FC2ブログ

やる夫まとめに挑戦

【欧州】《第6話》15




※今回スレ主さんの意向でスレ主さん以外のAAがあります





13 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:10:52 ID:z1M1UOC20
            /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... : : : : : : : : : : : : : : }Lハ
        ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : リ Vi
          i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. : : : : : : : : :/  `}
.        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r'⌒`` ーx:.:.:..:.. : : : /    V
          〈//.:.:.:.:.:. :{      ` ー─ '   _,.x 〉
          レ.:.:.:.:.:.:.:.:ム               /_,.x<i
        ∨.:.:.:.:.:.:.: |           ,.x>┐::!:::!          えー、それではまず最初に
           〈⌒ヽ、:.:ノ >' ¨≧x_,.x─w_/.:/゚ ノ.:::l:;リ
          ∨⌒ヽ爿─‐'::r‐tァ‐x:::::::r‐x::`¨:::::;斗__        今回の安価(英雄たち)を並べて(晒して)みましょうかね
         《V ヘ_`入::::::.ヽ_,.x'::::::/ハ V`ー ' ////ハ
         ム》x_ ! ハ ::::::::::::::::::::/ ,ハ 〉  ノ;/////∧      まず初めは此方
        ,.x゙7ム 〈ハ  ヽ - ─ '´  _,.x‐ァ' ////////ハ
       /.:/{::∧ \ヽ、   <二´‐'´ _ノ ム〈///////,リ
      /.:.:.:/∧:::∧   \ `>x   `ー '_´x' イ:::::∧/////,リ
.     /x'´///∧::::ヘ   \  `>x _,.x'∧::::::∧////∧
        /////ム::::::ヘ    `ーx三三ヲム  ∧:::::::::〉'///,:ノ
.     ////////ム::::::::ヘ           「:::::ヘ  W.:///ノ!《        ,.x‐-、
    //////////{:::::::::::::.\      !:::::::::}\. W//イノ:;イ  / ̄´ ー-≦X\__
.   ///////////ハ:::::::::::::::::.\     ∧:::::《_  `W/ム//!. / / ̄`< ¨X_,,.x‐
.   ////////////ハ::::::::::::::::::::.\   ! `i:::::∧  W////ル′´ ,.x<X_ `iハ Y″
  //////////////ハ:::::::::::::::::::::::.\ 」   V/.:∧ !////´   /   `X〉ト、 ハ
. /////////////////ヘ::::::::::::::: ∧::.\   ∨/.:ム };//       ハ_,.xーx | l ヽ_!




    勘違いをするな、自分は君の覚悟を邪魔するものではない。
    だが、今の君はその覚悟を、高潔な意志を、最もしてはいけない手段で精算しようとしている。
    君は言ったな、お前に2人を庇い切れるのか、空を飛べぬお前がと。
    たしかに自分は空をとぶことは出来ない、彼女たちを空で護ることは出来ないだろう。

    ならば、君が命を燃やし尽くしてしまえば空で2人を護れる存在が居なくなるとなぜ気付けない!
    限界まで自分を酷使して使い潰したら、後はもう知らないからお好きにしてくださいとでも言うのか!

    君はあの2人を残して死にたいのか!
    自分は限界まで戦いました、彼女たちを守りましたというちっぽけな自己満足と自尊心を抱えて
    後に遺された二人の事は顧みずに黄泉路へと旅立つつもりか!
    そんな決死は覚悟ではない、無責任に自分だけが安息を得る為の逃避に過ぎない!
    同胞が命を落としていく中、自分が取り残される悲しみを、それを君が知らない訳でもないだろうに!

    ……君は言ったな、時間が経てばその悲しみは癒えるのだと。
    ならば君の悲しみは癒えたのか、戦友を失い一人生き残った君の悲しみは!
    君の心は軋まなかったのか、悲鳴を挙げなかったのか!
    否、だからこそ君は薬に手を出したのだろう、その身を蝕む薬に!

    君が本当に、自らの命を彼女たち2人のために使いたいと願うのなら。
    今はその生命を燃やし尽くすのではなく、永らえさせることを考えろ。
    彼女たちが脱出して故郷に戻り、幸せに暮らす日々に戻って以降もその傍にあって笑えるように。

    それを本心から願うのであれば……今の君を救う手段は、ある。 自分が持っている。
    だがそれは、己の命を賭して挑む賭けだ。
    今の君の疲弊しきった身体に於いては、成功率は良くて3割。 文字通り己との戦いになるだろう。
    だがこれは、己の全てをとして誰かを守りたいという強靭な意志があれば乗り越えられる!

    一度死を決意したその意志を、自らの命を繋ぐ戦いに投じて見る気は無いか。
    その覚悟が胸にあるというのならば、君がその戦いに身を投じているその間、
    俺がこの身命を持って彼女たちを、そして君の覚悟を護ろう。

17 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:12:45 ID:z1M1UOC20
           __,,...,,,,,___
        ,.-‐'"~::::::::::::::::::`゙`''‐-、
      /::::::::::::::,l´ ̄ ̄ ̄`゙`ヽ、`゙ヽ、_
     /::::::::::::::::::,,l _,...;ニニ=-、  `ヽ、_,l
   /::::::::::::::::::,.r',‐'": : :r=ニ、ヽ、   ヽ、
  /::::::::::::::::_,.、‐二: : : : '´-、゚._,j: `ヽ  ,.-‐、l   次ー
  ト--‐‐''" ノ  `゙ヽ、: : : : : : : : : :ノ=/-、: : ヽ
  /:::/⌒ヽ´       `'ヽ、.,_: : _,r'  l、 ゚ 〉: : `i
  {::::| くヘ ;           ̄    ゝ': : : : }
  `l::`‐--、        lニ==-、.,_   /`ヽ、_,ノ
   |:::::::::,i'`i       |、;;;;;;;;;;;;``'=、_  〉
   }:::::::/  |      ヽ`''‐-、;;;;;;;;;;;/ ノ
   〉:::/   `ヽ、     `‐、_ヽ;;;;/ /
   i:::/ _   `ヽ、       ̄´,/
   ノ ̄;;;;;`゙`''‐--、 `''‐、.,    .j´
_,.r‐''lヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙''‐-‐'`'‐-ァ'
;;;;;;;;;;'l  `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/






    ああしなくちゃいけない、こうしなくちゃいけない、自分がやるしかない、
    そんな状況に迫られての選択ではなく、今この瞬間にシュテル・スタークが望む事はなんなのか、
    これからの未来にシュテル。スタークがやりたい事はないか!
    出来る出来ないじゃあなく、望みが有るのなら言うが善し! 俺が全て叶える!

    彼女たちを守る? 守る!
    幸い突貫力と再生力と生存能力は別格。
    単騎で突っ込んでかき回すも善し、死地にて彼女達の生存圏を確保するも善し!

    空には届かない? 届く!
    彼女たちが危地に陥れば地に降りることが最善手となるほどに、地の果て遍く永和を魅せよう!
    難敵あらば地より天へ鉄槌を跳ばそう!

    死にかけだから有用に死にたい? なら治そう!
    失われた記憶より遠き呼び声を聴き、因果を手探り手に入れた今は遠き同胞の系譜に由来する秘薬。
    これならば寝たきりになるが完全復調の望みあり!

    さぁそれ以外は何かあるか? 言うが好し!!!
    この身は既に覚悟完了! あらゆる要望を我が身にて剛力成し遂げる所存なり!

27 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 22:16:48 ID:z1M1UOC20
               _,.、--‐‐'''''''''''''ー‐- 、
            ,、‐''"  r‐―――---、 '、`ヽ、
           / '"´ /  ___    \ ゙、ヽ\
.        ,,.-'''゙,:::'" ..:;/,、ィr‐- 、 `゙ヽ、   ヽ、 、ノ ヘ
        |  .::::::::::,.;',/゙:,:゙ _,,....,`ヽ.. \   `''''‐、 ゙:,
        /'゙,:::::::::/'゙:::::::::l  l ・ ゙ヽ:.`ヽ. ヽ     ゙:,::l
      __.l..::::,,..ィ'‐‐‐''''''''ヾ, `゙`ヽ、_j:.:.:.:..:ヽ    _  l::!
     l゙r''``ヽ,/       ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノヽ、.,_ ヽ、|:|
      j r‐''ゝ           ヽ、.,_,.、-''"`l゙ r‐-、ヽ、 .l/
     ( l | ヽ        _,,       ....:}:.ヽ゚  l.:.:ヾ、
     jヽ、`'‐j.      r'7゙:、._    ..:::::/、:.:.:゙ヽ:':.:.:.:.:.!     次ー
     {:|!,'`iヘ.       |'゙´`'''‐ヽ、   :::::::::::::\:.:.:.:.:.:.:./
     |l/::/ .l        ゙,ヽ、:::::::::::::`ヽ、     `ゝ-‐'゙
     |/、!  ヽ、       ヽ,.`‐-、::::::::::::`.y''゙  /
     l/::::`ヽ、 `ヽ,      ``ヽ、゙,:::::::::/ /
 ___./{:::::::::::::::::\ \    :::::::::..``'''''゙ ,.、ァ'゙
r'゙ |   \::::::::::::::::::\. \       ,r'-‐'
   !   \::::::::::::::::::`ヽ、ヽ、      /
   |     \::::::::::::::::::::::`ヽ`'ァ-‐''"
   l      \::::::::::::::::::::::::/\







少尉はそんな二人を自分と同じにしたいのか!!
大事な人がいなくなる。それを二人に味合わせて永遠に刻み付けたいのか。*罪や自分の存在

少尉のやり方では二人の体を生かすだけで心を殺してしまう。
親友が自分たちのために無理をして死んだ。それを知って笑っていられるほど
強くも薄情でないのも知っているはずだろ。

それに、守れるかだと。
守ろう。この身は無力な人を守るためにある。
そのための力(銃)は手に入れた。

だから少尉一人でがんばる必要は無い。
少尉ががんばったからこそ、ここまでこれた。
そして、頼れる相手がいないから一人でがんばったのかもしれない。
だれも傷ついて欲しくなかったから少尉ががんばったのかもしれない。

でも、今は自分がいる。 貴方を手伝える。あなたと共に守ることが出来る。
休んでもいい。止めても良い。
どうか、一人でがんばらずに皆にそして自分に頼って欲しい。
自分を含め、あなたも幸せになって欲しいと思ってる人はたくさんいるんだから。

30 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 22:18:51 ID:z1M1UOC20
.         /                `丶
、      /    _,. -ニ ̄ ̄≧=- _        \
 ヽ.    / _ -=ニ...../:::::::::::::::::::::::::::::::::> .,::::::::::::::::::ヽ
ヽ ∨_,./=={............... ,'::::::::::::;: -‐ :  ̄ ̄` : .、> .,:::::::::::‘,
:::::', ', .i   ∨..........,' .:::/: : : : : : : : : : : : : :\::::> .,::::‘,
:::::::l ∨   ∨......,' .:::::: : : : : : : : : : : : : : : : : :‘,:;;;;;;;::\:',
_彡'       ',.... !..::::::::ヽ、 : : o : : : : : : : : : : : :.i::;;;;;;;;;;:::\                  ラスト
{            ',...|::::::::::::::::::`::...._ : : : : : : : : : : : : |:::;;;;;;;;;::::::::ヽ     /
:゚,         i...|::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;`;::..._ : : : : : : : : |:::::::::::::::::::::::ム    ,:|
:::}           Ⅵ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;`::..._.:.:.:.:.:.|::::::::::::::::::::::::}.!-‐_,::ノ
/            ‘ ,:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::,'.{=='
            \::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::/....\_,.ィ
              ` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/......./≧===
                ` <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/-‐ ヘ:::::::::::::::::::
                        ` <::::::::::::::::::::::::,.  '´      ,':::::::::::::::::::
                         ` --- ´       /:::::::::::::::::::::
          _ t‐                          ,'::::::::::::::::::::::::
           /:/::>、                        i::::::::::::::::::::::::::
        /γ⌒ヽ  \                   |:::::::::::::::::::::::::








改めて言おう、シュテル・スタークス
俺は君を尊敬する。その覚悟に敬意を払う。だが、その上で!
驕るなシュテル・スタークス! 君一つの命程度であの二人が救えると思っているのか!
その消えかけた命の火が、二人が脱出するその時まで持つと思っているのか!

そして無礼るなシュテル・スタークス! 君の二人の友の覚悟が、自分のそれより劣ると思っているのか!
君の命が花と散れば、二人はその死をもって修羅となり、力の限り人々を護ろうとするだろう!
そう、君の代わりに!君と同じように!その命を捧げてでも!

君が多くの物を失い、ゆえに手の届くものだけでも守ろうとしたのは解る…
だが、君が今していることは逃避でしかない!
自らの命を捧げ、美しく散り、残った全てを生きている人間に投げようとする傲慢だ!
真に二人を思いやるのならば、君は生きることを選ぶべきだ!
真に二人を信頼するのならば、君は二人に背中を預けるべきだ!

そして君が己の命を選ぶのならば、当方にはそれを救う手立ての用意がある
無論、絶対に助かるわけではない
君の生きることへの執念が少しでも弱まれば、この手立てをもってしてもその命は儚く散るだろう
だが、それを乗り越えられるのならば、君は生還することができる!

――最後に、シュテル・スタークス。君はかつてこう言ったな。
『できない約束はしないほうがいい。それが女の子相手なら特に』と。
ならば言おう。何度でも言おう
どうしても君が二人を喪う恐怖から逃れられないというのならば!
君が傷ついた羽を休めている間、俺が代わりに二人を護ると!
翼を持たぬこの鴉が、されど空を穿ち、全ての魔女を護りきってみせると!




あれだな、最近小説書いてネットに投稿した事を思い出す……耳が真っ赤っか

40 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 22:24:17 ID:z1M1UOC20
                        _  -----  _
                  ,. <          > 、
                   /                 ‘:,
                  /    ,. ──- _   _,. -- 、,ハ
                   ,′   〃:::::::::::::::::::::::` ̄::::::::::::::::::Ⅵ
               |    {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iノ
               |    ノ:::::::::::::       、:::::,:  , --:!          えーと、それではこの中から細かに採点していきましょう……
               |   {:: __ ̄≧x  }:. {_,∠---┴
              T ¬ ̄ヽ::::::r冖 。 y::`ー:::'´:;: 。¬::::::|        4つの中から一つ選んで、私が事前に用意したポイントに準ずるか
               ',::{::ヽ:::. ‘,:::::: ̄::::::::::::/!ヽ:::: ̄:::::::: |       そのほかにも心にくる台詞や言い回しがあれば随時加点していき
               ',:廴:::::::. ゝ:::::_:::::: '.:::: { 廴__:::::::ノ
                ゝ--i:::::.      ゙ ::/ !    ,'        その結果でスタークス少尉の反応に影響させていきます
                    { ∧::::   ,、______,   '
                      \}ト .   ゝ─── ’ /
                     }二二ト   ´ ̄` , 'ヘ、
               _,.xくハ \ニニ>、.     /.:|:::∧≧=-   _
          _ -=≦ニ}::::::::::i   ` <ニ二二チ  |:::::∧二二二二二≧=-  _
       ,. <二二二二ニ!:::::::::::|       フ:く.   !::::::::::ヽ二二二二二二二ニニ=ュ
.   ,. <二二二二二二二!::::::::::: ',    /::::::∧ |::::::::::::::\二二二二二二二二|
 /二二二二二ニニニニ|:::::::::::::::',   /  ∨:::/  |:::::::::::::::::::::::>二二二二二ニニニ|













             ___ __
         ,. -''"´_,、_`  ` ̄``ヽ、
         /  ,r'"´    ` ̄ ̄、`ー-、_`''-、
     /  /´  ___  ,,. -‐''ヽl l 、 ヽ. ゙、
    /.:   /. /l´:_,,.-‐''" ̄`'''ー-、_,,,,_\\/
   /:::.:.  ´ミ/:.:.:゙,:.:.:‐-、_  _,:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、 !
   ,'::::::::.:.:.:.:.:/`ー-、'、:.:.:.:.:.: ̄´.:.:.:.:.:/ヽ.:、_.:.l`!
   l:::::::.:.:.:.:./!    ``''''ー- 、.,,_,,/   `7、:.:〈:.|
   | r‐-、/:l      , '´    __,,,,,_ '  `ーi'´       と思ってたんですけどねぇ……
    〉ll´7ヽ}       、-‐ニ´-―‐、二77 〉 |
   !:ヽ`、_ l、       l::::::::::::::::::::::::::::::/   /
   ゙、:.ヽ、‐-         |⌒ヽ⌒ヽ::::::::/  /
    \:.`Tヽ       ヽー―‐┴-、|  ,'
       l:.:::| l                l
      |:.:_|_ `'ー‐-- 、.,,_    ̄ `  /
        !:|:::: ̄ ̄` `'''''''ー‐'-==、.__,/
       l:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l´
     __/ ̄`'''' ー―-- 、,,_::::::::::::|_
--┬''´\            ̄`'r'=、_「`!
:::::::::l    \           /:::::::::ヽ l\ー-、
::::::::::l      \         /:::::::::::::::::|`,  \::``'''ー--
:::::::::::|        \     /\:::::::::::::::::| ',    \::::::::::::

47 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 22:27:25 ID:z1M1UOC20
        ,/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /´  ,,,,,,、 ::::::::::::::::::: 、,,,,,,,,, ::::::::::::::::::::::::::ヽ
      .l  /´   `ー-----‐´    `ヽ  :::::::::::::::::::::ヽ
      l /                 `ヽ :::::::::::::::::::ヽ
      ∨             , ‐--、   〈 :::::::::::::::::::::i
       l´`'''-、,,,,,,,___〉 〈  /´     _  l ::::::::::::::::::l
    . 厂ヽ ̄ 二二 ̄`ー‐´ ̄ 二二 ̄ ̄∨ヽ、.l :::::::::::::::::l      前スレで草案の中に一個、当りが混じってると言いましたが
     .l::::::::ハ´ ・ ヽ:::::::::::::::く ・  `〉::::::::l:::::::]━./´⌒`7
     .l:::::::l  `ー--匕::/⌒ヽ `ー-ィ::::::::::;/::::厂∨ (⌒ ./l      範囲内にあったんですよねぇ……
     ヽ::::l:::::::::::::::::::::ノ l  ヽ:::::::::::::::::::::::://    )  /:::l
      `├-----‐´ .l   ヽ、_________/      ,ノ::::::l
       .ヽ            、        厂l、::::/
        .ヽ   ヽ===ニニ ̄`ヽ      ./ /;;;;l
          \   `ー-----‐‐‐´     / /;;;;;;;l、
           ヽ、  :::::::::::::::::      /;;;;;;;;;;;;;;;〈、ヽ、
             ヽ         ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ }`ヽヽ、
            ___/\      /;;;;;;;;;;;;;;;;;/  .l  ヽ_ヽ、__
     ________/;;;/  〈`゙''‐‐‐<´;;;;;;;;;;;;;;;;;/     l   ヽ;;;;;;;`ヽ、
____,,>''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   ヽ     `ヽ;;;;;;/       lヽ   ヽ;;;;;;;;;;;;`ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     ヽ    /;;;;;;;;\      .l ヽ__ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈       ヽ  /丶;;;;;;;;;;;∧      l    ̄フ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\       ヽ/  ヽ;;;;;〈 ヽ      l   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、

50 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:27:51 ID:Rk93mgZY0
きたかw

51 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:28:38 ID:8bxjgyIw0
なんと、英雄は範囲内にいたか!

52 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:28:53 ID:yMQYAXwc0
† 英 雄 降 臨 †

53 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:28:59 ID:XgcZ0v/M0
ハッピーバースデー!!!新たな英雄の誕生だ!!!



62 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 22:31:10 ID:z1M1UOC20
改めて言おう、シュテル・スタークス
俺は君を尊敬する。その覚悟に敬意を払う。だが、その上で!
驕るなシュテル・スタークス! 君一つの命程度であの二人が救えると思っているのか!
その消えかけた命の火が、二人が脱出するその時まで持つと思っているのか!

そして無礼るなシュテル・スタークス! 君の二人の友の覚悟が、自分のそれより劣ると思っているのか!
君の命が花と散れば、二人はその死をもって修羅となり、力の限り人々を護ろうとするだろう!
そう、君の代わりに!君と同じように!その命を捧げてでも!

君が多くの物を失い、ゆえに手の届くものだけでも守ろうとしたのは解る…
だが、君が今していることは逃避でしかない!
自らの命を捧げ、美しく散り、残った全てを生きている人間に投げようとする傲慢だ!
真に二人を思いやるのならば、君は生きることを選ぶべきだ!
真に二人を信頼するのならば、君は二人に背中を預けるべきだ!

そして君が己の命を選ぶのならば、当方にはそれを救う手立ての用意がある
無論、絶対に助かるわけではない
君の生きることへの執念が少しでも弱まれば、この手立てをもってしてもその命は儚く散るだろう
だが、それを乗り越えられるのならば、君は生還することができる!

――最後に、シュテル・スタークス。君はかつてこう言ったな。
『できない約束はしないほうがいい。それが女の子相手なら特に』と。
ならば言おう。何度でも言おう
どうしても君が二人を喪う恐怖から逃れられないというのならば!
君が傷ついた羽を休めている間、俺が代わりに二人を護ると!
翼を持たぬこの鴉が、されど空を穿ち、全ての魔女を護りきってみせると!








二二二二二二/ !     〃: : : : : : : : : ` <        /: : : :  リ二=
二二二二ニ=//,j      リ: : : : : : : : : : : : : : :` ー─ ´: : : : : : : :. iニニ
二二二二二//「`丶、_ /: : : : :     `丶: : : : : : : : : : : : :, '    iニニ
二二ニニニi//|: : : : Viト _::        丶: : : : : : : : ,. '       /ニニ
二二二二ニi// !: : : : :`: :`Y:≧=-  ____ ー'`丶 '´      /二二
二二二ニニi//∧゙ : : : : : :|::::::::::::,: : ̄`丶::::::::::\___,.斗 ニニ _:::: ̄::|二二       あの流れだと、みんな地雷を踏むと予想してたんだけどなぁ
二二二ニ=i///.∧  ヽ: : !:::::::::〈: : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::<´ : : : : }:::,'::::|二二
二二二ニニi///// \  : :.∨:::::::iト--=彡::::::≠⌒ヾ::::ゝ--=彡::i::: リ二二      どうすんのさ。お姉ちゃんsがどうなっても私知らない……
二二二ニ=i///////| i7:T   ヾ:::::::::::::::::::>'´. : : : | i:::::::::::::::::::::::/二二
二二二二i///////.! Ⅵ|     ̄ ̄   <: : : : :.j  ゞ----  从二二二
二二ニニi/////// | : V:,      ,.ィヘ、 ` ー ´  ,、     , '/i|二二二
ニニニニi////////! : : ヾ:.    〃:::::ゝ 二二二二、,ハ   ///.リ二二二
二二二ニi///////,'ム.: : : :.‘ ,   {i::/: : : : : : : : : :「V:::リ , '////ニニ>'´
二二二=|/////////ム : : : : ‘ , ∨、: : : : : : : : : i: :.}' ,:'////== >'´
二二ニ=└── z/// ∧: : : : : ‘ , ヽ \_: : : : //イt── ´
二二二二二 イ///////>'´二ニ‘ , ` ----  ´/二ニ\
二二二≦zzzz====≦二二二二ニニ\      イ二二二ム
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニム
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二,

85 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 22:37:47 ID:z1M1UOC20
              ∠升>- '´  ̄ `  .
           /             ヽ            ノ!     /:{
          /   /         ⌒ヽ  ヽ.  Y⌒Y i     (ノ    )ノ
    Yヽ    i.!  i {    ヽ \_ ヽ   l  i  |   |    Yヽ ノ ::`Yノ:{
      |  \  从.!ハj`ヽ!  i X´ \l!  .|   |  ノ   .    }::八 :: :: : : :人
     人   X ヌ人 心人  }ィテk.  }   ! /{/ _フ ∧   ノ:: :! :: .. :: :: :: :: ヽ       荒ぶる鷹のポーズ!
     \ ///  /匕! )ル' 匕リ ! ノ   | / \  / /.〉  (  ノ .. :: ::: :: :: : :::.ヾ
      Y / / /  !""    """ノイハ  |' \  ` ̄ ̄/    Y ... ::: :: ::: :: :: : :: : :.
.      | i { i{ ./入   r 、    rイ   |    ̄ ̄ /     }:: :: :: :: :::: ::: :: :: :: :::}
       \ヽ!八{ 〈  〕ト ー'__  ィ| j   !    /\     ノ::.  :::..  :::.. ::::..::ノ
        ∨ .∧  〉〈〈  /. _}{__ L!ノ   リ   /( __    ̄ `ヽ . :: :: : :: :: ::::: :: :::/
        l /  } /\\ i. `〕〔´ 〈〈  ./\___{ .   `ヽ   i . :: :: :: : : :: :.: /
        |.!       }X〉l! `〕〔´ 〉〉      ∨    i   ノ )メ⌒>--<
.        从    __ノ./| 从 `大_〈〈      /  }   !  (
            乂_ /.l | __∧/  \ _}}__/i  ノ   ノ   )
             // レ'⌒ 入          ノ⌒i  (  イ
               //    /fr:}   i!  rr≠f  { / \
            i {     i :|ト==((○))==彡|{  ∨    >-')
            人{⌒)ノ ノ:ノ__jj: : : : : : :| ! 人  〉 -- <く
               ////. : :ヽ /.:⌒\ -      \
              // //: : : /: : : : : : : \   ./〉    \
              //   i !: :./: : : : :ヽ. : :./ \ 〈/   ト、  ヽ
             //    | !:〈: : : : : : : : : X    \    ! i    .
          / /        | !:.∧: : : : : : : : : 〉       \  〉〉    .
           / ∧_ ___ __j !/:.∧: : : : : : /!⌒\     \ 〈.    }
.          ∧/レ'⌒ ー --/:/ :/:.入:_:_:_/: r|    \ __ __ノハハ    i
        ∧//!     〈:.〈 :. ゝ:_:_:_<(_):ノ !      ー ‐ ' }:!   .
       〈 ∧ :!        \}:_:_:_:_:_:_メ\ _ノ            | !   /
          ∨ハj          {(_): : :.|.              | !  . '
            \j         人: : ノ j             j レ'
                     \_ ノ




というか、皆てっきりユーリの事について言及するかと思ってたんだよなぁ

【今回の地雷】

ユーリ・エーベルヴァインの名前を出したり、彼女の事に対して言及したりした場合、錯乱状態に陥り交渉不可能に
そのままシュテルが逃走して夜が終わる事となりました
                       ↓
次回の戦闘時にシュテルが墜落、最悪死亡してましたとさ



……ていうか、ユーリの扱いが不憫すぎるな私

87 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:38:17 ID:yxhDeDWU0
こわい!

88 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:38:21 ID:yMQYAXwc0
あぶねぇぇwwwwwww

89 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:38:39 ID:Rk93mgZY0
まぁ、ユーリは地雷だろうとみんな思ってたっぽいしな

90 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:38:40 ID:ObePjau20
やっぱユーリが地雷か

105 名前:大英雄[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:44:51 ID:USmEkpTM0
頑張って書いて張ったけど支持得られなくて微妙にしょんぼりしつつ
せっかくだからと範囲内にコッソリ貼って、邪魔なの入れんじゃねーよと他の人に叩かれませんよーに
なんて祈ってた俺のじゃねーか!!!



107 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 22:45:43 ID:z1M1UOC20
               .:*                  %   ;+
             ×   +                x    o
           。・ ;   o             + ∴ 。 ×
         x  ∴  -…====- 、。 *  ゚   ;   ・
       。+  ; x≦:  ,;    x ゚   \       .;    *
      *  + *  。 +         ::.     o   '    *
     ・'  。% . ゚    -‐=ミ、      八     ゚ ∴   x  ゚ : .
   x  o 〃      /     }        \      ゜ * 。   ×
   ,;* +φ    /       廴__    _   ≧=ュ-=≦ミ、  o     +         まぁ、そんなこんなは置いておきまして!
   。  :・  Ⅵ廴/           ≧イ⌒i|    _彡 ̄ ̄`丶、 ゜ 。  +
   + ″  ヾ         ノ´ x<Ⅵ八 ノl≧=-‐/ /.:|\      ×    ;       とりあえず、今回の英雄様の台詞は此方!
  * ゚      }、       x≦云: : :/   _彡’}//// / : |::::::\     ゚   * *
  .:∴     ≧___x<: :{: : o: }:Ⅳ     〉//// / : : |::::::::::::\   8    o
  ゚  x。   〈: :`f: 。、: : : :ー=彡 :/      ///// / : : : l::::::::::::::::::\  ゚  ;  ・
       *: . \八´|\: : : : : /  、  ∧// /: : : : /::::::::::::::::::::::::\ *  x 。
     +    ; :    ̄ j   ̄ ̄  ,ィ^ 〉  /_/ :/: : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::* +  X
  ,   ;+ x  。 /:::ー‐===≦_ イ /     /: : : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::; ゚。 ; o
      . ゚ ;* ./:::::::::::::::::::癶 `ー=彳 ∧:\/ : : : :/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::9  :。 .:'
    x ゚ :∵   {::::::::::::::::::/   \:{: ̄//:〉イ: : : : : :/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::*  + ; ″
   + ;    f \:::::::/     ; ゚マⅥ// : | : : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+ ・ ∵゚。
  。゙ *  . : ノ、  X       : + \/ : : l : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。″  * ゚::ハ
   8 ∵ *o し Ⅵハ  x ゚   。 ;__ト{ : : \_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::*  ∴ o::::::}
  : ゚; 。 +      ;  +-≦  :+::::::::\: : : \:::::::::::::::::::::::::::/::o   + ;::::ノ
   *  x         % 8:::::、:   *:::::::::::≧=--::::::::::::::::x≦二%  X  。゚:::::{
    。 ・゙       /:::::゚o ∴:::\;. :*:::::::::::::iト-=…≦彡:::ト、::。 ゚ 0   +:::::/
   ∴ x        /:::::::::::+ ∮::o\:. :o。:::::八>ミ____ヽ:::::::o ’   x  *::::/
  。 + o       \:::.;: ゙  *.:: 。: : :ヽ、 ;x人::::≧=--::::。 *   +  o::::::/






――最後に、シュテル・スタークス。君はかつてこう言ったな。
『できない約束はしないほうがいい。それが女の子相手なら特に』と。
ならば言おう。何度でも言おう
どうしても君が二人を喪う恐怖から逃れられないというのならば!
君が傷ついた羽を休めている間、俺が代わりに二人を護ると!
翼を持たぬこの鴉が、されど空を穿ち、全ての魔女を護りきってみせると!



【今回の正解】

『できない約束はしないほうがいい。それが女の子相手なら特に』

・シュテルの台詞を踏まえたうえで、出来る。もしくはそれと同類の言葉を選択



ボーナスその他諸々


>>105   おめでとう、まとめさーん!こいつでーす!

108 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:46:19 ID:siFl6SfI0
>>105
よう!英雄

109 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:46:41 ID:liIJZUBo0
>>105
英雄キター!

110 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:46:53 ID:yMQYAXwc0
>>105
第二の英雄だ…!!
キャー!握手してください!!

111 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:46:57 ID:XgcZ0v/M0
>>105
英雄万歳!!

112 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:47:03 ID:/9zjShJk0
>>105
きゃー英雄さーん! 素敵よー!

113 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:47:06 ID:hW56flSw0
>>105
英雄だ!逃がすな!



120 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 22:49:46 ID:z1M1UOC20
>>105


            ,、‐ ''"  ̄ ``'' ‐- 、
        /イハ/レ:::/V\∧ド\
       /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
     ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
     /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l
    /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト
      /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K       おめでとう!
        ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|
          `y't     ヽ'         //
         ! ぃ、     、;:==ヲ   〃
         `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ
              `i;、     / l
                〉 ` ‐ ´   l`ヽ
            / !        レ' ヽ_
         _,、‐7   i|      i´   l `' ‐ 、_
     ,、-‐''"´  ノ,、-、 / 、,_ ,.、- {,ヘ   '、_    `ヽ、_
   / i    ,、イ ∨ l.j__,,、..-‐::-:;」,ハ、 '、` ‐、_   ,`ヽ
  /  l ,、‐'´ // ',/!:::::::::;、--ァ' /  `` ‐   `'7゛   ',
 /   l  i  ´  く   ';::::::l  / /         /     ',
/     ! l      \ ';:::l , '  /        i/     ',





やれー、皆もAAなりなんなり好きなだけ張って英雄を迎え入れろ! いまだけ無礼講だー!

そしてまとめさんをこまらせろ!

127 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:52:19 ID:yxhDeDWU0
>>105

            /^l
     ,―-y'"'~"゙´  |    ♪ チャッチャッチャッ  ♪
     ヽ  ´ ∀ `  ゙':
     ミ   ;;"~゛; ;;~゛;; ))) ハ,_,ハ
     ゙,   ミ;,,_,,;ミ ミ,_,,;ミ ,:' ´∀`';   ヒャッハー!
  ((  ミ       ;:'   .;;"~゛;;;~゛;; )))   エイユウヨー!
      ';      彡   ::ミ;,,_,,;ミ,_,,;ミ
      (/~"゙''´~"U     ι''"゙''u

            /^l
     ,―-y'"~"゙´ .| ♪ ズンチャッチャッチャッ ♪
     ヽ   ´ ∀` ゙':                  ヨクヤッター!
   ;;"~゛;ミ       ミ;~゛;; )))       ズビー        スバラシイワー!
   . ミ;,,_,,;ミ       ミ,_,,;ミ  ;;"~゛;; ハ,_,ハ ;;"~゛;      モ
       ミ      ミ    ミ;,,_,,;ミ,:' ´∀`';ミ;,,_,,;ミ      ,;;"~゛;
       ゙ミ,,     ミ       ::と   /)      .ハ,_,ハ,,ミ;,,_,,;ミ
        (/~"゙''´~"U        ι''"゙''u      ミ"´∀`゙ミ     アリガトウー!
                                ゙''''''''''"

129 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:52:46 ID:yMQYAXwc0
>>105
                       コングラッチュレーション
             ,―==7     Congratulation!   コングラッチュレーション
             |く ___ _>                    Congratulation!
             fll`ーU+'
             `''、 ー=|      おめでとう・・・・・・・・!
          _,,..-´:|ヽー-;ー..,,_
.  ,-=-, ,,..-‘≡≡:| ><´|≡::|ヽ    おめでとう・・・・・・・・!  おめでとう・・・・・・・・!
.  | l____ヽ.|≡l≡≡≡| |::| |≡:::/::|
.  |(llー´_ヽ|≡|≡≡≡|.|:::|l≡::/::::|      完走おめでとう・・・・・・・・・・・・!
.. 4 l__`=|_|≡:|≡≡≡::||:::|'≡/≡|
/|\,.・|::≡:|ヽ|≡≡≡≡≡:::/|≡::|                         _,,.........、
≡|/}:ヽ|:≡|::::|{≡≡≡≡≡:::{ .|≡::|                        ヽ_,,   ヽ
≡:| |:::|l≡:|≡|:|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                        /_>   |
:::≡l|:::|'≡:|≡:|::|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|                       |7 llう.. |
≡≡≡≡/|≡ヽ≡≡≡≡≡::::|. ..|≡::|.    z-..,〃、             ム__ ll´.. |
::≡≡≡::/ ヽ≡ヽ≡::|―、≡≡::l ..|≡::|   /    ミ              1´/ヽ==,...
::≡≡≡|   \≡ヽ::|  ヽ≡≡l  .ljヽl  |   刀、ミ           _,,,..-`‐三=ー-
::≡≡≡|    |ヽ/ー.、.. ヽ≡≡l.  .|/  |  ノ= ∠i         /ヽ、≡≡≡≡≡
:|¬、≡≡ヽ.  |≡ゞー=ッ  |≡≡|   __/ (ll ー゜\|ヽ.       /≡::ヽ≡≡≡≡≡
:|  ヽ≡≡ヽ |≡≡ヽミ.   |≡≡|  l|. ll7| ヽu=/l二ll二l'''ヽ  /≡:::/≡≡≡≡≡
:|   ヽ≡≡ヽ≡≡|     |≡≡|  | | llヽ|w-ヽ/Nヽll  |  | /≡:::/≡≡≡≡≡≡

131 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:53:45 ID:XgcZ0v/M0
                 ,ィ〃≦ミ三≧=z、_
                /ミヽ、j从リ l!i レノクミ、    実に・・・
               /ム彳jハリlソハ川リノノノ、ミ彡}    .!   _  !   、  、
              ,K≧=ヲ´─≠´ ̄ ̄`ヽK}|  三|三 L_| ヨ三 | ヽ |   、   ヽ.  /
                {彡'/クl ___ニ=ーィ=-- }≧}   幺 | | l二.l  L__  |   }   | /
                  j、ゝ' / 'ー─‐`ヽj!Kニ=、ハ |!  小   ̄ |─j  __)ゝ__ノ レ   ノ o
                 {fj  |  K´C、 }| |r´C、 | /
               トヽ、j   `¨ ノ !}`¨´ }|    周囲の目も気にせず・・・
              ゝj`     ./r'_ j:、   ソ
               `.、 ;:    `^ー^ハ /i!'    大の大人が黒歴史を生み出す姿…!
                    ,ィ7!::.   __, -== 、_j /
              /|!八::.   `ゝ=彡',〈、    
          ,ィ≦//::::!、  \    ノ、 ノ/!::!≧z、
     ,.. ≠ ´№№,'№::::|№   `>‐‐'< /クハ::!№№≧=zュ、
  r、<№№№№N/№|:::::!N}  /∧___∧} ! ,'№l:::}№№№№№ヽ
.  {№Y№№№№K、№N:::::NNレ'/ /小、 ヽ、|№j:::::№№№№№リハ
  ソ№ハ№№№№№>N::::::№ハ'  ,:::::::::!  |NN::::::N№№№№V!N
. ∧|N№!№№№№〈N№|::::::L№l_j:::::::::::ゝ__jNN:::::::N№№№№|№|
/№№№!№№№№N、№|:::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::V№№№V!№}

132 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:53:46 ID:Jtzk7eQc0
                                 ,ィフ
                                ∠(´
                              .  ´:::::: ` .
                           /::::::::::::::::::::::::::: \
                           /:::/::::::::/!:i:::::::::li::ト.:::::ヽ
                            l:l::l:::::::::lナト、::::ll::リ:!::::::i
                         从:|:::::::::l寸ト 人 )'l::l:::ト:j   >>105さん、どうぞ乗ってください。
                         /⌒Y 人人 ::i::ト、""  (rソリ:::|   一つ派手に凱旋と行きましょう
                 〃Y 、/   /⌒く入从!从}  __,) . イ:iハ!
                || || 「ト、___/弁圭ノ厂 ̄ ̄}|─< ルル'
                tしリ.メメ.∧7 ィ´〃´Y ̄`ーくj \ /iト、
                     ̄  / / / | { i ___/´ ̄ \ \\' ̄i
          ____   / / //人.`ー |     i\ \ヽ |
        ∠´ ≧ ==≦`{)´`∨〉⊥..\ミ.|     |  \ Y∧
         `> ´  ̄ ` ヽ/ 7 7//ハ∨{三|     | _ _ 〉!l |
         / ..:: >r‐r<./ / /\  ∧∨.リ|     /´  /:::l| |_
       ∨ ..:::/ヽ | | // / / 、 ∨ ∧∨ノ _ _ ./  ./:i:l:l| lー `ヽ
      / .:::/ \〃⌒∨./ ∧ Y Y!/ ∧/´  _Y  /:i:i:i:i:l| ノ_  `Y}
.      Y .::Y´\ ll´⌒`レ'イ/l .:| ||i / /{  ´   \ i:i:i:i:i:l:l|′   /
      | .::::| >弋 __ ノメ <. | .:| ||/ j人      `<ト、iリ‐‐ く
      .从 ..:从 / / ∧ \\从 リ リ´ ̄  `> .    /  `Y/云\
       人  .:: \/ /  ∨_/  人.人   ´  /⌒`>、/   // 〈 ∨!
        \  .. ::: ..: ̄   ..:/./  \   { { i } } i i `>' く 〈_/イ
           ー -- -- ─<       \ 人乂.メ人!_メ:i:i:|  )ノ _ノ

137 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:54:47 ID:HXtqMsWg0
       /フフ         ム`ヽ   『できない約束はしないほうがいい。それが女の子相手なら特に』と。
      / ノ)   ∧∧     ) ヽ ならば言おう。何度でも言おう
     ゙/ |  (´・ω・`)ノ⌒(ゝ._,ノ どうしても君が二人を喪う恐怖から逃れられないというのならば!
     / ノ⌒7⌒ヽーく  \ /   君が傷ついた羽を休めている間、俺が代わりに二人を護ると!
     丶_ ノ 。   ノ、  。|/    翼を持たぬこの鴉が、されど空を穿ち、全ての魔女を護りきってみせると!
        `ヽ `ー-'_人`ーノ
         丶  ̄ _人'彡ノ
         ノ  r'十ヽ/
       /`ヽ _/ 十∨

140 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:55:31 ID:Rk93mgZY0
>>137
やwめwろw



144 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:56:28 ID:8GXp7CHY0
     \  ウホッ!  /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !  /
      \    ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l | /
   | ̄ ̄ ̄\  | | /ヽ!        |            |ヽ i !/-、,,_,, _,,
   |          \ ヽ  |        _   ,、            ! ,/       ヽ、
   /    ̄ ̄ ̄ ̄\\ !         '-゙ ‐ ゙        レ/  .        \
  /    やらないか \     ∧∧∧∧∧       /  ,!   | | ト,       ゙、
 /              /\  <     英 >    / ,,イ ./|!  .リ | リ ! .|! | ト|ト}
/             /  /  <  予    > // //ノノ  //゙ ノ'////|.リ/
           /    /   <     雄 >  ´彡'゙,∠-‐一彡〃 ト.、,,,,,,,,,,,レ゙
―――――――――――――<  感    > 二ニ-‐'''"´      /`二、゙゙7
    ,, - ―- 、         <  !  の  > ,,ァ''7;伝 `        {.7ぎ゙`7゙
  ,. '" _,,. -…;   ヽ       <       >   ゞ‐゙''  ,. ,. ,.   l`'''゙" ,'
  (i'"((´  __ 〈    }      / ∨∨∨∨∨ \.   〃〃"     !   |
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }     /_,,._,,.....、、..、、、,,_   \        (....、 ,ノ  !
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }    /゙´         .},   \       `'゙´  ,'
    |! ,,_      {'  }   /       ,.ァぃぐ      \ ー--===ァ   /    す
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、 /    ァ')'゙⌒´  'リヽ,      | \ _ _   ./  黒 ご
    ヽ ‐'  /   "'ヽ/    ヾ、  ,.、=ニテ‐゙レ     l  \` ̄   ,/   歴 く
     ヽ__,.. ' /     / .     〉 '" /{!  .\      〉  | \   ./    史  :
     /⌒`  ̄ `   / ,r‐-、  /     ̄´     `i.  /ミlii;y′  \/    で
              / .| !`ト,jィ .`、       - 人 ./;jl髭'     \    す

145 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:56:56 ID:liIJZUBo0
                 __/ {, --'―' ̄` -、ノ \__
                /´ |/            \/ \
               /ヽ /                ヽ、__人
             >、/      /|\         ヽ、 この感じ……
               `7     / |  ヽl\
     ピキーン!!   /    ,イ /  |      `ヽ、      英雄ね!!
____∧,、__,/     / レ'        ヽn\       _ _______
 ̄ ̄ ̄ ̄'`'` ̄ ̄ |    /ヽn.          |::|〈 \     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            |    イ  |::|         |::|〈, Y ゝ、
             l   /Y}  |::|        `' 〈 Y ノ ヽノ
            レ|/〉vj   `′         〈 Y,〉 i
               〈Y {                 〈,Y 〉!,ハ

146 名前:大英雄[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:58:26 ID:USmEkpTM0
もう顔真っ赤で俺のライフはとっくに0だけど、最後に言わせてください
実は…王様の時の案も、俺のなんだ…



148 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:58:32 ID:HXtqMsWg0
>>140 じゃあこっち?
『できない約束はしないほうがいい。それが女の子相手なら特に』と。
ならば言おう。何度でも言おう
どうしても君が二人を喪う恐怖から逃れられないというのならば!
君が傷ついた羽を休めている間、俺が代わりに二人を護ると!
翼を持たぬこの鴉が、されど空を穿ち、全ての魔女を護りきってみせると!
                                _
                               / jjjj      _
                             / タ       {!!! _ ヽ、
                            ,/  ノ        ~ `、  \        _
                            `、  `ヽ.  ∧_∧ , ‐'`  ノ      /  `j
 _               ∧_∧_      \  `ヽ(´・ω・`)" .ノ/    /  /`ー'
│jjjj  ∧_∧        (´・ω・`)  ̄"⌒ヽ   `、ヽ.  ``Y"   r '      〈  `ヽ
│ヽ  (ω・` )      / ) ヽ' /     、 `、    i. 、   ¥   ノ       `、  ヽ∧_∧
│  ⌒  , ⌒ヽ     /  --‐ '      ヘ.  ;    `、.` -‐´;`ー イ         〉    ´・ω)    ,-、、     ∧_∧
 ヽ-_、 /  / \  f   、   ヾ    /   )    i 彡 i ミ/         / ノ    ̄⌒ヽ   「  〉    (´・ω・`)
    ヘ  丿丶  ヽ  !  ノヽ、._, '`"/  _,. '"     }    {         ノ  ' L     `ヽ./  /  /⌒    ⌒丶
     │ミ  / ゙ ノ  |   ̄`ー-`ヽ 〈  < _ ヽ.    /     `\      / , '    ノ\  ´  / /  ノヽ 人 ノ ヽ
 / ̄⌒ / / /    !、__,,,  l ,\_,ソ ノ   /   /ヽ、  ヽ.     (     ∠_   ヽ、_, '  ヽ、 ヽ ゙  、ノヽ ソ
《   _/  彡ノ          〈'_,/ /   /   /  ノ    ヽ.   )     i  、      ヽ        ヽ_ソ ´ /巛/、
 \ ` /   /            | |  イ-、__   \  `ヽ    {   f  _,, ┘  「`ー-ァ   j       /´   _ノ_   ヽ
  \ /   ノ _ へ         l.__|   }_  l    \ \   |  i  f"     ノ   {  /   /⌒、/   /    \ ゙丿
   ヽ│  ⌒   │        _.|  .〔 l  l    ノ  _>  j  キ |  i⌒" ̄    /  /_  /      /      丿 /、
   <.,,ヽ_ ノ゙´<.,,_/        〔___! '--'     <.,,_/~  〈   `、ヾ,,_」       i___,,」 ヾ,,_」ヘ_ソ        i___,,」
                                       `ー-‐'

149 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:59:02 ID:ObePjau20
>>146 えっ

151 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:59:17 ID:yMQYAXwc0
>>146
おい!?聞いたか!!??
こいつぁ、凄ぇ!!!まさに欧州の英雄だ!!!

153 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:59:24 ID:/9zjShJk0
>>146
今日から君は言霊の魔術師、安価大英霊としてこのスレに末永く語り継がれることが大決定いたしました



159 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:01:47 ID:yxhDeDWU0
>>146

                                 ;゙^;;
                                /  ";,
                                /,._,;  ゙;
             . + . ;;―-;;'-─ ─y'"'~"゙´"゙     ヾ;;...
                . ヽ、               丶  ゙彡' .+  ☆    ■ ■
■■■■  ■  ■     "ヽミ     ′    ∀      ヾ         ■ ■
  ■   ■■■■■ ■■■■ミ                ゙彡'■■■■■ ■ ■
■■■■  ■  ■       ゙ミミ                 ;;        ■ ■
  ■        ■  +. ☆  ゙ミミ              "づ 彡   ☆ . *  +.
  ■■■    ■         ゙ミ   "つ            ';彡   +☆  ● ●

                   だ、大英雄だったーーーーーーーー!!!

161 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 23:02:14 ID:z1M1UOC20

                                ,. -<     \ヽ、、
                              /    \     \ ヾ、
                            /\ヘ    \ -‐ ´ ヽ  ヽ、
                           /    \\   ヽ    ヽ lハ
                           !     _>、    \    V  \
                           ヾ! i<´    ` ー- . _i ;==' 〈    \
                            | ト、           \ニ -‐'゙:\_,. イ r=====t、      コルタナ……
                            | | iー- ._      __ヽ   :. |!┐ |  //|| \
                           ,ヘヾ、\    ̄マ ̄       : j|ヨ |∠__||   ヽ
             xー--、         /Y   `ヽ. !ヽ     \  _ -‐イ /|ヲ'´  ̄ ̄ ̄X  ハ
          /_   ,ィ 〉      / ∧   .ri `ヽ `- _   i´    .!' .j!       /∧ _〉
        /  / //<:::::ミミ/   ヘ、|_|__i.   ト  ` ┴ニ二彡'/i___/ _.》'  \
      /     //::::::::「 |  ̄\ニニニY ̄.\   | 三ヾ.      //       /::::::::ミ!ヽ. /
    /     //`ヾ:::::::| .|    ヽ // x'⌒ヽ`ヽL 三 |     //圭圭≧i__/:::::::::::::::゙:ヽ /     ,r- 、
  /    //    |:::::|゙ヾ \  / \/   √ \ `ミーヾ-=='ニニニY <7:::::::::::::::::::::::::::`:ヽ /  /\
../      | |__ 上=\ \ \   \ /  √ \ / / //   //  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /  .|
   ___| ! ./ \   \ | \_| \.  \ /   √ \'.  ー---' '    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /   !
 / . ,,ィ==┬┬┬,ィ‐-ッ、≦!  |    \  \ /     ヽ、       |::::::::::_::_::_::::::::::::::::/  /   |
イ  彡'^ー┐.└┴' /  | Yミミヾ !'~ `ヽ、 \   \      ヽ       |:::;-'´   |\:::::::/  /.     |
   ヾヽ  ∧____V   l  !_|_|  o  \  \   |     ヽ、       |/    ,.!-‐=''゙  ./.     |
    ヾヽ       |  |! `゙i|  T ̄Vヽ、  /^/^》  イ      _ヽ     |     / `ヽ.、  /       |
\、    ̄ \  イ〈   _!|--┴―' | `V / /、 |      ,《 \!    /|    ./     ゙i ./   ,.ヘ  |
__| |      `>=―ヾ__/ /イ_|_!イ   | |  | ゙ /   ,.-' .\())r====――<三ヽ、 l/.  /O!  !
--―___/      `ー''ヾ_!__xイ  . ∨ト ∧ヾ. \_/_ / . | | ┌┬‐┐  i|.  ヾー-ヘ/\ |  |
 ̄ ̄                            ∧∧ ノ|i   ./.γ_ヾミミY| | └┴-┘  |!   ヽ.,\\ヽ!. !
             .                    ∨∨└-ニハ ゝ_ノ ヾリ'/_     ,x仁べヽ    ハ \\!...|
                                  人人 .ノ,ッ≦ ̄  ,ノノ/    ̄ ̄     ノ    |  / /
                                 `<三三三三≧''´三/__>  __,.xイ´      | /
                                     ̄    ̄   ̄ ̄     \              |./







シュテルの過去の台詞、『できない約束はしないほうがいい。それが女の子相手なら特に』

これは自分がユーリを守れなかった事を暗に表しています。

後に続けて……全員を救うなんて妄想は、出来っこないってわかってますよね?とシュテルが言っていますが

自分が出来なかったことに対する嫌悪感と、無意識に自分も守ってほしいことも含んでいたり



ちなみにこのセリフは、私が好きな海外FPS「HALO 3」より。主人公である強化人間スパルタン-117(ジョン)の相棒でもあり恋人でもある
『自立型AI』コルタナの台詞です。

コルタナはHALO2で離れ離れになって、3で再会しますが4で消滅します。続編はよ





よーし、英雄(>>105)もいい感じに顔が赤くなったし。今回の英雄の行動によりどんなボーナスがあるか発表していこうかな

皆もそろそろAAを張るのだけは止めにしてね。褒めるだけの言葉なら自由だぞ

162 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:02:16 ID:oKmJWVBg0
改めて言おう、シュテル・スタークス
俺は君を尊敬する。その覚悟に敬意を払う。だが、その上で!
驕るなシュテル・スタークス! 君一つの命程度であの二人が救えると思っているのか!
その消えかけた命の火が、二人が脱出するその時まで持つと思っているのか!
そして無礼るなシュテル・スタークス! 君の二人の友の覚悟が、自分のそれより劣ると思っているのか!
君の命が花と散れば、二人はその死をもって修羅となり、力の限り人々を護ろうとするだろう!
そう、君の代わりに!君と同じように!その命を捧げてでも!
君が多くの物を失い、ゆえに手の届くものだけでも守ろうとしたのは解る…
だが、君が今していることは逃避で / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
\自らの命を捧げ、美しく散り、残|  うるさい黙れ    |る人間に投げようとする傲慢だ!/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_______/ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           ∨      (゚д゚ )
                          <⌒/ヽ-、__ノヽノ |
                        /<_/____/ < <



                                   ( ゚д゚ )  ←頑張って書いて張ったけど支持得られなくて微妙にしょんぼり
                          <⌒/ヽ-、__ノヽノ |
                        /<_/____/ < < 



こうか!

169 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 23:08:47 ID:z1M1UOC20
             _
            ∠二: : : :`ヽ/´  ̄ ̄ `丶
         , '" ̄: : : : : : : : : : : : : : : :、:\/⌒\
        /:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:ヘ\.:.:.:.: ヽ
       l://.:.:/.:./ .:./ .:l.:.:,'.:.:{:.:.:.:.l.:.:ヽ.:.:.Vl:/ \.:.:.:.:',
         /.:.:/.:. l:.:.:.!>ト/{.:.ハ.:.:斗<:l:.:.:.l.:l.:.:.:.:.ヽ.:.:.l          タロンシャダー
.         l.:.:/.:.:.:.|:l.: レ仟圷ヽl ヽfチ圷 |.:.:l:|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
.         |:/!.:.:.: 从.:.{. V;;リ    V;;リ 'j.:.,' |.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |        私達の出番が自ずと回ってきた!
.          j:ハ.:.:..Ⅳト :.ゝ   '    /.:/レ|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
              \:{ヽ|:小    V 7  彡'.:.|│l.:.:.:.:.:.:.:.:.|
               ` Ⅵ:| ヽ、  ´ ,.イ! .:./ |.:l.:.:.:.:.:.:.:. |
               ヾ:ゝ ト≧≦ュ| リ/   |.:l.:.:.:.:.:.:.:.:|
             ____, /| >tく |ヽ、____|_l.:.:.:.:.:.:l.:.|
          /ヽ::::::::::::::::/  |/ l只lヘ|  l:::::::::::::::: ̄ヽ.:l.:|
          |:::: ヘ ̄ ̄ {____|{{<ハ>}}_j ̄ ̄`メ:::::::::|.:l:|
          |::::{ \   / ∨⌒∨ \   / l::::::::|.:.l|
        /ll::::}\ ∨ \  ,VCV  ∠ _∨ |::::/ハ :l|
        { }}:::::ン  ̄}__/ ̄`^<_/ /,弖  l ::{{ }:|
        V__/   / /   /:/`\r'〃ニフ   }::V/ :|
        {´ /了 ̄|l   /:/      ̄ ̄`ヽ ヽ:/:.: |
          ∨     |l   |::|         /  /.:.:.: |
          ∨      `ヽ、_,|::|            /.:.:.:.:. |
           \      ,イゝ=≧ト、     _/ l.:.:.:.:. |




           ̄二ニ=.、,  丶、 ―― __
          /     ` ー  ´       `丶、
        / / ,               ー-、`
       /  / /                \  、` 、
     / / .// /      ヘ    |   l  ヽ  │
  -=ニ-‐''/   /|, / .i │ l ./  l .l   |l│l | j     |     嬉しいけど、素直に喜べないのはなんでだろ……
       |  / イ .|.  .| ..∟l_レ   l/ リl ,|,ハト、ノノ`ヽ  |
       | ,'  |  |  _レ'                リl〈',Y l   |
       l l  .i  |///ヽ二二ニ   ニニ二〈ヽ. ヽ |  |
        l  l  ll// / )/ l /// | 〈 } l | ||  |
           | ハ| l ! |/ .|        l  l. / ! ! .|  |
          レ' |l !  ヽ |   ___,、 l  レ    /‐-、
          l  \   \.   V__ノ /    /|::::::::::ヽ|
           /l  l\   ヽー-- 'ハ    /  |:::::::::::::',
.         //l  l:::/:\___|/´;:;:;ヽヽ--‐':::ヽ  |::::::::::::::i
         | l:::l  レ'\:::::::::::/i;:;:;:;:;ハ:|::::::::__/ヽ.|::::::::::::::!
          lノ::::l //:::::::::` ̄:|.〉ヘノ::::〈: ̄:::::::::::l ';:::::::::::::|
          !l::::::l /::::::::::::::::::::/;:;:;:;:l :::::';::::::::::::::::i  V:::::::::i





とりあえず、ボーナスの一つ

次回のアフリカ編でなのは、フェイト、タヌキの3人が出番を獲得しました+好感度に大幅ボーナス+好印象

170 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:09:27 ID:XgcZ0v/M0
アフリカ編かよwww

171 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:09:33 ID:ObePjau20
この三人アフリカに出るのか

172 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:10:03 ID:mEKhbZiI0
名前呼んでやれよ三バカのえーっと・・・八神なんとかさん



181 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 23:14:56 ID:z1M1UOC20
  乳 せ   か                                          あ
  も. や  .わ                         ___           ざ
  ん. か  .え                      /        、        と
  で. ら   l                     /          \       さ
  も     や                        /                 、        M
  え     ろ.         >―<,.. -- ―― --{...、 > ― <       }        A
  _l      ?       /   - /:.:.:.:',:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:..:.:.:.:.\- 、  ヽ       i      X
  か           {  /  レヘ:.{ヽ::.:.:{\:.:.ト、:.i:.:.i:.:ヽ}   .}            ぼ
  ?              ', 乂/三三  ヽ:! 三三 |ヽ!∨!   ノ      /      で
                  ,>/ ,,,    、__,、__,  ,,, .|Ⅵ//|- イ \     ,        l
               /.:.:/       `r 、´    .j/ |∧!:.:.:.}: : : \  /
              /ヘ:.:.',       ヽ ヽ      j/:.:∧!\: : : ∨
                  ∨   , -- ―― -- 、    ∨',: :ヽ ヽ/
  .                / ノ /    {__}}    \.   ', ',: : /
                  , `ー´     |〕|      ',.  i /
                   {  {       |〔|       }  }´
                ',          |〕|      ,  /
                ヽ. \    |〔|     / ./
                      / > -- __.|〕|.__ --イ⌒ヽ
                      ゝ- ′     ̄      乂_ノ





シュテル・スタークスの好感度が、凄く大幅に変動した



レヴィ・ラッセル・ディアーチェ・K(キングス)・クローディアの好感度キャップが解放。

好感度が最大値の100まで行きましたとさ。よかったね、これでにゃんにゃん出来るよ





……英雄(>>105)のせいで欧州が終わった次の舞台であるエジプト、アフリカ編のプロットに大幅変更しなければいけなくなった。

ティナやライーサが危ない!

192 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 23:18:08 ID:z1M1UOC20
                        _,、__
                      ,ィ´:. ̄:.:.`,ヽ、    ,ィ
                 i\   /,.-i.:.,;= 、.:.:{ {:.、!、//
                 ヽ:.:.Y!i ‘=ソ.ゝ=':.:.:ヾ='ヽ:.:./
                   Y:.Y´..:.:{!:._:.:i}.:.:.:.:.:Y:}´
                    ヽ:ゝ/フ〈-<ニ二ヽ'/__   __
            r、   r-r'⌒,.r‐〉' | //、!ヽ、-‐Y_:.):-.:.`ヽ':.:.:.:./
            !:.:.:>‐/-、!'⌒:.:/ /ヽ-! ヽ \:|:.:.:.:.:.:.:.,:':.-:ヽ/
            ヽ/:.:.:ゝ-':.:.:/ ,.' ,':.:} :.!  }:!(二):.:.:.:.:.:.!.{
             ,':.(二)_:/  /   i:.:,'  :!  |:{ヽ:.:r-、:.:_.:.':.:ヽ
, -――- 、    /:!´:_:.:/   /   i/  ,'   i:ヽ,!.:ゝ _):.-:.:.:.:.{
        ` ー- '― ´    /   , '  /    !.:.:{:.、:.:.:.:.:_::.:_:_.:ヽ
-―               -  ´   /   /    i.:.:.∨ヽ:{ __):-:.-:..ヽ
 _    `  ー  '         /    ,:'    !:.::..ヽ:.ヽ:.:.:r=、:.:.:.:.:_}
'   `ヽ、             /         |:.:.:/ゝ!:.| {_i}:.:.Y:ヽ
     ヽ、        _ ,イ!     ,       !-'   ‘-r_`:-<:./ ソ
       `  ―-  ´    ソ    /      /-{    ヽ`ヽ_,'-'
                /    /      /:.:.:.:!       ̄





〇の出番が更に近くなりました……

それと、正義執行者関連のイベントが追加されることになりました

193 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:18:22 ID:Pt7rIN4I0
七色さん>>146を確認してくだせぇ!
こいつぁ大した奴ですぜ。



205 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 23:20:47 ID:z1M1UOC20
      /                    \        /
 よ と /          _____        \ 知 何 /_
 し に  ̄/    _ノ火´ =ニ三て_,r─ _   /  ら  だ  /
. ! か  く    {Y r t_rxr rくくく< ̄二(⌒   \. ん  か く
    く   \   ミ、/`ー-    .: ̄辷 ⌒ー-  /  が    \
     f ̄ ̄   }|     __, -‐== 辷=‐-   ̄\     | ̄
/∨\/       }廴___  ´rくフづく  } ニ ‐-     \/∨\|
             ]rrゥ、|      :   辷‐-<_
        +;. .  ]}ゝ´|     :   ,}rul||=-~                   >>193、存じて居るぞ!
            |  ヽ`__, :  (( _ノ儿'⌒
              ハ  ´ ='´  :   ├} t\                   なにかご褒美をくれてやろう、最後までしっかり残っておるのだぞ!
             〈ヘ   . .. .: . ._ノム| [i.iフ|'⌒ー‐-
                 「\___,.     マ\. |  r',ニ二
                  |  /jノ|!.|     ト、.\| ノ/二ニヽ
                  | i/-‐弋|     い}  //___
                /|/   /|    '´ /  .厶-──
           丿     |: "'     /
     ,_-─--‐'´        |:       |          /〃
      _二エニ=-         |:       |       /〃/
    /            |:      |      /〃/

215 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 23:24:47 ID:z1M1UOC20
                 .イ      ∧
               / |      ./ .ヽ                      /      \
             /::;  |       .|  :;:\                /         |
            / ,.,,-‐ ´ ̄ ̄ ''‐::| ;::::; ヽ                |  お  覚  |,ェェェェェエエエエエェェェェェェェ、
           / ./         |    \             |  呼  悟   |iNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNト、
          /./           │      ヽ             |  び  先  |iNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiNiN
         /./       ./       ハ        \             .|  だ  生  |圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭エエ}
        /./   .:/    .::::     i   .i       ::ハ          |      が   |:::::::「i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:}]::::::::::::::::::...
       ./ ハ  .::/    :::::     i   .i       :::i            ヽ.          ト::::::| !:::::::::::: i::.. ::::::i |::::::::::::::::::::
      ./ ./  .::::i      :i::::     ;.   ハ      ::::|            \___/` ヽ{ヘl´::::::: ,j、 ..::`|,ヘ―― ¨´
      i  /.イ.::::;  ‐''´ ::i:::     i `''‐ ::;      :::::}                     > :::..... _ _   ,く
      :|;  ' .i:::;| i_ __.::」::__  __ __ハ/__ ハ      :::|                      (  ゝ==ェュェ==イ )
      :|    :::;| -=≡テ'     テ≡==┐ハ      ::i                        j ` == ´ |
.      :|   ::;|.  |::::::|        |:::::::|   i;      .ノ                          ハ::::....    ハ
      :|  ;ノ   _ ̄  丿─(.    ̄´  i;     /                   __ ノ::::::ヽ::::....  /:::::::::::ゝ__
       :|   ハ ///  ̄   _  _` -‐/// j;     ./                     /     i::::::::::::::\:::::/::::::::::::/       \
       :|.    \. _       ̄   _,,,  /      ./                  /       ',:::::::::::::::i://:::::::::::/         \
      :|   :::||ハ. ̄::::::::> r.< > ソ:|\ /     ./                  /  / i     ::::::::::::::∨::::::::::/         iト
.      :|   :::;| ヽ ::::ハ ::; ∨ :〃:::::/     /                   /   } l       :::::::/::::::::::/           | i
       :|   :::;|  ヽ /::::::∨:::||:∨::::::/    /                    /    i |        ∨::::::::::/         | {      ヽ
.       :|   :::;|  ;|::::::fニ=:::||:::::::::::/    ./
       :|   :::|  |:::::::::::::::::||:::::::::/    /






そんじゃ、回想っていうか記憶の解除を

↓7      手紙の魔女についての回想or葉隠愛仁の記憶について

222 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:26:04 ID:siFl6SfI0
ksk
安価なら葉隠愛仁の記憶について

226 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 23:30:09 ID:z1M1UOC20
了解了解、葉隠の方か……

そんじゃあとは英雄のご褒美かな……



229 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 23:33:43 ID:z1M1UOC20
                           /          `  、
                          l , -─ 、____,. --- 、    \
                              j /           ‘ ,     ヽ
                           }/   、   ,         ∨   ∧
                             /--≧x } :/ __,. ィ'´     ∨    i
                             i:::}:::f 。V::ー≦:::;:=ニ::iト _  }    l        正直なにをあげればいいのか分からない
                         |::,'::::`;;;;´:::r‐、:::::ゝ °ノ:::::::::Yi    ;
                            ',i_::::::::::::ノj  ‘,:::::::::::::::::::::√ v‐‐ 、/
                          ', ̄ ̄::〈    ゝ----- ' .:::::/:::}7/
                         ',   r---- 、     ::::/ヾ:.//
                           ヘ   ゝ- _  〉    ::,〈==彡
                               ‘,  `丶       .イ,.ィ/
.        √二二ニ==--   ____,.ィ∧:、     ,. <ニニ7
.         /二二二二二二二二二二二ニニ//∧i>==≦二二ニ=7!
        /二二二二二二二二二二二ニニ////.ハ   ` <__>'´ ハ_
.       /二二二二二二二二二二二ニニ//////‘,     r'::ム   |,ム≧=-  _
      /二二二二二二二二二二二ニニ////////‘,    ∨/〉  .!/,∧二二二ニ≧=-  _



なにか好きなキャラクターでどんなシチュエーションが良いのか言ってくれれば、誠心誠意力の限りを尽くして書きます

他になにか本編でボーナスが欲しいのなら、可能な限り叶えますよ大英雄さん。どうぞ私にお申し付けください

243 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:42:31 ID:C0Y.JVoM0
英雄欲しいなぁ(チラッ

245 名前:大英雄[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:43:01 ID:USmEkpTM0
いつもスレを楽しませてもらっているので、それだけでもありがたいですが
でしたら、もし可能ならばでいいのですが
レイヴンを巡るシュテル、王様、レヴィの女子会(物理)の一幕なんかを見たいかなと(白目

246 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:43:30 ID:hW56flSw0
>>243
投下中は事故のもとやで(ニッコリ)

248 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:43:54 ID:siFl6SfI0
>>243
赤くしておこう

249 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:44:03 ID:8GXp7CHY0
>>245
阿鼻叫喚の地獄が待っていそうだw

250 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:44:37 ID:ObePjau20
英雄殿は修羅場がお好みのようだ

251 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:45:00 ID:yMQYAXwc0
>>245
流石、大英雄殿は願いも謙虚であった!!
凄いなー憧れちゃうなー(物理の文字から目を逸らしつつ)

252 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:45:45 ID:w.Vf6b220
女子会(物理)か、使い魔たちはちゃんと保護しとかないとな

253 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:45:55 ID:kQ/jQSps0
>>243

256 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:46:29 ID:yMQYAXwc0
>>243
寝王さんなにやってんすかwww
いや、向こうにも七色行ってたけどさぁwww



262 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 23:48:56 ID:z1M1UOC20
>>245
了解しました大英雄……さて、女子会参考のためにDeadSpace3をもう一度やってこなきゃ……

>>243
やれ、寝王だ……みんなで赤くしてしまいなさい……

265 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:49:25 ID:yMQYAXwc0
なんで女子回イベントでDeadSpace3をやる必要があるんですかねぇ…?

266 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:50:24 ID:ObePjau20
あぁ アイザックさんの溶接技術大活躍って事ですね(震え声

267 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:50:32 ID:Ul8f7v1U0
女子会を参考するためにデトスペ3を参考にする
どうしてそうなった

268 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 23:50:55 ID:siFl6SfI0
>>女子会参考のためにDeadSpace3をもう一度やってこなきゃ……

どこが参考になるんですかねぇ



274 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/07(水) 23:59:36 ID:z1M1UOC20
                     _.. -――‐、
                            ̄ ̄`ヽ:.:i
                   _ .....-―-...._V_....-――-.... _
                  ,...:≦,,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
              /¨フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:ヽ
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ト:.:.:.:.:.:.:i!.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:. |
               |:.:.:.;.:.:.:.:.:,:.:.:.:.__!_V_:.:.:. |∨:¨卞⌒:V.:.:.:.:|:.:.:.:l.:.:.:.:.:|
              !:.:.:i!:.:.:.:.:.V:.´:.:| .V:.:.:|∨:.:.! V:.:.:V.:.:.:|:.:.:.:l.:.:.:.:.:|      ……なるほど、大英雄さんが言ってるんですもんね
              V:.:|V:.:.:.:.:.V:.:N  V:.:.:|. ヽ┼ V:.:.:}.:.:. !:.:.:/.:.:.:.:.:|
                   Vl V:.:.:.:.::V:T卞弐:.:.:|   ̄下 了.:/!:./.} :.:.:.:.:|      私が本気を出しても良い。博愛主義()の真価をお見せしましょう
                   ヾ ヽ:.:.:.:.::∧ ∨_}\|     _,V__/l:/:.レiノ.:.:.:.:.:.:|
                   \:.:.::.∧xx        xx /:.':.:.:.:.}.:.:.:.:.:.,、:.:.       まず最初に、相手をダクトや通風孔に引きずり込んで……
                    \:.:i:.ト.. _  _  ,.. ィ:.:.:.:.:..:/:.:.:.:.:./ ヾ
                         /Vヾ/へ>゙汀チ=/:.:.: イ/、:./!:./
                        /::::::::::::::::厶:/レミ>¨ ̄/:::::':::::\V
                   V===ミ::__〔巛フ::::::ト、:/::::::::::::::::::::ヽ
                 ____  V::::::::「  / / ̄ヽ:::〈ミ:::::::::::::::::::::0:::.
             r'―ミヽヽヽ <´¨>イ'7{   〉:ハ:::`===ミ/゙7
               /l////ト,》》》}`::ヘ彡"/,イ `ーヘ::::::l_:::::::::::::::::::::::/
           /:::ト==J \}}/:::::く>::://::{二三三}ニ≧=--==、′
             /:::/: : : : :/:::::::`ー-、//::::::{/////ノ∠二二¨ミ:、、}
          /:::/: : : : :/:::::::::::::::::::::::¨`::< ̄ ̄:::く///////ヽ ヽミ7
            /:::/: : : : :/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::じし{J_y《::::!::::{/
        /:::/: : : : :/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::|: : : : : :|:::}:::|ノ
          /::://\:/_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':::::::!: : : : : :l:::|¨
.         /;∨;;;;/|/\}><::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : : : :|:::|




とりあえず、そろそろ本編はじめるよ……

287 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 00:13:20 ID:PBspRoEo0
うし、とりあえず一時までやるよ……一時に上司が家に尋ねてくるからそれまでね

あとは休憩挟んで続けるかもしれない……


とりあえず、まだ残ってくれている方はどれほどいますかー?

288 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 00:13:50 ID:N941Bwps0


289 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 00:13:54 ID:XGWFpavM0


290 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 00:13:55 ID:BFCRtDdk0
ノシ

291 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 00:14:12 ID:1GsRHt9Q0

上司wwwどんだけだよwww



300 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 00:15:52 ID:PBspRoEo0
                          -‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヘ
                      /´             ヘ
                   /´                `ヽ、
                      /                     \       改めて、もう一度言います
                   /     /                      ヽ
                 /     /..、   ヾ  〃                i    自分はあなたの『覚悟』を尊敬しています
                   /    ノ{:;:;:;:}    ii  〃             i
                   i    ゙´ { ゞ'"    ツ   /               i  比類も無い自己犠牲の精神の上で成り立つ『覚悟』に対して
               /`     ゝ    ´    /            /
                    /i       ヽ       /               /  最大限の敬意を払っているつもりです
                   i i         }       三         ,../
                   i \____ノ       "____   イへ__
                \             _,ィ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    \          i´ __,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                     ‐- ____ iヽ! <_ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                            i ヽ   ! .',  !∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                       ! ヽ  .! ', >__〉:::::::::::__,::::-―'" ̄ ̄ ̄⌒ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃引くな、一歩でも足を引いてしまったら彼女を救う事など出来やしない

┃腕が動かせないいならその口で、自分の思いを熱い言葉を通じて彼女に伝えればいい!

┃そうだとも。顔も知らぬ全ての牙無き人のために命捧げる『覚悟』を持つ自分にとって
┃愛する友のために己の命を投げ捨てる彼女の『覚悟』には共感する部分も多々ある、だが


306 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 00:25:58 ID:PBspRoEo0
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \           だが、その上であなたに言いたい!
            /                    \
           /    \          /    \         驕るなシュテル・スタークス!
              l       \        /       l
              |     ( ● ) 丿ヽ ( ● )     |   君一人が命を燃やし尽くしただけで、あの二人を救えると思っているのか!
              l                         l
           \      (____人____)      /   その消えかけた命の灯が二人が脱出するその時まで持つと、本気で思っているのか!
            \.      |,/⌒'⌒ヽ|     /
             ,ィl\.      l     j    .ィ
         ,....:::::'´::;':::::::`iヽ.   `ー--‐''´  ,ノ i´::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::;'::::::::::::l \      / l::::::::::::';::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::l:::::::::::::!   `丶_,ィ   /l::::::::::l::::::::::::::::::::::\








: : /: : : : :/l{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
: /{: : :.:.:/ l: :l: : : : : : : :\: : : : :.ヽ: : : : : : : : .',
/ .|: : : /   l: ハ: : : : : : : : :ヽ : : : : :i: : : : : : : : :i
  ヽ:.:.:l   iノ .∨: , : : : :ヽ: :丶 : : :l: : : : : : : : :l
.\...\|       ∨ヽ\:i: :_>ヘ : : l: : : : : : : : :|          えぇ、思ってます。本気で思っていますとも!
_ ` ー-- ,  ‘ー― ´ __ \}: : : : : : : : |
.厂 ̄`ヽ        ィ' ̄ ̄{ミx.,': : /: : : : : :|         レヴィの笑顔、ディアーチェの夢の為でしたら、最後の時まで骸になっても死にません!
l:::::::o:::::i’  :::::::::::::::  l:::::o:::::l '” i :/: : : : : : :|
゚。 ::::::: ノ  :::::::::::::::::::::  ゝ:::::::::ノ/ レ : : : : : : : !        そのために、私は自分の命だって犠牲にして来ました!
 `¨¨´           `¨¨´ / : : : : : : : : {
                / /: : : : : : : : 八
          '           ,': : : : : : : :人: : :ヽ
ト、       ._         .//: : : : :.l: /::::::\ト、ヽ
:.:.'`丶    .´   `   ..ィ: :/: : :,': l: :l/l: /レ'  ヾ
:.:州:.:冫≧‐- ..-‐≦´ゝ! /: : :/: 人:l .}/ '  ,  ─-
-─‐{二二二二二二二二}//: :/─‐----─≦::::::::::::::::::`ヽ
:::::::::人:::::::::{二二二}:::::::::::人:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}

308 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 00:35:30 ID:PBspRoEo0
                  ______
                 /       \
               /           \
              /       ,===ヾ、  ノ=ヽ、     なめ
            /       { {;;;;iij;;;;i  i;;;ij;;;|i      無礼るなシュテル・スタークス!
           /         ゝー-‐'"´  `ー´ヽ
           |       ''"⌒'{     人    }     .二人の友の覚悟が、自分の覚悟より劣ると思っているならそれは大きな間違いだ!
           |          ヾ、__,/;;;;;ヽ、__ノ
           \           /;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::/     .君の命が儚く散れば、二人はその死を糧として修羅となり、命尽き果てるまで人々を護ろうとするだろう!
             \        .{r--v-、::::/
             〉___ __ ̄ ̄〈  ̄ ̄7/       .誰や他の為でも無い。君の代わりだぞ!君と同じように!その小さな身体を捧げてでも!
            >三三三三》:.::.:.:..\  /´/






                   __        __
                   ´: : : : : : : :`丶 ,ィ彡'´二ニ=
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶
          /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :\: :\
            ′: :′: : : :_//: / ハ: } : |:ヽ: :ヽ : .
           : : : |i : : |/.〃/| | }斗-|: :| ヽ ',: : !
         / /: : :|l : : 圷笊テミ レ' 仟ュ、!: :!: :.|: |ヽ|    いいえ、絶対にそんなことにはなりません
           ′: :|: 八: : 弋zソ    fカリ 7 :/: : |: |
        |: |: :八: : \:ヽ       `ー'ムイ : /レ'     何故なら私が死ぬときは、二人がブリタニアへと向かう時
        レ'|: :! : \: :|(⌒    '  /: :/ル'
.           |:|:| : ハ:.ヽ|`   ⌒ /|: /        最後の殿となり、パ・ド・カレーに残るからです
          从Ⅳ }ハ||_>‐- ' .ノル'
              <:::::::::¨叭ヽ.  /
         γ⌒ `丶\:::::::{二}::|`‐- .
            l::::::::::::::::::::::::::\ :::::::: |::::::::::::}
            l::::::::::::::::イ:::::::::::::\ミソl :::::::ヽl

311 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 00:41:24 ID:PBspRoEo0
             /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
           /: : :             \
          /: : : :            \
        /: : : : : :               \
       / : : : : : : : .._         _    \        最後の最後で散るつもりか
       |: : : : : :  ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
       |: : : ::;; ( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |      君が多くの物を失い、ゆえに手の届くものだけでも守ろうとしたのは解る…
       |: : : : :  ´"''" ,      "''"´       l        だが、あなたが今していることは過去からの逃避でしかない!
       \ : : : : . . (    j    )、     /
         \: : : : : `ー-‐'´`ー-‐'′   /           自らの命を捧げ、美しく散り、残った全てを生きている人間に投げようとする傲慢だ!
         /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : /\
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".::::::::::::::∧   、
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ::::::::::::::` |   }丶 、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::/  |     !  ` 、








        ___
     _ . .´: : : : : : : `  ‐- _
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.` 、
. /: : :./:.: : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.\   , .-―- 、
/: : : :./: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : `Y: :-=ニ⌒
: : : :./: : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
: : : :′: : :./: : : :/: : /| : : : : : : :.ハ : : : : : : \: : : : ',
: : :.|: : : : :.l: : :.,イ: : / .!: : : : : : |: : !: : ハ: : : :.:l\: : : :
: : :.|: : : : z!-/./_.,イ  |: : : : : /|: : l |: : !: : : : !: :ヽ: : |
: : :.|: : : :.:Tア从7´ ̄.|: : : : /`トミ,イl! : |: : : : l: : :.|: : |
: : :.|: : : : l下ア抃 .   |: : / _l/`ト「ゝ/: : |! | : : |\|
: : :.|: : : :.l弋_zソ    |/ ァfカアノノ :::/ル'|/∨        っ、ち、違います!
: : :.|: : : :lゞ           込zソ ./'イイル'
: : :.!: : : :!         、    /: : : :|            逃げてなどいません! 前を見て、戦っています!
: : :.l: : : :|\            /l : : i :|
',: : lヽ:.:.:|ヾ{\    ̄ `   .イ: li : ル'             私の心構えは傲慢などでは決して……
:!\|lノ\ト、`ー`-ー―<´|!|/l: ノレ'
/ :::::::::::|:::\:::::::{二二}:::::iヾ从|
::::::::::::::::::|::::::::\|\/\/l::::ヽ:!:::`ヽ
::::::::::::::::::|::::::::::::: ヽ====l :::::`i::::::::ハ
::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::l:::::::::l:::::::::::}

320 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 00:47:50 ID:PBspRoEo0
                        -――――――-
                        /              \
                   /                    .
                 /      __              __          いや、違わない! あなたのそれは逃げ足だ!
                  |       \           ./  |
                  |      〃 \_ !i!i!i!i!i!il、/    |
                  |      { 込リ !i!i!i!i!i!i!i 込リ }  |      .真に二人を思いやる心があるならば、君は生きることを選ぶはず!
                 -- 、            /      ヽ      i
                 /   /⌒Yヽ       {___人__}      /       真に二人を信頼するのならば、君は彼女たちに背中を預けるてたはずだ!
             /   /   |  \__   {|l|l|l|l|l|li}     /
              〃i.  /    /    i\:::::::`ヽ ー―    /
              / /   /    /}   ./  \::::::::|`1    「 ̄ ̄/
          ∨               ノ|:::::::| |   |   /{__
           }                  }:::::::| |   l   /:::::::/
          /:::.                   |:::::::|    /  {:::::::/---..
         /::::::::::.                 |:::::::|、 \_/ /::::/:::::::::::::::..、
       /::::::::::::::::::,             ;::::::::| \〈 /{:::::::::一ァ::::::::::::∧
        {::::::::::::::::::::::.             ,´ヽ:::|   }o |::::::::::::::|::::::::::::/::::i
        |::::::::::::::::::/´}             /  /}:|   }  .|::::::::::::::|:::::::::::::::::::|
        l:::::::::::::/::{\\          _/_,..イ:/::!    }o |::::::::::::::{:::::::::::::::::::|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃怯んだ。心の中で隠していたはずの事を射抜かれ動揺したのだろう

┃その隙を逃す葉隠ではない。腕を押し、押し切られそうだった状態から
┃逆に彼女を押し倒さんとばかりの姿勢まで盛り返す
┃                                     チャンス
┃反撃の隙を与えてはいけない。彼女を攻め落とす千載一遇の機会だ


328 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 00:56:54 ID:PBspRoEo0
               ____
            ,. -'"´      `¨ー 、
           /            ヽ ヽ、
        ,,.-'"          ,,.-'"`     ヽ、
       /        、__,,.-='、':'"        ヽ、
      i へ___,    " ゙.゙、;;;;::',ノ           ヽ     もしあなたが生きたいと思うなら、まだ少尉に二人と共に立ちたいと言うのなら!
      ./ i ゙:;;;;;,:〉     `''''''"             ヽ
     / . ゙ー-''"       ヽ               i   自ら己の命を選ぶのならば、当方にはそれを救う為の医薬品がある!
     /    i   人     ノ               l
    ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               l
    i      `、  _y──‐ l               /
    ',       i_/  / _ '              /
     ヽ、       ̄ ̄               /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                     ヽ








                    -‐……‐-ミ
          …‐-ミ: : : : : : : : : : : : : 丶
.     /'⌒/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
.         / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
         ′: :′..:.:i : :.|: : :.:.i :|: :i: :.:i:.:: : ;.            嘘です! そんな私を救う手段なんて有る筈がありません!
.        i : .: : |: | { }|ヽ _,」⊥,ハ:i|: : : i
.        ! : :|.: .:-ミハ:i|ー ,斗fゃ:ァ.:}|: : : :            失ったものを取り戻すなんて、そんなこと誰にだって不可能です!
         : :.!{ : i《 {j:刈  ,乂ツ′:|: : 八丶
          丶〔:,小.:℃´ ,.   "" |: |:.:/  ヽ}          第一に、そんな怪しい物を信じられる訳がないでしょうが!
            〕ト人   マ⌒)   :| /7ーテ  '⌒ヽ
              j人: : .≧=- イ  .j// //      ,
                \}  〈{ :|   / //   ()
              _|   ,≫:|,_,_,/≪ ( '⌒ー~ }
              {/   〉\、| / /  }-=ミ   ノ
                ( ~'/r‐==YY=‐-  ,′  Y
                 ー‐ヘ ___,乂,____ }/     /
               〈::::::::〃  八      / 、
                丶::::{{(二) >≫    ./  >
              / `¨ゞ==-‐'" ──'′/
              \/∧     \___/丶

331 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 00:59:13 ID:PBspRoEo0
                    __
              ,..-''"´:::::::: : `"''-、
             /――--:::::::::: : -―\
            /   _:::::::::::::::::::::::: _ .',
              ,'   イ O ):::::::::::::::: イ O ) ',
           l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l          .無論、絶対に助かるわけではない!
           l     (   ,、  )    l
              '.,     `¨¨´ `¨¨´    /
            ヽ、 __        /
               r''"´:::::::/´|    _,,..-''´ヽ
             __|::::::::::::/::::::ヽ、   |:::::::〈.、__
      _,,..-‐''"´  |\./,::::::::::::|    |:::::/-ヽ、`''-..,,_
     |ヽ      |  __ '.,::::::::::\.  .l/::::|  <_   .|
     | ヽ       ̄/   '.,::::::::::::\,':::::::::::',   .|    .|
     |  ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::',  |   .|
     |   ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::',  |     |
     |    l       \  |:::::::::::::::::::::::::::::| l     .|
     |    |          \|:::::::::::::::::::::::::::::| ,'     |









                              ┏┓┏┓
                            ┏┛┃┃┗┓
                    , -‐ァく:.:`ヽ、 . ┗━┛┗━┛
.                  γ : : :.:..:.:.:.:.:.:.:::、:、 ┏━┓┏━┓
.                   ! : : :.:.:.:.:.:.:.:.::::::i::リ..┗┓┃┃┏┛           こけ
                 {.:..:..:.:.:.:.:.:.:.::::::::}/  ..┗┛┗┛         人を虚仮にしてるんですか貴方は!
                _ 彳.:.:.:.:.:.:.:.:::::::゙v'リ
                ' ,、'´ヾrwツヾ从ル'
.              イ‐': : i:厂´`¨¨゙ゞ!-.、
              バ、_: :_」!:.:.:.:゙´:::::/入:.:.ヽ、
              ゝ`ー'"1i:.:.:A:::::,// ヘヽ:.::冫
.            /::`::ァ-'ヘ、ソヾ、/:ハ{:.:.::>、/
            { : :=<,  }≦、 ∨ ヾ=彡ヘ
.            ヽ_,.斗ヘ `=ァミ三ニ=!:::::::`、
              ゞ斗‐'¨;ヘィ厂¨゙ニ=[三i:::::::::ヽ
            ヾ´:::;斗/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::!:::::::::ハ
                `7::;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::i:::::::::::ゞ,
           ムゞ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::!:::::::/ヘ、
           `¨フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::rニ¨:::::::ト、
           /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::「¨¨´::::::{゚)
          /.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::ゝ=ニ二ミ}
          /.: : :.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::t、〉::::::ハ
      ,イ.: :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::`¨'.':::::',

332 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 00:59:37 ID:XGWFpavM0
あれ何かギャグになってきたような

333 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:00:12 ID:6tGam72w0
不覚にも吹いたw

334 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:00:15 ID:f5wQzz6QO
出来る!嘘じゃない!

星が月に届かないなら、俺が君の月になって、君の全てを抱き留めてみせる(唐突)

335 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:00:24 ID:a5DH1eo60
>>332
ここからwここからww

338 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:04:02 ID:tzs4gG7U0
>>334
やめたげてよぉー!

339 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:05:13 ID:mhUFt7/A0
>>334
このセリフはやっぱり偉大だなwwwww

340 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:06:00 ID:0J3jmQCI0
>>334
零式戦技・棺である>抱きとめて



342 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 01:10:16 ID:PBspRoEo0
                        -―-
                     /        `
                       '            \
                    /              、
                  '                 }>          .君の生きたいと思う執念が少しでも弱まれば
                /  \    /       イ          .この奇跡の妙薬も効果をもってしても、その命は儚く散り、二人の心を傷付けるだろう
                  /_i ( ●)  ( ●)   /:/
                 \ `ー、(__人__) r―. . ´三.人             だが、それを乗り越えられるのならば、君は生還することができる!
                  \三ヽ`⌒´  !三三三/= \
                        )--},不 ̄ )--―´三/三\
                  ア)yし'- ニニィ三=|三ア三三三\
                /ニ7^}:ア´/// /三ニレ'´三三三三=.ヽ.    二人と一緒に居て、ずっと傍で支えてあげる事が出来るんだ!
.             ___∠三=/ /::|/////三ニ/三三三三三三= l
           /三三三 〈三/ /:::::|///三三/三三三三三三三= |
         /三ニr====='=./ /::::::::l/三`==┐三三三三三三三= j
     .  /三三|三三≡/ /::::::/三三三三|三三三三三三三=./
      /三三=|三三=/ /:::/三三三三/三三三三三三三=/
.      |三三ニ |三三/ //三三三三/三三三三三三三ニ=/






           .   ´. ::  ̄:. : ::: :`  .
            /. :: ::./: : :: :: :: :: :: :: :: : :: \
          . ' . :: ::.::/. :: :: : :: :: : :: :: : :: : ::} : :: ヽ
       /. :: :: :://. :: ::/: :: :: :/: :: :: :: :リ : :: : ::. .
.      /. :: :: ::/.:!: :: :/. :: ::/!::/ :: :: :::/ : !: :: :: ::: : .
      l: :: :: :://.|: :: :|:≧x'  j/:l: :: ::./:!: ::リ :: : :: :: ハ       ~~~っ!
      |: :: :::/〈 |: :: :|Tr示k  |: :: / .ィ升!`リ.:: :: :ト、}
      |: ::::/: ::ヽj: :.N 乂ソ /j:/x=jメ.ル': :: :: /}       そ、それでも!
      l: ::,': : ::l:.:| : | ""     /r'f テx!: : : :::/:リ
      l: ::i :: :: !: l: .:|、 u      ' `ー ' /j: : ::, '::./      例え私が治ったところで、今の周りの状態は変わりません!
.      从:j: :: :ル八: !_\   ⌒   . イ. :: イj:/
       人x<二ニ X二 > --  て. :::!::/          私が、私が二人を守ってあげなきゃ同じことの繰り返しなんですよ!
      ∠二\ 二二二二二K. ::/.:/.::/
    ∠二二二\ 二二Ⅴ77二\: :ル'
    .仁二二二Ⅴ X 二ニV/ 二7 ∧
  ∠八 二二二 }/. :::\ニ.{ !ニフ/.::ヘ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃二人と一緒に。その言葉を聞いた時、彼女の胸が一瞬だけだが、確かに昂った

┃彼女たちと別れることなく、もしかしたらまたあの平和で心安らぐ日常に戻れるかもしれない

┃胸に抱いた憧れを、頭に思い描いてしまった日々を振り払うように声を振り絞り反論をあげる



344 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 01:12:54 ID:PBspRoEo0
上司が脇に座りながら書き続ける……なんの羞恥プレイだこれ

345 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:13:16 ID:XGWFpavM0
えっ

348 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:14:30 ID:mhUFt7/A0
上司×七色

351 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:15:00 ID:u3r/yYkI0
| ^o^)┐ホモォ…



365 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 01:20:16 ID:PBspRoEo0
                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !    少尉の心配は杞憂だ
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /     ――最後に、シュテル・スタークス。君はかつてこう言ったな。
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;    『できない約束はしないほうがいい。それが女の子相手なら特に』と。
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7










                   -─‐- `  ‐- _
               ,, ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:.:.:.:.: `:. 、
.           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :\   , .-―- 、
        /:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:U:.:.:.:. `Y: :-=ニ⌒
.        ...':. : /:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
.         /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :/ /.:.:.| ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:',
.       j:./:,:.:.:.:i.!:.:.:.:.:. : -‐≠ト /  .|:.:.:.:l!: : ! : :ハ:.:.:.:.:.:l\:.:.:.:.;
.       / ':/:.:.:.:.i:.:.:.:.,:.:.:斗=テ トヽ  .!.:.:./! .: l | : :! :.:.:.:.:!:.:.:ヽ:.:.|
     /l i:.i:.:.:.:.:.! ./:.:.:.:.:.|| 心::::ハ . !:./ .!:.:,イl! : |. :.:.:.:.:l:.:.:.:|:.:.:|
     l:.: l!:.:.:.:.:.!:!/{:.:.:.:.:.:.i弋Cノ   レ ム斗:ト/:.:.:.:.|!:.|:.:.:.:|\|
.      /イ i!.、.:.:.:!:! . \:.:.│ `゙     ,,テ=;ム.ノ :::/ル'|/∨
.      i :!:.:.:.:. : ,:.:.:.:|:.:\{.        心::リ ノ'イイル'          あ、そ、それは……
.       ` ヽ! i!: i:.:.:.:!:.:.: `ヽ       ゝ`´ {:.:.:.:.:|
    二 ̄:: ̄::ヽiヽiヽx< ̄ `:ヽ .っ    ノ:.li.:.:.:.:|
   ::::::::::::::::: イ´::::::/i:::::::::::::::::::::ハ.__,, .<:.:.:.:li:.:ル'
   :::::::::::: ,ヘ´::::::::::`''´:::::::::::::::::::::::::', `i:.::.|/l:.ノレ'
   :::::::::::,',' .:::::>、-―=''" ̄ミx、::::::ト.|}从! ´
   ::::::://i!:..::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘミx:::|
.   :://ll:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘミ:ノ
   :`..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃今度は違う意味で胸が昂った。自分がかつて男に向かって言った台詞だ

┃ユーリと約束した、自分は必ず彼女を支え守り抜いてみせると。しかし結果は無惨にも終わった

┃あの時の事を彼にも分からせるために、自分の過去を踏まえて戒めとして残したはずの
┃言葉だったが……いま、改めて聞いて、不思議と鼓動が早まるの感じていく


367 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 01:20:46 ID:PBspRoEo0
ベーコンええぞ!

368 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:21:13 ID:t0ra6QYQ0
(あ、これは上司の書き込みだな)

372 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:22:27 ID:QFnfMeAk0
ベーコン美味しいよね!(悪乗り)

374 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 01:22:45 ID:PBspRoEo0
ちょっと紅茶取りに行ってる間に何レスしてるのこの人……

しかも、今見たら内容の欄にツヨシ工業って書いてあるしさ



382 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 01:28:26 ID:PBspRoEo0
                ,,..-――‐-..,,_
                  /  __     ヽ
             /     _ `ヽ    ヽ
           /:::::::  /´  ヾ      ̄ ',
             ,'::::::::::  ヽ●__         i
.            i:::::::::::.      /    、__ l       .ならば言おう。何度でも言おう、咽が張り裂けるまで何度だって言ってやる!
            .i:::::::::::::.    {       ヽ ̄ .|
             ヽ:::::::.:::.    {ゝ---、_ノ   l       どうしてもあなたが二人を喪う恐怖から逃れられないというのならば!
.           _,.::::::::::::...   `ー-..,,_/    /
.          / ..`ー::::::ー-..,,___     .<         君が傷ついた羽を休めている間、俺が代わりに二人を護ると!
.          ,_/: : : : : .、_:::::::::::::::::::r‐''"´:|___
.     ,-‐'´/: : : : : : : : \::`''-..,, ヽ._: :|: : : :|
    /.-‐'´_``‐-、.、: : : :\、::::::::`''-':::ヽ| : : : i`ヽ
   >: : : :_,,..-、: : : .``..''‐-..,,_\、::::::::::::::::|: : : /: : :|
  ノ: :''"´: : : : :_,,..-∠--、: : : : \l \::::::::/ヽ:./: : : :|
 /: : : : :__,,..-‐''" ̄ ̄ ̄ ̄ヽ__|_.\/   ∨ : : :|
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : : :', ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
. \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : :〉____,,.-'、〉 〉
    `''-..,, : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : :/、  \\\l_jヽ、
.   ,-、__ ̄} ̄ "''‐-..,,__/___/ `''-、 ヽヽ'`ーヽ'
  /: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : :./     || ヽ-'  | : : ヽ
. /: : : : : ノ: : : : : : : : : : : : : : : : :.|       ||     |: : : : |







                    -‐……‐-ミ
          …‐-ミ: : : : : : : : : : : : : 丶
.     /'⌒/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
.         / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
         ′: :′..:.:i : :.|: : :.:.i :|: :i: :.:i:.:: : ;.        嘘です! そんなの嘘に決まってます!
.        i : .: : |: | { }|ヽ _,」⊥,ハ:i|: : : i
.        ! : :|.: .:-ミハ:i|ー ,斗fゃ:ァ.:}|: : : :        出来っこない約束です、魔女でもないあなたが……そんなの無理に決まってます!
         : :.!{ : i《 {j:刈  ,乂ツ′:|: : 八丶
          丶〔:,小.:℃´ ,.   "" |: |:.:/  ヽ}
            〕ト人   マ⌒)   :| /7ーテ  '⌒ヽ
              j人: : .≧=- イ  .j// //      ,
                \}  〈{ :|   / //   ()
              _|   ,≫:|,_,_,/≪ ( '⌒ー~ }
              {/   〉\、| / /  }-=ミ   ノ
                ( ~'/r‐==YY=‐-  ,′  Y
                 ー‐ヘ ___,乂,____ }/     /
               〈::::::::〃  八      / 、
                丶::::{{(二) >≫    ./  >
              / `¨ゞ==-‐'" ──'′/
              \/∧     \___/丶

391 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 01:36:06 ID:PBspRoEo0
                   _____
                   /
              /                  \
             /                     \
            /                       \
           /                          ',
          /                               ',       嘘じゃない! 出来る!
        i                              .
        |                              i
        |                              |
        .
         '.                             }
           __',_______________      ノ
      /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\   /
     /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二}/
     }二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ∧
     i二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ









          ,. : : : ::一: : : 二: :=: : .        _
       r: :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: :ヽ r: :´: : ⌒
     /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、: : : : : :/、
   /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶、
.   /: : : : : : :/;: : : : ::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.   : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ: `ヽ : `\:_: : : : .;
  : :: :|: : : : : : : : :/: : : : :|: : : : : :ヽ : : : : : : : ヽ: : ヽ:.: :、ヽ ヾ: :.i
  : :: :|: : : : :|: : :/ : : : : : !: : : : : : :} _i_:i: : : ヘ: : : :ヽ: ヽヽ ヽ}      だからどうしてそんな事が――って!?
  : :: :|: : : : :|: :/´':|メ、__}、..: : : :./ " |: : :!:`:| : }: : : : :!ヾ',
  : :: :|: :: :: ::|:/ |_/|.---、.!: : : : :ハ`゛丁: :j:!: : : :|: : : : :!:|: :i
  : |: :|: : : : :!ィシ弐芹≡ゞ': : :/:/ イ≡斥ミッ|: : :/: : : : :!:i!: !
  : |/:ヽ : : :|ヾ弋;;;;;;cノ. ,',.イ,'イ  .弋;;;;cノ メ|::j/: : : : : :!リi/
  : : : : 丶、!   :゙ ̄´´         ̄ " i/ : : : : :|: :!
  : : : : : : : !   `````      ′ ```` ./: : :i : : :八|
  : :|: : :| : :|:ヘ.   u                /!: : : ! : /
  : :|: : : : ::| : : :、    .⊂=ー ⊃  , イ: :|: : /|: /
  : :|: : :|j、|\ :|:::i丶       ̄   イ : i: /|::./ .|/
../⌒ヽ./   >r´i|    `  ´, | // !/ ル  ´,.:‐:.、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.>:rrく:.:.:.:.:.:}\__彡く:.:}:.:.:.:.`:.:.. _  /.:.:.:.:.:.\
:.:._ :.:.:.:./://:.:.:.:.:.:.:.:ト┌┴┴┐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} }Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:.:.:.:.:.:.: |:.{ {.:.:.:.:.:.:.:.:.|:└┬┬┘.:/.:.:.:.:.:.:.:.//.:j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃徐々に彼女の声が尻すぼみとなっていく。気迫が薄れていくのが分かった
┃押し込む、ここで引いたら後が無い――葉隠は彼女を荷台の床へと倒れるようにして押し倒した

┃驚くシュテル。葉隠の顔が目の前へと、視界いっぱいに彼が映る

┃違う意味で、いやある意味ただしく胸の鼓動が早まり、顔が首筋から少しずつ上へと朱色に染まっていく


392 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:36:38 ID:XGWFpavM0
ファッ!?

393 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:36:39 ID:t0ra6QYQ0
> 押し倒した
> 押し倒した
> 押し倒した

394 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:36:55 ID:vYdYDP420
これ絶対(ry

395 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:38:08 ID:u3r/yYkI0
> 押し倒した
これは責任取らないといけませんねぇ…



407 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 01:47:47 ID:PBspRoEo0
全部大英雄さんがやれって言ってました、私は悪くないです全部大英雄さんの指示通りなんですはい







                        -――――――-
                        /              \
                   /                    .
                 /      __              __
                  |       \           ./  |       何度でも、少尉が納得してくれるまで何度だって言い続ける!
                  |      〃 \_ !i!i!i!i!i!il、/    |
                  |      { 込リ !i!i!i!i!i!i!i 込リ }  |       二人を守る、何があっても彼女たちを傷つけたりさせない!
                 -- 、            /      ヽ      i
                 /   /⌒Yヽ       {___人__}      /       誰も欠かせない、全員が生きて戻るんだ!
             /   /   |  \__   {|l|l|l|l|l|li}     /
              〃i.  /    /    i\:::::::`ヽ ー―    /         シュテル・スタークス!!
              / /   /    /}   ./  \::::::::|`1    「 ̄ ̄/
          ∨               ノ|:::::::| |   |   /{__       もちろんあなたも、一緒に戻るんだ!
           }                  }:::::::| |   l   /:::::::/
          /:::.                   |:::::::|    /  {:::::::/---..
         /::::::::::.                 |:::::::|、 \_/ /::::/:::::::::::::::..、
       /::::::::::::::::::,             ;::::::::| \〈 /{:::::::::一ァ::::::::::::∧
        {::::::::::::::::::::::.             ,´ヽ:::|   }o |::::::::::::::|::::::::::::/::::i
        |::::::::::::::::::/´}             /  /}:|   }  .|::::::::::::::|:::::::::::::::::::|
        l:::::::::::::/::{\\          _/_,..イ:/::!    }o |::::::::::::::{:::::::::::::::::::|








                __
              ´       ` 、, -――-  _
          /           ` ∠二 ̄__
                           、_ \
          /           /       ヽ `ヾ,
        ′           //   i! :i| ヽハ   l!
          i          //     /  リ  li .l  i
          //     ./      i/-i / / ./ ' i |/          な、なんで私に固執するんですか!
       イ/       i /     {´ !:レ゙イ//  /ノi/
     / ! .i |  iハ    i |ヽi i////i_,イ.  '         あなたにはレヴィやディアーチェが居るでしょうに!
         | ハ  !  |ヽ  l |..| | u  ./i !
         i'  ヽト _トi!_\ l | i!| |__ノ}ハj            (か、顔が近い、近すぎます!)
                 '|三三≧}i ヽ' r:'777ー、
              「三三三三ミ、 {//////ハ
            ∠ニ=-――-=ニミ、.ゝ-―-、/j
         ∠三/三三三三=.Y´三三三.ヽ

417 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 01:53:44 ID:PBspRoEo0
                          -‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヘ
                      /´             ヘ
                   /´                `ヽ、
                      /                     \
                   /     /                      ヽ
                 /     /..、   ヾ  〃                i      あなたが好きだからだ!
                   /    ノ{:;:;:;:}    ii  〃             i
                   i    ゙´ { ゞ'"    ツ   /               i
               /`     ゝ    ´    /            /
                    /i       ヽ       /               /
                   i i         }       三         ,../
                   i \____ノ       "____   イへ__
                \             _,ィ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    \          i´ __,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                     ‐- ____ iヽ! <_ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                            i ヽ   ! .',  !∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                       ! ヽ  .! ', >__〉:::::::::::__,::::-―'" ̄ ̄ ̄⌒ヽ

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃もちろん、ディアーチェやレヴィ。他のウィッチ全員にも同じことが言えるだろう

┃なにせ、彼の「好き」とはLOVEでは一切なく、Likeの方なのだから

┃シュテルの覚悟やその立派な心構え全てが輝いて見える葉隠にとってみれば
┃尊敬している=好きだ!の方程式が成り立つだろう……しかし、相手からして見れば


418 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:54:13 ID:vYdYDP420
おいそこまで書いてなかったぞ英雄安価www

421 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:54:18 ID:QFnfMeAk0
えんだああああああああああああああああああああああ!

422 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:54:22 ID:t0ra6QYQ0
言ったーーーーー!!!!!

423 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 01:54:35 ID:PBspRoEo0
あれだ、大英雄さんが可愛いシュテル達を視たいって言ってたからね

ちょっと盛り上げておかなきゃ。

424 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:54:39 ID:f5wQzz6QO
今回は言い訳しようもないガチの告白じゃねぇかwwwwwwwwwwwwww

426 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:55:21 ID:qgGaqDbE0
あ、押した。核スイッチ

427 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 01:55:25 ID:N941Bwps0
キタァァァァァァァァァァ!!!!!!



441 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 01:59:10 ID:PBspRoEo0
                -―-ミ; : .、_
            /   ,, ニ.-. ≧: : ヾ
       . . -―=='" : : : : : : : : : :. ̄¨: :ヾ:ー:-. . _
    ,. : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
. . /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
/⌒ ̄/ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i: : : : : : : : : : : ヽ
  ../.: : : : : : :=-‐: : : : : : : : ./ : : : : : : : : .i|.: : : :. :.ヽ: : : : : :‘,
  ./: : : :ニ=‐: : :/: : : : :/: : : :.{: : : : : : :i: : :.}|.: : : :. :. :.‘,.: : : :.‘,
. /: : :./.: : : : : :. :. :. :./: : : :/: : : : : : : i:ハ八 : : : : 、: : ‘..: : : :. :.ヽ
. ,': ://: : : : /.: : : :. :./: :/: :ハ:ハ: : : : : |! ′ ヽ.: : : :!: : :.i.: : : : : :.‘.
. {:/  ,: : : : /: :/.: :. :.′/: : |  |V{: : : :|!.   、_ ヽ: :|: : :.j{.: : : :. :. :.i
. }!   {: : : :/: : {.: :. .:.| /厶斗七八ヘ : : i!      .` ヽ}ー-ハ: : : : : : i|
..   ; : :./:i.: :. :. :. :.j// ,≫斧ミx...\:{     xf斧ミx./ ‘.: : : :. :.}|       ~~~~っ!?
.     i: :/V|.: : :. :. :.i   〃{じ::j:::}           {じ:::j::}㍉ ハ: : .イ 八
    V  j.: : :. :. :.{ハ   とうO-'         ゚ ー とう /r|: / }/
.        八: :V: : .ヽ{.:.  ,,,,,,,,,,         ,,,,,,,,,,   , ソ }/: ;′
      / |: : i: : : : :..ヘ         ′        ,_ノ.|: :人
  .       人: :i: : : |: : ∧                  / : : Ⅳ:ト:ゝ
.           人: : | : : ./ヽ      ´   `      .イ.:.: :.:.j: 八
.            ヽ:|: : .イ、: :i`.             イ }∨: :∧: : :\
           ム|: / ! .)人:ノ _|≧=‐-‐=≦ |: }/ .|: :∧: \!⌒
             j/  ./イ ヽ:.|`::...、    , .:´::}    .j:/ ∨
    -‐―- 、         ,. -}::::::::::┃i┃::::::::::{ト..、 ´       , -‐―-ミ
  へ::::::::::::::::::::::::..、_.,ィ''"´::::::::Ⅳ::::::{二二二}:::::::V! 二ニ=i‐,-.x::´::::::::::::::::::::::`
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::|::| |::::::::::::::::|::::::::::::::┃|┃:::::::::::::|::::::::::::::::| |::|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./:::::::::::::::::::::::::::::::::: |::| |::::::::::::::::|;__::/\/\:__!::::::::::::::::! i::|::::::::::::::::::::::::::::::::::: }

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃もちろん、葉隠の思考回路なんざ理解しているわけもなく

┃男の愛の告白()を聞き、頭の中が一瞬で赤く染まることとなったスタークス少尉
┃親友の恋人だとかは一切合切頭から飛び抜けており、もはや涙目だ

┃何も言わない、いやむしろ恥ずかしくて言えない彼女を無視して言葉を紡ぐ葉隠


459 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 02:07:06 ID:PBspRoEo0
              _,..、- ''   " ''' ‐- .
          , -'"          ::::::::::::::ヽ
        ./              :::::::::::::::::ヽ
      /                ::::::::::::::::::::ヽ       翼は無いが、全身全霊を武器にして敵を穿ち、あなたを守る!
     /         _, -―-     ::::::::::::::::::::ハ
     \       /  ヾ       ::::::::::::::::::::ハ      葉隠愛仁の名に懸けて、全ての魔女を護りきってみせると誓う!
     .i!〃ヽ    ,/l  ヾツ }}        :::::::::::::::::::::::ハ
     .i {{ (;ハ     ゞ  ''" ̄        :::::::::::::::::::::::::        言ったぞ、俺は言い切ったぞ!
     !.` ''"                   ::::::::::::::::::::::::::i
      i. (   入     ノ         :::::::::::::::::::::::::::     この告白に対する返答や如何に、答えろシュテル・スタークス!
     l.   ゙ 'ililili` ‐ ' "ililiヽ        ::::::::::::::::::::::::::::i
      i.  ヽilililililililililililililil}}       ::::::::::::::::::::::::::::/
      ヽ   ヽilililililililililili/      :::::::::::::::::::::::::/
       ヽ  `  ̄ ` ′   ::::::::::::::::::_,,. ‐''"
    .    `` ._ ー   ...........:::::::::::-‐ハ `ヽ
    .    , イ , r - t  : : : :ー: ´:.:.:.:.:! / |
        / __ ..:/イ         /  |
      /_/ /⌒)/:.:.l         __/:    L___,、__
       ,..<イ⌒/:.:.:.:l       / :/:|  /ー:、    ̄ ̄
    ., < >イ :/:.:.:.:.:.l:__    / :/ .:i  /  / ̄`ヽ、
  <::>"´  .,.:/_ :.:.:.:.l   ヽ .:./ :/ .:/| :/  /:.:.:. . .  ` ー
  "´     .:/  !\ :.:.l    / // :|/  /:.:.:. . . . .
        ..:/   :!:.:.:!\ヽ / // /
       .:/    !/!__ :/://  /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃心に描いた台詞を全て言い切り、返答を迫る葉隠

┃もはや誤解に気付くどころか誤解を誤解で塗り固めようとしている
┃そして、血のように熱い言葉に初心な魔女が相手になるはずも無く……


472 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 02:11:39 ID:PBspRoEo0
         ,. . : :´: : ̄ ̄`X: : : : : : : : : : : : : :': .,
.      /___ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :'.,
.     /⌒   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : |
          /: /.: : : : : : : : : : : :. :. :.|: : ヽ: : |: : : : : |
       ./イ: : :/.丶: : : : |: : : : : : : !: : : :|: :|: : : : : |          分かりました! 分かりましたから!
      // }: : /: : : ヽ: : :.|\,/.:.:.: リ! l: : |ソ、: : : : : !
      〃 |: : |: : : :∧ : : |/⌒ヽ レ|: : | }: : : : : {           誓います、あなたの告白を受け入れますから!
          |: : ハ X_ ヘ/!`r、   i |: : |ノ : : : : 八
          Ⅵ ト∨..fヾ、 V  ヾ_,  √|: : |: : : : : : : : ヽ
           ヘ! ∨ヽヾj  //// ,' : 八: : : : : : |\}
            ト、.:ハ/  、    ノ// i∨: : : 八
             }ヘ.ゝ   tっ ./,.:':::i.',i从/.':.´ ̄:`.ヽ、
             |: :个`,ー--t_':_:_::::::::/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
              ._,..∨\i'´/`´/ト-┘l/: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
.         ,.__- ''´:.:.:.:.:.:.:.:.://: : /、, =、/: : :./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ :.:'.,
       l--、ヽ、:.:.:.:.:.:.:〈〈: :./ v=、/: : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l|||l:.:.:.:ヽ
       .i:.:.:.:.:\\:.:.:.:.:l//: l: : : :/ : :r'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.:.:.:.ヽ':.:.:.:/ }
.       _r┤:.:.:.:.:.: \ヽ、/l l: :.l: : :/: :./l-─ _ ニ´-─ 、ヽ、_;/,.イ
.     /`ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.` l:. l l: :l: :/:/ : :ヽ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ-.'゙:./










                  -‐ ───-
               ´: : : : : : : : : : : : : : : `丶
       ´ ̄ ̄ミY´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
  /⌒ ̄/ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : : : '
     /: : : : : /: ::/: : : :i: : : : ::|: : : : : : : ::ヽ : : : : : : : :|
      / : : : : : : : : : !: : : :i|: : : : ::|: : : i : : : : : : : : : : : : : :|
     ,': : : : : : /: : : :|!: : ::八: : : : |\: ! ヽ ヽ: : : : : : : : : ::|       いい加減この体勢をなんとかしてください!!
     |: : : :/: /|: : : :ハト、 |-、 : : : :l  ー--- }: : : : : : : : : :!
     |: : :/|: :| |: : : :.〈'  fう ` . : :l -==、`ヽi:: : ::|、: : : : |       恥ずかしくてこっちが死にそうですから、早く!
     |: :/ :|: :|八: : : :. __ i:::爿 .\| ' i::亢:i /.|: : : | }: : : :i|
    {/   }: i|: ::\: :ゝ-'ヽ=о /// ,とつ   |: : : |ノ: : : :.{
       Ⅵハ: : : \|               |: : : |: : : : :八
          从i: : : : 小    `          .イ: ::/: : : : ::|
          \: : :||: 个...‐========っ.イ::|: /|: : : /}/
           \八ノ|: : :≧.、 _._  ≦´__ |/-|从/ .!
              \:{V}ハ} ::::::::::::::::::::::::::::: | ! } ___
       /::::::::::::::::\__ノ:::┌──┐::::::::::ト、__/:::::::::::::ヽ
         {:::::::::::::::::::::::::::::|.|:::::::└──┘::::::::::|.|:::::::::::::::::::::::::::}

484 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 02:15:24 ID:PBspRoEo0
                      -‐………‐-   .‐-
          -─- .     .´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `:..
        /-―-ュ: : : :`Y´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
           .: ´: : : : : : : : : : : : : : :! : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : :ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : i : : ! : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾ
.     /: : : : : : : : : : : : : : :i: : : : : :l : : l: : : :\: : : : :`、: : : : : ! : : : : '.
.     /: : :/ : : : : : : : : : : : : i: : : : : li: : :ト: : :|ト、丶: :゚。: i :゚: : : : : : : : :;ハ
    /: :/: : : : : : : : : : :.|:.:.:.: |i : : : : lハ: :| \|l: :i-|-‐十!‐┼\: : : : : : ハ
.   /: 〃 : : : : : : |: : : : : |:.:| : |ハ.- : : l ル'   リ、l リ   j/ ∧: : : \ : : : : ',
.   | /|: : : : : : : : |i: : : : :.| ./l . ヽ: : :ハ.     レ  ____i/l: : :l .:ヽ : : :|
.   レ' |: : : ,イ:.:. : 八: : : ./: : .i八...\:∧       .ィf斥笊刈リ: :/ハ.ハ : : |
      }: : :从 : : : |: ヽ: : :i: :.r‐| ,,ヾ斥か ゝ       .Vじ辷うィ^ヽ ∨| : : |
      |: : i .|: : : :|: : : \! : レ lイ }じ゚沙'-、 .::,     ::.::.::.:: o。|  ∨ \: : !
      ∨:|  ∨: : ',: : : : :../| |ゝrっ::/ /) i/     r< ̄/‘, ‘, }ヽ:|
.       Ⅵ  ∨: :|ヽ: .∨ ノ | ::J/ //         `¨フフ}_ ',  i |/..:|
      .ヾ.   \|. ∨ { |.c/´./ /  ___,,--- 、 `フ/!    l |l : {
.               i : \ i  |∨ ノ /   '′      ...-‐´ ;    .ノ.: :八
              八iヾ:.ヽ  〈. { /´ヽ        /  。゜   ./ .: i: |
               从: :\。      .\     .l    \_/ |: : /| |
         _-=ニニニ=‐- ニ⊥_\        `丶 __ノ      ∨: :|: / :!/
       -ニ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄\      /.:.:.:,.      ∨.}/  !
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}`      /.:.:.:.:.:\       ∨
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     /.:.:.:.:.:./ \      \___
.     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     /\--    ∧      \:::::::二ニ=-
    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::У    /i:::::::\   / ∧        \::::::::::::::::::::>、
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃あまりの恥かしさに我を忘れて泣き始めたシュテル・スタークス少尉

┃とりあえず、何とか彼女に自分の提案を受け入れさせることに成功したのだが
┃代わりに葉隠はとんでもなく取り返しのつかない犯罪を犯してしまった

┃もちろん、それに気付くのはしばらく後の話になるのだが……

┃無論、外野も騒ぎ立てるだろう。


494 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 02:21:17 ID:PBspRoEo0
                ,,..-――‐-..,,_
                  /  __     ヽ
             /     _ `ヽ    ヽ
           /:::::::  /´  ヾ      ̄ ',
             ,'::::::::::  ヽ●__         i
.            i:::::::::::.      /    、__ l       (無事に説得が終わって良かったなぁ)
            .i:::::::::::::.    {       ヽ ̄ .|
             ヽ:::::::.:::.    {ゝ---、_ノ   l
.           _,.::::::::::::...   `ー-..,,_/    /      それでは少尉、まあ明日にでも
.          / ..`ー::::::ー-..,,___     .<
.          ,_/: : : : : .、_:::::::::::::::::::r‐''"´:|___
.     ,-‐'´/: : : : : : : : \::`''-..,, ヽ._: :|: : : :|
    /.-‐'´_``‐-、.、: : : :\、::::::::`''-':::ヽ| : : : i`ヽ
   >: : : :_,,..-、: : : .``..''‐-..,,_\、::::::::::::::::|: : : /: : :|
  ノ: :''"´: : : : :_,,..-∠--、: : : : \l \::::::::/ヽ:./: : : :|
 /: : : : :__,,..-‐''" ̄ ̄ ̄ ̄ヽ__|_.\/   ∨ : : :|
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : : :', ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
. \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : :〉____,,.-'、〉 〉
    `''-..,, : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : :/、  \\\l_jヽ、
.   ,-、__ ̄} ̄ "''‐-..,,__/___/ `''-、 ヽヽ'`ーヽ'
  /: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : :./     || ヽ-'  | : : ヽ
. /: : : : : ノ: : : : : : : : : : : : : : : : :.|       ||     |: : : : |









         -―-ミ:.、_ _
     /  -―==≧:ヾ: : ̄¨: :ヾ:ー:-. . _
     /: : : : : : : : : : : : ≧: : : : : : : : : : : : :ヽ
    /.: : : : : : :=-‐ : : :": : : : : : : : ‐-=:、: : : : :\
  /: : : :ニ=‐: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、
  /: : :./: : : : : : : : : : : : :./ : : : : : : : : : : :\: : : : : : :', ポー
 ,': ://: : : : / : : : : : : : : {: : : : : : :i : : : : ミ: : 、 : : : : :i
 {:/  ,: : : : /: :/: : : /: : /: : : : : : : i: : : : : : :ヽ: }: : : : リ
 }!   {: : : :/: : {: : : ;' i: ハ:ハ: : : : : :ト:ミ: : ミ: : }リ: : : : :|
     : : :./:i: : : : : :{ーレ-リx V{: : : :| x-zーV: : : : : : |    ……………はい
    i: :/V|: : : : 从rf云≧z ゝ: : i! z≦云ァj: : : : : : :|
      V  j: : : : : : ! 弋zツ  \:{ 弋zツ 从: : :|: :人
       八: :V:: : :ゝxxxxx   、   xxxxx ∧: : Ⅳ:ト:ゝ
        / |: : i: : : ト              .: : : : :j: 八
        人: :i: : : |/\   r ,-、,,_  / ∨: :∧: : :\
       _ 人: : |\ ,‐y ^/ λヽイ  /|: :∧:\⌒_
      /::::::/ /ヽ:|:::::/=/=/ー/ j冫=)/::::::j/∧∨:::y::::::::\
     /::::::::::::\\:::::::{::::{::::{:::〈:::::::::::/:::::::::::::/:::∧∨:::::::::::::::::\
   /::::::::::::::::::j:::::> >::∧:::::::::::::::::::::::∧:::::::::::/::://::::::::::::::::::::::::
    {::::::::::::::::::://:::::|ト、::::::::::::::::::::/ニ》::::::::/::::::\\:::::::::::::::::::::::j
   V::::::::::::::y\\:::::|二二二二彡イi:::::::/:::::::://::::::::::::::::::::::ノ
    \:::::ヽ::i::::::\\|i::::::::::::::::::::::::::::::il:::/::::://:::::v::::::/::::::/
      〉::≧j::::::::::::\|i:::::◯:::::::::::::::::::j|:/:://::::::::::::y::≦:::〈
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃とえいあえずこれ以上遅いと天幕の魔女からもあらぬ疑いをかけられるかもしれない

┃詳しい話し合いはまた明日として、今日の事は内密にしてもらい解散とすることになった

┃何故か浮ついた調子で、惚けた頬を必死で隠そうとする少尉に不信感を抱きつつも
┃月が浮かぶ夜空を見上げつつ、葉隠は満面の笑みで駐車地を離れる事とした


509 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/08/08(木) 02:24:50 ID:PBspRoEo0
                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : :.\  ,. -― 、
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :X 、_ノ /
                /: : : : i : : : : : : : : : :i: :i-zx: : : : / { ヽ    {
             /: : : : :i.ト. : : : : : : : : :|: :|  彡: : :i  \\ .ノ
             ,.: : : : -:|:L', : : : : : : : :.}: :!  彡: :{.    ーヽ
              i :{: : : : :N iヽ: {: : : : ,:斗: ;   〉: :.ハ    /
              {: !',: :i : iィfミ、: ', : i: : :/.j/fミ、.}: :_:_:.\ /    あーら、随分熱い密会だったわねー
           マ!ハ: ', :マ {沁\ト、/'" 泛ソ》 j/ ィ ',: :.Y
             V: :ヽト、{   、          b} }: : :',
           /: : :! ハ      _ ..ィ    / ー.イ: : : :ヽ  ←哨戒兵に変装中。服は本当の哨戒の兵士からはぎ取った(物理)
              ,: : : :{/: :_ヽ.ィ≦三ミ<===zz--: :..,,__: : : : :\
              i: : : :|: くニ/ニ///ニニ\ニニニニニ/: : : : : :.\
              |: : : :|:.:/.≦{__{__}ミ:.ニニ\ニニニニ/: : : : : : : : :.\
            /|: : : :{/ニニ/: :iニニヽニニニヽニニノニニ≧x: : : : : :\
         ./: : :!: : /ニニ,: : :.|ニニニ',ニニニ,//ニニニ:i::::i : : : : : : \
      /: : : : :.レ'ニニニ/: i: :.|ニニニニ',ニニニVニニニニ}::::|: :\: : : : : :
      : : : /: /ニニニ/: :.:|: : !ニニニニ.iニニニニ,ニニニニ|::::|: : : :\: : : :
      : /: : /ニニニ/: : :.:|: :.|ニニニニ|ニニニニ',ニニニニ|:::::!: : : : : \: :
      : : : : /ニニニニ,: : : : j: :.|ニニニニi!ニニニ:,ニニニニ!::::|: : : : : : : : :
      : : : 〈ニニニニi: : :i: : : : |ニニニニ|ニニニi:|ニニニニ:::::!: : : : : : : : :
      : : : : ヽニニニ{: : {: : : : |ニニニニ|ニニニニ|ニニニニ|::::|: : : : : : : : :






      /                    \        /
 よ と /          _____        \ 知 何 /_
 し に  ̄/    _ノ火´ =ニ三て_,r─ _   /  ら  だ  /
. ! か  く    {Y r t_rxr rくくく< ̄二(⌒   \. ん  か く
    く   \   ミ、/`ー-    .: ̄辷 ⌒ー-  /  が    \
     f ̄ ̄   }|     __, -‐== 辷=‐-   ̄\     | ̄
/∨\/       }廴___  ´rくフづく  } ニ ‐-     \/∨\|       恐らく後で死ぬほど後悔する羽目になるがな!
             ]rrゥ、|      :   辷‐-<_
        +;. .  ]}ゝ´|     :   ,}rul||=-~             が、それも良し!
            |  ヽ`__, :  (( _ノ儿'⌒
              ハ  ´ ='´  :   ├} t\               あの位の豪胆さを兼ね備えておるほうが、好ましいぞやる夫!
             〈ヘ   . .. .: . ._ノム| [i.iフ|'⌒ー‐-
                 「\___,.     マ\. |  r',ニ二
                  |  /jノ|!.|     ト、.\| ノ/二ニヽ
                  | i/-‐弋|     い}  //___
                /|/   /|    '´ /  .厶-──   ←哨戒兵を気絶させて周りに人が来ないようにしていた
           丿     |: "'     /
     ,_-─--‐'´        |:       |          /〃
      _二エニ=-         |:       |       /〃/
    /            |:      |      /〃/







今日はここまで……全部>>105って奴の性なんだ

516 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 02:26:50 ID:XGWFpavM0
お疲れ様 
とりあえずレイヴンは名前を愛染とかに改めるべき

517 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 02:27:19 ID:rJpAGzxA0
\ピコーン♪/
システム音声「シュテル・スタークスの地雷が解除されました」
\ピコーン♪/
システム音声「シュテル・スタークスに核地雷が設置されました」

518 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 02:27:34 ID:MfoqYbbg0

いやあ熱い説得だったな、流石は大英雄の言霊!
そして散様達もお疲れ様でしたw

519 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 02:28:21 ID:o9xQ.dsU0
乙でしたw

520 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 02:28:40 ID:S45dxENc0

最後に上司さんご感想をどうぞ

523 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 02:29:33 ID:ybNy3AKc0
ツヨシ工業

526 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 02:29:53 ID:XGWFpavM0
上司はホモ はっきりわかんだね

527 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 02:29:56 ID:u3r/yYkI0
やっぱりホモじゃないか!











関連記事
  1. 2013/08/08(木) 07:20:39|
  2. やる夫は欧州で試されるようです
  3. | コメント:2
<<やる夫は適合者のようです -28- | ホーム | やる夫は適合者のようです -27->>

コメント

こうしてヤンデレ包囲網が完成していく…。
アフリカとは別に危険だぜ!
  1. 2013/08/08(木) 13:37:44 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #BNp6kJSU
  4. 編集

しっかしAAとセリフあってなくて酷いなぁ
  1. 2014/02/23(日) 02:34:26 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyarusp.blog.fc2.com/tb.php/682-db7e39bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)