FC2ブログ

やる夫まとめに挑戦

【欧州】《第6話》17


3668 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/14(木) 23:34:53 ID:I.EEvNSU0
ストライクウィッチーズの世界観について




まずはじめに、この世界には”魔女”と呼ばれる魔力と不思議な力を持った女性がいる事を分かっていてほしい。


太古より人類は”怪異”と呼ばれる異形の者たちとの戦い続けており、大きな争いが起きるそのたびに、魔女と手を取り合い

大陸を削りながらも人類はなんとかそれを退けていた。我々の歴史は人類と、その怪異との戦いの歴史と言っても過言でも無い




しかし、1939年。ヨーロッパ地方の黒海から突如、大きな黒雲を拠点とした”怪異”が欧州へと侵攻を開始。微か数日で周辺国を制圧

これまでの怪異とは比較にならないほどの圧倒的戦力差、これらが生まれた地方の昔の神話から名前を取り”ネウロイ”と命名。


20年前にも同じように怪異による大規模侵攻があった人類は、再び手を取り合い、これに対処すべく戦闘を開始。



後世に伝わる”第二次ネウロイ大戦”の始まりでもあった



3674 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/14(木) 23:45:12 ID:I.EEvNSU0
しかし、ネウロイの持つ瘴気により普通の人間は近づくことは愚か、その高い再生能力は普通の銃火器では倒すことは不可能だった。

戦車すら紙の様に溶かすネウロイに対抗するには、ウィッチと呼ばれる少女たちの力が必要不可欠なのだ。


欧州を拠点とする帝政カールスラント(ドイツ)、ガリア共和国(フランス)、オラーシャ帝国(ソ連)たちはウィッチをはじめとした軍を展開

それを支援するために扶桑皇国(日本)、ブリタニア連邦(イギリス)、リベリオン合衆国(アメリカ)といった世界の大国たちも

自国からなけなしのウィッチ隊と、それを支援するための部隊や物資の援助を開始。裏で世界の覇権を賭けながらも戦況は優勢に見えた



しかし、ネウロイ側の圧倒的な質量の前に戦線は崩壊。欧州全土は微か2年でネウロイ側の制圧地となってしまう。

3676 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/14(木) 23:54:12 ID:I.EEvNSU0
祖国を捨て、欧州にいた部隊たちはそれぞれ周辺諸国へと撤退。事実上、人類はネウロイ達に完敗したのだ


さて、欧州本土に展開していた部隊はカールスラント主導で行われた「ダイナモ作戦」により全員が撤退したと思われていたのだが

誰も居なくなった欧州の地に、取り残された部隊があった。


ダイナモ作戦を支援するために、オラーシャのリバウ基地より展開した扶桑皇国 欧陸軍独立混成第三連隊と、

その支援部隊として回されたカールスラント空軍 独立第5特殊作戦飛航空団の二つだ。


動けなくなった負傷者、祖国を亡くした難民、損耗したウィッチと部隊。人類連合軍は彼らが取り残されているなど知らない

襲い掛かるネウロイに対処しながら、彼らは欧州からの脱出を目標にガリア共和国北方にある、港町ダンケルク。

パ・ド・カレー基地をめざし、果てしなく長い「進軍」を始めたのだった……

3677 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/15(金) 00:02:23 ID:f8nQzvy20
     l:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::}::::::|:l|::::::::::::::::::::::::::ト.
     |:::|:::::::::::::|::::::::ハ:::::::N:::::::::::ハ:斗七::アヽ:|l:::::::::|:l
     |:::|:::::::::::::|_l::斗チ::升 ヽ::::/  ∨-‐∨  Y:::::::::|:|
     |:::|:::::::::::::|∧/ |/-l- 、∨    rf爪笊刈l:::::::::|:l        ……暇、ですね。
    ∨:::::::::::::l rf芥笊圷       弋廴ソ ||:::::::::リ
      ‘,:::::::::::::ト、  V廴ツ       ///ヽ|l:::::::::|
        、:::::::::|ヒヘ ///ヽ    '        ノ|:::::::::|
        l::::::::|`ー'、        , -   ....:::::::|:::::::::|
        |::::::::|:::::::::>- __      イ__:::::::::|:::::::::|
       l::::::::|::::::::::::::::::::rf_」_  ̄ _}ノノ}::::::l:::::::∧
      ∧::::‘,::::::::::::::::::::〉 ̄ ̄`Y´ ̄ ̄ (__::/::::::∧:ヽ、
      /::∧::::<工工二 -- 、_人_ -─‐-/::::::/ー─- 、
      /::/ }:::::::〔::.::.::.::.::.::.::.::.::.{::.::.::.}:-:、:::.::/::::::/.::.:〕  ハ






                    __
              ,..-''"´     `"''-、
             / 、_ノ      ヽ _\
            /               .',
              ,'   __       __ ',       暇と言われても、延々と歩き続けなきゃいけないんで疲れてるんですけどね
           l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l
           l U "" (   ,、  )""  l       まだネウロイがいない分、楽って言えば楽ですけど……
              '.,     `¨¨´ `¨¨´    /
            ヽ、 __        /
               r''"´:::::::/´|    _,,..-''´ヽ
             __|::::::::::::/::::::ヽ、   |:::::::〈.、__
      _,,..-‐''"´  |\./,::::::::::::|    |:::::/-ヽ、`''-..,,_
     |ヽ      |  __ '.,::::::::::\.  .l/::::|  <_   .|
     | ヽ       ̄/   '.,::::::::::::\,':::::::::::',   .|    .|
     |  ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::',  |   .|
     |   ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::',  |     |
     |    l       \  |:::::::::::::::::::::::::::::| l     .|
     |    |          \|:::::::::::::::::::::::::::::| ,'     |
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃少しづつ太陽が傾き始め、空が茜色に染まり始めていた。日が落ちるのも
┃時間の問題だろう、と呟いたのは扶桑皇国陸軍の外套で体を覆ってたレイヴンだ。

┃ぶるっと吹き付ける寒波に身を震わせながらも、その手には彼の愛銃でもある
┃リベリオン製のブローニングM2重機関銃が重たい金属音を響かせながら
┃標的を見つけられず、銃口が宙を彷徨っていた


3681 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/15(金) 00:08:35 ID:f8nQzvy20
              ,,.x<::::::::::::::::::::`"::::::::::``ヽ、
           x<::::::::::/::::;ィニ三三≧x、i:::::::::::\
   、_.........-‐彡::::::::::::::/:::∠≫'"7:::フフ''≪ミi:::::l:::::::::::ヽ
     ̄ ̄ ̄/::::::::::/::::::/::::::::::::://イ:::::::::::`!::::i:::::i:::::::
      /:::::::::/:::::::::::/:::::/:::::イ::::::/i::::/i:::::::i::::l:::::l:::::::
    /:::::::::::/::/:::::::::/:::::/::::::/ !::::/ l::/ i::l:::i::ノ:;:::j:::::::
  /:::::::::::/::::::/::::::::::/i:::://l:::/ l::/ l/ ̄「从!:::/:::i::::::::
/::::::::::::/::::::::::/::::::::::/::i::/T"l/  j/ / 二ニニj::/:::::!::::::::
:::::::::://::::::::::::/::::::::::/::从{_,xャ云     "代;;;;j/::::::;::::::::::
:::/ /::::::::::::/:::::::::::∧l 〃代;;;ハ      `ー/:::::::::;::::::::::       アッカーマン中尉の話だと、そろそろ大きな川が見えるはずなんですが
   /::::::/::/:::::::::::/:::/ヽ   ゞ''"   ,     /::/:::::/:::/::::
  /::::/:::::/::::::::::::/::/{ ヘ         __/::/::::::/:::/:::::::       ……この分ですと、ライン川に着くのは明日になりそうですね。
. /://:::::/i:::l::::::::/:/:::::\ヘ        "///::::://::/:::::::::
// /::::/ !::i::::::トi::::::::/::::::::::>、__   // /:::::://::/:::/::::::
/ /::::/  {/{:::::l::{:::::/:::::::/::::::::: ̄オ=―7:::::::/::::/:::/l:::::::
 /::::/  /{::::i::::!:::::/:::::/:::::::::::::::::F ̄ ̄7::::::/!:::/:::/ j:::::/
../:::/  /:::::::人{:::::::/ ̄`j ̄ `<_  /:::/ jノ:/ ノ:::/
/::/ /::::::::::::::::::::/   ヽ{   _,,,__/ィ"}" ̄ ̄ ̄ }::{
::://::::::::::::::r―イ     Y    / ノ /ミ     j`ー、
/::::::::::::::::::::i \        l     // ̄代    ノ  /
:::::::::::::::::::::/人  `'''ー-ミ 乂__ / /_ノ ト、   / //
::::::::::::::::::/:::::::::ヽ     >   / /  厂\ノ  Y
:::::::::::::::/::::::::::::::〈   <     / /  /      j
::::::::::::/::::::::::::::::::::!    >、/  ''"⌒∨      //
:::::::::/::::::::::::::::::::::i    ζ               / /
:::::::::::::::::::::::::::::::::i    i        --―       /ζ
:::::::::::::::::::::::::::::::::i    i              / /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ここガリア共和国出身である陸戦ウィッチのミカサは、バディであるアリア
┃ダスト少佐と共に前方で車列の警護に向かっており、此処には二人しかいない

┃扶桑皇国が生まれの暁美軍曹にとっては、ガリアとカールスラントの間に
┃流れる「ライン川」と呼ばれる大きな運河は、さぞ見ものに違いない。

┃場違いにそんな呑気な事を考えつつレイヴンは耳のインカムを叩き、後方で
┃恐らく暇をしているであろう人物に指示を仰ぐことにした


3683 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/15(金) 00:16:33 ID:f8nQzvy20
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \
            /                    \
           /                       \      蘇芳少佐、日が落ちて辺りが暗くなり始めてます
              l                         l
              |                          |     そろそろ足を止めて夜を超す準備をした方が……
              l                         l
           \                        /
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\






…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
                            ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━




         /. -‐: : : : : : : : 、: : : : :`: .、
      . '/: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :.\
.     /:/: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :.丶
    /:/: : : l: : : :.: : : l: : :l: : ; : : ハ: : : : :. : ヽ
    //: : :l: :|: : : :j!: : :|: :/: :/|: ;イ:.!: : : : :.: : :.'            うん、その点については心配ないよ。もう先行隊が
.   〃l: : :ハ:|、: : ハ: /}:/メ:/-|/ |:.:}: : : : ::.:. : :'
   ': :{: : |-‐トヽ:{ j/7'zテ=0テ、/イ: : : : :.:.:. : :ト、           場所を確保して設営を始めてるから。
   ,': : :ヽ:トrr=0k\   弋z夕/ /: :,: : : :/: :. :ト\
  .::/: : : :ト杙z:リ }        /: :/: : :./:.:.:.: :l
  |:l: : :|: :.l   〈        ,.': :/: : :./:.:.:/:. .'           僕たちはこのまま難民たちを護衛しながら合流、それで今日は終わりかな?
  |ハ: : |: :.l             /:/: : :.イ:.:.:/|:.:/
   ヽ:.:l:.:人     マ ̄} /イ/: : //:.:ノ:.:!/:}
    ヽト、:.:.:iト:.、        _彡'´  /,久_:.:j':.:l-、
       \|\l>.__. ィく       ′  マ:.:.:.:. }
          `     '  }_.ィ三三ニ==ヽ\:.:ト、
               /三三三三三ニ\ミ{:.:.:.ヽ
             /三三三三三三三ニヾ、:.:.:.|_
              /三三三三三三三三三ニ〉:.:.:冫
               /三三三三三三三三/三ニス:.:人
               /三三三三三三三三∧三三〉:.:. :)
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃レイヴン達がいる地点よりも後ろにあるストライカー輸送隊の車両には
┃少佐が指揮官としてウィッチたちの編成を考えていた。

┃とはいえ、今日はもう日が落ちる。既にテントなどは張り終わっているとの
┃報告を受けた彼女はその件を二人に伝えるとそのまま警戒を続けろと
┃指示し、インカムの通信を切った。どうやら少し立て込んでいるようだ


3686 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/15(金) 00:21:08 ID:f8nQzvy20
           _,......::::::......._
         /::,.. -‐''ニニ_ヽ:`::..
        /::::l-::/´::::/l:::::::l::::`ヾ、:::..
      /:::::::::l:::/:::/:イ l ,:::::l ,:::l:::::::l:::::
      ,::::::|:::::|:/-/- 、 l ,:リ ,-l-;l::::l:::::.
      ! ::::|:::::| ィ≧t、  / ,..-ュ、l/l:::::l        もうすぐガリアとカールスラントの境目ですが……
      ! ::::|:::::| 込チ     込チ /.l::::::l
      l:::,-!::::l      `       !::::::|        なんだか平穏ですね。ネウロイの襲撃も少ないですし
       ,::l,.|::::|       _       l,::::::l
      }::: |::::ト、            _,.イ!:::::,
      ,:::::|::::|:::≧ュ、._   _,.,<:::::l|:::::|
       l::::::!::::l::::::::::l__二_!_:::::::::|::::リ
      ,::::::::l::::|:::::::l´ ̄||´ ̄ ̄!::::::,::::/
     ,::::::::::ト,:::.///,ー,//////// イ:/ー- 、
     /:::::::,.- l、:.///{/!//////{  l/    ヽ
    ,:::::::/  lヘ:l//ノ lヽ、////  /     `、
    /::::,/   ,ー//__/_!/l  ̄l; l,       ヽ
   /::<   / //´ ̄ l//l ̄ ´ {       ノ
   /::::::ヽ   { l/!   l/    、_    _/











                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',        あいつらが嫌いな河川に近いからじゃないですかね?
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !       って言っても、航空型は遠慮なく来ますけど
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |

3688 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/15(金) 00:26:14 ID:f8nQzvy20
        /::::::::::/-―――――-:::、:::::::ヽ:::::::.
      /,::::::::::/::イ:::|::::::::::l::::::l:::::、:::::',:::::::::::::,:::.
      ,:::l:::::::::,:::::ハ:::|,:::::::::|:::::,!:l::::l::::::l:::::::::::::l::::l
      ,:::|::::::::|:::, l:::|_、:::::リl:::ハ_l::::!_,:::|::::::::::::|::::l
      |::|:::::::::|l/´T::l ',::::l リ l,ル::ハ::|::::::::::::|:::::!        ……航空ウィッチはすごいですね。
      |::|:::::::::||'_レ'  ヽ:|    リ__ |::::::::::::|:::::|
      |::|:::::::下云_ハ`  !  イト、ハ下::::::::::|:::::|        あんな高い所でなんて、私怖くて戦えませんよ
      |::|:::::::::|弋z(ソ     弋z(ソ !::::::::::::!:::,
       ,:!:::::::::|        ,         |::::::::::::|:::l
       |:::::::::|::.      _     ,イ::::::::::::|::イ,
      ,:!:::::::::|::ト 、    `  '   .イ::|:::::::::::::|::::::.
      l:l::::::::::!:::::::::>   _   <::::!::,:::::::::::,::l::::::.
      |:ハ::::::::,:::::l///ーr 、r-、////::イ::::::,::/l:::::::.
      |:::::、::::::,::::l////ll/Y l l///:/-,::::::::/,::::::::::.
      ,:::::::∧::::∨////ll/.|/! !//'///:::::://`ヽ、:::.
    /´ ̄:.:.l∧::::∨///ll-r-,―- 、_/:::::://:.:.:.:.:.:.:.
    /:.:.:.:.:.:.:.l、∧::::::、-―//゙ヽ ー-/:::::://:.:.:.:.:.:.:.:.:l
   ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨/\::ヘ//l /∧∨/,:::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨///`\l l//∧/////:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃それについては同感だった、高度三千メートルでなど誰だって戦いたくないだろう

┃軽い談笑をしつつ、二人は難民と負傷者の列をネウロイの襲撃に警戒しながら
┃先行した部隊へと合流すべく、少し行軍速度を上げる事にした



3690 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/15(金) 00:33:17 ID:f8nQzvy20
           /  ,,,, -‐ '''' " ̄""''‐-,,_  \
          /  /´,,-‐'' """""'''' ‐- 、. \  \
             ,l 〆Θ='''' """ ン フ''ミ=oァ `\ヽ  l
          〈 (;;''" _,, -‐'",,=,,゙"'‐、 ヽ::::\ ヽヽ |
          〉'  _ェ、'ゝ;"´l  `i '  l:::::::::::\`i|ン'          さて、皆ご苦労様……と言いたいところだが
         /´-イ,"-,l  ` ,ゝ・‐´    i:::::::::, 'ニ、ヽ,
        `´   l l ・'           ゙''..:::':::`::}..l..          ライン川を目前にして、我々は少し厄介な問題を抱える事になった
             i´ ヽ、テ          ,:: -――‐- 、
              l   `  _.. -‐- 、 /;;;;;;;''''',, '':::::::::::`:ヾヽ、
             `、  , ',´‐ '"´´ /;;;;;;'''''  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,\\
              `、. '´     .l;;;''''',,,,;;;;;;;;''';;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,'''';;;;;;ヾ.、
               ゝ    .::::|,/: : : : /`'';;;;> 、"''''''';;;;;;,,,;;;;;/
            ,r'´;;;;;;;ヽ-‐ '':::" |: : : : :l;;;;;;'''''''',,,,,,,,,,,,;;;;;;> \;;ヽ
            ':::::. ;;;;;;;;;;;l i;;;; :::::l|: : : :ノ'',,,,;;;;;;;;;;;;'''''''"   ,,,,,,,,,,
           ..::: . .:: ;;;;;;;;;;lリ;;;;;;;;;;/: : : i;;;;;;;;;;''''''  ,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; ;
          :: ::. .:::: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : :/;;;;''' c  ,,;;;;;;;;'';;;;;;;; ; ; ; ; ; ;
         ::::....::l‐- 、_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l: :ノ;;''  , ',' ';;;''',, ,;;;; ; ; ; ; ; ; ; ;
        ,,,,,,,,,,,,,l   |;;;;;;;;;,-、;;''´‐'´;'' c , '',,'';;'',,;;'' ,;;;;; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;|   l;;;;;;;;;ヽ';;;;;;;;r'´, -‐''//;',;;;'' /;;;;;; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃夜になってから、設営された天幕に一人欠けたウィッチとウィザードが全員が集合した
┃中には此処の司令官でもある新城大佐と、副司令官のミスト中佐も詰めていた

┃大事な話なのだろう。少しためらう雰囲気を伺わせながらも隠しても仕方がないと
┃思ったのか。レヴィとディアーチェの間にぽっかり空いた空間を見つめつつ
┃口を開く


3693 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/15(金) 00:42:32 ID:f8nQzvy20
  /;:;:;:;'  ;:;:;:;:;:;:;;:;:r‐'     _,-v、            ヽ;:;:;:;/
 /;:;:;:  ;:;:;:;:;:;:;:r'´       ゝ゚、z'   _ ,,,, -- ,,, _ヘ;:/
. /:;:;:  :;:;:;:;:r'´         _ ,,, --‐';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○}
./;:;:;:; :;:;:;:/´        _,r‐'´;:;:;:;''r‐'´       |  };´',´!,
;:;:;:;:;:;:;:;:;:/       ,,r´;:;:;:r'´             ノ ,|  ノ ヘ;:;:;:;:;:;:;:;         この場に居ないスタークス少尉のことだが……
;:;:;:;:;:;:;:;:;|      /:;:;:r´         , , - ' ' ´,、/:; /|  ヘ;:;:;:;:;:;
ヽ;:;:;:;:;:;ヘ    /;:;:r,'       , , ' ' _,,,-7'´・´~ } |//    ヽ;;:;:;:;:        つい先ほど、容体が著しくないと彼女から申告があった
  `'''ヽ;:ヘ   /ヽ○/` 丶 _ , , ; '  _/;:; /` ー ´  | /ヘヽ    "z;:;:;:;:;
      ヽ_/: : : :":;:;ヽ、    _,,,r´;:;:;:;  `         |  入  z   "=;:;:;:     今は間軍医のところで休んでいるが、詳しい事は分からん
    /r'  `ヽ: :; ; ; ;:;`;:ー;:´;:;:;:;:;:'      ヽ      .|; ヽ \  三   {;:;:;:;:;:
    "z ヘ ´ヽ : ; ; ; ' ' ' ' '         r    / | ヘ  ヽ "   }:;:;:;:;:;
    ´7  ヘヽr ヽ ; ; ; ; ; ; ; ; ;     -=ヽ, /;     / |  |  ゞ   ;:;:;:;:;:;
   /,、   `\_ヽ ' ; ; ; ; ; ;              _   _/ ヽ|  |   ゝ   }:;:;:;
   ´,ト  "  | `;:;`、ヽ ; ; ;       , r '_´- ´  / ヽ ノ   |  /;:;:
   /:;:|  〆 | ヽ| ヘ |` 、 ; ;     ´ ´  ´ / 、ヽ / /|
 _,,ノ;:;:;:´|    |ヘ ヽ ヘ |  ` = 、 _    _  ノ  ヽ ヽ  } / ´ /








           ... -―……―- .. .
       . . : ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: . ..
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: : ..
.     ,′:::::::::::::.  -‐…――- : . . .:::::::::::::::::::::::::::::\
    i::::::::::,. ´ (YY)-‐…‐-   .. .  `: : ..::::::::::::::::::::::ヽ          ただ、彼女自身の話だと暫くはウィッチとして飛べないらしい
    !:::::::/ , . :.(.ハ.).-‐…‐-... ,,_   ` : : . `: : .::::::::::::::!
.     \〈  ,. :':.:.:::::::::::::::::::::::三三二二D}  `: . `ヽ::::::j          最大火力が使えない、これはかなり問題だが、仕方ない。
      Y.://三二ニ>''"Y o `ヽヾハ;;;ー- .. ` 、}/
.      //ィi{ o Y´  ( 八    ノ  〃;;:;:;:;:;:;:`ヽ__,′           彼女が動けないということを念頭にした編成に変える事が決まった
     〈/l;;トヘ.___ノ}    `  二´     ;;:;:;:;:;:〃⌒ヽ
       _从     トiへ.          ミ"// く:::{ j''ッ、
     ( ヽ ''  ヾ} ン"               ノフ ノ  彡x
      ヽ|     ______     xッ、ノィィ彡''⌒ヾ    ,,ミ、
        八   i´ ,,二ニ-‐‐ ''  ノ           ,,z'  \
         ヽ  ´     ,,xミン′       ,, -‐''"
        /{::.、  ,.ヘ._〃      ,, -‐''"
         〈 ゞミx._////シ    ,, -‐''"
        /`ヽヽ /// ,, -‐''"
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃驚いた様な声を上げたのは、レイヴンの隣にいた暁美軍曹ただ一人だけだった

┃航空ウィッチの4人は既に本人から直接話を聞いており、陸上ウィッチの
┃二人も「まぁ、ある意味予想通りだな」と言った感じでうなずいていた。

┃レイヴンに関しては、一応みんなには伏せてはいるが今回の件の張本人でもある。


3696 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/15(金) 00:47:34 ID:f8nQzvy20
         .  ´ ̄  ̄ `  、
     ___/< \>         \
    /´ /  <\ .>  .ハ    i Vj⌒ヽ
.   i⌒/  、   / ∨ ! j  |  l「 ̄\ ヒック
   ム i   ト、\jハ!  j ルX´ |  l|    ヽ
   ム.斗! i | c==    =-c リ  !!> -イ         うぅ……、しゅてるん……
     | 从ル/´)xx    ,、 xxY⌒ヽj|    i|
     |  「 ̄`Y Ⅳ ̄  ) / ̄`Y|    l| グスッ      死んじゃ嫌だよぉ……
     |  |    |┴r‐rァ<|    |l|    l|
     | .从   .ノ ム レ'xイ入    リ   l|
     |  ∧.斗<! ∨/j }><i   j:|
     |   i/j   /     |/j     !   j.:|
     |  从i   /     人.:ト、   ! /jレ.: !
     | /.:::人 ./       ヽ∧  N.:: :: :リ
.    从::/{厂^\ _ __ ムメ )  }: :: /
    人::::| `7> - -─-- ‐<::\ j:: /
       ヽj. 〈:::/. ::: ::j:_::_:j:: :ヽ::::X` レ'
         ` ̄「//「 ̄ Ⅴ/.ハ
              |// |    V//i
              |// !    }//|
              |//リ    j//l
             し '     (/ ノ









           _,... -    ̄ ̄ ̄  `ヽ、
           /               `ヽ、
          /     /     /   |   ヽ___ヽ
       /  /   /  ,イ   /!    l    ∨ニ∧
       ,'  /    {、 / !  ./ |   ,. ;\   ヽ /∧
       |  |     | /`ヽ、/_ !  /l / _,..ィ   }/'  !       縁起でも無い事を言うでないわ、馬鹿め
       |  |     | {.    o |//イ´ o ヽ.  |   |
       |  |     | /、     ,     、   ∧ !   !       ただ体調がすぐれないから休んでいるだけだ。
       |  |     |リ  ー ´       ー   Ⅵ,  |
       |  |     |{ u                }   |       勝手に殺すでは無い
      ,::::.. !    /|                人l.  |
       /::::::::|:::::.../:::ト、  r――--っ   /:::: |:::::::.|
.      /::/!::|:::::∧:::::{:::> _ ̄ ̄ ___ <、::::::: !::::::::!
    /´  Ⅵ::/  \!ニ}={:.TT: ̄{ニニニ_`ヽヽ::/\:::!
         l/    }/ |ィ ̄ ̄oヽ!///_//_`  ヾ
           /三//7}、_/_//////三三三ヽ、
         /三三!///!:.l_l:.:.:.:.:.{////!三三三三 \
       /、三ニ////l:.:l、ノ:.:.:.:.|////!三三三三_/ \

3702 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/15(金) 00:53:14 ID:f8nQzvy20
                       ,、_
                     / {
                       ,  / -ャ     ,
                   / /  \  //-‐‐…‐- 、
     __           -‐ / /   {⌒__/ /  -‐<¨¨⌒
    ㍉、丶    . : ´      `ヽ  ム( i { .′    `
      { \\ /            ∨ \}          \
     }ンァ一 ´く       ヽ  \   ',  ヽ'⌒ヾ、       \
     ∨     i\   、__}_ \ ヽ    // ', }}        、ヽ
      ′    |  \ '´\ |ヽ\     ',/   }  {{       ハ         とは言え、部隊の最高戦力がいないとなると
     |     }_」    ∨ ,.斗=ミ、ヽ   i  }  i{-‐}i        i  |
     |     ´ハ|i     } / _)::::ハ  }   | ノ/ 爪__リi      |   |          編成としても指揮的にも、いろいろ厳しいでござらんか?
     | | }i | ,.ニ、     弋rツ  |   |.// /_{{_ ノ{       |ハ |
      八 八  《^{:ハ     ¨´, , , |   |′/ .}}   | |      l  iノ
       \ \ 弋_}           |   }/   {{  | |{    {
         ヽ | ハ ′        :} │ノ     .}{   | |ハ     ,
          |  八   r_,    '  |{     }「  .}ノ | i  /
          | {′个: .      _/  /_リ            | | ./
          }ハ  i |  >< /  /   ̄|         | |/
           }^i │  __  ./  / _.二 _‐L_        | |
              .| | Y´  ∨  :, ´   `Vハ     八{
              .| | 乂/厶イ}′      | |
              .} :ノ イ¨⌒  |:|      }| |
            /     八!       リ |
           /       \|      | ノ







              _ _  _
            . : : : : : :`´ : : : :`.: .
            /. : : : : : : : : : : : : : : : :`:.
.         ,   :.: : : : : : : : : : : : : : : :.: : .:.:、
.       ,  .       /l: : : : : : : : :l: : : : : : : :.
      /: :イ: : : : : :./ l: ,i: : : : : : l ', :.: :.: : : : ,        そこだよねぇ。大型航空ネウロイが来たら不味いんだよ?
.     //.l.: : : : : /ー-⊥|.: : : : :.ァ弋: : : : : : : l
    /   .l.: : :.: :./.___、l. |:.: :. :/,___\: : : : : l       こっちはまともに飛べるのが3人しかいないんだし。
.   / .  l : : : :/イ"う沁 l. レレ {う沁 ̄'l: : : : : :l 、
.       l : : :〈   弋゙ノ      之.ノ  l: : : : : : :l \_
.       リ.: :.⊂ニ⊃ ̄   ,    ̄⊂ニ⊃: : : :lヽ!
      /, イ: : :トミ、         u〃:.:,イ:/ヽ:| ! ボクハシールドハレナイシ……
.      /'  ヘ:.: :| {:> _   , 、  , イ/. |/  |
            \| , <l i ≧ - ≦.:i::l l\
      沙=ャァヤア .l l ヽヽ_  _/.リ l |  \
           l ヽ::l ∧: :\二/:::リ |::::/ l
           |  l.l.  ヽ. ............ ./   |/.  |
           |   |   \: : /   |  .|

3707 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/15(金) 00:58:13 ID:f8nQzvy20
              -='´ ̄二ニ=-
            ´     、      ミ=-
          / /  /_ヘ   \     ヽ                      _ _
          .′   {厶ニミ、   ,エ、、 ハj              ,, '‘´ '‘´
           { {  { うツ `^うツ )、 }          ,, '‘´ '‘´        航空ウィッチに抱えて貰って、大型ネウロイの上に
          ´〉,ヘ 、 \"      " }1 八      ,, '‘´ '‘´
           {人 ` ー⌒  ⌒  イ ノハ __ ,, '‘´ '‘´                 投下してもらう? それなら戦えるわよ
            , -─==ミ〕=─=彡'7´> ィ〉‘´
         / r=ミ 、  ` ーァt‐=ヘ_〉イ´ ,ノ
          ヾミ   〉 ー一1 { 八 {込ノ
                / r‐v_} {_人__ア
            / {//ニロニロニロニ>}ヽ
         rく⌒Y∨V三三三三}// }
          x≪/`7 ∨マニYニニ7、/ー'′
.     x≪ /  {_ノ 人 :}  /
_,, '‘´   /        {:::::`7:ーァ
` ー─一'′         ー/:::::::;{
                  /:::::::::{{
                   ゝ:::::::::》









                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }      あぁ、良いアイデアですね
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j       ネウロイ倒したら自分も地面に叩き落とされることを除けばですが
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |

3711 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/15(金) 01:03:55 ID:f8nQzvy20
. / |          | |      |       |     |    |         |
| |          | |      |       |     |    |         |
| {          | |      |       |     |    |         |
. !  。            | |      |       |     |    |         |
|  。          ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|ヽ     :/丁  ̄ ̄! ̄ ̄|          |      戦車で空中戦をしようなんて事自体が間違いですよ
|  ,          | |      |     / :|     |   |          |
|   ゚,       |㌢芹芋芋示      ,'   /芹芋芋芋ミ         /  :|
|   ∧        |ゝ トイf//刈 ゚。  /   トイ:f//刈 /       :/    }
|   {/゚,         { 乂(^⌒シ   ゚。 ,'    :乂(^⌒シ:/       /     :
|  //} ゚。      :i `¨¨¨¨~     ∨      `¨¨¨¨~ /       /     /
|∨///  。       {                   /     :/     /
. {///:/  / ,     ヘ                     〈/      :/|   /
. マ/// /  /‘,    ‘,\       '         /     ://!   /
/ ヽ/  {  ///∧      。        ( )       /     イ//|  :/ヽ
   / / 7/////}゚。    。  l>         <!  /     / !/,':| :/77{
.  / ////////,'!  ,    。 __|:///>  <///|__/     /  : Ⅷ! /∨∧
 / ///////// |  ヽ   ,//≧/ 7/爪/‐=≦/:}:   /   l___!γ <r--r--、
./ ///////// :    ト  }//__////,'{  __l/i  イ   ////∨//∧//ヽ//}
  ∨//////  :|     |/∧ i: : : : : .:.<//>'"´: : :! / :!   //∨//}ヽ//∧//:}ゝ' ̄ ̄
.   ∨/// --|    :  ∧!: : : : : : :.:./: : : : : : :.| / :| / \  ∨/:i ∨//}//i――
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃航空・陸上部隊たちが自嘲混じりに対策を話し合っていた。とはいえ、今の
┃ところはどうしようもないとしか言えない。

┃彼女が復帰するのが早いのか、自分達が殲滅されるのが早いかのチキンレースだ

┃ホライゾンの言葉にですよねーと全員が唸っていた。意外と詰んでいる


3719 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/15(金) 01:11:11 ID:f8nQzvy20
                   zU
              \、__ト.、
             ,、r===>:.`ヽ`ヽト、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ):.:.:i:.レー-
 .   __,.、<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノヽ:.:.:ノ:.:.:⌒ヽ、
       >〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:ヘVイ:.:ヘ:.:`ヽ:.:.\
     /イ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヾイ.:.:.:.:.:ヾ:.ヽ:\ゝ
    / 〃:.〃:.:.:.: /:.:./:.:/:.i!:.:|:.!  ∨:.:.:.:}:.:.:ヘj
     /:.:./.:.:/:./:.:イj:.リ:.八:.リ   j:i:.:.:.:.:ト:.ヾヽ        まぁ、我々に出来る事は最善を尽くすことだけですからね。
      !/:.:イ:./≧x、lハj _,,リ≦二イ:j.:.:i:.:ハヽ\_
     ノレ´ム:イ∧ぐセオ}    弋ダノイ:.:.:リ }}ソヾ        次の作戦で一番働いてもらうのは、ヴォルフガングの4人ですから
         |:.∧ハ   j      /イ:.:./ソ:/
         レ' リ八   <、      /イ/ハ:.:/
          ト、:ヘ  、_ _ ,  /イ   |`ヾヽ
         /リ;;;;\  -    ′   !;;;;ソ;}}
        ////;;;;;;;ヘ..___../  /  レク:ノ.:|
     _..,,,,,///´;;;;;;;;;;;;;ノ!       /  /::/ ..:j>,、_
 _.,、<://:::{:{:{;;;;;;;;;/´ j {    / /::/   /ト.,、<⌒>,、_
 :::::::::://>{ii{;;;;;;/          / {;;;;;{  / / {::::::::::...,、:<⌒>:.、_
 :::::::::{{ 〃∧ヽソー-- 、   __人__{;;;;{   イ {::::/´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
 ::::::::::::} ____,,ゞ:::::>、,,_____,,,、r==」k;;j_ ノ   ノ/:::::::::::::::::::::::::>"⌒ヽ:j
 ∨::::://O / /:::::::l:.:.:{:::}{:::}:::::::/:.:/⌒/ー-、 ノノ:::::::γ⌒ー"´     }}
  j::〆K  / /:::::::::l:.:.:.:`7´::::::/:.:/  / O ∨イ::::::::::ノ             ;j
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃次の作戦? ミスト中佐の台詞に思わず4人が視線を合わせる。

┃恐らくはまぁ、ライン川突破に関する事なのだろうが……嫌な予感しかしない

┃状況的には元から詰んでいるのだが、さらにドンと詰んでいる。制空権が
┃無い状態の戦車など、ただの紙くず同然なのだ


3919 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/17(日) 23:51:20 ID:9ycm/ZCQ0
                  ___rヘ___r‐、
                   /´  `ヽ}__i_}.ヽ
                 {       }} ! ! r.i }
               r‐-- _ノ´L}二 Ljヽ
               {- _ ヒ‐'ー――‐.7            だからさぁ、ムリだろ。
               廴___{_}‐ヒニ {jニ {j-〕
                 ヘ 匚`ヒニニニ 彡}            船なんてそう都合よく残ってないぞ?
               /ヽ}: : :`ーE}-.E}‐'
              /-、 iヽ: : : : : : { /ヽ
             {‐ニコヘ }-`ー―‐ z __}
             Y´r‐ ゴ〈-` 二 彡': : : i
             r‐〈_{r ´> ∨{ニニ}= i: : : :i
               F=ヽ/´,r゙__∨ニ} ニヘ_ - _}
             匚ニ>r´, r\- ⊂ニ、  |
              {_|_|ヽ{ r'´ヽ┐_/}_}__.|
              ノ: : : : : \i´,`x__ ト、,r‐ヽ
                 {: : : : : : : : ゙{‐'´ )廴____ノ
             人: : : : : : : : : ̄二__}_:r __:〉、
             /: : }ニニニ 7: : :7   }/   /
               /: : :r‐------'´` く__ノ___/
            `ー'´` ー――― '´





       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i              /
    _,. .',.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ,|         ,-‐- 、
ヽ、、  //::::,.-‐-._::::::::::_,. -‐,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v/        ,- 、ヽ、
   i __  リ.::::i ..:: /  _,. ==─‐ リ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ,、_ _ _,-‐'、ヽ、
  ヽ、 ヽ、-|   /     ヽ、_\/:::::::::/リ:::::::::::::::::::::::::..、-‐ ' 、ヽ、              ほいならあいけんやってラインを渡るんだ?!
  i i   ヽ、 /  U  u   /:::::::/  //i::::::::::::::::::::::::i    ヽ、
  |  ヽ    .. i         ./_,. ' <-‐‐ '/::::::::::::::::::::, 、|             ..........      こっちには女子共、負傷者だっとうんだぞ!
  |  、    ヽ、     /゛\   '  ゛‐-///:::::::::::::リ リ         .......::::::: ―=
     、    ヽ、u /     、     / /:::::/i::::i  !     ...........::::::
      ,    /   /       /   //_,. ' |::/    ..:::::::::::
      i  / 、 /       /    /        :::::::::::          _,. -‐‐
      .|/i i  ,、 \     /  /、ヽ、i   ::::::::::            /
      | |  |  ヽ、  ヽ、 / . /   i  |i :::::::::::        _ ,. - ‐ '
      .i  i  i ヽ、 ヽ、   ./    |   | ::::::--―――― '/
_,. -‐ '   | 、   ヽ、  ゛‐-.'  |_,. -‐' |  /::::    _,. -‐ '
   |     | 、   //     |-―――‐‐i:::::   /
   .|      、  /     /       |:: /
   |       、/     '、        | /
   .|      /        ヽ、       ヽ
    |    /         / 、   γ⌒ヽヽ
    .|  /         /   i
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃今現在、ラインを渡るための方法を扶桑・カールスラントの技術部で話し合って
┃いるらしい。人間だけならまだしも、こっちには足腰の弱い老人や子供、
┃そしてウィッチのユニットや食料、弾薬資材を運ぶトラックだってある

┃並大抵の方法では厳しいだろう……が、そこを考えるのは彼らの仕事であり
┃レイヴン達グリーンカラー(戦闘要員)たちではない


3922 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/17(日) 23:59:37 ID:9ycm/ZCQ0
           <;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;≧ュ.,
        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>、
        /;:;:;:;:;:;: /:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;: !;:;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:∧
     γ;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;イ;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;;:;:;ヽ
    ,/;イ〃;:;:;:;:; j!;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:; イ;:;:;:;:;:;;j!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::ハ
    〃 /;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;/ ./;:;:;:;:;:;:;i!;:;:;:;:;λ:;:;:;:;:;∧
    {' 〃;:;:;:;:;:;:;:;:;zE;:j!;:;:;γ   /;:;:;:;:;:;:;::i!;:;:;:;:/ !:;:;:;:;:;:;∧
    i!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:zE!:;:;:;/   i!;:;:;:;:;:;:;イ;:;:;: /   !;:;:;:;:;:;:;:;ハ         祖国の土地を踏むのに、なんでこんなに苦労しなきゃいけないのかしら?
    ∧;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:v!;:;/ー -i;:;:;:;/ !;:;:ナ' "´ i!;:;:;:;:;;:;:;:;:;!
    ∧v;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}';:;;!    ,ハ;イ   /;:イ  __,,. |;:;:;:;:;;:;:;:;: !
   〃 〉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;j!;:;:i 〒:イ'::テ /;:' て::::フ !;:;:;:;:ト:;:;:;:;|
   i;! ,〃;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;j!/¨¨´ ,ィ;: イ    ¨´  |;:;:;:;:;! };:;: |         ネウロイ達のマイホームになってるからですよ >ホライゾン
.  i:{/;:;:;イ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:八  ー=彡;'          .;:;:;:;:;ハハ;:;:j!
  ハ:v;イ i!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:; i!        "    /;:;:;:;:j  iソ
  ハ:;:ゞ、 j!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;v;ハヽ       _    イ;:;:;:;:/  '          真面目な返答ありがとう。マイホーム程度ですめばいいけどね
 {;:;:;{  /;:;:;∧;:!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: >、   ´    .,イ;:ハ;:;:/
  ヾミ、イ; ィ}ニソハ从ソハミ、≧ュ.三三三三 ≧ュ、/
ー=彡 'ヽ , <      \ニニニニニニニニニニニ∧>
      /          ヽニニニニニニニニニニニ∧  >
    厂  ≧ 、      / i |ニニニニニニニニニニニ / , == ヾ
          ゞ   / j i!ニニニニニニニニニニr'! /    ハソ
           ヽ /  ハ ゝ ニニニニニニニ〃i!i|/ヽ
             Ⅴ    ∧ ̄ ̄ ̄ ノi!i!i!i!|  ヽ








    /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : }}: : : : :`:ヽ、
   ヘ||: : : : : : : , :r ,=_'_‐_´_ ` '‐= JL: : : : : : : : ヽ
  |: ||:||, - , = r´': / ,-, フ ` '_r‐>-、= -、: : : : : : }
  ヘ: >/竺ヽ}: : : r //:|´ r‐'´/   ヽ: : ヽ: : : /
  ヽ{ !焦ンノ 二 } ノニノ .ノ  人 /_ノ  \: :ヘ:/
   {`'‐'-´ ‐::´:`´ノ人、 ヽ ヘ ´ノ  、  ヽ-‐,ヘ、        今日のペースで進めるなら、遅くても明日の夜までにはライン川に着くだろう
   {/::´::::::::::::/{  ・ヽ, ノ、‐`/ `i     /   `\
   /:::::::::::, r ' ´  ヘ ノ   ヽ_,,、 !、   /       ` 、     となると、君たちに動いてもらうのは明後日だ。
  /,::: r'i´゚ノ     `       | \_ ノ         ヘ: :\
  '´  | `r _ - 、             |  /          /: : : :   明日は警戒シフトを早めに切り上げて身体を休めておきなさい
     .| 'ヽ ワ '          | /          /ク: : : :
     |  `   _ , -― ' ‐_、  ヽ、     _ , - ‐ ': : : : : : : :
      ヘ  r_'´- ‐  ̄      r`ヽ、<: : : : : : : : : : : : : :
       ヽ            ノ  ヽ \: : : : : : : : : : : : : :
        ヘ       , ‐ ´´  ̄ ̄ >==≧: : : : : : : : : : : :
         ' - -, 、r = ´ _, - ‐_, '''''/: : : : : : : \: : : : : : : : :
          /‐=`|  r'´r―ツ ´ ~: : : : : : : :
         {-‐i .|, -'―': : : : : ○: : : : : : :
       rノ´=´ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    , r'r,´==´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

3925 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 00:04:32 ID:a36mxJyg0
                   _   ――     _
                    ,  ´          `  、
                  /                ヽ \
                , ´     ,       ヽ   ∧ ヽ
             / /    /   /   l   ∨、_/ ∧   .
               / /    / / //   , {   | ヽァ':/-、:   ',
           /  '    /_/_/_{   /∧_|__l ∨^\                   君たち機械化航空歩兵もだぞ >新城
               | /  /{/乢{∧ ∧{ ´\}从{ ∧   ∨   .
           |  | l|  /,ィ ,二ミ 从{   ィ 二、ヽ}∧   | | |
           |  {/{ 八  ハ刈  \  ハ刈 ノ ∧ | | |     ぬっ、我等もいいのか?
           | |  Ⅵ:.   ヒzり       ヒzり l / } | | |
           |::::::|::.:::::∧       '         | {_ノ∧:l::::|::/     シュテルが抜けた分も入らなければいけないのでは?
           |::::::|:::::|/::∧          u  |/::::|::::リ::/イ
              从:::|:::::|::::{::込、   _   _    イ':::::/:::/}/
            `}'::从:::|//_}≧  __  ≦--、::::/}:/ /
             , -----、∧:.:.:|..,ィ-┴┴- 、|:.:.:.:.:Ⅵ /_,-- 、
           ////////〉、:.:.:|〈 。     。}|:.:.:.:.:.:イ//////\
         //////////:.:.:\{.....`>,<´...|:.:/:.:.∨///////ヽ、
       , イ´ ̄ ̄ ̄\//:.:.:.:.:.:/......///...........∨:.:.:.:.:.:}///> ´ ̄ ̄`ヽ
        {/ ̄ ̄ ̄ \_/:.:.:.:.:.:/_>...{ { {............<_}:.:.:.:.:.:.|/ ,..:.:.:. ̄ ̄ \ }
       乂:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:{.........ヽヽ/>......... |:.:.:.:.:. | /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
        \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:|..............〈/!|...........|:.:.:.:.:. |´:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:./
          ヽr――、|:/>:.:.| ............. | !|...........|:.:<\:}:.:.:./⌒ヽ、イ
          |:.:.:.:.:.:. |'/:.:.: |..........r、/ /.......... |:.:.:.\l|,イ:.:.:.:.:.:.:.:.|







                   zU
              \、__ト.、
             ,、r===>:.`ヽ`ヽト、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ):.:.:i:.レー-
 .   __,.、<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノヽ:.:.:ノ:.:.:⌒ヽ、
       >〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:ヘVイ:.:ヘ:.:`ヽ:.:.\
     /イ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヾイ.:.:.:.:.:ヾ:.ヽ:\ゝ
    / 〃:.〃:.:.:.: /:.:./:.:/:.i!:.:|:.!  ∨:.:.:.:}:.:.:ヘj            数日とはいえ、我々はラインで足止めを食らう訳です
     /:.:./.:.:/:./:.:イj:.リ:.八:.リ   j:i:.:.:.:.:ト:.ヾヽ
      !/:.:イ:./≧x、lハj _,,リ≦二イ:j.:.:i:.:ハヽ\_          ネウロイ達に気付かれるのも時間の問題でしょう
     ノレ´ム:イ∧ぐセオ}    弋ダノイ:.:.:リ }}ソヾ
         |:.∧ハ   j      /イ:.:./ソ:/             と、言う訳で。川を渡りきるまでの防衛は航空ウィッチがメインですよ。
         レ' リ八   <、      /イ/ハ:.:/
          ト、:ヘ  、_ _ ,  /イ   |`ヾヽ
         /リ;;;;\  -    ′   !;;;;ソ;}}
        ////;;;;;;;ヘ..___../  /  レク:ノ.:|
     _..,,,,,///´;;;;;;;;;;;;;ノ!       /  /::/ ..:j>,、_
 _.,、<://:::{:{:{;;;;;;;;;/´ j {    / /::/   /ト.,、<⌒>,、_
 :::::::::://>{ii{;;;;;;/          / {;;;;;{  / / {::::::::::...,、:<⌒>:.、_
 :::::::::{{ 〃∧ヽソー-- 、   __人__{;;;;{   イ {::::/´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
 ::::::::::::} ____,,ゞ:::::>、,,_____,,,、r==」k;;j_ ノ   ノ/:::::::::::::::::::::::::>"⌒ヽ:j
 ∨::::://O / /:::::::l:.:.:{:::}{:::}:::::::/:.:/⌒/ー-、 ノノ:::::::γ⌒ー"´     }}
  j::〆K  / /:::::::::l:.:.:.:`7´::::::/:.:/  / O ∨イ::::::::::ノ             ;j

3926 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 00:09:45 ID:a36mxJyg0
      |i:::::}_,,,,,,,__   i´ ッ; 、   、.
      ト::/,_::ェェ-.... ̄ゝソ、ノ     "'' <:::::::::::::::::::::::::::
       ャ∠三ニ=- 、,,::::::::::::....、 _ `ヽ    ヽ、::::::::::::::::
        /三三三三三三ニ=ョ、,::::::::::.....  `ヽ   ヽ、::::::::          本当にすまないが、なにせ代りがいない。
     へ二三三三三三三三三ミ  _::::::::::::.....
       {:::i` 、三三三二ニニニ/  {三二ミi、::::::::...               皆、倒れない程度に酷使させてもらうぞ
      、,、::: `{! ' ・ 气三三彡   i三三三圦、::::...、_    〉
   ≦ミ´  :i| 弋_ _,》i|  `≧、_,,、ョ''ニニ三三ニミョュ、_ゝ           地上部隊は全力戦闘かもしれん。存分に英気を養え
_/::::::::ミ   |     ̄ノ/    { {!¨ ' ・ ‐-=、ニ二厶イ:::::\
´:::::::::',     |      ノ      ヽ、_ __,ノ′   i:::::::::::::,ゝ
:::::::::斗     i    {           ̄       |:::::/,
:::::::::ミ、   {∧    ヾ-‐、                /
::::::::::::::`,   ミ::,  、  `:r‐ヽ              r
:::::::::::::冫、  /∧  ` 、_               、,_、vr
::::::::::::::::ミ   |:::∧  ゝ、_"'' ‐‐‐-_,‐ャ'´    ., 'r´  ''
:::::::::::::::::::≧  |:::::∧     ̄ ̄       ノ     v゛
::::::::::::::::::::从 ハ:::::::゙ゝ、          ...:::、,ミ´ 、 κ"
:::::::::::::::::::::::::ゝ ゝ::::::::::≧- -‐=ニ ´  斗  、イ゛
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃代りがいない、確かにそうだ。ネウロイがいる瘴気の中へと踏み込み事が
┃出来るのはウィッチと、新しく確認できたウィザードしかいない。

┃今一度、自分達の予定を確認したところで夜の集会はお開きとなった。

┃明後日に備えて、明日中には自分も装備の確認を済ませておこう。


3928 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 00:16:25 ID:a36mxJyg0
    /   :∨              ‘, /
   / }    /     く          ∨
    {ハ  /       / /\    } i     ハ
  { / }ル′  i|  / /  .ヽ i  | |   l i |
  ∨{ \{  i 」斗-‐一  ∨‐- L. i l | |
  {勿 \|  } 八,.斗=ミ   } j」_ }ノ | ノ | |         大将殿ー、拙者はどうするで御座るか?
  ¨ }八 .|   .iく _)::ハ    んハ 》 爪  ノ {
   {{ ヽ!  │ 弋_ツ    ヒ:ツ ./ノ} /                 一時間早めに切り上げてくれ。地上部隊に支援に行かせた場合、
   }}  ∨ ∧  ' ' '   ,  ' ' / /                      此処に張り付くのは君と、蘇芳君だけだからな。
   }}   ‘,  : 、   cっ   ノ /
       ‘,  i > . _ ..。 i升:/               了解で御座るー
         i   |: : : :‐- {‐}ノ  .′
   , -‐v‐' |   | : : : : : ハ i} {‐-ミ
    ⌒ヽ , |   |\: : : : :.| | l    r 、
 /     }ハ |   |: :.:.Y⌒Y}/:| |  、 } }、
./      i :| :}ハノ: : : :ー‐' : : | |   ∨ ノ ',
′     | :|  {  |: : : : : : : : | |   .V   ',
: : : ∨   ノ, |. ∨∧: : : : : : : :ハ}    }_ }
: : : /⌒V:/   ∨∧: : : : : : : :}  }  }: : : :|
: : /    ',、    ∨∧ : : : : : / /   ノ : : : |
: /      ',\  ∨∧.: : : :/ / .イ }: : : :.|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃航続距離が長いユニットと彼女の固有魔法の相性は防衛線に特にいい。

┃天幕の外に出ると、既に日が落ち、キャンプの所々には焚火がされていた。
┃ネウロイは金属に反応するが、実を言うと明りにも反応するので焚火が出来る
┃時間は決まっている。みんなが寝静まっている間はユキカゼ中尉が夜間警戒に
┃出ているので安心だが……


3933 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 00:25:49 ID:a36mxJyg0
                    __
              ,..-''"´     `"''-、
             / 、_ノ      ヽ _\
            /               .',
              ,'   __       __ '
           l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l        人手、かぁ……
           l U "" (   ,、  )""  l
              '.,     `¨¨´ `¨¨´    /       男の人でも瘴気の中だと長くはもたないって言ってからなぁ
            ヽ、 __        /
               r''"´:::::::/´|    _,,..-''´ヽ
             __|::::::::::::/::::::ヽ、   |:::::::〈.、__
      _,,..-‐''"´  |\./,::::::::::::|    |:::::/-ヽ、`''-..,,_
     |ヽ      |  __ '.,::::::::::\.  .l/::::|  <_   .|
     | ヽ       ̄/   '.,::::::::::::\,':::::::::::',   .|    .|
     |  ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::',  |   .|
     |   ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::',  |     |
     |    l       \  |:::::::::::::::::::::::::::::| l     .|
     |    |          \|:::::::::::::::::::::::::::::| ,'     |


┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃防衛するなら問題は無いが、攻勢を仕掛ける場合は瘴気が大きな障害となる。
┃ブラウシュテルマーが生えてる箇所だと、特に厄介だ。歩兵が近づけないので
┃先に砲兵か、ウィッチたちによる攻撃で潰さないといけない。

┃さて、夜になったわけだが……

┃↓5     どのウィッチの所へ行きますか?



3938 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 00:26:56 ID:5nhEWWys0
シュテル


3940 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 00:30:53 ID:a36mxJyg0
                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ
             ,'           l        ヽ            少尉の所に行っておこうかな……
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,         場所は……間軍医の所か。
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃完治する確率は30%。残りの確率で死ぬと、あの愉快痛快そうな集団は
┃話していた。時間があるなら会っておくのは悪い手では無いだろう。

┃見張り番の兵士から話を聞くと、レイヴンは少尉が寝ているであろう医療品
┃などを積んであるトラックの所へと行くことにした。


3948 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 00:38:42 ID:a36mxJyg0
       / イ           //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /ハ/  /  ,      //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
      レV  /  ィ      / 彡:::::::::::::::::::::::ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      | {  ./ /  /     /:::::/:::::::::://:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       | ハ .イ   /    / /::/:::::::/ ノ:::://:::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::::|        あぁ……お前か。彼女の事だろ?
       | i .| /  /i    / /:/i::::::∠-=彡-=ニニK::::イ≦::::::::::::::::::::::::::/
       レ |ハ  i∧    /i/:/::::ハ/ \ ≧ィtjヽ、_ ̄>イ::::::::::::::::::::::::/  i       奥の天幕にあるベットで横になっている。
         | |ハ ./ l    | |:::|::/     \ ヾン_> ≦彡::::r -、::::::レ彡/
        >ハ ;;ヾ:::|  |  ハレ:://      ヾ  ̄     /::::/ r 、}:::::::::イ/ /     話すなら、好きにするといい。私は他の患者を診てくる
      /..:::::::::\:::::ヾ ハ |  /       \      /::::∧  /::::::::::://ノ
       /.:::::::::::::::::::::::::レ:::ヽ|  ヽ_、        }    ./::::/ y./::::::::::::::::::://
     ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  _        {    廴:/  ノ:::::::::::::::::イ=≦、
   /::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::∧   ` ̄ ー-     }    /ー'´::::::::::::::::://::::::::::\
  /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::{i:::/ ヽ   ̄        {  / |:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::
 ./::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::{i}/  ∧            レ'´   |≧三ニ=:::::::::::::::::::::::::::::
../::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::|     L__   - <´   /:: ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::
∧::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::ヽ      <´      ...::: |} ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::
./::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::}        > - 、  ..::.:.: ノ_ X≧=-::::::::::::::::::/:::::::::
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃医療班の天幕には赤十字のマークが天幕に塗られている。入り口を潜ろうと
┃したところで、ちょうど他の負傷者の所へ向かおうとした間軍医と会った。

┃先程まで彼女の検査をしていたらしい。一応、起きているとのこと。

┃軍医である彼に礼を言ってから、少し緊張した手つきで入り口の布を捲り、中へ入った


3950 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 00:48:30 ID:a36mxJyg0
         _ィ二:.ヽ  ..-― … -.. 、
       ,..::´_:._:`.ヽ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /'´/..:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:、.:.\:.:.:.:‘.
       /.:.:,ィ':.:.:/.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:ヽ.:.:ヽ.:.:.:.:‘.
      .'.:./.:!:.:.:,i.:.:.:.:|.:.:.:.!.:.、:.:.:.‘:.:.:.‘.:.:.!:.:.:.:.:.:i           ……あぁ、アナタですか
      |.:/!.:!:./::!.:.:i.:ト、.:.:!ヽ-ヽ―:i-.::!:.|.:.:.:.:.:.:|
      レ' |/!:i:-ヽ-ト:! ヽ! x┬‐十ァ:.r 、.:.:.::.!           すいませんが、このままの状態で失礼します。
         ヽ!ヽ:.TT:ヾ`   ヽ::゙_ノ:.:.:.r. !:.ヽ:!、
          ` !:!:ヽヾ_}      .!:.i:.:.!-':.:.}.::!`\_        あまり気分が優れないので……
           ,イ:.;:.:.:!        |/!.:i:/:./レ'
           |:.i!.:.:,ヽ.   、-,  /' レ'´レ{.、
           i∧:/ }/ `>-,-,ィ≦!:::::::!:::、\― 、
            '  /´:::/>{二ニ.!:::::/://,::::::::::ヽ
             /:::::::_<::<:::{三三!/::<::<:::/:::::::::::::‘.
               /:ヽ::::,:\::!::!-ー'/://:,:::::::::::::::::o::ヽ
            !≠、‘.!:::「三{ニ}三ヾ:'´::::::!:.≠= 、_,ノ:!
            \:::::¨}::::}三/ ト、ニ/:::::::::/'´:::::::::::::::::/
              `}::,'::<´_/!ニ|三!:::::::::::::ヽ、:::::::::::r'
              !::ト、:::_! |:!ニ| |::::::::::::::::::::}:::::::::::!
              ヽ`.、  .!:!=i! !_ -―'_!::::::::::‘.
              r':、::! ̄:/ニi‘ー―¨ ̄{´ ヽ:::::::::::i
               , -<´:r≦!:::::|三|::::::::::::::::/ニヽ∨::::::::|
          ,/::::::::::`!三ヽ:::|三!:::::::::r≦ニ三/´ ̄:::ヽ!_
         r::'/::::::::::::ト-<:/ィニヽ::::::>、三/:::::::::::::::::::!:=i
          ,!:::!::::!:::::::::ヽ三/::::ヽ三三/:::::/::::/::::::::::!:/
         /::::!:::‘.:::::::::::`ヽ::::::::::::::::::/:::::/::::/::::::::::::::::|'
          /::::::|:::::ヽ::::::\:::::\:_::::/::/::::::,.'::::::::::::::/::::::ト、
          !::::::::!:::::::::::、:::::::ヽ::::::::::::::/:::::::::/::::::::::::::/:::::::::|:::ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃天幕の奥には大きな組み立て式のパイプベットがあった。ロマーニャの支援物資に
┃あった物らしく、士官用とはいえそれなりに面積は広く、3人分ほどある。

┃その上に、戦闘服を脱いだスタークス少尉がいた。横になりながら顔だけを此方に
┃向けると口を動かす。どうやら容体はあまりよろしくない様子。気にしないでくれとだけ
┃声をかけると、彼女のそばにあった椅子に腰を掛ける。


3954 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 00:55:50 ID:a36mxJyg0
                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´   _   r  .l            薬は使ったんですよね……辛いですか?
.        |       t''tzj´  ィセツ ',
.          ',      `¨¨´   ヽ   l
.           ヽ     (_ノ-,-'  ノ
.       _ ---‐| \、 __`ー',,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |








                   -―- 、
                  ,. -‐- 、 i ,. -‐==‐- .,
                  / -―‐-: : : : : : : : : : : : : `: . 、
                  /,. :´: :,. : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ: : : :ヽ
                /: : /: : /: :/ j: : : : : : : : : : : : :’:, : : ゚.
                 ,: : :/: : : /: :イ: :i{: : :! : :_:_:_ : : : : : : ゚,: : :'.        まだ何とも言えませんね。
             i: :j !: : / !7¨ ̄!゚.: : !{ヾ: : : : ̄¨: : : :i : : i
             l:.ハ:i: :/: :l:z示沁ヾ: :!`  仍心7 : }:/ : : {        昼ごろに使用したのですが……
              j' ヾ: :{: :iト 匁 ソ  ヾ  匁 ソ.}:.j/!}/! : {
                jヘ:ヾ!:}    、        }: : :!7ノ : {        段々と気分が悪くなっている事だけは確かですね。
                   j! : :.            j: : :jイ: : !:{
                   /} : 人    。     i: : /: : : jヘ、
                /´]: :iイ: >         イ.:./イ/:./
                     ヾ{.ヘ!从z‐≧=≦‐- 、!:/ /j:/
                   `  j//i.三!//////7、  ′
              ,. -‐‐- イ77ツ//,!三!//////{ァ≫-- ..,___
             ////////j/∧///i.三!//////j!i///ハ ∨///ム
            ////Y///{//∧/,.z≠=ミ、///////イ//////∧
          rf/// / ///i≧ァ`7/ム///////,ヾ ///厶7/////////ム
          { z≦ニミ、/j/{{ {{//∧///////,イ///〃===ミ'/////ハ
          ,.z≪三7 ヽノ.!/7/∧ ∨//ハ////////イ!′三三三.ヾ////゚.
        , ≪{三三Y、ヽr'‐'/!///} }/,f´_}三ヘ//////ハ三三三三三≫-‐j
.     ////ムニ彡'¨´r‐¨ー}///j }/ {. _}三ニム/////∧三三三三三≫'
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃インナー姿のまま寝ころぶ彼女、立てないという訳ではないが気分が優れないらしい

┃今の状態で飛べるかどうかを尋ねると、無理だが根性と気合で何とかすると言われた。
┃彼女の場合、それと謎の薬のお力で本当にしそうだから怖い。と口には出さずに胸の
┃なかにそっとしまっておくと、気を取り直して今日の集会での事を話すことにした。



3956 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 01:00:59 ID:a36mxJyg0
                  __
            __   ,..ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.<
          ,.ィ:.:.:.:.`´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
           /ィ:.:.:.,:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:',:.:.,
          /:.:.:;.:.:.:.:.:ハ:.: :.:.:.:.、:.:.:}ヽ:.:.:.:.:.!:.:.',
            /:.:.:.:i:.:.:.:-|=}ハ:.:.:.:.:.:.',ィ芋ミ、:.:.:.ハ:.:',      ラインを渡る方法ですか……それもトラック付きで
          ,:.:/:.:.!:.:.:.:.:.!ィ芋ミ、:.:.:.:.:i!:::i:::V:.:.;:.:.!:.:i
           |/|:.:.:.|:ハ:.:.〃i:::!::} \;,;,代:ソ j/:.:.:|:.:.|
             ';.:.:ヾ:.ヽヾ ゞソ  '    イ:.:.:.:.|:.:.:!
             ';.:.ト,:\:.:ゝ         !:.:.:.:.!:.ハ!
            ヾ }:.:.ハ r.、 ,ィr_っ  /:.:.:./:/
             乂:.:!:∧∨ /__,ィイ/i:./ハ{
               ヘ:.{ } i i .ノノ===!'
            ,. -‐- 、 -',.! i' /- 、::::::}ー、
                i:::::::::::;:::::}::::ヽ::`ヾ⌒::::::!:::::ー-、__
            j::::,r-''::::::!___ハ:::::::}´ ミソ::::::::::::}::::ヽ
               ,::::○':::::::::r≦三三ミ:::く:::::::::::::/::::::::',
            /::::::::::::r==::|::::::{○}:::::::::::i::::::::{`:::::::::::::',







                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',         えぇ、どうにもカールスラントからガリアに渡れる大きな橋は
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !        「ダイナモ作戦」で爆破しちゃったらしいんで……
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |        今は、アイザック技師と豊久曹長が案を練ってるらしいです
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |

3958 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 01:08:34 ID:a36mxJyg0
           _____
          /-―- : : : : \
                ヽ: : : ヽ  ______
                _}. :´: : : : : : : : : : : : : : :.`: 、
                /´: : : : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : \
           /: : : /: : : :´ : : : : : : : : : : : : :. : : : : : : ヽ
          / /: : : :/ : /: : : : : : :i: : : : : : : : :. : : : ‐ ― ヘ
        /: :.イ : /: :./ : /:. :.i:. :. :. :.|: : : : : :\:.ハ : : : : i : : : '
        ///: :/:.:.:.′:.i : : i| : : : : |: : :i: :. :. :.ヾ:|:. :.: :.:|: : : : :|    橋、というのはあるとないとでは進軍速度が大きく違いますからね
         /  / : :i: : :.|:. .:.|:. :.ハ: : : : ト、: :ヽ: \:. :.|:. :.: :.:|: : : :. |
            ′:イ: :. :.|:. .:.|! /__、: : :ハ_\_:ト : ヽ |:. :.: :.:| : i : ::!    連合軍がネウロイ相手に遅延戦術を行ったのは分かりますが
         |: / |:.:.i: :|:. :.:ハ′  \ ∧  ヾ  ヽ|: : : : :! /: :i: |
         |/ . l : |: :|:. :.|xテ云   \ 才示卞ア:! : : : : /Y:.l! {    まさか取り残された私達までも巻き込むとは予想もしていないでしょうし
         {'  ハ: |l八: :.! 弋:rタ     弋:_r夕 | : : /イ }: :|::|
            }ハ: i:小    ,           イ:.:.:/: :!イ: : : {
             |ハ: ハ           / j: :/: : :| :.i: : 八
                    l:i : :..     ‐        イ: /i: イソ: : : ::{
                 从 i: :.>.、       < / イ:ハ{/|\: ∧!
                    \: : : : : :ー<    /' < ̄:. }/
                    ヾ:{V\|\}ハ   /:. :. :. :. : \
                           ノ} / :. :. :. :. :. :. :. :\
                          /:. :イ:. :. :. :. ´  ̄ ̄ `:. :.ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃確かに、味方に橋を落されて進めなくなってしまったのは事実なのだ。
┃遅滞戦術が自分たち相手に存分に発揮されてしまったのはある意味皮肉なことだろう。

┃とはいえ、今更それに怒ったってどうにもなる訳では無い。既に橋は消飛んだのだ。

┃その事を尋ねてみると、スタークス少尉が何かを思い出したようにうんうんと何か唸っている。
┃なにか大事な事を忘れているような……いえ、なんでしたっけとぶつぶつ呟く。


3998 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 23:10:51 ID:a36mxJyg0
  .,_ィニ二二 ̄ ̄:>. 、
  ´       ̄二ニ=-: :ヽ, -ー―-  、
       , ィ: : , : : : :, : : : : : : : : : : : : : : : :、>、
    , イ: , イ: : :, イ : : : : ,ィ: : : : : : : : : : : : ヽ: :ヽ、
   ,イ, イ,.イ: : ,.イ ,イ: : ,: :/ : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: :ヽ,
  ./イ  /: : : /:,.イ: : : /: /:/: : : : i!: : !、 : ',: : ',: : : :.',: : '、
 /   ,': : : /:/:i: : : /i_/!/',: : : : i '、__!_'、_:'、: :',: : : : ',: : ',         あぁ、思い出しました。ストラスブールでしたね。
    i: : ,イ:./: i: : :/_i;'_i;'`.',: : : :!.´ィ=---、!ヽ:!: : : ,: !: : i
    i: / i:/:i!:.!:.:,ィ !::i!!` ',: : :i  i:::i!:::::! ソi:',i: : :,':',!: : :!         このまま進めば、ちょうど対岸に出るはずです。
    i/  i:./!: ',: i  i_ツ  ヽ: :! i::::::ツ  i!: !: :/:.:i!: : :!
    i   !' i: :.,'ヾ、   '  ヾ!   ̄   ,': ,': / ',i: : :i
        ,': : ! "            " /:./イ`, ノ: : : !
       ,':.i!: ヽ、           /: :/ニイ: : : : :!
       /,' !: i! : 丶、         /: /: : , : :,: : :i,: :',
       /  ',:.i ',: : !,: > ___    /,イ: : :,': : :i!: : !'、:.',
        ..',i ヽ: !ヽ:i',: : : : : l  イi: : : :,'/!: ,' !: ,' ヾ',
         i!  ヾ ,.ィ ̄∧´    >ー、 !/ !/
             , イ  /、 二二 /   >、
               /! .i --'、    /   /.  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ゴロンと寝返りを打ちながらポンと手を叩くスタークス少尉、どうやら思い
┃出せたようだが……。

┃ちらりと視線を此方へと向けると、知ってますか?と目で尋ねてくる。

┃ちょっと唸るように顎に手を当てて考えてみる。確か……



┃↓5        1.ガリア共和国(フランス)の河川港でしたっけ?
┃           2.ガリア共和国にある、大きな山でしたよね。


4003 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 23:13:34 ID:cMRsHS/A0
1


4005 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 23:19:24 ID:a36mxJyg0
          ___
      _, . :≦: : : : : : : : :≧: .     ,. -- 、
  . :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :У_:_:r― \
/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \   `
: : : : : :/: : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : :`: .、
: : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :、: :\: :ヾ: : : : ヽ
: : : :/: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :!: : : :ヾ: : : : : : : : .
: : :/: : : : : : : :/: : : : :/: :/: : : : : :i!: : :i: : : : : : : : : : :゚。
: :/: : : : : /斗――≠: /i: : : : ,: :ハ: : :l : : : : : : ヾ: : : :'.        えぇ、その通り。ガリア最大の河川港がある都市ですね
: ; : : : : : i:/ j: : :/// , : : : /:/__i: :イ : : : : : : : :iヘ: : :i
: i : : : : : iz=芹芯ミ、 /: :,. イ:/   !'`i : : } : : i : i'  : : !         他にも商業や建築学も盛んで、確か世界で6番目に大きな大聖堂があったはずです
: l: : : : : :《 l:::r:;:⊂ /:/ j/,z斧ミ、}.: :/: : イ: : !  j /
:r!: : : : : :! 夊¨ ノ /´  / /:;::r' }} / : ; i: :/   /
ヘ!: : : : : :!    ̄       匁ノ /:/:/  }/
: ハ: : : : : !         '    ハ: :´{  ノ'
/: :' : : : : !     、        . : : : {
: : ハ: : : :i\      一     人: : : {
/ } ト、: : l 、≫         . .<ィ:/i: : : '.
  /ヘ  : :i \ ≧=r≦/ィ :/ノ' !: : : :i
. /. . i∨}イ    ` ’ ヾくj/!'    ハ: :イ:l
/. . . l/,リ       / ヽ ≫x.     从 リ
. . . . ∨ヘ.    /     \i/≫ 、
. . . . . ∨/, 、 ./       j/} . . .\
. . . . . . .\//く      / /. . . . . .ヽ







              ,..-―-..,,
.             /      `ヽ
.           / ,   ー‐    ヽ
           |¨´     ,.--、    ',              へぇー、そりゃ見てみるのが楽しみですね。
   r 、      .|,.‐‐、            i
   | |     |  (__,、_) u    ,'
   | |     ',   ヽ__|    ./                         ネウロイの襲撃に合って、真ん中からぽっきり折れてますが、>
.  r'―r‐、   ヽ..,,__   ,.-'" ̄>、
. ノ \l l     r‐/ |  / ,.-'"´  \
 l   ヽj、ノ     / ヽ .| ./ /  _,,..-''/´ `ヽ
 |  ヽj_/ヽ_ r'"\  ',|//_,,.-''"   /               …………
. `l/ ./ | .|    `"''‐''"       ,i/
  {\/   .| .|           \|

4009 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 23:25:47 ID:a36mxJyg0
                   -―- 、
                  ,. -‐- 、 i ,. -‐==‐- .,
                  / -―‐-: : : : : : : : : : : : : `: . 、
                  /,. :´: :,. : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ: : : :ヽ
                /: : /: : /: :/ j: : : : : : : : : : : : :’:, : : ゚.
                 ,: : :/: : : /: :イ: :i{: : :! : :_:_:_ : : : : : : ゚,: : :'.         ガリアとの国境沿いにある都市ですからね
             i: :j !: : / !7¨ ̄!゚.: : !{ヾ: : : : ̄¨: : : :i : : i
             l:.ハ:i: :/: :l:z示沁ヾ: :!`  仍心7 : }:/ : : {         恐らく、カールスラントとガリア。そしてブリタニア軍が
              j' ヾ: :{: :iト 匁 ソ  ヾ  匁 ソ.}:.j/!}/! : {         防衛のために街に駐留していたはずですから……
                jヘ:ヾ!:}    、        }: : :!7ノ : {
                   j! : :.            j: : :jイ: : !:{         まぁ、時間も無くて防衛網を構築する前に突破されたんでしょうが
                   /} : 人    。     i: : /: : : jヘ、
                /´]: :iイ: >         イ.:./イ/:./
                     ヾ{.ヘ!从z‐≧=≦‐- 、!:/ /j:/
                   `  j//i.三!//////7、  ′
              ,. -‐‐- イ77ツ//,!三!//////{ァ≫-- ..,___
             ////////j/∧///i.三!//////j!i///ハ ∨///ム
            ////Y///{//∧/,.z≠=ミ、///////イ//////∧
          rf/// / ///i≧ァ`7/ム///////,ヾ ///厶7/////////ム
          { z≦ニミ、/j/{{ {{//∧///////,イ///〃===ミ'/////ハ
          ,.z≪三7 ヽノ.!/7/∧ ∨//ハ////////イ!′三三三.ヾ////゚.
        , ≪{三三Y、ヽr'‐'/!///} }/,f´_}三ヘ//////ハ三三三三三≫-‐j
.     ////ムニ彡'¨´r‐¨ー}///j }/ {. _}三ニム/////∧三三三三三≫'
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃その話を聞いて、彼は雪華綺晶と出てきた街の事を思い出した。恐らくは
┃あの街の拡大版、と言った場所になっているのだろう。

┃ライン川に張り付いた防衛隊でも侵攻してきたネウロイ相手に時間稼ぎに
┃ならなかったのだからおよその察しはつく。廃墟か、少なくても人が住めないような
┃場所に廃れ果てているには違いないだろう


4012 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 23:31:35 ID:a36mxJyg0
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'     __     __´_ ‘.
  ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.          ……たぶん、ストラスブールなんだろうなぁ
  { ∪ "'               、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '          また廃墟で彷徨う羽目になるのか……
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´







                  __
            __   ,..ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.<
          ,.ィ:.:.:.:.`´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  アラアラ
           /ィ:.:.:.,:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:',:.:.,
          /:.:.:;.:.:.:.:.:ハ:.: :.:.:.:.、:.:.:}ヽ:.:.:.:.:.!:.:.',
            /:.:.:.:i:.:.:.:-|=}ハ:.:.:.:.:.:.',ィ芋ミ、:.:.:.ハ:.:',      十中八九間違いないでしょうね。
          ,:.:/:.:.!:.:.:.:.:.!ィ芋ミ、:.:.:.:.:i!:::i:::V:.:.;:.:.!:.:i
           |/|:.:.:.|:ハ:.:.〃i:::!::} \;,;,代:ソ j/:.:.:|:.:.|      新城大佐たちが船の扱いに長けてる人たちを探していましたから
             ';.:.:ヾ:.ヽヾ ゞソ  '    イ:.:.:.:.|:.:.:!
             ';.:.ト,:\:.:ゝ         !:.:.:.:.!:.ハ!
            ヾ }:.:.ハ r.、 ,ィr_っ  /:.:.:./:/
             乂:.:!:∧∨ /__,ィイ/i:./ハ{
               ヘ:.{ } i i .ノノ===!'
            ,. -‐- 、 -',.! i' /- 、::::::}ー、
                i:::::::::::;:::::}::::ヽ::`ヾ⌒::::::!:::::ー-、__
            j::::,r-''::::::!___ハ:::::::}´ ミソ::::::::::::}::::ヽ
               ,::::○':::::::::r≦三三ミ:::く:::::::::::::/::::::::',
            /::::::::::::r==::|::::::{○}:::::::::::i::::::::{`:::::::::::::',

4016 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 23:38:01 ID:a36mxJyg0
           _____
          /-―- : : : : \
                ヽ: : : ヽ  ______
                _}. :´: : : : : : : : : : : : : : :.`: 、
                /´: : : : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : \
           /: : : /: : : :´ : : : : : : : : : : : : :. : : : : : : ヽ       とはいえ、無事で動く船が残っているのかさえ分からないんですがね。
          / /: : : :/ : /: : : : : : :i: : : : : : : : :. : : : ‐ ― ヘ
        /: :.イ : /: :./ : /:. :.i:. :. :. :.|: : : : : :\:.ハ : : : : i : : : '     もうネウロイのお腹の中、かもしれませんし。
        ///: :/:.:.:.′:.i : : i| : : : : |: : :i: :. :. :.ヾ:|:. :.: :.:|: : : : :|
         /  / : :i: : :.|:. .:.|:. :.ハ: : : : ト、: :ヽ: \:. :.|:. :.: :.:|: : : :. |
            ′:イ: :. :.|:. .:.|! /__、: : :ハ_\_:ト : ヽ |:. :.: :.:| : i : ::!
         |: / |:.:.i: :|:. :.:ハ′  \ ∧  ヾ  ヽ|: : : : :! /: :i: |
         |/ . l : |: :|:. :.|xテ云   \ 才示卞ア:! : : : : /Y:.l! {
         {'  ハ: |l八: :.! 弋:rタ     弋:_r夕 | : : /イ }: :|::|
            }ハ: i:小    ,           イ:.:.:/: :!イ: : : {
             |ハ: ハ           / j: :/: : :| :.i: : 八
                    l:i : :..     ‐        イ: /i: イソ: : : ::{
                 从 i: :.>.、       < / イ:ハ{/|\: ∧!
                    \: : : : : :ー<    /' < ̄:. }/
                    ヾ:{V\|\}ハ   /:. :. :. :. : \
                           ノ} / :. :. :. :. :. :. :. :\
                          /:. :イ:. :. :. :. ´  ̄ ̄ `:. :.ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃そして憎い事に、金属を喰ったらその分自信を強化したり数を増やしたり
┃するのがネウロイ達の特徴のひとつなのだ。

┃まるで害虫みたいな奴等ですね。

┃暫くの間、ネウロイ達につて軽く話し合っていると、スタークス少尉は呟くとベット
┃の上で軽く手を振り、そろそろ厳しいので寝たいと申し出てきた。ちょっと様子を
┃見に来たつもりが結構な時間、話しこんでしまった。


4018 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 23:43:09 ID:a36mxJyg0
         _    __
      ∠二__:.:`':.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
    /  /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       〃:.:./:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.ヽ:.:.
        /:.;イ:.i:/__/|_iV:.:._iVヾ-+-:.:i:.:i        ……私が飛べない分、二人の事を頼みましたよ
       .i:/ .|:.:i!:.、≠ミ V:./ ≠=ァ:.:.iリ:.:|
       .i!  i/iヽi. ヒツ V  ヒツ i:/!):.:.!          ……あと、ルシフェリオンの事も。ちゃんと可愛がってあげてくださいね?
          ! i:.:.l "      " イ:/:.:.:.i
           .|/!:.>... ___ ィ、.リ:./i:,:ゝ
          ./ Vヾ从>ー―' 匁_ i'
            〃z::::l>=<::::、-'ヽ
            i:.:.:.`:ヘ/`:'¨:.:.:.:.:i
            |:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/
              .i:.:.:.:.:!:.:.:.:./:.:.:.:/








                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
        /l       '´       r  .l         はいはい、全部任せてくださいよ。
      / ..|. U   =≡=   =='' ',
     /`ヽ、__.',             ヽ   l         他ならぬ少尉との約束ですからね……っと
    ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
  .ヽ∠-''"ヽ    ヽ  i  .|   i  |l ..|
        〉    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
        /       l/  .|   ヽ|  .l
     ./         ./   l     /.\ ヽ
    l           /   .l   〉  \l
      ヽ     /__,..--'┬-イ    |
        \  ./―‐┴''"´ ̄ ̄l     |

4024 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 23:49:16 ID:a36mxJyg0
                  ..........::::::::::::::::::.......
             ,...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..、
       _,,......,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:::、
   _..-''"´,...‐`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:::::、
      ,.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:ヽ:.:.::::.
.     ,:':,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:::.:.::::.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:\:.:.:.::ヽ.:.:::.
   /' /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.l:.:.:l:.:::lヽ.:::l丶:.:.:.:.ヽ.、:.:.:.:.::ヽ、:.::::!.:.:::.           ……約束ですからね?
    '  ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.!:.:.!゙:.:.! ヽ:.:.:. `ー- :.ヽ_`;,;.:.:_:ヽ:、::!.:.:::
      l.:.:.:;.:.:.:.:.:.i:.:.:.l:.:.:.::l:.:.:l'":.l´ \::.    ;゙ル;;心ヾ;`!:ヾ!:.:.::.
     l.:.:::!:.i:.:.:.::!:.:.:.!:.:.:::l'i:.:!_,,..!.,,   ヾ、  V;;::::℃; ' !.:.:.:l:.:.::.
.      ゙:.:::!.:.l.:.::::l:.:.:.:!、:.:::l,.ゞルマヽ     ヾじ::ノ'  ,:.:.:.:.:l:.::::.
     ゙::::l:.::!:.::::!、:.:.:!ヽ::::{,.∨;::::℃,         ////,:.;.:.:.:.:l:.;!:::.
       ヾ ゙:::!ヽ:l ヽ.:.i゙:::.`゙、. ヾじノ   、       /,.;:::::/:.:.:.:.:::.
        ゙::! ヾ\ヽ:!ヾ、::i:. ////    , 、     //:::/:l:.:.:.:l:.:i、.
         ゙   ヾ丶:::::l::丶..           イ:::;:':/:.:.!:.:.:.:!:;' ヽ、
             ,'::;::::!::::::::!:::::::ヽ::::::::i=-= -一lー 、:::::::;l::::::;'!;'
            ,::/ !:::l:::::::::ヽ:、ー;:;:/l;;;;┌─┐;;;;l,'//∧二ニ=ヽ
             ,::/  V__/ ̄フ( ̄\ ;└─┘;/////,∧二二ニ\
           ;::'.   /  く´r‐i二ュ \.;;;;;;;;;;///////∧二二ニニ≧.、
            l;' . /.|  \ }',','(.      !.;;;;////////,/二二ニニニニ≧.、
              /ニニ〉 メ、_)´/〈 ̄    |;;///////,/二二ニニニ==/二}
           /ニニニ ヽ ノ///〈ヒュ..   |///////二二二ニニ=/ニニ/
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃誰もあんな奇想天外犬なんぞ欲しくないので、ちゃんと返品してやるから
┃安心して欲しい。心の中でそっと呟くレイヴンだった。

┃薬が効いてきたせいなのか、何故か少し赤くなった首筋を隠すように少尉は
┃シーツを被って引きこもってしまったので自分もお暇する事にしよう。

┃彼女の天幕から出ると、レイヴンは軽く一息ついてから自分の天幕へと戻る事にした


4027 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/18(月) 23:56:29 ID:a36mxJyg0
変更点1:ウィッチ用の広い天幕じゃなくて、レイヴンはトラックの荷台にベットを置き、寝室として利用している。
      こっちの方がいろいろにゃんにゃんしやすいからね





            ,. - ── - 、
       ,. ‐ ´         `丶、
      /              r.ミ:、       ___
.   /       ,. -.、         ヾ! ,ゝ-‐ ' ニ..:‐(_ヽ       ワンワン!
  ,r'゙   !     i::::::::::i            ヾ:::::::::::;!|
 ,/,.     l       `'ー '゙               `'ーt:' !
..//    l                           ,! ,l              おーよしよし、もう夜だっていうのに元気だなぁ。
//     .l                      ,ノ-,'
/      l              _,... -:::‐::::::'::;´- '゙
       ,!              ,..-:':´::::::::::::::::::::r'´
      /          ∠:--=:ニ二~゙`''ー !._
ヽ、   ,/          ヽ................., 、    `ヽ、
  .\ /           ` ー──‐'ヽ、     ヽ
   `゙                      ヽ,      !
         ,;;.;,.;:,:         ,. - ─ '゙ヽ.__,ノ




┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃自分のマイルームであるトラックに戻ると、ベットの上で大きなゴールデン
┃レトリバーが元気そうにレイヴンの事を出迎えてくる。ふわふわな尻尾を
┃忙しそうにばたつかせながら、遊べ遊べと言わんばかりに前足で身体を
┃よじ登ろうとしてくる様は微笑ましい物だ……傍から見れば襲われている
┃ようにも見えるのだが。

┃上着を脱ぎベットの中に潜ると、犬も真似をしてレイヴンの横へとすっぽり収まってしまった


4029 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/18(月) 23:58:40 ID:pZAZSBk60
夜な夜なトラックのサスペンションが揺れるわけか…

4030 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/19(火) 00:00:26 ID:0AFiueKQ0
ゆっさゆっさ荷台が揺れるのか…(困惑

4031 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/19(火) 00:01:42 ID:a9sEssNI0
見回りの兵士の胸が厚くなるな


4032 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 00:04:12 ID:FiFLLT1g0
               _  -─‐-  .
            . ´           ` .
            /                ':,
          /     __ ノ     ー‐  ',
         ./      -―       ―-
        /     (  ● )   ( ● )  i           んー、こうやって抱きながら寝ると暖かいんだよなぁ
         ,       /   、   、   |
         ',        {     人   }   }          お前、使い魔よりも暖房器具としてのが優秀じゃないのかね?
          ゝ        ` ‐-‐  `ー '    /、
        /\                .ィ  ̄}
          /   \  ー- __ .。-<  ∠i
       /      \.  /       ‐' ´ .|
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉
////,'.: : : : : : : : : :|  |  | : : : : : : : : : : l;/{/////////\
///,i : : : : : : : : : :.:|  |  |.: : : : : : : : : : .∨////-一"///∧
///|: : : : : : : : : : : |  |  | : : : : : : : : : : : ゝ////////////∧
///i:.: : : : : : : : : : :|  }  |: : : : : : : : : : : : :{/////////////∧
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ここ欧州だと扶桑とは違い、一年中肌寒い所が多いのだ。こうやって暖を
┃取る分としては申し分ない位にルシフェリオンは役立つ。使い方を間違えているが。

┃腕の中に犬を納めると、ゆっくりと目を閉じる。明日はシフトは短いとはいえ
┃一応は警戒しておかなくてはいけない。何が起こるのか一部を除いてだが誰にも予想できないのだ

┃段々と遠くなっていく意識の中、少なくても明日は良い日であることを願ってから、
┃レイヴンは意識を手放した。


4034 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 00:13:46 ID:FiFLLT1g0
『ブリタニア連邦 本土』
『ロンドンにある国立病院』


              __________,,,,,,,,,,,,,,....._
        ,, i-‐-''-~---‐‐‐‐‐;i;;''''" ~"'''、_
        ||i,/゙~~ii~~i~~ ̄ ̄ ̄/||゙"ll"''ii  ',
        ,-゙''ニニ''':;=、___/; !! .O  ||  ',
     _   .!i.;'''==~-'',..'.!,-_,..=''~l=.!~"l゙"_'l'''‐‐-i
    ,(‐)i_/=゙"''''''''=~!!゙'',゙(‐)i_,,,,,ll"''''‐|‐‐,|-ニ'':;;|コ
   ,'..,,,,,q''''''''''''''''''''''''qlii◎___,=;;;ヾ ''''|‐‐.|-,‐''''''::;、
    ,'=,';゙'、゙゙、゙゙゙、゙゙゙',゙゙゙゙'::~;;__;'=;',ニ、',:','‐ll‐‐.|.i  ii゙;:;ii:',
   i=i:ii:i;;;ヽヽ '., ',  ',ニ,._i=:i i,;;_i.i::l'゙'゙'゙'゙''|i  lli;:o!!''
   !=','、、''',i'‐'‐‐'--'i-i'‐゙i'''!=:! !‐'゙!!''''i,",゙,~,~i=i゙!:;;':!
    '、'、'=ソ!     '、:;;:ノ ',=',ニソ,'      '、=_:ソ
     ゙''''''゙          ''‐-‐'
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃時と場所は変わって、ブリタニア本土へ。既に日が落ちかかっているロンドンは
┃首都と言えども人足もまばらになりつつある。すぐに夜となるだろう。

┃そんな寂しい道を一台のブリタニア軍の車両が急ぐように道路を走っている。
┃一体そんなに急いで何処へ行こうというのか……暫くしてようやく目的地に着いたのか。
┃病院の前に停まると、車両から一人の少女が飛び出てきた。カールスラント軍を
┃示す軍服に身を包んだ、可愛らしい金髪の少女……ウィッチだった。


4037 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 00:21:41 ID:FiFLLT1g0
            ,.-───- 、
           /  / /     \
         /   / /   /   \
          /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!
        !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!         中尉、あまり時間がありません。
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉        用事があるならなるべく早く済ませるようお願いします。
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
            〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :









        /                  `丶、
.     /             /  _           \
    /  /        / .  ´             \
.   /   /         //             :i  ヽ
   /  /       //    _ /         :i    '
.  /  /       /  _   ´/   /       :j    ',
  '   /      /-─´‐-/.._  /        イ    |
 |  /      ///  /   `/      , '/│   , |         うん、ありがとう。
 | ,′      // .ィz桶うト、 // _ -‐ァ'/  |i   ' ′
 |/{       // .イ'んJ.ノリ /-‐''´   / ̄`ヽ、リ,  / /          それじゃ行ってくるから此処で待っててね
  从 {   //  弋_ーノ        ァュ、   // / /
   l ハ   | i               ん小',  // / /
.   l ∧ │i              しン 丿 イ //
. _,  ⌒ヽ 、|八       _      ,       ///
´::::::::::::::::::.\         {  `丶、     /   //
:::::::::::::::::::::::::..ヽ  \   `  .ノ     / ///
\ :::::::::::::::::::::::..\/\   _ ..  -‐ァ'´ ///
::::::.`''ー--r-----‐\   ̄    /-‐ ´
::::::::::::::::::::.\ ____丶、
:::::::::::::::::::::::::::>-‐…‥‐-\
:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃運転席に座る兵士に待機している様指示しておくと、中尉と呼ばれた彼女。
┃エーリカ・ハルトマンは帽子をしっかりと被り直してから病院の中へと入った。

┃彼女の代わりに運転していた兵士は従兵という訳ではないのだが。彼女に
┃宛がわれた雑用係という役目に方が強い。今のところブリタニア本土の防衛を
┃担っている彼女の負担を少しでも軽くするためにと、上が無理矢理つけたのだ


4040 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 00:28:17 ID:FiFLLT1g0
     /                 \
.    〃        /             ヽ
    /'       l  /     .i   ヽ  ',   ヘ
   ′      l ./     , ,' |    l  | ', !
  j  ,       l/     / / |    l ハ '|  ', l
  |  i      l   // /  '   '/ ', |   ',}        あーもぅ、早くしろっていってもさぁ……
  l  |      l  / //  /  //   | |   |
  }  l      l/ー/´─ '/ /`/ー─i |   |        久しぶりの休日なのに無理矢理に待機命令出したのが悪いんじゃんか
  ',  !       | iーr'≠卞     ,ィラ≠ホ|   |
   ヽ l      | ヽ弋zグ      弋ン' |  .| l        それなのにさぁ……一体何なのさ……
    ゙ヽ     l   :::.:.:        :.:.: '| /l {
       \    ',           '    / j / j/
        \丶 ',         __   イ ' /
         r \', >     ´  <
         ノ:::ヽ  ̄`丶/≧´
       /:::::::::::>...、 / 八`丶
      /、::::::::::::::::::::::::::> ヘ }::::::\
   _,.イ <> \:::::::::::::::::::::::::::/L.l'\:::::ハ≧..、
  i´::::\  /::::丶:::::::::::::::::::/:::|:::::}::::\::|::::::::}
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃誰かに聞かせる訳でも無い、ただ愚痴を零しながエーリカは受付で見舞いの
┃手続きを済ませると、そのまま無機質な病院の廊下を黙々と進んでいた。

┃近々、自分が大尉に昇進するかもしれないとミーナがばつが悪そうな表情で
┃言っていたのを思い出した。昇進すること自体はが悪い事なのでは無い。

┃普通の兵士よりも数十倍貰っている給金が更に増えるのは良い事だろう。
┃しかし、そうではないのだ。


4042 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 00:36:04 ID:FiFLLT1g0
                        __
                     ´        ミ
                             \
                /                 ヽ
                           |           ,
.             ′   //  :|     |:    }|     ′
              i :/  :/    :/|     .:小.   :|    | i
              |/   :  //∧|   .:/|リ V:|:. |    | |        ……どう考えても、欧州陥落から目をそらすための処置だよね。
              ′  |: ///  |  :/ /  从: zU  l|:. |
          :     |廴厶  |l :/ /ー―チ∨   :l|: l|        他のウィッチも何故か昇進してるし、仕方ないって言えばそうだけどさぁ
          i |   |ィ升テ' l| /  ァ升テミノ    :.|/l|
          | |:   ム` Vツ  ′    Vツ '/   .:} | |
          | |i   小.     ,     〟 /イ :/:∧|
.             八   |人            | :/}/
                \:|  > . ⊂つ  イ , |/ 廴
              _       >zr≦ /  /.:..:. \
.            {二ア {zU   . イ .:..:.:{ 爪ヽ、 .:..:.  .: .:[\
            ノ―`V} |.:{{_ ..シ .:..:.乂 }| /.:..:.  .:..:..:入__≫、
.          }/ -`Y {: ¨´ :{:. ..:. .:..:.,}〆∨.:..   ..:./.:   ⌒.:∧
          { ーVノ  }.:. ..:.∧:. .:./} .: |: .\:.. .:/.:.. ..:..:..:..: :.
           八 `ヽ ,ノ.: .: .:..:. /..:.zUo|:.. .:.\/ .:.  .:..:. .: i
            ∧   人:. :} .: ーv一 :.} .: |:. .:..:  ..:.{:..:.   ..:..:..:. |
.          /.: ゝ 彡  ヽ}:. `¨√ .:.:| .: |:.. .:..:..: .:. :|:..:. :.   ..:..:..|
         {.:..    ..:..:..:.}|:..  ..:.: .:..:.:l .:|.:. .:. .: .:..:|{:..:. ..:. .:..:..:|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ネウロイ達の猛攻に耐えきれず、自分達は欧州から逃げ延びてきたのだ。
┃文字通り、誰がどう見ても人類の大敗北なのは変わりがない事実となった今
┃そのことから目を逸らし、民衆の士気を高めるための偶像が必要なのだ。

┃「ネウロイ達からブリタニアを守る、世界のエースウィッチたち」

┃新聞の一面を飾るには充分な記事だった。事実、昨日は自分とミーナの写真が
┃広告にデカデカと伸ばされ貼られていた。その横にはカールスラントのエースと
┃書かれていたのも思い出した。そして、そこには親友がいない事も知っていた。


4094 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 20:19:10 ID:FiFLLT1g0
        /              、  \
       /    / /         }.    ヽ
       ,'    //      /     //    | ',
      ,    /    ./ /    /∧.    ! !           あれ……扉が開いてる?
      !.   /  ////    //  | .| |  | |
.      ||   ⊥∠∠∠._/   .//  .!. ! !  ! !
.      ||   ! /___ .// // ̄  ̄Τ| |.  ! !
      |   | /{じ:不///   ィ=ュ,レ'! !  j /
      |  ! .!.ヽ弋::ソ ´      {じ:リヽ| |  i/
.      ! | A.   ¨        弋ソノ |/  |
       ', .i |::',      、       /! .//
.      人| !ヘ|、     _       /ソ //
        从|  \   (  )    ///.//
            __> 、    .イI::ヽ/イ___
           /::ノ \ ` ´  /∧::::::::::::ム<> || ̄ヽ.
    __,,,r二´::::::∧  >-<  ./:::::::::::::::::|=彡'::::::::::|







:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     <   ――――! ―───!?
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    < ────! ─────。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃階段を上がり三階にある彼女の病室までやってきたエーリカだが、目的地の
┃目の前で思わず足を止めてしまう。目的地である病室の扉が開かれ、そこから光が漏れているのだ。

┃隙間からはくぐもって良く分からないが……少なくても男女複数人の声が聞こえてくる。

┃ここに足を運ぶ人間は少ない筈だ。特に彼女に関しては……はて、
┃一体どうしたのかと疑問に思い、急いで病室へ向かおうと足を早める。


4095 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 20:25:42 ID:FiFLLT1g0
                    ____
               .. ≦  ....................ミ... .
             /...:.:,:.:.-............:.:.:.............._...>―- ..
             /..:.:./´...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄:ミ:ヽ ミ. 、
             / ..:.:/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..`ヾ  `\
           / /     ,      .:.ハ.:.:.:.     ヽ \   ヽ
         ' ./ ./  ...../....:.:/ .....ィ:..:/:}:.:.|....\ ........ ∧、..丶
           {/..:,.ィ ..:./.:.:/..:::,:イ.:./ レ'.:ノ:.:..ト、:.:.:.ヽ:.:.:.:.:: V 、.. ヽ
          //.:′7メ/:/::/./彡,ィi.:.:.:.:.: }::u\.斗-:.:ヽ:..',\ '.       っ、止めるな、離せ!
.        /小::::| .:.:i.:.::/\斗'<::::.}:}:.:.:.://.:::/:ヽト::.:.:.:.i::...i  ヽ
        / 八V|..,.イ.:/ァ'了ぅミ-、ノ'1:.:;メ:ムイぅfヽ,.小:.:.:.:ト::.|         クリスがまだ帰って来てないんだ、私が行かないと!
             _{(|.:トi:/八...ヒ:ツ::::::::::.};//'.:..ヒ.ツ ノ’ん}:.:.:.|ハ|
            く弐| | ト         ノ′      ' ム,:.}
       ,..イ..:,:八{ミ.ヘ u        ′       ム'< }:ノ
      /..:::/::/{L〉込.    ,. -== 、     八::::::..\
    //丁{{¨¨¨て7ー '7\  (     }  . イ___..≧z::ミヽ
.   / :/  l!  ̄ ̄`7   {{ ヽ>`.. __ . z≦ ヽ⊇三三ムハ:‘,
   '.:/′ |!    .′  八   \   /  }リ  ∨    }|ト',
    {' |   i!   i     ヽ  /丁\ /' ト、 i    .’ i:.| }}
    |  i!    |        `く  {   /  |!|!| |!   ,′|:.!ノ′
    |   i!   |          \.}/   `'┘ |ト、i::../  l!ノ
      }!   i! .:}ノ}    _, --<了⌒>ーヘ.,、   } ト':  |
    {.|    V:' ∨⌒ ′  ,..z≧十千≦z..、 `⌒ {'::::   {!
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ちょうどその時、荒々しく扉が開かれると中から犬耳を生やした女性が
┃飛び出てきた。なにやら興奮した様子で怒鳴り散らすと、止めようと腕を掴む
┃医師を跳ねのけながら外へ出ようとしている。

┃バルクホルンだ! 一瞬だけ、ほんの少しだけエーリカは嬉しさを感じた。
┃聞こえてくる声には生気が漲っており、もしかしたらと期待してしまったのだ


4101 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 20:32:19 ID:FiFLLT1g0
            / /                    ヘ        ヽ
        / /   / /          }   }   ',  ヘ    ',
        / ,′   レ'    /     /   ハ   |    ',     '
        ,゙  |    |   /  /  イ   / |  ∧    '    }
.       {   |    |  }/  イ/ ,′ / | / ',   }   ,′
.       {   |    丁¨フ~ア7/‐-‐'   /`ー|-/ ..」__  |l  /         ……そんなに急いで、どこに行くのトゥルーデ?
       ',  |    |/__厶ム  ///  」/_  从   リ /
        ', |    |(/丁 し} ` / /   イじ下トミ}ハ / | /         体は? 休んでなくて大丈夫なの?
        ',│    |ヽ弋_,ノ          ヾ__,ノ 丿∨ |/
         V! l   |                  /   |
           い|   |         ,       /  ハ|
           Vト、  ト、     ..,_        /  / ||
.             ヽ \|ヽ\    `ー-‐'~     イ  / j|
              ヽ从|`        . イ / |/  丿
                   __ノ|  `  __, ィ/  |/
                /:::{  `丶、   |フ{`ヽ
           /:::::::::.ヽ     `7rヘ, ∨:::\
       _,. イ{:::::::::::::::::::::..\  /}{ } /.::::::::::`丶、






         /::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::!:::::::::::';::::::::::::ヽ;:ヽ;:',
         /:::::::::::::::::::::::/::l:::::::: /ト、:::::::::';:::::::::::::::ヽ;:l::',
       /::/:::::::::::::::::::/::/l:::::/: /!ヽ\::';:';::::::::::::::::ヽ!::!
      ,イ:;イ::::::/:::::::::;イ;;/ .レ;ノ::::l ヽ ヽ!::i、::::::::::::::::ヾ!
       /:://:::::/:::ー::メ_ノレ'ヽ::::::::l   ` l::l_xー-!::::::::::',
      /'´/:::::::l:::::::::/ _イ_ー ヽ:::::ト-ー二V.__ヽ::::l:::::::::::',      ぬ、ハルトマンか……そんな悠長なこと言っている場合では無いな
      /::::人!::::::/r' 'ソ::トヽ  ヽ !  ' r、!ハ )';::::ト、::ト::!
       //  l::::/、. 弋 タ     ヽ 弋_タ  ハ::!l.ヽ!.ソ      クリスがまだ帰って来てないんだ。さっきまですぐ近くにいたはずなのだが……
     '´   l::/ ハ                / ソ
         レ ヽ、',         '       u /_/
           {二ハ、           ノ、二}
              /:::ハへ、 ⌒ ⌒   <ハ::\
             ,イ:::::::/     !>  <.! `' V:::::'.,
         /:::::::::/   /7      ト、.  V::::::'.,
           /::::::::::/ /: : ト、     ノl: :ヽ、 V:::::::',
.         /_;;;;rニレ': : : : :.! ヽ_/ ! : : :.`ーL::;;;:::',
     rtニ´  ,r-/: : : : : :.:l  / ! ヽ. /: : : ,、__ :l`ー'`≠ - ,、
.      ;! ト-= ´: : /: : : : : : : :V  l  y': : : //7/ :! ̄`ー 、_/: !
     ! l : : : : : /: : : : : : : : :.\ l /: : : ////: : :!: : : : : :/: : :!

4108 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 20:38:38 ID:FiFLLT1g0
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::/:::::::::::::: /i:::::::::::::::::::::ヽ
            ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/: ハ::::::/,:':::::::::::::::::::::::::::',
          ;:::::::::::::::::::/:::::::::/::::::/:::::::;イ/ _l//::::::::::::::::::::::::::::::::',
            i::::::::::::/:::;':::::::::/::::;イ:::::;/ィ:ァ彡イ´::::::::::::: ハ::i:::::::::::::::::::;
          !::::::::/:::::!::::::::/:::/ァ::=7´}/    !:::::::::/:::,' l:::!::::::::::::::::::l       もう夜も遅い……早く、私が連れ戻してやらないと
             ';:::V ⌒i:::::::/::/ァ':/ー┼-- -|:::::/!::/ !:ハ:::::::::::::i:::l
             V /Y.!::::/イ /イ示テ┬、   !:::::/ ソ ̄Tト.!::::::::::::ハ::!      お前も探してくれないか? 何処にも見当たらないんだ
              {、 {_ (l::/レ′'弋v_ノソ     //ィチテト、リ l:::::::::::::! i:l
             ヾ、. レ′             '"   ヒzソ  /}:::::::i::;' リ
            __}ミニー 、                   /イ:::::/:;'
       r'´ ̄ 人_ イヽ l、             ,     ' i::::/レ
        >  /::::/ i V \        _ _      / ,':/
        `7´::::::,'   }./    ヽ          <  }'
         /::::::::/L_/ \   `   __   イ::ヽ  \
         /::::::::/./    ヾヽ、   /-、く_/|::::::V   }
         ,':::::;:イ        ヽ \  ,i/Yヽ   !::::::::!レ-′
        _iイ∋ |         \ `Y  !  ヽ、!_:::::::!
    x<     !          \ハ l  「ミ!「`ヽ、!
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃何一つ疑わぬ顔でそう尋ねてくる親友の姿は、姉としてならとても立派に
┃見えるのだろう。少なくても、妹思いの良いお姉さんだ

┃しかし、このロンドンに。いや、世界中どこ探したって彼女の妹はみつから
┃ない筈なのだ。なにせ、妹のクリスはガリアからブリタニアへ避難する最中に
┃ネウロイの襲撃に遭い、避難民の集団ごと戦火に包まれたはずなのだから


4113 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 20:45:03 ID:FiFLLT1g0
        l        l      ヽ  /    .l           l
.       |        L_=ー-ヽ、ヽ/ // -=―|           |
       |       l   `   ` ´       |  |      |  l
.      l       l                l  l      l  l
      l       l                l  l      l   l
      l       l                l  l      l. /       だ、誰か! その患者が錯乱して手が付けられない!
      |     i,,,=|三三三ニ’   `ニ=---l  /l      l. /
      l     |.<l 弋ゝ'丈` i― -/フ〒==|ミ/; |     l /        人を呼んでください! あと、鎮静剤も!
      l.     |. |  ̄ ̄_ノ   !、  ゞ-ィ| /ゝ      l /
       l     li¨l¨¨ ̄ ̄   |   ` ー -l ,,/-'l     l /
.       l      l !|       l       l / l l    /|/     一体なにをする! 私は錯乱などしていない、離せ! >
       l  l  l  l l i|      ノ       l / ll    /
        l ト  l  lヽ      `      i/  |l    ∧ヽ、
    ,, ・ '' l l l  l  l ヽ    ヽ=―― ッ    /l  / / i  ヽ
,, ・ ´    /ヽ| l i l l  lヽ、     ̄ ̄   // l  イ /  l   ` ・ 、
      /    lヽl i l  ヽ ヽ、     ./ / l 〃 /   l      ` 、
      /      l |ヽ|  \  `ー-- '´ /   l / l/    l        ` 、
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃彼女の出てきた病室から主治医と思わしき優男が出てくると、傍に控えていた
┃看護師たちも総出でバルクホルンを抑えようと彼女の腕なり足を持って取り押さえようと
┃している。

┃どうやら検診中にこうなったらしい。医者が手に持っているカルテのボードを
┃投げ捨て注射を打とうとしているが……ちょうど吹き飛ばされた。


4116 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 20:50:43 ID:FiFLLT1g0
                   ______
              .......::´::::::::::::::::::::::::::::`::::.....、
            /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.丶、
            /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'"::::::::::::::::::::::: ̄{
         ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
.          /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::/.::::::::::/.:::::::::::::::::|::::::::::.
        ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::/-‐::/.::::::::::/.:::::::::/.::::;|::::::::::.           くっ、いい加減にしろ貴様ら!
         l:::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::/.:::::::: /.:::::::::/.:/ |:::/.::::::〉
         l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/.:::://.:::::::;:/X    |イi:::::::::∧         こんなことしている場合じゃないんだ……早くしないとクリスが!
        l:::::::::::|:::::::::::::::::::/´/::/ /.:::/,xぐ \   八::::/:::::.
         ;::::::::::|:::::::::::::: / / /ィ i/ // ∧ 心 ヽ'::::::::::∧:ハ        手遅れになる前に、私が……わたしが見つけてやらないと……
        ';:::::::::|::::::::::: 〈 '  Y   /      {::リ  /:/::/ }′
          ヽ::::::|::::::::::::::.\ 、ソ      、、  `゚ /く:::/
         [三≧x::::::::::::::/ヽ. _                \
        ノ.::ヽ三厂 ̄\  八      く⌒ヽ、   /
     . : ´:::::::::/ ̄       \   丶   {_ \ У /
  /.::::::::::::::/    / ̄ ̄ ̄\__        `ー' /
   :::::::::::::∠ _  /    ,  ⌒ヽ ≧ .、   .  ´
   :::イ/   |/     /     ',   ` ー '
             /        i
             /        |
           xく          |

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃いまだに妹の幻覚を見ているのか。それとも彼女の言う事が本当の事なのか

┃それがどうなのかはハルトマンには分からないが、少なくても今のトゥルーデには
┃理知的な思考は到底、持ち合わせていないのだろう。それだけは分かっていた。

┃少し力を込める感じでエーリカは魔力を発現させると、彼女はゆっくりと親友の
┃傍へと近づいて行く


4119 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 20:57:01 ID:FiFLLT1g0
                        _ _
                ´          .
               /               `
                               \
           /             /      ヽ   丶
            /   /       /   l     ’. 、 ヽ
.            ′   /    /     |: |      ‘,
            i {        ′/  /| | | {    ハ   i
            | |:  i       斗 ‐― !ノ 小 ‘,  ‐ト:i |  |       ……ごめんね、トゥルーデ。
            !  | ./.:.   | |/z=≠ミゝj ‘. z≠ミ,リ |  |
             ,  |:.:.:.:.:..   〃'.::: } `    ゞイ'.:.} }イ j | :|       私がもう少し、頼れるような人間だったらさ
.            ∧  :{.:.:.:.:.:.:.:.:. l乂゚ン      ヒ'ソ 从 ; l リ
.             ‘ ,从:.:.:.:.:.:.:.|:.|           ,   ′/.:.:.:.i
              Ⅵ∨:.:.:|:.:|:.|  "          从l.:.:.:.:.:|
             ハj ‘,:.{.:.:.:.ト,   丶 フ   .イ.:.:.|.:.:.|:. |
.               γ∧:.| :.:.:|  ≧    イ /,ハ |.:.:.|:. }
              /.:.:.:.:ゝ:ヽ |> _jー`チ  /ノ i:.:.:.:/; j
                イ.:.:.:.:.:.:.:\ ト .   ハ /:.} /''  リ:.://
.             ≧ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.ー :.ァ:.\__  /;ノ/
           ィ彡´ ̄> 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:γ´`ヽ:. \:.`ヽ
       /.:.:.ゝ-イ.:.\:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧¨:.O:.\: 〉:.:.:.i
.       ′:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:. \:.\:.:.:.:.:.:/.:.:ゝ:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.|
.         i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ゝ 'イ.:.:.:.:.:.\:.:.:`i:.:.:.:.{:|
.         |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.∨:.:.い
.     /.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:/:.:.ヽニ、γ`:.:.:.:.i:.:.:.∨:.ヽ!
     /.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.{:.:.:.:.:.:.:.ゝ'.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.∨:.:丶
.    //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:i
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:|:.:.:.:. }
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃魔力を全開にして後ろから彼女を床へと押し倒した。幾ら彼女の固有魔法が
┃怪力と言え、後ろからの魔女の全力奇襲には耐え切れなかったようだ。

┃驚いたような声を上げるバルクホルンだが、即座に周りでチャンスを伺っていた
┃看護師たちが波のように押し寄せ彼女を取り押さえる。これで十分だろう



4123 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 21:00:00 ID:FiFLLT1g0
  i       ├''  `´     i
  l     l  l       , -_二l―+
  l     l _l---、   ' ',-r‐。i‐-l、 i
  l     .i´ l__ニ=ヽ., -、i  `ー''l  l" ノ
  l     l l/l (_゚ノ }  ヽ、__.....i-十              いやぁ……ウィッチがいてくれて助かりました。
.  l     !、_l_...- 'l       l i
  i      i、 l    l       l /l     /
   l l    l 、i    ` __ ... - ァ l/l     /
   i i、    .ト、ヽ  ヽ'', - '' ¨ / / i  ,  /
    il ヽ   l ヽ、  ヽ--‐ ''   l イ  /、イ/
    ! ヽ  li  ` 、   ー '   , l /l  /::ヘ
      ヽ  lV、 lヽ`i 、    / l/ .l /::::::::ヘ
.       ヽ .l ヽ l ヽ/rヽ'' ¨   /,, '/::::::::::::::::
        ヽl  `  ヽ:::ー ― '':::::::::::::::::::::::::::
             イフ:: : : . :::::::::::::::::::::::::::::/
           /{ {'::::: : : : : : : ::::::::::::::::://






        /      /  /             } i  ヽ   丶ヽ
        .′    ′,      /      , }  ∧    ヽ'.
      ′    i.::/      :′    / ∧.   ∧     .i
        i  .   |/     / ,:/:     /} / ハヽ. .::i     i}
        |  :′  !:   /ィ/.′   /斗 --- ミi:. ::|    |      礼には及びません。
        l  i    |:斗ァ 了ミ i:..    :///       |`ト!    }
       i :|   '´|:/ /斗- |:../ .://フ孑テ云ミ、}バ|   |     ……彼女は私の大事な親友なので
       . :|    |  ァヂ¨ミト.{イ/ /′ノ' {う::::h}ヾ. {    |
.         V|    | 〃{う::::h} ′      V^¨ ソ ノ’ .}     !
       ゙:i    {八 ゙ぐ_.ン         `¨´    ,:|     }
          i.   |、                   ム}    .′
         '.   {∧           '           ル'}  //
          ∧{、 ':込.         __,      イ/|/}/
           {ヘ. ト、:{\      `´      . イ}:/  }//′
            ヽ{ \ > .       イ  ′
                 /;} ≧ー ´  {ミy
               ..イ::::〈 廴_    _ノヽノ\
              ,. ≦   :::::\ /了爪 /'   \
          _ィ´         ヽj } /       \
      rti てノ_.》         />く:ヽ           〉 、
     バ斗≦ ∧       /イi   小         /ミ.ー’Yi- 、
     ノ } }   ∧      /::/ | !    !∧      /   ` ー{ ハ

4125 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 21:05:20 ID:FiFLLT1g0
::::::::::::::::::::::::::::::::/,,,|`''チ-、,,,           |::      |
:::::::::::::::::::::::::::::::|  |::::i゙''ー-、ヽ、        |:     |
::::::::::::::::::::::::::::::!  .|:::l    ゙`'i''    _,,,,,,--│ ,  l |
::::::::::::::::::::i::::::::|   | ,l      ト 、,,,. / ̄`''-| .|  | |
::::::::::::::::::::|:::::::|''ー-|.L_    ノ``''-ジ    | |:  | |        ……そうでしたか。
:::::::::::::::::::|:::::::l   l.l  ` ー''″   i     /|: l::  |  |
:::::::::::::::::::|:::::::|   ||.        l`ー-,,,,イ::|:: l:::  l  |        我々も全力で治療にあたっているのですが
:::::::::::::::::::|:::::::|   ||        |.  ,/::::::|:::|:::. |  l
::::::::::::::::::::|::::::|   .|         i ,/::::::::l::::l:::: ||  l        何分、こういった心の問題とは時間がかかる物でして
::::::::::::::::::::|::::::|   .       .,-'' /::::::::::l:::l:::: l | i
|i:::::::::::::::::l|:::::|   ーー-、 _   /:::::::::::l:::|::::: /.! /
:|.i::::::::::::::::||::::|     ._  ` /::::::::::::::i::l:::::: / i /
、| i::::::::::::::| i:::|.        /:|:::::::::::::::::l:l::::: / l /
..| ヽ:::::::::::l. |:::|\     /|:::||:::::::::::::::/::::::/ //
   ヽ::::::::| l::l ``ー-ン`  |:::l |:::::::::::::::::::::/  ツ
.   /ヽ:::::レ゙.l:|      \ l:::| l:::::::::::::::::::/  /
  /  ,ト、:ト、.!|    / ̄リ l::l l:::::::::::::::/
_/  i. ハl ヽ    /  .メ ∥ .l::::::::::::/
     ` 、 ヽ  /   ト 、  l::::::::/
       ` 、ヽ /     | `ヽ  l::/
ヘ、      .| ヽヾ、、,_|   `丶,, _
   `''-、ヽ  .|  |   \        入






             ,       ,
           /         ' ,
.          /   /         ',
         ,'  ,/  , /   ハ i  ',
         !  |_//  _,/ ', i  }
         !  !// / // ̄ !,!  |           えぇ、分かってます。それまで待つだけですから……
         !  |ィ-=ュ/ / ' ィ=ュ-、|  ,'
         !. |', `-'     `-' /  ,'          それではトゥルーデの事、お願いしますね。
         !, ト_!    `     /,  ,'
         ! ', !、! 、  - -  , '| ,/
           ',!  '  , _ ィ   レ
             // 、 , 、-、
          _ ,.::::::::::\/|ヽ/:::::::..、_
        ,、:: --!:::::::::::::::><:::::::::::::::/-- ::、
        !:::!:::::|:::\:::::/| |\::::::::/::::/::,::人
       }:::::::|:::::!::::::`':::::||o|::::::` ':::::::/:://::ヽ
      /::::::::::!::::,:::┰:::::||::::|:::::::::゚::::::/:::/:::::::::::、
    /::::::::::::::::!:::i:::::::::::::||:::::|::::::::::::::/:::∧::::::::::::\
   /:::::::::::::::::/ !:::|:::::::::::||:::::|:::::::::::::/::/  ',::::::::::::::::、
  /:::::::::::::::/   i::::::::::::::||::::i:::::::::::::'::::/   \::::::::::::\
 /::::::::::::::::/'    |::i::::::::::||::::::::::::::::i::::i      }::::::::::::::ヽ
 \:::::::::::::::.、   /::i:::::::::::||::::i:::::::::::|:::|    ノ:::::::::::/

4129 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 21:11:33 ID:FiFLLT1g0
        /      /  /             } i  ヽ   丶ヽ
        .′    ′,      /      , }  ∧    ヽ'.
      ′    i.::/      :′    / ∧.   ∧     .i
        i  .   |/     / ,:/:     /} / ハヽ. .::i     i}
        |  :′  !:   /ィ/.′   /斗 --- ミi:. ::|    |
        l  i    |:斗ァ 了ミ i:..    :///       |`ト!    }
       i :|   '´|:/ /斗- |:../ .://フ孑テ云ミ、}バ|   |        ……そうだよ。いつかきっと、戻ってくるよね
       . :|    |  ァヂ¨ミト.{イ/ /′ノ' {う::::h}ヾ. {    |
.         V|    | 〃{う::::h} ′      V^¨ ソ ノ’ .}     !         それまで、私が頑張って皆の事守らなきゃ。
       ゙:i    {八 ゙ぐ_.ン         `¨´    ,:|     }
          i.   |、                   ム}    .′
         '.   {∧           '           ル'}  //
          ∧{、 ':込.         __,      イ/|/}/
           {ヘ. ト、:{\      `´      . イ}:/  }//′
            ヽ{ \ > .       イ  ′
                 /;} ≧ー ´  {ミy
               ..イ::::〈 廴_    _ノヽノ\
              ,. ≦   :::::\ /了爪 /'   \
          _ィ´         ヽj } /       \
      rti てノ_.》         />く:ヽ           〉 、
     バ斗≦ ∧       /イi   小         /ミ.ー’Yi- 、
     ノ } }   ∧      /::/ | !    !∧      /   ` ー{ ハ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃もし何所かに救いがあるならば、何だっていい。廃れた神様でも何でもだ。

┃狂ってしまった彼女を救ってくれるなら全てを差し出しても構わない。そう
┃想い始めている自分も狂ってきているのだろうか?

┃結局、親友の見舞いという目的を果たせぬまま彼女は病室を後にした


4131 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 21:15:17 ID:FiFLLT1g0




.            /::::/::::::::/::::::: /:::: /::i::::::::::∨::::::\:::: \
           /::::::/:::::::::::/::::::::; イ:::::::::/:::::ト;::::::::::∨:::::::∧:::::∧
.          /::::::/:::::::::::/::::::::/ |:::::::/::::::::! \:::::∧ :::::: ∧:::::∧
          '::::::/:::::::::::/i:::::::/⌒゙i::::::ハ::::::::| ̄`∨::∧:::::::::∧:::::::i
            i::::/:::::::::::/:::l::::/ __,,,Ⅳ| Ⅵ::i ィt=∨::::i:: ∨::∧::: !      おっと、すみません。
            |:/i::::::::::/::::::l:::l ん:刋Ⅵ!  Ⅵ!  斥圷::::iヘ:::∨::∧::!
           ' |:::::::/i::::::::l::l〈 比::リ \  \ 比::リ∨ ∨∨::: リ
.            |::::/ l::::::/::i  ゞ-′      ゞ-′  jK_∨:::>
.            |:/  l:::/小     く:.            {__j ∨::::>
             ′   !/  !                j___ソ\!´
                   '、     r _,         //
                     \             /!
                        ` 、        / .:.:|
                     \__  ..  ´   ..:.:|
                       |       ...:.:.:_jー 、
                      __j   __ .. - ´   ヽュ、、
                      ノ ハ_/          /:i:i:i:i:iヽ、、
                ..</ /////∧          /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
               ..<:i:i:i:i:/ ///////∧        /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃と、階段を下ろうとしたところで踊り場にいた男性と肩がぶつかってしまった。
┃尻もちをつくほどの勢いは無かったが、男性の方は軽く驚いたような声を
┃あげると、ハルトマンの服装からすぐに彼女がカールスラント空軍のウィッチで
┃あると分かり、頭を下げて謝ってきた。



4135 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 21:18:47 ID:FiFLLT1g0
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ アチャー
              /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
              /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !      すいませんでした、中尉殿。
              |: : |: : : : : |: /  \: : /|: : r 、 : : :.|.: : : ト、:|
              |: : |: : : : /!/    | :/ |:.:(ヽ、`\:|.: : : | V      此方の注意不足で……
             < : 」_: : /  _   _|/   レ. \ \ \ : |
             <:: |. 小{  `゙''''''        ‐-\ \ \_
              厶ヘ ハ U      、 r--‐-、 >、    `ヽ
                \_!          ' ` ‐-、 ``      `、
            _, r´:/ : :| ヽ    r‐--っ   /\         `、
        _, r ´:.:.:.:./:.:.:.:.::| | \    ̄   /ヽ :`ヽ         ヽ
     _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|  \ ヽ _ , ィ ´ |::.:.:ヽ: : `、        `、
  _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|    >-、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、 __ ___i__
 /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  /ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,,..---┴‐,
l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l








        /              、  \
       /    / /         }.    ヽ
       ,'    //      /     //    | ',
      ,    /    ./ /    /∧.    ! !
      !.   /  ////    //  | .| |  | |       あぁ、いいよ。ウィッチだからってそんなに頭下げなくても
.      ||   ⊥∠∠∠._/   .//  .!. ! !  ! !
.      ||   ! /___ .// // ̄  ̄Τ| |.  ! !       こっちも考え事していて、気付かなかったのが悪いんだし
      |   | /{じ:不///   ィ=ュ,レ'! !  j /
      |  ! .!.ヽ弋::ソ ´      {じ:リヽ| |  i/
.      ! | A.   ¨        弋ソノ |/  |
       ', .i |::',      、       /! .//
.      人| !ヘ|、     _       /ソ //
        从|  \   (  )    ///.//
            __> 、    .イI::ヽ/イ___
           /::ノ \ ` ´  /∧::::::::::::ム<> || ̄ヽ.
    __,,,r二´::::::∧  >-<  ./:::::::::::::::::|=彡'::::::::::|

4139 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 21:24:18 ID:FiFLLT1g0
          /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l        そう言ってもらえると此方も助かります。
         l:::::::::::/:::i:::::::::/_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ        ウィッチに怪我でもさせたら首が飛ぶんで……
        _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≦i::::::::::::i:!::::::!
        >:::::{ レ' |:::::7レ近::} /:::/|:/近:}l::::::::::ハ:::::!        ……それじゃ、自分はこの辺で失礼します。
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/
             \|\   ___  __   /  ′
             _{i     ヽ _ ノ  /
            // `\ \     /
         _,、-;'´;;;i     `ー 、,`_ノiヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃優男、中肉中背の男だが、今の口ぶりから察するに軍の関係者なのだろうか?

┃いや、そうなのだろう。この男性は自分の階級章を見ただけで中尉だと分かった。
┃それに加え、規則だからと言って男はそそくさと立ち去ったあたり、ウィッチとの接触
┃が禁止されていることに気を配っているように見えた。



4140 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 21:28:07 ID:FiFLLT1g0
    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
. ′::::::::::::::::::::::::::::::トx:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l             あ、先生じゃないですか。
.′:i::::::::::::::::::::::::::::::〈⌒ヽ:::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::レァ
|::::::|:::::::::::::::Α:::ト、::∧ f芹ト、{ヽ:::::::i、::::<\::::::::::ニ=-          そんなに息を切らして……一体どうしたんですか?
|::::::}:::::::::::::{f'芯:| \ハ. ヒj ` \::| ヽ::ハ .}::; - ミ、
V::ハ::::/:::::::“.マリ!   `| ー一   `| ハ::| //   `
..V V:::|、::::::}-‐             __ツ:/
   V:| V{ハ <           /^ヾ::{
    V! `|. ヽ  ャ‐ 、      /    >^ヽ_____
           \. `¨´         //´:::::::::::::::::::::::\
             \    _.  '´  .//:::::::::::::::::_:::::-‐''´ ̄`ヽ_
               ー ´ \  .//:::::::::;::-‐::´::::::_::-、ー--:、::::ヽ
               /入//::::::::イ:::::;::::::-<_:::::::`ー--::ミY
              /:::::|ァイ::_::イ:::::::/:::::::::::::::::::`丶::::::::::::::::`ヽ
             ハ:::::::/;:::イ:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶::::::::::::::〉
               {::|:::/イ::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::/








        /  /      / / ̄````ヽト\/,ィ_,__ハ     /',
       ,   ,'        l ,′      `     l_. - ´   l
        l  l       l {         ,       l  ̄ ̄ ̄'、
        l  l       l l ==='"´    ト、   !       !
       l  !        l l __    _ィ l _    ` ー┼i     l !        あぁ、君か……いや、新しく入ったウィッチの事で少しね
         l  l       l l ` ー='"´f'─`,j ,ィ、__ ,l l    | l
        l  !  i    l ├─── '′  ト、 ` ̄/イ      l l
          ! l  l    ハ l          l ` ー// l     l l
        l l  l    ハ l         〉  〃 /     l! j
         l l   !    ト l   、_____  / ,′    /l ′
          l i ', l 、   l ヽ   \: : : : : マ´  イ    / //
         l l ', l ヽ  !       ̄ ̄   , ′ /   ' 〃
         リ l. ハム  ト、 :!- _        /ハ/ 〃  / /
          V 「::\!、l :l     - __/∨ /// / /
            |::::::::::::ヘl─  ___ |ハ   / //
         , >j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   /´
    _ ィ´  ∨`.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト 、
-─ ´   ヽ   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`l  \

4141 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 21:32:43 ID:FiFLLT1g0
               / : : `ー- ... _
             /: ̄:l\: : : : : : : ',- 、
               /: :/ヽl/ム: : : : : : :'; : :`ヽ、
           / i: l/、z-‐マ _: : : : :'; : : : :ハ
           /: :l:,lュ l 弋ア!イ: : : : : i: :l: : : ヘ        まぁ、いいさ……あの子に用があってきたんだろ?
           !: :lLタ´`ー― l l: : : : : :l: l: : : : ハ
           !:l: ト       l:l: : : : : :l ト、: : : : :!        それだったら、早く済ませるといい。
           !:.l:l   _ .. - ノイ : i: : : l:ハ } : : /
           /イ:ハ  ̄-    !l : l : : リ/: :l: i          そろそろ面会終了の時間になってしまうぞ?
        _r く l:トヘ      ll:l: l: : :lイ、: ヽN
     _ r(´ヽヽ_jヽlト、:',      lNヽ、l-z '' ¨ ̄`ヽ
     ( ヽ`ー'   r ┐l:ー-、-- ‐、 l//       ヽ
    r'`ミ′    ` t \! ヽト、トr/, '   , -     ハ
    `ー-′      / , - '' ¨ /!レ  , ' __      ハ
      | '.     / /     / 〃./´ ̄        ',
        '. ヽ    !イ ヘ  / .il/         ,   ',
      i  !    l'   ',  > l __ ..       /  ,  i
       l  l     !   !〈 , '  ̄_ ..        / /  `i





              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
         二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',         おおっと、そうでした。
     i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
     l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>       病院が変わったせいで、どうにも時間が取り難くて……
     l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
       l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
         \|\!\  ′          ∨
          ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
              `  、      , ′  /  \_
                  ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                   _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
              :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
              :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::

4143 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 21:38:22 ID:FiFLLT1g0
                _.._ ``、,.、-::─::-..、
              /:::::::::`:く:ノ:::::::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
           /:::::::::::::::::::::::イ::::::::::: 丶::::::::::::::::::::::::',
             /::::: /:::::::::::::/ l::::::: !:::::::|\::::::::::::::::: l          あ、そうだ。部屋変わったんだっけか……先生。
          i::::: /:::::::::::::/一V:::::| :::: |ーヽ:::::::::::::::!
          |:: /:::::: /::: |ィ云∨ |V::::| ィテヘヽ::::::::!イ         中尉の……ハイデマリーの病室ってどこですかね?
          |:/ |::: /::ハ::| 迂:リ V| ヾ! 迂:リハ::ト::::::>
          |′|::/|:::|ネヘ `ー´ ヽ   `ー´ ハ!ノリ`ヽ
              i/ V、_ヘ       !     ムリ′
              ′    ヽ、  - -   , ′
                     |ヽ    イ/
                     ,.イ   ` ´  ハ
                 ,.イ:!  \   /  ヽ..、、
            ,...::::´/::::::l   /;⌒;ヘ    j:::::ヘ:`:::....、
        ,...::::´::::::::::/:::::::::l、 ∧;;;;;;;;;∧ /:l:::::::: ヘ:::::::::::`:::....、
      ,ィ:::::::::::::::::::::/::::::::::/!∨ ∨;;;/ ∨ l::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::`::..、
        i::l::::::::::::::::::::::ヽ::::::/:::!   .i;;;;;;!    ハ:::::::: / ::::::::::::::::::::::::/:i
        l::l:::::::::::::::::::::::::::У::::::l   i;;;;;;;i  .,'::::::\:/::::::::::::::::::::::::::/::::l
        l::l、::::::::::::::::: /:::::::::::::l  i;;;;;;;;i  /::::::::::::::\:::::::::::::::::::::/:::::::l
.      !:::::i!::::::::::::::::∨:::::::::::::ヘ  l;;;;;;;;;i /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::: イ::::::::::!
      !:::::::i!:::::::::::::::: ∨::::::::::::::∨;;;;;;;;;;/::::::::::::::::: :/:::::::::::::::::::::i!:::::::::::!
.      i:::::::::!! :::::::::::::::: ∨::::::::::::::∨;;;;;/:::::::::::::: : :/:::::::::::::::::::::::il::::::::::::l
      i::::::::::!l:::::::::::::::::::::::\:::::::::::::∨/::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::!i::::::::::::l
     l::::::::::l:l : : :::::::::::::::::::::\::::::::::/::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::l:i:::::::::::::!








その頃のブリタニアでのお話、終わり

4153 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 21:46:41 ID:FiFLLT1g0
;;;彡ソ;;;ゝ);;));ヾ;;) ノ::;;ヽ;;;;ゞヽゝ'´ゞ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ;;;;ゞヽゝ'´ゞvゝ、7-ー<ヾ:'(゙'〆、,,;">-、7-ー<
ヾミ;ソ(;;;;;;フノハ:;:;ミ;;(;;;ゝヾミゞ(〆、,,;".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ ゞゞ' ヾ ヾ ゞゞ' ヾ ゞゞ'ヾ ゞ:;ヾ:;ゞ;;';:":;ヾ ゞ;
〃;;;彡;;i!;:i!|/〃;;;彡;"'ハ,,;)ヾ.:.:バ:.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;>>、;ヽ、:;;:y':/;:. :;:'':;:;:;ゞ;ゞゞ;ゞ;:'':;;:,'ミヾ:,;:ゞ'ゞ';
::':.,|:;;:i!;;i!;:i!|`ヽ\|;;レ;/;;'';;..;.;.;.;.゙:.~.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.`‐ヽ:::;:;:::/:;;/ソ;;:';;ゞミ:;.;;ゞ;:;ゞ,:;i''`ヾ;ミ:;;:,ゞ:;ゞミ,
ヽ.:;};;:i!;;i!;:i!|;:;:;:;:);;;;;;/''ヽV/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;´ゞvゝ、7-ー;,'ミ:;ミ,"ゞ;", |; i;;;;:|!;;;;;;;;.`;;:ソ:;:ミゝ
;:;:Y;;:i!::i!:;;:i!|v,l|V::从X、ノメ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;">>、;ヽ、 ;:yバ:.:.:.:.:|: |::.;;;;::l .:|;;;;:|
;:;:;:|;;:i!::i!;;:i!:|、lW:八ヘ{V::从ivヾ;;) ::;:;:;;:;;;:;;:;;;;;;;:;:;:;;::.;.;.;;:;:;:;.`‐ヽ:::;:;:::/ヾミ;ソ(; |: |::.;;;;::| .:|;;;;;|:.:.:
;:;:;:|;;:i!;:i!;;i!;:|XゞV:从XゞViv:l;,ゝ);)':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;~^:.:>ー !i!;;:;:;yゝミノ|: |::.;;;;::l .:|;;;;;|:;:;:;
八ゞivXx::イ八X、 γ从Wwv~ '〃::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;Y;;:;:;:;:;:;:;:;::l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:|:i ::|;;;;:: :| l |:.:.:
iソゞiv,l|V::从|lililレ/X、w,,'~""´,ヾゞ"、      ヾ:;:::;ミ从";:;:;:;:;::|;;i:;:;;:l;:;:;:/|:|: :|;;;;::| :: ;| |:;:;:;
_、八ゞiv,l|iv:l;,イイ、八イ,,~=-:;:;:;:;ヾ;;;;゛        ヾ:.::;:;::从ゞ;)ゞハ|;;::;!i!;|:;:;{;;:|:|: :|;;;;::| :: :| |:.:.:.:.:.:
V从;、lW:八ヘ{V::从Xゞヾ;:;:;:;:;:`,,;;;:゛        ヽ:;.:;.:;.:.;.;从イ、X|;::i!;::;;リ'ヾ:|:|: :|;;;;::| :: :{ |;:;:;:;:;:;、
ハ、;vvヾヘwゞ,,;;''~";:;:;:;:;:;:;〃""";゛         ヽ;.:;.:;.;.;.;;.:ミivV|;;:i!;;:;;:|`:;;;;|;};;;;;;;: :| :| :: |,l|V
;;;;、lW:八ヘ{V::从ivヾ;;) ................゛             ;;:.;:.;;;......;;.;:.ハ、;vvヾヘwゝ)|:;.:|;;;;;n ::| :: |从X
ゞゞV:从XゞViv:l;,ゝ);)'.;:.;:.;:.;:.゛             ;;.:;.:;.:;ゝ...;,イiv:l;,イイ、八,::.|:;::| ::{リ ::! :!:|:;ハ、;v
ゝX、 γ从Wwv~ ';.:;.:;.:;.:;.:;゛            ';.:;.:;.:;....;:.;...;;;;;.....ミYミ ; , ;|:;.:: ::r : :| :i |ゞ,イiv:,イ
ハililレ/X、w,,'~".;:.;;:.;:.;:.;:.;:.;゛ .              ';.:;.:;.:;.;:.;;;;;;;;;;;:.;:.:;.:;ミ; /.::/ :::|i :.:| :l;ハ:从Xゞ
fハイイ、八イ,,~=-;;.;:.;:.;:.;:.;:.゛                ヽ;.:;.;:;.:r;;;;;;;;:;.:;.:;.:;.:ノ,;ノ : ::八 :ゝ::ヽ\_,,.,.
ハ{V::从XゞY∥//〃゛                      ヽ;.:;.:;.:;........;;;..;.;:;.;;:´.:: :/.::::ヾ::\::\::ー、 ,
从,,;;''~"/∥Y彡ツ〃゛                    ヽ;.:;.:;.:;.:;.:;.:;r.:;.:;.:;.:;.:ミYY :从XゞY∥/

┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃一寸先も見えない暗い森の中を自分は全力で走っている。深夜の湿った
┃風を全身で浴び、斬り付けるような草木を必死で掻き分けながら前へと進んでいく

┃これは夢だ、という事を自覚するまでにそう時間はかからなかった。

┃聞こえてくる声は息苦しそうに切羽詰っているが、聞こえるだけで自分はどこも苦しくない


4156 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 21:54:14 ID:FiFLLT1g0
;';:',:'.:';';:',:'.:',:'.:'爻彡爻爻彡彡彡彡!;';:',:'l       {,:'.:'Y,:'.:',:'.:',:'.:',:'.:';';:',:'.:';';:',:'.:';';:',:',:'.:';':.爻彡爻彡彡ッ
,:'.:',爻彡,:'.';';:';';'爻爻彡彡彡'⌒´;';:';';:'lリ゛     ヾ弌_j:Y,',:',',:';爻彡'^;',:';',:';',爻彡彡;',:'爻彡彡彡'′
爻彡,:'.:';';:'xッ爻彡彡彡'´;';:':;'l:l;l爻州リ_,         (乂_j;',:';',:';Y;',:';',:';'ッ爻彡'⌒;',:'爻彡彡シ′从
彡;';:','x爻彡彡シ爪;';;';i:i:i:i;i;i;i;i;ッ爻彡⌒          {乂三,:'!;',:'ッ爻彡;';ミー爻彡ク⌒´i;i;i;i;ッ爻
,:厶辷彡゙⌒^´ ⌒ヾニ圷爻彡彡゙⌒                   (乂三.小ィi  ト-'⌒´辷ミ行爻彡ッ'    ハァッ、ハッハッ、フッ
 |il ,、           `Yl|i<^                          に、 l{_, }  `⌒YlY⌒¨´
li Nシ             Niレ゙                              i%)} jl:「 /L、   !iljワ
 l |            |i|li                               !l  rr|<シ⌒`'   !|!|
l _j{, 、 ィッx     ,、_ |j|l|                          }l  _川'¨,、ィッx:、」j|∟、
{ %l.':;}L_':.':'ミx'⌒ヾ,:'.:',ヾーx;_,、               ,、ィッvzx;_    ィッx:、_! i'@’j,:'.:ミ;';,:'.:'..'.'.'.ヾ⌒ヾ
f《d/シ'^`.:.:,:'.:リ:,:)',:'.:',:'.:','.:',:゙;';:',:ミ:xz、       〃.:',:':,:'.ミッ彡ッぐ,:,:'.:':r小ぐ^l_,|,:'.:',:'.`ヾ⌒ヾ!,:'jミミ
 l:レ′,:'.:',:'爻彡'⌒,:'.:',:'.:':x',:'.:',:'.:ヾ癶⌒ヾーx;、{,:'.:'ッ爻彡彡^:'.:',:'.:',:'.`丁イ  !{;';:',:'.:':⌒:'.:',:'.:',.'.'彡
M:!,:'.:',:'ッ爻彡シ,:'.:',:'.爻彡:',:,:'.:',:'.:',リ,:'.:',:'.:','ィッリ ^¨⌒^゙^⌒゙{!,:'.:',:',:'.ィ爻j l l:N;';:',爻彡:'.:',:!.:'爻彡
li !j_爻彡彡',:'.:',ー爻彡彡ミ.:,:'.,:'.:,:'.:',:'.:'ッ爻彡シ:': ; : ': ; :': ; : :乂:,:'.:爻彡」|l !j: l !j_爻彡,:'.:',:'.爻彡彡
ノ从Z_⌒^゙ ̄^⌒^´ ゚̄⌒^゙^¨ ̄´^⌒゙^⌒: : ; : ': ; : ': ; : ': ̄^⌒__,フリ从ノ从Z_゙^"⌒¨ ̄^⌒
爪jヾ{⌒ヾ: :': ; : : ; : :'; : : ; : :': ; : :'; : :': ; : :'; : : ; :' : :': : : ; : : : ; : :⌒フr爻人爪jヾ{⌒ヾ; :' : ; : :' ; : :
^7⌒T⌒ヽ/⌒YニV⌒7⌒YTア工V⌒コ⌒V二Y⌒Y^V⌒Y^ミv'⌒Z⌒ニ7⌒ン'⌒V⌒7⌒7X⌒Y^
 ゙̄^⌒ ̄ ̄^⌒^´ ̄`^ ̄⌒´ ̄` ̄^ ̄⌒´ ̄` ̄´ ̄` ̄^⌒´ ̄^⌒´ ̄’ ̄⌒ ̄^ ̄⌒^⌒¨´
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃まるで映画を眺めているようだ。木の葉の間から覗かせる月明かりだけが
┃二人を優しく照らしていた。……そう、二人なのだ。

┃鬱蒼と茂る森の中を、誰もが寝静まる深夜の時刻を。行く手を遮る草木を
┃左手で掻き分けつつ、残った右手は後ろへと伸び、誰かの手を掴んで離さない。

┃それが誰なのか、前を向いては知っているので顔は分からなかった。だが、
┃その手の先にある人物は凄く、とても大事な人なのだろう。

┃この手を離してしまったら自分も消えてしまう。そう思わせてしまうほど、大切な存在


4157 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 21:57:58 ID:FiFLLT1g0
;';:',:'.:';';:',:'.:',:'.:'爻彡爻爻彡彡彡彡!;';:',:'l       {,:'.:'Y,:'.:',:'.:',:'.:',:'.:';';:',:'.:';';:',:'.:';';:',:',:'.:';':.爻彡爻彡彡ッ
,:'.:',爻彡,:'.';';:';';'爻爻彡彡彡'⌒´;';:';';:'lリ゛     ヾ弌_j:Y,',:',',:';爻彡'^;',:';',:';',爻彡彡;',:'爻彡彡彡'′
爻彡,:'.:';';:'xッ爻彡彡彡'´;';:':;'l:l;l爻州リ_,         (乂_j;',:';',:';Y;',:';',:';'ッ爻彡'⌒;',:'爻彡彡シ′从
彡;';:','x爻彡彡シ爪;';;';i:i:i:i;i;i;i;i;ッ爻彡⌒          {乂三,:'!;',:'ッ爻彡;';ミー爻彡ク⌒´i;i;i;i;ッ爻
,:厶辷彡゙⌒^´ ⌒ヾニ圷爻彡彡゙⌒                   (乂三.小ィi  ト-'⌒´辷ミ行爻彡ッ'
 |il ,、           `Yl|i<^                          に、 l{_, }  `⌒YlY⌒¨´
li Nシ             Niレ゙                              i%)} jl:「 /L、   !iljワ
 l |            |i|li                               !l  rr|<シ⌒`'   !|!|
l _j{, 、 ィッx     ,、_ |j|l|                          }l  _川'¨,、ィッx:、」j|∟、
{ %l.':;}L_':.':'ミx'⌒ヾ,:'.:',ヾーx;_,、                  _、ィッx:、_! i'@’j,:'.:ミ;';,:'.:'..'.'.'.ヾ⌒ヾ
f《d/シ'^`.:.:,:'.:リ:,:)',:'.:',:'.:','.:',:゙ (,                     _}}),:'.:':r小ぐ^l_,|,:'.:',:'.`ヾ⌒ヾ!,:'jミミ
 l:レ′,:'.:',:'爻彡'⌒,:'.:',:'.:':x' ノ                   く:'.:',:'.`丁イ  !{;';:',:'.:':⌒:'.:',:'.:',.'.'彡
M:!,:'.:',:'ッ爻彡シ,:'.:',:'.爻彡!',:`ヽ                 √',:'.ィ爻j l l:N;';:',爻彡:'.:',:!.:'爻彡
li !j_爻彡彡',:'.:',ー爻彡彡ミ.:,:'.,:'.:`¨ミ、                 ¨´,:'.:爻彡」|l !j: l !j_爻彡,:'.:',:'.爻彡彡
ノ从Z_⌒^゙ ̄^⌒^´ ゚̄⌒^゙¨ ̄´゙ ̄^⌒^´ ゚̄⌒^゙¨ ̄´.゙...^^⌒^__,フリ从ノ从Z_゙^"⌒¨ ̄^⌒
爪jヾ{⌒ヾ: :': ; : : ; : :'; : : ; : :': ; : :';': ; : : ; : :'; : : ; : :': ; : :';......: ; : :⌒フr爻人爪jヾ{⌒ヾ; :' : ; : :' ; : :
^7⌒T⌒ヽ/⌒YニV⌒7⌒YTア                     ミv'⌒Z⌒ニ7⌒ン'⌒V⌒7⌒7X⌒Y^
 ゙̄^⌒ ̄ ̄^⌒^´ ̄`^ ̄⌒´                   ` ̄^⌒´ ̄’ ̄⌒ ̄^ ̄⌒^⌒¨´
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃暫く走り続けているだけなのだろうか? そう思っていると突然、視界が
┃広くなり道へとでた。

┃少し立ち止まって辺りを見回す、小さな川が目の前を流れているのが分かる。



4160 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 22:03:05 ID:FiFLLT1g0




              ごめね、本当に……ごめんね






┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃背後から誰かの声が聞こえてくる。泣いてるような、上擦った女性の声だ
┃今にも死にそうなほど息を切らしてるが、必死で誰かに謝り続けている。

┃それが誰に対する謝罪なのかは分からないが。それを気にする素振りも
┃見せず、その手を引くとまた走り出した。一体どこへ向かっているというのか


4163 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 22:18:03 ID:FiFLLT1g0

                         ,、-─- 、
                       /      \
  .                        ,′。_,.--、°  ',
                       ! -〈 。   丶 _,.!、 ||
                      r'ィ゙「ヾ:、_,.、-''"⌒) .||         っ、来たぞ!? 止まって、止まってください!
                       ̄ム  |:|_ ィ'" ̄ヽ、 ||
                         `<!レ'´ニ ̄``''ーl.||
                    _,,..、-''"^丶、丶、 ̄三!L、
        __,,.. -ァ''" ̄`「´`ヽ丶、      ヽ.  i  ̄|ヾ!
  ⊂ニ" ̄     i |                /  |  | |′
     \   >ー-ゝ、__           /   |/||!
       `ー'´      _  ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\ / ヾ 、 l三_| |
              /  _ヽ    _/__r「丁丁x!   rェ 工_
          .  / ヾ/_  ̄ ̄ | if !二エニ´  l  `7 ) )
          /./ へチ、_`ヾ、 _| 」 ||| |_x]  j  l/・/./
          `</ ` ̄`<Yナ''´ ト| rィT T x]  i’ i ̄厂!
                      |_∟フ 天_ └=ァュノ
                      下-‐"__ ̄`"''f_
                      /´ ̄   ハヽ`「ヽ| `ヽ、
                      /\        | 、ヽ ,ヽ
                     ,イ\、        |==彳 |







                   ,-‐‐'''ヘヘ、
                  /辷_____゙ ゙ヽ
                 ji  l二==、\ |           _∩∩
                 「 リ ヽ、 _ |,'^│        ---二三(◎)      えぇい、もう遅い! 命令通りに脚を狙って行動不能にさせろ!
          __,, ― 、_ r/ ノ  '''''"'''ヽ/  _j'エ゛ ̄::~'''::::::-::'::::::□
         /     `': ト、__i_ (O) 只 ヘy‐''"::::::::::.._/二⊃_ --‐"        女の方は殺しても構わないと指示が出てる!
         ./‐‐--、_ ヽ、ヘ 、"'//(O)、__..-/^/     lノ'´
         {::::_..r'´l   \,,\,;;;;「 ,---‐' ̄ '" l__,./
         弋′   ,-‐‐">--‐ニ.回口田田,-‐"´
         ./ヘコ 、 :(::::::::::ノ /::::|       /  ヽ、
         ノ ?U  `'''ゝ、ノ  ヘ::::ヘ  _ .,-‐'´ヘ .. ../ヘ、
        │ '、     〈   ヘ::::ヽ-ム......__,, l'´::::::::::::〉
        ││       ´"''''‐‐‐‐iク′     `''─‐′
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃数分もしない内に橋が見えてきた。懐中電灯の明りが二人を照らし出す。

┃橋を警戒するように待機していた二人は、制止の声にも応答しない二人を
┃見て、やむ得ないといった様子で銃を取り出すと、躊躇なく引き金を引いた。

┃直ぐ傍を弾が掠めたが、殺すつもりはない様だ……


4166 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 22:21:58 ID:FiFLLT1g0
.         二二二二二二二二二二┌ ┬‐v─ v 、//////////> '"二二二二二 \'/////////
.         _________∠| / /   / .〉-、///> '"────────_>ァァ77777
.         / }─〉////////////////,L.{__∧_/ーヘ }} "二二二二{`'ー'"~ ̄ ̄`77//∨∧/////
.      {_/ /く>く>く>く>く>く>く>く>く>く>く><>// //~~~~~ }77/     {{// ∧∨/////
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'ー‐< ̄ ̄{二´ /────‐ ////   ....::::: `∨//∧∨////
           ────────── ̄ ̄\フ´─────‐ `¨¨7  / ///\.'/∧∨///
         二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二゙'ー'゙ー'^'ー'ー'゙ニ==-\__`\_
.       ────────────────────────────/'//////////,
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃それが命取りだった。視界不良の中、走り迫ってくる人間の足を狙うなぞ
┃難しい事だ。弾はすぐそばを掠めるだけで走る二人には当たらなかった。

┃互いの距離がどんどん縮まっていく。すると、それまで繋いでいた右手を
┃離すと視界の男は懐から短刀を取出し、走りながら抜くと鞘を捨てた。

┃視界の端に刃紋が映る、女性を置き去りにし、切っ先は真直ぐ橋の二人組に向いていた


4167 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 22:28:54 ID:FiFLLT1g0
           ___/⌒\           _
         ┌‐'´        \___/::/〉
      //.       i   :| l____/::// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニ=-
    / ̄{.     ‘,   |    :|/////::/∠______________________二ニ=-
.   ///,∧ ‘, ‘,  :|    :|///:://                           __二ニ=-
  {////∧ ‘, ‘, {   :|/::/∠_________________二ニ=-
  乂//// \ \ ‘, \  |::::::{/
      ̄ ̄ ̄`¨`¨¨`¨¨´`¨└‐'
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃手が触れる様な距離まで近づくと、男が銃を棍棒のように振り下ろしてきたのを
┃空いてる左手で受け止め、残ったた右手が素早く伸び、男の喉へと短刀が突き刺さった。

┃一拍遅れて差された箇所から血が吹き出ると、傍にいたもう一人の男が
┃銃を捨て、取り押さえようと飛びかかってくる。

┃首に突き刺さったままの刀から手を離し、男の腰にあるホルスターから拳銃を
┃手際よく抜くと、男に向けそのまま引き金を引いた。しっかり3発、胴体へ向かって


4169 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 22:34:07 ID:FiFLLT1g0
                       ,ィ劣王ミ::、..___
               ,...._    寸圭圭圭圭圭}
             r:升圭少    ``x圭圭少´
              `¨´             ̄   ___
         <:少        ,..xュュュュ、       〈圭圭心,
                 {圭圭圭圭圭圭ヽ    ̄¨¨¨´
             __........__寸圭圭圭圭圭リ
  ,.......xュョョュュ.、,....ィ升圭圭圭圭圭圭圭圭少
  `寸圭圭圭} 寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭K._
    `¨¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}
      {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
        {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心
        寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ
               ̄
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃流れ落ちる血に手が染まっていくと、それまでの喧騒が過ぎ去り再び静寂が訪れた。

┃目の前の二人は既に息絶え、死んでいる。首から短刀を力任せに抜くと
┃べったりこびり付いた血糊を死んだ奴の服で拭い取ってから握り直した。

┃そして、後ろにいた女性の手を再び掴むと、また二人は走り出した。


4170 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 22:38:53 ID:FiFLLT1g0
             ,yvvイイイイソハvvr
              ,yソyツツツツツツツツツノィ
          トミミヾヾヾ'ソ'ツツツ彡彡メメ
          ミミミ`゙゙''khゝ''    彡イイ
          ミミ    `ソ   ∠__ヾ'y-ソ            見事な腕前だな、まるで慣れているような手捌きだったぞ。
             `ミ>、___  r''fテシ´ {{ソ l|
           ミヘヘ'''叨 l         oノ             ……ほれ、何時までお前は泣いておるのだ。
           ヾヽ   l__      l|..\、
           z‐| ヽ、 ー-‐'   / l| ヘl `ヽ___         実の息子が頑張って人を殺めておるのに……全く
    __,,-ー辷二/  l ヘ'シ>,、   ィ´ i. ヾソ    Yゝー、__
    }>ー-、 /   .ヾ/  , l`゙゙´   ヽ      \  `ォ、
    ∨   z´__       |ー 、  -ー }        ヾ、´ /
    ヽ    ヽ、__ゝ、   |        :l    __,y-''' ´ 〈
    ∧        >  .l       }  .r''´ー''´   ./ ヽ
.    ノ ヽ、  zー'''゙゙´    ',      ノ   ヽ、    /l  ヘ
    /  |レヽ  `ヽ     '、  .  /      ヽ、  /.l|   ヽ
  ./   | l´ ヽ   \    ヽ l /       _,,-ー少  ||    ヽ
  /   .| l   丶 __ヽ     ヽ|/    /__ノ   ll     ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃突然、あの男が現れた。いや、女性だったか……まぁどうでもいい。

┃此奴は仲間か何かなのだろう。足を止め、立ち止まるとゆっくり腰を下ろした。
┃今のところは安全な場所まで逃げおおせたらしい。



4172 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 22:47:44 ID:FiFLLT1g0
     yvvイイ从从イイイソハvvv
     ミミミアァアァミシ入从从九
    ミミミミツツツツツツ彡彡从从人                         もう、戻れないんだよな…… >
   ミミミツツツツツツ彡彡彡彡イイリリli
  ミミミツツツツツツ彡彡彡彡彡リリリli             当たり前だろう。誰彼かまわず切伏せたのだ。
  ミミミツツツツツツ 彡, ィ彡V f^Yソソリi
 ミミミ'ソ''ソ'ツ ノ`Y彡 彳{{ソ  .l|Vリ 入             ほら、少し休んだらまた走るぞ。すぐに追っ手がくる。
(((('ソ'ツツ ,∠,,,','.   `Yチ oノ li  l \,
 \ゝ''、  jk勺"     .ヽ ! \ li_ ノ li ``'"⌒ー──‐-
   `ソヽ,' "         |: ヘ.l == _li_  \.    r',ニ二             ……逃げる手立ては? >
     l :_         ノ_\ソ      ⌒\、i   ノ/二ニヽ
     └ '7__,,ィコ     ' ⌒`        _,,_ }  //___         既に考えておる。心配するな
            `i,  ,/⌒ヽ,_        ̄/  .厶-──
          |/ ̄/    `l       /
      ,_-─--‐'´        |ー 、  -ー  |         /〃
       _二エニ=-         |    :     |      ./〃/
     /            |    :     |      /〃/
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃疲れた体に鞭を打って立ち上がると、来た道を振り返った。夜も段々と明け始め
┃既に暁と呼べる頃合いになっている。

┃まだ泣き止まない女性の手を取り、二人はもう一度走り出した。

┃血に塗れた手で、この世に残されたたった一人の家族を連れて。


4174 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 22:54:30 ID:FiFLLT1g0
                   _
                 ,r'´ヾヽ、
                 ,' ミミミヾ、ヽ.
                ,' __ミミヾミミ',
                ,' `ミ三ミミヾ、',.
                 ,' 彡 三ミミミヾt',
                ,'ニ'´-=ニ三ミヾミ!,'`,
                ,',:,;:: ‐-ミミ、、ミヽi,; : '.,
              ,'Y⌒:: 二ミミi、ミ、! : : : t., ., ,.. .,,_           _,.r'ニ=''ヽ   ゴロニャーン
            ,'i'': :!,r' )、!ミミi!': `: `:`: : :' : ;:: ;;: `ヽ.     _,.、‐ニ´-'´三ニ、 !
               i:;;' : ,彡 ミ` i : `:`: : : : : : : ;: ; : ;. ;.; '`ヽ、,.、-''´,r'三三ニミミ、、 /        ……あ、目を覚ましたぜご主人!
            i: : : `:`:`:`:`: : :`: : : : : : ;' :; : ; ;: :,: :;, : `ー.、,r'彡三ミミヾ、` /
            !: : : : ; ;' : ; ; ; ;、、: ;;: : ;:;:' : ;: :: ;: ;: ':;: ; :' :' :':'r'r'三三ミミ、``/
             !; , : ; : ;' ': ; :, :, :.ヾヽ、:'' : :/ ; ;: ; : : ;; :' :' :':' :' :':'彡二`ミ、 /        いやぁ、どうも兄さん。夜分遅くに失礼しやす。
           i;: ; :, ;': : : : ': ; ; ; ; ,:`ヾ,Y i ; ; ; ; ;: / : ;; : :' :' :' 彡'´``ミ、/
     _,.、--―-i;、;_': :' : : ;, ; : ': : ; ; ; ; );,: ; : ; : ; ,i' :' :' :' :' :' : :三=' ,r))/         とりあえず構ってくださいな。
  ,.、-'´,r==''`=‐t- 、ミ‐ 、;:;:;: ;,r' ' : :. ;:, : : ; ; : : !,r',ニニニ=、, ,r'/彡 /
    ´    _,..、-i,-‐‐-、ニ=.ニミ ゝ、.   i;;_;.:_: ; :, :.!'´ ,,.;: : : ; ; ,:; :. : 、_ノ
     ,.r‐'´    i、;_;_,.;._二ミ、( : : : : :<'`ー、_,.., ノ;: : : : ;. :' :, ; ; ;, : : ,!
     /     ,,..r''ヾ.; ;,r-‐‐--.i : ;  : : : i; ; ; ; ;,ノヽ; : :_;_; :_: :_ !;_:_ノ
   /     /   ,.r'ヾ.,:; ;,.r'´/ゝ、.,___.ノ!;,r'´;, :, : : `)ニニニニ二ニ-‐_ー‐‐----、、....,,,,
       /   / ,.r'´: `ヽ、/,! ,! ,: : :`ー-入:、:、ヽ.,メ三x-'´ニミ‐- 、.,__   ;:;: ;:;:'': : ;;:; : : : :
       /  /  メ:、:、:、:、:`ヾ、.,_: : .: .: :. :.:`>弋´、,r'`ー- `ー-、.,__``ー-  : :;;:  : : , ;:;'
          ,r'´=三:、:、:、;、: : :' :' ``ー-‐''"´;; ;; :;ヽ、;: ; ;: ; ;'; :' : : : ;.' : : : ;'; : : ,;: ;'' ::
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃と、言ったところで不意に喰らった猫パンチで夢から覚めた。目の前には
┃見覚えのある猫が胸の上で佇んでいる。ずっしりとした重みが不快だった。

┃右手で首の皮を掴みあげると、そのままベットの端の方へと放り投げる。



4175 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/19(火) 22:55:25 ID:5n7bHCOI0
ぬこwww毎度毎度お前に癒されるよw

4176 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/19(火) 22:56:44 ID:UyOwZK6o0
まだ三味線にされてなかったか……

4177 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/19(火) 22:56:52 ID:.HpUpIhQ0
このぬこの憎めなさは異常www

4178 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/19(火) 22:57:14 ID:SSmjdiz.0
あぁぬこって事は……


4184 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 23:02:57 ID:FiFLLT1g0
           , -、
           /:.:.:.ヽ
          / :.:.::ミヽ
          / :.:.::.:ミヽヽ,.,.,.,.,.,_
          i Y ::ミミヾヾ}:.:.:.:.:.:.:.`:''ー,、,,,.,..,.,.,.,.,.,_,__,_,_    ウニャーン
         /   ムミ,,ィ'''""""""'ミ、:.:.:.::.:.ヽ:.:.::.:::::::: ,イ
       ,ィノノ彡彡         ミ:.:.:.:::::::::..:.:.:__/ミ
      ィミ: .: .: .: .  : .: .: .: . ミ)_ノ:::: ::::::::::::_,,,,,,,ミ/
     ィミ : .: .    ミイ'"""""::::   :::::::::彡 _ `ミ       にゃにをするんですか兄さん。
    ィミ: .: .      ミ: .: .   \::     :;:::V"  _ ミ、
   ィ彡: .: .     ミ: .: 三ミ   i:::.... ,ィ'" ヽノヽ("   ミ      あっしのラブコールを仇で返すだなんて!
  ィ彡: .: .      ミ三ヽミ::: {:::::::::i ィミ (::ノヽ  ジ
  彡: .: .: .       ミ 、 \::::Yブ 彡: .: . ノ ジ
 彡 : .: .          ''ヽ  ̄ ̄ヽ;;ノ: .: .   ミ
彡: .: .              ゙''''-''": .: .     ミ゙
彡: .: .                       ミ゙







               _  -─‐-  .
            . ´           ` .
            /                ':,
          /    -─‐    ー‐-  ',          深夜に肉球で叩き起こされる方の気持ちも考えろって
         ./
        /     (  ● )   ( ● )  i
         ,       /   、   、   |                           でも気持ち良かったんでしょ? >
         ',        {     人   }   }
          ゝ        ` ‐-‐  `ー '    /、         …………
        /\                .ィ  ̄}
          /   \  ー- __ .。-<  ∠i                             あぁ、咽は、咽はー……ゴロニャーン
       /      \.  /       ‐' ´ .|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃プニプニした感触で頬をはたくなど、とてもいただけない。罰として喉ごろごろ
┃の刑だ、と言わんばかりにレイヴンはバルニフィカスの喉へと手を伸ばす。

┃辺りを見回してみる、まだ外は暗いままだ。時計を見ると時刻は……夜中の3時だ

┃一体何の様なのか。身悶えている悪徳猫に問質してやろうとしたところで背中に重みを感じる


4188 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 23:09:49 ID:FiFLLT1g0
                、
                     iハ                ____  イェーイ!
                /\ |:ハ            ,斤'三三三/´
               /: : : : ミ!: :|__ .= .-―-. = , _,:l三三三三./
      ___,/: : / : : : : : : : : : : : : : : : :.:.::\圭_三三/、
.       `ヾ=:_:_:_:_:,' : : / : : : : ,、: : : : : : : : \: :ヽ:ヾ三/三\
               /: : :/ : : : : : l ';.: : : :i; : :i: : \ !.: :',ー三三=ゝ      ヤッホーレイヴン。おはよう!
.           /i: : :/ : :ーxi_: :|  ';:_/!',: :|: :ヽ Y: :l!`ー<¨i
             i/!: :, |:i : : /_';:`i!.  'リ/ ∨}: : l丶!: i!; `ヽ: : :∧        今日もいい天気だね、飴舐める?
.            i! | /!从: :/ _>    ̄ ̄ |: ノ: i_: :/.  /: : : :∧
.            l/: !: :.〉'. 〃 rー ´ヽ  〃 lイ: : ! )' \/: : : : : ∧
          ,-<_'八.     | /  .',  /: : : :l/:::::::/: : : : : : :∧
            l__|:::::::';: i>.、  V    }  ;V.И/!:::::::∧: : : : : : : ∧
           ト、___!`'`'i:::> ゝ _,∠ ┤;;;;;;;;;|::::::/ ∨: : : : : : :∧
             ,' : : :|;;;;;;:i:::::!:::::::!::::_`´__::j/\;;/::::::)   .∨: : : : : : :∧
              ∧ : : :\;;!`v::::::::::::И,、N::::::::::::::::/    ヾ\: :∧: :∧
          l;;;;∨\: :`| `¨¨ト-┬┬‐┬' ̄::{      ヾ;;V;;;;;V;;∧
              ';;;;;;;;;;;;;;\:!   |::::::l::::l:::::::l:::::::::::::`、      ヾ;;;;;;;;;;;;;;;∧
              ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;!   ';:::::l::::l:::::::l::::::::::::::::::\       \;;;;;;;;;;∧








                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ
             ,'           l        ヽ             おはようレヴィ……まだ太陽は昇ってないけどね
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨

4192 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 23:14:46 ID:FiFLLT1g0
                                , ィ!
                           ,,  ≦三./
         `ヽ- 、             ィ三三三三/
           \:ヽ、      __ ,ィ!.三三三三/
            ヽ: :',  , . .'": : :__: : :>..、 i三三三/、ヽ
             /:ヽi: :iイ: : : : : : : : :`ヽ、`ヽヽ三三ソ 三> 、
            /: ,ィ:,-: : : : : ,、 : : : ヽ : 、 : \',: :',、三三三.>イ        ありゃ、じゃあ「こんばんわ」なの?
  、       /: : /: :i/: : : !: :i:i ヽ: ',、: :',、: ', : ',ヾ、:.!:',`ー‐'": : : :',
  ヽ、-ー'" : : : /: : :!: : : : !: :!:',  ',:',i'"`ヽ、!',: ! : :',!: ! : : : : : : : : ',       なんか中途半端な時間だよね、3時って
    `ー―‐"/: : : i: : : : i ヽ',、,  ',iヽ__ノ i! リ: : : ',、!: : : : : : : : : :'、
         ,': i!: : i: i!: : i!´`ヽヽ     〃', : : : ',! ヽ: : : : : : : : :ヽ
         !: ハ: : i: !'、: iゝ- '         ', : : : ',  ヽ : : : : : : : : ヽ
         i:,' ',: :Y'、:ヾi 〃    _     ', : : : ',- 、 ヽ,: 、: : : : : : \    /|
         i!   ヽ: !: ',: i、     ヽ、ヽ    /',: i,、 i',:::::`´:::::::|、: : : : : : \ /  !、
            iヾ: !ヽ:ゝ、         ヽ:',;;;;;;;;;',::::::::::::::::::::`ー―‐、―'、 //
               !: :',!: :ヾi: !: ! ̄_二フ'、   i:::',;;;;;;;;;',ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::)三 !  /
             ',: : ',、 r、ノ!: ! ,'::::::::!::::::\_ノ::,、'、;;;;;;;!:::ヽ::::::_____/_三ソ- '、i\
              ',: : ',;Y;;;;;;i,.-'::::::::::i::::::::r‐'`_〈::::ヾ;;i::::::::',´     ヾー-`,;;;;;;;;;;;;;;\
               ',: : ',;;;i;;;;;i::::::::::::::::!::::::::ゝi_iヽノ::::::::::::::::::',         \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                ',: : ヾ!ヾ;!、:::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',          \;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;\
                 ',: : :/:::::::`ー、_入::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、            \;;;;;;;;;;;;;;;',ヾ;',
                〉'::::::::::::::::::/、  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ __           \;;;;;;;;;;;i ヾ、
         、ー- 、 / !:::::::::::::/: : :!',    ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!_ソ        ヽ;;;;;;;!   )
          >- .ヽ三≧、,:/、: :i;;ヽ!;ヽ  __|:::::::::::::::::::::::::::::,.ィ-':::,-ゝ,.、           ',;;/
          `ー-ヽ三./ ヾ、ヽ';;;;;;;;;;;ヽゞノ ̄`ー' ̄ ̄ヽ:::::/`´ヽ;:;:;:;:ヽ、       !'
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃寝間着姿のままベットの上で飛び跳ねるウィッチ。一見微笑ましく、可愛らしい
┃と思えるだろう。深夜三時という事を除けばだが

┃アホな事で頭を捻っているアホの子に溜息をつきながら、とりあえず話を
┃聞いてみる事にした。


4193 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 23:19:59 ID:FiFLLT1g0
                     ヽ、
                          }:l
                     ,   |:.!
                     /:',  i: |
         \ー. .--. .―: :': : : :', /: :!
           \: : : : : : : : : : : : :V: : ノ
            \; : -―‐: : : : : : : 'ー―. .-. . .
.              /:_:_: : : :/_: : : : : : : : : : : : :_ヽ
          /:.//: : : / : : : : : ; : : : : : : : : : '; :ヽ          んー? 一緒に寝ようかなーって思ってね。
         /: / /: : : :/: : /!: : : :/}: ,、: : : : : ヽ: :!: : l._
          /´   /: : //!:ー/、|_:_:./ | |_l:__ヘ,:-- '; |: : :i::ヽ        ほら、僕の枕持ってきたから二人で寝れるよ?
             i: /! /.:|: /  '; :/   !:| .V .'; : !l:| |: : :|::::}
              |′ |: : :,'!'. ○V    リ ○ ∨:リ.:!: : :}::/:!
              |: ;',' 〟        〟 /: : :|ヽ/:/:::!
              i/人     、,、,     /: : : lノ::/::::;
             /: : : :ト .             /: : : : i:::/::::/
              /vヘ/!:::::::≧ -- ― ≦ ,'|/∨';!:::::::/
              ,;;;;;;;;;;;;/:ヽ::::::::::::::>:´::::::::!;;;.;;;;;;;;;;;}::::_彡
            {/!;;;;;;;/::::::::::::::::/::::/:::::::i;;;l!;;;;;;;;/:::::::::::',
            l! ';;;;;;;{::::::::::::/::::/::::::::::::::Ⅵ;;;;;/:::::::::::::::',
              〉、!:::::::::〈::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::::',
             l:::::::::::::::::::\::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
              |:::::::::::::::::::::::::\::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
               |::::::::::::::::::::::/::::/\::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                |::::::::::::::::::::/::::/::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
               |::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ウィッチ用の天幕にあるベットから引っ張ってきたらしい。と言う事は、彼女は
┃わざわざ天幕から抜け出してきたのだろう。

┃ごろんごろんベットで寝返りを打ちながら鼻歌を歌う彼女は子供らしいが……

┃ウィッチと一緒に寝泊まりさせるのは(貞操観念的にも教育的にも)色々と不味いと
┃いった理由で分けさせたのに、これでは意味がない。


4198 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 23:24:09 ID:FiFLLT1g0
                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´       r  .l
        .|. U   =≡=   =='' ',          いや、個人的には一緒に寝てもいいけど……
.          ',             ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ          んー、なんだかなぁ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |







           , -、
           /:.:.:.ヽ
          / :.:.::ミヽ
          / :.:.::.:ミヽヽ,.,.,.,.,.,_
          i Y ::ミミヾヾ}:.:.:.:.:.:.:.`:''ー,、,,,.,..,.,.,.,.,.,_,__,_,_
         /   ムミ,,ィ'''""""""'ミ、:.:.:.::.:.ヽ:.:.::.:::::::: ,イ
       ,ィノノ彡彡         ミ:.:.:.:::::::::..:.:.:__/ミ
      ィミ: .: .: .: .  : .: .: .: . ミ)_ノ:::: ::::::::::::_,,,,,,,ミ/       兄さん兄さん、ちょっとこっちに耳を貸してくれやせんかね?
     ィミ : .: .    ミイ'"""""::::   :::::::::彡 _ `ミ
    ィミ: .: .      ミ: .: .   \::     :;:::V"  _ ミ、
   ィ彡: .: .     ミ: .: 三ミ   i:::.... ,ィ'" ヽノヽ("   ミ
  ィ彡: .: .      ミ三ヽミ::: {:::::::::i ィミ (::ノヽ  ジ
  彡: .: .: .       ミ 、 \::::Yブ 彡: .: . ノ ジ
 彡 : .: .          ''ヽ  ̄ ̄ヽ;;ノ: .: .   ミ
彡: .: .              ゙''''-''": .: .     ミ゙
彡: .: .                       ミ゙

4199 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 23:28:08 ID:FiFLLT1g0
                               .,.,.---、
                           ,,.,.ィ''´.:.:.:.:.:.:./
                         ,,ィ'´,;,;ノ;:;:;;::ノノ.:/
                      ,.,.ィ'´.:.:ぐ;:;:;:;: :;ノノ;;/              兄さん、最近シュテルの姉貴に構ってばっかで
              ,.,.,.、ィ''''´`'''´/  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ.:.:.:/
          ,.ィ''''´´.       ミ   .:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.`;              御主人とあまり一緒に居ないじゃないですか?
     ,、,,,,、,ィ'´   ミ  ミ  ミ   、 、、  .;.;,ヽ、 .;.;.;..}二ニー---、
 、、'ミ`..;.;.;.;.;.;.;.;:             ミ ヽヽ   i●}.:.: (, -、:. );:;:;:;/       そのせいでいっつも寂しい寂しい言ってまして……
三.,.;.;.;.;.;  ,.;.;.;.;;           `ー''''、ミ ー、ヽヾ `'   _(.:.:. / ̄
_ .:.:.;.;.;.;.       ミ  .:.:      ミ、.:.:.{ ヾヾ   '●/. : /
彡.;.;.;.; .;.;.;.;.;     ミ、.:.:.:.:: . : .: .: . :.: 彡ヽ::\_,.i_;;;;ノ.:.ノ.:.: /: : : : : :
  .;.;.;.;  .;.;.;.;    ヾヾヾ、;:;:;:;:;:;:;:;:;ィ'''''''''',`ー--'''''''´.:. .:ミ : : : :
彡  彡      ''` : : : : :ヽ : ::ミ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、ミ- '´ : : : :
.:.:.:   、   、 ノ ヽ : : : : : :ハ`ー;-ヽ-'-'-'-''''´´´゙.:.:.:. : : : ::
     ミ  : : ヾ: : : : :: ヾヾ`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
ミ    ミ : : : : : : : :: : ノ`.:.:.:.:.:: : : : : : : : : : : : : : :








               ,  - ──  、
               /         \
               /      ー- 、    ヽ
            /ノ          し   |           あー、確かに。最近はスタークス少尉につきっきりだからなぁ
             |      (ー‐)      |
             |( ● )     〃    l
             |〃      ,      /
          , ヘ   (_ノ`ー'      /
           ,/   >-ヘ-ー―   <_
      ,.. '´   /ー:::'7.  |o   ,/::::/ ̄\
    r'"     ィ    /│  |   /:::::/  〃⌒ヽ、
    |    / |   / .|  |o /:::::/  /     \
    ゝ--<!  l  /::::::: ̄ ̄ ̄:::::/   l        ヽ
        ヽ__>-/::::::::::::::::::::::::::::::|   |         ノ

4206 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 23:33:54 ID:FiFLLT1g0
                                     .:'"´;
         ,..,..                     , .:'.:'  .;
.          ゙;'"゙.:.. 、                ,. : ´.:' .:'  .;
            ゙;  `ヘ:..., ,,.... .., ,. ,. ,.  .从ゞ':' .:'   .:;
           ゙;`ヾ、:}.:, .:, .:.:.,: ,: ,: .,: .:火"´,' .:;.   .::,           いやぁ、ですからね? このまま御主人が暴走して
            ゙;`ヽr':, .:, .:, ,: ,: ,: .,: .´ .:.爻x'"´ ,;   {
            ゙;.:.メ;, :, .:, .:,  ,: ,: .,: .: .:. :.: ..... ヽ.,;.. .,.,ノ           一線を踏み抜く前に、と言う訳ですよ。
            ;iツ: :. :. :, .:, ,: ,: .: ,:._,;, .:.:.:.. . :. :. :. ..`〃
            ;ん:_:_: :. :, ,: ., '"¨“:,:,:;.:ゞ゙゙ ''*ミ;,:,:,:.,,.. .:{            溜まったガス抜きに付き合っていただけませんかね?
             ;ツ´ ̄:¨ヽ:.:.:.:.:{!.:.:;.;.;.;.:,.'. . .  .:. ..,.,:,:爻,..ミ
           キミ.:...,.:゙ rー‐ァ´:.-=ニ  ̄ :: ,. -:;.:-ミ:. . 爻, ,.。*'゜
    .,.,.,., .    ゙ミニ=-  マ_ソ ー=ニ ..,, :."´:. :. : .: .: .>'"´
 r'"rヘノ゙ヽ:.゙.:.   ヽ¨´  '⌒ヽ .,.:'" .: .: .:.:.... . ''゙´
 i: (ヽノゝ-'ミY:.:':,、   ツー-ミ:. .. ,.:゙  .: .: .:.:...,, ''´
 }:.rー:{   r' :. :.: ;`ヽ{:. :. ...ヽ,": .:. :. .、.:.r'"´
. ',.ヽ人__,,ノ: :. :.:. ;. ゙ミ:. :. .. { .:. :.:.ィうr'
  ゙ヽ:,:,:.;.: ;.;rァ :. :.. :. .:.゙ミ:.,,.。*乂ゞrァ:,ィノ
    ゝ:'.':.´:.,: . '"´ ̄´
    ,.。*'"´´







                    ,:.、            ,....-..、    ,.-.、
          ,.-.、     ,:|:::::\._         (:::::::::::::i   Y:::::::::`t
            |::::::::':、,..一:::|:::::::::::::::::....,      /::::::::::::;'  ,..:':::::::::::::::::)
              ';::::::;.:'::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::':...,  /::::::::::::/,...:'::::::::::::::; 一
           Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y:::::::::::::::;...:'::::::::::::::::/              お願いしやすよー旦那ぁ
               |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;':::::::,...:':::::::::::::::::::/
             ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;',...::'::::::::::::::::::::::/                  あっしのこのラブリーな毛並みに免じて、ね?
               ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::/
              ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                 ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
                  ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.'
                 ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.'
                 ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.'
                ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.'
                ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.'
           ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.'
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃本人は懇願しているつもりなのだろうが、肩によじ登って頬ずりしてくる猫の
┃お願いと言うのもなかなか奇妙な物だろう。

┃↓5      1.仕方ない、その毛並みに免じて一緒に寝るか……
┃         2.もっと他の方法はないのか? 流石にこれは……



4211 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/19(火) 23:35:29 ID:.HpUpIhQ0


4220 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 23:41:55 ID:FiFLLT1g0
                         /:/
                      /: :/
                        |: : i
   トx                   人从  /\
.    Ⅴ二> .              \∨. : :.:\
     マ二二ニ> .   .  - ── -<. : : :_:_: : :>‐‐=≠ァ          やったー! よし寝よう。すぐ寝よう、今すぐ寝よう!
      寸二二二ニ>´/. : : : : : : : : : : :`ヽ. : : :`ヽ.: : : :/
        寸二二/`∨: : : : : : : : :.:.ト、:.ハ : :\: : : :\X
       ∠二 7. `∨:/. : :./ :: /: : :! ∨:.∧:_: : ト、: : : V         |
    r 、「`V Y/|:ト、/ /. : :./\/: : :.:| }/ :ハ: : :}ハ: : :.:i        _ 人 _
   ∠ト、   ! }/j:j: :.∨. : ://⌒ヽ、 :..| リ/⌒ヽ: :ハ: :i: : 从/Y/)     `Y´
 ∠斗ーァ    ∨: : :/!:l: :.| 乂 _ノ \j.  乂._ノ∨ i: :!:./:ハ   フ     |
    〈入.    \∧l人i:|/j/j/j      /j/j/∨: :|/    く
       |`\   \|: :从   「  ̄ ̄ ̄ |    ノ:.:.:|    r‐‐ ’
       |: : : :\    !: : :∧.  乂     ノ  . イ.: Ⅵ  /
       |: : : : :/\ .从:/ ∧ _      <! ト、: :!/
      .' : : : /   \ }': :' :∧\\て7 /´l:.| | |N人
.     /: : : :/    / .斗トv/:ハ: :.\∨/: : l:リ レ///ハ
    /: : : :/     \ 从////!: : : :`´: : : i/斗く| // i
.   ∧jYi./     /⌒ Ⅵ///.リ. : : : : : : :./ |:|:!/ //.リ
   ////∨   /´:  ̄ j:|// /. : : : : : : :./  j:从.//./
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃仕方ないといいつつも、まぁ内心悪い気分では無い。何度か雪華綺晶とも
┃寝た事があるレイヴンにとっては誰かと寝るというのは安心できるものだと
┃知っているからだ。それがレヴィになったところで、何も問題は無い。はず。

┃いそいそと彼の隣に潜る少女、いつの間にかルシフェリオンが消えていたが
┃暑くなって抜け出したのだろう。この前ベットの下ですやすやしていた


4224 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 23:48:55 ID:FiFLLT1g0
                  __
              -=二 _: : : : :`>. .―― ー― .. .、
           -――― '´; : : : : : : _ : : : : : : : : : : : : : :`ヽ― -.、
             `ヽ : : /: : : :/´ : : : : : : : : : : : : : : : : 、:ヽ'- 、:ヽ
              |>'´/: : ://: : : : : : : : : : : : : : : 、 : : ヽ :!ヽi:i`ヽ
               ///: : : /': : : //: :/: :|: ,イ: : :ヽ: : : ヽ : : !'{i:i:i、i:i:i:i〉
            /,イ:i:/: : : /イ: `://: :/: :/|:/ |: : |: :,X´ : !: : :!:{i:i:i:i:i:r'ヽ
             /'  !/ : : : ' : !: : i/`ヾ: / |' }/,レ'´ヽ{:、: |: : :|:!i:i:i:i:i:|i:`ヽ
            //イ: : /: : |:. :{「芹㍉、   ィ芹斥、i:,': : /:|ー- ´i:i:i:i:i:〉        んー、こうかな?
            `>、i:i|: :/!: :/i∧{ r'::::::!     r'::::ヽ }〉 : /: :|、i:i:i:i:i:i:/‘.
           /: , ヽレ': レ' :': :トヽ‘ー'      t::::::ノ/: : /ヽ: ! ヽi:/: : : :‘.        いや、やっぱりこう?
          /: /: : : : /: : /'|//// _ '_  /// /: : / / : !、: `: :\: : : ‘.
         /: /: : : : /:_: イ: : /ヽ   !'   !  / /:'´| : : : ‘、: : : :\: : ‘.
        /: /: : : : : /r'´/: :': : :/: : :>。 ゝ ノ  イ: :/ : : : :!: : : : : ‘、: : : : \ ‘.
       ,.' : : : : : : : : : ,{:‘ー―,―'_、 -―,- i` - ´ /: /__ .-―_、 : : : ‘、 : : : : :\!
     /: : :r-,--,-,_/ /` ̄ /`ヽニヽ: / 、 !    ゝ、:_: ゝ-'>ニニヽ、: : :‘、: : : : : : \
     .': : : 〈´! ' ' r'_/ : : : :/:∨ )ニ/: |   `   -―/: `r-r'´`Y:)' `ヽ: : :‘、: : : : : : : \
    .': : /: : ヽ      `ヽ: :/ : i '} !;_;_t、,、,、,、,、,、,、,、/ : /r'     !: : : : :\: : ‘、 : : : : : : : \
   /: : /: : : :/ `  、    ∨ / |  }'´,-,―‐,―- 、_ `z.,{,>,     | : ヽ: : : :\: : ヽ : : : : : : : :\
  .'!: :/!,/ : ,'   /:ヽ   ∨ ; ! ‘r': : ; : : : : : : : : : `ヽ`、!     |: : : :\: : : \: :>―_-、_>、iヽ
  .'_|:/ニ{/i,/   .': : ∧   ∨:i   i: : : : : : : : : : : : : ' : : `ハ    .! :/: : : :ヽ:>'´`ヽ'´〉 }`>r’ニ'ニ‘.
 .'ニ|'ニニニ |    |: :/ ∧    ヽ   !: : : : : : : : : : : : : : : : : ハ    ∨: : > ´  ヽ、_    /\ニニニ‘.
 !ニ/!ニニニ:!     |/!,、' ∧    ヽ 〉: : : : : : : : : : : : :ヽ : : ∧   _У´    /ニ!ヽニニ´!`ヽニヽニニ‘.
 | .' .!ニニニ:!     !ニニヾ ハ      }〈: : : : : : : : : : : : : : : ヽ/、∧         /ニ|:ニ| ‘. ニ:|  ‘.ニ !ニニ !
 |,' |ニニ|ニ|     |ニ|:ニニニヽ    r':、:|:、: : : : : : : : : : : : :ィ`7ニ∧    /ヽニ ! ニ!  ‘.ニ|  ‘.ニ!ニニ:i
 '  .!ニニiニ|    |ニ|!ニニニ|ニ≧/:/:`>: :' , -r: ― 、:‐:´:ヽ:`ヽ_ ヽ. _ イニニ |ニ |ニ |  ‘._|    }/!ニニ:!
    ‘.ニ |、:!     iニ||ニニニ|、./ :'´: ,: : :,: : ': : : : :、: : : : : :ー- 、: :`>ニ`ヽニニi ニ:!ニ:i   }'      |ニニi
    ‘.ニ| `     |ニ!!ニニニ>'ヽ: : :/: : :! : : : : : : :.! : : : 、: : : :、 : :r'ヽニニニヽ !ニ |ニ,'        iニニ,
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ピンク色の薄手な服だが、これが彼女の寝間着なのだろう。この間は
┃警戒態勢と言う事もあってレオタードの様な意匠だったがこれもこれで可愛い。

┃年相応と言ったところか。ぎゅーと抱きついてくるレヴィだが、調度いいポジション
┃がつかめていないらしく、何度か体勢を変えては心地よく寝れるポイントを
┃探している。


4227 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/19(火) 23:53:51 ID:FiFLLT1g0
               _  -─‐-  .
            . ´           ` .
            /                ':,
          /     __ ノ     ー‐  ',
         ./      -―       ―-
        /     (  ● )   ( ● )  i
         ,       /   、   、   |
         ',        {     人   }   }
          ゝ        ` ‐-‐  `ー '    /、
        /\                .ィ  ̄}
          /   \  ー- __ .。-<  ∠i
       /      \.  /       ‐' ´ .|
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉
////,'.: : : : : : : : : :|  |  | : : : : : : : : : : l;/{/////////\
///,i : : : : : : : : : :.:|  |  |.: : : : : : : : : : .∨////-一"///∧
///|: : : : : : : : : : : |  |  | : : : : : : : : : : : ゝ////////////∧
///i:.: : : : : : : : : : :|  }  |: : : : : : : : : : : : :{/////////////∧
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃とはいえ、5分近くポジショニング変更の為に動き回られているといつまで
┃経っても寝れないのだ。胸に頭を載せたり、ただ抱き付いたり。挙句の果てには
┃レイヴンの上に圧し掛かるような形で寝ようとしはじめている。

┃↓5      1.試しに腕枕でもしてみるか。
┃         2.自分から抱きしめる形で寝てみる


4232 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/19(火) 23:55:56 ID:F20Kgluw0
1


4237 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/20(水) 00:01:06 ID:YG6R1xEU0
              ⌒ヽ、
                : :\
      、              } : : }
      \` ー─── =ミメ : : ′
       \ : : : : : . -=ミ : :厶,_ _       ____
      <//>. : ´ : : /> : : : : : : : : \  //////,/           おっ……
.        /⌒ア: /:/:/ : :|: : .:i : : : : : `く//////
         /: :/イ : /|: :/|: : .:| \ : : ヽ | ∨77∧
         ∠/: : : : | :/>x人: : |x<\: :ハ! : ∨//\
             イ : : |/  ◯三\| ◯ Y}ノ|ノ: : :}><,ハ
.           レ八: : j|   三三三三. |: : |勹 / : : : : :|\
           { : :ハ八    △.    |: : |,ノ/}: : : : : :|











              ⌒ヽ、
                : :\
      、              } : : }
      \` ー─── =ミメ : : ′
       \ : : : : : . -=ミ : :厶,_ _       ____       うんうん、これはなかなか……
      <//>. : ´ : : /> : : : : : : : : \  //////,/
.        /⌒ア: /:/:/ : :|: : .:i : : : : : `く//////
         /: :/イ : /|: :/|: : .:| \ : : ヽ | ∨77∧
         ∠/: : : : | :/>x人: : |x<\: :ハ! : ∨//\
             イ : : |/  ◯  \| ◯ Y}ノ|ノ: : :}><,ハ
.           レ八: : j| :::::        ::::: |: : |勹 / : : : : :|\
           { : :ハ八     、,     |: : |,ノ/}: : : : : :|










                  ⌒ヽ、
                : :\
      、              } : : }
      \` ー─── =ミメ : : ′
       \ : : : : : . -=ミ : :厶,_ _       ____
      <//>. : ´ : : /> : : : : : : : : \  //////,/
.        /⌒ア: /:/:/ : :|: : .:i : : : : : `く//////             ……いいね!
         /: :/イ : /|: :/|: : .:| \ : : ヽ | ∨77∧
    _人_ ∠/: : : : | :/>x人: : |x<\: :ハ! : ∨//\
    `Y´     イ : : |/  ◯  \| ◯ Y}ノ|ノ: : :}><,ハ
.           レ八: : j| :::::        ::::: |: : |勹 / : : : : :|\
           { : :ハ八     、,     |: : |,ノ/}: : : : : :|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃横に腕を伸ばし、その上にレヴィの頭を乗っけるようにしてみる。

┃最初は枕ではなくなったので難色を示していたが、そこから試行錯誤した
┃結果、腕を枕にしたままレイヴンの身体に寄り添う形で寝るのが一番
┃心地よいと分かったらしく、ようやく静かになった。


4245 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/20(水) 00:08:30 ID:YG6R1xEU0
           、__                ,イ
            ヽ三.>、             ,イ:/      _
             ヽ三三>- 、 , -― - ..、 !: :!/:ヽ, ィ' 三 /
              ヽ./: : : : : `: : : : : : : : : : >': ̄丶.三三三/
           , -―/ : : : : : : : ,′ : : : : : : : : : : : : : : ヽ三三./         んー、レイヴンってあったかいねー……
          > 三/ : : : : : : : ,' : :  ̄フ: : : : :i: : : : : : : :i!三/
        i ̄ヽ、 /: : : : : : : :/: : : :/ : : : : : !: : : : : : : :i!.三\                   冷たかったら死んでるよ >
        ∧ /;;:>/: : : : : : :../ : : : : ヽ : : : : : i!: : : : : : : :i!、 三ソ
            ヽ/::/: : : : : : : / : : : : /: : : : : : :i!: : : : : : : i!: i、: : ! , ー、     そうじゃなくてさー、こう……気持ち的な意味でだよ
          ヽ/: : : : : : : /: : : : : :i!: : : : : : : : i!: : : : : : : i!:.!, イミ 、._/
          ,イ: : : : : : : /ヽ、 : : : i!: : : : : : : : :i! : : : : : : i!:::::::::ヾ三/
          ,イ: : : : : : :, イ::::::::ヽ、ィニ、、: : : : : :.i! : : : : : : i!::::::::::::/
          ,イ: : : : : : /:::::::::::::::::: ̄ ̄:::ヾ.、_.イ::ヽi!: : : : : : :i!::::::/
       ,イ!: : : : : :/、::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::i!: : : : : : i!,イ
       ./;;;;i_,ヘ: :/   ヽ:::::::::::::: ,' ::::::::::::::::::::::::::::::::i!、: : : : : i!
     /;;;;;;;;;;;;;,.'     i!::::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::/ イi!;;ヽ/\/!
    ./;;;;;;;;;;;;;/       i!:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/   i!;;;;;;;;;;;;;;;;;!
    /;;;;;;;;;;;;;;/      /::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::i!   i!;;;;;;;;;;;;;;;;;!
   ,';;;;;;;;;;;;;;/       /::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::::i!   i!;;;;;;;;;;;;;;;;;!
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃いかん、まだ5分も経っていないのに腕が痺れてきたぞ。少し焦っている
┃レイヴンを尻目に、ぽつぽつと話を繰り出すレヴィ。寝るまでの雑談と言う訳か。

┃それに加え、深夜だという事もある。辺りが静かで、二人の声だけがトラックの
┃中でやけに響いた……こう、何とも言えない心地よい雰囲気だった


4247 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/20(水) 00:18:09 ID:YG6R1xEU0
                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \                        ……レイヴン? まだ起きてる? >
             /                   ヽ
             ,'         l  l           ヽ       もうそろそろ寝るよ……
          l ____ノ  ヽ_____,  ',‐-、
       ,-''"|      `′       `′   .〃 .lヽ .'.,                    ……好きだよレイヴン、大好き。 >
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、   あーはいはい、自分も好きだよ
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨                  ……うん、好き。 >
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃少しずつ時間が経つにつれ睡魔が押し寄せてきた。なにかレヴィが言っていたが
┃思考の殆んどが睡魔に削り取られており、良く考えないまま返事をしている。

┃無意識なオウム返しだったが、それでも満足したらしく。嬉しそうに微笑むと
┃もう一度レイヴンに抱きついてから、ようやく彼女は眠り始めた。


4248 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/20(水) 00:20:20 ID:i.13Dcr60
>自分も好きだよ
おい・・・・・・おいwww

4249 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/20(水) 00:20:34 ID:1jt4ysDE0
ヒソヒソ

4250 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/20(水) 00:20:37 ID:CO6Pc6VA0
平和に終わりそうでよかった

4251 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/20(水) 00:20:54 ID:LHBn2GQI0
「ベッドの中で好きだって囁いてくれた」


4255 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/20(水) 00:24:51 ID:YG6R1xEU0



                   ,、
           、ー、/|___/;;|、   zzz
            > ~    `ヽ,'__\__      やっぱり、僕が一番……zzz
       /\_〃 ,レイ\/|八/ ハソ__;;;;;;>
    /⌒\_八/>   <//ぅ.|::::::::: ̄ヽ⊃
          ⊂廴__┌ヘ__⊂ニ7ヽ::::::::::::::::>
                ∠二彡' ̄¨~~~ ̄ ̄ ̄



┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃明後日に備えて自分も寝るとしよう。ブリタニアへ撤退するまで、まだ先は長い。
┃二人の夢を叶えてやるためにも、自分は戦い続けなくてはいけないのだ。

┃ライン川到着を明日に控え、レイヴンもゆっくりと深い眠りの底へと落ちて行った。



4256 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/20(水) 00:26:20 ID:5D.Lbr260
さらっと恐ろしい寝言を・・・w

4257 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/20(水) 00:27:05 ID:LHBn2GQI0
さて、誰が起こしに来るのやら。

4258 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/20(水) 00:32:17 ID:YG6R1xEU0
ん、今日はここまで……

明日はなんか違うのをやろうかな

4259 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/20(水) 00:32:26 ID:CO6Pc6VA0


4260 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/20(水) 00:32:59 ID:l4qnDCac0
おつー







関連記事
  1. 2013/12/01(日) 23:04:00|
  2. やる夫は欧州で試されるようです
  3. | コメント:1
<<【欧州】《第6話》18 | ホーム | 【猟師】Act5 -休日 12->>

コメント

わんわんしてるじゃないか(激怒)
  1. 2014/03/05(水) 23:37:26 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyarusp.blog.fc2.com/tb.php/955-84194372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)