FC2ブログ

やる夫まとめに挑戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【物語2周目】 33


1925 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 20:34:11 ID:S8dV4B3g0



┏─────────────────────────────────────────────┓

   自分という存在について考える。

┗─────────────────────────────────────────────┛


.



1927 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 20:36:21 ID:S8dV4B3g0

       __   ---- ミ、
.       「 r=====≦ r vミ>.、\       -- 、
.       | .|// < Y 7_し{ } Y_ \\/  /  }  ヽ
.      } .}//7≧にr≦しУУ/∧/   /  .ノ
.      ////////_}≫.r==ミ//r-,/==ミ、  ./_____.从}―=ァ
     /////////ソ{ |/ニニ≧====ァ'' ´ -==-ミ<- ´
.    / {'//////_./ ゚/ニニニニニ//ニミ=、Y 6). ヽ
.     l |//゚゚/.〈 ゚ ./--====ニニシ / r6)"  _ -=ミ  }
.     l |//// Y/ゞニニニニニ=( 。( / ./_≧ ( | ヽ  _
.     l |// 7¨ /  `¨¨7¨¨¨¨¨´{.  `  /入 。   > ´ ゚ノ ̄|______
     V {  ,     /     八 ゚  // {` ̄ ̄/   ./   .| { ̄} \
    ヽ { 廴_ {    ,       \_/=l  |   {|   {    | \ __ -≧  _
       Y 、.__.|     { 、       .{ lニハ {   {|    |.    ∧\_ - ― -- ≧rr-、  __   r 、
      廴 ヾ:} /  {.  \     乂乂_彡ァゝ---{   _{__  ./_/ ゝ-. ――----{.{ f-'=: : :7: /'<>''´
       \/    .!     _   ̄ ./    ゝ ´   ヽ'  ` ------r==r= <7: : : :_彡>--r.ノ
        {.     ,:       /     ./                   {_<:>r ゝ、: : Y r_ミァ
        }    /         /   ,                       >Y{≦Y }__―''¨
        , -====ミ 、       _/                    r-<///> ⌒<7)
       / ----=二=- >\-=== イ                   ///// ≫'     ´
      {   ̄ -==ニニ==-----彡ヽ                   <// ≫. ´
     __{:ゝ__   ==---------彡イ                <//> ´
 _ ≦>⌒ヾ日: ≧=--r= ____. -=≦7 \          <//.> ´
.  /     {     =--- ゞ''---=='' /{   \        <//> ´
/     八     ̄ ̄  =---彡/ ||    \  <//>. ´
.      /     __   -== // .||.       \ ´
     /      ̄      / /  ル       \
┏─────────────────────────────────────────────┓

   幼少期に自分が住んでいた村を化け物に襲われ、全てを諦めた瞬間。
                 ヒーロー
   死にかけていた所をブロントさんに助けられた。 物語の中でしか無いと思っていた出来事だった。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1929 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 20:39:24 ID:S8dV4B3g0

                       \
   _,.二ニ=> …  =‐-  _          ',
 ̄   . . : : : :            `        i
 . . : : :     . . -‐===‐- . .    丶   |
-‐=ニ¨´        . . . .         \ノ
    : : -‐ : :        .: : :/::    /丶
   ー──…=ァ           .:/::     ,:′ハ
. .     : : /:  /:    .:/::    / ,.小ハ
: :         .:/     .:/::    /  /}::i ::i
ー    ー= ア .:/::  ∠__ _ : イ  ; イ ::| ::|
: :    : :ノ:´  .;イ::  / 弋ん㍉ ア ' /  }/ ::| .:}
    : :/   / .|:. ハ{   ` ぐソ‐ '  __ ノ{ : :} :ノ
-‐:>   _彡'ーi |: |     ' ' '    fうjノ: ノ/
<   //    ',:八         ::.. Y/:イ }
:  /ァ:く     ',        、    ´八ノ::  /
≦∠_   \            `こ:ー/厶ィ:: /
ニニニニ\   \   />     /    ノ/}
 ∨ニニ∧   /ヽ.∧: : ≧=‐-'   /
  .∨ニニ∧ /ニ/ニ}、¨´
   i }ニニニニニニく⌒ヽ\ ____
   | |ニ/∨ニニニX⌒ヽニニニニニ}
二 | |/::::::::|ニニニニ{   ゙マニニ{\{、
ニニ:| |i:::::::::|ニニニ:八    ∨ニi:::::∨}
ニニ:| ||::::∠ニニ≫'´ヽ   }\\:::j |
ニニ:| |/ニ≫"´   }  ノ{  \∧j
┏─────────────────────────────────────────────┓

   その後自分は引き連れられ、人の行き来が殆どない静かな村へ連れていかれた。

   そこには自分を本当の家族の様に扱ってくれる人が居た。

   最初のうちは話しかけられても何も返せず黙っているだけだったが、徐々に打ち解け色々な事を教えてくれた。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1930 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 20:43:18 ID:S8dV4B3g0

                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \
            /                    \
           /                       \
              l                         l
              |                          |
              l                         l
           \                        /
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
┏─────────────────────────────────────────────┓

その村では娯楽は無く、良く言えばのんびりと、悪く言えば退屈な日々を過ごした。

次第に自分も大きくなり育ててくれた人達の薦めもあって王都へと向かう事になる。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1932 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 20:46:15 ID:S8dV4B3g0

         , -─‐──‐-、
        /、ハ,        \
      /^ <  て        \
      l  ./'Y''~ヾ       ; l⌒ '"⌒ ヽ、
      |  `  ::::::::::::::::::      |ー       \
.      !   ::::::::::::::::::::::              ,;   \ ,rー、
       ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
      (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
     ゚~゜´^i!i!i!i!i!⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜
      ( i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! と_
   ( ̄i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! ,
    `ー、i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i! j
      - _i!i!i!i!i!i! ` ー' ̄     ̄
        廴_i!i!ノ
┏─────────────────────────────────────────────┓

   王都に着いてから間もなくして、自分は死んだ……はずだった。 しかし気づけば自分の家に居た。

   何が原因でそうなったのか、自分はある日を境にして時間をループするという体質になってしまった。

   原因を探すにも自分は未熟すぎた、まずは強くなるために学園への入学を決める。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1933 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 20:49:59 ID:S8dV4B3g0

                <      >
                     ヽ     `ヽ
         /        /          \
        /         /               ::..
       /          ;           ヘ   ハ
      / /  /      |       |         ハ
    /.//  /  /.-――‐!-     _/|     ト、  ::.
.   // /  /  {   / ./!     /`!丶r-. ! l{    l!、
   /./  /  .::   .| , /| | |     ,l./ ノ  {\\ |    |l|
.  {/   .i  !   .!トf芋ミ、 ∨|  /リ. /‐./ゝ. \\_ | _リ!、
   !  丿  |∧   !{ んハ       ィf芋ミ、|\////\〈::} |
   l:  {|/| ! .∨ | 弋rソ n       ん::ハ } レ ヽ/////〉:{―― 、
      Ⅵ    〉 ___ノf__l{ 弋r_ノ.リ/ ./ \///{:::ト、   ゝ、
    __∧  r'´!`ー――'´ ̄ ̄ゝ___/}//  / \//}
.  γ//〈 ノ∨ 八       `    """ /  /   /`ヽ|
.  /////〉 ∧  ハゝ     i`  )     ィ´ ̄     /   |
  }////( 〈 ヘ ∧ >   ゝ -    イ /    /レ′   |
  |/////ゝ\∧ ∧ |::::::::≧____ィ:::::::/    //|     |
  |!///,|//≧- 、  ハf//////////////    ///!     !
  ||///,|//////ヘ  .}/////////////{    .////!     !
  l.!//,∧//////∧ .リヘ//////////,∧   /////!     !
  |.|\//\///////ヽ \―――イ  \.{`ーイ/!     !
  | ! `ー―――iー仆二二二二二二zイ ヽ|ト- .|     |
  | |        {_ | ト、    .|ト、 /| l 丿   . !     !
<〉. !         ソ マ:、>―'´ヘ.  ̄  | |-{     !    .|
 } _}.!、     イ{   ヾノ 〉   ,   .>-zマ 、  l     !
  .リ|       / !ヘ_  ハイ    l     リ/`ー´ !     リ   .//
 //      / |〈 ./: : : :\     ,    /: : : : :\!    /   //
./ ヘ    /   / /: : : : : : :\      /: : : : : : : :リ.  /   //
/      {   /|/ : : : : : : : : : \   .イ: : : : : : : : }  /   //
            |リ: : : : : : : : : : : : i`ー /: : : : : : : : : | ./    | {
         //: : : : : : : : : : : : :|  ./: : : : : : : : : : レ
┏─────────────────────────────────────────────┓

   そこで出会った人たちはとても暖かく、一緒に学びながら強くなって行った。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1936 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 20:53:41 ID:S8dV4B3g0

                      , -ー" ̄ ̄メ
                 ,___//      /
               , -'   ..-、 \'      .f
        __ /.         .ヾ ヽ     ./
      γ  __ /   .r、 i iヘ,...i i li . iヽ   .ノ
   /- ''   ..|...i i | |ゞ`"´ iノ|!li jイ ヾ___ヽ
    ー、      .| . !トl メ !,   ,ゝjノ_<|!! . f - ,,ノ...メ
       ヽ   .| . ヾヾゝ士   イ刀 '|  |_ノ   .|
         ̄ `!...|....iゝトf刀.    `  ゙|  |fi::\ー'
           | .>,,|...i``' ´       ノ! . ilヽ . \
           <__|..|...| >、  ` ´ ,イ...|....| l!|   \
            >  .|//-j`  "  メ|!   |!ヾ...ヾ...\
            /ト...!..|ヘ、...゙ー 、_ /...|  li トーメ   ..゙,,
           // j . ヾi   ー、 ノ、<r..|!...ノ`   }    i
          /../../|  .トヽ . rrメi ri トーツ'      .|   ...゙i!
         /  |...|...ヽ...ヾ . , =//f ヾ゙ ー 、      .ト、_   .|
        / . ハ | !   .ゞメ {   } {   }  \   |!
      /  / i i   丿  ゝ_ ,ノ 。ゝ_ ノ,,、<  \...L
     ー―'´  /  .//../  .|  !  ト   .ー--  ..ゝ
              i;/;  .メ     .|  ゚  .l!  ..ト   ―--...\ _
        _/-=メ  //   ./  ゚   .li;...\  ゙ー-- . /ヾ、...f ̄/ ̄fヽ 、
       メrト_;;/   .//  ./!  |。   !\  \:::::::::/ハ;;ヾ\::fr  l´   \
  , -へ,,::ヾハ   .\/ . /   /!ル...i。   .! \  .rr <      |  |      ャ
┏─────────────────────────────────────────────┓

   一部暖かかったのかは疑問だった友人も居たが、きっと好意の裏返しだったのだろう。

   その温もりも、今では感じることは出来ない。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1938 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 20:57:36 ID:S8dV4B3g0

           ヽ:.:.:.:. ==: : : ::/' イ { .:ヽ                  ,イ
             ヽ:::::::、〃,: ,ィi:.:>ィ::: :} ,ィ              /::::
              >イ/;:;;//={i´:.:>/:/  _..,,<}          {:::::
      i:ヽ     ,, /: /;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:.:.:.:.:`´;;;:.:.:.:.:{_,,,,,,,==,,,,,,,,  ,.:<::
      i:::∧   ∧::i'::..:.:/i::.:.:;;;;:.:.:.:.:.:.:;,;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;`<:;:;:;:;:::::
       i::::::∧,、iヽゞ':.:.:./:::::i;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ヽ≧ゝ三:.:./:::::::::::::::::
. ,、    /i:.:.:.:.,:.:.゙i:::〃⌒';;:=={:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ヽ} >壬〃‐-、彡ミ//:;:;:;:;:;:;:
. V:ヽ--{i:.:}:.:.:/:://:/:.'/:.:.:.:.:>'´:.:.:.:.:.:.:i'´ ̄=<´三====ゞ=>三三三三三
__}:;:;.:.i:、::l:.:i:;;/:/i;゙〃/};;:;:;>{;,;,;,;,,;,:.>‐‐゙-三='三三三}─-}壬三三三三三三
<i:.ヾ:::>i:i:.:}:;、ヾ〃;:/::::ア´:.:.:/>壬ゞ'二三、三三三三三三三三三三三三三:::
 V:.:,ヽi:i:.:y:.:;:;ゞく;;;;/フ::フ==}ニ,,,,,,:.:.:.:.:.:.::::::ヽ三三三三三三三三三三三.::::::
 ,<:;:;::::i:i:.:>;':;::ii{ノ,,,,<彡':.:.:/i;;;;;==ィヽイ:.Y/ミ、三三三三三三三三三三:.:::.:.:
 <:.`}:.i}:{、:.ィィァ:/;.;:.:.:.::.:.:.:./:::,'::.:./´、:.:}、:.:.:i:.:.:.ヽ三三三三三三三三三三.:.:.:
  /:::}:i:.:.}....::::゙゙":.:.:{::::::>i-‐´i/>' ⌒ヽ' ヽ'\、:.:}三三三三オ:.:.:.:.:ヽヾ:.:.:.:.:.:V:.:
  }:.:{::::V{;;::::::i:.:.:.:.ノ/V::i}:.i:.:.:i´        ヽ`´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>≧''''´:.:.:>、::::::}:.:
  .i:.:::>、:.:.:.:.:ィi`}y´' /::::i}:i:.:,':}          `<="゙==='''':.:.:.:.:>-‐‐ゞ: : :
  .i:.::::/ヽ、:.:{、:.:.:::::.:.i::::<}:i:,':.,'           /`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>壬二:.:.:.:.:ヽ: :
  V/  ヽ>'∧:.::::::.i::::<;i:.:.,'          /;.;.;.;.;.}:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::}:.:.:.:.:.:イ:.:.:
       `゙V>:./:.:</::/        ,:<;.;.;.;.:::::::::i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}::::/:.:.:〃:i::: : :
        <}i´}::.:</:.{        ./:.:.:.:.:;;;;;:::::::::::::V::::.:.:.:.:.::/{:.:.:.:.:.:.:.:::::: : :
         V{:.:ン:.:.:>>     ,/:.:.::::.:.;;;;;:.:.:.:.:.:.:;;;;V:::.:.:.:,': : :{i: : i: 、: V:.:::::
          `''<:::i      /;;;;:.:.:.:.:;;;;;;;:.:.:;;;;;;;;;;;;;;>::}:.:.,': : : :ヾ:i: ヽヾ:.:.:.:
             `'     ,'.::::.:.:.:.:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;>´  ヽ/: : :i{、: ヽ: :゙: }/::::::
                  ,'":.:.:.:.:::::::;;;;;;;;;;;;<     /: i{: :/: :、: ヽ、:>:::::::::
                /.:.;;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ==/: :/{i:.:i: : {、: :}::: : }ヽ
                {:;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.}´::i: : : : i、: : i、: : : :i:.:.:
                ` ヾ/`<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.i: :入: : : i:.:.:.:.:;,;,;,;,〃:.:.
┏─────────────────────────────────────────────┓

   陽だまりの様な場所で過ごしている時、一匹の魔物と出会う。

   死にかけていた所を助け、わずかだが心が通じ合った気がしたのだ。

   ……その後、とある事件に自分は巻き込まれていった。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1940 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 21:00:46 ID:S8dV4B3g0

rvァ ,;  {:l /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ニ _- 、  ヽ` " '' ‐ -  : : _: : : : : : : :ヽ
::/   _ヾ.l: : : : : : : : : : : _: : :`丶、 ヽ、 :、`ヽ、`ヽ \_         ` "''- 、: ヽ
  /: , -: : :/ : :l: : : : :、: _: `:ヽ 、: :X: :\\: :ヽ、   `7、           ヽ:ヽ
 /://: : : : l : : : l: : : : : \`"' 、∠.-┐、: ヽl\: ヽ  /  l            \l、
.〃 /: : : l : l : : l: :l :ヽ. : : : \ /o:.:l   ミ、i、: :ヽ ヽl  l  l              l:l
/   l: : : l : : l: : :l- l、:l \: : : : l v.-'レ  リ│ \:l   !  l               l:l
   l : : l l : : l : l :< t::`。、 `ヽ、l  ̄    ,lヽ  ハ   l  lヽ               l
   l: : :l l : : l、 lヽ:ヽ込リ           /l : ∨ヽ<´  / ハ
 ゚  l : l  l : : lヽ:ヽ:ト 、_   ' _ -‐   //ヽ、 ll  ヽ //:∧
    ヽ:l   ヽ. :ト、lヽ.:l`ー ニ=-    /´ヽ:::::l ll  ll V:/:::::l、
     ヽ   ヽ l l `ヽ ヽ、`ニ==、´、::::::::::\l L. _ ll  l:, ', -‐ 、ヘ
。        ` l , '´  ̄  `>‐ ''"´  ̄>、: : : :ヽ  l::/  ,. -‐ ミ、
         i:) /            ,. '´   l、__: : :l l〈 / :::::::::::_lヘ__   _、- 、
..、         l             /        l  l-、----一 ' ´ ̄` >' ̄└-、 -、
:::ト、         l         /        l   !:::l :::::::::::::::::、- ' ´   _,. 斗‐
::::\_          l       /           l   l::::l ::::::::::::::::::::`i- '' ´   ll
:::::::::::::`丶      l      l            l   l::::l :::::::::::::::::::::::l       ll
┏─────────────────────────────────────────────┓

自分の命を狙われている事を知り、立ち向かうべく学園の教師たちと共に奔走する日々が続いた。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1942 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 21:04:37 ID:S8dV4B3g0

                 〈_二ニ≠==ニ{ ̄ト、\
.                ┌=ニ ̄ ̄ ̄ ̄`└┴=x}
                /三三三三三三三三三三\
         -―=≦三三三三三三三三三三三三≧=- __ _
     /三三三三三ニ=-‐   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ー-=ニ三三三\
.   ∠三二=-‐  ̄/     | l i  i斗ヽ\ \    \   ̄ ー=三>
.    \        / / ,′l | | | /z抖斥 }〉   \    \     /
       \    il || i |― 」 LLl '′Vソ 从)/^ヽ      \_,/
      '´:  \  i|i」L| | 代沁       _,ノ\     \\
     ;.      \ i  └Li-,ム¨ 、       ∨             ≧=- ..,,_________
      ヽ,       ̄ ̄ ̄ | 丶 ´`  / /^⌒ xヘ、       \                ̄ ヽ
    .    ;.  :    :     |     >-_^才^   ////⌒ヽ           ̄ ̄ ̄ ̄     ̄   \
    ':;.  ;:  .: .:  ..::    /  ┌=≦ ,.ノ  /////    /\_          ̄ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ \
      :.,::. .::.::  ..::.  / ___,廴_  ___,.イ ー{////       ^> 、      \       \
       .:::..::::::::::::::::. i^i ___}   才´  /。>、 \_/////////´     > 、      \
  `':, .:. :...::.::::::::::: ::: : :./ >匕_} i }{ </\。\ > 、//////////´///,\       \
     :.:..:.::.:::::: :: : ノ /    /¨  }{   /。>。\   ヽ/////      /}i      \
         .:::::: :: :三}Y´     {    \ <_/ \_ \__∨/       ///}i         \//
      .:::::::: :: ⌒^∧      ヽ __   イ!     / |_゚l_{゚}//     ////ノ__         ////
     .:::::::::: :: : :  込,__  _,.      }{     {    _///      /////゚| `゙<_,,. イ
      .::::::::::: :::ヽ, / ̄ヽ `i        }{     彡、 _/i///   /////// ̄|」‐-=ニ _\ ,ノ  ////
     .:::::::::::: :: ::}∧/// ∧∧        }{       {^ {// ///////   ///// {゚}ヽ  ////
     .::::::::::: :: :∨//   //\      \_  /  |   \ x┐ //////////////// \\_彡
       ,′ :::: ::. :∨//    ,///\     〉/  ∧   / /ー=}ー- 、///////////     ̄´
      il i  i{:: : :.∨ : : ∨/////∧    //  /  \i/_/ i/    \///////
┏─────────────────────────────────────────────┓

   そうして事件を追って行くと、前に出会った魔物と戦わなければならないという事が分かる。

   最大限の対策をし、挑むこととなってしまった。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1944 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 21:09:27 ID:S8dV4B3g0

                   / // .__|// /二二>、__   .∠二二ニ/人人人人人/
                     /!,..イ//__ムイ/、>、\\_ <二二二二ヽ/人人人人./
                    l∨::::::::,.イ´ .i/ ̄/ !   |/  .| . / ∠二、 ̄`∨人人人人 /__________
                /::::::::,.ィタ   .|_.ノ ̄>、/__/ ./  />.、ヾ、/人人人人/人人人人人人人人人人
                 |::::,イ___,. _,/\二三二ミ>、\| ./ /<  ∨人人人人人人人人人人>――――
________ .     ∨从>イ/: :l_ノ  | ̄〉〉ミ∨/∧ .\!/  .>、__ヽ、人人人人人\  ̄ ̄
 _ _ __,.<\       .///_/! / ̄ l/!/!./!,/// \,,イ´ 夾夾≧ヽ人人∨\人 \
/  |/ ///.__l. \     l,' ∨_ノ ./     .|Ⅵ//>=イ´_人_夾夾>'´`|人人 \ .\人 \
        l/ミv彡爻爻.\    .\/    ,.x≦!V|/ィ彡イ彡仝_人夾ノ人爻人爻人ノ.∨ \人 \
       ∧Ⅳ`'< 爻爻 .\      .,.x≦圭ⅳ´iii -=ニ  二  彡仝人人爻爻爻人人ノ|∨  `<人\
`'<、 .∧Ⅳ    l\爻爻.戈三>、/圭圭:Y´ //-=ニ  二  イ .< ̄\人人人人人ノ \   `<ミ\
   ヽ∧Ⅳ    jIII|\爻爻爻爻ス`ヽ圭::::::\:::::ii ー=  二  イ ./ \//\ ̄ ̄ ̄    ∧    `ヾミ\
.     |リV      Ⅷi  \爻爻爻爻ス|圭::::::::::::Y:: ー  ==ニ  _ノ    .∨//\          .∧      ∨\
.    ∨\__ .Ⅷ! .   \爻爻爻从圭::::::::::::┳:{:::::::::::::-=ニ二彡     .∨///\_____ノ .\__,,'’  ̄
          `'<     _. ̄二>╋╋╋:》:┻╋:|/:二二二/____     .∨////\
                \>'´. _ / /-:::::┻::/:┫┛/:::::: ̄|人人人__/ ̄_ ̄>∨/////\
            ,. <  ̄/ / /| ー::::::::/:::|/:::::::/\!>\!_,イ:::::∨> ∨/////∧  /!
          ,.<   ./. ..∨  / ー:::::〈::::/\::::::::   二二_/ !::::::::|_ .∨/////∧/ .|
       ,.< /   /     | .卅≧::/V::::::      / ._/   |::::/   ヽ∨/////\|
       /. ./     /: . : . : . :| .人_,:::::::::}::::::      .川/::::::∨  ∨  ___.>―イ   ∧ ∧
     </ ./_/∨´: : : : :..:.:.ノ _   .`ー  \ .     ∧:::::::ノ    <//////\     ∧| . |
     .|./ ∨―ニニニニー=<´|_  __>―  .>-r、/ .\| ̄ ̄>、_!´ ̄`!///        .∧ .|.    ,.ィ
          \三圭圭爻ノノ| .|_ __ ____>' / |\___/   ∨ ̄.|∨         .∧|  / /
          >―==: : :/ !|    ___  .!:::|.   |\___!   ノ / .|_         ∧/  /
 ,ィ´`>― 、/: : : : .vⅳ´   ||   /  ___>'彡!  .\   _.ノ  <_/ ////\        .∧  /
 !∧/:::|_;_; ; ;<: : : ;//    .Ⅶ / /    ィ彡∧    `ー'´      .////////|       ∧/
 ` |/. !`ーiiv--く__/       ∨./     .//彡个∧          /////////ノ__       ∧
.   |\/\_!__ト=-、!       ∨   .,.<  弋彡个∧           ̄ ̄ ̄ ̄∨//\      ∧
.   ヽ〈    /___/         ∨ /.   ./弋彡个\                 //////|      ∧
     `                    \二二ー    戈彡个\            ///////       ∧
┏─────────────────────────────────────────────┓

   助けられなかった。 その魔物と対峙し、激闘の末、紅き竜を■した。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1948 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 21:13:01 ID:S8dV4B3g0

                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \
          /                         \
        /                         \
          /                              .
       /                             i
        i                             |
        |                              |
        /                                 /
      {                                /
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!
┏─────────────────────────────────────────────┓

   自分に降りかかろうとしていた悪意も去り、学園も晴れて卒業となる。 その夜は飲めや歌えやの大騒ぎ。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1951 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 21:17:38 ID:S8dV4B3g0

           _,. -=-- 、
        ,  '´ '´       ヾ、
       //             ヽ
     , ' /            |
.    / /         _,.  - ┴ --  _
   / /        , '´ ,.   /   - 、  ヽ、
.  / /       /   /   /     ',   \
  / /      ,.:' /  /   / ,|       :.  、    ヽ
  | |        / /  / ' / ;': !      |   ∨ !
  | |     / / / | | | ! |     }ハ  | |   | :
  | |      | ' '{  { | |__|__ {i. /   /__!_{ハ i   | !
  マ{       | | | |  | |从{从イ∨、 /}/ }/ | !  } |
  {!      {ハ | |  Ⅳ{示圷、 ∨ / ィチ圷、}/  / :.
   マ、    { 从 {  ム 弋こソ   ∨ 弋こソ/  /  |
    `\_     |从_从〉       ,     /,.イ/   :.
          /   | T 、   、   ,    /イ}     .
            /   {  | >         <{  ∧   i
        /    ,  !  /|> - <|ヽ j /  i   :.
          /     } |/:{  ∧ ∧  |:、! {  :.   :.
       /    _,..::| |:::::∧/、 {__ノ }_,.イ:::| |ヽ、 i    、
      ,:'  r::::´::::::: | |::::{//≧、__,.ィ//|:::{ {::::::::`ヽ、  、
    /  {::|:::::::::::: | |::::|/////{_}/// !:::| |:::::::::::::/:}   \
   /    |::::,:::::::::::{| |::::|∨//ハ\/{:: | |}:::::::::/::::|     \
 /      |::::::、:::::::::| |::/ \/  \/i:: | |_::::::/::::: |        ヽ
┏─────────────────────────────────────────────┓

   大騒ぎの後、自分を一番気にかけてくれた人からとあるプレゼントを貰った。

   嬉しかった。 認めてもらえた気がした。

   恥ずかしかったのか、その人は顔を真っ赤にしながらすぐに去ってしまったが。

   ――自分もそのプレゼントへの気恥ずかしさもあり、顔を合わせ無いようにしばらくしてから戻ろうと目を閉じた。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1960 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 21:24:18 ID:S8dV4B3g0



┏─────────────────────────────────────────────┓

   目を開けると、目の前には自分の部屋が写る。

   戻ってきてしまった。 何故だ、自分が何をやったのだ。 こんな仕打ちを受けるような事を何かやったのか。

┗─────────────────────────────────────────────┛


.

1963 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 21:29:21 ID:S8dV4B3g0

    , ゞ:.ミ      ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:.ミ,":;.::;, :;.:    , ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;:.ミ,          :;.::;, :;.:
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,'    ,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; "+;.:;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :;,:;、,"'.:.:;,    ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;
;: ;: ;:  ; ::; : ;:;* :; :  ,:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.  ::;,'ミ:.ミ,":;.::;, : :;     ":;;;: : ;: ;: ;:,:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,"
:;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:,:;、,"'.:.:;, ゞ :.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,",:;、,"'.:.:;    , ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:.ミ,":;.::;, :;.::;,'
::;...;;.;;::;.:".:;.:'"゙:.:゙,,:;、,"'.:.:;, ゞ  :.ミ,":;. .,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:.ミ,":     ;.::;, :;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.,":;.::;, ".:;.:'"゙:.
:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;, ,:;.   :::+ '.:.:;, ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ," +    :;.::;,'ミ:.ミ,":;.::;, :'"゙:.:゙,:;、
,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:,:; "   ヽ  ' ;,`゙ゞ/:.  ミ,":;.::;,'/ミ:.ミ,":;.::;, "         .:;.:'"゙:.:゙,:;、,",:;、,"'.:.:;, ゞ:.
,:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,..//:;.:,     +;|:;|.::;,'ミ:.ミ,":;., ,\":;./;, ".:;.:'"゙:.:゙,:;、,             ",:;、,",":;.::;, ".:;.:'"
:;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;/,/:.:;,       `:|'"|゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;|':,:;.,.:::;.:".:;.:'"゙\:.:゙,|:;、           ,  "'.:.:;,`:;,':,
":;;;: : ;:. /;:/ ;         ::|":;|;;: : ;: ;: ;:  |;|::; : ;:; :; :  :: :;,\\;                  、,"   '.:.:;,
;: ;: .;: / ; /::;           | i;;ii:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ | .|ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:.ミ,":;.::丶\: :;                  ":
:;.: /,: ;.,/:;,`゙            ;;ii|:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙|ゞ:|.ミ,",:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,"\:;\;., ...+ .. ..   . ... ...    ..::   . .. . ..
/ ::;. /..;;.;;::;.: ... .. ..   . ... ... |i;;ii:i;|":;.:,:;.,:;,`゙ゞ|:.i;;,|":;.::;,'ミ:.ミ,":;.::;, :;、,"'.:\.;,\:;,':
:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"... .. ..   . ... ... ;.,:;|::;..;;..|:.:;, ゞ:.ミ,":.|:,:;.,:;|,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,'ミ:.ミ,":;.::;, :丶"゙::\:;、
,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:,:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,":;.|:,i;;ii:i;;|`゙ゞ:.ミ,":;.|:;,i;;ii:i,":;.::;, ".:;.:'"゙:.:゙,:;、,",:、,"\'.:.;,  . .. ..   . ... ...    ..
,:;、,"'.:.:;, ゞ:.ミ,":;.:,:;.,:;,`゙ゞ:.ミ,":;.::;,|i;;ii:i;;i:i;:.|ミ,":;.::;, |i;;ii:i;;":;:,:;.,:;,`゙ゞ:.,":;.::;,'ミ:.ミ,":;.,:;.,:;\,`゙:.\ミ,":;.
:;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:|;.:'i;;ii:i;;i:|;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,': ,.,:;\.:::;.:;\.:'"゙:.:
┏─────────────────────────────────────────────┓

   打ちひしがれてる様な暇はなく、ある程度の強さを得た自分は本格的にこのループを調べ始める。

   そのために森へと入る事になり、暗い木々の間を通り抜ける日々が始まった。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1965 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 21:35:27 ID:S8dV4B3g0

             '{{≦:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ハ
            イ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::∧
      , =彡=イ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : : :: :: :∧
         r/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: \:: :: :: : :: :: :: :: ::::∧
        ∥: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\ :: : :: :: :: : :: :: :: }
      /ノ:: :: :: :: :: :: :il:: :: :: :人:: :: ノ:: :: :: ::へ :: :: :: :: :: :: :: ::|
        l:: :\:: :: :l:: :: ;lハ_:: :: :: :ハ:: :: :: :: ::l::ト:ト:: :: :: :: :: :: ::ハ
        `:::へ:: :: l:: :: l-‐l:::l=--:: :: ハ :: :: ::l::l:l ヽ,:: :: :: :: :: : :: ハ
      .  l:::: Ⅵ::::人:: :l リ  \:: ::l リ:: :Ⅳ: ::|- }:: :: :: :: Ⅳ:: :: ハ
        ヽ,::ヽ::ハ::l:ヽ::l ,,≧==ヾ i:::!ノ::l:: :::Ⅴrリ:: :: : : ∧ :: : :: ::∧=-
         l ゝ::ハト:l::ヽl 弋5乂 .l:;i ノ l:: : : :l  l:: :: : :∧ :: :: :: ::∧
      .  丿 ヽハ:|  Y`  l'   .l::!   l:: : :: ノ  l:: :: :: ∧:: :\: :: :: :\
               ノ   |i    l:!  l : ::ノ  リ:: :: :: : ∧:: ::\::∧ ミ-
               ` ‐ 、'! __  リ   ': : ノ  ノハVノハ::ソヽハヽノ::ハソ--
                イハ` .-_ '   ノ:ノ \ /:: :: :: ::/: :: :: :: :: ::: :: \
           ,   /’/イ   ヽ_ -     /:: :: :: ::// :: :: : :: :: :: :: :: :\
       __レ-く \ ,/              |:: :: :: / ./:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\
    ___ _L_ _  \,, `__-ァ..           へ:: /:: /:::: :: :: :: :: :: :: ○:: : :: :: :: \
  く`‐ヽ____  \_`_-z- '"  .            //:::/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\
  _メ    X  \/\               l:: ::《==========__:: :: :: :: __======》
  (_   ヽ     /:::::::: \          ヽ  l/ヽ ::ヽ: :: :: :: :: :: :: ≪≡≫ :: :: :: ::/
  (_   ヽ   /:: :: :: :: :: ::\        .へ、 /  l:: :: ::ヽ:: l: :: :: :: :: :: :: :: :: : : :: /l
  ス_  \ /:: :: :: :: :: :: :: :: :\         \l  l:: :: :: ::ヽl: :: :: :: : :: :: :: : ::: /::l
     ``ヽ/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: \     \丿/{-ァ :: ::丿: :: : :: : :: : : :: : :: :: : : l
  /\丿\:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :/ (     l ゝ==-}-'-/: :: :: :: :: :: :: ::/:: :: :::: ::ノ
 :::::\  \ \:: :: :: :::: :: :: :: :: /:::\ \ , / |   /ヽ::/:: :: :: :: :: :: :: ::/:: :: :: :: :: l
 :::::::::::\  \ \:: :: :: :: :: :/:: :: :: :: :X  ̄   \ 丿::/:: :: :: :: :: :: :: ::/:: : :: :: :: :: |
┏─────────────────────────────────────────────┓

その森でとある少女を助ける。 少女は心を摩耗していたが、森の中を一緒に旅している内に少しずつ打ち解けていった。

今では自分の全てを曝け出した立派な相棒だ。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1968 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 21:41:20 ID:S8dV4B3g0


     / .///: : :.l :: ,':: .:::ハ;: : : : : :.:::.:::: :.: ::、:::. |:::::.. ::. : : : }:::::/::::}::::: : |ヾ,
       γ//: .:: :l :: l::: :i::|‐-|: : : : : :::;:::::ィ;|::::ハ::::ハ::j::..:::. :. : : }:;':::::;:}:::: :.| ∥
      /:.リ:.|: .:: .::| :: l::. ハ|  |: : : : :::::ハ:/ソ|::/ |/_〃|:::::::..::. : : |:::::,':}:::::: _!,zO
      {:.:.:.:{;.::::: :::| :: l::::≠"示ヽ: : ::/〃 ,|/坏示ミヾイ::::::: : : |、:::ノ:γ´ .:.:
      ヘ::.:.|.:::::: ::::|:l: l:::ヾ. r.i::ハ \|    r.i::::j } |/':::::::::: : i |.}/::/:.:.:.:.
       ゝ:|:::i::: ::::|ハ.l::::、 .乂ソ       辷'ソ ./イ:::::: : : l |'/::::{:.:.:.
       〆" 'i |::ト:::::::::゙::::::'、 ´  ,         `./´/::::::::: : l |::::::::',:.:.:.:.
    /" .   |ハ::|`;::::::|:::::::::ゝ   `        ´ .,':;;::::::i:: :lリ::::::/l::\:.:.:.:.:.
  _,/"    / l:| .Yヽl::::/Yヽ    ー─ .´ヽ   //l::::/|:: /::::://:/  `≡´
 ゞィ        ∥ | }:::'{ |  \  ヽ    ノ   /ィ/:::/ ノィ::::::/´:/   ∥
/ }         l | .|:::.| V  _≧、 `─ ' . イ  /:::/   \:::/   〃
 /          {. | ヘ  V  / / .> ヽ   /イ   // ̄ーr、_
/          __」 ,」  ∧ V .| .{   / _〉| /    // / /
{        _,/、 `〈 .} {¨.V ̄`ー‐y∠∠__Y´\  //   / /   /
ヾ       /  ヽ  } \} | r‐ '" `ヽ___廴} ̄`ー─-、  / /  /
       イ \  i, .|  /  | { rー‐'ヽ/〈├i─--、_/ / ../ / /
      .! x、,  }__イ´  !、 ¨゙|_|  r、  | / .| .',:::/    / ./ / /
       { ゝイ` !   .λ   }-‐'ゝ } /./ | |´       | |/イ
     / ヘ       ,ハ  .!    | |/ /|. |     }.| { /
    //: .:::\   ン'´/ {`ヽ     '、 ./ {  |     }| }イ
.   ///: .::::::::::|       | {  ヽ     .\ム,ノ
┏─────────────────────────────────────────────┓

森の中では王国ではあまり見なかった様々な亜人の人々と交流を持つ事になる。

魔女たちとの交流もあり、自分の体を本格的に調べて行った。 有益な情報は今の所得られていないのだが。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1969 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 21:41:41 ID:n/l3hKns0
???「そうはなれない、させない。何より…面白みがない。未知が足りなくなる」

1970 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 21:45:03 ID:5MgS/aHI0
>>1969
くんなw

1972 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 21:45:41 ID:riPTLNKk0
あ、よくよく見直したらメインヒロイン()のささすさんが描写すらされてない(白目)



1973 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 21:45:59 ID:S8dV4B3g0

.               Y: :ヽ            /
              } : : }         /:.{
              } : : }          {: :{
              /: : /  . . . ---. .、_  Ⅵ:.、
             ノ: :  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>≧=-Y:ヽ
.             /:.:.≦/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧: : : : ノ: :.}
            {: : : :/:i:i:i:i:i:i:i:i:i\:i:i∧: : : : :.:ノ==.ア
            >ィ:i:i/:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:iY:i:i{: : :.イニニニ( ___
           /ニニ{:i:{:i:Ⅵ:i{斗≦:i:i:}:i:i}--ァ:{ニニニニ):i:i:i≧=---''
           ヽニニ:从:i:示:i:{ “v刋 }:i:i|_./:i:|、ニニ. へ:i:i:i:i:i:\
              ゞニ):i圦.V}´   `¨ !:i:i|:i:i:i:i{ ゞ''   ´⌒ヽ:i:iヽ
            /:i:i}从ヽ ' 、 '  ノ:i:i|:i:i:i:i\       Y:i:i}
           /:i:/ノ'  )}:i≧=-彡.7:i:i!ニニ \≧=-     .ノ彡'
            {:i:{   /:i/ ァ=ゞソ彡:i/ ⌒ヽニ.\     ̄
           人:{  ./" r-}彡Ⅹハ/   .\\彡-==ミ
             ー    .y クニ {ニニ\  /:i/   ノ ノ
                 /= {ニニ! '/ニ.\':i:i廴 >入,ノ
                 Y {ニニ!_  '/ニ/:i:i:i:iノ''    )、
                  }彡ニニニニ≧Y:i:i/   _ -=(:i:i:i≧==--
                  }_◆ニニニニニ /ニ≧=≦ア  `¨¨¨¨¨¨´
              f≧==.八}。ニニニニニ/丁 ̄\≧ア     _
                }ニソニニ}ニニニニニ {.八 \_Yニ≧===≦ニニ/
      r----=======彡Ⅵニニニ}゚ニニニニニ.{  \ /ミヾニニニニニニニ/ー 、
     }=ミニニニニニニニニニ.Ⅵ彡イ、ニニニニニ彡'=≦≧<ニニニニニニ .{   (
   ) ̄ ̄}ニニニニニニニニ/ニ /ニ{ニ===≦ニ\ニニニニニニ≧=----(  ./
   {   .|ニニニニニニ./ニニ:/ニニ|.ニニニニニニニ.\ニニニニニニニニニ/ __>
   乂__,彡ニニニニ /ニニニ./ニニ.}ニニニニニニニニニ.\ニニニニニ./_//\
     \ r仁ニ./ニニニニ./.ニニニ.|ニニニニニニニニニニニニニr<  V/////,\
      廴¨ <ニニニニニ./ニニニニ!ニニニニニニニニ=-- ⌒ノ  /////////,\
       )   ゞ--=ミニニニニニ{ニニニニ=- ´      )/  \/////// ,\
       ヽ__      )-  ̄ ヽニ(´         > ⌒^      \/////// ,\
          \  //     `´ ____ r彡´            \///////ハ
           /`¨¨\___ ,彡'  }   {             Y///////,}
.          /    /  ̄        .|   {                 }/////// |
┏─────────────────────────────────────────────┓

そして、自分の中にある瘴気と対面することとなった。

そこでは、自分の想いを再認識する事が……出来たのだろうか。

┗─────────────────────────────────────────────┛

1974 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 21:46:02 ID:v7tk1J6U0
まじだwwwまじだ・・・

1975 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 21:46:53 ID:5MgS/aHI0
メインヒロインw

1976 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 21:47:24 ID:HHpPL.d20
ささすさん@出番がない…



1980 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 21:48:24 ID:S8dV4B3g0




┏─────────────────────────────────────────────┓

そもそも自分には何か想いという物があっただろうか?

誰かに助けられ、いつの間にかふざけた体質になり、流されるようにここまで来た。

┗─────────────────────────────────────────────┛



.

1987 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 21:58:29 ID:S8dV4B3g0

┏─────────────────────────────────────────────┓

   自分は、あの少女に問われた時何を想いながら答えたのだろうか。



  【誰かを助けるヒーローになりたかった】


  【ヒーローなんてこの世界にはいない】


  【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】



 多数決安価 【23:00】まで 1IDにつき1回、どれか一つのみをレス
  ※以上の文をカッコ込みでコピペして張り付けてください
┗─────────────────────────────────────────────┛

1990 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 21:59:47 ID:gKWUJJHg0
 【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

1991 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 21:59:54 ID:HHpPL.d20
【誰かを助けるヒーローになりたかった】

良し悪しが分からんけど、あの会話内容だとヒーローを肯定してないのに違和感があるし

1992 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 21:59:55 ID:5MgS/aHI0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

1993 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 21:59:55 ID:4xApQUH.0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

1994 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:00:36 ID:v7tk1J6U0
昔の自分を助けなかったから下かな
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

1995 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:00:39 ID:pIltntMQ0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

1996 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2013/08/10(土) 22:00:40 ID:n/l3hKns0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

1997 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 21:59:19 ID:erOaBTV60
【誰かを助けるヒーローになりたかった】

1999 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:01:02 ID:l/VuE4Ik0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2000 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:01:04 ID:HHpPL.d20
>>2000なら不遇の雷魔術さんにテコ入れ

2002 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:01:09 ID:n/l3hKns0
>>2000なら獣殿はやる夫の味方ポジ
無理ならセイバーには恋人あり。相手はゼロ(ロックマンゼロ)



【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2003 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:01:09 ID:erOaBTV60
【誰かを助けるヒーローになりたかった】

って23:00まで?

2004 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:01:13 ID:QGN.XMjc0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2006 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:01:30 ID:8l0JQwVY0
【誰かを助けるヒーローになりたかった】
2000なら片手剣と双剣の習得度が一定以上だと二刀流マスタリーが生えてくる

2007 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:01:36 ID:qoMCpw2.0
 【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2010 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:01:56 ID:R5GATO1M0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2011 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:02:02 ID:A60Ybb2Y0
 【誰かを助けるヒーローになりたかった】

肯定はしてるけど自分はそうじゃない、ってのが好き

2015 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:02:50 ID:WuvuyJaY0
 【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2018 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:03:58 ID:22ym.PCA0
【誰かを助けるヒーローになりたかった】

2020 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:04:18 ID:o1fbh/YQ0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2021 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:04:38 ID:7TfTYP5Y0
【誰かを助けるヒーローになりたかった】

2022 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:04:41 ID:WZmh7b9Y0
 【誰かを助けるヒーローになりたかった】

2024 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:06:02 ID:x7kvEJe.0
  【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2026 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:06:26 ID:2uMaSuJ60
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2027 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:08:40 ID:qeAA5BOI0
【誰かを助けるヒーローになりたかった】

2028 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:08:47 ID:riPTLNKk0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

自身の正義が他者の悪、その逆もまた然りだからね
自分の信じる道を進むことが一番よ…極端にアレなのは除くけどさ…

2029 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:10:30 ID:Fx7Vhl220
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2030 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:11:43 ID:mWV83Dag0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2032 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:12:12 ID:z.ZSLFjw0
【誰かを助けるヒーローになりたかった】

2033 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:11:23 ID:One7ftLU0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2034 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:12:26 ID:One7ftLU0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2035 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:13:45 ID:tHvVFBRc0
【ヒーローなんてこの世界にはいない】

2038 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:15:04 ID:dq17xDQE0
【ヒーローなんてこの世界にはいない】
だから何にも縛られずやりたいように救えばいいんじゃないかな

2039 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:15:29 ID:dq17xDQE0
【ヒーローなんてこの世界にはいない】
だから何にも縛られずやりたいように救えばいいんじゃないかな

2041 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 22:16:58 ID:S8dV4B3g0
(重複除く作業が大変になりそうだ)

重複した場合は1票と数えるよ、流石に鯖の状況が酷いしね。

2042 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:17:24 ID:vQnkIgC20
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2044 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:18:25 ID:81YZHGSc0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2045 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:21:47 ID:j.1YW9Zg0
【誰かを助けるヒーローになりたかった】

2046 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:22:17 ID:TYqak0GM0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2047 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:23:53 ID:zQhWxFY20
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2049 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:29:44 ID:T7lOoa5M0
【誰かを助けるヒーローになりたかった】

2050 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:30:22 ID:Je5JAfLA0
【誰かを助けるヒーローになりたかった】

2051 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:31:09 ID:ZEfqGo4s0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2052 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:31:57 ID:i.PqSyno0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2053 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:32:07 ID:/aHHiuVg0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2054 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:33:07 ID:lCtB0aDo0
  【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2055 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:35:14 ID:r.ccU1Uo0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2056 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:38:47 ID:A60Ybb2Y0
ロム専や通りすがりの人も投票してるのかな?

2057 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:39:05 ID:nZyd7L5Q0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2059 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:54:23 ID:0oo.1Hhk0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】

2061 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:55:28 ID:22ym.PCA0
2057 の時点で【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】は30越え?

2062 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 22:56:36 ID:22ym.PCA0
【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】 はだいたい31くらいかな

2069 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:02:00 ID:S8dV4B3g0
とりあえず投票終了!

集計はありがとうございます、注意しなかった私が悪いのであまりお気になさらず。
自分でも集計してきますのでしばしお待ちを。
(と言っても結果出てるっぽいけどね)



2074 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:07:33 ID:S8dV4B3g0

┏─────────────────────────────────────────────┓

  【誰かを助けるヒーローになりたかった】 12票


  【ヒーローなんてこの世界にはいない】 2票


  【ヒーローか悪人かなんて関係ない、自分は自分だ】 29票

┗─────────────────────────────────────────────┛

2077 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:11:07 ID:S8dV4B3g0
沢山の投票ありがとうございました!

とりあえず固有のスキルや魔術は決定したので、いったん区切ります。
能力調整等をしてきますね。

2078 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 23:11:26 ID:v7tk1J6U0
一旦?乙ー

2079 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 23:11:46 ID:HHpPL.d20
乙ー?
今日はもう無し?

2080 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 23:12:07 ID:x7kvEJe.0
固有魔法はモルボル召喚がいい

2081 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:13:15 ID:S8dV4B3g0
すんなり私の中でこれだ!って感じに収まりそうならすぐに再開します。
世間は休みに突入してますし深夜でも行けそうなら少しだけでも投下しようかなとは思ってます。
3時超えて何もなかったら明日だにゃー。

2082 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 23:13:17 ID:n/l3hKns0
嫌だわ。
何の嫌がらせだよ。
トラウマ召喚とかwwww

2083 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/10(土) 23:14:24 ID:v7tk1J6U0
よし この時間で少し読み返してくるか
急いで追いついたから読み込めてないところが多かったはず

2092 名前:コリブリ ◆i8W4tEkmg2[] 投稿日:2013/08/10(土) 23:24:26 ID:S8dV4B3g0
やる夫君はdies的に言うなら求道型になりました。
そして今回は一応活動位階までは行った感じで。



誤爆から始まる交流もある。
このスレ見てる他スレ作者さんとかどれくらいいるのか気になる所です。








関連記事
  1. 2013/08/11(日) 10:00:08|
  2. やる夫は色々な物語を紡ぐようです
  3. | コメント:0
<<【猟師】Act1 -脱出 02-  | ホーム | 金が全ての世界でやる夫は生きるようです>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyarusp.blog.fc2.com/tb.php/690-f0703ded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。