FC2ブログ

やる夫まとめに挑戦

[糞ゲー] 02


143 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[sage] 投稿日:2013/11/06(水) 03:06:48 ID:aT3RLT1w0
両親は、やる夫の事をとても真面目で良い子だとしか思っていない。

子供は全員手の掛からない素直ないい子だし。同じ学校を通わせるのも、そっちの方が

色々と安く済むし、手続きも楽だから(実話)

参者面談しようがお宅の子は全員優秀で問題ありませんよ。将来が楽しみですねとぐらいしか


……うん、私だったら間違いなくぐれるな。もしかしたら魔が差して殴りかねん



187 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[sage] 投稿日:2013/11/06(水) 11:58:26 ID:Y6.139Xs0
部活や学業でも優秀な青年だが、人付き合いを避けているせいで家でもクラスでも孤立化している

姉妹は話しかけてくるが、それも無視……



一方、姉のバルクホルンは生徒会長で生徒先生からも評判が良く、学校交流会でのスピーチを任されるほど信頼が厚い、部活動では県の選抜選手、学業も一位


シャーリーも、姉と同じくクラスの輪の中心で成績トップ。

運動もできて、情報工学関連でも県の大会に出れるほどの腕前を持つ……




まじクソゲー

223 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[sage] 投稿日:2013/11/06(水) 15:11:07 ID:yO7Imn/s0
部活の奴らは全員、姉妹の成績に拍手をしていて次の大会が楽しみだと期待しており

教職員の連中は姉と妹の優良さに舌を巻き、そういえばと青年のことを思い出す

才能のある姉妹は恵まれた友人達と楽しく充実した学校生活を送り、

才能と運のなかった青年は、あの日と変わらず。そばに誰も居ない灰色の日々を過ごす。

あの日から自分のことを待っている幼馴染の気持ちを知る由もなく。



……いかん、学生時代のトラウマが……

224 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/06(水) 15:14:57 ID:gghBQtEE0
友達視点だと昔から一緒のどこにでもいる普通の子だった友達が
ある日遊ぶことをやめて勉強ばかりするようになって
それでも評価されないことに苦しんでるのを目の当たりにして、どんどん閉鎖的になっていって
中学になって毎日毎日走って練習して勝てなくて比べられて苦しんでて
ついには入学したばかりの妹にも3秒なんて大差つけられて
考えるだけで辛くなってきた

226 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/06(水) 15:24:58 ID:wmux85GM0
友人からすれば励ましてあげたいけど下手な言葉をかけても傷つけるだけって分かってるんだろうね
だから少しでも、周囲の目だけでもなんとかしようとメシを近い席で食べたりとか、涙ぐましい配慮をしてるんだろうし

228 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/06(水) 15:30:47 ID:3UiJtnOI0
つまり、姉妹を語る際の踏み台にされてるわけか。
マジで、狛枝 かクマーあたりの絶望組がウェルカムしそうな状況だな

229 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/06(水) 15:32:52 ID:fxVuj3Xo0
正直これで姉妹がゲスいならまだ救いもあったが、
普通に弟・兄を慕って一緒に居たいから同じ道を歩むのがな…


421 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 01:43:54 ID:IYHvwr220
一応、終わりは考えてある。これを終わりと言っては良いのか疑問だが……

まだシャーリーとかトゥルーデがヒロインしてないからね

422 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 01:45:46 ID:iNnA2IOk0
こっからどうやってあの姉妹をヒロインにするというんですか(震え声)

424 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 01:46:50 ID:lkeF1j2g0
あの姉妹ってラスボスじゃなかったんですか(白目)

425 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 01:48:18 ID:sIt2e6Os0
幼馴染ルートからの姉妹病み化だな!

428 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 01:54:10 ID:tYAMepkI0
やる夫が勝つと
「ようやく私たちと同じ舞台に立ったなこの時を待っていた」
「これで本気が出せる」
ってリミッター解除してくるとかのラスボスじゃなかったのか


429 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 01:58:12 ID:IYHvwr220
幼馴染、姉妹、etc……うわぁ、青年君の周囲のヒロインたち、なんだか凄すぎ……

ちょっことだけやろうかな

432 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/07(木) 02:06:30 ID:IYHvwr220
                    ____
               .. ≦  ....................ミ... .
             /...:.:,:.:.-............:.:.:.............._...>―- ..
             /..:.:./´...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄:ミ:ヽ ミ. 、
             / ..:.:/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..`ヾ  `\
           / /     ,      .:.ハ.:.:.:.     ヽ \   ヽ
         ' ./ ./  ...../....:.:/ .....ィ:..:/:}:.:.|....\ ........ ∧、..丶
           {/..:,.ィ ..:./.:.:/..:::,:イ.:./ レ'.:ノ:.:..ト、:.:.:.ヽ:.:.:.:.:: V 、.. ヽ
          //.:′7メ/:/::/./彡,ィi.:.:.:.:.: }::u\.斗-:.:ヽ:..',\ '.
.        /小::::| .:.:i.:.::/\斗'<::::.}:}:.:.:.://.:::/:ヽト::.:.:.:.i::...i  ヽ       こらっ、シャーリー!
        / 八V|..,.イ.:/ァ'了ぅミ-、ノ'1:.:;メ:ムイぅfヽ,.小:.:.:.:ト::.|
             _{(|.:トi:/八...ヒ:ツ::::::::::.};//'.:..ヒ.ツ ノ’ん}:.:.:.|ハ|         もっと真面目に走れないのか、お前は!
            く弐| | ト         ノ′      ' ム,:.}
       ,..イ..:,:八{ミ.ヘ u        ′       ム'< }:ノ
      /..:::/::/{L〉込.    ,. -== 、     八::::::..\
    //丁{{¨¨¨て7ー '7\  (     }  . イ___..≧z::ミヽ
.   / :/  l!  ̄ ̄`7   {{ ヽ>`.. __ . z≦ ヽ⊇三三ムハ:‘,
   '.:/′ |!    .′  八   \   /  }リ  ∨    }|ト',
    {' |   i!   i     ヽ  /丁\ /' ト、 i    .’ i:.| }}
    |  i!    |        `く  {   /  |!|!| |!   ,′|:.!ノ′
    |   i!   |          \.}/   `'┘ |ト、i::../  l!ノ
      }!   i! .:}ノ}    _, --<了⌒>ーヘ.,、   } ト':  |
    {.|    V:' ∨⌒ ′  ,..z≧十千≦z..、 `⌒ {'::::   {!








              _  --  _
           , - ´      `  、
              /         ヽ
         /   /             ヘ. ヘ
    _, イ/    //{  l   !       ヘ ヘ                       ちゃんと走ってるってお姉ちゃん!
    ̄ /   ///,j   /   ノ. }     ハハ
       'イ   7ナT´ l /^ー-くj,イ  |   i l |              , -、                  そんな態度で走ってるとは言わん! >
     |ハ  /! __  V / ノ'`ト、/ |   | ! リ           / )  / /
       Vレ} '⌒ヽ// _ニ=、 |/Y/   / l {        / /_ / / , -― 、   あっはっはっはっ!
        / / ''' r    ,,,,, ヽ ./  / } ハ i       〃  ノ   ー ´_ -―‐'
      〃 八  _      _,.イ_, イ} 从|ヽヽ    {  / {   ー──- 、
     lハ /ヽ  ゝニ ヲ   /″/ ノ i. | | ,ヾ   , -  -‐- _゛    、-――‐'
        V /.ヽ、       / /ノ  | l !    /: : : `ヽ、_ -‐ 、\
      _,-く  __ T二三≦-‐', イ|   | ヽ!   /: : : `丶、:\    `丶.)
 __≦ミー >彡'_ ― ≧ー- 、  |ヽ ヽ  /、: : ○: : l: : :/
|f: : :/ ̄イ―=ニ二ニ>’: : :/: : : : ハ  | \ .∨: : ヽ-ー ': : :/
.! /イ-‐: : : :iー,、_ro、ヽ: 、 /: : : : : : ヘ  !   y: : : : : : : :..:::/
/..::::::::::....: : : : :`v' /、: : :ヽ: : : : : : : : ::\ヽ /: : : : :....:::::/
::::::::::::::::::::::::.......: `ー <): : :::::ヽ : : : : : : : : :ーV: : : : :.:::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::....: : : : :.:::::::::::ヽ : : : : : .::::::/: : : : :.:::::::::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::::::::::::::::::.ヽ: : : .::::::/: : : : :.::::::::::::::l





放課後、新入部員を交えた試走会が行われた。妹が同じ部活に来たという訳なのか、今日は生徒会長である姉も参加していた

アップを兼ねてグランドを走っていると何処からか楽しそうな声が聞こえてくる……

433 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/07(木) 02:24:58 ID:IYHvwr220
此方は真面目に黙々とメニューをこなしているのに。と、腹の底から沸々と怒りが湧いて出てきた。醜い嫉妬だった

「俺は手を抜かないで全力でやってるのに、どうしてあいつに追いつけないし、あいつは俺の事を抜かせるんだ?」

初夏に入ったこの時期は、グランドは太陽の照り返しで熱された鉄板のように空気が歪み、とても暑かった。
基礎メニューより倍近い練習をこなした青年は湯気の出る身体を日陰に隠し水分を補給がてら休憩していると
後ろの部室棟のあたりから誰かの声が聞こえてきた……。










                /
              /'
             /::/-――――‐-...ー―ァ
            ,..--':::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\´
          /‐ァ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ⌒7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::.    あの一年生、凄いよなぁ……さすがはバルクホルン先輩の妹だよ
          .〃::::::::::::!:::::/:::::::|:::::|:::::::ト::::::::ヽ:::::::::::.
         /'|:::::::|::::-!::/_{:::::::{:::::i\::i-\::::::!::::::!:::!                            先輩のタイムと2秒差なんだろ? >
          i:::::::|l:::::i/_\:::ヽ::::. _)'__‘::::|i:::::|l::|
          {:::::::|l:::::「丐心 \i\{ 丐刃 }i::リ∨:!リ   そうそう、もしかしたら次の新人戦で新記録出せるかもって
            ヽ:::|i:::::i ヒz少      ヒz少 i/ }:::i′   顧問の先生たちもシャーロットに結構期待してるしなー
           )八从     ,       厶イi::リ
                `ヘ    __,   ..イ:::::リル'
                 )ト .       .ィルリノレ
              r―――}` ー‐  {i/---- 、
            }: : : : : : :\_. -: : : : : : : :.\
           __人: : : : : : i i: : : : : : : : : : : --〈_
         〃    \: : : : i i: : : : : : : /      ` .
         /:i        `介: リ:_:i´i:_:/         /⌒丶





       ,.. - '/
      /:::::/-――-- - 、_
     l:::::/´::::::::::::::::::::::::::::ヽ、二ニ-'
   / ̄:::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
 /,..::‐:::::  ...l.....:::::l::::::::::::::::::::::::::\ヽ
./,イ/ /..:::::::::::/!::::::::::l:::::l:::::::::::::::::::::::::', \                        そういえばさ、アイツはどうなんだろうな >
  /:::/::::::::::l::::ハ::::::::::::、:::、ヽ:::::::',::::::',:::',
  l:/l:::::::::ーl::/_,、::::::::::l-、:l´_、-:l::::::::l::::l        アイツ? あぁ、先輩の弟のことか?
  l l::::l:::::::lリ____ヽ:\::',-t‐,┐::!:::l::::lヾ!
   l::::l:::::::イ∨、/! \\:、^ハ! ',!:/l::::!                   そうそう、姉妹には普通に負けてるけどいいタイム行ってるんだろ? >
   ヽ::l、:::::l 弋>     ` ̄  /,イ::::l
    ヾ!\ゝ    '      ハ'/:l'/         んー、でもなぁ……記録で見ると姉妹より下だし、男子の方なら上位狙えるかもしれ……
        ハ、   _    ,.イ::/ リ
       _,...-゙ヽ- ‐,-`-- ´、l/
      <: : : : : : : : :||: : : : : : :`丶、
      ゙}: : : : : :.:.:.:||: : : : : : : : : /





部室で休んでた同級生と上級生の奴等だ。殆ど事務的な会話しかかわしたことが無かったが……彼らが言っている事は最もだ
自分より、あの姉妹は速いし、自分より、あの姉妹は期待されている。自分がどんなに頑張ろうとも、あの姉妹には目劣りするし
自分がどんなに頑張ろうとも、結局は……

その言葉を振り払うように立ち上がると、まだ十分休憩してないのに青年は走り出した。姉妹のが優れていて悔しいからでは無かった

そのまま、今の話を聞いていたら気が狂いそうだったからだ。走り出したその後も、その言葉は自分の頭の中を巡っていた

444 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/07(木) 02:39:36 ID:IYHvwr220
姉妹の方が優れている。先輩は勉強も出来て、県の選抜選手で素晴らしい。妹は始めたばかりなのに、姉と同じで才能がある。

それに比べて弟の方は……。兄より妹のが成績が……。

呪怨のような言葉の羅列が頭の中を駆け巡る。妹が一年生になってから既に2か月が経過していた。優秀な姉妹の話は学校中で
話題となり、何処に居ても彼の耳へ姉妹の話が入って来ていた。自分を咎めるような言葉はない筈だが、既に彼の心も平常では無かった

自分自身を無意識に攻め立てる様な状況においても、彼はずっと走り続けていた。日が落ちてグランドが真っ暗になった後も

姉妹を追い抜かすために。ただそれだけを目標にして人の倍の倍もある練習メニューを毎日こなしていた。






::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::  ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::..    :::::::::::::     ::::。::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::  :::: ::::::::::::::::。::::::  :::::::::::..... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .:::::::::::::   :::::::::::::::::::::::: ::::::::。::::::::::::::::::.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......      ゼェゼェ
:::::::::::::::::::: ..::::: ...___:::::::::::::::::::: ..::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::
:::::: ..::::: . ..::::: /::::::::: .  \:::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::      ハッハッ、……あと、4秒、あと2秒で……ハァッハァッ、ヒッ
  ... ........../::::::::::::    `゚ o:。.. .... .. ..... .... .......... .. . ........ ......
  ... ...../::::::::::::::::      \.... .. .:.... .... .............. .. . ........ ......    ヒッ…ハッ……ほんの少しだ……あとっ、ほんのもう少し……
..... ..........|::::::::::::::::::         |.... .. ... .... .. ..... .... .. ..... ............. .
 ..... .......\:::::::          /.... .. ........ .... ............. .. . ........ .....
  ... ..........>::::        < .... .. .:.. .... ..... ............. .. . ........ ......
  ... ........( |::        / ).... ..  .:.... .... .. ......... .. . ........ ......
... ...   .......`|:::::::     /'.... .. ...... . .. ..... ............. .. . ........ ......
  ... ...... ....|:::::::::人  /::.. .... ....... .... .. ..... .... ......... .. . ........ ......
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_).... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
 ... ...... ....  >__ノ三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
.. ........ ..........三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
. ..    ... 三三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......




明らかに身体を度外視した練習を続ける青年を心配そうに幼馴染の友人たちは見守っていた。何度かやめるべきだと
彼に諭したが、その度に青年は「俺の事は気に掛けないでくれ、頼む」としか言わず、毎日毎日グランドを這いずり回った。

457 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/07(木) 02:54:38 ID:IYHvwr220
                        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :._ノ \       _,
                        , ゚.: : : : : : : : : : : : :. : : : : : : : : : :. :. : :.ー ‐ '⌒ヽ  _   л{
                        .ヘ : : : : : : : : : .: : : :. : : : : : : : : : : : :. : : : : : : :.、: :.V__.ノ三} /,
            _     -  ‐    _ _,   . . . . . : : : : : : :ハ: :. : : : :. : :. :ト、: .ヽ:. : ::.、: ::.ヽ: \ニニニニV/
       .   ´⌒           .′'.: :. : : : : : : :ji : :/ ゚. :}!, : : : 、j,、}__ヽ :}ヽ : : }: :i }` 一ニニ三{_
    . ´                  /, .: : : :. : : : : : /1:.,’ _j_jヘ.: : : :.j}j」.. ̄}:厂}√ }: :j 1ニニニニ=/{        先生たちがさー、今度の科学展に
. ,∠,            ヾ_、        ':j{:. : : : :::. : i:. ,/‐{':厂 ̄_}} ゚.: : :.从j ._ ノ' ノヘ : }:.:} |ニニ=‐'¨´  {
.〈⌒             `)三ニ=-/彡}!: :; :. :.゚.:.:. :j i{ {'   _从  ゚.: :j' ,ノ ,rォッュz.、 }ノ.:.)!リ:.        {       何か出せ出せってうるさくてさーホント
 V/             ヾ_j}三ニニニ=-{: :′:. :..゚、:.:. i{  _,。zッ= ヽ  jノ         {'ヘ:.)j:.:. : .      ,ヘ
.  V /,          V}-=ニニニニニi :{へ: : :. :\jl  '~´      ´    :.       :.:.:Vヘ:.:.:. : .   j^ 、:.     この間の大会に出したばかりなのによぉ
.   '/ / ,           ヽ三二ニニ=: ハ: : r 、: : :.`゚: .             ′       }.:.: : : ):.、:. : .  {_
.    〈/ //,           \=‐ '^¨´{' } : {.r{\ : : ー、`               ,:.: .: .:1: :.\:. :\{_,
     V '//,            〉,       :: .:乂} : : .ー―一      ,.:―‐:.、    .:i j:. :/.:};.:.:.ノ⌒;厂`
.      V// ,/; ,         '/∧    j : j'.:.:{!:.. : :.. ゚:.、 u     (__,  -'  /:' ノ ,:’ ノ': /~  :j{ :.
.     '〈 '//// ,         '/, 〉、  .′′;入: : : :.ー一、。._         .イ___イ_彡←'   :j{` ::.
.        '/// //; ,        /, ^\'_:ノ:.:/.: : :>‐―─→_)_ `≧: : :::‐ ' {:::.,:'ヘ三ニ}\、  :j{   {:::.
        〈/ /////,            ヽー〈、,ノ⌒;_、__,ィ=‐f'√`゚゙'・&。,___    `y   ヽ='  \、 `i{_
          V '/////,           .ヘ Y__, `j二{i三二\     ,:^{__,r‐{¨`>´\   ヾッ'(:,_
.         〈//_,//∧         ::.}ヽ`{し; `ー{i ー=ニ二\ /ヘ_   { {_,´   {`ヾ   /ヘ.`ヘ{
            '√////\          .j:::.   ]「   {i      Y  ¨` :.j{ {,    {     〃  \}::.






青年の家では、夕食はリビングで全員集まってから食べる決まりとなっていた。夕食の席で妹が困ったように箸をカチンカチン鳴らしている
というのも、彼女は工作に関しても才能があり小学校の頃から兄を軽く差し置いて市の技術展覧会でも何度も優勝を飾っていた
ならば、ぜひ中学校でも出してくれ。と言う教員の裏には学校の名を広めたいという邪な考えもあるのだが……

母親が「出来る事があるなら頑張りなさいよ、あなたの為になるのよ」と後押しするような言葉を投げかけ、父親は高校受験の為にも
やったほうが良いだろうと言っていた。姉であるバルクホルンは、ムリしない範囲で頑張れと妹を気に掛けた発言をする

……一方、青年はその会話の輪に入る事も出来ずに黙々と食事を済ますと無言でリビングから立ち去った。姉妹たちと話せない
というのもあるが、妹の才能を認める様な話題が嫌気を差し、それよりも毎日の練習の疲労が彼の身体を蝕んでいるからだ。

夕食を済ませたら何もせずにそのまま寝る。そして誰よりも朝早く起きて、誰も居ないグランドで練習を始めるのだ……。

リビングから去っていく兄の背中を、寂しげに見つめる妹の気持ちなど知らないで

481 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/07(木) 03:16:31 ID:IYHvwr220
             /:./: : : : : : : : : : : : : :/: : / |:.| |: : : : : : : : : : : : :.|;ハ : : : : : : : : : : : : :∧∧
                /: :': : : : : : : : : : : :.:.//: : /  .|:.| |: : : : : : : : : : : : :.| |: : |: : : : : : : : : : : :‘; : :.
             / .:::|: : : : : : : : : : :/://: : /   |:.| |: : : : : : : : : : : : :.} |: : | ':, : :.| : : : : : : : :l: :.i
.            /.::/|: : : : : : : : : :/ ;斗───┼|-: : : : : : : : : : : : :,  |: : |  : :.:| : : : : : : : :|: : i
.          /'"  |: :l: : : : : : : /' |:./     |:.|八: : :|: : : : : : ̄/ ゙̄|ミ:;、 |: :.| : : : : : : : :|: : :i
                  |: :|.: : : : : :.;'/  |;'     八:!  \:!: : : : : :.: ′  |:./ \:.:.| : : : : : : : :'、: : i
             八::|,: : : : :.:.i:    |      \   '| : : : /    ノ′  |\ : : : : : : :.′\゙、
.                ハⅣ: : : : :|   ,,x===ミ.、     |: :/           |: :}: : : : : : :/   \
              ,: :∧: : : : |  "       `   ノ"    x==ミx.、   |:/: : : : : :./
              ,:.:/ :∧: : : |i  |\\\                `ヾ、 /: : /: :./
               /:/.:l: :.∧: : |,i                 \\\   /: /:.ノィ゙:|
.              /: {: :.i: : : :.\l、!             ′         ノイ:.: : : :.:| :|
           , : :八: :.i: : : : : :{∧        /ー-  ... _,         /|i: : : : : :|:.:i
           /: : : :__\:i: : : : : \ヘ      {       }       / リ:/: : : : :|: :i
         /_; ‐二ィハ\: : : \(゙\.、      :        '        /∨/: : : : : :j: : i
      ,. < ̄| | |:::::乂_ノ::::::\: : : \/ \   \      ノ      ヘ /: : : : : : ノ 、: i
     /:::::::|:::::::| | |::::::::_::::://|\: : : \  {` .   `   ´   .., <| ィ: : : : : : : ; ' ,/ />.、
      |:::::::::l__|_|,,! -ニ:::::// ̄ ̄ ̄\:.\.\ > .__ .  </  八/: : : : : /、/ / / /::`:.
      |:::::::::| ::::::::::::::::::::::/≠─── .   \   \       /   ≠< ニ=-‐ '"∨:::ヽ/ / /::::::: |
      |:::::::∧:::::::::::::::::::::|/ / ̄ ̄\  \  \   \  /  /  / ̄ ̄ ̄Ⅵ::::::::::\/::::::::::::|





あぁ、これで何度目だろうか? こんな気持ちになるのは……。

蝉が鳴き始めてから幾日が過ぎ、中学生活二度目の夏休みも折り返し地点に差し掛かった。青年は、地方にある大きな
県営の複合運動施設、日陰にある無人の休憩所で一人、壁にもたれかかったまま、顔を俯け項垂れている。そこには陸上部の
姿は誰一人として見えなかった

観客席の隣にある休憩所からはグランドを見渡せる作りになっているのだが、そこでは今、まさしく青年の妹が満面の笑みでVサインを
作って陸上部の皆に自分のタイムを誇っていた。青年のタイムから数秒も差をつけた、新人戦新記録という誰がどう見ても華々しい快挙だった

そして、彼の手元にある黄色の用紙には3年生たちの長距離走の記録が印刷されているのだが……一番上の欄に、姉の名前があった

青年の自己ベストから更に6秒差という、素晴らしい記録と共に。グランドにもう一度視線を移すと、姉妹が部員たちから羨望の眼差しをうけ
滅多に笑顔を見せない顧問が良くやったといわんばかりに笑顔を浮かべている。よく見ると、保護者の席には両親の姿もあった……

もうどうでもいい。青年はその場に自分以外誰も居ない事を確認すると、溢れる涙を隠すように頭を抱えると、その場で蹲った。

そして、ただ一人でずっと泣き続けた。閉会式が始まるまで、ずっとその場で己の力の無さを悔やみ、嗚咽を漏らし続けた

……幼馴染たちは応援に来ていたが、自分の走りが終わった後ぱったり姿を消した青年を必死で探していたが、結局見つからなかった

488 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 03:19:50 ID:bdmoUr6s0
まじで、幼馴染だけが心の救いというか希望だな

489 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 03:19:51 ID:ykOEM9KI0
ほんとに幼馴染達が…これもやる夫の昔の人徳の結果なんだがなぁ…

490 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 03:19:59 ID:F/7if33Y0
幼馴染が一人ならやる夫を想うヤンデレと容易に解釈出来るんだが、まさか複数のヤンデレに慕われてるってのは無いだろうしなぁ

491 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 03:22:09 ID:/bS.ZsWI0
ぽっきり折れた後が怖いんだよなー
何もかもがどうでもよくなってくるし、後に残るのがあきらめとか無力さだけだし…


500 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/07(木) 03:31:01 ID:IYHvwr220
      /: : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : `丶、
.      /: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : / : : : : :/ : }: : : : : \
     /: : : : : : : /: :/ : : : : : : : : /: : : : : / : : :八 : : : : : : ヽ
.     : : : : : : / : : / : : : : : : : : /: : : : : /|/:/: : : : : : : : : :ハ
    |: : : :/: : : : / : : : : : : : : / : : : / /:/: : : : :| : : : : : : : : :
    |: : : : : : : : :/ : :__ ∠厶: :-=ニ二: : : : : : : : :|:.: : :|: : : : :│
    i: /: : : : : :/ : : : : : / /\:/    / : / : : : : /|.: : : : : : : : :|         電車で帰るのか? 父さんの車で帰った方が楽だぞ?
     ∨:.:x--、/: : : : :/   /: :/\  /:/}: : : : :/   : / : : : : : |
.     ∨/∨: : : : :/ .イ弌芋==ミ/ー'^/: : : :イ  |: / : : : : : :│       ……友人たちと食事をして帰るのか、むぅ。
.     /  ノ:| : /|/ 《 _ノ:ノi|      /: :∠ー匕 ]/|⌒: : : : : :|
.    {  / |:/     弋Jソ       //ィう芍¨}} |: : : :'|: : :│        だったら仕方がないと言うべきか……
       >、丶|'〉      ¨¨      /   ヒJン ノ/|: : /│: : :|
⌒¨¨¨¨7ニミヽ_   u  ヽ\ヽ         、 ¨   ' /|: / :| :/|/
`ー─ァ'^ーy<l ∧                 ′ヽヽ/'´  |/  |/
  /: : : :∧__,i/ 丶                /  /   /
./: : : : :〃二7               ⌒ ヽ     ノ
: : : : : : :八 {Ⅳ、     \
: : : : : ノ  \\\      丶、_ . :<
: : : /    \\\     ∧ /: : : : : }
: /       \\ 丶 __∧ハ{ : : : : : |
⌒\         \\   ̄川\_:_: : |
(⌒) \        ⌒\ ∧{ハ \二)\
 ¨ / \          \」|∧ ∧  ̄∧






大会の帰り道、久しぶりに自分から姉へと話しかけた。「友人たちとご飯を食べて帰るから、今日は電車で帰る。だから先に帰っててくれ」

大型の駐車場で困ったような表情を浮かべる姉に「心配しなくても、皆で帰るから大丈夫」とだけ言い放つと、妹と両親がいる車から遠ざかるように
運動施設へと戻る青年。駐車場から去ろうとしたところで、後ろから大きな声がした、姉の声だ。手を振りながら笑顔で言い放った


「大会、よく頑張ったな。流石は私の自慢の弟だ」


嫌味も、何もない。裏に隠された意味なんて何もない。ただ純粋な労いの言葉だったのだが…………

それに対して青年は、ただ乾いた笑みを浮かべることしか出来なかった。


本当は部員同士の食事などに誘われても居なければ無理矢理行くつもりも無かった。ただ一人になりたかったのだ。車の中で一時間も
あの姉妹に挟まれて家に帰るなんて、想像しただけでも恐ろしい。あの屈託のない笑顔が、彼にとっては最高の毒となるのだ

517 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/07(木) 03:57:18 ID:IYHvwr220
新人戦の帰りはとても静かだった。施設から最寄りの駅まで出てるシャトルバスには乗らず、地方の田舎にある施設から
田舎道を徒歩で帰る事を選択したのだ。駅へと続く道はアスファルトで舗装だけはされているものの、通りから見える景色は
田んぼと畑、そして途中途中でそびえ立つ電線だけだ。単純な景色だが、それでもコンクリートジャングルよりは数倍マシだ

日が落ち、辺りがだんだん暗くなり始めた。完全に暗くなる前にはなんとか駅にはたどり着けるだろう

そんな事を考えながらも、頭の中は今日の結果の事でいっぱいだった。負けた、また負けた。これで何連敗だろうか?
小学校のあの日から換算すればゆうに20は超えるだろうが、今日は酷く屈辱的な敗北を飾った……小学校の頃と同じく
姉妹に負かされたのだ。どっちの足元にも及ばなかった。

泣いたし、悔しかった。だが、それでもまだ、驚くことにこの時だって青年は諦めようとはしなかった。

確かに負けた。だが、ここで終わりという訳では無い。次があるし、次で勝てる可能性もあるのだ、0じゃない。だとしたら、
まだ頑張れる……今までだってそうやって日々を潰してきたのだ、今更諦めろと言われてもこっちから願い下げだった

姉妹が才能ある天才だとしたなら、彼は執念深い努力家である。何としてでも、同じ土俵で勝たなくては……







                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ
             ,'           l        ヽ                ……帰ろう。まだ次がある
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,              そうだ、チャンスは尽きてない
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、            次で頑張れば、アイツ等に勝てるさ……
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨





まだある。今年の冬と、来年も。いざとなったら高校に入っても続けてやる。

中学二年目の夏。歪んだ心を持ちながらも、彼はまだ、辛うじて前を向いて歩き続けている

アブラゼミの鳴き声がやけに煩かった、そんな夏の日の出来事を、今でも昨日の事のように青年は思い出していた





今日はここまで。もうすぐ4時だよ

518 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 03:58:01 ID:Zkt7koeg0
おつでしたー、もうこんな時間か

519 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 03:58:39 ID:2LM0xEjk0
乙☆華麗

520 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 03:59:01 ID:F/7if33Y0


521 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 03:59:12 ID:sIt2e6Os0
おつー
やる夫は努力の天才
なお、努力の方向が迷走している模様   だな







関連記事
  1. 2013/12/01(日) 23:08:39|
  2. 七色@七色劇場
  3. | コメント:4
<<[糞ゲー] 03 | ホーム | [糞ゲー] 01>>

コメント

結果が全ての世の中で、努力なんてそれこそ幼馴染みたいに自分をよく見てくれてる人たち以外に価値なんてないだろ。少なくともやる夫はそう思ってるよ。
  1. 2014/03/17(月) 00:17:59 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

※1
このやる夫がやってるのは努力じゃなくて「不貞腐れ」と「自己陶酔」の間違いだろ。
  1. 2015/05/02(土) 15:35:23 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

不貞腐れたらとっくに投げ出してるわ
男子中学生が長距離で女子中学生に負けるのは屈辱以上の屈辱だもの
  1. 2015/05/08(金) 00:30:14 |
  2. URL |
  3. 名無し #-
  4. 編集

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2017/07/24(月) 19:22:12 |
  2. |
  3. #
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyarusp.blog.fc2.com/tb.php/958-2c852fda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)