FC2ブログ

やる夫まとめに挑戦

[糞ゲー] 03


859 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/09(土) 22:13:23 ID:GOUC4NeE0
【天才には無くて、努力家にはあるものとは一体何か?】





昨日は珍しい事に姉妹は友達の家へ、両親も遠くへ出かけてたので久しぶりに一人だけだった、青年御日常は何時もと変わらないが。

いつもなら妹が占拠しているリビングのTV、そのリモコンは何年かぶりに青年の手へと収まっていた。とはいえ、特に見たい番組などなく
試験も遠いので本当に暇な時間が出来たのだ。適当なチャンネルを回し興味を引く番組は無いかとリモコンを操作していると、子供向けの
サッカー番組が出てきた。Jリーガーとまでは行かないが、そこそこ有名なサッカー選手がカメラに映って子供たちからインタビューを受けている

そう、今の言葉はとあるサッカー好きの少年の質問に対する選手の返事だった。なんで日本代表になれなかったのかという、失礼な質問だ。


【答えは、天才には「限界」という壁が無い。努力家には「限界」という壁がある】


その言葉を聞いた瞬間、急いでTVの電源を切った。それと同時に胸が絞られるような痛みを感じた

努力家と天才という言葉に、選手が言った壁と言う言葉に、青年は嘘だと声を張って言いたかったが……それはできなかった。

口では何とでも言えても、心は分かっているのだ。天才と凡夫の差という現実を、この中学校生活を通して既に分かりきっているのだ




中学校生活3年目の夏、あの日から今日まで青年は姉妹に勝った事は一度も無かった。







                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'                      ヽ
          l    ─_      _─     ',‐-、
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨

860 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/09(土) 22:14:30 ID:CqJdIsI60
目が死んでる・・・

861 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/09(土) 22:15:41 ID:AxhdGg1U0
めがやばい

862 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/09(土) 22:15:59 ID:a8mqwmEE0
やる夫…脂肪確認!!

863 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/09(土) 22:16:31 ID:GZXxaMCw0
テレビにすら否定されるのね……


869 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/09(土) 22:24:30 ID:GOUC4NeE0
去年の新人戦から既に一年が経過していた。それまでに変わった事を幾つか話していく事にしよう

先ず、彼の姉であるバルクホルンが陸上部を引退し、そして進学。今年の春からは県内でも一番と噂されている進学校へと通い始めた。

「秋の関東大会で二位。全国大会で三位」という、青年に対する大きな壁を残して行って、だが。

陸上部でも大きな功績をあげ、先生たちから好かれている彼女の内心など天井。最初から勉強もできるので、彼女の高校受験の結果は
そもそも決まっていたような物だが。

合格通知が来た夜、合格記念として外食に出かけた。もちろん、青年はその日は体調が悪いといって無理矢理断ったのだが

そして、何故か部屋にこもる青年を最後まで説得しようとしたのも彼女だった。幾らなんでもこういう日に出かけないのは彼女の性格的に
タブーなのだろうか? どうでもいい事だったが、本当にどうでもいい。

後日、そのことを母親に叱られたので適当な小物を買って姉へのプレゼントとして渡した。酷く喜んでいたが、その日の妹は不機嫌だった






               _
             _ /  \ー-...._
          /::/     )'⌒:::::>:.、
            /::/      イ::::::::::::::::::::;::::::ヽ、
         > ´    /::::::::::::::::::/!/ l:::::::,イヽ、
       /   _ ,.イ:::::::::::/::;:く_∠- l_二ノ:: トヽ
       `T:: ̄:::::/` >'::///‐大´ ̄|:::::::::i::l )
.         V:::::::::{ 7 /:;イ /' く 7ノ}ヽ /::::,!::ハ}
           ',::i:::::::ヽ. j/       {ソ ∠イ j/
.       /`ー∧l/:::::::::} 、         ヽ|
      フ´::イ.ト、::::::リ ヽ         / |
     /:::::/! L/V/          ` ー/ー'
.     /:::::/ `7::/1      ,-  _ /
    /:::::/   /::/_r'ー、    ,'
.   /:::::/   /_ri'´ `ヽ  ̄`オ、
  //::/,-=ニ二イ     \/.ト、}ニ=-、
  /'j:/r' ヽ    !     _>、`V\ l
.     |   ヽ   レー-'^´`ー 、>T7_ ト,
   |     `Y´       / /!ト、_>ヽ、
    l     }'          ` l ハ Y.  ',
.   l       ∧        l l ヘ. ',  iヽ、
.    l     ,'! ヽ         l lノ l|/   \
   l     ト        _, イ.l.   ! l'、     ヽ
    !      | ヽ        Ll.  L! }、_     }
.   l     |  }            | l     /

877 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/09(土) 22:32:33 ID:GOUC4NeE0
さて、そんな妹だが……二年生になった今は「姉の跡を継いで新しい生徒会長となり」、「陸上部の副部長を務めていた」
殆どクラスや先生たちからの推薦で生徒会長選挙に出る羽目になり、そして当然のように当選。あのバルクホルンの妹と
いうアドバンテージはかなりの物らしい。

ちなみに、もちろんの事だが部長は青年では無い。同じ三年生でも、彼よりも社交性に優れる人が部長へと選ばれていた。

まぁ、それに対して異論はない。部長とは部内でまとめ役として全員と連絡が取れる様な人間でなくてはいけないのだ。


「彼女はいろいろ忙しいだろうから、仕事が殆ど無いのに内心が貰える副部長にしよう」という部内での意見があったとう
不愉快極まりない事実を除けばだが。もちろん、彼女はこの事を知らない。殆ど部員内で決まった事である





               /: : : /: : : : /: : : : : :/: : : : : : : :/: : : : : : : : ヽ
              /: : : : /: : : : : /: : : : : :/: : : : : : : : :/: :/: : : : : : : : :ヘ
    _____,../: : : : : :/: : : : : イ: : : : : / : /: : // {: /: : : : : : : : : : :ハ
.   `ー─── -ァ─ : {: : : : :/|: : : : :!ー/、_/_厶イ:ハ: : : : : : : |: : : :|ヽ
           /: : : :イ: : :/⌒||: : : |:/|: : 孑芹ミヘ| |: : : : : : : }: : : :ト、ヽ
             / : :/ | : /{ ⌒7 { : : :| {: /{ r':ノ! Y{ }ハ: : : : : /: : :/|  \
         / /: : : :V: 人 /:|∧: : : | j/  Vソ   / ィ!: : : 人 : /: |
         /: : : : : : : : : /:7: :{: ∧: : |    ``    /: } :/: : : 人: !
         /: : : : : : : : : / / /: : : :∧: !            マイ: : : :/  ヽ}
.       /: : : : : : : : : /__{:八: : : : : :N     , -、     > --'
    /: : : : : : : : : /⌒\::\:::\: : : {     {  )> ∠,..-‐──-- ,.___
.  / : : : : : : : : :/:::::::::::::::::\::\:::>、:} >、   `‐に二く //          ヽ
/: : : : : : : : : //::::::::::::::::::::::::::∨∧:::::::\-、>、 イ }: : r‐ く ー'⌒\          }
: : : : : : : : :/r-イ::::::::::::::::::::::::::::::∨∧::::::::∧ ト、   /: : :ゝーヘこ)‐---.ー-ャ    |
: : : : : : ://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨∧::::::::∧}ハ / イ/            r〈ト、   ト、
: : : : //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨∧::::::::∧ <                  }\ `ーヘ :\
: : //:::::::::::::::::::::::ー─────ヘ:::::: ̄ア:::::::::>,..            }\:`ー-、 \ )
//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::>:...,..        {:::::\:::::::::ー─}
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::ア ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨``ヽ__  \:○\::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>:::::::::::´:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::\∧\:ノ::::::::::::::!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::::::´::::::::::>< ̄´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ:::::{:∧:::::::::::::::::::::{
::::::::::::::::::::::::::>: ´: ∧::::><::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::\ヘ::::::::::::::::::::|
ー──-< : : : : : : : :V::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::ヾ::::::::::::::::::::}
:::::::::::::::::::::::∨: : : : : : ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,’:::::::::::::\::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::\: : : : : : ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::、::::::::::::::::::::::::::::::::厶::::::::::::::::::::::::::::::::::}
::::::::::::::::::::::::::::::::\ : : : : ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::、::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\: : : : :\::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:r-‐ '´     ` ̄ ̄ ̄ ´

898 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/09(土) 22:47:31 ID:GOUC4NeE0
もちろん、彼女もお飾りな訳では無い。生徒会長としては不安なことがあれば家でバルクホルンに尋ねて仕事を全うしているし
彼女の陽気な性格に惹かれた優秀な親友の援けもあって、姉に劣らずも勝らずの手腕を見せて、全校生徒から好かれているのだ

「何時でも全員を引っ張って行った頼れるバルクホルン会長、友達のように気軽で親身なシャーロット会長」

などと生徒会では言われており、生徒会公報でもデカデカと太字で書かれるほどだ。もちろん、そこには青年の存在どころか
名前すらひとかけらも見えない


……部活動の方でも部内トップであり、着々と姉の成績に近づいる。


「シャーロットがいるから今年と来年も、お前らもオマケで全国に行けるかもな」。


何気ない顧問の言葉に、部員たちから笑いの嵐が沸き起こった。青年の気持ちなど、一切知らないで。

彼の心の中では怒りと嫉妬の感情でいっぱいいっぱいだった








                       / ̄ ̄i
          /> 、 _, -- , / 入   '
        / ム-‐'     > <ヽ  ’
   , -―'''´  /    /        ヽ`ー- ゝ
  厶__,.. -‐イ   / /     ハ
        /   /,イ.レl   ヾ__ヽ |  ’
        / / | 七不 | /j/ 丁T  iヽ
         /,イ  .|/ L_Tヽ| //',-=-L| イト、',        なぁ、兄貴? 今朝学校に来たらさぁ、下駄箱の中に大量のチョコが……
       /' |ヘ |' '  ̄` `'     レヘ|| ヽ、
.         | }ゞヘ """  ' _"""ム' λ         いやぁ、モテる人間は辛いってことかね? お返しどうしよう……
           j { `|ヘu マ二 シ ノレイハ
           / ヽ,ト >_ _  イ、 ム' ト 、
        /,イ  `  } \ / .{、  .l | ヽ、
      /'/   , < 、_- i     >ァL|  \
      / / r弋´. \  ,ムλ___/  ンヘ
      //ノ ヽ '  \ハ_:/_\/   /  .l
.     /イ/   У   ` 、リ},' , '     ヽ  |
     /' j |/ /       /...|/       . ヘ |
      { | l' /         |.....|   , イ     }`マ
        レ ヘ    r、    l......| _/ノ     .丿`ヘ,
      /   ヽ   ヽ`≧、L厂二く,-ァ / ̄ ̄''ー‐ァ
     , ィ 、_\__r-ァ' ノ `弋,ユlム_rニ ―-、:::::::::::::}
     〈/  ̄  / `く/ ノ   ヘ   ヽヽ:::::::〉::::::::`|
     /     |    ンLへ_}    | |::::/:::::::::::::`l
      |      |    | ノ不 l|   | l:::{/::::::::::::::::|
     └――ァ=――┘ |  ヾ、_,,イー|:::i:::/:::::::::::::|
          /         .|      |::|::::::|/::/:::::::::::::::|
        /        ∧     ヾ_;;イ::/:::::::::::::::::i
       ,ヘ、      / .ヘ       __,,L}:::::::::::::::::::l
        /::::::::ンー‐ァ-、_/::丁:ヘ , ィ<_|:::::::;イ::::::::::::::::::ハ
     /::::::::/:::::::/::::::/:::::::|::::::`「::::::::::::|::::::{ j::__∧:::::::|::ヘ
.     /::::::::/::::::::;::::::::j::::::::::|:::::::::|:::::::::::::ト、:::||::ヽ  ア::|j::::ヘ
.    ,:::::::::/:::::::::j:::::::::l::::::::::l::::::::::l:::::::::::::|ヽ::||::::レべ::::||::::::ヘ
    l::::::::;::::::::::::l:::::::::j:::::::::::|::::::::::l:::::::::::::|::::リ|::::::::::::::::::jj:::::::::ヘ
.    j::::::::j::::::::::/::::::::;:::::::::::::l:::::::::::l:::::::::::::|:::|「::::::::::::::::λ:::::::::::ヘ
    L__;;へ;___L_:::::::l::::::::::::::|:::::::::::|:::::::_レ||:::::::::::::::::ハ:::::::::::::ヘ
      |:.:.:.:.:.:.:`ー┴―‐:┼┬' ̄ ̄:.:.:.:.:.:||::::::::::::::::j |:::::::::::::::|
       ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||::::::::::::::/  l::::::::::::::|
       ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::/.   ';:::::::::::|
         :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|| l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||::::::::/    l::::::::::|

945 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/09(土) 23:16:53 ID:GOUC4NeE0
そして、青年はどうなのかと尋ねられると……率直に言うと「限界」に達していた。精神的にも、肉体的にも、能力的にも


まず、タイムが縮まなくなった。日ごとに2,3秒のばらつきはあるが、それ以上はどうやっても、どう足掻こうが長距離走のタイムは変わらない
一方、妹のタイムは日を追うごとに段々と自己ベストを塗り替えて行っている。姉であるバルクホルンのタイムへと、着実に近づいているのだ

彼のタイムは、姉妹の足元にも及ばない。と、部員たちの誰かが陰口のようにコソコソ話していた、悲しかった。

学業の方はと言うと、相変わらず一位をキープしていたが、正直のところ姉妹も一位をキープし続けているので、これでは勝ちにならない
むしろ、出来て当たり前なのだ……そう、「彼女たちの弟であり、兄でもある自分なら、出来なくてはいけない」

何時の間にか、得意な事さえ自分を追い詰める要因となっていたことに彼は気付いてない。周りを見る余裕がないのだ

一歩立場を変えてみれば、自分がどれだけ無意味で醜いことをやっているのか分かるはずなのに……気づかないのが、一番の不幸だった





                      /                 ヽ
                       /                   '
                      , ,                 ',
                 i ゝ ̄ ''ー-                !
                  {   {__  ヽ  J           }
                     ',   マj  ̄ノ           /
                  ゝ  `   ´           ∠ _
                  { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
                    ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
                        `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                             j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                              /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                          {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                             !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                            |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                           |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                               }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                             !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                             /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !
          _                   {     ヽ:::::::,.ィ´::::::::::::::::::|  |          |
         ,.ィ:::::::::>..               ! {     `フ´::::::::::::::::::::::::!  !          |
       /:::::::::::::::::::::::`''ー-- ==..,, _,.rー'| i {  {. i'::::::::::::::::::::::::::::::!  !          |
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ| i  ! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::|  |         |
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ.ゝ. ヽ.ノ::::::::::::::::::::::::::::!  !          |

951 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/09(土) 23:26:56 ID:GOUC4NeE0
限界だった。小学校時代の「あの日」から、中学生の今へ変わっても、なに一つ変わっていない。姉妹は着実に人間として
成長して、青春を謳歌しているのに対して青年は無駄な日々に費やすばかり。

自分だけ、彼女たちから取り残されている気がして堪らなかった。

心と言う「理性」を、サウンドペーパーで少しづつ、少しづつ。壊れない範囲で、だけど痛みを感じる様に、周りから削られている気分だ

姉妹が太陽のように尊く輝くのに対して、自分はそこらの石ころのように泥の中に埋もれて、彼女たちを見上げるだけ。

最早、何がしたくて、どんな目的なのか分からない、部活動と勉強だけに明け暮れる無駄な毎日を過ごすことでしか自分を作られない

これを止めてしまえば、自分の存在価値が無くなってしまうのと同意義だからだ……






              .. .. .. ..
              ::/ ⌒`"⌒`ヽ、::
            ::/,, / ̄ ̄ ̄ ̄\::
           ::/,//::         \::
           ;/⌒'":::..            |⌒ヽ
         /  /、:::::...           /ヽ_ \
         (  ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )_
.        l ̄`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─" \
        \ \    \  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄    \
          \ \    \

961 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/09(土) 23:32:30 ID:GOUC4NeE0
そして、中学校三年目の秋。決死の努力と2年半の月日を費やした彼の結果は、「関東大会出場」という形であっけなく終わったのだ

上位は愚か、ベスト10にも入れなかった。ただ、大会に出たという記録だけが残った。


そして、妹のシャーリーは「全国大会7位」。姉には及ばないが、それでも輝かしい栄光を手にしたのだ










              /.'´ /   .:  .:.:.:.:./. :.:.:.:.:.: :,' ../            ./  ,イ           ゙,
             /"   ,"     .:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ./          ィ: ,.' ,'             ',
           ,.'/    l   :  .:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ..,'      .|    ., ',': ./ ; .;         .:   ',
        /.,'      l   .: .::: .::,':.:.:.:.: :.:.:,.'  :.:; .:    ,イ    /. ;.:.,' . l ,' . ,'       .l   .',
        ,' .l       l   .: .: .:: :l:.:.:.:.: :, ' .: :.:.;. ::    /.l  . ,',,_ l:;'  .l.l| .:. |   :..l:   .l
         l |     .゙  .:: : . :. :l:.:.:.:, ' .:.:.:..; '"l .::. . .: ,' ',   ,' ..了''‐、,,リl:..,'l:: .|  _ハ;: |:...l: .l
         ゙,:.l     ,'.:  .:.: .: .: .:.:.゙,/.:.:.:.;.:/ 〃l :ト  l..; . ',.....;   .l   テュ|.| . l  {.l`ヽ:: .}; .l
        \     ,'. :  :.:.  .:.:./.:.:.:// l .{"'/;.l.';:.. ,'l.l   ',..l ..゙ミ宅≧ミ,,リ゙|:.;:l  .',.'、l`、/.l: l
           .\_ ./ :. :.:.: ,、 '.,、-‐、´,、:'´:ヘヽ;:.:ヽ ';: |.'.l   ',l ....l::{;;}:::/ ``.゙;l: / ..∧ ネ',ヽl:ハ.',
              ,.'  :: -‐ '"´: :.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::  l'.;l .l     ヽ... ヽ、/   // ./:.: 〉.ハ.`ハ ヤ,
           /   ::. :. . :.:.:.:.:.:,' .\:.:.ミ‐,':.: :   l:.ヽ         `   .///、//ヽ ハ .ヽ
       ., 、 ' ./   .:.:. .:.: .:.:.:.:.:.:;.⌒,ゝ.Y´. ;:.:.:.: l, ',        .       /' ヽ ´ ',  ゙i__ヽ  ヽ
   ‐-‐=≡-./ z. , :..:.: ..:.:.:.:.:/l: :l/   .l... l:.l: : : l.、.'                   ., .'  i  \` ',
         .,.' /.,' ,'l. :.:. .:.:.:.: .:,'. ゙; :l    l  ';:ト:.: . '..',.',     .     ` 、  ./     .',   .`.l
        ../., '  l .; ; : .:.:.:.:.:.:.;  .゙;:゙,   _j..... ヽヽ:.:..', \            `/     .ヽ   l
       ./,.'   .'..l ; .:.:.:.:.l:.:.: :l   \ ./゙ヽ   ` .\:ヽ .,.‐ 、        ./ .',       `` .、'、
     ,'/     ',゙,'.:.:/l:.:ト: :.:;l   ./   .\     ` \、  >. 、 _./ハ ..;          `;ヽ
     .,'      〉゙V .l:.:|.゙、:.゙,、  rヽ      `ヽ、   .ハ.l`,      ..;/ } ./           ',ゝ-
     ,      .../: :/ヾ;.:; ヽヽ/ .ヽ\       ` .‐z .l., ',.ヽ、   / .//             .l: :.
     l      /:/   \ /       \      /.ハ_l\ ',  \-、/             ',: :
     '、   , ' '       ./          \    /_/´: : : |、', .ヽ  `ヽ、,,_____,,、、          l-
        /     /             \  / .\: :,-:!   、.\   `ヽニ.、 :ヽ         l‐
                r' 、,            \/    `,: :.ヽ   ` .、    .ヽ|: : :ヽ''´゙i     l:.
            |   `‐ 、             `. 、 `,: : :`、    `  、  .l: : : : l: : :`ヽ、, . l:
              .|      `ヽ、               ` 、、: : : :'.、      ` .、l: : :..l:.: : : : .:.:⌒l:
               l         \    i゙,            \: : : :.'.、         .\: l:.:/: : : :/:.:l
               .l          `、   .:l          `.,: : : :.'.,         .゙i:./:.:.://:.:_/:
                l          `,  :|             .',: : : : :'、        l:.:.:.: l〃: :ヽ: :

989 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/09(土) 23:47:23 ID:GOUC4NeE0
大会が終わり、学校に戻ると校内は彼女を褒め称えた。まるで神の様な、一種の恐ろしさを漂わせるほどだ

十字架に群がる信徒のように、シャーリーのことを口々に賛美する学生たち。先生も混じったそれは果たして間違っているといえるのだろうか?

頑張った生徒を報いているだけである……たったそれだけのはずなのに、独りクラスの端でぽつんと座る青年の胸には、何とも言えない
感情が燻り続けているのだ。これは、負けた自分への情けないという負の感情なのか、それとも姉妹に対する醜い嫉妬心なのか

真実を言ってしまえば、そのどちらとも言えよう。

中学校生活二年半という膨大な時間を費やし、部活を引退した彼の下に残ったのは「陸上部所属」と「関東大会出場」の二つだけだった










              _  --  _
           , - ´      `  、
              /         ヽ                         「全国大会、頑張ったなシャーリー!」
         /   /             ヘ. ヘ
    _, イ/    //{  l   !       ヘ ヘ                          「すげーよ、いや、普通に7位とか取ってるんだもん」
    ̄ /   ///,j   /   ノ. }     ハハ
       'イ   7ナT´ l /^ー-くj,イ  |   i l |              , -、       「お姉さんと同じぐらい、いやもっと行けるって!」
     |ハ  /! __  V / ノ'`ト、/ |   | ! リ           / )  / /
       Vレ} '⌒ヽ// _ニ=、 |/Y/   / l {        / /_ / / , -― 、
        / / ''' r    ,,,,, ヽ ./  / } ハ i       〃  ノ   ー ´_ -―‐'
      〃 八 u _      _,.イ_, イ} 从|ヽヽ    {  / {   ー──- 、    いやぁ、買いかぶり過ぎだよ皆……
     lハ /ヽ  ゝニ ヲ   /″/ ノ i. | | ,ヾ   , -  -‐- _゛    、-――‐'
        V /.ヽ、       / /ノ  | l !    /: : : `ヽ、_ -‐ 、\        とりあえず、今回は運が良かっただけだって
      _,-く  __ T二三≦-‐', イ|   | ヽ!   /: : : `丶、:\    `丶.)
 __≦ミー >彡'_ ― ≧ー- 、  |ヽ ヽ  /、: : ○: : l: : :/
|f: : :/ ̄イ―=ニ二ニ>’: : :/: : : : ハ  | \ .∨: : ヽ-ー ': : :/
.! /イ-‐: : : :iー,、_ro、ヽ: 、 /: : : : : : ヘ  !   y: : : : : : : :..:::/
/..::::::::::....: : : : :`v' /、: : :ヽ: : : : : : : : ::\ヽ /: : : : :....:::::/
::::::::::::::::::::::::.......: `ー <): : :::::ヽ : : : : : : : : :ーV: : : : :.:::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::....: : : : :.:::::::::::ヽ : : : : : .::::::/: : : : :.:::::::::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::::::::::::::::::.ヽ: : : .::::::/: : : : :.::::::::::::::l





校内を満たす讃美歌が青年の耳をただ通り抜けていく。誰がどう見ても、青年の完敗だった。

1017 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/10(日) 00:02:25 ID:1/DTO94M0
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \            ……まだだ。……まだ、終わっちゃいない
            /                    \
           /                       \         高校にいけばもう三年間あるんだぞ、そこで……
              l                         l
              |                          |         そのために、一番の高校に行って……
              l                         l
           \                        /         もう一度、頑張って、一番に……
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\





諦める、にしては遅すぎた。既に自分の意志では「勝負」から勝つまで永遠に抜け出せないのだ。歪んだ価値観は何処までも
青年を苦しめ続けては、彼を文字通り「削り続けていく」。

虚ろな思考の中で、次の目標が決まった。もう一度、三年間を費やして圧倒的に不利で勝ち目のない賭け勝負を続けるのだ。

そのためには先ず、一番の学校に行かなくては……彼の行く高校は必然的に姉の在籍する進学校へと決まった。

部活は引退したし、時間は幾らでもある。そう、彼にとっては陸上部が欠けた今、時間は腐るほどあるのだ……。

この日、彼は担任に進路を告げると陸上部に打ち込んだ毎日から勉強へと明け暮れる日々へと移り変わって行った






余談だが、彼の進路を知った幼馴染が


「こんな偏差値高いところ、私には無理だよー!?」


と職員室のど真ん中で叫んだのは彼は言知らない。そして、幼馴染親友総出で高校受験対策の勉強会を開くことになった

1019 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 00:03:35 ID:Q5JAg.ME0
やっぱり幼馴染と親友はいい奴だね(ホロリ)

1020 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 00:03:51 ID:I7Qg7OBM0
幼馴染、やる夫と一緒に勉強してくれればあるいは

1021 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 00:04:00 ID:JlihbCGk0
幼馴染がいい奴すぎてヤバイw

1022 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 00:04:01 ID:Ob8RyGbM0
幼なじみ女だったのか

1023 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 00:04:04 ID:7TpQM0V60
幼馴染wwww その親友もナゴムワァwww


1048 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/10(日) 00:12:42 ID:1/DTO94M0
さて、朝の5時に起きて自室で勉強を始めて、学校のある昼は全力で授業に取り組み、風呂や食事を済ませたあとの夜は
12時までみっちり過去問と、資格取得の為の試験勉強をこなすハードスケジュールな日々が始まった。

とはいえ、彼にとっては陸上部の時間が丸々勉強に入れ替わっただけで、その過酷な毎日が着実に身体を壊しているという
事実を除けば、特に毎日が変わったわけでは無い。

そもそも、学業は優秀である青年にとっては苦痛では無いのだが……彼と同じ高校へ行くことを決めた幼馴染3人組が地獄の
試験勉強対策のために過酷な毎日を送っていることを忘れてはならない。








               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \  カリカリカリカリ
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|           …………
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉

1051 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 00:14:00 ID:RWDOpulo0
>幼馴染3人
3人も居たんかいwww
ストパン勢ではなくなのフェイはやだったら面白いなw

1052 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 00:14:18 ID:cVrMZS0o0
3人組み!!マテリアルズ?

1053 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 00:14:26 ID:q2puZcNY0
すげーな幼馴染衆、その執念


1090 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/10(日) 00:26:41 ID:1/DTO94M0
さて、試験勉強に打ち込む青年たちだが……その一方で彼の両親たちはどうしているのかと言うと。【特に変わっていない】

【特に変わっていない】のだ。この三年間、食事や生理現象を片付ける時を除いて青年は部屋に引きこもっているので
彼がなにをどうしてようが、朝食と夕食のわずかな時間でしか聞けないのである。

そもそも、子供が三人いるというだけでも学費やらなんやらで金が嵩む青年の家は、父親は仕事に就いており。母もお金の為にと
半日仕事に就いている。他にも、陸上部に所属している三人は遠征費や交通代、食費もあれば消耗品も買い足さないといけない

端的に言えば、金もかかるし時間も無いのである。姉妹の方はごく一般家庭同様、両親との仲は良好だが青年の方はというと

「自分で自分の事を管理できる、手の掛からない良い子」というのが母親の評価である。

父親は結果を残していればそれでいい。仕事が第一の古い人間である父親は、家庭には無頓着な方だった









         /::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::!:::::::::::';::::::::::::ヽ;:ヽ;:',
         /:::::::::::::::::::::::/::l:::::::: /ト、:::::::::';:::::::::::::::ヽ;:l::',
       /::/:::::::::::::::::::/::/l:::::/: /!ヽ\::';:';::::::::::::::::ヽ!::!
      ,イ:;イ::::::/:::::::::;イ;;/ .レ;ノ::::l ヽ ヽ!::i、::::::::::::::::ヾ!
       /:://:::::/:::ー::メ_ノレ'ヽ::::::::l   ` l::l_xー-!::::::::::',          学費も全てが一般家庭の3倍だからな……
      /'´/:::::::l:::::::::/ _イ_ー ヽ:::::ト-ー二V.__ヽ::::l:::::::::::',
      /::::人!::::::/r' 'ソ::トヽ  ヽ !  ' r、!ハ )';::::ト、::ト::!
       //  l::::/、. 弋 タ     ヽ 弋_タ  ハ::!l.ヽ!.ソ
     '´   l::/ ハ                / ソ
         レ ヽ、',         '       u /_/
           {二ハ、           ノ、二}
              /:::ハへ、 ⌒ ⌒   <ハ::\
             ,イ:::::::/     !>  <.! `' V:::::'.,
         /:::::::::/   /7      ト、.  V::::::'.,
           /::::::::::/ /: : ト、     ノl: :ヽ、 V:::::::',
.         /_;;;;rニレ': : : : :.! ヽ_/ ! : : :.`ーL::;;;:::',
     rtニ´  ,r-/: : : : : :.:l  / ! ヽ. /: : : ,、__ :l`ー'`≠ - ,、
.      ;! ト-= ´: : /: : : : : : : :V  l  y': : : //7/ :! ̄`ー 、_/: !
     ! l : : : : : /: : : : : : : : :.\ l /: : : ////: : :!: : : : : :/: : :!

1136 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/10(日) 00:39:14 ID:1/DTO94M0
                      /           ヽ
     _   _         ´               ヽ
    l l  /./         /      丶          ヽ
    │l ././       /     │    ヽ、        ヽ、         かーさん、腹減ったー
.   │.l/./      ノ〆     │   ゝ_`_        _>
  _ソ    ヽヘ      │ .∧   、    丶、        √                   「もうすぐ出来るから、待ってなさい。」
 ∧   /:::::::::::ヽ    ∧  ∧ ゝ ヽ、 ---- ゝ     \
   ` l::::::::::::::::::::::::::丶、 丶..リ l  ノ               ヽ         うーい。兄貴呼んでくるわ
     l:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ /   ト´ ヽ             ヽ
     > 、::::::::::::::::::::::: /  ./    `ヽ            \
          `へ ::::::::::: l ヘ .(\ __丶/ ヽ             ヽ
            ヘ:::::ソ:::: ̄::::::::::::  ヽ../  `ヽ、  、      、_  ヽ、
               ヘ ::::::::::::::::::::   /:::::::::::ヽ  \     ヽ ヽ __  >
                  ヽ ::::::::::: l :::::::::::::: ヽ  ヽ \  lヽ ..l
                   丶::::::: l` :::::::::::::::: ヽ  ソ 丶ヽ ソヽ
                       /£l ::::::::::::::: ` :::::::::::ヽ  ヽ
                       ´ ∧::::::::::::::::::::::::::ヽ ::::::::::::::::::::::l
                        l:::::::::::l :::::::::::::::::::::: l :::::::::::::::::::::: l
                      l::::::::::: l ::::::::::::::::::::::::: l :::::::::::::::::::::: l、
                         l::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::::`
                           ヽ、:::::`:::::::::::::::::::::::::l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        ヽ、│::::::::::::::::::::l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                            l:::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           l::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ







運が無かった。青年を取り巻く不幸な状況に対する説明が、本当にこの一言だった。

青年自身の執着心もあるが、それを上回る両親の教育不足と、そして姉妹の特殊さがずるずると彼を引きずり続けてきたのだ


翌年の一月。青年は無事に第一志望である進学校へ前期で合格。そして稀に見る事に、彼の学校からはもう3人合格者が出ていた

1140 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 00:39:48 ID:7TpQM0V60
おお、合格できたかwwwww

1143 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 00:40:15 ID:LMhHfh920
幼馴染達凄すぎwww

1144 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 00:40:16 ID:nTp8K98c0
幼馴染ーズ頑張ったw

1145 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 00:40:18 ID:Ob8RyGbM0
幼なじみたち超頑張ったwwww


1174 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/10(日) 00:49:24 ID:1/DTO94M0
                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ                        ……まぁ、当然だな。姉が出来たんだ >
             ,'                      ヽ
          l    ─_      _─     ',‐-、      ……うん。そうだね
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨                             やったー! 合格だよ! >
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨                            え、嘘! 本当? >
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨                           や、やりましたわ…… >
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨









合否結果はその学校の職員玄関前に張り出されていた。その日はたまたま仕事が休みだった父親に連れられ結果を見に来た

合格して泣いている者、合格できなくておえつを漏らす者もいれば喜んでいる3人組まで、ボード前は阿鼻叫喚だった。


自分の番号が載っていても、父はたいして驚きもせずに「姉が出来たのだ。弟であるお前も出来て当然だ」と言い放つと
青年を連れてそそくさと家へ帰って行った。何時もの父だ、青年はとりわけ特別な感情を抱かずに彼の跡を着いて行った

1226 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/10(日) 01:02:57 ID:1/DTO94M0
     / . : / : : : : : : / : : / : :/ }:ハミ. . ヽ. .ヽ. .  \:ハ
    ′: :〃       .′/ }: / : ノ ::. :i \:‘,: ∨: : 、:ヽ.}
    ′ ./   . . : : : /: :/   レ: /: : ::: :i   \'; : i::.. : :ヽ: :ヽ
   i .:/. . : : : : : : :/: :/ /:イ i : : : .:.i |  __‘,l:.:.:.. : ‘:ヽ‘,
   { :/ /: ′: : : :/′ム__イ |li : : .:.:.}七¨ ̄ ̄丁i≧::.ミ: Vト:‘,          まずはおめでとうだな。
   V: /: :i : : : : :斗:七¨  ̄  } }i : .::::/1|_zz‐___ } }\::::..ヽ:∨ハ
  /: /: ::イ: :/孑 l:/_z≦二 |ハ| : ::/ }:!´孑厂ミiミy ‘,:..‘:N  }          来年からまた同じ学校だ。
  .′': :/::| : : : / ,ァチzヲ爪`ヾノ } .:/  ノノ' {:.i:::ト1 }ト ∧::. :i }
  }/ !:∧: ! : : / 〃 {:.i::::ト1    j:/       乂__ソ ノ' んヘ::. l            いろいろと大変だが、一緒に頑張ろう
  ′|:′〉l: : :′ヘ 乂__,ヅ   /′              .'ノノ ∧|
    |! { f!: ∧                 ヽヽ  ム ノ , |
    八 |: {ハ丶  ヽヽ        '           瓜イ {,
       `i: トミ‐丶             ,      人=__ノ
      ∧{   下:ヽ        ー    ´     /:ノ:入
       「 ̄:≧ミ介 .             ..イフ下::..ヽ:\
      └≦//..:小:::::{>  ..       ∠ { \:ハ:::::..\{
        // .:.:: | ∨´   r} `  一 ´  ,レVヽ ‘,:::..:..ヽ
          {:'.:.:.::::::|   ,ィフ\       /  ∨ \ ヽ::::::..:‘,






         ∧
         / |
        〃 .|
       .//  |           ___ _,. イ
      / |  /  _ __     /       /
      ( |. /; ; ; ; ; ; ; ;.;.;>、/ /    /                      に、入学したら先輩である私を頼っても―― >
      ヽ.! /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; < ̄ ̄
      / V; ; ; ; ; i; ; ; ; ;.;.丶; ; ; ;ヽ    ニヒヒヒ
     .///; ; ;./; ;/|; ; ; ; ; ;.;.;l; ; ; ; ;.i
     |/; ;./ ; ;/; ;/ .l .ト、; ; ; ;.;ト; ; ; ;.;\ _,            お姉ちゃんと同じ学校だからって、変な目でみんなよー
    ノ ; ; |; ;ノイ/⌒l | | ; ;7⌒| ; ; ! ̄
   /!|; ;A ; ; l∧|⌒リ  ! ; ;/ ノヘ!. ; ;l              変な噂建てられちまうぞ、兄貴。
      |.!/{ ト、 ト弋シア ノ/弋シア; ;ノ
      |.!; ;ヾ; ;\ ,.,.,.     ,.,., !イヽ
      l; ; ;.| ; ; ト、   rt.、_’ ノ ノ ; ;}                                  なっ! シャーリー! >
     /; ;l ヽ、; ;\>` ー´.ィ /イ /
   ./; ;/; ; ; ;>ーヽー穴t;. |  '´
   /; ;/ ; ;/ヽ、 \ /《ム,\⌒≧
 /イ; ;/ミ>/!L_>< {ミh,,入_}
   //⌒ヽ<   ノノ    マミhV フト、
  ./ l    \  >=  _`マ》Y<>、
 /ヘ∧    \V/ / >  ⌒\   ヽ
  ノ .人     Yヽ /       ,)、 /






合格した日の夜、いつも通り夕食の席でご飯を突いていると家族からおめでとうと言われた。正直どうでも良かった。

バルクホルンは嬉しいのだろうか? 口ではあーだこーだ言っているが、口元がにやけている。これは幼稚園の頃から
変わらない彼女自身も知らない癖の一つだった。

そして、その事に気付いているシャーロットが姉の事をからかう。顔を真っ赤にして起こるバルクホルンだが、シャーリーの
ほうが一枚上手だった、軽くあしらわれている


どうでもいい光景だった。彼にとっての本番は、入学してからの後なのだから……

1283 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/10(日) 01:18:21 ID:1/DTO94M0
特に見送りなんかあったわけでもなく、姉のいた頃に比べると随分と平穏な卒業式が終わると、すぐに月日が開け入学式

新しいクラスへと変わり、席へ着いたが……特に変わりない。中学校の頃何度か見た顔が3つほどあるだけだ。

担任の先生からありがたいくだらないお話を聞くと、続いて部活動の入部届を渡された。来週まで見学して決めろとのこと

彼は受け取ると欄に「陸上部」と書き即座に担任へと突っ返した。一瞬驚いたような顔をしていたが、名前を見るとすぐに
理解したような顔をして、「君がバルクホルン君の弟か……」と珍しい物を見るような目でこちらを見てきた。


あぁ、変わらない。ここでも、彼に対する偏見は一切変わらないのだろう。また中学校と同じことを繰り返すのだろうか?






               >─‐-= 、
              .> ´        `<
            /   __ノ   ー‐  ',
          /                  ',
        ./      ,. -―     '―- 、  ヘ
        /      (●_ノ   ヽ●__)  ,
        ,         /   、   、    i
       ',         {     人   }    }
        ゝ         ` ‐-‐'  `ー‐'     /、
        /\                ,ィ´ ̄}
          /   \  ー- __, z= '´  ∠i
       /      \.  /       ‐' ´ .|
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉
////,'.: : : : : : : : : :|  |  | : : : : : : : : : : l;/{/////////\
///,i : : : : : : : : : :.:|  |  |.: : : : : : : : : : .∨////-一"///∧
///|: : : : : : : : : : : |  |  | : : : : : : : : : : : ゝ////////////∧
///i:.: : : : : : : : : : :|  }  |: : : : : : : : : : : : : {/////////////∧







どうでもいい。心底どうでもいい。本当にどうでもいい。ふざけるなよ。

燻ぶり続ける感情を無理矢理落ち着かせると、彼はそそくさと学校を後にした。

1284 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 01:18:28 ID:KBjBmMpM0
ここからが本当の地獄だ・・・・・・・

1286 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 01:19:33 ID:aQJ/v.O.0
幼馴染組も同じクラスかw

1287 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 01:19:38 ID:7TpQM0V60
ついに三人組に対しての認識も薄れてきたか

1288 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 01:19:40 ID:q2puZcNY0
扱いひでーw >中学校の頃何度か見た顔が3つほどあるだけだ


1343 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/10(日) 01:33:48 ID:1/DTO94M0
.             /    ヽ: : : : : : : : : : : : : i : : : : \
           ´    //.: : : : : : : :.:i : : |: : : : : : : :.
             //: : : : : :./: !: !| : : | : : : : : : r‐…‐-ミ
  r一'"        イ ;. : : : : : :.:/ |: /| 八: :∧.: :.: : :.八       \
   ー―‐一     |/.: :.: : :.:/ _j/.イ: : :./ ‘: : : : : : : :.      ヽ
            /: : : :.:/j/‐- / ,: : : :/   ‘: : : : : : : :\
              / : : : :/ 厶=ミ  /: :/-―- Ⅵ : : : : : :.、\            ふぅ、タイムは……まぁまぁだな
           厶イ}: /〃ん:::ハ ゛//   x≠ミ ` : : : : : ト、:.  ー―
           { (:j/i ゛ 乂::ツ ´    'んィ::;ハ i: : : ; :.|  }
              \ゞ:. ''          乂:ン j} |: : /'Ⅵ
            __} ー                ,, , '|: /
           く /: :ト.八     ′       /ノ}/
           /: : :|⌒^      ‐ 、      ィ_}\
           ,: : : :.|   __| >    r=≦__ノ: : く
             i: : : : |_/::__|       |::::=ミ \: : ヽ
             |: : :x「::::::::{ 、       /∨:::::\ ヽ: :‘,
           x≦o,'/|:::::::::::、 \   / /::::::::::i/o≧x: : i
         r≦//>:'"|:::::::::::::\ /Y { ,/:::/ヽ: |:\///,\
         |::::::::\::::::::| ::::::::::::::: ∨| ,У:::〈__/:: |::::::⌒7´::::‘,
        |::::::::::::::Y::::|::::::__r一'⌒V⌒ー┐::::::::|:::::::::/::::::::::::i
       | :::::::::::::|:::::L「:::::::::/r介t \ ーt__」:::::::;:::::::::::::::|






学校に通い始めてから既に半年が経った。陸上部には以前と変わらず姉がいるのだが……既に、自分が追い付けるような
場所にはいなかった。高校に入ってからは自分よりさらに早いのが複数人いた。県大会でみたのも居ればそのうちの何人かは
県外から何時間もかけて通学してきているやつもいるのだとか。

そんな才能のある奴の中に混じって青年は苦悩していた。努力だけでは限界があるということを、更に辛い現実と共に突きつけられているのだ

努力はしている。練習は人の倍の倍だってこなす。しかし、圧倒的な差を縮めるどころか逆に日に日に差をつけられるばかりの毎日に
中学生時代の時より自分への劣等感が強まっていくのを嫌というほど感じていた。

学校の敷地内を延々と走っていくうちに、誰かが言ったわけでもないのに声が聞こえてくるような気がした

自分は姉より劣っている。姉は優秀なのに弟は……。妹にも負けている奴。才能がないのに……


奥歯を噛み締めたが、そんなことをしたって何かが変わる訳では無い。ただの威勢のいい強がりだった

1377 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/10(日) 01:43:58 ID:1/DTO94M0
陸上部に関するストレスと、日々の異常な練習量が相まってか、勉強の方も支障をきたし始めていた。

一年の学期末考査で5位だったのだ。こんな下の順位は初めてだった……ほんの数点差だったが、それでも差がついてしまったのだ
それまでずっと一位だったのに、今の今まで、姉妹と唯一同じだと誇れた分野だったのに……

成績表を貰った手が震えていたのを覚えている。日々の睡眠不足のせいか? それとも試験休み中も練習に打ち込み、
疲れが取れていなかったせいなのか? 原因はたくさんあるが、どれもどれもが少なからず今回の件の一因となっているのは
間違いないのだろう。


その日、成績表を貰った後の授業内容は全くと言っていいほど頭に入らなかった。








         , -─‐──‐-、
          /       ゚    ヾ)
       / ;  ゜      °  \     /⌒ヽ
      l  U      ;       l    /   r l   /⌒\
       |         u.    ;   |ー‐‐--'   f、l__/     ヽ
.      ! u.         ∪      ノ   ,;         /  ヽ
        ゝ          :: i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ  /ヽ   ト、_
          ヽ      "'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノノ  {____ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜

1415 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/10(日) 02:02:21 ID:1/DTO94M0
そこから辛うじて持ち直し、三学期は再び一位へと返り咲いた。そして学期末考査もなんとかトップの座を死守。一年生の成績は
一位で終える事ができた

しかし、それは陸上部の自己練習を幾つか犠牲にした結果だった。そして、青年はその結果を払う事になった。

端的に言えば、タイムが急激に落ち始めたのだ。元から無茶な練習のせいで体が壊れ始めていたのだが、それに加え
精神的不調とストレスが祟った。彼の順位は中の上クラス。上位グループから落っこちてしまったのだ

一年生が終わり、来年からは当然二年生。当たり前のようにこの高校を受験して合格してきた妹が来年には来るのだ

そうしたら、自分に対する色眼鏡はさらにひどい事になってしまう。姉にも妹にも勝てもしない劣化品だ、どうにかしないと……


胃が痛み続けるのを無視しながら迎えた高校一年目と二年目の間の春休み。
























               _  -─‐-  .
            . ´           ` .
            /                ':,                       どうしてお前は努力をしないんだ >
          /    -─‐    ー‐-  ',.
         ./      -―       ―-
        /     (  ● )   ( ● )  i     ……は?
         ,       /   、   、   |
         ',        {     人   }   }
          ゝ        ` ‐-‐  `ー '    /、
        /\                .ィ  ̄}
          /   \  ー- __ .。-<  ∠i
       /      \.  /       ‐' ´ .|
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉
////,'.: : : : : : : : : :|  |  | : : : : : : : : : : l;/{/////////\
///,i : : : : : : : : : :.:|  |  |.: : : : : : : : : : .∨////-一"///∧
///|: : : : : : : : : : : |  |  | : : : : : : : : : : : ゝ////////////∧
///i:.: : : : : : : : : : :|  }  |: : : : : : : : : : : : :{/////////////∧





それが堕落への始まりでも、地獄への落とし穴でも。

唐突な父の言葉に間抜けな声を上げる青年に、救いが訪れる

ようやく、彼の無意味な生活を全てぶち壊し、価値の無い人生に終わりを告げる時が来た。

1419 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 02:02:56 ID:7TpQM0V60
…………ええええええ!!!?

1420 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 02:03:24 ID:Ob8RyGbM0
幼なじみでもなく姉妹でもなく親でもなく救いの神はおじいちゃん!?

1421 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 02:04:02 ID:BI5sz/qE0
はぁ?(憤怒

1428 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 02:05:20 ID:wbRQMPoM0
サンキューパッパ

1429 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 02:05:44 ID:oLPJEfew0
まさかのここでお父様が動いただと!?


1454 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/10(日) 02:09:21 ID:1/DTO94M0
うん、私も疲れているらしいから今日はここまで……





続きが気になる? だがみんな待ってほしい、死ぬほど頑張っているやつに対して真顔でどうして頑張れ無いの?

って言ったらどうなる?


30文字以上50文字以内で答えなさい(配点 10)

1457 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 02:10:43 ID:jU3qSyVQ0
乙、ここでとめだと!!??

1458 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 02:11:06 ID:aQJ/v.O.0


1459 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 02:11:11 ID:LMhHfh920

確かに頑張れって言われるよかいいな

1460 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 02:11:16 ID:oLPJEfew0
回答
今までのストレスを色々ぶちまけた後、すっきりして無気力になる。

1461 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/10(日) 02:11:20 ID:8zsyIjN.0
ここでまさかの終了乙です








関連記事
  1. 2013/12/01(日) 23:10:40|
  2. 七色@七色劇場
  3. | コメント:7
<<[糞ゲー] 04 | ホーム | [糞ゲー] 02>>

コメント

心がマジ痛い‥
  1. 2013/12/04(水) 23:52:18 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

SIRENの宮田先生思い出した・・・
そりゃ[ピー]しちゃうわ
  1. 2014/04/14(月) 15:19:21 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

俺の人生とよく似ていて やる夫に自分を投影してしまうv-406
  1. 2014/06/15(日) 00:01:18 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

長女:合格祈念として家族で外食
長男:「できて当然」+いつも通りの夕食+中学の卒業式に見送り無し

人生の節目ですらコレとか糞ゲー過ぎるだろ・・・
  1. 2014/08/14(木) 14:31:46 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #O082Kvds
  4. 編集

なんで進学校にマラソン県大会上位がちらほらいるんだ
進学校で高校スポーツ特待があるとかありうる?
  1. 2014/09/04(木) 16:36:00 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #grLoIR/2
  4. 編集

↑昔通ってた高校ではスポーツ特待と学業優等なやつらの二種類いたぞ。
公立じゃなくて私学だったから出来た芸当かもしれんが。
  1. 2014/09/04(木) 20:08:16 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

他の道が見えないほど余裕が無かったのか
周囲から無言の圧力?
それとも自分に課した枷?
  1. 2015/07/05(日) 11:07:13 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #2NFEem4w
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyarusp.blog.fc2.com/tb.php/959-d5169d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)