ; ; ;              _   _/ ヽ|  |   ゝ   }:;:;:;
   ´,ト  "  | `;:;`、ヽ ; ; ;       , r '_´- ´  / ヽ ノ   |  /;:;:
   /:;:|  〆 | ヽ| ヘ |` 、 ; ;     ´ ´  ´ / 、ヽ / /|
 _,,ノ;:;:;:´|    |ヘ ヽ ヘ |  ` = 、 _    _  ノ  ヽ ヽ  } / ´ /






                、
               -ミ\:≧-: 、ヾ.|
             ,. . : :≦: :`:.ヽ: \ : ノ!彡 ̄ミ: . .、
          __/: : : : : : /: : : : : У: :彡: : : ミ:、ヾ
         >: : : : : : :._: : -:ミ: : : : : /: : : : : :.ヾ\
         /7': : /: : : : : /: : : : }: : :/: : : _: : : : 八::ヾ
     _ 彡': :/: : /: : : :/: :/:/从:.:/r‐:.': :.ハ: : : : : ::.
        〃:/ : 彡': : : : ,: :.从iゞゞヾ:.i:|: : : : : \: : ::≧=-        ボズナニアを出て二日目、そこで我々はネウロイ達の攻撃を受けました
      -=≦: :/:ノ: :.:.:ィ:i: :,|:!    ノ|!: : : : ヾ:.、≧ー::.
      _|:/ 彡:.ァ‐ミ<!从 i.!:!   __'__! :.!: : : :ハ: :≧ー: :\    いえ、攻撃なんていう言葉では言い表せませんね。殲滅されたというべきでしょうか
       |ハ:///: :i:.弋弐 Nヾ=ァ示≦、厂「: : 小:.、: : :、: \ヾ
       { { i/ !从:!  /    `ヾ'-イ//!: :.j !ヽ.:\: :>-ヽ
            | { 八 、'       /'〃/,.:.:./リ} !: :∠
             !ト ヽ       ノ' /:イ':/.ノ彡 ⌒
            _|i.‐ヽゝ=-     ノ' ノ- ゞ'' !ミ. 、
          ,x≦ニニハ      ≠      .|=j. \
        __i彡≦>≦ニ≧z r≦    〃   .ノ=:!   弋≧.、-、
        Yニ/三三三三三={.    //  ,;仁/     ヽi  |!
          .ノ|ニ{!:三三三≫ ´.:iヾ   , /  ,,仁シ      ! !  !/
       / fiⅦ!三:≫ ´    ノ  .// ,.イ=./      / :/ ,x≦
..     i  .f==〈/:.:i  ヽ、  /  ../ ,,:仁/        , ../,:仁二
      /!  /  ./:.:.:ハ   ヽ __.r≦彡 '        / /,:仁ニニ
     _V .,: ../:.:.:/:ハ.     ´ iニ:{        イ{ .//ニニニニ
    i ヽ ,!  ,:.:.:/: : : : r..、.___ _.V:::.         イ ノ  ,.,仁ニニニニ
.... /_| !:| :! ,:.:.:, : : : : 《〃ノハ:.:.}:V∧   // :/  i《ニニニニニ
 ,:仁='| v.::| .,:.:./: : : : : 〃¨´:.:.:,.:': : 》:∧- ' { ,     }!寸ニニニニ
. i_:|ニ!ヽ  ::|..i:./: : : : : 〃:.:.:.:.:./: : :/彡:\ ____    .|! 寸ニニニ

9971 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 23:39:02 ID:rgoinwmw0
                   _  ト、ト、
                  、ー‐ > ⌒ヽヽ }ノ
                 x≧´: : : : :'i:i:W: :ミ 、
               ,ィ7 : : : : : ; :/ `_ }: : :ヽ\          倒しても倒しても続々と後衛のネウロイ達がむらがってくる
                   /: イ: : :メ}:/,ィッァ; : : : :ト、    r-、 _
                {/{: ! :<rッ{:' ¨´/: : :ム'ゝ  rくヽ}ート、}‐、  何度ウィッチたちが出撃を繰り返し、跳ね除けても二倍三倍四倍
                |:ハ: :|、 ヽ__ /イ: /: /   _ン/へ/ハ /
                ' l:ハ!ヽ `ー ' 彡'ィ==x、ム/ヽ/ヽ/〉つ 私達を覆い囲むようにネウロイの大部隊が向かってきました
                  j r― `iー ´{i{  /////r.、ヽ/ヽ
               ィ7//|`!:.:.:.:|   |i| <///'⌒ヽV}¨`ヽ/}  リバウ基地への撤退を不可能と判断した時には
             r 7/{/>'ヽ}Yノ___/`ヽ)ハY   }/リ_` !/}  ウィッチ部隊に多数の重傷者が出てました
             八//|/ r,イY:弋ン {  //     ハ//ヽ }/
              _r┤ r==≠  |: : i!  l  ィ/ ,  ,  ヽ//ム}'
         ハⅥ 弋 ゝイi| ト.、 |: : i!  l ハ{ 〈  }   //´  }
        //∧`ー ≧xハ //ハ|: :i!  l/ ヽ  乂 //乂_ノ
        」///∧   . ィ∨/' ヽ!: : i!  { rっ乂ー ≦イ‐’
       八/////`77≦}  rっ|: : :i!  |      ̄   {≧x
        /  ヽ/////r ´ ィ  rっノ; : :i!   '. rっ    ノ///
        { `ー ̄ 丁´ /八  , ´/ : 八   }   ..<//, '
         、 ヽ   {   {///Vヽ/ :ノ } ヽ、.ハ ィ////> ´
        \  _、__ ヽ// /_`≧_'_≦ニ_}//_x≦、
          ヽ/, ⌒>/ヽ`_r≦x} {=  =}}  ノノ`ヽ{

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃まさか、リバウ基地を攻略しようとネウロイ側が送り込んだ攻略部隊と鉢合わせするとは
┃だれも予想していなかった。

┃進路の途中にいた彼らの部隊は即座に包囲され、ウィッチたちと激しい戦闘を繰り広げる事になるのだが
┃結果は散々な物だ。なにせ、あっちは幾らでも補充されるのに対してこちらは損耗する一方なのだから



9973 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/23(木) 23:46:48 ID:rgoinwmw0
                、
               -ミ\:≧-: 、ヾ.|
             ,. . : :≦: :`:.ヽ: \ : ノ!彡 ̄ミ: . .、
          __/: : : : : : /: : : : : У: :彡: : : ミ:、ヾ
         >: : : : : : :._: : -:ミ: : : : : /: : : : : :.ヾ\
         /7': : /: : : : : /: : : : }: : :/: : : _: : : : 八::ヾ
     _ 彡': :/: : /: : : :/: :/:/从:.:/r‐:.': :.ハ: : : : : ::.
        〃:/ : 彡': : : : ,: :.从iゞゞヾ:.i:|: : : : : \: : ::≧=-
      -=≦: :/:ノ: :.:.:ィ:i: :,|:!    ノ|!: : : : ヾ:.、≧ー::.
      _|:/ 彡:.ァ‐ミ<!从 i.!:!   __'__! :.!: : : :ハ: :≧ー: :\      そこからはもう、語るも無惨と言う奴ですね
       |ハ:///: :i:.弋弐 Nヾ=ァ示≦、厂「: : 小:.、: : :、: \ヾ
       { { i/ !从:!  /    `ヾ'-イ//!: :.j !ヽ.:\: :>-ヽ    来た道を反転するもネウロイは追撃隊を組織し攻撃を仕掛けてくる
            | { 八 、'       /'〃/,.:.:./リ} !: :∠
             !ト ヽ       ノ' /:イ':/.ノ彡 ⌒       難民を連れた状態では進軍速度も遅く、どんどん落ちていくウィッチたち
            _|i.‐ヽゝ=-     ノ' ノ- ゞ'' !ミ. 、
          ,x≦ニニハ      ≠      .|=j. \        そこから北欧からネウロイが、ベルリンからもネウロイが……
        __i彡≦>≦ニ≧z r≦    〃   .ノ=:!   弋≧.、-、
        Yニ/三三三三三={.    //  ,;仁/     ヽi  |!   少なくなった難民を連れて私達がここに着いた時には、8人
          .ノ|ニ{!:三三三≫ ´.:iヾ   , /  ,,仁シ      ! !  !/
       / fiⅦ!三:≫ ´    ノ  .// ,.イ=./      / :/ ,x≦   そのうち一人は途中で墜落してたのを運よく発見しただけ
..     i  .f==〈/:.:i  ヽ、  /  ../ ,,:仁/        , ../,:仁二
      /!  /  ./:.:.:ハ   ヽ __.r≦彡 '        / /,:仁ニニ  
     _V .,: ../:.:.:/:ハ.     ´ iニ:{        イ{ .//ニニニニ
    i ヽ ,!  ,:.:.:/: : : : r..、.___ _.V:::.         イ ノ  ,.,仁ニニニニ
.... /_| !:| :! ,:.:.:, : : : : 《〃ノハ:.:.}:V∧   // :/  i《ニニニニニ
 ,:仁='| v.::| .,:.:./: : : : : 〃¨´:.:.:,.:': : 》:∧- ' { ,     }!寸ニニニニ
. i_:|ニ!ヽ  ::|..i:./: : : : : 〃:.:.:.:.:./: : :/彡:\ ____    .|! 寸ニニニ

10000 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/23(木) 23:58:37 ID:gLMub.W20
>>10000なら祇堂鞠也(まりあ†ほりっく)登場

16 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 00:00:26 ID:DOMiVyu.0
前スレ10000とった人……なんか見覚えがあるんだが

あれって、最初の方で10000取って出して見せるって言ってた人かな?



28 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 00:05:53 ID:DOMiVyu.0
  /  : :l   | |    / / ,′  !   l        l   ! ヘ,   |    |: :  |
  !i  : :|   ト、|    |{  {   |  |      リ l |  |   |    |.:  l
  |!. : :|   | |   ! ヽ、| ヘ !   |   イ_l. ,/ ノ }  |  !    |.:  |
  |  : :.!   弋 l     |、├、「ヽヘ人  !  // ムT7≠トイ|   |   ,′     !: :  |
  ',  : :|   ヽi     l,ヘ|t=ヽ=ミ、 \|l,イ/'´ィ仁≠=メミ.!   !ヽ/      |i: : l|    お~、俺の出番か
  ', : :|     ∧.   ヽ〈'{,1:::::} }`    `  '´{,1:::::} },/イ  |rイ|.       |l: : リ
   ', : :.l    .いヘ   .l ヽゞ=ク     ハYヘ   ゞ=クイ /   !/|     リ. : /    まぁ、死なない程度に頑張るとしますかね
  | :.:|    `ゝ}   l  :::::    〃r{,、ヘ   :::::::: ‘/    / !     .,′:/
   .| :.|     !|  !     ./ ,/.}ハ      ′  ,: |    / ,/
    l . :|     ! :.l  lヽ   ./ / /ヘ 、 \  |   '.: |    ,′/
    | ;!      | : :l   l: :.ゝ / / ,/: :.ヘ \ ヽ,イ  ./: :  |    l ,′
   | !      l :.:l   !: : :./ ィ   /: :.;', :,ヽ、 \ `!   ,.: : :  |.    | ,′
   |.|      | : :l   l : : {    /: : :';}: : : :{     l  ,′: :   !    | |
    .! !     | : : !  | : : |    く: : : :| : : : :}   | l : : : :   |    | !
   | !    |_--|  |― ハ     ヽ :.:! : : 〃    ! ト 、: :   |    ||
   | / ̄ ̄ ̄  |  l / }      }人:.:./    ノ |   `ー‐┴―‐-|!、




一般人枠でならすぐ出せそうだけど……少し待っててくださいね

34 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 00:08:18 ID:DOMiVyu.0
まぁ、あれだな。男同士でセックスできるようになったと言う訳だ。エロAAあるし

>>8000の願いも同時に達成されようとしているな……

35 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 00:08:49 ID:cIZkibds0
┌(┌ ^o^)┐ ?

36 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 00:09:13 ID:D1q/Wo2I0
ウイッチヒロインとは本番できませんしなー

37 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 00:09:39 ID:0i89ME8.0
ヤンデレェ……

38 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 00:09:42 ID:CrtVz2jA0
>>36
後ろで・・・



39 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 00:10:27 ID:DOMiVyu.0
ん~、それでは続きを始めましょう。ミストさん大暴走




                          |!
                  ー、- 、  |:ヽ
                  _ ヾ:.:.ヽゝ:.:ヽー:.、 i\
             ,rー<´ー:.:.―:.:.:.ヽ:.:ヽ:.:.ヽ:.ヽ.ヤヘ
            />:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:ヽ',:.:.:゙i:ヘ|:.:.}
          /:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.ヽ:.:i:.:.!:.ノ―ー:.、
       ,、<´:.:.;:.:.:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:. ̄ ̄-一:.:.:.|ヽ:.:.:.:!:.∠,_:.:.:.:.:.:.:.\
    ー=ャ:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:;iヾi:.:.rヽヘ:.:.:.:ヽヘ:.、:.:\
.       /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:;!:.ヘV:ヤヽ`:.ヽ:.:.:.:ヽヘ、 ヾ\
    /:; //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.l:.|≧:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:ヽヘ`ヽヽゝ    私の部隊から生き残ったのはデストラクターとディアーチェだけ
   //,:':./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:i:.:.: l:.|   ヤ:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:ヘ:.ヘ:.i  ゙ヽ
.  //  i:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:ム:.:.:!:.|    ヤ:.:.:.:i:.:.:.ヘ:.:.:.ヘ:.:.:|i       扶桑からは暁美軍曹、ユキカゼ大尉、蘇芳少佐の三人
 /    {:.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.,イ:.:,i:.:.:,i:.:.:/ ヤ:.:|';i    |:.:i:.:.i:.:.:.:.ヘ:.:.:.:ヘ:ム
.      /:./:.:.:.:.i:.:.:.:./、///.i:.:/}:./  ヤ:|,,!ィf彡´ }:.,':.:i:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.ミ=-
.     ,!イ:.:.シ´イ:.:.:.|メッ≧ュ、.l:.|. ',:| ,ィ≦fァャェ;、  }/|:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ:.\    それ以外は増援として派遣されていたアッカーマン大尉と
.   ∠f‐/´//:.:.:.!:.:.:ム ,r´ア;;;;ャ';|  l  ̄了 frイ;;;タゝ/ .j/l:.:.:.:.:,'ヾ、:.:.:.:> ̄    ブリタニア戦車中隊を率いていたはずのアリアダスト少佐
.    |/ . {/i:.:.:ム:.:.:.:i ヽゞジノ      ー`¨´ ' / / .j:.:.:i:.:hヽ }:.ノゝヽ
        |:.:./ ヤ:.:.:l       l                /:.:.:i:./ソソ/         そして墜落して気を失っていたスラッシャー大尉
        レi|  ヤ:.:.',       j               /:.:.:.//ノ´:/
              i:.:i:.ヘ     ヽ          /:,j:.:/ナ|:.:/
           i:.ハ:.:ヽ                 '´フ:/  .|:/`i!ヽ、        他は全員、戦死。遺体を回収できたのは3人だけでした
               |! ヘ:ヤ\  ー ---─'     /レ'    |:::::::::::::::ヘ
           /: ヘ|/\   ̄      /   ,    |::::::::::::::::i :l
             ,::': : : /:::::::::::\       /    /   |::::::::::::::/: :|
           /: : :./::::::::::::::::::::::i  ー  ´     /.     |/::::./: : ::|




┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃言葉が出ない。別に驚いたからと言う訳では無く、口で言われたせいだろうか

┃現実味が無いと言うか、実感が無い。だけど、彼の言う事は事実らしい
┃隣に座っている蘇芳さんは顔を俯かせたまま、顔をあげようとしない



48 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 00:16:07 ID:DOMiVyu.0
.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l       ……それを自分にそれを話して、どうしたいんですか?
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃口を閉じたミスト中佐、沈黙に耐えきれずそう口に出す

┃分からなかった、いや訳は分かってはいる。男の目的は既に話してくれたのだから

┃しかし、今の話を自分に聞かせて一体……どんな意味があるのだろうか?



54 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 00:25:23 ID:DOMiVyu.0
                _. . -―':≦: : : : : ::-=`ー.、
              /: -: : : : : : : : : : : /:  ̄: : : :ミ: ≧=ー
              /:イ: : : : ⌒: : : : /: :/: : : :_: : : : : : : : : :\
              ':': : : :/: : : : : :.:_/: :/:ハ:': : :\: : : : ::>:、: \
.             /,: : : :./: : : : : /:.:.:/: :}!:'ハ: :.V: : : : ヽ: : : : : : :\:.\
           /: : : ./: :/: : :/: : /: :/|/:.:.!: : :V: : : : : : : : : : : : : ::... 、:.、
          ,: : : :./:.,:.:: : :/: : /: !:.::i!:〃|: :!: ハ: : : |: : : : : : : : : : : ::. ー‐    ……少々回りくどすぎましたかね?
             j: : :..,: :イ: : :.,: : : : : :./  `¨|: :!: : :i: :.:.|: : : .V: :v: : : :!: ::.
          ,: :/ : : : : :.i: : :|: : :/    . |::ハ:.:.ト : :|: : : :.:V: :v: : :.i: :.:     では単刀直入に言います。
       ___ : 彡: : : :.__:!: |: : :|: : i__    レ  i: :! |!:.!: :!: : :.i: :.:i: : N: : i
        7:.:.:: ̄:./.:ハ|:.:|: : :|:.|.:|_..二≧メ、  |::|. |: |ヾ从: :!:.:.:|: :.| V:.:|    ウィッチと同じく、君にも戦闘に参加してもらいたい
          i从∠:.:.{ {v:|:.:|: : :|:.|:.| 〈.  示沁ヽ!:|...|: |  ,,斗|: : |: :.| i: :!
          V: : ∧ |:.:|: :.:i!从!  ヽ ゞ=' ヾ !ゝ.リ|!,ィ丐示:.:.:|: :.|、 レ    銃を握って、ネウロイを倒して、難民を守ってほしい
            ∨: :.入.|:.:|: : |              iゞ彡'.ハ: i|: :.!ヾ:、
.r≦三三≧..、 _ィzzY: : :/从:!: :.|             !   从:.||:.:.|       これをアナタには飲んでほしい。
≧<ニニニニ:\ 寸\/   |: :.|.                 .〉 ..ハハ||:.:,
ニニニ≧寸ニニ》. 寸=\  |:.:.|       ..- ....、   '  .: :/  }レ′
ニニニニニⅦニ/ V. 寸ニ:Y !:.:| ヽ     {::::::::::::ヽ. ア イ:.:./
≪ニニニニⅦ{'  i.   }ニニ!.ヾ:|   \  `   ー ' / ..|:./
.   `寸ニニニⅥ }. |  |ニニ|       へ      イ.   レ
    寸ニニ=Y V!  ,仁=j     / 寸=≧≦}ニ!
      寸ニニ| 込,:仁=シ{    i   Yニニ:Vニ:/≧-.、
        寸ニ| , ≪三Y \     ノ .Ⅶ:/ニ∧ニY:ム
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃要するに自分もウィッチと同じくネウロイを倒してほしい。だから戦え

┃……言いたいことは分かっていたが、もしかして今の話で同情を狙ったのだろうか?
┃それにしては話がえらく端的だったのだが、あまり現実味が無い。

┃だが、それでも言いたいことは分かる。ネウロイを倒せる力を持っているのは、それだけでウィッチの代わりともなれる事を


66 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 00:29:32 ID:DOMiVyu.0
                          |!
                  ー、- 、  |:ヽ
                  _ ヾ:.:.ヽゝ:.:ヽー:.、 i\
             ,rー<´ー:.:.―:.:.:.ヽ:.:ヽ:.:.ヽ:.ヽ.ヤヘ
            />:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:ヽ',:.:.:゙i:ヘ|:.:.}
          /:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.ヽ:.:i:.:.!:.ノ―ー:.、
       ,、<´:.:.;:.:.:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:. ̄ ̄-一:.:.:.|ヽ:.:.:.:!:.∠,_:.:.:.:.:.:.:.\
    ー=ャ:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:;iヾi:.:.rヽヘ:.:.:.:ヽヘ:.、:.:\
.       /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:;!:.ヘV:ヤヽ`:.ヽ:.:.:.:ヽヘ、 ヾ\
    /:; //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.l:.|≧:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:ヽヘ`ヽヽゝ
   //,:':./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:i:.:.: l:.|   ヤ:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:ヘ:.ヘ:.i  ゙ヽ
.  //  i:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:ム:.:.:!:.|    ヤ:.:.:.:i:.:.:.ヘ:.:.:.ヘ:.:.:|i
 /    {:.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.,イ:.:,i:.:.:,i:.:.:/ ヤ:.:|';i    |:.:i:.:.i:.:.:.:.ヘ:.:.:.:ヘ:ム
.      /:./:.:.:.:.i:.:.:.:./、///.i:.:/}:./  ヤ:|,,!ィf彡´ }:.,':.:i:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.ミ=-
.     ,!イ:.:.シ´イ:.:.:.|メッ≧ュ、.l:.|. ',:| ,ィ≦fァャェ;、  }/|:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ:.\
.   ∠f‐/´//:.:.:.!:.:.:ム ,r´ア;;;;ャ';|  l  ̄了 frイ;;;タゝ/ .j/l:.:.:.:.:,'ヾ、:.:.:.:> ̄
.    |/ . {/i:.:.:ム:.:.:.:i ヽゞジノ      ー`¨´ ' / / .j:.:.:i:.:hヽ }:.ノゝヽ
        |:.:./ ヤ:.:.:l       l                /:.:.:i:./ソソ/
        レi|  ヤ:.:.',       j               /:.:.:.//ノ´:/
              i:.:i:.ヘ     ヽ          /:,j:.:/ナ|:.:/
           i:.ハ:.:ヽ                 '´フ:/  .|:/`i!ヽ、
               |! ヘ:ヤ\  ー ---─'     /レ'    |:::::::::::::::ヘ
           /: ヘ|/\   ̄      /   ,    |::::::::::::::::i :l
             ,::': : : /:::::::::::\       /    /   |::::::::::::::/: :|
           /: : :./::::::::::::::::::::::i  ー  ´     /.     |/::::./: : ::|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃男が視線で催促してくる、早く答えを出せと言っている

┃↓5     どうする?     1. わかりました、手を貸しましょう
┃                   2.いや、ちょっとまだ……
┃                  3.その他(詳しく)
┃タイムもおk。質問もいくつかは答えてくれます


71 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 00:30:18 ID:D1q/Wo2I0

戦う事、それ自体を拒否する気はありません、ですが現在の自分はバリア無し、飛行無し、ユニットも使用できるか不明。
なので可能なら地上で戦う魔女の補助として運用されたいと思っています。

72 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 00:30:20 ID:VePPo8wg0
タイム。ちょっとここは住民で話し合おうぜ

76 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 00:30:26 ID:s6hdZTVQ0
ターイム
質問なら手を貸す場合、どういった処遇になるの



85 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 00:31:25 ID:DOMiVyu.0
タイム了解。しばらく話し合ってください。

119 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 00:39:52 ID:DOMiVyu.0
纏めるのに時間かかりそうだから、今日はこれで投下だけ終わりにしようか……

質問なら答えるから、そのうえでどっちか判断してもらおうかな……

125 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 00:41:01 ID:6NwazrjA0
>>119
なら、所属先による待遇の内容を教えてください
あとやっぱり所属先でヒロインが決定するんですか?

138 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 00:45:58 ID:DOMiVyu.0
べつに扶桑に行ったらマテコ攻略できないってわけじゃないよ。私はハーレムしてもらっても構わないから

ただ、カールスラントか扶桑か。どちらか選ぶと上司が固定されるから個別イベントが分かれる。

あとは……それぞれの軍属ウィッチの好感度に+が入るぐらいかな……

この後に訓練があるから、それまで結果を出さずに粘るのもありだよ



というか、訓練をすればやる夫の能力がある程度まで公開される……みんなの頑張り次第だけど

142 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 00:48:17 ID:RQTPFYKQ0
時限式の契約社員じゃいかんの?
今のやる夫の目的はリベリオン行きだし

147 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 00:50:29 ID:qgagJrYg0
プロパガンダは止めて欲しい
本気で

153 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 00:51:49 ID:DOMiVyu.0

時限式の契約……民間協力としてのルートもある事はある。ある意味こっちが一番の王道かなぁ……

ただ、めんどくさい。いろいろとやる事が増えるからね


プロパガンダには使われるさ……だって、士気を上げるためには一番効果的で手っ取り早いもん

181 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 01:02:25 ID:DOMiVyu.0

そう言えば言ってなかったけど、ほら子とかは一人だけでいるときに拾われた感じだからね……

ある意味、拾ってもらったし、ほかにやる事が無いから戦っているだけと言っても過言では無かったり
そして、ホライゾン一人にそこまでの決定権は無い……というか、貰ってもあまり意味なし。

187 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 01:05:23 ID:DOMiVyu.0
ホライゾンのあだ名は「亡霊姫」   ウィキにも書いてあるけど、感情が無い……いみはわかるな?



どんな感じなんだろう……とりあえず、質問はこたえたほうがいい?



198 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 01:09:14 ID:DOMiVyu.0
それじゃあ、質問は>>168でFA?

他に答えて欲しい奴はない?

168 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 00:54:59 ID:vhNBHiIs0
3で質問する場合のまとめ?
・きらきーの扱い
・物資的な意味でのこの場所の猶予
・具体的な脱出プランはどうなってるか
・>>144で軍属で無くPMCの立場でなら協力すると明言
・訓練しなかったら連携とかできないけど、訓練は?
・そもそもやる夫自身の戦力を調べなくていいのか?
・周囲のネウロイの様子
・援軍はあるのか
・軍の所属先
・所属先による待遇の内容



209 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 01:13:23 ID:DOMiVyu.0
ちらほらといったけど、ストライカーの燃料うんぬんかんぬんのイベントがあるから、そこまでかな傭兵は

そこからカールスラント(ミスト)か扶桑(新城)かPMC(王道?)かを選んでもらう……こんな感じかなぁ

212 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 01:15:44 ID:DOMiVyu.0
いろいろ時間稼ぎたいなら、決めずに先延ばしにしてもらえばいい。

その間に調べるなり、コミュするなりどうぞ。みたいな感じかなぁ……ただ、作戦開始まではあまり猶予は無いよ

217 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 01:18:02 ID:DOMiVyu.0
あぁ、そうそう。


わたし、やる夫がストライカーを使えるなんて一言も言ってなかったり。


レイブンごっこしたいならPMCルートかなぁ……あれだ、どこのルートでも無い、新しい独立部隊をつくるみたいな……

224 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 01:20:36 ID:DOMiVyu.0
それじゃあ、質問の回答を掻いてくるから少し待ってて……

AA使うのも時間の無駄だし、文章だけでいいよね?

236 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 01:27:45 ID:DOMiVyu.0
PMCといったけど、あれかな……独立戦闘団っていうのか

今はけっこう指揮系統がバラバラだからそれを一つにまとめて、「501JFW ストライクウィッチーズ」みたいなのを創る

こんな感じ……やる夫がいろいろ頭を捻る事も必要。キャラとコミュしてヤンなんかを指揮系統につかせることも……

244 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 01:35:40 ID:DOMiVyu.0
うーん、なんといえばいいのかな……

引き抜くんじゃなくて、今指揮系統ってばらばらじゃない?

それをひとまとめにする……統合するって言うのかな?

247 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 01:37:56 ID:VePPo8wg0
いやまあ言いたいことは解る
要はウィッチの指揮系統がやる夫に一本化
そんでその上で、やる夫の上にはミストさんなり新庄さんなりがいるって感じだよね?
これから中間管理職やる夫みたいな



248 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 01:38:02 ID:DOMiVyu.0
・きらきーの扱い
      どのルートでもやる夫が協力するなら、軍の人たちが安全を見てくれることになる。
     いちおう、レイプフラグは解消するから。というか何故、いままできらきーをレイプさせてくれなかった(憤怒)
     それなりのイベントは用意してたんだが……


・物資的な意味でのこの場所の猶予
      撤退戦でアホみたいに兵士や民間人が減ったので、食料などの支給物はそれなりに余ってる。
      ただ、医薬品なんかはウィッチの治療や難民のために使用したので数がかなり少ない。BJ先生が頑張ってる

・具体的な脱出プランはどうなってるか
      西に移動してライン川を突破、そのまま北上しつつ船があるパ・ド・ガレーを目指す


・>>144で軍属で無くPMCの立場でなら協力すると明言
      可能。その場合はPMC(王道ルート?)になる。ハーレムも可能



・訓練しなかったら連携とかできないけど、訓練は?
     やる夫の能力が未知数の為、訓練をどうするかも未定
     そのばあい、やる夫がネクストみたいな感じになるかもしれない……絢爛舞踏


・そもそもやる夫自身の戦力を調べなくていいのか?
     それを昼に調べるはずだった。で、やる夫に説明しようと蘇芳が部屋に行くとミストさんが……



・周囲のネウロイの様子
     影も形も無し。ユッキーの固有魔法でなども探ってるので間違いはない


・援軍はあるのか
     無い。現状の戦力で対処せよ!


・軍の所属先
     とりあえず、でっち上げてそこに居れる。階級は軍曹から


・所属先による待遇の内容
       あまりかわらない。とりあえず、ウィッチ宿舎に放り込まれる。

255 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 01:41:10 ID:vhNBHiIs0
>ウィッチ宿舎に放り込まれる。
日本の誇る伝統NOZOKIが期待できるという事か・・・?!

257 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 01:42:35 ID:TMOlbq8s0
>>255
ウィッチたちがやる夫の風呂や着替え中を狙って覗いてくるんだな
ユキカゼなんかは空から見るんだろうな

260 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 01:43:25 ID:VePPo8wg0
ちなみにまだ蘇芳は背中さすさすしてくれてるんだろうか
さすさすしてるついでに背筋の肉付き楽しんでそうだが

261 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 01:44:38 ID:LwnSsgdU0
>>260
蘇芳「うわぁ~、背中カチカチだよぉ///」

262 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 01:45:11 ID:vhNBHiIs0
.>>257
いまさら逆レイプやヤンデレな流れになることを思い出した・・・
kowai・・・

263 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 01:45:15 ID:D1q/Wo2I0
どんな状況でもぶれないな蘇芳w



264 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 01:46:58 ID:DOMiVyu.0
>>247  その通り……ミーナともっさんを合わしたようなポジションにやる夫が入る
      戦闘隊長っていうのかな……多国籍合同の新しい独立戦闘部隊を創る。


      軍属なら新城さんかミストⅢの下に就いて、これをやりなさいみたいな感じになる


ただし、王道は長い……いきなり俺の下に就けなんて言っても誰も着かないから。
コミュとかして関係を向上させて、イベントを起こして、そんでようやくってかんじかな……

274 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 01:52:55 ID:DOMiVyu.0
とりあえずこんだけ……ストライカーの部品確保作戦が終わったら動き始めるって感じかな

他に何かありますかね?

280 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 01:56:26 ID:DOMiVyu.0
まぁ、独立部隊って言っても欧州から脱出したらどうなるかは……はてさて。

回避力が高すぎて私、憤死

281 名前:七色 ◆c8r7RqLrYk[] 投稿日:2013/05/24(金) 02:01:41 ID:DOMiVyu.0
とりあえず、今日はこれで終了。お疲れ様……

282 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 02:02:05 ID:qgagJrYg0
乙でしたー

283 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 02:03:30 ID:n6BGO6UE0
乙でした

284 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 02:03:35 ID:G09IUHY2O
乙でしたー
軍事が入ってくると色々ややこしい

287 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/05/24(金) 02:08:39 ID:VePPo8wg0
ざっと纏め
ルートは「カールスラント」「扶桑」「PMC」
カールスラントか扶桑に入ると、それぞれの所属ウィッチに好感度+
またルートごとに個別イベントもあり
どのルート(恐らくPMCでも)きらきーの安全はほぼ確保される
具体的な脱出プランは有り。ただし援軍は無し
ネウロイ側の戦力は未知数
ストライカーユニットの部品が確保され次第脱出作戦開始の模様

ルートごとの懸念
軍属になるとプロパガンダへの利用や作戦への強制的な従事が発生(多分)
またカールスラント側だと戦力として使い潰される懸念。扶桑側なら若干手心があるか
PMCルートだとやる夫直属部隊が編成されるが、そのためにはウィッチを籠絡する必要あり
作戦開始期間まで猶予はそんなにないようなので、期間内にそれを達成するのは厳しいかも
また欧州脱出後に部隊がどうなるかも不明。ついでにやる夫の立場も曖昧になる。



関連記事
  1. 2013/05/24(金) 09:16:41|
  2. やる夫は欧州で試されるようです
  3. | コメント:2
<<【やる夫は子供に好かれるようです】 | ホーム | 【物語2周目】02>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/05/24(金) 12:25:32 |
  2. |
  3. #
  4. 編集

お知らせ頂きありがとうございました。
今は無理なので夜に修正します
  1. 2013/05/24(金) 13:08:11 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyarusp.blog.fc2.com/tb.php/453-d0803e1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)