FC2ブログ

やる夫まとめに挑戦

[糞ゲー] 05


4345 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/21(木) 23:45:13 ID:TJQ8/X9g0
  ........,,,__,ノ_儿,,..r‐‐‐---一' く..,,_,,x<⊂ニゞ:ヾヾ.:::::r'⌒(⌒フ)ーヘ......); ;; ;ヾ ; 、
ー─‐----─==气 √ ̄ ̄ ̄~'ー-==≪⌒ー(⌒フ⌒Y⌒ヽヾ.: ; ;ヾ::::; :ヾゞヽ., ; . . .
  丶  `Y゙  ,rシ’{{,,______,,,,....__( ̄廴仄)⌒介く..》⌒ーヘんクヾ ;(フ: :(フヾ.: ; ; ;、
    \,,_ ‐-rシ’  ゙ー----rr─( ̄廴x<⌒)ゝーヘ__)ヾ.: ;ゞ;;::ヾ(フ(フ ; ;ゞヾ.: ; ;ヾ: : :丶、.: . ..
     {=  ー彳      (⌒(⌒フ(  )べー(⌒)んJ.: \\ヾヾ:: ;ゞ;;ぃつ; ;ヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヽ丶 .. .
    {   ¨入__,,......__,,.<⌒介⌒Y⌒フ(フ<⌒(⌒7ぃ; ; (⌒フ..ゞ;; ;ヾ ; ;ひJヾ  ;ヾ ; ; :ヾヽ: :., ;
     广´   ;;广 ̄て⌒Y⌒7ー<⌒フ《 f⌒介⌒Y⌒Y⌒ス); ; ゞ:ヾヾ.: ;ゞ;; ;ヾ ; ;、 .: ; ;、 ; ; .
     ノ`¨´  '^.:.;;⌒'く⌒介く⌒)介く__込ノ“ 人ノソ⌒Y介く._,,jj); ; ゞ:ヾヾ.: ;ゞ;; ;ヾ ; ;丶ヾ.: ; ;ヾ ; ; : 、
   /"フ'小`゙`   ミテえrヘ  )んしヘノ  介ーヘr久n,,人んJン    ゞ;; ;ヾ ; ;丶ヾ.: ; ヽ ; ; :ヾ
 /       _,:=ミシ′   `´   `¨´  (丿   从
'’     ー=广¨´_               ん癶)
  ,,_  `ミラ′   _ _
  ⌒`ミミシ′   -  _
 "'ヽ、シ′           ‐ ‐
'  、シ′
 〃               ‐  _
 ;′
-{
=i    _,...ノ                        -     _            ,
}{  Y⌒       r'⌒(⌒(フ⊃    ...,,,__..... .. .     ..   ...,,_  _ _       ,
片  }}     f'゚ (⌒Y⌒癶x<⌒フ)      . :;  r'⌒ ..:..;;..... ⌒ヽ _ -   -   ′
_入,,ノリ   r┴く⌒さ⌒)》んしヘ)            zA             -  - -《
 彡く   { 「 ̄⌒ーヘノ           ゙~'':;,. ..;:}{::;;;;;.;,,; ;';';';';';';'; ; ,  - -   - (
   ニ)、 } }              ,.:'      "゙´ }{   `"''''::;;';';';      ニ __ ─ヘ
"' ゙`二Y沙′    . :;;;....,,;;... . .:'        r Y从.._.. ....    ゙"》,:    - ─  ─ ゙㍉,,_
  二三《_      ,;::'′                      ,,、,,;:''~:::: : ,,、   ニ ニ ニ _   ニ ー
ニ二三癶三二ニ=─-  _               ;'゙~:"゙~´ . ..,,、..::    ⌒ヽ 二  二   二  二  ‐






長い冬も明け、厳しい寒さを乗り切った桜のつぼみたちが鮮やかな花を咲かす。世間一般では、この季節になると進学やら入学で騒がしくなる季節だ。

桜並木の通学路を、真新しい制服に身を包んだ中学・高校生たちが期待と不安に満ちた目で学校へと向かう姿は、何処か懐かしさを感じさせる。

4月、既に入学式が終わり高校では新しい学年でも浮かれた気分を拭い去るように、学生の本分である学問にはげむべく授業が始まっていた。



4353 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/21(木) 23:55:12 ID:TJQ8/X9g0
見る物すべてが全てが新鮮さに包まれる中、他の例にも漏れず……この青年も、視界に映るものが全てが新鮮だった。

それが新鮮だからと言って有意義な物であるかと尋ねられたら、答えははっきりと言おう、NOだ。彼の目に映るものすべてが濁っている。

今の青年には勉学への熱意も無ければ、陸上に対する執着心も無い。姉妹に対する嫉妬や羨望も無ければ……今までの物が全て、消えていた。



彼が家族に暴力を振るってから、既に二週間が過ぎていた。



姉は臓器を痛めたせいで朝は病院通いの日々が続き、妹も諸事情により暖かいこの季節に首を覆うネックウォーマのような服を着込んでいた。

この理由を知っているのは教師陣のうち何人かだが、最も目につくことと言えば青年の生活が一変した事であろう。










               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

4367 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/22(金) 00:10:34 ID:VSyGbrNE0
朝はいつも4時に起きるようになっていた。もとから部屋に物を置か無し主義であった青年の部屋には、今では服をしまうための
タンスと、寝るためのベット。そして、今ではもう必要ない勉強道具の数々が無造作に置かれていた。

家族が誰も起きてこない内に制服に腕を通すと、誰にも迷惑をかけない内に家を出ることにしていた。彼にはお弁当も水筒も無い。

あの一件以来、父親は青年の事を避けるようになったが、母親のほうは真逆の対応をしていたのだ。何故こうなってしまったのかを
青年の幼稚園時代からの幼馴染に尋ね、彼が通っていた中学校へ行き教師や陸上部の顧問から話を聞いて顔を青くしていた。

そして、高校での狂気じみた生活を聞いて、自分がどれだけ愚かだったのかを痛感していた。母親としての職務を怠った事を悔やんだが
既に遅い。

弁当を作り水筒と共にテーブルの上に置いておいても、青年はそれに見向きもせずにまだ薄暗い外へ制服で出かけてしまうのだ。

ご飯は、全部自分の貯金を切り崩してコンビニで買っていた。お年玉、誕生日、こどもの日……もともと物を欲しがらない青年は
そう言った記念日には物の代わりに将来への貯蓄として金銭を受け取っていたのだ。









                      /                 ヽ
                       /                   '
                      , ,                 ',
                 i ゝ ̄ ''ー-                !
                  {   {__  ヽ  J           }
                     ',   マj  ̄ノ           /
                  ゝ  `   ´           ∠ _
                  { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
                    ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
                        `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                             j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                              /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                          {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                             !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                            |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                           |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                               }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                             !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                             /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !
          _                   {     ヽ:::::::,.ィ´::::::::::::::::::|  |          |
         ,.ィ:::::::::>..               ! {     `フ´::::::::::::::::::::::::!  !          |
       /:::::::::::::::::::::::`''ー-- ==..,, _,.rー'| i {  {. i'::::::::::::::::::::::::::::::!  !          |
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ| i  ! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::|  |         |
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ.ゝ. ヽ.ノ::::::::::::::::::::::::::::!  !          |

4369 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/22(金) 00:11:46 ID:L9NHdBes0
カーチャン…

4370 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/22(金) 00:12:25 ID:crmEPs.g0
なあ……泣いて良いか?(くぐもった声

4371 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/22(金) 00:12:46 ID:P1o.tGy60
かーちゃん・・・

そして糞親父・・・


4385 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/22(金) 00:22:22 ID:VSyGbrNE0
何度か参考書やらシューズを買ったりしたが、それでもまだ学生的な価値観から言えば裕福だ。

全財産が収まったボロボロな財布と、陸上部時代に使用していた大き目のエナメルバック。中には勉強道具は無く、筆箱だけが入っていた。

これが、彼の登校する時の持ち物だ。あの夜明け独特の静寂と冷たさが頬をなぞると、行くあてもなく青年は早朝の街を放浪していた。

学校の教室が開くのは6時ごろなので……まだまだ2時間ほど時間が合った。


これを毎日どう潰しているかというと、

公園のベンチで横になって、足りない分の睡眠を補ったり。
客のいないコンビニで今日の夕食はどうしようかと悩んだり。
今まで碌に知らなかった自分の街を散策してみたり。
学校近くの裏路地でバックを抱えてただ時間が過ぎるのをまったり。


正直のところ、自分でも何がしたいのか分からなかった。ただ、家で元家族に会うのとだけが嫌だったので家を出ているのだ。








                   / ̄ ̄ ̄ ̄\
                / ⌒    ⌒  '.
                  / ( ●    ● )  ,
                   |    (_人_)   l
                \   V___ノ    イ
              _{介ー   -=彡へ、
                /:::::ゞ_〉,`ヽ  〃 }_/:::::\
            /{:::::::::::::0|  `V ノ`ヽ:::::::::::::::ヽ
            /:::::::::::::::::::::::|  〈 {   Y::::::::::::::::.
           /:::::::::i::::::::/::::::::|   } 八   ノ }\::::::::.
          {::::::::\:j//:::::::0:|   i  `T、_/::::::\::::i
        ∨::::::::∧ ,::::::::::::::!  {    ∨\::::::::::::\
         .∨::::::::::い::::::::::::|  ;     ':::::::\::::::::::::〉
             \::::::/:::::::::::0:|  i     ':::::::::::\::::/
            ヽ{:::::::::::::::::|  {      '::::::::::::{`¨
                 |:::::::::::::::::!  ハ       |::::::::::::.
               \::::::::::リ /:::::\    |:::::::::::::〉
              i\::/ /:::::::::::::ヽ__/!::::::::/
              i::::::::ヽ':::::::::::::::::::::::::::::}::/:;
              |:::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::.
              |::::::::::::::::::::/  ':::::::::::::::::::::::::i
              l::::::::::::::::::/   ’::::::::::::::::::::::|

4412 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/22(金) 00:36:08 ID:VSyGbrNE0
さて、無意味な早朝の2時間を過ごし学校が開いたところで一番に登校するのが青年なのだ。これは陸上部に所属していた頃と変わらないが。

あの事件からすぐに「もうやる意味なんてないから止めよう。バルクホルンさんの迷惑にもなる」と思い、顧問の所へ退部届を
提出した青年はもう陸上部の部員では無い。……青年がそう思い込んでいるだけであって、実は退部処理などされてないのだが。

これもバルクホルンとシャーリーのことが裏でいろいろ関わってきているのだが、まぁ既に彼は関係ない。


今の彼には、これからどう自分で生きていくかが重要だった。なにせ、食い扶持なども自分で稼がなくてはいけないのだ。

寝床はあるが、個人的には今すぐにでも抜け出したかった。じゃないと、罪悪感と虚しさで今にでも押しつぶされそうだったからだ。



とにかくアルバイトをしようと考えているのだが、いかんせん両親の許可が必要だの履歴書で親の名前や許可書が必要なのが
多く、進行状況は悪い。意外とアルバイトも厳しい物だなぁと感慨深く思っていた。









                   ____
                  /      \
                / ─    ─ \
             /   (●)  (●)  \     .,ィ⌒ー、
             |      (__人__)     |     .,ィ! r' / ヽ
                 \     ` ⌒´   ,/     ∨ヽィ__//
              _r:{:::::::::;;;;`マ´イ:::::/`ー--ミ、_/ !| ト_`イ!|>,
           _,...::´:::::::::::`:::::::::|;i;|:::::::::::::::::::::::::::::::/ .| ! ト、マ !.l. }
          ,..:<:::::::::::::::::::::::::::::rイ:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ' Ⅶ! j. l_,」
          ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::○:::::::::::::::::::::::::::::;′   .N_/ .|:::!
       .!::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::;′    ヘ/. .|:::|
       j:::: ヘ;::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::;′     .ヽ/..|::ハ
.       /::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::;' (⌒ー、  '   .|::::i
      /::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::|::○-:::::::::::::::::::::{ ,ミ≧__」     j:: :|
      /:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::Vミヾニ=       ハ:/
.     l:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::λ`-'"     /::/
.      |::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::′\       イ`´
.      |::-‐¬ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::!   `ー-- <
.       |::::::::::::ヘ|:::::::::::__::::::::::::::::|::○-:::::::::::::::::::::|
     ∨:::::::::::ヘ==¬:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::!
.       ∨::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|

4433 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/22(金) 00:46:04 ID:VSyGbrNE0
              . . -‐…・・・…‐- .
           ,.  ´            `丶、
          /                 \
        /   / .::   -‐=ニ二 __\_\
       / .:   .: .::/.: .::::::::}:::.、::::::::::\::::::::::::::::::::ヽ
     // .::::::/ .:: ::/ィ.::::::::::::ハ:::l\:::::::::::::\::::::::::::::::::::.        おはよー、今日も早いんだね。
    / /.:::::::/.::::::: :::/ /.:::::::::::/ }:::|  \_::::::::::::::::::::::::::::::∧
   '   .::::::::/ ::::::/::/ /:l::::::::::/ '「:厂 ̄ハ`:::::::::ハ:::::::::::::::ハ
  /    |::::.イ ::::::/::/⌒/!.:::::, '  l/ ィ爪「心',::::::::::{ト、:::::::::::\ゝ                          ………… >
.       l::/ !:::::::ハ/_,∠.」:/   /  rし:::::ハ》,:::::::ト、\:::::::::::.\
     八l/|:::::::{ 〃し心`       弋::シ  ∧::::ト }::::::ヽ::::::::::.
      /:::|:::::::ハ八弋::ツ      ::::::::.:.:   ∧::!/:::::::/ ヽハ::.
.     /.::八::::{人ヽ :::::.:   、         .ィV.::::::/    `ヽ
     /.::::. イヽ!  ',ハ        _       /:::::::::::/
.     厶 "     }人     ー'     イ::::::/イ
            八\> .        イ |从′
                ヽへト≧=┐´     V^:..、__
                       x-‐|    /.:::::::::::::::`丶、
                _/::::/  /.:::::::::::::::::::::::::::::::\
                 ┌<:::::::/  /.:::::::::::::::,   '"´ ̄ ̄`ヽ
             「|:::::::::::/二二'.::::::::::::::::/          }ハ









         ァ、     ___
           f//> ´      ` ,.  ァ77ア
          {〃           く,'///
                     /    ヽ,/、
.          ′   |_ヽ /   /!__ l      .
        i   N  Vヘ,、__/ L」_| ∪   i            朝からタウンワークを読み漁ってる高校二年生って、どういう事ですの……
        |    |  ∩    ∩|     |
         レ1ヽ_」  ∪    ∪|  \ |、
          /  〉ゝー '  ̄ゝー ' |    ヽ! ヽ
.        ⌒ヽゝ __」::::::::),..イ  | ̄`Y
           }/l┘___,石く /j/\|   l
         /     >ュ   У ∨     丶
...        /     / ⌒!⌒≠   ∨        \
         ̄{  _/  /.|   ヽ  ∨     厂`
         ヽ《   〈 !   /   V    /
.         ̄ ̄入ィ⌒} ̄フ∠___/ ̄ ̄ ̄
                 ̄  ゝ(_,)ュ/






コンビニで拾ってきたタウンワークに目を通していると、既に辺りには人が集まり始めていた。時計を見るとそろそろ朝のHRの時間だった

時間が経つのは早いなぁと思ったが、どうせ授業は受けるつもりはないので関係なかった。誰かの声が聞こえた気がしたが気のせいだろう。


「今まで教科書を読んでいた学年主席が、二年生になってから自分の席でアルバイトの求人票を読み漁っていた。」


周りの人間の目を引くのには十分すぎることだった。……教室の扉の前に、妹の姿が見えた。すぐに消えた。気にしなかった

4445 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/22(金) 00:57:30 ID:VSyGbrNE0
                       -── -  _
                   :'"::::::::::::::::::::::::::::::: 丶、
                 //:::::::::::xヘヘ\::::\::::::::::\
                    /:::/:::::::::::/'⌒⌒' :丶:::::\::::::::::ヽ
               ,':::/::::/:::::/     l:| \::::丶 :::::::'.
                   ::::/::::/::: /       !|   ヽ:::: \::::l           あら、アルバイトかしら?
                |::,'::::/l::::,' -―    リ-―‐-':;:::::: ヽ|
               V:::/:::!/|  -     ‐   ';::ヽ::::';
                 /::/::: |:N __     ィ==-、 }::い :|
                  |::ハ/^{:|〃´⌒`       ,, ハ|∧:l
                  |,'ハ(小. ''     '      ー/  ';!
                  |!  `、:ーヘ、     v ァ    イ:,′ j|
                  \:::l> _     , イ/:::i
                    ';:::|::::r|> ー '´|::Ⅳ:::::|
      r-、              |:::L:八    |/│::::|
       \\   fヘ-―t―ェェ|:::|<\\ //;>|::::::l>、
        \ヽ__ |│ヘ   ̄ ̄j::∧\>ィ介ト<;/∧::::|丶、辷>、_
          /'´ヘl│ '、    |/ ヽ{ ̄{{_} ̄}/ ヽ:|     / |
            { ヘ'.} ∨ ∨  /   `7/{{ヘ匕.   丶   / │





と、彼の目の前に新しい担任の先生の姿が。クラスが変わり、担任も変わり、新しく女性の先生がこのクラスに着いたのだ。


「でも、此処の学校は進学校だから、あまりアルバイトは推奨されてないわよ?」


やんわり、それでも明確な意思が感じられる言葉だった。彼女は青年の事を知っていたが、それは書類上の事だけである。


「分かってますよ、先生。ただ興味があっただけです」


そう答えると、青年は雑誌を何も入ってない机の中にへと放り込んだ。

4463 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/22(金) 01:05:58 ID:VSyGbrNE0
                        __, ― ――-- 、
                      , ' ´´7         `  、
                     /    /l           \
                   /   , l '」 ,      i 、    ヽ
                   /ィ   l .l`´l l、  l、 l   ! l.    ',
                   ,' l  /l l.  l l ヽ_」寸ト、 !  !.    '、
                    l  l l‐-リ、 ',「´ィ云zァ Ⅵ  !    ト 、      ……おい、教科書はどうした?
                   /1 ,Ⅵィ'心!  、ゞ孑'´   レ、 ,'  ト、 ヘ',`
                    レ ! ィ.l`´/   `     l / /' !| .|       ノートも出てないじゃないか。忘れたのか?
                     l/ l l 、          И l/ィ/ , !
                        、`          i/斤'´ リ`
                        ヽ  ' 二  ̄     イ !.  ,
                         ヽ , i i i , , 、/  .レ!Ⅳ_
                          ヽ.l ! i イ´  /-‐'  ̄ /、
                          /´.',  /´.!    ノ_: :\
                        /    l / -‐┘  / :  ̄: :ヽ、
                         ̄_二ヽ レ'´   -‐'フ--―- 、 /:.:.:.`‐-. 、
                       ,. :'7: ̄ :7<-‐  ̄-‐/ : : : _: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:`‐- 、
                    -‐':´ : /: :_ ├ζ二-‐/-‐ ´ : : : ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                ,. :'´:.:.:.:.:.:.:.:/' ´: : : :,' ./   ./: : : : _ : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : : _: :l ,'    /-‐': :´ : : `V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/'´ ̄ : : `! l   /: : : : : : : : : :,':.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:!
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l/: : : : : : : ! !  /: : : : : : : : : : /:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l



「勉強する意味がないので、持って来ませんでした。」

3時間目、現代文の授業中での青年と先生のやり取りだ。ちなみにこれは今日で3回目である。

もう姉妹と張り合う意味も無いので、勉強なんてする意味がない。これが彼が二年に進級した時に先生に言った言葉だ。

4497 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/22(金) 01:17:29 ID:VSyGbrNE0
          } }\`丶、          /'      ´ / {:{
         {:{  \ `丶、   __〃_  /  /   }:}
          '::.    \   >´─-、: :{{: : : '⌒ : <     ::′
          ':::.     >'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \  ::′
           '::.、 /: : : : / : : : : : : : : : : : : :\: : :\V
               ∧∨ : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : :ヽ
.              : :/ : : : : :/ : : : : | : : : : :| : : : : : : ハ : : : : :、
            |: ,′: : : :/:/ :/| :∧: :_; ィ| : :│ : / : i: : : : : : :           先生! 私が教科書とルーズリフを貸しますから授業を!
            i : : / : : :|イ: -=|/ ´ヽ: : 八: :^ト=:{-: :|: : : : : : : \
           V|: l : : : |:l/x‐==ミ∨  \| V\八 : : : | :i⌒         彼、ちょっと変わってるんで気にしないでください、ね!
             ',|: | : : : |´  :::::::::::::.     、x==ミ : : ヽ : 八|
             レ八.: :.:|             :::::::: {//∨
                ( (∧:八  u.   /⌒ヽ     : /
             \ 〈∨      { :::::::::::::    人|
                _>‐く\      、 ::::_ノ   /
             〔__x=ァヘ| 丶  _    .  ´
               /: /: rト、_    厂
               V:ルく    ̄了{下ヽ、
              イ::.::.::.\     |│l }、 \
                /  |.::.::.::.::.::丶  人爿人::\ \
                    |.::.::.::.::.::.::.::∨`〈⌒〉 '::.: \ \_
          //⌒'く二ニ=- .::.::.',  マハ  V:<\/:ヽ
          {::.::.::.::.::.::.::.::.::.::__>ヘ  | '  /|.::.::.:∨.::.::}
          ::.::.::.::.::.::.::. \::.\::.::. |\|  ∨│.::.::/.::.::.::
          ∨::.::.::.::.::.::.::.::\::.\::.\|\∧/|.::.:∧.::./.:|






幼馴染の奇跡的なフォローにより危機的状況を切り抜けれた。机をガタガタ移動させ教科書を見せてくるリネット。

その様子をざわつきながら見守るクラスメイト達……学年主席が勉強を放棄したのだ。

流石に持ってこないのはダメだったかと軽く頭を掻く。今度からは教科書とノートだけは持ってくるとしよう。

4509 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/22(金) 01:30:58 ID:VSyGbrNE0
ちなみにだが、彼は学校を退学しようとしても無理だ。姉妹のせいで、彼はこの学校から去れないのだ。

幾ら彼が自分から関係を断ち切ろうとも、姉妹の経歴の為にも教師陣の方が止める。部活動もそのせいだ。

まぁ、どうせこうなる事は分かっているのだが……







                      /                 ヽ
                       /                   '
                      , ,                 ',
                 i ゝ ̄ ''ー-                !
                  {   {__  ヽ  J           }
                     ',   マj  ̄ノ           /
                  ゝ  `   ´           ∠ _
                  { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
                    ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
                        `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                             j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                              /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                          {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                             !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                            |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                           |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                               }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                             !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                             /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !
          _                   {     ヽ:::::::,.ィ´::::::::::::::::::|  |          |
         ,.ィ:::::::::>..               ! {     `フ´::::::::::::::::::::::::!  !          |
       /:::::::::::::::::::::::`''ー-- ==..,, _,.rー'| i {  {. i'::::::::::::::::::::::::::::::!  !          |
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ| i  ! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::|  |         |
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ.ゝ. ヽ.ノ::::::::::::::::::::::::::::!  !          |

4719 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/23(土) 23:27:26 ID:E1IFrmqA0
                             / {/⌒ヽ
             }ー=ミ,      __/__//⌒'  \
             }  \ ^⌒´    /   ミ
                 丶/ . : : : : : : : : : : : : : : .\
                ∨   / : : : : : : : : : :И: .:/ : : : ∧
               / : .∨  .: : : : .:|: : : : : : :| :厶 |小: :∧
             ′: : :乂 { : : : : |.:|:|:イ|/ |人|/ : 八
.              : : : : : : : : : : : :八 :|从:/ 汽   八|/ノ'
           | : : : 人: : :| : : : : : Ν′ /)_    { '′       教科書も忘れちゃったってことは、問題集もないんだよね?
             八: :| : : : \| :| : : : : 人  Vク     ー┐
              人| : : : : : .:人.: .: : : : .\ 〟             私の好きに見ていいから。紙もたくさんあるから言ってね
              \: \: \. >ミ: : .{⌒   { ̄  八
               个ト \: \_, >     ノ /
 彡'⌒ミ廴__         ,>介ー{ 〕ト.._  ≧r―‐イ
  : : ; -{_j: : :└=ミ   __} : / :Lf ̄ミ x.   ー┥
  .:/   `¨¨乂: : ノミ/ ;ノ. : : ;ノ.:    .:≫=ミ∧__
          入: : .Y : :フ/´     .:′   .:∧{
.              `¨¨⌒^/ |   :   :       .:,
                   /  :|  .:|  :|      .:∧
                /  .:|  .:|  :|       .:/.:∧、
                  /  . .:|  .:|  :|      :/ ミ ∧\
              /   .: .:|  .:|  :|    .:   \ ハ
.               ′ .:. .:.|      :|    .:|      ヽ ;
            〈    .:  .:| .: .: .:|   .: .:|      }
              \.: .__;ノ .: :}   :|  .: ー=| .:    .:八
.       __   -==ニ二廴 `ヽ;ノ  .: |     ̄\.:.  .:/
  { ̄           .: .:.r≦   .: .:|.:  .:    \ .:/
              . .;ノ   .: .:八.:          \
.   ∨   .:                  .: . \.: .       \
    ∨       .:  .:/        . .:  .: \ .: .: .     \





「学年主席って聞いたのに、いったいなんなんだアイツは……」

数学Ⅱを教えている中年の禿が増した教師が頭を掻く。授業を真面目に受ける気すらない、学生として全くもって相応しくない輩だろう。

「あの学年主席に一体なにがあったんだろうか……」

一年生の頃同じクラスだった奴は不思議そうに頭を捻っていた。全ての授業において、難解な問題が出て行き詰った時、彼に頼めば
一発ですらすら解いてしまう。先生と生徒からしてみればクラスの最後の砦な存在な生徒が……

隣の女子生徒に机をくっつけて、教科書とルーズリーフを借りて、めんどくさそうにしながら教師に言われた通りに教科書と問題集にとりかかり
はじめた。


「もう自分には関係ない事なのに……最下位のバカでも一応は卒業できるんだから、しなくてもいいのでは?」

自分が主席から転がり落ちれば、全員の考査の成績が一位ずつ上がるから幸せだろう。

4724 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/23(土) 23:44:18 ID:E1IFrmqA0
                    ‐…━ ー―......¨{
          ー…=━ァ ´         \::::::::/八
.            }ヽ:::::/    /   :       ヽ::::∧
.            乂,〃 /      |l   .:   ∨  ,
             /  /   :|  .:||    |      ,   :,         残念な事に、新年早々に席替えしたせいで席が遠いですわね。
           ′  .:  .:|   ;ノ  . .:|   .:  ′ ′
            |   :  |  :| / |  .:  :|   | ;   i                     いいなぁ、リーネちゃん。羨ましいなぁ…… >
            | :|  .:| :|メ、|l  .:|l .斗 :|   .:| .:| :zU
            | l|  .:| :| .: 八 .:||  .:| .:|_ .:| .:| :|        まぁ、移動教室なら私が隣なので構いませんが。
            |八〆冂汞武  ̄  ̄汞武ミ| :  :|l  |
.             / ,小. Vrケ     Vrケ '|l | .:八 |                      嫌味なの? 嫌味なのペリーヌちゃん? >
            / / :∧ 〟..ノ'⌒ゝ ... 〟 八| :∧: .:|
            ,. /   : 込.         /从 ′} 八
.         / / .: /l .:个ト . ` .. イ| :/ .:| i: .:/:  \
      ,  .:/ .: .:/ :| .:|zUr《}爪   {>i :人 |.:  .: \  \
.       ′ .:/ / .:,r≪二三{: :人   ノ : : 辷彡二アヽ,: \  \
       i{  .: .:/ .:/ . : ⌒'ーヘ. : .:〉く : : : :厶イ⌒^: : : .} .: .:  ヽ
.       八. .:/ .:/ . : : : : : : : ∧:/Yハ.:/. : : : : : : : : :小. .: .:}  :}
.        ) .: .:/. :i⌒'⌒^; }: .:《 } i}.:/⌒/⌒^V : : : .:∧ .:ノ  .;ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄し{人ノし' ̄ ̄ ̄ ̄ゝし{_人ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄











            /     /     ノ      ',   \\
           //     /   イ       ',    \ヽ
.         〃 /     /   / .|     }     }     ヽ ',
       /' ,′   ハ  /| {    }     ト、 }     ', ,
          {      |/ {,厶L.八    八」__ ,ハ V     }.}           あ、もう問題終わっちゃったの?
            リ  ,   |ィ"{ ̄ `  ',  / 'Tナァiミ、|      ハ}
          ハ {   | lV       } /  」ノ丿 `ト、   l/l│           んー、それじゃ私に解き方教えてくれないかな
.          {  |八  | _,zニ=ミ、 j/   ,.ニ ..,_  リ   ,小|│
           {  \ ヘ、          ̄`ヾ/  /ノリ |/           こことか、ちょっと難しくて分からないんだけど……
               { .::::.:    '     :.:::::.:ノ イ(__/ ノ
              ヽ     、        厶-‐┐
                  \       ̄     . イ \-‐'
.            , イ二ニ=ー- .._> _     _, イト、ノ   )〉
           // 「     /  |ヽ` ー 'ニ -‐1  \-‐==ニ== 、
.          /  │   /   /|  /Y^|    |    \     / \
          {l   |   く     / .|/ |l |   ノ     〉   /   ノ}






全てが解き終わり暇を持て余していると隣の女子生徒が……忘れかけていたが、一応は幼馴染らしい。

彼女に解法を尋ねられたのでどれどれと、少し椅子を近づけ教えてあげる事にした。今は腐っているが少し前までは
学年主席の座をキープしていたので、この程度の問題なら躓かずに解くことが出来た。


一方、幼馴染の方は、「久しぶりに彼とまともな会話が出来た」と心の中でこ踊りしそうなほど幸せだった。こんな風に会話を
かわすのは彼が疎遠になり始めた小学校低学年以前の頃以来だ。中学校では事務的な会話ぐらいしかなかった。

授業中なのに幸せそうな顔を浮かべる一人に対し、席が遠い残りの二人組は嫉妬の会話をぶつけている。


こんな感じで、問題だけ解けば何も言われないのだろうか? 三人の心境など知らない青年は早く退屈な一日が過ぎればいいのに、と
ただただ、一日が終わるのを誰よりも真剣に祈っていた。

4725 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/23(土) 23:45:26 ID:xXWxl8OE0
うわぁうわぃ(涙

4726 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/23(土) 23:45:53 ID:RoZ67Y/M0
嫉妬wwww

4727 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/23(土) 23:48:39 ID:l0eDlbdU0
幼馴染が絡んでくるだけでテストで平均点以上が余裕で取れそうだな。


4728 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/23(土) 23:59:03 ID:E1IFrmqA0
さて、同じ感じに4時間目も幼馴染の手助けで無事に荒波を立てることなく乗り切ると、昼休みになった。

中学校の頃のように給食の時間と昼休みの時間は分かれておらず、全員がこの時間に昼食を済ませるのだ。

ここの進学校にある屋上は人の身長よりも一回り程大きく、頑丈なフェンスで囲んであるので生徒たちにも一般開放されている。

しかし、野ざらしの屋上はあまり衛生的では無いのに加え、風が強いので立ち寄る生徒は滅多に居ない


……彼にとってみればこれほど居心地のいい場所はあるまい。昼休みは基本的に誰も外で遊ばないので校庭から煩わしい声も無く
青年以外の人の姿は滅多に居ない。誰にも邪魔されずに、独りでゆっくり、無駄に時間を潰すには最適な場所だった。


昼休みを告げるチャイムが鳴ると同時に屋上へと向かった青年は、近くにあった用具ロッカーからブルーシートを取ると、それを敷き
ごろんと寝そべった。







                   ITTTTTTTTTTTTTI  _|_    ___
    _____________           /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~! iニi  . .| FFFF
    . |IIIIlミ|三三|゙ ____|ミ| LL LL LL LL LL | iニi,___| FFF
 ̄ ̄|!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.|__|.|==/
lllllllll |!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄. |IIIIlミ|三三| | ̄ ̄: ̄ ゙̄|ミi LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l
  . . . |IIIIlミ|三三||    :   :゙| | LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒
  _______________________'
   ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||:\
   ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||::. ||\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'\||:. ||\
  .................................................................................................................................'\||!.:;||\
  .......................................................................................................................................'\||:.!.||\
  .............................................................................................................................................'\||!.:.||\
  ....................................................................................................................................................\||!.:||\
  ..........................................................................................................................................................\||!..:||\
  ............................................................................................................................................................... \||!.:||
  .................................................................................................................................................................... \||

4733 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 00:09:24 ID:xO7mp2AA0
彼の懐は裕福だが、朝昼晩の三食を毎日揃えられるほどの蓄えは無い。つまりどういう事かというと、バイトなどを初めて安定した
収入を得られるまでは、今あるお金だけで日々を過ごさなくてはいけないのだ。

昼食を除けば朝と晩だけで食費が済む。これは、二日分の食費で三日間過ごせる計算になるだろう。


成長期の身体にはすこぶる悪いが、致し方なし。本音を言えば家にも帰りたくはないのだ……もう、あそこは自分が居ていい場所では無い。


バイトを始めるまではこのような生活が続くのだろうか? ちょっと自分の将来や先行きに不安がよぎる一方で、青年の心には充実感とも
よべるような気持ちが表れていた。自分を苦しめる物も無ければ、自分を苦しめる必要もなく、ただただ毎日を生きるだけでいい。

ちょっとお腹がひもじいという事を除けば、悪くない、堕落した生活である。バイトを始めれば多少はマシになるかもしれないが








               ,  - ──  、
               /         \
               /      ー- 、    ヽ
            /ノ          し   |          夕食はコンビニで大き目のカップ麺を買って、駐車場で食べればいいしね
             |      (ー‐)      |
             |( ● )     〃    l          ……んー、早くバイト始めたいなぁ
             |〃      ,      /
          , ヘ   (_ノ`ー'      /
           ,/   >-ヘ-ー―   <_
      ,.. '´   /ー:::'7.  |o   ,/::::/ ̄\
    r'"     ィ    /│  |   /:::::/  〃⌒ヽ、
    |    / |   / .|  |o /:::::/  /     \
    ゝ--<!  l  /::::::: ̄ ̄ ̄:::::/   l        ヽ
        ヽ__>-/::::::::::::::::::::::::::::::|   |         ノ






↓7      1.幼馴染
         2.姉妹

4740 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 00:10:38 ID:y6cIVdaY0


4757 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 00:16:40 ID:xO7mp2AA0
            //`ヽ } \,.  -‐──‐- . 、/    /   /
           /   __`ソ , .:´: : : : : : : : : : : : : : : < /    /
             |  ´ __, ソ/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\     /
           _ノ|  ´ ノ/: /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :\  /
        /   } ィ: : l/: /: : : : : : : :.|: : : : : : : : : : : :.\: : :ヽ/
      /   /   |: : l: /: : : :/: :/: : |: : : :|: : : : : : : : : : ',: : : ',        ……で、屋上にいたのは良いけど
     /__ / __ノ: :.:l/: : : :/: :/ l: /}: : : :|.:.:|: : :.\: : : :.|: : : :',
      「        |: : |: : : /: : >メ、レ: : :|、_ト、,. -:十: :.:.|: : : : ',        ここからどうすればいいのかな?
     |           |: : |: : /: : :/ __l/_l∧.:.:.| ヽ| \ト、 : :|: : : : :.',
     |           |: : |: /l: /.:tテ行う  \| ,rテェうソ  !::.:|: : : : : :ヽ       ,.ィ
     |           |: : |//l//' '' ゙゙´      ' '' ' ''/ ∧::|\: :\: :.\     //
     ヽ.          |: : | l/: 小       ′      u / :ヽ|.:.: : : : :\: :|  /: :/
      |       ( `V´ ̄`ヽ: : : :\   r っ   , .イ: : : : : : : : : : : : : :レ'´: : :/
      |       V´ ̄`ヽ i: : : : :.{.ヽ __ ,.ィ´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_ノ
        \ __ ノ´ ̄`ヽ  |\: : :.| ̄`ヽ /:/  ̄ ̄  ̄ '.  ̄ ̄  ̄ ̄
           { --- 、  ト、:::\:|   /:/ ̄ ̄\   !
            (___     |: ト、:::::{ /::イ        \   l
             |: : |   | / \ l /.:.:l . :        ヽ/
             |: : |  ノ/   \: :.:.:l/. : : : : . .    /






                       …―
                             ミ
                 /                 \
                                   .
               /             |  :|       :,
             ′ |      :  :|    |  :| : |  ′
             | |:   :|| .:|   .: | |  .:| :|  :|
           || |:|  ||| .:|   .: | |  .:| :|  :|   : |
           || |:|  |厶|:八 ー=|チ―| 从  |  :||          どうするもなにも……これを渡さないと意味がありませんことよ
           |八 |:|≦|.:   /    ,斗弁-ミ |  :   ||
           |  Ⅳ八斗弁ミ      Vrリ ′|:|   ||
           |l :|  .:ト Vrリ  }⌒ゝ _ ..ノ^ |:|   ||
              八 :|  小. _ ..ノ ′      ,〟 |l |   .:||
            Ν.: :|∧ ,〟          /八| .:  |小.
                | |:|分 .   `     /|:| | :/ || ,
                |∧ :|/ :| :|〕iト  _.. イ { .:|:| |/  :|  ∧
                |/  .:|  | :| :Ⅳー}   .ノ⌒V .:/   |l  :∧
              /  八 厶斗 /. :/>rく`X : : .∨   :八 :   :、
.             /  /´≫ー…〈: :/ :/.ノ[∧ : \:/ . .:/>x._ .: \
            〈   : | : : : : : : : :≧介V⌒{Ⅳ≫′  .; ⌒¨^㌧   \
          / ,  :l|. : : : : : : : :〈 /  .:| ∨/  / : : : :/.|.:   \
          /  } 八: : :{ : : : : : ;     .:| ノイ 〃 : : : : : : : : |   \: \
            . ノイ. : : : : .∨ : : :/ ノ  . :|  :八人: : : :/ : : : :|.:  .: \  ,
.      {{  .:  ; | : : : : : : { : : 〈 〈__  .: } 》 : : : |/. : : : : : 〉.:   |: \
        人ぃ  : / :| : : : : : : |__: : : ⌒^}ー=彡イ: : _/ : : : : : :/|l |   :| :|  }
.         ), :/ .:〈 : : : : .: .:|¨¨i}: : : : :|{。 : : : : l{¨¨¨/ : : : : : : : 八|   :| :人 ノ

4758 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 00:18:19 ID:BQzJF7O20
弁当か!!

4759 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 00:20:11 ID:um31om1Y0
弁当…!そういうのもあるのか!
てか用意してたのか!

4760 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 00:21:48 ID:xpobRHV.0
胃袋をつかめ!

4761 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 00:21:51 ID:VJFKkBdY0
幼馴染3人の弁当……主席落ちとか幽霊部員とかより、こちらの方が注目浴びそう。


4765 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 00:26:58 ID:xO7mp2AA0
            ..,,-===--─── -
           '´  . : ´ : : : : : : : : : : : > ` 、
               / : : : /: : : : :/: : ヽ: : : : : :\ ヽ
           // : : /://: : / : : : : \: : : : : :ヽハ
         /イ: : : :/:/ :|: : :{: :!: : :、: : :ヽ : : : : ハ: .
.         // : : : : /:/: : {: : ハ: |: : : ヽ : :ハ : : : : :’: .       渡したくても……なんていうか、そんな雰囲気じゃないよね、あれ
         〃: i: : : : :| :!_∠!_/ |」__:ハ: : :| : : : : }ハ }
.       / |: {: : : : :!7j/ j/  jハ: :ノ ̄j` } : : : }ヘ: }’
         |:ハ: : : :{ィf笊卞    f芹心jヘ} : : /:ハ/
         |:! ヽ: :トヘ弋ツ    弋zソノ i: : /jハ:/!
          jノ  \! :.   、         厶イ>ノ リ
                八           爪≦、
                  > .. `  ’   イ: : }ハ::::::\
                 /⌒>- ≦ ノ|: : :!: }\/
             /´ハ: : 厂¨`T!´. ト、ノノ
               /´: /}: Y:{   |.!  V:ヽ
          ,,≦{: : ∧jノ::‘,   人>、  }:::::::\_
            /^::::::::V { : }>-::.`´`<⌒}ヽハ:::::/::::\
        /::::::V:::::{: ハ:ノ:::::::::::’, V⌒| } ト!::::>、:::::::}
        :::::::::::V:::ゝ}ソ、::::::::::::‘,. |   V∧!::::::::/:::ヽ!
        l::::::::::::}:::::::jノ :\::::::::::’,ト  V !::::::/:::::::::ヽ
        |::::::::::::|:::::::}:i: :ハ }\:::::::Vハ ∧ハ:/::::::::::::::::.
        |:::::::::::‘,::ノソ:/::jノ::::::>、:Vハ∧/ } ̄¨‐-:::::,’
        |::::::::::::::V:::'´::::::::<:::::::::ヾ!ヽj/   !:::::::::::::::ソ!





屋上へと続く階段の踊り場付近で、三人組がひそひそ話をしていた。その手にはそれぞれが持参してきた可愛い小包がある。

青年の家庭状況を知っている彼女たちは彼の心境を心配すると同時に、これはある意味チャンスなのではと考えていた。

普段なら断られてしまうかもしれないが、今の状況なら食べ物で彼を釣る事が出来るかもしれない。気分は捨て犬に餌をやる感じだ。

そう言う裏を抜きにしても、純粋に青年の事が心配なのだ。


……とはいえ、小学校の頃から疎遠になっていた幼馴染3人がいきなり弁当を作って渡しに来た。なぞある意味ホラーだ。

性質の悪いB級映画でもあるまい……気恥ずかしいという事もあるが、少々頭を捻る必要があるだろう。

4770 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 00:33:40 ID:xO7mp2AA0
               _  -─‐-  .
            . ´           ` .
            /                ':,
          /     __ ノ     ー‐  ',
         ./      -―       ―-                       ギィィ……バタン>
        /     (  ● )   ( ● )  i
         ,       /   、   、   |       ん? 扉が開く音が……
         ',        {     人   }   }
          ゝ        ` ‐-‐  `ー '    /、
        /\                .ィ  ̄}
          /   \  ー- __ .。-<  ∠i
       /      \.  /       ‐' ´ .|
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉
////,'.: : : : : : : : : :|  |  | : : : : : : : : : : l;/{/////////\
///,i : : : : : : : : : :.:|  |  |.: : : : : : : : : : .∨////-一"///∧
///|: : : : : : : : : : : |  |  | : : : : : : : : : : : ゝ////////////∧
///i:.: : : : : : : : : : :|  }  |: : : : : : : : : : : : :{/////////////∧







横になっていると、階段がある方向から扉が開く音が聞こえてきた。いったいこんな時間に誰が来たのだろうか?

物珍しさから来た新入生グループか、もしかしたら万が一にもありえないが姉妹か……どちらにせよ、確認しておくべきだろう。

身体を起こして振り向くと……屋上には人影など一切見当たらず。代わりに階段付近に小さな小包が三つ置かれていた。

4782 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 00:41:41 ID:xO7mp2AA0






            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \
    , '     ___     __ .ヽ
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,         「お弁当です、食べてください。」
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
. .,'                        .l
  l   U.    (     人    .)    .l         ……いや、無茶だろ。腹減っても意味も分からん弁当を拾い食いしたくないぞ俺。
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
     ゝ、               /
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ
. /.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|







流石に犬畜生になるのは気が引けたらしい。可愛らしい丸っこい文字……恐らく女子が書いたものだろう。手紙の様なものが
挟まれていたが、これを食べる気にはなれなかった。階段のある方向から女性の溜息が三つほど聞こえてきた。

とはいえ、そのまま置いて行くのも悪いと思ったのか。三つの小包を傍に置いておくと、青年はまた寝転がって昼寝を始める。

無駄に動き回らず、エネルギーの消費を抑えるためだ。昼休みが過ぎるまで、彼はずっと寝ころびながら屋上で有意義な時間を過ごしていた。

4783 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 00:42:31 ID:.SnsOYCo0
ブッ壊れてる癖にそこらへんの常識はあるんだなwww

4784 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 00:43:16 ID:0h2KY.n60
そこで、勉強を教えてもらったお礼です、ってメモに書けるのが一人は居たやろに……(溜息

4785 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 00:43:58 ID:Qhwwvdsg0
なんか行動がえらくチグハグだよな


4791 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 00:50:12 ID:xO7mp2AA0




              }≧ミ   .._   -…‐  ..     _ ‐…ァ
              }i:.    ア  . . : : : : : : : : : : : .≦<.⌒ヽ\{
              }l:   '′. : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : .\   l{\
             ∨ / . : : : : : / :/. : : : : :|: : : \: : : : : .ヽ :}!  \
            ∨. :/ . : : : : :/ : : : :/ 小.: .: .: .ヽ: : : : . ∨
               ′/ . : : :/ :/|.: .: .:/./' |:∧:/.:|: : : : : : : ∧           明日はもっと頑張れば、絶対出来るって!
                . : :|: :/≧ミ<.: :/l/  |.:/厶卉V|: : : : 小:.
               i |.:|: |:/イ:/.斗=ミ`ヽ   ´斗=ミ. ∨: |l : :|} ゝ
               l |.:|: |: .:|:{〃トrjイ}`     トrjイ}ヽ }Ⅳ|l: :|{
               l |小: .:l:|八 Vツ    ,   Vツノ' 从|ノ|: 八
           八| 乂.:从               /リ |/
.                人N .       --       ん   '′
                   `¨入   {:.   }     人
                      介 .  ー   .. <.._   __
                     ヽ{ j/}≧‐チ ..イ八 厂   `ヽ
                        了Y´   .:/   :{:.      ,
                    /ノ ノヽ .:/   . 」:. .:    .: :i‐=ミ
                   イ/ /f⌒}/厶<  |:. .:    .: :|:. `. Y._
                rイ :/.:/ソ⌒//   . :〉 :|:. .:    .: :|`¨¨爻:.. }
                |  `/′/ .:,′ .:/ .:|:. :.    .: :|   ^>迄
                |:./}リ/   / .:/   .:.|: .    .: :|    {:{.  :}
                  / .:]/  ..://-‐…ミ.:〈:..      .: :|    八ゝ乂
              〃       ..:{:.       ..:./.:      .:|      ´
             ′      .:  ..:l:.     . .:/.:      :. :|
            i:.  ..:..:..:.. .:..:..:|:.  :.  ..;′        { :|
          r=八:. .:..:..:.. ..:. ..:..八:..   :. ..:{: :.     . .:}.:|
.           /.../|∨ .:..:.   ..:..:..  ∨:.. ..:.:}:  :.     .: .:ノ:八



教室に戻ってくるなり、幼馴染三人組の中でも胸が大きいほう……リネットと言っただろうか?皆からはリーネとの愛称で呼ばれている
子が頑張ろうと力んでいる。一体何かあったのだろうか?

もしかしたら学業の成績が良くなかったのだろうか……そう思うとなんだか少し可哀想に思えてきたので、今度勉強を教える機会があったら
詳しく教えてあげるとしよう。一応、助け舟を出してもらった恩もある。


そういえば、クラスメイトの話によると此処に新入生の女子が自分を訪ねてきたらしい。活発そうな、胸の大きな子だったとか。

きっと気のせいだ。一にも二にも無くそう判断すると、午後の授業に備えて席へと着くことにした。

4793 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 00:51:13 ID:wVWCcdf60
お前壊れてるのに胸のサイズには興味しんしんなのかよww

4799 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 00:53:24 ID:Q4Mbhz8U0
胸で識別してるwww


4809 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 01:02:26 ID:xO7mp2AA0
                          /`'ヘ
                       //'ヽ,ハ
               ,.  - ― - y/  ヽ',
            ,.. : :´: : : : : : : : : ー'ム  ハ i
         /: : : : : , 、 : : : : >:、: : : :.> 、i |:ヽ
      __/: : : ,-ヘ`く"''\: : : : : : \: : : : : ^: : : ヽ
  <´―--y: : : : i'""ヽヘ   \: : :、: : : ヽト: : : :ヽ : : ハ
   `、ヽ /: : : :i: |    ' ム   >ヘ≧、: : ヽ::.: : : ',: : : ',            あ、そうそう。個人への連絡になっちゃうのだけれど
     \y:/: : /|:.|    >,<´_    ヘト,ヽ: ∨> 、: : :..i
        イ: : : i: ト:i  __   ヘく ,イ不ハ'7 '  トK、く`ヽ: : :|           陸上部の顧問の先生たちがあなたを呼んでたわ。
        ハ: : :.|: ム|´      ^' 壮::リ '    く ヽ /: : |
      ' i: : !: :イ 〉,ィハ、      'ー'      'ー ´, i: : :.|           放課後に会議室に来なさいって……それじゃ、HRはここまで。
         ',: :|',: ト、ィヘ::心            , ー/: リ: :.:|
         ∨ハ:| ヽ, 'ー' ,             イ: /: :イ: :.:.|
          ';| '    ,  `    ,         |:/ : /:|: : :|
         '     ' ,   `      / <':.:/::::',: : |
                   ` 、        /<. ./: ハ::::ヘ:..|
                     |:> 、 <. <  >': /K ^ ー―- 、
                     リ. 〃r!ヘム. . v' イ;'. . . `  ̄>´. . ハ
              ,_/. ./く<ト、三ミ/7'. . . . . ../. . . . 、: ヘ
             /ム-フ; ',>/iii| `': : : :!'. . . .ハ. .|. ,: : : : :.ハ. ハ
                /ム/ 'ム〃  iii ,r. ‐. -ト. . ヽ. .∨i. . . . . . . ∨i
          , r ´>. .>、. . . . . /.、: : o. . . . >,. . i y. . . . . . . .ヽ'、
        /,. .´. .. .〃'ー'. . . . ../ /. . . . 7.ー./. . . .V. . . . . . . . . . ノ
         i.....,'........../. . ................./../...... . /. . /. . . . . |. . . . . . . . . . i
       !...............!,._.....................>...、..../...../. . . . . . .|. . . . . . . . . . |
     , ー-,!::::> ,´   `  <...._.........`ー'................./.|. . . . . . . . . . |
   r´ 、', ∨ ´,/           ̄ ヽー 、............/. .|. . . . . . . . . .|
  rv'、 ー 、 ヽr'v ´ /                 i. . .>. .く. /'ー、. . . . . . . ..|
  ∨、 ヽ ヽ >. .v ' , rー―------'ー,、   |. . . . . . .>r-'、ヽ. . . . . ...|





職員室ではなく、何故会議室なのだろうか? もしかしたら、退部届の事だろうか?


……いや、自分みたいな劣化品相手にそんな面倒な事はしないだろう。


となると、顧問の奴が知りたいのは怪我を負った姉妹の事だろう。内蔵を痛めた姉と、首元を隠す妹。二人が怪我をしているのに
自分だけはピンピンと学校が始まると同時に一番に退部届を出しに行ってからそれっきり顔を出していない……


明らか様に疑われてるな。そう思うと、足を運ぶのが気怠くなった。無視しても構わないだろう。




↓7       1.バイト
          2.幼馴染
          3.姉妹
         4.邪魔者

4816 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/24(日) 01:03:42 ID:.SnsOYCo0
1バイト

4830 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 01:08:43 ID:xO7mp2AA0
邪魔者っていうのはまぁ、見えてる地雷かな。

個人的にはR18の文章の練習もしたいからまぁ、幼馴染でもいいよ。下手したら4Pになるかもしれんけど


4836 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 01:12:41 ID:xO7mp2AA0
                               . ‐=  =‐-
                             /        .........`ヽ
                             /       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ',
                         ,'     ..  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
                         ,'/.: .. : .::. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                           i/:!:i  ::i::! .::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!         え、あの子来てないの?
                           |':! i:.Nヽ .:.|:.:.:.:.:.:.: !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
                            |/ ‘:|ll' ! :.:.!:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!         いや、私伝えましたよ。いや、本当に……
                           l  ‘ l`| :.:l:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
                          ヽ| :.:|';.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:. |
                              l :.:レ:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                          _'_:.:レヘ:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.lヽ=...__
                           /´`¨¨¨¨´   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!   ´ヽ
                       /  ヽ      ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!     |
                     ,...,-‐!    l    ,    ' ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!   v !
                    / ,i  ‐-..__ l  /     _ ';.:i:.:!;.:.:i!:.:.l   V
                _!/  \  ` ! /  _,. -'´   l:ハ:!’:.:li!:.|    l
                  r 'r‐'         ,' ノ '´      l' ‘l  ',' ||/      |
               i /          / l               l      l
                 l        , '    ヽ                l     l
                  ゝ、  _ イ  |      \      ,.ィ  /  l     l
                  「     !         ',ヽr '´  /     |    |
                   i      ハ         _,..V--- '      l     リ..,
                    l    /  !     / ̄,....ィ/ヽ  =......___ l_,..ィ  ,'
                ;    /  !  / /n Y'             /    ',
                   ,    ,'     〉 ,' // l|              ',    i
              ,.=-.xr‐!,   !  / ',  | ` ヽlj              l      !
            !:.:./´:.:`'-:.'¨¨r-'´` ! !                   |     |
           ヾ-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:}  ヘ!                 !       !
               ` <:.:.:.:;ソ_:.:.:.リ   !               ,'      l
                ̄   ̄    ',                   /      <_
                            |    ` ‐- ._      _.r 、 _,. -‐ ´¨/





教師陣の通告を軽やかに無視すると、彼はバックを抱えてそそくさと学校を後にした。

この後顧問たちの怒りが担任にぶつかったのは言うまでもない。完全にとばっちりだ。


どうせこの時間ではまだ家には帰れない……夜が深くなるまでは、しばらくは街を彷徨う事にしよう。

4851 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 01:22:32 ID:xO7mp2AA0
_________________________________
  ________         ________  . |:.:.:.:.:.:.:|
 ::|i::,        ,|      ::|i::,        ,|.'  |:.:.:.:.:.:.:|     r==ニ==:、
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |::.:.:.:.:.:.| .   . |!_|_|_i|
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |..:.::..:::.:|     |!_|_|_i|
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |.:..::.:.:.:.|     |!_|_|_i|
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |.:.:.:.:.:.:.|     |!_|_|_i|
 .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,l .      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,| .   |、.:.:. :.:.|  '   .|!_|_|_i|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~'  .l、\:.: :| .      ̄ ̄ ̄ ̄
                                !:.\\|
                                 |.:.:.. \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



________________________________
――――――――――――――――――――────────────
;           '      .   :    ,  ' :  ,    :    ;       '
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





外を吹く風がやんわりと肌をなぞると、ぶるりと身を震わせた。春先になったとはいえ、まだまだ手袋が恋しい季節である。

人足の多い駅前をぶらりぶらりと行く当てもなく、ただ放浪するだけなのだが……今日はちょっと目的があった。

駅前にある飲食店、ケータイショップ、古本屋……壁にある求人募集の紙を視てはメモ帳に募集要項を書き込んでいく。

4870 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 01:32:02 ID:xO7mp2AA0
               _  -─‐-  .
            . ´           ` .
            /                ':,
          /     __ ノ     ー‐  ',
         ./      -―       ―-             履歴書持参、高校生未満は対象外、保護者の同意書必須
        /     (  ● )   ( ● )  i
         ,       /   、   、   |         ……アルバイトってだけでもいろいろ必要なんだなぁ
         ',        {     人   }   }
          ゝ        ` ‐-‐  `ー '    /、        保護者の同意書とか、学校への連絡が必要とかは無理だし。
        /\                .ィ  ̄}
          /   \  ー- __ .。-<  ∠i
       /      \.  /       ‐' ´ .|
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉
////,'.: : : : : : : : : :|  |  | : : : : : : : : : : l;/{/////////\
///,i : : : : : : : : : :.:|  |  |.: : : : : : : : : : .∨////-一"///∧
///|: : : : : : : : : : : |  |  | : : : : : : : : : : : ゝ////////////∧
///i:.: : : : : : : : : : :|  }  |: : : : : : : : : : : : :{/////////////∧






バイトと言えば少し軽い雰囲気があったのだが、どうやら自分の勘違いだったらしい。最近は厳しくなってきており、提出書類も
保護者の同意書やら学校の許可書もあれば、履歴書なども書いて出さないといけないらしい。

通う高校は虔でもトップクラスの進学校。それに加え、あの保護者と縁を切った自分には難易度が厳しい物があった。


何処かに飛び込みでも面接に応じてくれるような場所は無いのだろうか? 出来れば提出書類も簡単な奴で……


まぁ、こんなご時世にそんな緩い場所などある訳がないのだが。

4892 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 01:41:39 ID:xO7mp2AA0

─────────────────────────────────────┘::│
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :________________________/ . ┬|
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.._  -‐ |     |l:i::|                |l:i::|   |┴┬┴┬┴|
 |__________   -‐        |     |:;:i:|                |:;:i:|   |┬┴┬┴┬|        あ、本当にあった…… >
 |             |;i::|   |          _|___|i;:l:|________|i;:l:|______.|┴┬┴┬┴|
 |             |:::l|   |  _ -‐==ニ二 |__________________|┬┴┬┴┬|
 |二二二二二二二二二二|二ニ==‐   ̄  :|     |l:i::|================|l:i::|   |┴┬┴┬┴|
 |;::i;:::l::;:::::::l;::;:::i::;li:il|:il:|    |   _介        :|     |:;:i:||l  |  |;|:|l  |  i|;;:i:|   |┬┴┬┴┬|
 |六六六六六|::::::li|::::|    |   乢_{i      |     |i;:l:||l‐‐┼‐‐|:|;|l‐‐┼‐‐i|:i:l:|   |┴┬┴┬┴|
 |\/\/  |::::::li|::::|    |   :|i         :|     |l:i::||l  |  |;|:|l  |  i|;:;::|   |┬┴┬┴┬|
 |/\/\/|::::::li|::::|    |           |     |:;:i:||l‐‐┼‐‐|:|;|l‐‐┼‐‐i|:l::;|   |┴┬┴┬┴|
 |\/\/\|::::::li|::::|    |           |     |i;:l:||l  |  |;|:|l  |  i|;::::|   |┬┴┬┴┬|
 |/\/\  |::::::li|::::|    |     _______     |     |l:i::||l‐‐┼‐‐|:|;|l‐‐┼‐‐i|l:::;爻   |┴┬┴┬┴|
 |  /\  \|::::::li|::::|    |   |‰゜:|}    |     |:;:i:||l  |  |;|:|l  |  i|;::爻爻 |┬┴┬┴┬|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : :::li|::::|__|   |∴∵|}    |     |i;:l:||l  |  |;|:|l  |  i|;爻爻爻 ┴┬┴┬┴|
 |─────┐::li|::::|;;l;;;;l;;| ̄ ̄ ¨*¨¨  ̄ ̄:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄爻爻爻爻: ┴┬┴┬|
 |:;:l ̄ ̄ ̄ ̄|::|::::li|::::|;;;;l;;;;l|;;;;l;;;;l::/|} ;l;;;;;l;;;;;l; |;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;;爻爻爻爻;: ┬┴┬┴|
 |il;|:::::::::::::::::::::|::|::::li|::::|;;;;l;;;;l|;;l;;;;l;:/ :|} ;;;;l;;;;;l;;;; |;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;; 、.vk,,..vx;,..,,、vW从W从W爻.,┴┬┴┬|
 |;:i|:::::::::::::::::::::|::|::::li|::::|;;l;;;;l;;|;;;;l::/: : |} ;l;;;;;l;;;;;l; |;;;;;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;; ミ”v:";v;oゞゞ艾v:";v;oゞヾ从、,┬┴┬┴|
 |::;|______|::|::::li|::::|;;;;l;;;;l|:i:::/::l:: :|} ;;;;l;;;;;l;;;; |;;l;;;;;;l;;;;;;l;;;;l ℃‰♀♀♀♀∴v:";v;oゞヾゞ┴┬┴┬|
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::li|::::|;;l;;;;l;;|;;/:l;; ;;l::|} ;l;;;;;l;;;;;l; |;;;;;;l;;;;;;l;;;;;{二二ニ}二二二二二二二二二二}┴┬┴|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニ=:|=-  :;___|;;l;;;;;;l;;;;;;;l;; |     |                    |┬┴┬|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.:|     |                    |┴┬┴|








アルバイト緊急募集中。高校生フリーター問わず、興味がある方は店内にいるスタッフか店主に連絡をどうぞ。
業務内容はキッチンなどの調理です。時給は…………


表通りから一本外れた通りに入ると、少し小洒落た喫茶店。そこの壁に手書きで募集の用紙が張り出されていた。

静かそうな店であり、今の時間他も相まってか客の姿はさっぱりだ。

4906 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 01:48:27 ID:xO7mp2AA0
少し怪しい気もするが、せっかく見つけたチャンスを潰すのはもったいないと、青年は喫茶店の扉を開ける事にした。









   |::::::::::::!`''~^~^~^~''ァrr--''^`"^~^~^i:::::::::|
   |:::::::::::|            ノリ           |::::::::|
   |:::::::::::l                      |:::::::|
..  |::::::::::|                          |:::::::!
.   !:::::::::|  ∠三三三ヽ ヾ  ツ∠三三三ヽ  |::::/              いらっしゃいませ。おひとり様ですか?
  /`ヽ::::|  '" ㌫リ`ヽ    / '"㌫リ `ヽ .|/`ヽ
.  l {ヽ V     ̄ ̄_,,..-'    i ー.,,_ ̄ ̄    |/l  |
.  ! 、{ } i            |            |y ! !
.  ヘ ∨} |            |         |// /
.   ヘ ヽ.|            |           !/ /
    \_j             ^ ーイ        ,'./
     |::|ヘ                      ,i
.     !:! ヘ     'ー-=ニニニ=-‐    ./:|
      i|  ;ヽ     、 __ ,       /::::|
.     ,..-‐|   ;; \             /:::::::|‐-、
... /   .|  ;;;  \    }    /:::::::::::::|i:::::::\
./      |  ;;;    >―‐'ー―<::::::::::::::::::::}:::::::  \





店の奥から給士服姿のガタイの良い男が出てくると、用件を尋ねられた。どうやらお客さんと思われているらしい。

4940 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 01:56:16 ID:xO7mp2AA0
                           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                       /:::::::::::::::::::::::::::::,ィッ'''""彡‐ 、::::::::::::::::::::::::::ヽ
                        f:::::::,、:::::::::::,ゞ-イ       i:::::::::::::::::::::::::::::!
                      ゞイ  7イ|||            !:::::::::::::::::::::::::::::、
                       |    ヽヽ      _,,.ィf圭ヽヽ::::::::::::::::::::::::::l            あの、表の求人を見てきたのですが…… >
                       |   ,、   _,,ィf升≦-.,,_   ∨::::/⌒ ::::::::l
                            !圭彡'、     '´弋リ     !::::'./、ヽi:::::::!    なに!? という事は君はアルバイト志望の子か!
                         ヽ'弋リ.i      ー‐''´    ヾj {::::} l:::::'
                          、ー'|              ノ:/ ./:::::{     求人を出した矢先に……なんて幸運なんだ。
                           i  i                 `´,イ:::::::ヘ
                          |  、_ _、            /::从从从
                             !  ヽ::::::            /:::::::   ::::\     さっ、裏に来てくれ。男同士で深い話をしようじゃないか
                             ヘ  、-‐'''ニ=‐'       /:::i:::    :::::::/
                          ヘ   `こ´__       /:::::|::   :::::/
                            ヘ          /::::::::l:    ::/
        ,ィ'¨ヽ,'7¨ヽ                 ヘ       ....::/:::::::::::::l    :/
        / ヽ.._//  /            _,,..-''´\::i:::::::_ <:::::::::::::::::::!    /
      /..:::::.... /.:.. `/ 〉        ,..-‐''´     / ̄ヽ:::::::::::::::::::::::::,':   /  .:
/`"'''‐'-..,,_:::::/::::::::/ーイ       ./          /   .:::/\::::::::::::::::/:......../ ...::::::
          ヽ-.,,_/:::,ィ ヽ       /. i:.      /   ::::i、::::::ヽ:::::::::/:::::::/...:::::::::::
 ̄ "''-.,,_   .:::::::::ヽ':::`./       /:i !::::..    /     ::::|:::ヽ:::::::::,. -‐/::::::::::::::::::::
       .::::ヽ::::::::::ヽ/       /::::ヽヽ::::::::::::...\   ::::|:::::::::::/:::/::::::::::::::::::::::::::




がしっと手を握りしめてくると、迫真めいた表情で店の奥へと引きずり込むガタイの良い男性。これは少しヤバい店に入り込んだかもしれない

店の事は良いんですかと尋ねると、「この時間はまだお客さんが来ないからな。そろそろ他の子も来るし心配いらないさ」とのこと。


可笑しい、こっちは陸上部でガッチガチに鍛えているので身体には多少自身があったが、それを覆すような腕力でずるずると裏へと
連れてかれる

4964 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 02:08:50 ID:xO7mp2AA0
                 _____
                 ,,-''"´:::::::::::::::::::::::`゙''-..、
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::/~~~~~~~~~//|::::|~~~ヽ:::::::',
            l::::::::::::::|.  ━━  ´ ./::/   ',:::::::l
            |:::::::::::::|        // ━━.|::::::|            ふむふむ、なるほど……店に入れるならそういったのは要らないぞ
           |::::::::::/,,..-‐-..、            |:::::,'
         /⌒∨ l:::::::::ゝ'|ヽ     ,,.‐t┬.、|:::/            いやぁ、実はキッチンを務めてた大学生の子がこの前辞めちゃってね。
         ' , 入. ',:::::::::::::l     ,'::::::::::|  .|/|
           \__  ヽ-‐''´      ヽ、:::/  .l_/             ホールはいるんだけど、ん? 料理したことない? なぁに心配するな。
             ' ,               丿
             ,,..-‐‐`''-..,,__`ニ´_,,,..-''"               最初は私か、ホールの娘が教えてくれるからな。
       r''"´     丿 ヽ  ヽ ∠ .\_______
 ,イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ヽ、 /  ̄|_\ |r‐-t‐-\            |
 | |――――――‐∨  ヽ ̄ |  ̄ \__|  ..ヽ―――――‐|
 .|..|_______..|    `¨´  ,,..-―┴-..,,/_______.|
  | .|          |     /         `ヽ         |
  .| .|――――――..|  >''´        、  \――――|
  | ヽ.._______|           ,,-''´`ヽ/|_ ____ヽ
  `''T-,,''-..,,_____ヽ        /    .ヽ::::::/_____`''-..,,_
    | | `''-,,`''-,,___\     /      |ニ_______ ヽ
    | |   `゙''‐|‐┬――` ̄ ̄´ ̄ヽ     l―――.┬┬‐┬┬―┘
   ..|__|       | |             |      ./      .| |  | |
             .| |             |     /       ̄  .| |
             .|__|            ヽ、__ゝ          .|__|
                        |::::::::ヽ、
                            ̄ ̄





奥にある事務所で話を聞かされた。どうやら長く務めていた大学生の子が企業に就職し、全員揃って辞めてしまったらしい。

かなり突然な事で店長である阿部さんもパニックに、急いで穴を埋めるべく求人を出したのが今日の朝。


そして引っかかったのが自分らしい。募集人数は3人なので他に友人はいないのかと尋ねられたが、居るはずもない。

とりあえず自分だけですと伝えると、やるかやらないかの最終確認を迫られ迷わずやりますと答えると、店の入り口から

誰かの来店を告げる鈴が鳴った。

4976 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 02:14:31 ID:xO7mp2AA0
       __       ___        __
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ....:..´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:......  /:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     ⌒二>――-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
      ⌒ ̄フ⌒ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.八―-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
       /:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\'/∧:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:}
     /:.:/:.:./:.:.:/:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:\/ハ:.:.:.:.:.‘,:.:.:.: ;
.    /:./,:.:. /:.:/:.:/:.:./:| .:.|:.:.:|:.:.\:.:\:.:ヽ:.:.:.:.∨}:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:./          おはようございます、阿部さん。
   /:./ /:.:.:.:|:.:.:|:.:.|斗|-|‐十:.:| \十┼ト:.:.}:.:.:.:.|/|:.:.: ― ミ:/
    |:/ |:.:.:.::ハ:.∧:.|\l ヽノ\{      ヽノハ:.:.|/|:./     )           お店に誰も居なくて驚いちゃいましたよー。
    |′八:.:.:| | :.:.Ν:ゝz=ミ   z=ミ、 //}:.:/  ̄ ̄ ̄〉
       ヽ|八:.:.|∨{           /イ)j/ _ == ミ|
           ヽ| |:.:ヘ   丶       |:.|イ 彳     |′
              |:.:.| \  マ 7   . イ|:.| ヽノ      |\
          -‐=l:ノニ/>。 __  </〉|ノニ7      |:.:.:.\
        /ニニニニ=/   7厂  / ./ニ厂{        |:.:.:.:.:.:.\
        |ニニニニ〈   /只 /  | / /∧        |:.\:.:.:.:.:.\ ____
      /|ニ厂  | ̄ ̄| 〈/|」 \ /     /∧      / \:.\:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      Vニ|/  |   /ニ /   〉 ∨/        /   |\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ̄ ̄\ハ
       |二|    |  |ニ/   ∠   ∨ ____/    |:.:| \:.:.:.:\.:.:.:.:.:j      )ノ
       |フ八:::... ∧  |/  / ̄ ̄   〉厂          j:.:|  ):.:.:.:.:.:).:.:.:.ノ   /
       /   ∧::::::::::\| /:::::::......   //         _ノノ /:.:.:.:/:.:/
        |   |  :::::::o\::::::::::::::   /          ⌒ ̄ /:.:.:.:/⌒







             \  ヘ
             ィヽ\ ヘ
   ,    <      `\V   ̄ ̄  > 、
<                         \
  ` <_ _   / ̄    -‐v‐-.   、 ̄>、\
    フ/ / /      .ムx     \‐-、  |
.   ,イ/   | rイ       /  ヘ.      ヽ、| ∧
    /   ハ ./ /    |   |       ヘ| |
.   / /   ヘ|  |, 斗七´l.    |.ー‐┼‐ト、 .l |ヘ |           あれ、知らない人がいる……学生服だから高校生かな?
  /イ     |l λ ,ハト、 |   |  ,イl ハ.   }| |`Y
.   / ,イ    lヽ | ン示云、|    レ'ィ'云ヽl /リλ.|
  厶イ |i  λ} `ヾ {::J::_}      {_:し::}/'イ. .l入l
.      |ハ | ヾ  | `´         `´ . j  .l  |
.     、 ヽl  | 、ハ , , , ,   、    , , ,j, ,イ/ . |  |
        l` .| `ト、             し,イ   |  |
        l  l  .|\   r ‐― 、  , イ/|   |  |
        |  l |ヽ >,    ̄   ,ィ | l. |   |  |
        |  l | Y⌒ヽ><=-‐ヘ / |   |  |
        |  |  | ,ィ{ヘ`  ∧∧   .入  |   |  |
        |_|  l l:.:.:ヘ `´>o<`´/:. {ヽ|   |_|
      ,-< >|  l´l:.:.:.:.ヘ=-‐‐‐-=/:::::::l::::|   |_ >-、
   /:::|>':::::::|  ハ:l:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.l::::|   |::>‐/ヽ
   }:::::::|:::::::::::/   |:|:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:|:::|  .ハ::::::〈:::::::/
   ン::::、ヽ::::::{   .|:`>=-、:V:.:><二:.:/    }::::::レ:::}
   |:::::::/ヘ ̄ヽ、 ト` ̄ ̄く`ヾ:.ゝ:.:.:.:.:.:.イイ /ソフ:.:|:::::|






裏のスタッフルームに顔を出したのは二人の女性だった。どちらも私服だが、此処に来たという事はスタッフの子なのだろうか?

4994 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 02:20:32 ID:xO7mp2AA0
            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |            おぉ、二人ともちょうどいい!
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !           聞いて驚くなよ、彼は今日から此処で働くことになった子だ。
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  ィ===ミ      ィ===ミ  | i/ ヽ !         ほら、キッチンの3人がいなくなったからその代わりを雇う事にしたんだがな
     ! ハ!|        i  !           ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ    .`- --‐─‐-.′   ./ |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_








                      _
                  /:/⌒
              .-――-. . 、l::::/-‐:  ̄ ̄`ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ-==ニ ̄`\
          ィ::i´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     //::l::::l:::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::\
   /  i/:/::::::i:::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::l:::::::::::::::\ヽ:::ヽ
  /     /:::i::::::::::」_:⊥斗ハ´:::::::::,イ::}::::::l:l::::::ヽ:ヽ\l           えっ、嘘! 人がいないって言うから代わりの娘を連れてきたのに!
  ヘ   {ハ!: ,イ|/ |/  ヽ::::/ |/`ヽi::::l:::::::::i::::l  }
 /:::::l∨    ∨: {  ○   ∨  ○ /::::l:/::::::l:::l
 {::::::l: ∧     ∧:人。 ゚       ゚c //:::::::ハ::l                          いや、募集人数は3人だから締め切っては無いぞ >
 l::::::ヘi     i: :ハ'///////,} / |:::::/ .}/
  l:::::::|     |\N            i  ':/  ヽ
  l:::::|     |  /´⌒ヽ、       人        i\          あっ、そうなんだ……良かった。
   ヽ:!      i (       ̄`ア イ/`      / : :\
    |     |⌒ヽ――┬―く  :!       / : : : : \
    |     |`‐=ニ‐rゝ_7ィ,/゙i\    / : : : \: : : : : :ヽ
    i    ∧. : イ、.`〈 只l '‐‐r \ヽ/\: : : : : : \ : : : ::l
    {      ̄> \l;:;:;:ヘr 〈 ィ/    \: \: : : \: : :|
    ∨     .\_  \;;;;;l lヘ/      \: \.: : :|: : |
     .V   / .、,r' ´ン、  \l lヽ        |: : :|: : :|: : |

5010 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/24(日) 02:30:07 ID:xO7mp2AA0
         {,//////,ィ         \///,}
.        , ' ∨,//     i      ヽ    ヾ/}
.      /   }/     /|        Y   ヾ
       ′   ′     /  .     | }    ‘,          だってさ、良かったなサーニャ。
.      .    //    /}厶-―ヽ !   イ ヽ     ‘,
     i   ,'/    //      ヽト、/ | __ヽ             先輩たちの場所でアルバイトできそうだぞ。
     |   j/ |  // ,x=≠=ュ  \ヽ |   `:.  } |
     |  /,.-|  ,′〃fし:i:}  ゛   jノィ心、 i  ハ !
     |  / 八 |   ゛弋:::ソ       {しj j} |: / }ノ
     |  {/ rfヽ{               ゞ゚' /}/  ′
     |  ヽ ゞ :)           ,     , /
     |   ` -- 、       __
     |      i \      ‘‐’   /
     |{    :   |___             ´
.     八  ′  i|: : `: : . >‐‐< i
     /   /  : i|: : : : : : : `Y   |
.    /   /   / 八: :.:.____|  :i|
   /   /   / / ̄ ̄{{ ̄ ̄ヽヽ .:}|
 /   /   / /: : : : : ヽ\___j }=‐- 、
    /   / /: : : : : : :/  ̄ ̄: : : : : :‘,
.  /  / /: : : : :.:/ : : : : : : : : : : : : : :.






          /                   \
        /               ヘ   \     ヽ
          /           /{     i    ヽ    ヽ
       〃     /    / / ハ   i !       ',     ',
      j/    /    / /{ ′'  i }   i  }     i
      /   ,′ '    / / ii  ',  八   i  亅    i          うん……
.     /   l   !    /   ii   './ ハ __| i /ハ     !
     {ハ    ! _j. { r 7""  i  /ヽ 「  | iフヽ |    ハ、          (男の人だ……)
    / {     ´ { ハ|_,厶ニ        ニ=从L.、 |   } リ `
      '、   { 从レ'"f'´:::::j}`        ´{レ:::`}ヾ>|  j八/
        八  l ヘ, ` 弋:::(_ノ       ‘.::(_ノ ″j/   .
.      /  \l\\  `゛´            ,′    ',
     //     ヘ  '""     '    '"" /     ,ハ
     {ハ  {    人              人   / ∧ }
     { ヽ八   |  丶、    ´    ,. イ  }  /j/  ノ
         \  ト、\  |`  . __,. ィ | ノレ j/__
       「`⌒)ーヘ|_厂冂      |勹__,ノ⌒:く::.:」、
       j/ )::.::.::ヽ::.::.ヘく       〉::}::.::.::.::.::. i└ァヽ
      /  r─- 、::.::.::.:.:},」  -─…─- : ::.::.::: ;.  -─┐
       {  | { ̄   >'"           ` <    ̄}亅
       {  { {  /                 \  } }







と、彼女たちの後ろからまた別の女の子が……この二人が先ほど言ってた代りの子なのだろうか?

何も問題は無い、特にあげるとすれば店長と自分以外のスタッフ全員が「女性」だという事を除けばだろう。

店長の方を見ると、募集を張り出したその日に埋まったので非常に満足そうな表情を浮かべている。


すいませんが、ちょっと考えさせてもらってもいいですかね? なぞ言えるはずもなく。


「クラスメイトの子とさえ碌な会話もしたことないのに、こんな女性だらけの場所で働けるか」


そうぶつぶつつぶやきながら、青年は店長に担がれ奥へと連れてかれるのであった。

5127 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/25(月) 00:32:19 ID:V9RE/IIU0
                         ___ _
                     -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、_
                 ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                  r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
                  ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',         うんうん、見栄えもいいし似合うじゃないか
                  フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
               l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l         俺が昔使ってた奴だが……サイズもぴったりだな。
                   〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::::::::::::::!
               /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ::::::::::::::::::;
                /..             "´ 2ノ/ l:::::::::::::::j
                 ヽ.ニ,`           __/ :l::::::::::::ノ
                   'ーr_‐;ァ       ィ    l:::::::::リ
                 〈..        /:{      ヽ:ゝj、
                   `}     /:: ! i ,.- ´  /:\
                    丶、,、. イ::::::  !-´     /::::::::/:⌒`::ー::..、._
                      ノj'´ /´    /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::
                    ////     /:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::
                     /:::://;;ヘ      /:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::
                _∠:::::::://;;;;;;;;;ヘ    ∧:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::
             .,、<´:\::/::/;;;;;;;;;;;;;∧  /::::ヘ;::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::
            /´:::::::::::::::/:::::/∨ヘ;/ ヘ /::::::::::ヘ;:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::
.          /:::::::::::::::::::ヽ:::::/ /;;;;;!   /::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





アルバイトを申し込んだ当日にさっそく研修を受ける事になった青年。着ている給仕服はここの喫茶店「翠屋」を経営している阿部さんが
昔使ってたものらしいが、くたびれた様子も無く青年の身を包んでいた。学生服から一転、執事の様な服装に少し気恥ずかしい。

まぁ、時間なんて腐って吐き捨てるほどあるので構わなかった。むしろお金を貯めながら時間を有意義に潰せるので一石二鳥と言えよう。


首のネクタイを微調整していると、奥の女性用のロッカールームとなってる部屋からホールスタッフの2人と、新しく入った2人も青年と
同じような給仕服、慣れない白のロングスカートに足を絡ませつつも戻ってきた。

5130 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/25(月) 00:40:41 ID:V9RE/IIU0
                           -‐━‐-
                    .  ´            `丶
                                  \
            -‐‐-ミ       -‐‐-ミ
           /                 \       ゚。
                                \      °
.           }       |            ゚。      .
          丿       |                °      |
                   ∧}                   |
.      .        / | 人_」               {      |            慣れないから歩きづらい
      .′      {.   | イ  ^|\             人     !
      |     |  {  /|  | 、 |   \            ト\  ‘、                  コスプレみたいだな >
      |l   { 人 {_厶ヘ | \ト . __ ゚。 }        |       \
.      八  {  \〉    {   \   }ハ    |  |
         \{\  {r‐-ミ    ァ=‐-ミ__|/}  |  |        |
.             / \ ∧ Vリ       乂..ヅ^ }  人∧|. . .     ハノ
           .′   ハ ,,,        ,,,,,,,   厶イ _人. . .| . .人/
            i    / 人  ′          / {.. ./|/
            |   ′  .个. .    _ __     /   ∧/
.         人_∧  ∧ /{ 〕iト . __ .    ___彡′゚。
.              \{ ∨.人/\ __/`Tづ⌒     〉-ミ
                   . ⌒^´   ∥  」」_       /    \
                 /       || /⌒Vニニア´
                 .′      |レ'厂 ̄〉Vニア            .
                   }     .〈___/  V           |
               |   /    / /    /           |
                |   ,厶、   / /-‐‐-/             .|
                 |  /ニニへ / /二二7              . .
.               | {ニニニニ7  ニニ二7              / /



そう言えば自分はキッチン担当のはずなのに何故エプロンではないのだろうか? もしかしたら役職関係なく最初は基本的な事を
全て学ばされるのかもしれない。

接客業は愚か処世術なぞ一切学んだことのない青年にしてみれば、キッチンより客と向き合うこっちの方が厳しいかもしれないだろう。


慣れた様子の二人組とは対照的に、新しい子。どちらも透き通るような銀髪が特徴の二人は物珍しそうな感じで自分の服装を引っ張っては
どこかたるみが無いかをチェックしていた。

ふと真ん中に居た銀髪の子、髪が短い方の子と目が合ったがすぐに逸らされてしまった。ちょっと気まずい気がした……避けられているのだろうか?

5132 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/25(月) 00:48:59 ID:V9RE/IIU0
                        __
                   ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
                     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                  /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
                   ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
                 |;;;|      ノリ     ミ;;;|       それじゃ、まずは基礎的な事から覚えて行ってもらおうかな。
                _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
                  !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ       これはキッチン・ホール関係なく一通り出来るようになってもらいたい。
                  !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
                 レ' ̄`つ      !;     ,レソ       さて……どっちにお願いしようかな
           /,ィ='/仁,ヽ     ^'='^     ム'′
          「 ´_,ィ//‐,、ヽ.   ー- ─-:  /
          l ´二,ゞ',\;T´\   ===   ,イl
         ..〈 ` ̄¨ ` 、_)、iヽ, \  ;   //!ヽ、
          !  .ュ⌒`::::::::i  \,`ー─''゙ "´ !:::::::`:、._
          l   イ ヽノ::::::::::i    /´;;`ヘ.    i::::::::::::ヘ;:.:::..`:..:::....、
      .,、..:.:':´:イ〉     ):::::::/!   ∧;;;;;;;;;,ヘ  iヘ:::::::/::::::::::::::::::::::`:.:..、_
    ./´::::::/::', ヽ   /ヽ/:::::i / ∨;;;/  \i::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ.
   /::,::::'´::::::::::', ヽ ィ::/::::::::::::!   /;;;;;;'.    !:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':;:::i
  ,::::':´:::::::::::::::::::::', ヽ!l::::::::::::::::::::i  ,';;;;;;;;;;'.   i:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::i
/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  !ヽ::::::::::::::::i  ,';;;;;;;;;;;;',  i:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::!





内容としては掃除の仕方、テーブルのセットやメニューの配置など細かい事から大きなことまで様々だ。それを一つずつ先輩たち二人に
教えてもらうのだが……店の準備もあるのでどちらか片方だけという配置になりそうだ。


↓5     1.フェイト
        2.なのは

5137 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/25(月) 00:49:45 ID:vximhNP20
2


5141 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/25(月) 00:54:32 ID:V9RE/IIU0
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` く⌒ヽ /:.:.:.ニ=-
              ∠:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.У:.∠´
                 /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             厶.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            :.:.:.-┤:.:.:.:.:.:.:. 斗--ミ/:.:./:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.
            |\:.:.|:.l:.:./:.:.7:./:.://:.メ:./ |:.:L_|:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.ハ\:.j
                V:/ニ|:.|:.:l:.:/|xィ≠zミ |/  ノイ:./|メ:.l:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.  ソ                それじゃあ、高町。
                 / 〉|:.|:.:l:.|〃んイ刈       ィzミ、|ノ:.:.|:.:.:i:.:.:Y:.i
               ヽ{ |:.Y:.:.|  込 ツ       んヌハ〉ノ|イ:.:.:.|:.:.:.|:.:|                  お前が3人に軽く指導してやってくれ。
              :Y|:.:N八 ´`^`     込ツ /イ: l:.:.:.:|:.:.:ハ:.;
               V:.:.|             ^` ':.:.:レ:.|:.:./|:./ /′
                 ζ:|       _   ′  /:.:./:.:.:|/ レ
                不:| \     ゝ フ   イ:.:レ:.:.:.:|           はーい、なの。
                 人、   \、     <:.:.:lノ:.:.:.:.:.|
             _/∧ `^`・ , `T 〔:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|
     _    -=    _{  ∧ <\  不ト |:.:.:..|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|
   <⌒ヽ -=ニニニ八   \ `′/ 〉YX=-:.〔:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
  /ニニニニ\ニニニニニ、    \/ [二] \ ニ=-:.:.:.:.:.|
  ニニニニニハ ニニニニニニ、   \ Lト > ハ ニニニ=-
  ニニニニニニヘ ニニニニニニ、     \⌒ ヽ.| :.ニニニニニヽ
  ニニニニニニヘ ニニニニニニ 、     \  |   〉ニニニニニハ
  ニニニニニニニ〉十―--――=ニ .、   \| /ニニニニニニ




阿部さんに頼まれたのは茶色のサイドポニーが特徴的な活発そうな女性だった。もう一人の方は準備のために店の奥へと消えてしまう。

5142 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/25(月) 01:00:58 ID:V9RE/IIU0
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:/\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
.   ,イ:.:.:.:.-.:.: ̄ ̄:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/:.:./ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
  /:.//:.:.:.:.:.:./:.|:.:.:.|:.:|:.:.:.:.: i:.:.ヽ:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.:.ヘ:/ : |:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
  // /:.:.:.:.:.:.:./:.:. : |:.:.: !:.{!ヽ:.:.:ヽゝ‐廾:.-- 、:.:.:.:.:‘,/ |:.i:.:.:.:.:.:.:.:.: |        えーと、彼女たちは私の事を知ってるけど君は知らないよね。
 /  /:.:.:.:.:./i:.:/:.:.:|:.:.A-|ヽ:ヽ:.:.:ヘ>斥≠、ヽ:.:.:.:.:.i:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.: |
   i:.:.:.:.://:.|:.:!:.:.:.:.y´|。≠、ヽ\:.ヘ んてメ.\:.:.:.:.:. |:.:. : |:.:.:.:.:.:.:.:.: |        高町なのはって言います。高校三年生で、そこの二人の先輩です。
   ∨:.:/ i:.:.i:.{!:.:.:.:.|〃んう   \.う__/} ,イ|:l:.:.: : l\:/|:.:.:.:.:.:.:. : |
.   人,′!:.:.:リ!:.:.!:.:.i `.うツ},     ゝ-┴  }:l.:./:/ /:. |:.:.:.:.:.:.:. : |        二人にもだけど、みんなで仲良く頑張って行きましょうね。
       ',:.:.:. ト:.:ヽ:.ヘ. ゝ¨,             / /:. |/!:.:.:|::.:.:.:.:.:.: : |
.        丶:.:.i \:>、ヘ             /}:.: : !  |: : |:.:.:.:.:.:.:. : |
          \|  /l:人\  マ ̄ノ        !:.:./   |: : |:.:.:.:.:.:.:. : |
           |:.|{:. : r .        イ |:.,'   |: : |:.:.:.:.:.:.:. : |
.             リヽ:.: |   .    <   /イ .   |: : |:.:.:.:.:.:.:. : |
             \{      ̄|     / ∧ヘ |: : |:.:.:.:.:.:.:. : |
                \   r/{   , <    / ヽL;; |:.:.:.:.:.:.:. : |
                 ,、//-<、    ./ ./:::::::::`ヽ:、:.:.: |
                ,、r ´/ />= /´ \  /  /::::::::::::::::::::::::`ヽ、
        _,x ≦:::::::::::/  />≠<    >    /ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
.       /::|::::::::::::/ /    // \\ |:    /   \::::::::::::::::::::::::::::::::/\







                      __
            ,,  ´       `   .
          ,, ´                 `ヽ、
         /   |      ヽ           ヽ
      , '     !|      i }ト、     ヽ     ‘,
       /     八      , 八 ヽ     ‘,    :.
     .       ∧    i /ハ Vヽ:..    :.   :.  .
      i       / リヽ   // .:ト、{ ヽ     i  |  i           次は私な。エイラ・イルマタル・ユーティライネンだぞ。
      |    / /  ヽ ,.イ -‐|―― ヽ-  |  |  |
      |     厶―‐-/ヽ{ ヽ { y≠ュ、‘, |、_,′ :!           高町先輩とは同じ高校で、その伝手で紹介してもらったんだ
      |{   / yf≠x、      )ノ " {::。::rj》  |'∨ヽ |
.      八 j/i 《 ∨:::rj゛      弋::ソ″Ⅵ、:く:.} |
     / i∨ :ト、゛ ゞ゚'              ,'::ノ / ,
.    / イ  ヽ :.      、           ,___ /  ,′
   /´  }|     ∧          ,      /      /
..     八   / ヽ    `          イ     .′
.     /     /    >        イ、 |     i
    /     /    ´// ri`¨¨´_, ノ: i !      |
.   /         / /ノ:o`YY: O: : :、 |  | i   |
. /     ,.ィ7 ̄ ̄ ̄{: o: /| |:|: o:.:.O:ヽ、| i   |
.´     〃: :ゝ≠:T´ ̄ヽ: /: | |:|: : : : < ` ー 、_!
    r‐:く:{: :i: :,: : : :|: : : : : : : //oゝ:´: : : : `: ー /`ヽ
  /: : : :\y':r― 、__: : : : : //: : : : : : : : : : :/: : : :/: :.ハ
: ´: : : : : : :/:´ー―‐‐’: : : //: : : : : : r―‐ュ´ : : : ′: :.:i
: : : : : : : :/.:.:/..: : : : : : : : //o: : : : : : : : :/: : : : : Y: : : : |
: : : : : : : ′:i: : : : : : : : :.// : : : : : : : : : :′:.: : : : |:.: :.: :.|

5146 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/25(月) 01:08:36 ID:V9RE/IIU0
          /                   \
        /               ヘ   \     ヽ
          /           /{     i    ヽ    ヽ
       〃     /    / / ハ   i !       ',     ',
      j/    /    / /{ ′'  i }   i  }     i
      /   ,′ '    / / ii  ',  八   i  亅    i       ……サーニャ・V・リトヴャクです。此処を知ったのはエイラと大体同じで
.     /   l   !    /   ii   './ ハ __| i /ハ     !
     {ハ    ! _j. { r 7""  i  /ヽ 「  | iフヽ |    ハ、     フェイト先輩に勧められて来ました。一応、高校二年生です。
    / {     ´ { ハ|_,厶ニ        ニ=从L.、 |   } リ `
      '、   { 从レ'"f'´:::::j}`        ´{レ:::`}ヾ>|  j八/
        八  l ヘ, ` 弋:::(_ノ       ‘.::(_ノ ″j/   .
.      /  \l\\  `゛´            ,′    ',
     //     ヘ  '""     '    '"" /     ,ハ
     {ハ  {    人              人   / ∧ }
     { ヽ八   |  丶、    ´    ,. イ  }  /j/  ノ
         \  ト、\  |`  . __,. ィ | ノレ j/__
       「`⌒)ーヘ|_厂冂      |勹__,ノ⌒:く::.:」、
       j/ )::.::.::ヽ::.::.ヘく       〉::}::.::.::.::.::. i└ァヽ
      /  r─- 、::.::.::.:.:},」  -─…─- : ::.::.::: ;.  -─┐
       {  | { ̄   >'"           ` <    ̄}亅
       {  { {  /                 \  } }






その身長で高校二年生なんだ。と言いそうになったが寸前で口を塞いだ。隣のエイラと呼ばれた子がものすごい目つきで此方を睨んでいるからだ。

恐らく、本人が気にしている事なのだろう。でなければ態々自己紹介の時に言ったりしない。


3人の自己紹介が終わって自分にへと視線が集まる。普通に自己紹介すればいいのだろうが……さて。



↓5     1.自分の食い扶持を稼ぐために来ましたと正直に言ってみる。
        2.ただ普通に自己紹介だけをする。

5151 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/25(月) 01:09:52 ID:3xOleFhQ0
2


5155 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/25(月) 01:14:40 ID:V9RE/IIU0
               >─‐-= 、
              .> ´        `<
            /   __ノ   ー‐  ',
          /                  ',
        ./      ,. -―     '―- 、  ヘ
        /      (●_ノ   ヽ●__)  ,
        ,         /   、   、    i
       ',         {     人   }    }
        ゝ         ` ‐-‐'  `ー‐'     /、
        /\                ,ィ´ ̄}
          /   \  ー- __, z= '´  ∠i
       /      \.  /       ‐' ´ .|
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉
////,'.: : : : : : : : : :|  |  | : : : : : : : : : : l;/{/////////\
///,i : : : : : : : : : :.:|  |  |.: : : : : : : : : : .∨////-一"///∧
///|: : : : : : : : : : : |  |  | : : : : : : : : : : : ゝ////////////∧
///i:.: : : : : : : : : : :|  }  |: : : : : : : : : : : : : {/////////////∧








無難に名前と通ってる高校、学年を言って終わりにした。見知らぬ人に個人の事情を打ち明ける必要もあるまい。

高校名を聞いて3人とも少し驚いたような表情を浮かべる。あの有名な学校に通ってる人間がアルバイトをしているのだからだろう。

高町先輩のほうは、青年の名前を聞いてどこか思い当たる節があるのか頻りにうんうん腕を組んで唸っていた。

5162 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/25(月) 01:19:34 ID:V9RE/IIU0
        __
      ∠_: _: :\
     __ /: : : `ヽ:ヽ_ . . .-―‐-. .、
  . /: ;/: : : : : : : :ヘ: : : : :_: -‐: : : : : \
  ///l: : : : : : : : : : :ヘ: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
  ´ /: :|: : : : : : : : : : :/〉: : : =ニニ: : : : : : : :ヽ
   l: /|: : : : : : : : : :l'/: : : :`ヽ、: : : : : : : : : : : :i
   |/l |: : : : : : : : : l: :l: : \: : : : : : : : : : : : : : l          うーん……この苗字、どこかで聞いた覚えがあるんだけどなぁ……
    |: | : : : : : : : : l: : l: : : : :`: : : : : : : : : : : : l
    ヘ:|: : : : : : : : :|: : : :ヽ: : \: : : : : : : : : : /          何処だっ気かな、なんか学校の掲示板でちらりと見た記憶が……
     |: : : : : : : : :|\: : : \: : ヽ: : : : : : :/
     |: : : : : : : : :|  \: : : : : : : : : : :/
     |: : : : : : : : :ト、  \_ -‐-、:/
     |: : : : : : : : :| .`ー=!,,≠===
     |: : : : : : : : :| /       `ヘ
     |: : : : : : : : :|'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`::.....、
    r=.|: : : : : : : : :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::...、
   .l::::::|: : : : : : : : :|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:}
   .|::::::|: : : : : : : : :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::l
  ./ヾヽ:|: : : : : : : : :|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::lヽ
  {  } }|: : : : : : : : :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_-‐/l:::::::l }







        /           \
       /   /           ヽ
       /   /  / ィ /i    /1   、
       /  i  / ∠ム/_ |   // !   i
      ,'   | i  |/  レ  トハ/イハ.|   |         なに唸ってるんだ先輩?
     ,  /^レ|  kィぅ≠z, 乂|  /ト|、 |
     ,   { rハ  |弋シ    リレイ_. | `/i |         そんなことより早く研修はじめないのか?
    /   ヽr- ヘ !       辷癶,| / リ
    ,    |! ヘ       、¨¨ /ル
   /    ト 、 \  仁' _ュ   /
   /     |i: : :` v\  _ -‐'
  //     i |⌒: :-[  ̄
 イ     | |: :/ ̄ ̄:.ヽ、
  i  i     ! |/: : : : : : : : }
  |  |   人! : : : : : : : : 7
  |  | i i { |: : : : : : : : : 入
  |ハ ! | |ハ |: : : : : : : : :,': oヽ
  |:.ヽ! | | .リ: : : : : : : :/:.:.:.:.:.:i
  |: : ヾ j ノ: :!: : : : : : ::∧::::::::ノ

5171 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[] 投稿日:2013/11/25(月) 01:27:15 ID:V9RE/IIU0
             __         __
             /: 7:.T: \     /´:/⌒
          /: : 厶斗―┷‐-: : : : :∠ __
            /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : \⌒
       / : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : :l: :ヽ: :Y: : : ヽ
      .: : : : : : : : : : :′: : : :./: : ハ: :ハ: : | : | : : ト ハ
       {: : : : :ー----|: | : : : |:斗冖ナ|: :ハ: :| : : } ソ
       : : : : : : : : : : |: |: : :| |ノ xf=ミレ: /}ハ:.:/
       V : 辷―‐--ヘ八 |.:N 〃ん} V   レ′
          \: \: : :/んl: : \{ N ヒツ  ゛、          あ、そうだね、ごめんごめん。
          |: \ : ー ゞ_」 : : 「         /
          |: | : \: :ζ |: : :|      _ノ           それじゃ最初は掃除から教えるからこっちに来てくれるかな?
          |: |: : | : Y 八: : ゝ     〈ィ′
          |: |: : |: ┌=- _\|      /
          |: |: : | 厂 -= 二辷厂 ̄
          |: |: : /―‐ 、`  、 H_
          |: |: /::::::::::::::::\  \〕ト、
          |: |/-――― 、::ゝ-rイ \- 、
          |: |:::::::::::::::::::::::::\ / 〈   \}            _
          |: |マ、::::::::_:::::::::}   ` ・ 、 \         / へヽ
          |: |: Y、〃⌒ヽ、:::|        `  ハ   __ /  _つァ フ、
          |: |: :「、{{、_ノ八|           } / T   ノ r〈/イ
          |: | : |::::::Y__「:::::::|          〈  八  ̄ .ノ レ
          |: |: : |:::::::::::::::::/Y        人、   ヽ へ
          |: |: : :| ヽ:::::::/   辷=-   彡彳ハ》、 __ /∠ヽ〉_
          |: |: : : |   ̄   ノ、   _ r斗 冖Τ    ―‐イ
          |: |: : : :|    / 〉匕冖   |:|    |    __ニフ
          |: |: : : : |           |:|    |-‐





名前が有名なのは姉妹のだけであって、青年の名前は印象が薄いというよりもあまり無いと言った方が良いだろう。

エイラに急かされてつづも掃除用具を手に取ると、彼女はまず手始めにと床と机の上の掃除を始めて行った。自分達も
それを見よう見まねで他の場所を掃除していく。

……いまの高町先輩の言葉にちょっとだけ反応しかけた。どうやら彼女たちの輝かしい栄光と名前は炊こうにまで広まっているらしい。

まぁ、もう自分には関係ない事なのだが……粗悪な劣化品なら粗悪な劣化品らしく、惨めな人生を歩んだ方が気が楽だ

5173 名前:七色 ◆5yAzQ5rmCs[sage] 投稿日:2013/11/25(月) 01:30:13 ID:V9RE/IIU0
む、駄目だ、引越しの手伝いの疲れで凄く眠い……今日はここまで。

5175 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/25(月) 01:30:47 ID:vgDj3gbg0
乙でした

5176 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/25(月) 01:30:56 ID:wL7mFeXs0
おっと、乙でしたー

5177 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/25(月) 01:30:58 ID:uRURhOoY0
乙でした~

5178 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/25(月) 01:31:39 ID:zBYi.yUg0
乙ですー

5179 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/25(月) 01:31:41 ID:jJ/RvA.g0


5180 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/11/25(月) 01:32:01 ID:O5MPnO/g0
乙です






関連記事
  1. 2013/12/01(日) 23:12:28|
  2. 七色@七色劇場
  3. | コメント:17
<<【やる夫 INNOCENT】○○から見たやる夫 | ホーム | [糞ゲー] 04>>

コメント

何と言うか…
クトゥルフ神話でSANチェックに失敗した探索者みたいだ。
今、何とか精神鑑定の判定中ってところかな?
  1. 2013/12/02(月) 00:08:42 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

これもう父と姉妹の首三つ振り回しながら「とったど-!」と叫んでる展開のが幸せだったよね、やる夫
向こう側的な意味で
  1. 2013/12/02(月) 07:16:08 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #EBUSheBA
  4. 編集

姉妹もなんだかなあって感じ
やる夫の生活を見ていないはずはないのに少しも疑問に思わないのがおかしいわ
何やっても思いどおりになって周りから愛されるのが当然な人生だった姉妹には大好きな弟の苦しみは一生理解できないだろうね
  1. 2013/12/02(月) 13:03:49 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

幼馴染組がけなげ過ぎるw
ここはぜひ幼馴染ルートを希望するわ
この展開で姉妹ルートとかなるとちょっときつい
  1. 2013/12/02(月) 20:13:09 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

この作者さんはシュテルという前例があるから姉妹ルートだって期待できるはず…!
  1. 2013/12/03(火) 00:50:52 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

同じ空間で生活している兄弟姉妹でも、そのうちにどういう感情を溜め込んでいてどういう生活してるかなんてわかんないもんだよ。
経験者は語るってやつだが。
  1. 2013/12/03(火) 01:36:23 |
  2. URL |
  3. 名無しさん@ニュース2ch #-
  4. 編集

高校生の子供に兄弟の心情察して行動しろなんてのは無理な相談だろう
ましてや表面上は姉と同じ道を歩む大人しいいい子を取り繕ってたならなおさらに
  1. 2013/12/03(火) 04:51:44 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

コメ欄にまで元スレで姉妹叩きしてるのが出張してきたんやろか
  1. 2013/12/03(火) 05:17:35 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集


コメ欄を見る限りそんなにひどい姉妹叩きコメは無い様に見えたけど
ちょっと過敏すぎない?
  1. 2013/12/03(火) 08:06:44 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

母親も気づかなかった時点で、ほかの家族と同罪みたいなもんだぞ
  1. 2013/12/03(火) 23:26:50 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #Kbxb6NTI
  4. 編集

地獄兄弟「「一緒に地獄に行こうぜぇ」」
  1. 2013/12/04(水) 00:47:23 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

持つ者と持たざる者の違いだろうねえ
やる夫は今の方が圧倒的に楽だろうけど幸福かと言えば違うよね
  1. 2013/12/05(木) 17:51:20 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

姉妹は自分の存在が青年のコンプレックスになってることは薄々?気付いてたと思うけどなあ
だからこそコンプレックスの対象そのものの自分が無理するなとは言えないだろう
  1. 2013/12/05(木) 22:15:46 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

姉妹が気づかなかったとすればどうしてか?と考えてみたけど、やる夫って普通に優秀なんだよね
絵なんかは妹より兄の方がずっと絵がうまいと評価できる
苦手であろう陸上競技ですら関東大会に出られる程の実力を身に付けている
姉妹と比較するからあれなだけで、一般的には十分天才と呼ばれるに足る才能の持ち主
やる夫の独白に含まれない、順位付けされない分野だと姉妹より優秀なところもあったのかもしれない

もう一つ、姉妹は今まで兄(弟)と同じ事をやってみていた
やる夫が同じような気持ちで陸上を続けていると考えていたとすれば、ここまでの姉妹の反応もわからんでもない
  1. 2013/12/10(火) 16:42:41 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

ここのやる夫みたいな友達がいるなぁ
学生時代に暴力一歩手前まで行きそうなときに
「○○の家に吊るしてあるサンドバックを紹介されてなかったらなんかの言葉で家族とか殴ってかもしれない」
みたいなことを大人になってから居酒屋の中で笑いながら話してたのを思い出しわ
って言ってるけどここのやる夫はもう手遅れ気味なような気がする…
ていうかこういう作品って他になんかあるっけ?

  1. 2013/12/14(土) 19:07:49 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

まるっきり俺だわ……
超絶優秀なイケメンの兄と弟がいて、やつらほとんど勉強しないで医者とキャリアの公務員になりやがったよ。
ブサメンで頭の悪い俺はいくら努力しても、愛想よく心がけても、兄弟が普通だと思っている親に努力が足りないと言われている。
もう、どうでもよくなって、10年近く実家に帰っていない。
  1. 2014/09/28(日) 21:41:24 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

この父親、やる夫に「お前は努力をしていない、しろ」と言った割りに、自分が「父親になる努力」も「息子と向き合う努力」もしていないんだな。
彼には周囲の人間、それも父親が信頼していた人間からそこに突っ込んでやって欲しいな。「お前は父親としての努力をしていない、したつもりになっているだけだ」「本当に努力していたのなら、こんなことにはならなかった」「今からでも遅くない、さあ努力しろ」「息子がああなったてどうにも出来ないのは、お前の努力が足りなかったから」ってな感じで。

まあ、息子と向き合う以前に自分と向き合うこともしてなさそうだが…
  1. 2015/01/22(木) 21:06:18 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nyarusp.blog.fc2.com/tb.php/961-a475c9eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)